つけめんブラウン


思いがけず寄った喜多方らーめん 会津の里の後は、時間もないし食欲もないので連食するか悩みましたが、先ほどの店が営業を始めていたので体は無意識に店の中へ(笑)

店の名は、つけめんや ブラウン

この辺りでスーパーなどを展開するマルヤの和食ファーストフード店・味豊があった場所に出来ました。
ちょっと前に行った麺屋 六弦と関係があるというウワサですが、真相の程はどうなんでしょうか?



ブラウン 看板

場所は、春日部のユリノキ通り沿い。
先ほどの会津の里から歩いて30秒くらいです。
インパクトのある看板があるのでよ~くわかります♪
ていうか、この看板を見ただけで麺屋 六弦と何かしら関係がありそうなのは一目瞭然ですね(笑)

店名の「ブラウン」ってどういう意味なのかわかりませんでしたが、これだけインパクトのあるJBが描かれてれば、それはもう言わずもがな(笑)
もしJBが生きてててつけ麺の存在を知っていたならば、きっとこう叫んだ事でしょう♪
「GET UP! 餃子」も意味は不明ですが(笑)、この店に餃子はありますよ!というアピールにはちゃんとなってると思います。



ブラウン 入口

広い駐車場は少し暗いですが、店の外観も少し暗め。
ですが、小さめのスポットがちょっとおしゃれな感じをアピール。
大きな花輪も新店である事をしっかりアピール。
外観から店のイメージをそこはかとなくわかり易くアピールしていますね。



ブラウン 店内

店内も当然ながら外観のイメージを踏襲するもの。
入って正面のカウンターは、まるでバーのよう。
ていうか、この店のもう一つの主役であるバーとしての側面が全てここに凝縮されていて、つけ麺を食べに来た人にもそういう店”でもある”ことがわかります。

そう!
ここはバーとしても使える新しい?形のつけ麺屋なのです!
(ホントかよ)
バーでつけ麺というと、自分の中ではSHISENYABARが思い起こされますが、以前行ったときはそのハイレベルなつけめんよりも、バーというアウェイ感の方が印象に残り、再訪には程遠い感じでした、、、
が、ここはあくまでもつけ麺がメイン。
駐車場も広いし、入りやすいし、春日部市民の胃袋を満たすには十分なコンセプトだと思います。



CA394994.jpg

壁には70~80年代を中心としたレコードのジャケットや、レコードがそのまんま張られています。
自分もこの世代ですので、フィリップ・ベイリーとか、ブライアン・アダムスとか、ビリー・オーシャンとか、めっさ懐かしいです♪
でも、BGMはサルサでしたw
そこに紛れて張ってある店主やスタッフらしき立候補ポスター(行けばわかります)もある程度コンセプトに沿ってちゃんと作ってあるので、麺屋 六弦と同じようにやりたい事の意思が伝わってきます。
厨房には、主にイケメンな男の子たちがスタッフとして作業してます。
バーも併設されているので、そこ要員も含まれているのでしょう。
店主らしきお兄さんは、オーナーか知り合いか?見たいな年配のお客さんにちゃんとご挨拶に行ってました。
お帰りの際には、若い子がちゃんとドアを開けに行ってて、そういう教育がちゃんとなされてるんだなぁと感心。
まぁ一般客にいちいちそんな事はしませんが。
皆さん、六弦のスタッフよりは全然勉強してるみたいですね♪



ブラウン 六弦

で、その六弦と姉妹店である事が、ちゃんと書いてありました。
やっぱりw
しかし、店ごとのコンセプトがしっかりしていて尚且つその徹底振りには、驚きこそしませんがちょっと感心してしまいますね。
しかも、楽しんでやっている様子が伝わってくるので好感も持てるし。



ブラウン お冷

冷タンも、バーなんかで使うような背の高いグラス。
後ろにギャバンや醤油がなければ(笑)、バーで写真撮ったと言っても何の違和感もないはずです。
爪楊枝入れもそれっぽいし(昭和っぽいけど)
キャパは、対面カウンター8席が2つと、座敷4人席が3。
午後6時の入店で、先客0後客9。
そこそこ入店はあるようですね。



ブラウン メニュー

メニューはつけ麺がメインですが、ラーメンやミニどんぶり、餃子があります。
が、バーも兼ねているにしてはつまみがほぼ皆無。
つけ麺や餃子、トッピングだけで飲む事になります(苦笑)
この辺りを見ると、やはりバーはオマケなのかなと思いますね。
これから増やすのかもですが。



ブラウン 食券

入り口入ってすぐ右には券売機があり、食券を購入。
つけ麺は六弦と同じなのかな?と思い、ラーメンにしてみました。
JBラーメンという名前の付け方もお約束♪
ですが、店名が前の店のままになっています(笑)



ブラウン ラーメン
JBラーメン  680円

臭みのないまったりとした豚骨スープにシャキシャキもやしが乗り、黒くて香り高いマー油がポイント高し。
すごく飲みやすくてコクもしっかりあるのでウマイです。
これならきっとJBも喜んだことでしょう。
店のコンセプト同様、このラーメンを見ていて渋谷の凪とかを思い出してしまいました。
(行った事はありませんが)

麺は、中山食品製のもの?
(花輪が出てたので)
中くらいの太さで喉越しの良いストレート麺。
コシもしっかりあって、食事としてのラーメンに不足ナシ。
博多ラーメンではないけど、豚骨のド定番ながらしっかりしたラーメン作りは、JBが食べても「ゲロッパ!ウマイ」と言いそうです。
看板では「つけめん 食いてぇー」と叫んでますが(笑)

マー油を混ぜるとクリーミーなスープに更にコクと旨味が広がり、つけ麺屋のバリエーションを増やすためだけに作ったお座なりなラーメンではない事がわかります。
味玉は気味が固めの半熟で、ゼリー状に近くてもろタイプ♪
ウマイです。



この辺りにこういう豚骨ラーメンってたぶんなかったと思うので、貴重なお店ですね。
また食べたい!って思うもの。
でも次行ったとしたらつけ麺を食べますが。







■住所
埼玉県春日部市豊町5-19-15

■営業時間 11:30~14:00 18:00~22:00


■定休日
なし(無休)







2008.11.3
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /