麺匠 大悟


以前行ったときから1年半くらいかな?
先週めいげんそに行ったときにちょっと気になってしまったので、変わったというつけ麺を食べに行ってきました。

その店の名は、麺匠 大悟

新越谷駅東口のそばにある京都風?ラーメンのお店です。
毎日直送している九条ねぎや、日光ホワイトポークなど厳選した素材を使っているのがウリのお店です。



麺匠 大悟 メニュー

つけ麺のリニューアルと同時にメニューの雰囲気も変わりましたね。
イチオシのつけ麺がTOPにきて、その下に熟成醤油などが載っています。
一部若干値上げしているようです。



麺匠 大悟 店内

店内は変わらず、木と間接照明を多用したおされな雰囲気。
BGMも変わらずジャズが流れています。
バトルプリンス・プリンセス2009の張り紙あり。
キャッチーな店主(?)は客との会話を楽しむように接客していて好印象。
今までのバイトとは全然違います。
特製つけ麺を頼んでら~ナビクーポン(使うの何年ぶりだ?)で味玉を付けようとすると、ちゃんと「味玉付いてますよ~。チャーシューとか、メンマにします?」とサジェスチョンしてくれます。
使うのやめようとしましたが、結局九条ねぎを付けてみました。



麺匠 大悟 つけダレ

先に来たのがつけダレと九条ねぎ。
ていうか、ねぎがお椀にシコタマ入ってます(笑)
角度がアレなんでアレですが、お椀の大きさはつけダレと同じです。
つけダレのベースは動物系ですが、そこに加わる魚介系が強烈!
ていうか魚粉も相当入ってて、カツオ系の香りしかしてきません。
辛味と酸味はほとんど感じず。



麺匠 大悟 麺
大悟特製つけ麺  900円
九条ねぎ(無料クーポントッピング)


その後、太い麺がきました。
デフォルトで300gです。
この麺が、かなりの歯応え!
コシというか、食感というか、とにかく 固 い と表現するのが妥当と思われるくらいの噛み応え。
芯の固さは二郎系や角ふじ系にも劣らないくらいです。
でも表面は思ったより滑らかで、のど越しはイイです。
小麦の香りは魚粉が強すぎてよくわかりませんでしたが、強い個性のつけダレと麺は愛称がまぁまぁ良好。
ですが、このくらいの麺を使うのなら、つけダレのベースの動物系をもっと強くした方がよりいいと思うんですが。
じゃないと、なんか麺に少し負けてる気がします。
悪くはないんですけどね。
でもそうすると凡百ある豚骨魚介系つけめんと変わらなくなってしまいそうな気もするし、、、う~ん。

炙りチャーシューは香りもよく、温かいうちに食べるのがミソ。
冷めると風味も有り難味もかなり減少します。
味玉は味がしっかり付いているんだけど、なんなのかわからず。
塩っぱいでもなく、甘いでもなく、玉子の良さも少しスポイル気味。
不味いわけではないけれど、普通な感じです。



麺匠 大悟 具

つけダレの中に入ってる具は、ブツ切りチャーシュ-とメンマが2本、あとは魚粉ですw
ていうか、かなり香りがスゴイので魚粉過多に思いましたが、食べてみるとそこまでではない感じ。
カツオをメインに数種類の節をブレンドしてるように感じました。
多少の脂分はありますが、どちらかといえば濃厚なのにサッパリしたイメージ。
ただ、ねぎをシコタマぶち込んだんで、後味は苦味ばしってました(苦笑)
全体的に悪くないんだけど、何か足りないような気もしました。







2009.4.24
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /