ラーメン二郎 三田本店 


この日は、ついに”聖地”といわれる場所を訪れました。

独特なオーラを放ち、強烈なキャラクターとボリュームで関連する店は漏れなく行列し、熱狂的なフリークを生み続け、独自のルールを生み出し、多くのラーメン屋に影響を与え続け、ラーメン界の大御所、(株)ラーメンデータバンク取締役である大崎裕史氏をして

二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である

と云わしめたカリスマ、山田拓美氏が生み出したラーメン二郎 三田本店です。

最初に食べたときは行列とそのハンパない量に驚き、2度目に食べた時はやはり罰ゲームか?!と思うほどの量に面食らい、ラーメン 大で食べた時はイケるかも?と思わせ(ジロリアンに言わせれば大は亜流で物足りないらしいが)、二郎来訪3度目のこの日、ついに認めざるを得なくなりました。
自分がジロリアンになる素養がある事を、、、

拒む者を寄せ付けず、来る物は拒まない、、、
そんなオーラを醸し出す二郎の本店とはいかなるものなのか?!
大いなる期待と不安を胸に、地下鉄に乗って三田に降り立ちました、、、

都営地下鉄浅草線に乗って三田駅で降り、長い地下道を通ってA3出口から左(西)方向へ進み、慶応大学方面へ向かいます。



ラーメン二郎 三田本店 慶応


慶応大学正門前に到着。
ここまで来ると、二郎の本店はすぐそばです。



ラーメン二郎 三田本店 建物


信号を渡って左に進むと、細長いビルと同時に行列が見えてきます。
ああ、ついに着てしまった、、、
込んでそうな時間を回避し、到着したのは午後の2時半頃。
行列12後客18です。



ラーメン二郎 三田本店 外観


並んでいると、店内が見えます。
客層のほとんどが男ですが、女性も何人かいました。
近隣で働くサラリーマンや学生など含めても、比較的年齢層は高めです。
ていうか、おじさんが多いのにはビックリしました!



ラーメン二郎 三田本店 店内


そして厨房には、お弟子さんと山田氏。
淡々とラーメンを作り続けています、、、
並びが前に方に来ると、前もって食券(プラスティック)を購入。
席に着く前にはお弟子さんに提示して(声を掛けてもらう)、あらかじめオーダーを把握してもらいます。



ラーメン二郎 三田本店 厨房


席が空くと、キャッチーで丁寧なお弟子さんが声を掛けてくれて、指定された席に着きます。
(雰囲気が怖くなくて良かった♪)
店内が狭いので、裏から回って一番端の席に着きました。
カウンター13席だけの店内は独特の匂いで満たされ、静かな空間に調理する音と時々オーダーする声が響きます。
しかし、湯で麺器の中はスゴイ事になってます!
大量の麺とアクでグワグワになってます♪
山田総帥は時々その後ろの大きな寸胴の中身を大きな木の棒でかき混ぜてます!
その隣の寸胴では大量の野菜が茹でられ、盛り付け前にはお弟子さんがザルに揚げてスタンバってます!
そして6つ並べられたどんぶりにオーダーごとの麺が入れられ、トッピングに応じて無駄のない素晴らしいコンビネーションで盛り付けられていきます、、、、
素晴らしい、、、
でも量とかは正直適当としか思えず、総帥の手加減一つ(苦笑)
ただ、それも含めて”二郎”というブランドですね。



ラーメン二郎 三田本店 ラーメン

ラーメン  500円

とりあえず、あわよくば連食したかったので、「ニンニク、入れますか?」と訊かれた時、ラーメン(小)をニンニクアブラカラメで注文しました。
盛り付け時のカラメとアブラの盛り付けは本当に素晴らしかった!

デフォでオーションの極太麺が300g近く入るというラーメン(小)は(普通のラーメンのほぼ2倍!)、麺とスープだけでどんぶり一杯なのに、その上に無理やり野菜やらチャーシューやらが乗っかっています!
スープは微乳化して表面には油の層があり、豚メインのダシとカエシのカラ味、そして独特の甘みがいいですね。
腹が減っていたので(空かせていったんだけど)、正直こんなに美味いと感じるとは思っていなかった、、、(苦笑)
麺のゴワゴワ感は思ったほどではなかったけど、しかりコシがあってやはり二郎そのもの。
強い個性を持った麺とスープは最強の相性ですね。

豚はパサつく事もなくジューシーで、大ぶりなモノが2枚。
野菜はクタっていて柔らかいけど、そこに文句を入れる余地は皆無です。

で、、、

食っても食っても減りません(爆)
周りの皆さんは自分のモノより明らかに量が多いですが、皆さん完食していきます。
なかなか減らない事に少し不安も覚えましたが、苦にはならないのはなぜ???
気付いたら自分も完食してました!!!
しかも、まだちょと余裕があったりして、、、



ヤバイです。

ウマイです。

今写真見ても、また食いたい!と思う自分がいます!

あ~あ、、、(笑)



並んでも、また食いたいと思いました。
今度はヤサイマシマシにしても食えるかも?
いや、豚ダブルでもイケるかも???


ただ、並びに対してはまだ抵抗があるのでそんなにしょっちゅうは行かないだろうけど、機会があれば確実に並びます。



来て良かったのか悪かったのか、、、(苦笑)
そういえば、鍋のお客さんを見たかったんですが、時間が中途半端な事もあってか残念ながらそれはナシ。
ちょっと残念。



ラーメン二郎 三田本店 ジロリアンw


裏口のすぐ横で食べていると、入り口から普通にハトが店の中に、、いや、厨房に入っていきます。
総帥もお弟子さんも全く気にすることなく調理に没頭していました。

彼らも立派なジロリアンですね♪







■住所
東京都港区三田2-16-3

■営業時間
10:00~15:00前後

■定休日
日曜日、祝日







2008.5.28
スポンサーサイト
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

COMMENT

俺はジロリアンにはなれそうも無いですけど、得体の知れない魅力が二郎にあるのは確かですね~
今度マジで北浦和の店も行きましょうよ~

舌ビリビリになりたいです!www
2008/06/27(金) 21:30:42 | URL | zu #-[編集]
北浦和でシャッターポールを目指せー!

スッゲー楽しみだ!
2008/06/27(金) 22:57:26 | URL | じょうじ #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /