大岩亭






行列3後客25以上
テーブル二人席2
テーブル四人席4

先週あまりの回転の悪さに諦めたが、たまたま刈谷に用事があったのでまた寄ってみた
先週より時間が早いので並びは三人ですんだが、あとから団体含め12人くらいドバッと来たので、あと2、3分遅かったら大変なことになるとこだった…(^_^;)

店は先週と同じく店主含め三人だが、若いお兄さんは違う人
待っていると、客が自分でご飯をよそっているな
これを書きながら既に15分待っているが、ラーメンは二杯しか出ていない…( ゜д゜)ポカーン
デシャップの伝票は5枚、いつまで待つんだろう~(^O^)/

湯切り時と客の退店時には、店の名物・店主の奇声が聞こえます♪
後ろを振り向くと、並びがハンパねぇ…(^_^;)
四人席は1人でも相席はしない方針

店内は、元々カラオケスナックなのか、赤いソファーのテーブル席と、タバコの煙で黄ばんだと思われる白い壁紙があちこち剥がれているのが印象的
木製の床もかなりすり減って年季が入ってるし、最近ではあまり見ない、昭和風情の「汚い」と言っていいお店♪
BGMも、今どき珍しいラジカセのAMラジオ!
音質の悪さも昭和感満載で、なぜか何回も掛かる(平成だけど)ZARDが似合い過ぎ

ホールの若いお兄さんの体格と声の出し方がモロ体育系で、ちょっと刺さる…
客層は若い男の子達とカップル、家族連れと1人客
待ち時間が長いから、文章が長くなるなぁ~( ´~`)ゞ

しかしホントに、店主は丁寧に丁寧に二杯ずつ作る
そしてなんとスープは毎回冷蔵庫まで取りに行って、小鍋にお玉で掬ってから温めている!!(゜ロ゜)
そして必ず麺の湯切り時には、「ハア~~~??イっ!」って言う(^_^ゞ
常連らしき兄ちゃん達には、ちゃんと挨拶してウケをとるし、家族連れにもちゃんと出てきて元気よく丁寧に挨拶をする
スピードはめちゃくちゃ遅いけど、人柄はめちゃくちゃイイんだろうなぁと、その笑顔から推察

40分待って四人テーブルに案内される
注文すると、体育系の早口で復唱し、ご飯がセルフサービスで無料と説明される
ちなみにご飯は、二つある家庭用炊飯器を交互に炊きながら使っている
これだけ回転が遅いと「ちゃんと炊き」モードでも、余裕で間に合いそう(^_^;)
後から来た四人組のホスト?は、座るなり無料のご飯を食べてる
その後の若い三人組も、速攻でご飯を山盛りで持ってきて、紅しょうがでご飯食ってる!!( ゜A゜ )
なるほど、だから若い子に人気なのね♪
レジ上には、高田純次と浅尾美和のサインが二枚だけあるが、2、3年前のサインなのにかなり茶色い…


大島ラーメン 特鳥 900
ぎょうざ 250

盛り付けが斬新な餃子は調味料と一緒に来るが、醤油とほぼカラになったラー油のみで、酢はない

ラーメンは本当にレンゲが立つ、というか刺さる
食べてビックリしたのが、ここまで煮詰めたスープを濾してない!
だから時々ザラッとした骨の欠片が普通にある…
それがこの辺りの方には逆にスゴいと思わせてるのかもしれないが、濾すのが困難なこの手のドロスープ、埼玉の上田みさえさんは寝る時間をかなり削って全部手で取り除いてるのを知ってると、やはり気遣いが粗いなぁと思ってしまう
が、それでも「豚におぼれたいよね~」のキャッチコピー通り、豚の風味が死ぬほど沢山のコレステロールやコラーゲンとともに押し寄せて来るのは確か!
具と言えるものは、ドロスープで見えないけど食べやすくカットされたチャーシュー、箸休めには控えめ過ぎる青ネギとなんか固い海苔のみ
ここまでスープがドロいのは、麺屋うえだの特濃ハードか、都内のマンションの一階にあった新潟県系の店(名前忘れた)以来
思ったよりはベタベタ口の周りにくっつかないが(ある程度はベタるけど)、もはやポタージュとかのスープではなくホイップクリームとかバターに近い
いやぁ、食後のモタれる感がハンパなくて口直しが欲しくてしょうがなくなるけど、久々に面白いと思わせてくれるラーメン
麺の印象がほとんどないくらい…(´Д`)
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /