平九郎R 


春日部で病院に行った帰り、体調も悪くなかったのでラーメンに。

向かったのは、某サイトで見てなんとなく場所がうろ覚えだった、平九郎R

「平、、なんとか郎だったような、、」感じで春日部駅前の通りをウロウロするも見つからず、ら~ナビにもまだ載ってないし、仕方なく普通に検索して某サイトで見つけ場所を助手席ナビに入力すると、なんとその時クルマを停めていた場所のちょうど反対側の松屋の隣だった!(苦笑)
大黒屋本舗に行くときに停めるCPにクルマを停め、歩いて向かいました。
(って、すぐやがな)



平九郎R 外観

場所は、東武伊勢崎線春日部駅西口ロータリーから歩いて数分。
駅前の並木通りの右側を歩いていると、松屋の隣にあります。
わかりそうなもんだけど、あまりに町の景色に溶け込み過ぎててわかりませんでした(苦笑)
店に入ると、活気ある声で「イラシャイマセー!」
いや、活気あるというよりどことなくドスが効いていてちょっとコワイくらい、、、
中に居る従業員の人たちはみんな赤いポロシャツを着ていてキャップをかぶり、今どきな雰囲気。
店主をはじめ4人くらいいました。
接客のお姉さんの声もどことなくドスが効いていて、ちょいコワかったです(苦笑)



平九郎R 店内

店内は駅前の立地を意識してか、少しファーストフード店チック。
キャパはU字カウンター11席、テーブル2人席2。
昼の12時半の入店で、先客7後客7。
新店なので、店前で足を停めて覗いていく人多し。
客層もサラリーマンからガテン系から高校生から親子まで様々。
BGMはダンス系?

入り口入ってすぐ右手に券売機。
左手には新店らしく花が飾ってあります♪
大勝軒って書いてありました。
そういえばここの店主、オープンした頃行った大勝軒しのやの厨房にいた方に似てたような、、、、気がします。
ちなみに、側面の自動扉は開かないようです。



平九郎R 豚

カウンター左手の上には、この店のシンボルである羽の生えた豚が!(笑)
この豚、表の看板やカウンターのクリアファイルにも描いてあり、なかなかの存在感であります。
名前うろ覚えで来ましたが、正式な名前は平九郎R
「平九郎」表記のブログもありますが、こちらが正式な名称のようです。
RはラーメンのRだとか。
いけ麺さんの受け売りですけど。



平九郎R カスタマイズ

メニューは大きく分けて平九郎ラーメン、替つけめん、フィニッシュラーメンの3種類。
ラーメンはともかく替つけめんとは、ラーメンを食べ終わった後につけ麺用の麺をオーダーし、残ったスープに専用ダレと香味油を好みで加えてつけ麺にすることが出来る、というシステム。

フィニッシュラーメンとは、飲んだ後の〆のラーメンとの事ですが、券売機のところの写真はになってました。
夜しかオーダー出来ないそうです。

食券を渡すと麺の固さ、味の濃さ、あぶら多めなど、好みのオーダーが出来ます。
バリカタがある辺りや、「 Future Hakata Tonkotsu Style 」と書いてある辺り、九州博多ラーメンがベースにあるようです。
全~然大勝軒じゃないですね(苦笑)
人違いかな?
自分は全て普通でお願いしました。
それと、なんとなく気になったチャカライスもオーダー。



平九郎R チャカライス
チャカライス  300円

先に来たのは、チャカライス。
なんで”チャカ”なのかは不明(苦笑)

で、これがウマーーーーイ!!!

何の気なしに頼んでみましたが、これがサイコー☆
白飯の上にキャベツやモヤシ、人参などの野菜とチャーシューが絡む様は、青ネギやゴマの風味も相まってウマイー!
全体にかかっているタレは野菜とも肉ともバッチシ合っていて、ご飯がご飯がススムくんであります♪
超~~~タイプであります☆
正直、ラーメンよりこれを食べに行きたい感じ。
今思うと、まぁどうということはないサイドメニューですが、なんというかコンビネーションの妙というか、とにかくめっさウマかったっす。
キャベツは漬物ではないよなぁ?
あっという間に完食☆



平九郎R ラーメン
味玉ラーメン  700円

チャカライスを食べた時点でかなりお腹イッパイになってしまいましたが、ラーメンはそれでもやってくる。
平九郎ラーメンに味玉が乗った、味玉ラーメン。

店の中の文章とかを読みながらもほとんど頭が働いてなかったので、博多風とかはイメージして無かったのですが(この時点でアホ)、スープを飲んでみるとド豚骨(というふどでもないか)でビックリ!
表面にゴマが浮いてたり、山頭火ばりに梅干が入ってたりしますが、それでもパッと見はやはり博多風ではない。
でも、スープはしっかりゲンコツなどが効いてて頭骨も入ってそうな感じのこってり豚骨スープ。
とはいえ魚介の風味も少しあるし、本当のド豚骨に比べると薄味に感じますが、それで「未来の博多ラーメンスタイル」を謳うラーメンとしては、なるほどと思ってしまいます。
でも最初ちょっと舌にピリッときてその後も醤油を強めに感じたので、終始少し濃かったです。
白いネギは斜め切りだし、炒めたタマネギも乗ってるし、味わいや食感がことごとく新鮮。
最近はこういう豚骨ラーメンを食べる機会も減ったので、久々に食べるとキマすね(笑)
味玉は味付け普通で黄身はやや固め、チャーシューは肉感があっていいけどもう少し味が付いてても良かった。

麺はこういうラーメンだけあって、結構な細麺ストレート。
普通でオーダーしたので、博多系のバリバリ麺ではありません。
しなやかでもったりした食感はお腹がいっぱいになった自分には少しキツめ。
小麦感や粉の感じはありませんが、しなやかな食感が少し中根製麺の麺を思い起こさせました。
もちろん違うっちゃ全然違うんですけど。





とはいえ、麺とスープはしっかり合ってると思うし、ガリガリの博多系を好む人ならともかく、駅前立地で一般的なラーメン好き相手にはこのくらいの方がいいのかも?
いやむしろ、もう少しマイルドな方向の方がウケる気がします。
博多ラーメンを独自進化させた平九郎R。
相当回転が良くないと厳しい立地ですが、頑張って頂きたい!







■住所
埼玉県春日部市中央1-2-6

■営業時間
11:30~23:00

■定休日
なし(?)







2009.5.20
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /