大勝軒 東川口 


お盆とはいえ、そんな世間にはほとんど関係がない毎日、、、

なので、どこかで見た「毎月第2、第4火曜日は、うどんの日」という記憶を頼りに、仕事の合間を縫って東川口の名店、麺匠 喜楽々へ行ってみました!

が、どう見ても普通、、、
何かの取材が来てましたが、看板が隠されていることもなく、メニューもいつも通りっぽい、、、
テラス席もありましたが、ほとんど客もいなかったのでスルー、、、

なので、いつも気にはなっていたけど、ここ数年なかなか入る機会の無かった大勝軒 東川口へ行ってみました。
ここには3,4回来たことがありますが、ラーメンをネタにするようになってからは後回しになっちゃってました。
(東岩槻もそうだけど)
たまにはニボもいいかな~なんて♪



大勝軒 東川口 外観

場所は、JR武蔵野線東川口駅南口から歩いて3分くらい。
喜楽々と同じ線路沿いを30秒余計に歩くとあります。
ここはかなり昔からありますよねー
この辺りでは東岩槻、一ノ割と並ぶ永福町系の貴重なお店です。



大勝軒 東川口 店内

煮干しの香る店内は、広くて余裕のあるレイアウト。
窓からは、武蔵野線の列車もよく見えます♪
キャパは、カウンター11席、テーブル4人席4。
午後5時半の入店で、先客2後客1。
この日のお客さんは”いかにも”なおじさんばかり。
今時な喜楽々には目もくれないような人たちに見えました。
固定客はしっかりついているようです。



大勝軒 東川口 厨房

古い割りにキレイ目な厨房は整理整頓されていていいですね。
時間帯もあってか、いかにも職人っぽい店主がひとりでやっています。
前は他にも女の人がいた気がしたけど、5年くらい前の話だしなぁ、、、



大勝軒 東川口 メニュー

メニューはデフォの中華麺に(中華麺表記だ!)ワンタン、チャーシュー、支那竹のバリエーションのみ。

だと思ってましたが、カウンターの上には冷やし中華の張り紙が張ってありました!
永福町系でも冷やしがあるんですねぇ。
ワンタン麺を注文。



大勝軒 東川口 ラーメン
ワンタン麺  850円

かな~り久々の永福系♪
相変わらず大きなどんぶりです。
麺は、たぶん草村商店の細麺で、結構固め。
麺を茹でている間は、店主がなんどか湯で加減を確かめています!
こういう地道な作業を毎日コツコツとやっていそうな店主ですね。
湯きりはテボで10回です。
最初はかなり固めですが、伸びるのが早めなので食べていくうちに食感が変わっていくのがわかります。

スープはガラや煮干しのオーソドックスな永福系ですが、表面の油分が少なく、塩分が強く、煮干しもどちらかというと大人しめ。
少しバランス的なイマイチ感はぬぐえませんが、それでもかなり久しぶりな永福系スープだったので完食。

ワンタンは、肉がプリプリして良かったけど、皮がかなりしんなりして口当たりも正直イマイチ、、、
味濃い目のメンマ、肉感はあるもののインパクトはないチャーシュー、食べたっけ?なナルト(笑)、デフォで味玉?美味いじゃん♪な玉子。
味玉、普通ですが、あまりに普通な味付けでウマかったっす。
半熟じゃないし♪




麺も昔は、デフォでも限りなく多かったイメージがありましたが、この日は普通に食べられました。
連食し続けて数年、胃がデッカくなったかな?
たまに食べたくなる味ですね。







■住所
埼玉県川口市戸塚2-25

■営業時間 11:00~21:00

■定休日
木曜日







2008.8.12
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /