OMOTENASHI NOODLES YOCOJI





並び6後客15

久々に豊田市を通ったので、よこじに寄ってみた
麺創ななやと悩んだが、なぜこっちにしたのかは自分で謎
久々に来ると、店名が微妙に変わってて、横文字になっていた
お盆もなかった気がするけど、小綺麗な木製のものが最初からセッティングでお洒落感アップ
の影響かどうか、客層は若者のみでアッパー層はいなくなっていた
社員さんと女性の二人で切り盛り
でも、BGMのミスチルは変わらず

濃厚昆布〆明太子魚介つけそば 950

麺の上には湯で加減の良いもやし
つけだれは、レンジでチンしてから提供
具は海苔、メンマ、角切りチャーシューなど
昆布〆した明太子は当然塊ではないが、スープにかなり昆布を感じるのでグルタミン酸を何らかの形で足してるのかな?
他の動物系と魚介が出過ぎることもなく、イメージを維持しながら旨味と甘味を感じられる
麺は思ったより小麦感のある太陽製麺

割りスープを頼むと、雑炊になって出てきた
こちらもレンチン後に提供
ご飯が少し柔らかくてねっとり感がいらなかったが、明太子なんだからこんなものはウマイにきまっている?
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

ずんどう屋 新宿歌舞伎町店






先客3後客2
キャパは40くらい?

念願のずんどう屋!
昔いた店の店長さんがお薦めしていたお店の歌舞伎町支店に初めて来てみた!
かなり奇抜な店長と店員が表に二人
完全にアイドルタイムなので、客はまばら

元味らーめん 790
祭り定食 490

がっつりした豚骨スープ!
ちょっと味付けが濃い
チャーハン、唐揚げ、餃子ともに、中の上!
ライトな層に受ける模範のような店!
酔ってたので、あまり覚えてない…( ´~`)
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

らぁめん トリカヂ・イッパイ





並び1後客10
L字カウンター10

生駒山宝山寺に来たので、近くの気になっていた店に
名前がスゴく気になっていた「らぁめん トリカヂ・イッパイ」
こちらではかなりの有名店らしいが、ちょっと見真面目に楽しくやってるように感じたので
ガチの昼時に来たので大行列を覚悟してバスに乗ったが、来てみると自分で並び二人目…よかった…(^o^;)
その後一気に並び始めた

大人しめの照明で清潔感のある店内
店主は二人っぽく、ラーメンは未経験から始めたらしい
その二人ともう一人男性、あとホールの女の子で切り盛り
窓には、?特旭龍の袋
ワンピース関連のグッズ多し
客層は若者や家族連れがメイン
ラーメンを2杯食べるオッサンが珍しいのか、隣の子供たちに何度もガン見された(苦笑)
BGMは、スピッツなど

醤油らぁめん 750
淡麗系 アゴの冷やし塩らぁめん 850

オーソドックスな今時の美味しい醤油ラーメンは、濃厚イメージなこの辺り(奈良)では珍しいらしい
最近ではかなり量が少なく感じる麺は、パツパツの低加水で固く茹でられている
柔らかい鶏チャーシューもこの辺りにはなさそう
お二人とも飲食店無経験ぽいので、2杯目のタイミングを言おうと思ってたら、聞いてきてくれた

冷やしの方は確かにアゴメインの出汁だが、上にのっている削り節はカツオ?マグロ?
鶏チャーシューも一手間加えてある
麺も全粒粉入りのものに替えてあり、啜りごごちはそうめんに近い

今時のラーメンを知らない地方でやったら流行りました…みたいな感じだが、店の作りや方向性も含めて勉強になりました

帰りのバスに乗り遅れそうで走った!?
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

麺屋 轍





並び5後客1

一年半ぶり?の訪問
前回、人生収支黒字化つけ麺を食べてから、少なくとも預金額は黒字化しているので(笑)、また新たなヒントをもらいに来てみた
店前のテーブルには待ちの人々が…( ´~`)
やはりかなり回転は遅いが、店の中も外もギスギスした雰囲気は全くない
客層は、カップルや男一人が多く、年齢層は若い

安全圏内ギリ・セーフ 1280

昼営業ほぼ最後の自分で「今日初めて出た」というこのつけ麺
名前を聞いただけでは全く何の事かわからない(笑)
濃厚なベジ鶏白湯にバジルやドライニンニク、オリーブオイルなどでイタリアンに
「(バ)ジリジリするようななんとかを、ギリセーフでなんとか…」という、作った本人もあまり良く覚えていないネーミングありきのつけ麺(笑)

すぐ近くのピアゴで買った調味料や食材を隠すこともなく使い、「(スープ以外あんまり)手間は掛けない」と公言する女性店主だが、その考え方やベクトルには、やはりシンパシーを感じるというか、なんか呼ばれて来た気がする(^_^)
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

昧怛隷野






先客3後客4
カウンター6
テーブル八人席3

かなり気になっていた店で、先週フラれたのでリベンジ
大きな通りから一本奥に入ったところにあるが、結構分かりやすい
静かで落ち着いた雰囲気で、店主と奥さん、お母さま(たぶん)で切り盛り
純粋な蕎麦とセットものがメインだが、酒とつまみもある
客層は家族連れや、年配のご夫婦、若い男性二人組
BGMは、イージーリスニングなカバーもの

野菜の天丼と小鉢と蕎麦(十割) 1800

口福と同じく天丼は後から
蕎麦も同じくかなり細くて、茹でるのもあっという間だったのが見えた
新そば?かと思うくらい香りと甘味があって、ちょっとビックリ
半分はそのまま食べてしまった…
つゆは少し辛めで、わざと尖らせたような感じだが、インパクトがあるので少し浸ければ充分
皮付き芋の煮物はかなりプレーン
天丼は、しめじやパプリカ、アスパラ、茄子、かぼちゃなどの野菜が美しく盛り付けられ、タレが控えめながらご飯と合わせてスゴくウマイ
薬味は全く使わなかったが、わさびはちゃんと摺っており辛味、甘味が良かった

素材の良さを活かそうという気持ちが伝わってくるよいお店
厨房の仕事も静かで、飯田商店@湯河原を思い出した

あれ?1800円じゃなかった気がする…(もっと安かったような)
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /