ラァメン家 69′n′ROLL ONE




午後1時00分
行列先客5後客3後行列
カウンター12
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
テ-ブル8人席
座敷2人席
座敷4人席
座敷7人席


かな~り気になっていた店シリーズ厚木から相模原・町田編18

夜中に相模原を彷徨い、ネットカフェで寝て、起きて、せっかくだから町田の店を検索するも、未訪の「一番いちばん」、「でくの坊」か、久しぶりの69ROLLONE、胡心坊、おやじか悩んだ末に、結局69ROLLONEに
移転後初(言ってみたかっただけ苦笑)
前回行ったのは5年くらい前かな?
あの時の醤油のキレ、比内地鶏のコク、麺のしめやかさは、未だに脳裏に焼き付いてます!!

移転先は町田ターミナルプラザという駅ビルみたいなところ
最初シャッターが閉まってるのでやってないのかと冷や汗(^_^;)
シャッターというか、壁面ディスプレイというか…

扉を開けて入ると右手に券売機、左前にはカウンターと厨房
黒いカウンターとステンレスのコントラストがソリッドな印象
あのデカいギターのハリボテはありません
嶋崎店主も元気そうだが、少し太ったかな
お弟子さんと3人での営業
意外に空いてるな…
2号ラーメンにしようと思っていたが、塩や煮干し、信州小麦のなんとか?とか、かなりメニューが増えていて悩む~~
結局、ネーミングのあまりのインパクトに惹かれてドクターペッパーを使ったという限定に!!



ドクターPの衝動 1500
塩らーめん 800(たぶん)



ナンじゃ、こりゃ☆!?
カルピスクーラーやコカクーラーなど、清涼飲料水を使った限定があるのは知っていたが、なんとよりによって好き嫌いの分かれる題材を選んだ事か!!
もう、その選択がロックです!!☆

キリッと冷やされ、滑らかでしなやかなストレート麺の上には紫タマネギやクレソン、ライムやパプリカパウダー、そしてラム肉を使ったという肉味噌的なモノが乗り、見た目に清涼感を演出♪

仕上げに缶のDr Pepperを垂らす嶋崎氏が印象的なつけダレは、動物系がベースなんだろうけど、冷たいのに脂感やしつこさは皆無で、笑っちゃうほどDr Pepperの味がする♪
なのに、その甘味が何故か全体をうまくまとめ、しっかりつけ麺として成り立っているのが有り得ないくらいスゴい☆
あっという間に完食、完飲!



そのまま出ようかと思ったが、他のメニューもどうしても食べたくて、次の店を諦め、店のお兄さんに「もう一杯、いいですか?」と言いつつ券売機へ…

そこでまた2号ラーメンか他の新作か超~悩み、結局未食の塩ラーメンに…


事務所?から出てきて再び麺を茹でる嶋崎店主…
ラーメン界における存在感や、その卓越した技術と斬新さを併せ持ち、オープンキッチンでの一挙手一投足を見られているとわかった上でラァメン家69nROLLONEの店主を演じ続けるその姿を見て、この人は本当にラーメン店主だし、本当にロックンローラーだと思った。


そして出てきた塩ラーメン!
表面はかなり多めの鶏油が覆い、その下にはぬわーっとした鶏の旨味が溢れている!
そして塩分を感じさせないほどの塩ダレが鶏油の下を取りまとめ、そこから引き出される麺には独特の香りとコクを持ったワイルドな鶏油が絡み付く!
なんだろうか、この安定感と自信に満ちたラーメンは…
タレの塩分を感じないのに、旨味やコクがブーストされ、後味にはやっとここで心地よい素材由来?とタレの塩分が過不足なくすーっと引いていく…
スゴいな、これ…



かなり真剣に、そして事細かな手順に沿って作られていくつけ麺と、シンプルでいながら繊細さとロックでワイルドな側面を持った塩ラーメンは、作品と呼ぶに相応しい内容とインパクトを併せ持ち、店のコンセプトと一体となった嶋崎氏、店の作りと相まって、完全無欠な69ワールドを静かに、そしてギラギラと展開していました…



やっぱ、ここハンパねぇ…



2012 8 30
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 神奈川 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /