餃子菜館 大八 


正月休みなので、近場の観光地へ小旅行!
普段なかなか行くことのなかった埼玉県西部へ行ってみました。

この日向かったのは、ここのところ全国的に有名になりつつある(?)小江戸・川越

城下町として往時の面影を色濃く残す川越は、江戸との交易で栄えた蔵造りの街並みと共に菓子屋横丁やさつまいも、喜多院の初詣などで町興しに成功した街として認識してます自分。
そんな川越へ、初上陸であります。



CA395809.jpg CA395810.jpg CA395811.jpg

いやしかし、どこに行っても混んでますわ!
まずクルマで国道16号から川越市内方面へ入ったところから渋滞!
喜多院の横を通っていたので初詣の人が多い多い!
そこから市内中心部は歩行者が多いので右折がままならず、なかなか先に進みません、、、
まぁしょうがないですけど。
やっとこさテレビで見覚えのある有名な蔵造りの街並みに入ると、即行CPにINであります。



CA395814.jpg CA395815.jpg CA395816.jpg

いろいろ散策してデッカイふ菓子を買ったりしながら観光気分を満喫♪
頑者とか行きたいけどなぁと思いつつ、あまり遠くに行く気力もなかったため(苦笑)、近場でご飯を食べる店を物色!
すると、有名な時の鐘のすぐ近くに「川越ラーメン」 「紫いも餃子」の幟を発見。
いかにも観光地の便乗商法的中華屋っぽいですが(それが悪いと言う意味ではない)、そんなに歩いてないのに人並みで疲れたし、かなりジャンクなニオイぷんぷんなので、期待しないで入ってみました!



餃子菜館 大八 外観

場所は、蔵町通り(そんな名前なのかは不明)から時の鐘のある通りに入って、しばらく行くと右手にあります。
午後2時の入店でしたが店内は満席で待ちが2名、後客はなんと24です!
サスガの集客力ですねぇ。
いつもこうなのか、それとも正月特需なんでしょうか。



餃子菜館 大八 店内2

店はご家族でやられているようで、初老の夫婦と息子さんらしき3人で回してます。
キャパは、テーブル4人席5、座敷2人席2、座敷8人席1だった気がします。
しかしこの川越、観光客数に対して食べ物屋が結構少なく感じたので、この混雑も当然でしょうか。
いかにもな感じの観光客だらけであります。
地元の人は来ないよねぇ、特にこの時期。



餃子菜館 大八 壁張り紙

店内は、テレビで紹介された記事などが貼りまくり!
ご丁寧にも壁紙ワンブロックごとに、同じ記事がやたらめったら貼られています。
夏に嵐の松本潤が来たらしいのですが、文体が「 紫いも餃子が 紹介されま した 」となっているのはご愛嬌。
この安っぽい安直さが、ある意味タマリマセン♪



餃子菜館 大八 店内

川越らーめんと紫いも餃子の説明。
無理やり特別なモノに仕立て上げたような文章ですが、値段が観光地価格でないのは良心的。
これで780円とか言われたら引きます。



餃子菜館 大八 特許

「紫いも餃子」で特許を取ったという証拠。



餃子菜館 大八 メニュー

メニューは、普通の中華屋さんと同じ。
ただランチ需要がほとんどなのか一品料理の単品が極端に少なく、ほとんどがラーメンと丼もの、セット物で占められています。
自然淘汰された感じ。
関係ないけど、メニューが特に新しい感じがしませんが、いつから創業55年なんでしょうか。
川越らーめんと半チャーハンのセットと、紫いも餃子を注文。



餃子菜館 大八 餃子
紫いも餃子  360円

先に来たのは、紫いも餃子。
名前どおりの 紫色 であります!
インパクト大!
色的に、人間本来の防衛本能が「これはヤバイ」と言ってます(笑)
好奇心の方が圧倒的に勝ってますが。
ちょっと破れてても出しちゃう辺りが、街の中華屋さんなので文句を言ってはいけません。
皮には紫いもが練りこまれているらしいのですが、食感は普通の餃子とあまり変わらず。
でもなんだかむっさりした印象で、メリハリに欠ける感じ。
だからウマイ!というものでもありませんが、そんな事は想定の範囲内(古っ)
中にはサツマイモの小さいのがそのまま入ってて、甘くてうまいです普通に。
酢醤油に合うかは微妙なので、そのまま食べた方がいいかも?
でも、そのまま食べてもなんか物足りないし、、、
ただ見た目のインパクト9割の商品なので、これはこれでOKであります。



餃子菜館 大八 ラーメン
半チャーハン川越ラーメン  840円

やってきました、川越ラーメン!
やはりというかなんというかですが、普通!
昔ながらのガラ醤油ラーメンに、サツマイモの素揚げとコーンが入っています。
なぜコーンなのかは不明。
よくある中華屋のラーメンですが、ちょっと味濃い目かな?
麺は中細の縮れで、一般のラーメン好きにはハズレのない選択。
チャーシューはモモ肉らしく、固めでおいしい。
サツマイモも別に他の邪魔をするわけでもなく、甘くて美味しい。
かなり粗め(テキトウ?)に切られたネギ以外は、ナルト、メンマ、海苔、コーンなど極々普通。
予想通りだし、むしろこういう立地ではこういうラーメンの方がいいような気もしてきました、、、

チャ-ハンも極普通ですが、ちゃんと作ってあるのは当然として、具の種類が多い!
パッと見では分かり難いですが、ハムやチャーシュー、玉子、ネギ、カニカマ、ナルトなど、特にどうという事はないにしても、その種類の多さには感服。
紅ショウガもよく合うし、言う事ないな、、、
セットで安いし。



最初は、観光地然とした佇まいと安直なネーミング、張り紙だらけの店内に疲れた店員、そしていかにもな感じの中華屋という雰囲気が、別にいいけどなんだかねぇ、、、と思ってましたが、、、
それに川越名産のイモで特許を取るのはいいけど、それって要するに地域のためとかじゃなくてこの店の独占って事だから、それはそれでどうなのよ?
地域の名物としてみんなで共有して売り出した方が、町全体のためにもなるんじゃないの?と思ってましたが、、、

こういう立地で昔からやっている中華屋が、町興しに関係あるなしに店独自のアイデアを店の名物として売り出すのは当然のことだし、マスコミに出てたから来るような人にはこういう店の雰囲気と味のほうが無難だろうし、むしろこういう店でガツン系の濃厚豚骨魚介つけめんとか出されてもメインの客層であるお年寄りなんかは寄り付かなくなるだろうし、、、
なにより、これで客がたくさん来てるんだから、やり方が間違ってるわけじゃない。
むしろ、大正解なわけで、、、

もちろん、自分みたいなラヲタが来るべき店ではありませんが、観光客が望んでいるのは「この観光地に来た証」であって、そういう意味では無難な味と分かりやすいアイデアで繁盛店として成り立っているこのお店に文句を言うのは筋違いだよなぁと考えさせられたのでした、、、







■住所
埼玉県川越市大手町14-7

■営業時間
11:00~21:00

■定休日
月曜日







2008.1.2
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県西 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /