支那そば 晴弘 


この日は夜に都内で用事があったので、その前にラーメン☆
特にアテがあったわけではないけれど、月島でもんじゃを食べる予定だったのでその周辺で検索。
ホントはこうかいぼうに行きたかったんだけど、夜はやってないみたいだし。
結構時間が余ってたので、少し飲める感じのところがいいなぁと思いつつら~ナビです。

で出てきたのが、支那そば 晴弘

「はるひろ」ではなく、「はるこう」と読みます。
あの葛西の名店・ちばき屋の暖簾わけの店だそうで、晴弘の名はこの近辺で検索すると必ず名前が出てくるので知ってはいましたが、先々週たまたま羽田のチェックインカウンターの中にあるちばき屋に寄ったので、これはと思い行ってみました!



支那そば 晴弘 外観

場所は、都営大江戸線門前仲町駅から永代通りを葛西方面に進み、富岡八幡宮を通り過ぎた最初の信号のひとつ手前を左折。
そこから細い通りを200mくらい?行ったところにあります。
街のしがない通好みの支那そばやをイメージしていたので、行ってみるとビックリ。
すごくちゃんとした外観で、中も賑わっているようです。



支那そば 晴弘 メニュー

入り口には、餃子や麺類などのメニュー。
分かりやすいですね。
ワンタンとかも美味そうです♪



支那そば 晴弘 店内

店内は、左手に厨房とカウンターがあり、4人も従業員の男の人がいてビックリ!
更に女の人までいますよ。
このキャパでこの人数は、相当売り上げがないと厳しいんじゃないでしょうか?
女の人は餃子を焼くのがメインのようで、接客などはお弟子さんらしい男の人たちがやってます。
一番奥には、初老の気風の良さそうなおじさま。
たぶん店主なんでしょうけど、常に全体に気を配っています。
キャパは、カウンター7席、テーブル2人席2、テーブル4人席1、テーブル10人?席1。

時間つぶし的な意味合いも兼ねていたので、まずはビール!
写真は撮りませんでしたが、海老入り黒豚餃子450円、砂肝オイル漬け350円をつまみに一人で飲んで、かな~りいい気分♪
もちろんビールはすぐにおかわりであります!
サカマガを読みながらいい時間を過ごしていましたが、携帯の電池が切れてしまったので店主に(おやじさん、もしくは大将と呼ぶに相応しい方です)「近くにコンビニありますかねー?」と聞くと、事細かに教えてくれて、途中で買いに行っても全く無問題。
帰ってきたら「すぐわかりましたか?餃子、置いてありますんで。」とか心配してくれて、すごく親切♪
近くにあったら確実に通います!

午後9時の入店で、先客7後客18。
サラリーマンの団体が飲んでいましたが、飲み屋的な側面もあるようで、芋焼酎のラインナップとか、ワインとかが揃っていてこれもビックリ!
ネットで見てるとここはどうやらdancyuにも載ったことがあるくらいの通なお店だとか。
つまみもバカ旨いし、どうりで、、、
定番系のつまみはもとより、豆腐ようなんかまでありましたね。
餃子は小さめのが8個でしたが焼き加減が素晴らしく、餡の海老と豚の具合もハンパない!
砂肝も全然油っこくないし、つまみとしては最高でした!
でも、BGMは弦楽四重奏です(笑)
〆にわんたんそばを注文。



支那そば 晴弘 ラーメン
わんたんそば  800円

この支那そばがまた、ウマイ。
見た目からして”ウマイですオーラ”が出ています。
ダシのバランスがすごく良くて、それを多めの油がうまく纏めていてレベル高い!
鶏ガラ、豚、香味野菜などからキッチリ旨味が出てる感じで、キャラが濃い!
正直エグ味や雑味も感じますが、それがイヤに感じません。
羽田で食べた物より確実に2ランク、3ランクくらい上です!
(あちらはバイトが作ってたので。うまかったけど)
ネギやカイワレも、こうじゃなきゃ!って感じで完璧なコンビネーション。

麺は細い縮れ麺で、コシとホキホキの食感がナイスな上に、スープとの相性も申し分なし。
結構な縮れ具合ですが、これがスープをよく吸う上に拾い加減も素晴らしい。

具のチャーシューは小さめのものが2枚入ってますが、豚そのものがうまくて味つけも薄めなので、バランスもヨシ。
メンマは控えめながら、スープの油分を合わせて良くなるように思えました。
海苔とカイワレも、オーソドックスな支那そばに止めを刺す感じ。
わんたんは狭いスペースに詰め込まれていたのか多少くっ付いてましたが、するするした食感は確実に並以上。
餡は少なめでしたが、これもスープの油分と合わせて力を発揮する感じです。
あっという間にスープまで完食。



ネットで読んでいて知ったのですが、どうやらここは長居は嫌われるらしい。
どうりで下げ物は早いし、ラーメンを食べた時点で何も言ってないのにお勘定が置かれるし、最後おやじさんは目を合わせてくれなかった。
そういえば、カウンターに「1時間半以内でお願いします」って書いてあったな。
自分がいたのは1時間ちょっとだけど、某ブログには「飲食は1時間以内にすること。酔っ払いは嫌われる」って書いてあったなぁ。
でも、自分が行く前からいたサラリーマンは帰る時もいたし、どうなんだろ?
江戸っ子だから、蕎麦の店と同じような感じなのかな?
サッと入って、サッと蕎麦をたぐって、サッと帰る、、、みたいな。

初めて来た自分に親切にしてくれたし、今度行くときはサクッと飲み食いして帰ることにしよう。
だって、めっさ旨かったもの。







■住所
東京都江東区富岡1-21-9

■営業時間
11:30~14:30 17:00~23:00
11:30~15:00 17:00~22:00(土日祝)

■定休日
なし(無休)







2009.2.24
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /