つけめん ブラウン 


ちょっと前に行ったばっかですが、近場で惹かれるとことも思い浮かばず、なんとなく春日部方面へ、、、

まだ未訪のチェーン店、小樽らーめん豆の木か、久々に篠崎屋か悩んで、結局まだメインのつけ麺を食べてないつけめんブラウンへ(苦笑)
なんでこうなったのか、自分でもわかりません。



つけめん ブラウン 外観

久々とは言っても、2ヶ月ぶりくらい。
自分の中ではかなり頻繁に通ってる感じです(笑)
午後6時半の入店で、先客6後客1。
自分が入るとその後に、この前もいたオーナーらしい(地主かな?)ご夫婦が入店。
座敷席には家族連れもいて、徐々に春日部にもお店が浸透してきている様子。
始めはBGMとか流れてなくて、こんな雰囲気だったっけ?と思ってたら、
いきなりDire Straits の Sultans of Swing が掛かって一安心。

そういえば、社員?らしき人は1人で、あとは若い女の子のアルバイトのみ!
ちょっとビックリ。
しっかりレードル掬ってタレを入れてましたね♪
がんばれー
でも前あった、店主らしき立候補ポスターはなくなってたような、、、



つけめん ブラウン 姉妹店

で、気になったのが、前より全然張り紙が増えてる?
しっかり麺屋 六弦と姉妹店である事をアピールする張り紙も。

いや、兄弟だった!(笑)
そうだよなぁ、男とは江田島とか言ってるくらいだもんなぁ。
ちなみに、この店は弟です。



つけめん ブラウン ハウトゥ

更に、ROCK な食べ方講座まで♪
骨太なお兄さんと違って、弟の方は少し軟弱にも見えそうなロックなキャラ。
でも、漢気はありそうな感じですね。
なぜなら、スープ割りならぬスープ足しをしても大丈夫!と堂々謳ってますから!
太っ腹ですね~



つけめん ブラウン スープ足し!

多くの店はスープ割りはともかく、少なくなったつけダレをタダで足してあげるのをたぶん快く思っていないというか、出来ないところも多そうなところですが、ここは最初からそれ”込み”で考えてある辺りが進歩的☆
だって単純に(そして極端に)考えれば、タダでもう一杯出してるのと同じことですからね。
その代わりかわかりませんが、大盛無料とかではないようですが。

そしてもう一つ目を引いたのは、わさびがサービスとの事。
つけ麺の〆に割りスープとわさびというのは初めてです。
これは、やってみなければ!



つけめん ブラウン 変わりなし

でも、券売機の中身はまだイジってない様子(苦笑)
何か、設定出来ないトラブル的なものでもあるのかな?
味豊って、全部撤退しちゃったのかな?
デフォのつけ麺と、餃子を購入。



つけめん ブラウン つけ麺餃子
つけめん(並)  680円
ギョーザ     300円 
 

先に食べたのは餃子ですが、しっかり肉厚な雰囲気で1つ1つが大きめ。
4個って個数は珍しい。。。
壁の張り紙に「厚皮餃子!」と書いてありましたが、期待したよりは(ホワイト餃子みたく)分厚くはなかった。
でも、普通の餃子よりは少し厚いだろうし、何より具がボリューミー!
野菜メインで肉はコク出し程度ですが、大き目の餃子にしっかり隙間なく詰められた餡がニンニクやショウガも含めて主張してます!
ただ、すげーウマイわけではなく、普通においしいレベルでした。

そして、つけ麺。
JBが「つけめん 食いてぇー」と叫ぶほどのお店ですから♪

六弦よりは細いかな~という太い麺。
その上には海苔と魚粉が乗ってます。
しっかり〆られた麺は弾力もコシもあっておいしい。
小麦の香りはあまり感じませんでしたが、それでも麺としての存在感は充分あります。
ただ気をつけて食べないと、麺に海苔がくっ付いてるのに気付かずに麺をつけダレに持っていこうとした時に、引っ付いた海苔が付いてきてしまって、魚粉をぶちまける事になります(涙)



つけめん ブラウン 具

つけダレも六弦と同じ方向性の豚骨魚介ですが、そこまでこってりではなく、食べやすい感じ。
表面に浮かんだ青ネギと背脂も、ライトなつけ麺好きにアピールするには格好のコッテリサッパリ具合を演出。
柚子もそこそこ入っていて、食後のための手助けをしてくれます。
具のチャーシューとメンマも数は多くないものの、固体一つ一つが大きめなので不満感はなし。



つけめん ブラウン わさび

割りスープは備え付けですが、わさびは後から言わないとありません。
露骨にチューブな感じですが、まぁオマケなので文句を言ってはいけません。
で割りスープは、六弦と違って豚骨スープ。
六弦はあくまでも「割り湯」ですからね。
で、こちらはコテコテな豚骨ではないので、充分割りスープとしては機能。
普通にうまいです。
で、わさびを入れると、、、、

「割りスープにわさびを入れました。」としか言いようがない感じ。
でも、悪くないです。
食後のさっぱり感にちょっとだけ+αを足してくれる、そんな感じでした。



で、この日一番ビックリしたのは、男の店主?さんがオーナーだけでなく、全ての客が帰るときに出口でドアを開けてお見送りをしてくれる事!
客が帰ろうとすると、「お客様、お帰りでーす!」と掛け声が入ります!
いいですね、こういうの。
「ごちそうさまでした!」って言い易いもの♪

急がしい時もやっているのかはわかりませんが、ここまでやるラーメン屋ってなかなかないですから、こういうところからでもお客さんが増えるといいですね♪







2008.12.17
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /