名代十文字中華そば 嶋田屋







CA255316 嶋田屋
中華そば並盛(+チャーシュー)  500円


前から気になっていた(そんな書き出しばっかだが、気になる店がたくさんあるのだ!)松伏の銘店と名高い嶋田屋に行ってきた。
夕方五時半くらいについたがシャッターが閉まってて、「六時から」との張り紙がしてあったので、隣のKing's Familyとダイソーで時間をツブし、結局6時半くらいに入店。いらないもの買い過ぎた、、、

で、入ってから出るまで他の客はなし。
キレイな店内にはどことなく素朴な雰囲気が漂い、いぶりがっこや横手焼きそばのタレ(?)などがみやげ物屋のごとく置いてあり、郷土愛に溢れた店主の人柄が想像できる。


CA255314 嶋田屋店内



もちろんテレビも置いてあり、ホントに田舎の雰囲気。ちょうど彦摩呂や安井まみこ(元広島テレビアナ)が激ウマ変わり鍋のレポートをやっていた。


程なくして中華そばが到着。
ここのスープはほとんど動物系の感じがしません。昆布や鰹がメインで細切りのネギが良く似合う、素朴な懐かしい味です。麺は自家製?の、ほっとくとすぐのびちゃいそうな細いちぢれ麺で弱いといえば弱いんですが、今どき珍しい主張の少ない奥ゆかしさを持った麺です。そこにこれまた薄味のシナチクと、オレ好みな茹で系の味濃いチャーシュー!(増量して正解!)そこに海苔と、ラーメンの具としては珍しい(?)麩がひとつ乗ってます。

特にこれといった強い個性がいるわけではないのに全体のバランスが非常に良く、全体でひとつの個性を主張している感じがすごくします。そう、まるで今シーズンのレクレアティーヴォ(リーガ)やレディング(プレミア)のように!



CA255317 嶋田屋餃子
ギョーザ 350円(たぶん)


ここを見てくれてる方はいつもオレがほぼ必ずといっていいほどギョーザを頼んでるのはご存知でしょうが、なんだかいつも食べたくなってしまうんですよね。で、ここで何の変哲も無いオーソドックスなウマいギョーザを食ってて思いました・・・




オレは、ギョーザが大好きだ!





この時に、気付きました。

今まで自覚ナシ!でした。

もちろんキラいな訳ではないしむしろすごい好きなんだけど、自分がギョーザが好きだとは今まで改めて考えたことはなかった、、、

んな訳なので、今後も財布が許す限りラーメンとギョーザはセットで頼みたいと思います。





で。



やはり、じょうじ的には、この奥ゆかしい店にも実はスーパー激し過ぎる主張があった事を見逃しません!!!


証拠写真が、コレだ!










CA255315 嶋田屋!!!
!!!




皆さん、張り紙の下の方の文字が見えますよね。

なんと、






当店では除雪車による除雪もしております。
雪でお困りの時は、どうぞご用命くださいませ。







と書いてあるではありませんか!!!

サスガは雪深い秋田の十文字

きっと、より現地の店に近づけるべく、そこでのサービスをここ埼玉の地でもしっかりと継承していこう!という店主のコダワリがはっきりと見て取れます!(ホントかよ?)




CA255313 嶋田屋外観
外観



トビラ横のガラスには、「東武グループ御用達」的な事が書いてあって、それも今どき珍しいなぁと思いつつ、その辺りの肩ひじ張らない経営方針にも好感を覚えると共に、秋田出身じゃなくてもこの店の持っている田舎性になぜか郷愁を覚えてしまうじょうじなのでありました。



※ここのオバチャン、どっかで見たことあるんだよなぁ、、、、








2006.?
スポンサーサイト
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 埼玉県東 |

COMMENT

じょうじさん

卑怯とはとりあえずはルール違反ではないと聞きました。ルール違反でないから卑怯。越谷の仇を目黒で討つじょうじさんは卑怯だと思い、二度とコメントなんかするもんか!と思っています。

でもやっぱり、明らかにしておきたい事実はあるのです。
嶋田屋のオヤジさんは、そもそも県内の東武バスの運転手さんでした。
県内で十文字そばが食べられるのは嶋田屋さんだけです。
2009/03/08(日) 08:56:58 | URL | 金時 #mQop/nM.[編集]
>金時さん

お久しぶりです。

≫越谷の仇を目黒で討つじょうじさんは卑怯

というのが最初全く意味がわからなくて、調べてしまいました。
あちらのブログは大好きですが、3ヵ月後のコメントまで全部見ているわけではないので(苦笑)シカトしたみたいになってしまいました。

ブログにコメントした時、正直金時さんが見ているかもしれないという事は頭に浮かびましたが、そのまま思った事を書きました。
越谷近辺のラーメン好きの方なら見ていて当然のブログですしね。
特に隠れて陰口を言うつもりもありませんでしたが、茶化して書いた事も事実ですので、気分を害されたのなら申し訳ないとしか言いようもありません。

ただ稚ブログへのコメント、

≫わたし自身、五目そばを注文して伊達巻きが入っていない店は、「田舎者の成金趣味」として二度と行かないリストに載せ親類縁者一同に警告しております。

から、金時さんの自身の拘りに対する並ならぬ情熱(ゆで玉子半切はNGでメンマは絶対入れず、野菜も白菜タケノコ人参のみの3種類、伊達巻きの入ってない店は親類縁者一同に警告する、、、くらいの)を感じ、そこに怒りにも似た何かを文面から感じたので、ああいう書き方になってしまいました。
私自身に怒っていたのではない事は理解しているつもりですし、それを分かった上で、茶化して冗談交じりに書きました。
それは、理解してもらえると思っていたからです。
ただ人間関係において相手の不可侵領域というのは見え難いものなので、その境界線を自分が誤った事でご気分を害されたのなら、重ねて謝罪いたします。

しかし、私のような広島の田舎者が先入観なしに五目そばに入った伊達巻きを食べた時に「合わないなぁ」と思う事は自由だと思いますし、そのことを述べる事自体は自由だと思っています。
同時に、金時さんがおっしゃられているように怒っているわけでもなければ正当外を認めずと言っているわけでもありません。
wを付けたからといってバカにしているわけでもありません。
単なるセルフパロディです。
それは恐らく金時さんが、私と同じように「相手が怒っている」「バカにしている」と勘違いしたのと同じことだと自分では思っています。
人の評価は人が決めるものですので、私が卑怯者だと言われるのならそれはもうしょうがありませんし受け入れます。
お店に対しては、最初から貶すスタンスではありませんし、私自身「お客さんの意見を聞く機会はほとんどないので(昔は今みたいにブログなどなかった)、店の事で気になったことは言ってもらった方が絶対的にありがたい」という経験則があるため、余計なお節介は承知で書いています。
店の方から直接「削除・修正してくれ」というのであれば即応じるつもりですし、実際2,3度店主の方からコメントも頂いて修正もしています。
間違った情報を載せてしまっても、気付き次第直す姿勢はあるつもりです。
これらはあくまで批評であり、批判ではない事はご理解頂きたい。
そして私自身への批評・批判は嫌ではなく、むしろ歓迎したいくらいです。
そこから逃げていては何の進歩もないと思うからです。


にもかかわらず、そんな自分に嶋田屋の情報を提供していただきありがとうございます。

嶋田屋の記事は他にも書いてまして、その時にご主人が東武バスの運転手だった事を知りました。

http://joujies.blog105.fc2.com/?no=409

ここはいつまでも残って欲しい、素晴らしいお店です♪
2009/03/08(日) 19:51:43 | URL | じょうじ #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /