麺処 三四郎 


この日は国立競技場にクラブワールドカップのアル・アハリを見に行く前に、都内で腹ごしらえ♪

向かったのは、支那そばやになかなか行けない中、神奈川端麗系のもう一つの雄である中村屋初の東京進出店である麺処 三四郎

実は知り合いのM氏が先に行っていて、珍しくも初めてメールをわざわざ送ってきて「激ヤバ!!」とだけ書いてあったという、興味付けバリバリのお店であります(笑)
サスガにもう中村氏はいないと思われますが、その味はしっかりお弟子さんたちに引き継がれているはず!
なので、テンション高めで向かいました♪



麺処 三四郎 外観

場所は、広い神田のど真ん中辺り。
小川町郵便局やNTT駿河台ビル、日大御茶ノ水キャンパスの裏通りのあたりです。
詳しくは説明出来ません。
ただ角地なので、行列していればかなり目立つと思います。
この日は、遠目からの外観は後から撮ろうと思っていて忘れました!
なんで「三四郎」なんだろう?と思いましたが、らーめん自由区さんの推測は確かにと思いました。
まぁ真意の程はわかりませんが。



麺処 三四郎 厨房

店内は、コの字カウンターが14席くらい。
入口入ってすぐ左に券売機があり、食券を買った数人のみが店内で待つシステム。
この日は昼の12時50分の入店で、行列9後客20以上!
土曜とはいえ、サスガの行列であります。
しかも若い人やカップル、年輩のおじさんや家族連れまでいましたが、カウンターのみとラーメンのみなので回転が早い速い!
自分の前に9人並んでたのに、5分くらいするとすぐに座れました。
まぁ多少運が良かったのかもしれませんが、それでも座って2,3分でラーメンがきたので、やはり回転は早い方じゃないでしょうか。

厨房内には3人の男の人が調理、接客のお姉さん(1人)はあまり覇気がないけどやる事はやってます。
目の前では、お弟子さんが天空落としをやってましたが、迫力はナシ。
厨房真ん中には、三河屋製麺の麺箱♪
冷蔵庫にはわかり易く定位置が書いてあったり、ホワイトボードにはdancyuや裸の少年などマスコミの取材日時や放映時間、食材の種類、忘年会の出席者などが書いてあり、会社としてちゃんと仕事をし易い環境作りをしている工夫が見られますね☆
ただ、誰にでも見られる場所にそういう事を書くのも少しアレだと思いますが。

メニューは、むらさき(しょうゆ)、うしお(塩)、まさら(カレー)の3本柱に、トッピング、サイドご飯。
うしおかむらさきかかな~り悩みましたが、結局むらさきのバージョンアップ版特むらさきを選択。



麺処 三四郎 ラーメン
特むらさき  970円

初めて中村屋のラーメンを見た時ほどのオーラは感じませんでしたが、それでも充分美味そうな雰囲気を漂わせている特むらさき。
スープは鶏や豚のガラと昆布やカツオなどの魚介系を合わせたオーソドックスなダシの構成ながら、中村屋と違ってそこにかなりのキレを持った醤油のカエシが合わさる事によってオリジナルな世界観を持つラーメンになっています!
確かに、ウマイ!
表面に浮いた少な目のネギと鶏油はラーメンの輪郭を際立たせ、端麗系ラーメンの一つの最先端を提示しているかのよう。
ダシの旨さで食わせるというより、明らかに醤油のキレでインパクトを残す方向に重きを置いたラーメンですね。
ショウガも場所によってはかなり強く感じました。

かなりいい意味でも悪い意味でも裏切られましたが、美味いことには変わりはありません。

三河屋さんの細麺は、ストレートで喉越しなどの食感よりもスープとの相性を重視した感じ。
国産小麦という麺はそのものが美味しくて、しかもスープと合わさってラーメンの総和を上げてる感じ。
コシもハッキリしていて噛み応えがあり、低加水で正解な感じですが、アルデンテな湯で加減は少しなぜか覇気に欠ける感じがしたのはなぜ?
まぁこれがベストかはともかく、これでも充分高いレベルで通用する麺とスープだと思いました。

チャーシュー2枚は赤みを帯びていて、ほとんどローストビーフみたいな触感でしたが、燻製にされているのか独特の風味が逆に新鮮で面白くもあり。
かなり細めのメンマは味付け控えめで、食感重視というか箸休め的。
冷蔵庫には江戸菜って書いてあったけど、からし菜みたいな独特の辛味みたいのがある葉っぱは、その存在感がかなり大きい。
海苔は中村屋と同じく金田海岸産で、ラーメンとの相性はバッチリ☆
味玉は程よいダシの染み具合がナイスです。



レベルの高さはサスガの中村屋!
当然美味しく食べられましたが、ややインパクトに重きを置いたと思われる方向性は賛否両論じゃないかなぁ?
ここも中村屋と違って支那そばやと同じように、普通のラーメン好きには「あの具で特むらさき970円なの?!高過ぎ!」とか、「量が少な過ぎ!」とか、「そんなに有り難がるほどうまいか?!」と言われそうな雰囲気がムンムン。
勝手に怒ってブログで貶すところも少なからず見てますが、自分はこういうラーメン大好きですし、特に高いとも思いません。
何に価値を見出すかなんて、人それぞれですから。

それよりも、神奈川に行かなくても中村屋直系の味が堪能出来るだけで幸せであります♪







■住所
東京都千代田区神田小川町3-26 大築ビル1F

■営業時間
11:00~15:00 17:00~23:00

■定休日
水曜日







2008.12.13
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /