ラーメン 光


頑者の後は、まだ少しイケそうな感じだったので、夜の部でラーメンを食べることに決定!

で、どこにするか迷いましたが、まだ行ってない頑者系列の店、ラーメン 光 に行ってみる事にしました。

ここは頑者店主の弟さんがやっているお店で、昼はひかり、夜はとして、全く違う味のラーメンを出しています。
今流行の二毛作店ですね。
でもその前に、クルマのシガーソケットが壊れていたので、ヒューズを買いにオートバックスに。
その道すがら、



光 近喜屋

おおー、近喜屋だー!
ここも候補だったんですが、この日は定休日。
場所がわかったので、次に来るときは迷わないで済むな♪
その後、しっかりヒューズを取り替えてシガーソケットも復調!
これで、ケータイが充電出来るぜ!

で、光に向かいましたが、ナビに従っているとはいえ不安になるような完全なる田舎道を突き進み、いつの間にか工業団地に入っていました、、、



光 暗い

まわりはかなり暗くて、街灯もあまりありません。
が、時間帯もあってか、工場を閉める人や、帰る人たちでそこそこ人はいます。
光専用の駐車場の奥には工場で働く人たちの駐車場もあって、光の駐車場も普通にガンガン人が横切っていきます(笑)



光 外観

場所は説明出来ませんが、相当不安になるような道を進んでいくと着きます(苦笑)
光そのものは、この工業団地内にあった飲食店をそのまんま居抜きで使っているようです。
で、ご多分に漏れず、ここも看板の類いは一切なし。
そういうところにお金を使わないのが頑者グループなんですね。
自信がないと出来ない事です。
通りすがりの客は全くアテにしていないという事ですから。
目的客のみに特化した集客は、川越における頑者ブランドだからこそであります。



光 奥

店内に入ると正面にはレジと厨房、左には座敷5人席2、右にはカウンター6席と、座敷4人席3。
なんだか、田舎のラーショ系みたいなレイアウト。
ストーブが置いてあるのも、昔のラーメン屋風。
しかも、お世辞にもキレイとは言い難い感じ。
グループ全体的に、クレンリネスが弱いと感じました。

厨房には、お兄さんと違い体格のしっかりした大橋弟店主がひとり営業。
ただ、目の輝きは同じです☆
後から、バイトくんが来ました。



光 テレビ

座敷席の奥には、テレビでスーパーニュース。
BGMは、このテレビです。
場所の客層を考えると分かるような気がします。
こんなとこにおしゃれな店を作っても意味がない気もするし。
午後5時半の入店で、先客2後客2。
自分含め従業員、客、全て男です(笑)



光 メニュー

夜の部である光のメニュー。
紙に書いたメニューを画鋲で貼ってます(笑)
そんなことでガタガタ言ってはいけません。
ラーメンとつけ麺、それにトッピングなどシンプル。



光 カウンター

カウンターには、頑者には一切なかった(たぶん)調味料が多数。
餃子があるからなんでしょうけど、おろしニンニクなどもありますね。
頑者にティッシュくらいはあってもいいのでは?
魚介とんこつラーメンを注文。



光 ラーメン
魚介とんこつラーメン  750円

見た目からして、濃厚こってり系ではない模様。
スープはライトな豚骨ベースながら魚介がふんだんに効いた飲み易いもので、頑者のガツン系を期待していくと肩透かしを食らうかも?
脂も少なめで、スープのコクで食べさせる感じ。
明らかにワザと豚骨を控えめにして、魚介を表に出そうとしながらバランスをとる感じ。
昼は違うのかもしれませんが、作りたいラーメンの方向性はハッキリしていて好印象♪
スープのコクと旨味が柔らかく、トゲがないので万人受けするタイプじゃないでしょうか。
ウマイです。

麺は注文したときに細麺か太麺かを選べます。
細麺にしてみたんですが、すごく芯がしっかりした感じの美味しい麺で、ツルシコというより伸びやかさと麺そのものの美味さで勝負してる感じ。
店主のしっかりした麺上げも効いてます。
ですが、なんか自分にはスープとの相性が良くないように感じたのは、なぜ?



光 太い

具のバラチャ-シューは結構な厚みがあって、重い(笑)
冷たいのがそのままドッカンと乗せてあるんですが、スープに浸かるとトロけます。
メンマは味が付いてるのに、芋がらのような食感と味で面白い!
ちょい大きめの刻みネギとカイワレのアクセントが、ライト魚介豚骨によく合います。



ただ、、、
ウマイことには変わりないんだけど、麺とスープがどうしても合ってるようには感じられないというか、うまく融合してないというか、、、
好みの範囲なのかもしれないけど、芯のある細麺の控えめながら強いキャラクターが、ライトな魚介豚骨のスープに勝ってしまってるというか、、、

もともと製麺屋さんなんだから麺が美味くて強いのは当然だとしても、スープが少しでも弱みを見せると露骨に麺だけが主張しているように感じて、、、
これで太麺だったら、どうなっていたんだろうか?
昼間はもっと違うんだろうか?

なんか色々と気になって、確かめてみたくなりました。
だって、パーツひとつひとつは確実にレベルが高いのに、なにか微妙に歯車が狂ってるようにしか感じられなかったから!
自分の体調がよくなかったのかなぁ、、、







■住所
埼玉県川越市大字鹿飼1426-6

■営業時間
11:30~14:30(ひかり)
17:30~21:00(光)

■定休日
日曜日、祝日







2008.1.6
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県西 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /