めんや 丸平 


中場(近場と遠い場所の間を指す造語)でラーメン屋ないかなぁと雑誌をパラパラめくっていると、「こんな店あったっけ?」みたいな店を蕨で発見!

が、よく見てみると、麺創房 玄のあったところじゃないですか!
という事は、田中玄さんの店名を変えた店なのかな?(未確認ですが)
最近、一茎草をオープンしましたよね。(関係ない)
それとも今の店長の小村さんの店?

その店の名は、めんや 丸平

しかし、店名が「丸平」とは、なんという普通さ!(笑)
これも、麺創房 玄復活のための序章なのでしょうか、、、
(なんか違う気がしてきた)



めんや 丸平 gaikann

場所は、中仙道と外環がぶつかる辻一丁目交差点の東京側。
JJ CLUBの裏のほうにある老人ホームの裏の大きなマンションの1階にあります。
わかりづらいです。
夜に行くと看板を安く仕上げたのがわかってしまうので、これを見て気になったという殊勝な皆さんは昼間に行ってください。
提灯とかが灯ってて、なんだかわざと少しリーズナブル感をアピール?
まぁ、実際デフォのラーメンは安いんですが。



めんや 丸平 入口

入口。
なんだか、居酒屋の入口みたいな雰囲気。
ですが、これもわざとなんでしょう。
リーズナブルな店であることを、手書きでもアピールしています。



めんや 丸平 店内

店内の基本的なレイアウトは変わっていませんが、テーブル席が消えて巨大な保冷庫みたいなのが鎮座して客席を圧迫しています!
そこに申し訳程度に加えたテーブルカウンター3席が、以前からある壁際L字カウンター8席がキャパシティー。
店内には、店主の小村氏と関係者が1人。
ですが、そのもう1人の方は途中で帰っちゃいました。



めんや 丸平 メニュー

メニューは、醤油らーめんが480円と安い!
そして前と同じようにうどんもあります。
そうです、ここは麺創房。
麺へのコダワリは、ラーメンだけではないのです!(小麦麺のみのようですが)
で、また鶏白湯にしようと思ったのですが、壁に貼ってあった「丸平特製 広東風正油らぁめん」というのを頼んでみました、、、うむむむ。



めんや 丸平 ラーメン
丸平特製 広東風正油らぁめん  600円

頼んだ後に、ちょっとイヤな予感がしたんですよね。。。

と思ってたら、まさかの予想通りな中華屋風広東麺が着てしまいました、、、
つけ麺とかにしとけば良かった。
が、これが悪くない。
ヘタな中華屋より全然ウマい。
キャベツ、もやし、人参、タケノコ、キクラゲなどが入ったあんかけも、肉は入っていませんが変に甘過ぎず、キレがある!
ちょいビックリ。
鶏のスープとの相性も抜群で、バランスがいいですね。
麺はやはり少しもったりした印象は変わらないものの、時間が経っても伸びそうで伸びない!
(なんか最初から伸び気味なのが長続きする!w)
前より少し太い気もするし、滑らかさがあるわけでもないんだけど、妙に存在感があって面白い麺ですね。
正直、うどんの方もかなり気になりました。



失礼な言い方をすると、片手まで広東麺を作っても並みの中華屋よりは全然いいものは作れますよ~みたいな感じでした。
でもやっぱ、鶏白湯を食べるべきだったかな。
ただ、値段を軒並み下げるなど、随所に経営努力が見られたのが、なんというか、寂しい気がしました。







■住所
埼玉県蕨市北町5-12-35 ストークマンション1F

■営業時間
11:00~20:00

■定休日
無休







2008.12.1
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /