彦江製麺所 


池上製麺所の後は、更にディープなS級の店・彦江製麺所へ。

ここはS級の中でも間違いなく、一番分かりづらい立地!
EZ助手席ナビに住所を入力して地図を見た時はそうでもなかったが、それはそれは遠かった!
なんなんだ?!っつーくらいワケわからんかった!
同じところをグルグル回った!
しかし、うどんが異常にウマかった!!!
しかも一番”セルフ”な感じを味わえた!
なんだか久々に異次元に迷い込んだ感じの、三半規管がおかしくなる感覚を味わった!
そんな、インパクト満載のお店でした、、、



彦江製麺所 看板

まず、ナビ子さんに従って坂出市へ逆戻り。
思いついた名前とナビ子の出す移動所要時間だけを頼りに店を巡ってるので、効率もへったくれもありません。
同じ道を何回通ったでしょうか?
無駄な高速代をいくら使ったでしょうか?(苦笑)
そんな事を思いながらもあえて口に出さない両親の冷たい視線を浴びながら、たどり着いたのはある川のほとり。
神社があるので、この近くには違いない!
看板も見えたし。
が、その川沿いの道に入っていくと、だんだん細くなっている、、、
するとナビ子さんは

まもなく 目的地です。お疲れさまでしたっ!

って、オイオイ!
まだ着いてねーよ!
オマエはいつもそうだ!
細い路地が続く道に近づくと、勝手に案内を放棄しやがる!
いい加減にしろっ!

とかなんとか、不安に駆られながらクルマを停め、看板を見に行ってみると、、、


彦江製麺所駐車場は
ここより西へ約100m直進
最初の角(中古車販売店)を左折
約150m左側です。
尚、この近辺(神社付近や川沿い)への駐車はご遠慮ください


と書いてある。
てか、クルマ停めちゃったよ!
急いで引き返してクルマで出発!
そこから大通りに出て中古車屋を探すも、だいたい西がどっちかわからん!
看板に地図くらい書いておいてくださいよー
仕方なく西はコッチだ!と思って一度川を渡ってみたが、明らかに違う感じ。
そら、そうだ。
で、プリントアウトした資料には「ファミリーレストラン ぐりーんはうすの角を曲がる」とあったが、近くにファミレスなんか全然ない!
(ちなみに帰りにその場所に行くと、ファミレスがあったっぽい場所は更地になっていた!)
反対方向に進むと、すき家はあったがファミレスじゃないよな?とか思いつつ、ワケわかんないのでさっきの神社から100mくらいのところの信号を曲がってみる。
中古車販売店なんてあったっけか?
まぁいいと思いそのまま進むと、郵便局のある商店街みたいな通りに出た!
なーんか行き過ぎてる感じだよなぁと思いつつ左に曲がって進むとさっきとたぶん同じ川が見えた!
が、どこで曲がるか分からず、しかも後ろから車が来てたので、そのまま直進して橋を渡ってしまう(苦笑)
Uターンして戻ると、いままで黙っていたナビ子が再び

まもなく 目的地です。お疲れさまでしたっ!

とほざきやがる!
ウキーッ!!!

などと機械と戯れながら、ワザとこの辺じゃねーか?的な路地に無理やり入ってみる。
車1台通るのがやっとな路地をノロノロ進むも、やはり住宅と畑しかなく、狭い曲がり角で途方に暮れる、、、
すると、目の前の畑におじさんが現れた!
これ幸いとクルマを降り、「すみませーん、彦江製麺所ってどこですかー?」と聞いてみた。
すると、やはり四国の人は優しい♪
親切に駐車場への行き方を教えてくれた!
そこから2つくらい曲がって進んで、やっと駐車場に辿り着いたのでした。
(ちなみにナビ子は黙ったままでした(殴 )



彦江製麺所 駐車場

あんなに苦労したのに、駐車場はかなり広い!
てか、マジ広ーーい!
これ、ほぼ全部彦江の駐車場です。
信じられん!
こんなところの駐車場が全部埋まるのか?!

てな事を思いつつ、何やら説明が書いてある看板のある駐車場の突き当りまで行くと。


彦江製麺所 駐車場看板

おお、すぐではないか!

と喜んだのはいいが、そこから外に出ると、、、



彦江製麺所 狭い!

まぁ、ホントに田舎の住宅地の裏路地ですわ。
しかも、人気がありません。
ホントにこんなところに製麺所があるのでしょうか?
不親切さと合わせて、ほとんど嫌がらせとしか思えません。
たぶん、あんまり人に来て欲しくないんじゃないかな?
要所要所に看板を立てるとか、もっと分かりやすい記述にするとか、なんかやり様がある気がしてなりません。
いろんな事情があるんでしょうけど。



彦江製麺所 外観

で、やっと製麺所。
この製麺所も、分かりやすい看板など皆無。
アルミの引き戸に小さく書いてあるだけです。
もっと言うと、さっきの路地からこの店もかなり分かり難い!
一度、通り過ぎました私。
この建物の外観が、「明らかに普通の民家でない」という事だけを頼りに曲がりました。
だいたいが、60mなのか?
もっと長くね?



彦江製麺所 製麺室

もう文句タラタラですが(苦笑)、こういう挑戦的な態度の店に不思議と惹かれてしまう性質でして(苦笑)

中に入ると、そこは完全に製麺所。
おまけに食べられる感じです。
入って右手には、写真のような製麺器の類やら、大きなタライに入った小麦粉やら、麺帯やらがあちこちにいてます。
接客のお姉さま以外には、奥に数人うごめいています。
そして手前には、客用の茹で麺器です。



彦江製麺所 茹で麺器

親切なお姉さまが声を掛けてくれて、注文するとどんぶりにうどんを入れてくれます。

「あっためるのはそこでカゴに麺を入れてあっためて。つゆはこっちね。」

言われたとおりにカゴ(テボ)にうどんを入れ、申し訳程度に揺らします。
子供とかはこういうの喜ぶんじゃないかなぁ。
うどんのお湯を切ってどんぶりに入れ、つゆを入れようとすると、、、出ない(涙)
どうやらかけつゆはなくなってしまったようです、、、

と思って諦めかけると、お姉さまが「ちょっと待ってください~」とアルミ製サーバーの蓋を開け、無理やり斜めにして水道の蛇口そのものの抽出(?)口から、一人分を搾り出してくれました!!
おねーさん、アリガトー(号泣)



彦江製麺所 食べるとこ

出来上がったうどんに薬味だけを入れ隣の部屋に入ると、そこには食べるためのお部屋が。
キャパは、壁伝いに15席くらい。
午後1時半の入店で、先客3後客2。
さすがのマニアックな名店も、閉店間際なので人もまばら。
後客には「かけつゆがなくなってしまったので、醤油のぶっかけだけになってしまうんですが、、、」とちゃんと断ってから注文を受けてました。
当たり前ですが、素晴らしい。



彦江製麺所 メニュー

部屋の壁には、簡素なメニューが。
しかし、1玉140円ですよ!
今回の旅、最安値であります。
天ぷらとか、あったっけ?
優香のポスターが午後の日差しとこの店に妙に合ってます。



彦江製麺所 入り口方面

入り口方面(奥)と、部屋の境目。
薬味や醤油ダレの入ったプラポット、割り箸や自分で擦る生姜など。
こういう光景も慣れてきましたね。
もう7軒目ですから。



彦江製麺所 うどん
かけうどん小  140円

ラーメンを食べ歩く時もそうなんですが、得てしてその日の後半に食べるラーメンは腹の具合もイッパイイッパイなので、おいしく食べられる感度が下がりがち。
それはたぶんどんな食べ物でも同じなんだろうけど、ここのうどんはウマーーーイ!
正直、一番ウマかった!
いりこがガッチリなわけでもないおつゆはそこはかとなく柔らかく、しかも旨みは深く。
とはいえ、いりこの存在感はそこはかとなく大きく。
エッジが効いたうどんは食感に快感をもたらし、それでいながら、茹で置きでありながら、小麦感がこれまでで一番!
池上製麺所のような溝の少し入った見た目通り、コシの強さもしっかりあって、しかもしつこくなく食べ易い!
喉越しが素晴らしく、快感とも言えます。。。



一番安いうどんが一番ウマイとは、またしても恐るべきさぬきうどんであります!

(ちなみに写真は食べ掛けです。この時、山越で写真撮り忘れたのを思い出しました!)



彦江製麺所 また路地

再び迷路のような路地を歩いて戻りました、、、

しっかし、讃岐うどんの奥深さはマジ、パねーっす!







■住所
香川県坂出市横津町3-6-27

食べログの説明:交通手段 高松方面から県道33号を通りファミリーレストラン「ぐりーんはうす 昭和町」を右手にある交差点を左折します。その道を抜ける前の左側に駐車場があります。その駐車場にお店への案内板がありますから、それを見てください。
とありますが、かなりこれも判りづらいですわ。

■営業時間
8:40~14:00

■定休日
日曜日







2009.2.16
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /