子亀


以前、ふと思いたって加須にうどんを食いに行ったとき、行きたかった店が全部やってなかったので(時間が遅過ぎた!)、今回はリベンジを期して早めに出るも、どこも休みだったり、時間より閉めるの全然早過ぎて終わってる~っ!
(吉野屋とか、中央食堂とか、久下屋権兵衛とか、岡村屋とか)

しかたなくクルマでフラついていると、偶然にも冷汁うどんで有名な子亀を発見!
しかし、加須うどんを代表するお店をリストから外していたのにはワケがありまして、、、
自分、、、きゅうり食えないんです。
ていうか、きゅうりは人間の食べる物でなくてマツムシの餌ですから敬遠してるだけなんですが、そのブツが入っているモノが有名なのでハズしてたんですよねぇ。
ただ、他の店は知らないし、食えないで帰るのも癪なので入ってみました!



子亀 外観

場所は、偶然発見したので説明出来ませんが(苦笑)、大通りに面してます。
結構大きなそれっぽい和風な建物で、駐車場も20台分くらいはあります。
看板には「子亀 冷汁」と書いてありますね。



子亀 看板

午後7時前の入店で、先客8後客3。
平日ですが、家族連れが普通にいたりします。
この店は、先代が「亀屋」を開き、その二代目が「子亀」と改名したそうで、その二代目の弟さんはTVチャンピオンの”全国うどん職人選手権”で3位になったとか。



子亀 店内

店内はかなり広いです。
テーブル4人席7くらい、座敷4人席6くらい?
厨房には職人さんとその奥さんと、バイトなのか息子なのか娘なのかわからない年頃の子たちが2、3人います。
壁には、皇太子時代の現天皇陛下がここを訪れた際の写真(だったっけ?)とか、今の陛下の写真とか、他の有名人(疑問なのもありw)のサインとかCDなどが飾ってありました♪

メニューは大きく、温かいものと冷たいものに分かれていますが、バリエーションはほぼ同じ。
サイドメニューのご飯ものもありました。
鴨せいろを注文。
こういう店に来てその店のウリを知ってて頼まなかったのは初めてです。



子亀 うどん
鴨せいろ  790円

うどんとしてはやや細めの平打ちで、しかもかなり不均等な麺。
ツルツルというよりはスルスルといった喉越しと、多加水な麺を長めに茹でた感じの麺は正直凡庸の域を出ないような、、、
あえて特長を言うなら、かなり麺が長い!
食べづらいくらい麺が長いのが特長というのもどうかと思いますが、長いうどんは別に珍しくもないしなぁ、、、
量は少なめなので、3回くらいおかわり出来そうです。

つけ汁はカツオベースにみりん?などでコクがアップしたもの。
そこに鴨の風味とダシも溶け込んでいますが、肝心の鴨肉がかなり固くて、、、
冷凍でしょうからある程度固いのもしょうがないかと思いますが、満足感を得るにはやはり足りないかと。
ただ、汁に絡めてネギと鴨とうどんを一緒にすすると、やっぱりうまいです。



総じて普通な印象しか残らなかったです。
バイトの女の子は立ち方から覚えた方がいいと思います。
冷汁じゃないとダメなのかな?







■住所
埼玉県加須市諏訪1-15-16

■営業時間
11:00~20:00

■定休日
木曜日







2008.7.23
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県北 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /