坂内食堂


一年ぶりに福島にやってきました!

去年は白河のとら食堂に行って、その後クルマが止まってしまうという大変な目に遭いましたが(笑)、今回はそんなことはありませんでした!

そして福島といえば喜多方ラーメン!
札幌、福岡に並ぶ日本三大ラーメンの一つとして全国的にも有名な喜多方は、人口3.7万人に対して、120軒ものラーメン店があるというラーメンどころ。
もちろん、人口比率でいえば日本一です!
実際、街のいたるところにラーメン屋があるのに、他のファミレスや飲食店などはかなり少なく、ラーメンの街であることを実感しました!

喜多方ラーメンといえば、、、という事で、やってきたのは坂内食堂
源来軒、まこと食堂と並ぶ、喜多方ラーメン御三家のうちのひとつです。
現在はチェーン展開もしている坂内食堂ですが、喜多方の本店は別物とのことなんで、これは行かなければなりません!



坂内食堂 外観


場所は、喜多方市役所のすぐ裏。
隣に公園があるのですが、そこを突っ切って行くと、坂内食堂はあります。
市役所を目指していけば、間違いないです。



坂内食堂 松食堂


その坂内食堂の隣には、松食堂が、、、
ここも行きたかったんだけど、この日は定休日でした、、、

喜多方の人たちは朝からラーメンを食べる人も多いらしく、ここ坂内食堂も朝の7時から営業しています!
せっかくなので、朝ラーしてきました(笑)
午前9時半の入店で、先客5後客8。
平日朝の中途半端な時間なので、さすがに行列はなかったです。



坂内食堂 店内


店は、昔ながらの食堂風情。
というか、”坂内食堂”っていうくらいですから食堂です♪

大正13年に創業した源来軒が屋台から始めた支那そばを、喜多方各地の元々あった食堂がノウハウを教えてもらって広がっていったという喜多方ラーメン。
だから”食堂”と名の付くお店が多いんですねぇ。
キャパは、カウンターが全部で8席、テーブル4人席2、テーブル6人席3、座敷4人席4。
厨房の中ではいかにも職人!って感じの方たちが働いています。
全部で5人くらいいたでしょうか。
時間が中途半端なこともあって、掃除したり、スタンバイしたり、何かしら動いてましたね。



坂内食堂 メニュー


メニューはやはりラーメンが中心。
ていうか、ラーメンしかありません。
チェーン展開していることもあって、お土産もメニューに載ってます。
そういえば、店に入って右手奥にはお土産ラーメンを売るカウンターがありました。



坂内食堂 メニュー2


メニュー裏面には、全ラインナップが。
冷やし系があるのはちょっとビックリしました。
この辺りの方は、ラーメンの事を”そば”と呼ぶそうで、それがこのメニューにも表れてます。

注文は、店に入ると最初に左手のカウンターで直接済ませます。
肉そばを注文。



坂内食堂 チャーシューメン

肉そば(チャーシューメン)  900円

デデーーン!
ナミナミと注がれたスープの上には、チャーシューが「これでもか!」とばかりに乗せられています!
全部で12,3枚はあったでしょうか、、、
スゴイです!
チャーシュー以外見えません!(笑)

スープは豚骨ベースながら透明感のあるもので、かなりのあっさり味。
醤油だと思っていきましたが、塩ラーメン?
カエシに醤油も入っているのかもしれませんがかなり希薄で、スープのあっさりとしたダシを活かすための塩が強調されています。
創業者の坂内新吾さんは、「この小さな街で商売を続けていくには、毎日でも飽きのこない味にしなければいけない」と、こういう味にしたそうですが、正にそんな感じ。
じわじわと広がる旨味は体にも良さそうだし(塩分は多めですが)、これなら頻繁に通っても飽きずに安心して食べられますね。



坂内食堂 チャーシューメン2


中太の縮れ麺はかなり加水率が高くてかなりモチモチしていますが、しっかりとコシもあり食べ応えがあります!
麺そのものも美味いです。
ヤバイ、、、また食いたくなってきた!

メンマは柔らかめながらも食感はしっかりとあり、味はかなり薄め。
なので、薄く漂うメンマ本来の味と香りがスープとしっかり噛み合ってます。
敷き詰められたバラチャーシューはどれも柔らかく、豚の旨味とタレの味が仲良く同居しています。
うまいわぁ、、、、、


ただ正直スープの薄い感じを塩分を補っている感じもしないではありません。
それで少し麺が勝っている感は否めない。
でも朝だし、昼になったらスープがもう少し濃くなるのかもしれないし(わかんないけど)、それはそれで上手く出来てるなぁと素直に思いました。
ちょっと量が多いかな?とも思いましたが、気が付いたら完食♪



坂内食堂 支那そば

支那そば  600円

すごくシンプルな支那そば。
スープの色の薄さがよくわかります。



医者にも治せなかったという持病の神経痛の痛みを和らげるために酒を飲みながらも客の要望にしっかりと応え続けたという初代店主・坂内新吾氏。
そのラーメンに対する職人気質は、味だけでなく、接客などにも着実に受け継がれ、心地よい食後の満腹感と共に気持ちよい思い出となりました。







源来軒


観光ついでに喜多方ラーメン発祥の地、源来軒も外からだけ見ました!
(偶然通りかかった!)
元 祖 の文字が金色に輝いてました♪







■住所
福島県喜多方市字細田7230

■営業時間
7:00~18:30

■定休日
木曜日







2008.6.25
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 福島 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /