重厚煮干し中華そば 大ふく屋


麺 高はしの後は、近場で気になっていたあの店へ。

その店の名は、重厚煮干し中華そば 大ふく屋

前島さんせたが屋グループがプロデュースしたというこのお店は、同じグループの豚骨世界 大大@自由が丘、ふくもりせたが屋@駒沢大学の名前を合わせ、「大ふく屋」になったそうです。
でも、正確には「せたが屋グループ」ではないそう。
経営が違うんですかね。
どっちでもいいですが。





大ふく屋 外観

場所は、JR赤羽駅東口から線路沿いに歩いて2分くらいの好立地。
以前行ったゆうひ屋からもすぐです。
歩いて10秒くらいか。



大ふく屋 店前

入り口には、わかりやすいメニューの写真。
結構な話題店なので多少の並びは覚悟してましたが、天気が悪かった事と夕方だった事もあってか客足はイマイチの様子。
午後6時の入店で、先客3後客3の入り。



大ふく屋 店内

店に入ると、黒と木がメインの優しい落ち着いた雰囲気の内装。
従業員の平均年齢がかなり高いのに少し驚きました。
40~50代の方しか厨房にいなくて、それが悪いとかじゃないけど意外でした。
声は出てるけどテンションとか作業が慣れた感じじゃなかったので。
BGMは有線。
券売機は入ってすぐじゃなく、少し中に入ったところにあり、カウンター席のすぐ後ろなので、ヒマな時はいいけど、忙しい時は邪魔なんじゃないかなぁ。
特に券売機の前で「う~ん、どうしようかしらぁ、、、、、、、、、、、」とか悩まれると。
まぁ別にいいですが。



大ふく屋 メニュー

メニューは、前島さんが喜多方の「食堂 はせ川」にインスパイアされたという煮干しがベースとの事。
そこに得意の豚骨魚介、そしてこの店最大の特徴である野菜を組み合わせた野菜豚骨魚介というジャンルのラーメンがウリ。
つけそばもこれがベースとなり、中華そばは鯵干しをメインとしたラーメン。
鯵干しの中華そばにも一瞬惹かれましたが、やはりここは重厚中華そばにしました。



大ふく屋 ラーメン
重厚中華そば  730円
漬け玉子     110円


写真からもわかるくらい、ぬえっとりとしたデロデロ系のスープ!
某ラーメン本では「ベジタブルポタージュ(ベジポタ)」と形容していましたが、そのねっとりべっとり具合は野菜からダシをとるのではなく、野菜を全部なくなるまで溶かした正にポタージュ。
天下一品系とでもいうべきか。
唇がベトベトして、帰りも取れませんでした(苦笑)
豚骨のコクと野菜の旨味がガツンときて、煮干しはかなり消えている感じ。
ゆずも入ってますが、ほとんど気休めですかね。

かなり固めのストレートな中細麺は、食感やコシの強さがスープに比例していて相性はイイ。
その相性の良さが食欲をグイグイ引っ張ってくれます。
この辺りはサスガとしか言いようがないです♪

具のチャーシューは厚めで柔らかく、キャラの濃いラーメンでも負けてません。
メンマは太くて適度なコリコリ感がナイス☆
海苔とネギもパーツとして文句なし。
味玉はサイズが小さく、味はちょっとラーメンに負けてた気がします。





全体的なコンセプトはスープの独特な感触から伝わってきましたが、店舗オペレーションやラーメンそのものの完成度はまだ発展途上な印象が否めないイメージ。
いや、ラーメンそのものは完成してるけど、完成させるためのその他要因がそれに付いて来てないというべきか。
前島ブランドと内容の詰まったラーメンですが、量が少なめなのは高いと感じる向きも多いかと。
まぁ自分は悪くないと思いましたし、今後安定してきたら評価も変わるでしょう。
期待している向きの為に頑張って頂きたいです。







■住所
東京都北区赤羽1-18-4 青山ビル1F

■営業時間
11:30~15:00 17:30~スープ切れ終了

■定休日
月曜日







2009.4.14
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /