麺絆 大勝彦 


過去データをあげるのでイッパイイッパイな上に、仕事も忙しいので週一くらいしかラーメン食べてません(涙)が、そんな忙しさの合間を縫って、行って来ました五反野の新店!

店の名は、麺絆 大勝彦

ちょっとギャグのようなネーミングですが、れっきとした東池袋系のお店です。
滝野川大勝軒や東池袋で飯野さんに師事されたそうです。
店名は、店主の五十嵐勝彦さんと大勝軒を合わせて大勝彦(たいしょうひこ)。
安直な感じもしますが、妙なインパクトがあります。
こういうの好き♪



麺絆 大勝彦 外観

場所は、東武伊勢崎線五反野駅を出て左に進み、最初の信号を右折して80mくらい行くとあります。
場所が場所だし、あまりいい立地とはいえない気がしますが、人通りは少なくありません。
店に着いたのは開店の10分前。
雨の中、入り口に張ってある張り紙とかを読んで待ちます・・・



麺絆 大勝彦 暖簾

5分前になると、暖簾を出したり、看板の照明コンセントを入れたりしに出てきましたが、こちらをチラリと見て、何も言わずに中に入っていきました。
まぁこういうのは慣れてるので別に構いませんが、あまり感じは良くないですね。
たぶん、同じように立ち止まって張り紙読んでそのまま行っちゃう人がほとんどなのでしょう。



麺絆 大勝彦 店内

時間になって中に入ると、「ああ、お客さんでしたか。すみません」と一言。
やはり、見るだけ見て行っちゃう人は多いようです。
さすがに新店だけあって清潔感がある店内。
キャパは、カウンター9席のみ。
午後17時半の入店で、先客0後客3。



麺絆 大勝彦 製麺室

店に入ってすぐ右には製麺室。
最近の蕎麦屋のように、店の外からでも麺を作っているのが見えるようになっています。
本家と同じく、かちどきの粉を使っていました。
入って左には券売機。
もり(あつ&ひや)とラーメンが中心のラインナップ。
ここはデフォでもなんと350g!
知ってはいましたが、忘れていたのでそのまんま注文しました。



麺絆 大勝彦 飯野さんと石神

カウンターの上には、師匠の飯野さんや山岸さんとのツーショット。
隣には、石神はんのサインもw
券売機の上にはラーメンバンクが置いてあったので、しっかり読みました。
念願の古谷さんの記事もやっと見ましたw
あと、花見が出来る街のラーメン店特集はいろいろ出かけるついでにラーメンを食べる事が非常に多いので、目の付け所が面白かったです。
その間も店主はしっかりと麺を量り、スープの準備をしてました。



麺絆 大勝彦 もり
あつもり  650円

やってきました、あつもりです!
麺のどんぶりより、つけダレの丼の方がデカイ!
そして麺、マジで多いです。
後から来たお兄さんたちの中盛(550g)も、デフォより器が大きいだけでなくやたら麺だらけだった!
特盛はなんと950gだとか!
「美味しいものをお腹いっぱい食べてもらって、お客さんに満足してもらおう」という大勝軒イズムは、確実に引き継がれているようです♪

「味が濃かったら言って下さい、調整しますんで。」と一言入ります。
いいですね、こういうの♪



麺絆 大勝彦 つけダレ

つけダレは、ちょっと色が黒い?
実際飲んでみると、大勝軒系の豚・鶏・野菜・魚介を中心にした甘・辛・酸ではあるけれども、甘みはかなり少ない!
そして醤油というか、塩分濃度が結構濃い目。
そのあたりは、自覚してらっしゃるようです。
でも、麺と一緒に食べると特に悪くはない。

具のチャーシューはかなり薄めで小さいものが2枚。
ちょっと寂しい。
メンマは細長くて味付け濃い目のものが6,7本。
味玉は本家と違って半熟でウマイ。
あとはネギと海苔のみ。
器が大きいだけに、スープ量に対する具の少なさがかなり目立ちます。
石神さんは「本来の味をしっかり育てていこうという気持ちをひしひしと感じる」みたいな事を書いてましたが、確かに本来の味やコンセプトに対するリスペクトは感じるけど、「大勝軒のあの砂糖の甘さがダメ」という話はよく聞きますし、自分はかなりのオリジナリティを感じました。

食べていると、「味は大丈夫でしたか?(濃くありませんんでしたか?)」と確認してくれて、気配りが細かいです♪



麺絆 大勝彦 味玉

自家製の麺は、本家より少し太めでしょうか。
モチモチ感はありますが、コシはそんなにない感じ。
ただ麺そのものは美味しいです。
デフォで350gでも多いですが、400g以上あるんじゃないかってくらい、食っても食っても減りません(苦笑)
塩分強めのつけダレと具の少なさが災いしてか、飽きてきてしまいます。
お腹はイッパイになりますけど。

麺を食べ終わった後、麺どんぶりの下に結構残った茹で汁(=水切りが甘い)でスープを飲んだらかなり美味かった!
その後スープだけを飲んでいると「スープ割りますよ、その方が飲み易いです。」と、一言。
せっかくなので割ってもらいました。
正直、丼に残った茹で汁の方が小麦感があってうまかったけど、こちらも普通にうまかったので完飲!



店を出るときは「お待たせして申し訳ありませんでした。ありがとうございました。」と一言。
店主の動作にあまり機敏さはないし、おっとりした感じの方で覇気もない。
でも、こういう気配りがちゃんと出来るお店は残ると思います。
ますは、地元の人に愛されないとですね☆







■住所
東京都足立区足立4-37-9

営業時間
17:30~22:30

■定休日
火曜日、第1、3水曜日







2009.3.6
スポンサーサイト
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

COMMENT

NO TITLE
こんばんはー。ワタシも先日行ってきました。
その、不器用っぽいサービスぶりとか、同じ感想です(笑)
ワタシはちょいとショッパーと思って、途中で薄めてもらいました。それでちょうど良い感じだったかなぁ・・
古谷氏に会えてよかったです(笑)
2009/04/09(木) 23:27:21 | URL | どんぶりっ子 #-[編集]
NO TITLE
おはようございますー
あのご主人、忙しくなってきたら大丈夫なのか心配になります(苦笑)
確かにしょっぱめでしたが、まぁこれがこの店かと思って食べてました。
正直割ってもらっても濃かったですけどねw
それでも自分は結構普通に飲めてました♪
塩に対する耐性が出来たかな?
今月はまだアイヴァンさんに会ってませんw
2009/04/10(金) 04:20:54 | URL | じょうじ #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /