中華そば 椿 せんげん台店 


せんげん台のサティに買い物に行ったら、すぐ近くになんとあの中華そば 椿があるじゃないですか?!
最初クルマで通り過ぎてから「えっ?!」っと思い2度見した後、もう一度戻ってきて確認!
やはり、椿で間違いない!
これは行かねばなりません!

という事で、次の日に訪問♪
12月11日にオープンしたばかりとか。
先週じゃん!
いろいろ調べてみると、どうやら新越谷の麺匠 大悟とのコラボ店で、椿の埼玉県初出店のフランチャイズ1号店らしい。
フランチャイズなの?!と一瞬驚きましたが、池袋のつけめん 椿は直系だよな?とか思いつつ、まぁ近くで椿が食えるんならなんでもいいや!
埼玉県初と聞いても東武伊勢崎線沿い住民としては、西新井なんて埼玉みたいなもんなんで(笑&失礼)違和感を感じつつ店の中へ、、、



中華そば 椿  せんげん台店 gaikann

場所は、東武伊勢崎線せんげん台駅西口から真っ直ぐサティ方面に400mくらい進んだ左手。
要するに、サティの手前50mくらいです。
近隣には、ホープ軒(未掲)や とろこくチャーシューごとく、サティの中には麺々亭もありますね。
個人的に越谷はラーメン専門店をやるにはあまりいい環境だとは思ってないんですが、中華屋はたっくさんあるし、ラーメン屋も少なからずはあるので土壌がないわけではない。
なので、こういう店がたくさん出来て欲しいなぁと思います。
最近の春日部みたいに。
まぁ、続くかどうかは店次第ですが。
越谷って味は二の次で、接客とか雰囲気の方が重要な気がしてます。



中華そば 椿  せんげん台店 店内

店内は外観と同じく本店を踏襲するイメージのもの。
ブラックウッドな内装に、BGMは60年代のブルーズロックみたいなの。
照明もなんだか凝ってますねぇ。
映画の放映はディスプレイがないのでありません。
イスは中国の黒酢だかザーサイだかを詰めるんじゃないか?みたいな細長い壷。
その上に黒いミニ座布団みたいなのが敷いてあります。
そういえば本店もこうだった気がします。
入ってすぐ左手には券売機。
キャパは、カウンター5席×、テーブル4人席1。
カウンター越しには食洗器などがあり、厨房は店の奥に広がってます。
午後6時の入店で、先客5後客3。



中華そば 椿  せんげん台店 厨房

厨房内には椿本店の店主らしき人(定かではない)とここの店主らしき人、あと男の人一人。
接客は、若いバイトの女の子が1人。
作業台の上の丸まな板の上にチャーシューを置いて中華包丁で切る辺りは本店と一緒です。
本店では作っている様子はほとんどわかりませんが、ここは半ばオープンキッチンみたいなものなので、スープはそれぞれ小鍋で作っている様子がよくわかります。



中華そば 椿  せんげん台店 カウンター

カウンターの上には、セルフお冷セット、割りスープ、酢や七味?などの調味料。
ラー油もありましたが、中にサバ節みたいのが入ってました。
なんなんだろう、あれは?
油そばとかに入れるのかな?



中華そば 椿  せんげん台店 メニュー

メニューのラインナップは、たぶん値上がった後の本店と同じ。
油そばも最初からあるようで、これは食べに来なければ!
とはいえ、ここはお初なので、特製つけめんを購入。



中華そば 椿  せんげん台店 つけめん
特製つけめん  1000円

なにげに特製を頼んだのは初めて。
つけ麺は、ここには載せてないけど1度あります。
海苔の立て具合は中村屋みたいだ。
美味そうなオーラは感じますが、昔ほどではないかな。



中華そば 椿  せんげん台店 麺

タピオカ入りで一躍有名になった椿特製双葉屋製麺製の太麺は、本店と同じなのでしょうか?
半年以上食べてないので忘れてしまいましたが、気持ち細いような気がします。
その麺、かなりのツルシコ具合に独特の弾力が健在!
でもコシというか芯は感じられず、多加水麺をしっかり茹でてしっかり〆た感じ。
あくまでも噛み心地の弾力優先です。
かなりツルッてるので(づゅるってる?じゃなく)あまりつけダレを拾ってくれなそうな感じもしますが、麺の味と弾力の深さで食わせるイメージかな。



中華そば 椿  せんげん台店 スープ

つけダレは、昨今の濃厚なデロデロスープに慣れていると、幾分薄め。
ていうか、本店より確実に薄め。
とはいえ、充分濃いことには違いなく。
更に甘い。
魚介は全面にというより、そこはかとなくしっかり、、、という感じで、柚子も利いてます。
で、驚いたのは、かなり酸味が強かった事!
こんなに酸味強かったっけ?
まぁブレの範囲なのかなとも思いましたが、これなら卓上の酢を入れるまでもありません。
(普段から酢を足したりしないけど)
中には切り崩しチャーシューが入っていて、スープの温度で半溶解してるんですが、もうデロッてしまって油揚げみたいなルックスになってます(笑)
水菜やメンマも入ってたよな?
スープ割りにすると、しっかり豚骨スープがさっぱりに仕上げてくれますね。
元が濃いつけダレだから余計そう感じるのかもですが。



中華そば 椿  せんげん台店 味玉

具のチャーシューは、カウンター張り付けのメニューに「アンデス産」と表記してありましたが、某掲示板には「スペイン産に変えた」と書いてありました。
どうなんでしょ?
どちらにせよ、ラテン系って事ですね(笑)
お味の方は、トロトロ手前までしっかり柔らかいトンポーロー仕様でウマイし、めっさ分厚いのも同じなんですが、あまりに分厚過ぎて最後の方には脂身がちょっとキモくなりました。
あと、かなり薄味のメンマ、水菜、ネギ。
こういう類のつけ麺で、刻みネギが乗ってるのって珍しい気がしました。
味玉は、サスガの美味さ。
濃くも薄くもないベストな味付けはナイスでしたが、黄身が半生なのはちょい残念。



まぁ何より超近場で椿を食べられるのは大歓迎です。
次は中華そばと油そばを食べに来ないと!
特に油そばは、ずーっと食べたかったんだよなぁ。

で、大悟とどう関係してるの?
経営的なことなんだろうけど。







■住所
埼玉県越谷市千間台西3-1-17

■営業時間
11:00~15:00 17:00~21:00(20:30ラスト)

■定休日
火曜日







2008.12.18
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /