つけそば 丸長 目白店


この日は代表戦で横浜に行く前に、都内でラーメン!

なんとしても!という事で、以前フラれたゼットンにリベンジだー!と意気込んで行って参りました!

ここ最近マスコミへの登場もないので、店の手前に着いて、「行列がない!ラッキー♪」と思いました。

が、、、



CA392939.jpg


定休日だった、、、、

定休日の確認もしないで行ってしまうワタクシ、相当のアホであります。。。
なので、、、、麺屋 ごとうに行こうかと一瞬悩みましたが、近場でしかも行きたかったつけめん 丸長へ。

丸長といえば、大勝軒などを傘下に持つ丸長暖簾の会の直系の店であります!
(総本山は荻窪)
未だ本店未訪の永福町大勝軒はもちろん、あの東池袋大勝軒の山岸さんもここの出身で、草加松原で孤軍奮闘する栄龍軒もここの流れを汲み(孫弟子でなく、栄龍軒店主の実のお孫さんがやっているという噂)、千葉や茨城で一大勢力を誇る佐貫大勝軒系は山岸さんの弟子なので、ここの孫弟子にあたります。
(ただ、孫弟子はのれんの会ではない)
そんな、日本のラーメン及びつけそば(もりそば)の歴史を語る上で外せないのが、ここ丸長なのです。
(じゃあ、本店行けよって話ですが、近かったので)



CA392941 丸長


場所は、JR山手線目白駅を降りた目白通り沿い。
駅から左に300mくらい歩くと、右手にあります。
ここは行列店として全国的に有名ですが、時間が中途半端なこともあってすんなり入れました。
店内はカウンター7席、テーブル2人席1、テーブル4人席2の小さな店です。
午後2時前で、先客6後客4。
厨房内にはご家族らしい夫婦と娘さんがいて、外の様子を見ながら効率よく調理していきます。
フォーメーションが完全に出来上がっている感じ。
あいさつも多少ぶっきら棒ながら嫌味のない覇気のある感じで、東京!って感じです(笑)
つけそばを注文すると、なんと15秒くらいで出てきました!!!



CA392942.jpg

つけそば  750円

回転を速くするために、様子を見ながら麺は前もって茹でてあるようです。
そしてつけダレは、どんぶりに具を入れて直にカエシを入れ、そこにスープを注いで終わり!というスピーディーさ!
マックもビックリのファストフードぶりです。

その麺、、、ウマイ!
茹で置きしてあるとはいえタイミングを見てやっているし、つけそばなので(1回〆てある)、全く問題ナシ!
しかも小麦感が思ったより豊かで、微妙に甘い。
食感はモチモチしていて、コシがあるというよりは弾力がある感じ。
太目のパスタを茹で過ぎると食感はサイアクながらこんな見た目になりますが、これはしっかりと麺の美味さと食感を維持していてすごいです。

そしてつけダレがまたスゴイ!
最初食べた時は思ったよりかなり酸味が強く、かなりサッパリした印象でしたが、食べ進むに連れて旨味と甘みと辛味が増していきます。
これはどんぶりの底に溜まっている具の挽き肉、メンマ、の味付けがかなり濃く、食べるとその味付けがスープに広がっていくから。
カエシも直接具にかかってますしね。
それプラス千切りナルトの食感が独特の食べ物にしています。
いやいやいや、うまいなぁ、コレ。
底の方の挽き肉には唐辛子がかなり絡んでいるので、最後のほうはかなり辛くなります!
でも、挽き肉の旨味と甘み(かなり砂糖を使ってると思う)が辛さを多少抑えてくれるので食べやすいです。

うまい、うまいと思いながら食べていると、あっという間に完食!
スープ割りするのを忘れてしまいました!
すごい後悔、、、、



丸長、サスガの美味さでした!
これは、本店にも行かないとだな。
スープ割り、忘れないようにしないと。。。







■住所
東京都新宿区下落合3-19-4

■営業時間
11:00~15:00

■定休日
日曜、祝日







2008.6.2
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /