中華食堂 松葉


この日は渋谷方面に。
その帰りにはもちのろん、ラーメンであります♪
渋谷周辺でもよかったんだけど、それよりも先週アド街でやっていた椎名町の特集を見ていて、どうしても行きたくなったところに行って来ました!

その店の名は、中華食堂 松葉 であります!

ここは言わずと知れた「まんが道」でもおなじみのお店、往年の漫画好きなら知らない人はいないお店です。
なぜなら、かの有名なラーメン大好き小池さんが食べていたのは、この店のラーメンだからです!
その小池さんキャラの元になった鈴木伸一さんもトキワ荘の元住人で、アド街にも出てました。
最近、よくお見かけしますね♪
ラ好きの間で知らない者はいないというラーメン大好き小○さん (1ヶ月で100軒制覇に挑戦したブログ!!)でも、最後の100軒目はこの店でした。



小池さん

で、その松葉。
以前、後輩と着たことがあるんです。
もう2年前になるんですねぇ、、、早いねぇ、、、
その時は惜しくもフラれてしまい、オリオン食堂2に行きましたが。
この日は休みだったので、のんびりと街を散策しながら向かいました。



松葉 モニュメント

トキワ荘近くの公園には最近、トキワ荘を再現したモニュメントが出来てました。
公園では、親子連れが野球したり、サッカーしたりしてのどかであります。
「サッカー禁止」って書いてありましたけど(笑)



松葉 アパート

超が付く住宅地なので、古い建物も残ってたりします。
「うわー、こんなとこに人住んでんの?!」みたいな建物もありますし、あきらかに「これはもう住めないよねぇ」みたいなアパートもあったりします。



松葉 外観

そんなことをしながら街を徘徊していると、目立つ黄色いテントが!
これが以前フラれた松葉であります。
なんか、テントが新しくなってますね。



CA397805.jpg

この店の正面の路地を入っていくとトキワ荘跡があり、今は出版社になっています。
この辺り周辺はトキワ荘を中心にした町興しをしているみたいで、専用の冊子を配ったり、スタンプラリーなんかもやってました。
店の入り口にも「まんが道」の松葉での食事シーンが張り出してありましたね。



松葉 店内

店内は越谷でもよく見る、いわゆる中華屋さん。
昭和の風情も残っていますが、部分的に新しかったり、壁も塗り替えてたりします。
メニューの裏辺りにはトキワ荘ゆかりの藤子不二男先生らのサインと「笑うせぇるすまん」なんかのイラストが飾ってあります♪
キャパは、厨房前にカウンター3?、テーブル4人席5。
テレビも付いてて、何も気取るところはありません。
厨房には店主の娘さんでしょうか、女の方がひとり。
接客はよくしゃべる中国系の若くないおねーちゃん。
KITTYちゃんの黄色いエプロンがよく似合います(笑)
普通にテレビを見て「この人、オモシロイねー、アハハハ」と感想を言いながら笑っています。
こういうお店は、こうじゃなきゃいけません♪
そこから店員と客の会話が始まっていくのです。
店員の私語がどうとか、タバコがどうとか気にする人はムリだと思います。



CA397756.jpg

テーブルには、ちょっと松葉のイメージにはそぐわないラー油が。
あのおねーちゃんが作ったのかな?
まぁこういう店で、その辺の細かいところに突っ込みを入れてはいけません。
午後4時過ぎの入店で、先客2後客3。
地元の人がメインっぽいですが、写真を撮っている若い人もいました。
最後に入ってきたおじさんは、どっかで見たことあるんだよなぁ、、、、



松葉 メニュー

メニューは、カンウターの上に張ってあるもののみ。
麺類から中華丼から一品定食まで、いかにもなラインナップ♪
微妙に高いような気もしないでもないですが、トキワ荘を語る上では外せない店ですし、こんなもんと言えばこんなもんでしょう。
ラーメンとチャーハンを注文。



松葉 ラーメン
ラーメン  480円

ンマ~イ!

ここでラーメンを食べたら、こう言わなければなりませんっ!
(ホントは心の中でしか言わなかったけどw)

十万石慢頭を食べたら「うまいっ、うますぎる!」と言わなければならないのと同じく、松葉でラーメンを食べたら「ンマ~イ!」と言わなければならないのです!



ンマ~イ!

いかにも昔ながらの中華屋のラーメン!って感じが嬉しいですね♪
今どきのラーメンとは違う、ラーメン専門店とも違う、ガラスープに旨調バリバリ!
ついでに胡椒もバリバリですが、そこに文句を言ってはいけません。
昔のラーメンは今とは違いたぶんこれでも激ウマーなはずだったわけで、そこに思いを馳せながら麺をすするのが正しい食べ方。
思ったより太い縮れ平打ち麺にはちょっとビックリでしたが、モチモチした食感とスープがよく合います。
醤油の香りが良くも悪くも立ってます。
ワカメとゆで卵も時代を感じるし、固くて塩分強めのチャーシューがウマイ!
支那竹と呼ぶに相応しいメンマはしっとりと甘め。
大き目のネギミジンもこうでなくちゃ!と言わんばかりです。



松葉 チャーハン
炒飯  600円

中国料理店なんかのチャーハンではなく、家庭的で素朴なチャーハン。
注文したときはご飯が炊けてなかったらしく、「チャーハンはちょっと時間掛かります」と言われて素直に待ったチャーハン。
これが、お世辞でもなんでもなく ンマーイ!

ご飯がふっくらパラパラとか、玉子がコーティングされた黄金炒飯とかではないけど、適度な塩加減と多めの玉子、チャーシューの旨味なんかがしっかり感じられて、まじウマイです。
でまた、紅生姜がよく合うんですねぇ♪
基本的に何かを食べるときは自分の舌だけで味わって判断を下すようにしてますが、頭の中の自分のセオリーに悉く沿っていると美味さが倍増する時ってあります。
それが、まさにコレ。
舌だけでなく、五感と脳で味わって食べる美味しいチャーハンでした!
これに付いてくるワカメスープは、酸味があってちょっとビックリ。
あまり飲んだ事のないスープでした!





念願叶った松葉の味は、予想通り素朴で美味しいものだったのはもちろんですが、どこの街にでもある中華屋の雰囲気を持っていることで、行ったことないのに郷愁を味わえるお店でもありました☆







■住所
東京都豊島区南長崎3-4-11

■営業時間
11:00~21:00 かな?

■定休日
なし?







2009.5.23
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /