つけめん 玉


横浜での代表戦に行く前に、ここ半年どうしても行きたかったお店に!

その店の名は、つけめん 玉

去年からそのスープが持つ粘度と極太麺の美味さが評判になっていたお店です。
2008年のら~ナビ新店部門、オリジナル部門第1位や、その他の部門(大賞、醤油(豚骨魚介・鶏白湯含む)、つけ麺、)でも軒並み3位以内をキープ!
かなりの話題店となっていましたが、川崎という土地柄には基本的に縁がありませんので、なかなか行けず仕舞でした、、、

が、横浜方面に行くなら必ずや寄ろうと思っていたので、ここは行かなければなりませんっ!



玉 外観

場所は、JR川崎駅南口(?)からずーーと真っ直ぐ!
歩きだと相当あるし、バスで行くしかないところにあり、かなり不便ぽい。
南口から首都高に向かって第一京浜を渡り、そこからさらに真っ直ぐ進む事1.5㎞くらい?
大島三丁目交差点を右折して、最初の角にあります。
ここまで来れば隣には大島第五公園があるのでわかりやすいです。
近くにCPがあるのも嬉しい♪



玉 店内

店内は、ホワイトとブラックオークのシンプルな色彩。
新店らしく清潔で、雰囲気はいいですね。
ていうか、なんかうどん屋みたいなニオイがしてビックリしました!
BGMはスティーヴィー・ワンダー♪
キャパは、L字カウンター10席のみ。
話題の店なので行列も覚悟しましたが、時間が遅かったので自分ひとりが立って待つ程度でした。
午後2時半過ぎの入店で、先客10後客2。
厨房には、若くて仕事出来そうな3人。
接客もイメージよりは丁寧で好印象。



玉 券売機

店に入ってすぐ左手にある券売機。
つけ麺と中華そばがメインで、あとは辛いつけめんとインドのつけめん。
トッピングなども豊富な部類です。
味玉つけめん並を購入。
買ったらお兄さんにすぐ渡します。
麺の量は、並盛り(200g)か中盛り(300g)を選べます。
この後の展開が読みづらかったので、並にしておきました。



玉 カウンター

2分程度で着席♪
自分が席について待っている間に先客はどんどんいなくなり、店の客はあっという間に4,5人に。
店の奥には「玉」の字が入ったダルマが。
ちょっと六厘舎を思い出しました。



玉 テーブルセット

カウンターの上には、箸や薬味など。
奥の透明な容器には、刻み玉ねぎが入っていました。
この時はほぼカラでしたが、後でちゃんと取り替えてくれました♪



玉 メニュー

メニューのちゃんとしたやつ。
一番最初に「※つけめんの麺は太麺の為、ゆで時間10分程かかります」と書いてあり、食券を先に渡す意味を理解。
ある程度客の状況を把握して早めに茹で始めないと回転が落ちるだけですからね。
食券を渡してから10分、「お待たせしました!」と気持ちのよい掛け声でつけ麺が到着!



玉 つけ麺
味玉つけめん並  850円

キマした~ 今年一番!


つけダレは少し少なめですが、その濃厚さがスゴイ!
デロンデロンの超濃厚動物魚介なのは今どきのつけ麺と大して変わりはありませんが、その内容は全然違う!
まるで素材の全てがなくなるまで徹底的に漉して煮たようなつけダレは、自然なトロミと甘み、そして旨味に溢れていて濃い!
なのに、濃厚豚骨特有のベッタリ感が皆無で、食べながらでも後味でももたれる事がナイ!
豚骨より鶏の割合を濃くし、且つ大量の野菜を使う事でスープの粘度を上げつつ、今どきのつけダレにはないサッパリ感をうまく演出!
むやみに脂に頼ることなく、鶏と野菜でトロミを出しているのがスバラしいと思います。
そこに加わる魚粉も多めながらクドくなく、しっかり周りと調和している感じ。
こ~れはウマイっす☆
ただ、あまりに粘度があるので、食べながら最後までもつかどうか不安になってきます(苦笑)

角切りのようなチャーシューは柔らかく、肉の味もしておいしい。
メンマも太めで存在感はチャーシューに負けてない。
味玉は柑橘系の香りがしたような?
でも、これも適度な半熟でウマし。
ネギもホント、いい仕事してますよ、このつけダレにはピッタリ♪
そして、、、



玉 麺

麺がウマーイ!

麺が太いおかげで200gだとかなーり少なく見えますが、実際少なく感じました。
なぜなら、つけダレも、この麺もめっさウマかったからです!
麺は極太い平打ちというか、長方形に近いかんじのモノですが、小麦の美味さがギュッと詰まった感じの食感と味は、麺だけ食べても問題ないくらいオイシイ。
なので、麺だけ食べてしまって、つけ麺であることを忘れてしまいました!
気付いたら半分に、、、(苦笑)
で、つけダレと一緒に食べると、強烈なスープに対して負けないキャラクターの麺は、一緒に合わさる事で更につけ麺としてのウマさを増していく、、、、
構図だけを見れば強いスープと強い麺でグイグイ引っ張っていく感じがしますが、確かにそういう側面もあるにしろ、バランスが取れているので力ごなしに持っていかれている感じがしないのが素晴らしい、、、
例えて言うなら、背が高くてヘディングが強くポストも巧いのに足技もある万能型FWのイブラヒモビッチ、、、、でしょうか。





つけダレの粘度がスゴイので最後までもつか心配になりましたが、並だったのと、麺だけたくさん食べてしまったので大丈夫でした♪
おかげでスープ割りもしっかり堪能♪
ネギを加えてくれる上に魚介が風味を支配するので、食後はかなりサッパリ出来ます。
この”かなり”というのがかなり重要で、つけダレが後を引かない感じのサッパリだからこそ、更にこのスープ割りでサッパリ出来て、全く後に引きずらないというのが素晴らしいです☆

いやぁ、濃厚動物魚介つけ麺の新たな指標になり得る、すごいお店だと思いました!







■住所
神奈川県川崎市川崎区追分町6-12

■営業時間
11:00~15:00 17:00~22:00

■定休日
日曜日







2009.6.10
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 神奈川 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /