店名なし (上重朋文)


仁鍛の後にまだ時間があったので、2年前から行きたかった店に行くことにしました!

その店の名は、ShiNaChiKu亭

神奈川端麗系の中核を担う超有名店です!
(この言い方浸透しないな)




店名なし シナチク亭

東急東横線白楽駅からそのまま2駅、反町(たんまち)駅で降りて、歩いて数分の国道1号線沿いにあります。
超が付く有名店ですが、行列らしきものは見当たりません。
ラッキー♪と思い入ろうとすると、、、



店名なし 売り切れ


工工エエェェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェエエエ工工


またかよ、、、

「品切れ」って、あ~た、、、

でも今調べて見ると、午後4時過ぎってどっちにしろアイドル休憩中じゃんか!
ら~ナビには、通し営業みたいに書いてあったから途中下車したのにぃ。
また、ら~ナビにしてやられた!
まぁ、そんな気はしてたんですが。

悔しいので、自分用メモとして記録。
(全部そうだが)



■住所
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14

■営業時間
11:00~14:30、18:00~21:00

■定休日
月曜日、火曜日







さて、気を取り直して。

次に向かったのは、これまた去年発見してからずーっと気になっていたお店。

その名も、「店名なし (上重朋文)」

「店名なし」ってどんな店やねん?!って思ってました。
なんか自宅改造系らしいし、ら~ナビでコメントも少ないし、、、、
で、この時調べてみたら、なんと★が付いてるじゃないですか!
しかも、北島さんが付けてるし!
これは行かねばなりませんっ!



店名なし 団地

横浜市営地下鉄に乗り換え、最終目的地の三ツ沢を通り過ぎ(笑)、岸根公園という聞き慣れない駅で降り、それらしい方向へ向かって見ますが、、、
なんか、普通の団地にしか見えないんですけどぉ、、、



店名なし 超団地

少し登った角には、ウチの実家と同じように団地の案内図がありますが、、、

奥のほうをよく見ると、なんか赤い幟のようなものが見える、、、

近づいてみると、、、



店名なし 家!

マジ、普通の家じゃん!

目印は、赤い幟と赤提灯、そして”上重朋文”という表札のみ。
自宅改造系なのはわかっていたとはいえ、こんな団地のど真ん中に赤提灯ですよ!
オモシロ過ぎますっ♪
しかしながら、もんのすごい入りづらいのも事実!
店の前で躊躇していると、家の中でテレビを見ている店主と目が合い、向こうは「、、、(いらっしゃい)」みたいな感じでアタマを下げられ、玄関の方へ向かうのが見えました、、、
自分も「失礼しま~す、、、」と呟きつつ中へ、、、



店名なし 玄関!

モロ、普通の玄関ですwww

ドアを開けると、優しそうな店主が「いらっしゃい。」と声を掛けてくれます、、、
靴を脱ぎながら、またも「失礼いたします、、、」と呟いてしまいました。
なんだか、飛び込みで営業にきたみたいな気分です(苦笑)
そんな雰囲気。

自宅をお店に改装して営業するお店はラーメン屋や中華屋に限らず、蕎麦屋や定食屋でも少なからず見かけますが、ここはそういった改装はほぼ皆無!(ちょっとキッチンが立派)
そういう意味では、かなり希少なお店だと思います。



店名なし 店内w

超~自宅!
(当たり前)

なんだか、親戚か知り合いのおじさんの家に初めて遊びに来た!みたいな感じで、プチ緊張、、、
お店的な感じはしませんが、テーブルが並べてあってメニューも置いてあるので、そこは営業しているんだなと確認出来るような感じ。
ソファ右のカウンターの奥はシステムキッチン風になっていて、そこで調理している模様。
キャパは、座敷テーブル4人席3のみ。
午後5時過ぎの入店、、、というか訪問で、ノーゲスト。
いやしかし。



CA394584.jpg

店主は普通に座って相撲を見ているし、扇風機は置いてあるけどベランダが開いていて気持ちのいい風が入ってくるし、すぐに馴染んで居心地がよくなってきました、、、

これこそ文字通り、アットホームでありますっ。

ちょっと前まで中華料理を何十年もやってきて、リタイアした後に自宅で営業することにしたそう。
確かに、石原都知事のサインが入った営業許可証みたいなのが飾ってありましたね。(神奈川だけど)
開業して、まだ1年半くらいだそうです。



店名なし メニュー

メニューは自宅でありながらかなり幅広く、麺類はもとより一品料理がかなり充実!
宴会用のセットメニューなどもあったりします。
そういえば、途中でご近所さんらしき方がきてオーダーをして帰っていきました。
出前だったのかな?
そんな感じでもなかったけど。
客が引けたら後で持って行きます系かな?



店名なし メニュー2

一品料理だけでなく前菜などもかなりたくさんあって、ヘタな街の中華屋よりもラインナップがしっかりしています。
なんか、普通に知り合いと中華を食べにくれば良かったかも?
迷った挙句、内容の質問をしてから北京ラーメンを注文。



店名なし 北京らーめん
北京らーめん  900円

やってきました北京ラーメン!

ていうか、キッチンはすぐそこなのに、全然料理してる音がしなかった!
違うところで作ってたのか、自分が相撲に見入ってて気付かなかっただけか?

さて、そのラーメン。
どんぶりといい、レンゲ代わりの田舎杓子といい、ラーメンのルックスといい、メニューのバリエーションといい、どう見ても場末の中華料理系というより、本格中国料理系です!
海鮮ものはさすがに冷凍くさかったですが変なニオイもなく、野菜は甘味がしっかり感じられるところまで火が通ってるし、ボリュームたっぷりだし、豚肉もかなーりたくさん入っているし、なんというかスゲー!

スープは肉から採っているのかわかりませんが、かなり奥深い感じに醤油の風味が濃い目。
野菜や麺との絡みも良好で、日本のラーメンではなく、明らかに中国料理日本アレンジ版といった感じです。

麺は細い縮れ麺で、かんすいも香ります。
コシがある感じではありませんが、食感が気持ちいい麺ですね☆
なんか全体的に、妙なすごい満足感があります。
う~む、、、



しかし、ここで一つ疑問が。
なぜ他の中国料理店でも食べられそうなこのラーメンに北島さんが★を付けたのか?

それは、ラーメンが日本の文化として定着し、様々な趣向を凝らした味、形態とともに凡百のラーメン屋も巷に溢れ、古来からある日本料理や中国、西洋料理のように正解があるわけでもない”ラーメン”という食べ物の自由度が、こういった形で現れても”そんなに”違和感なく受け入れられる土壌が既に形成されていることの証として、、、ではないでしょうか。

ラーメンはここに来て、完全に生活の一部と成り得たと。







■住所
神奈川県横浜市港北区岸根町408-7

■営業時間
11:00~21:00

■定休日
なし(不定休)







2008.9.20


今日はちょっとテンションがおかしいです、、、、
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 神奈川 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /