信濃屋




午後1時5分
行列先客3後客1後行列
カウンター
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席1
テ-ブル6人席
座敷2人席
座敷4人席2
座敷7人席2


先月以来の課題店
昼のみの営業で、しかも週の半分は休みというハードルの高い店
戦前の建物らしい年季の入った建物でおじいちゃんおばあちゃんが切り盛りする
常連客は奥の座敷に入ってテレビを見ながらたべている
店内にはそばつゆのような香りが
ご主人のおじいちゃんもおばあちゃんもメチャクチャ丁寧で腰が低く、謙虚
時の流れが遅く感じる店内の雰囲気


ころうどん(小)330
支那そば(小)440


ノーマルの大きさではなく、常連客が頼むという、うどんと中華そば半分ずつを注文(値段も半分)

ころうどんは見た目柔らかそうなふわっとした印象のモチモチ麺だが、締めてあるので適度なコシがある
つゆはほとんどんそばつゆのようなカツオだしだが、シンプルでウマい
唯一の具(というより薬味)のおろし生姜が全体を引き締めている

幅広い平打ちのビロピロ麺が特徴的な中華そばは、うどんとほぼ変わらないスープで少し動物系の脂分を感じる気がします。
かんすいが入っているとは思えない平打ち麺(すなわち味のキャラ的には薄い)とアッサリしたそばつゆのようなスープがよく合う!
ここも何か揺るぎないモノを感じます。
かけラーメンなのも潔くていい!


最初にころうどんが来て、中華そばが来たら一緒に写真撮ろうと待っていたら、おばちゃんが「食べ終わった頃に中華そばだしますねー」とサジェスチョンしてくれた。ここのスタイルがそうなのだろう。
確かに通うことになれば、順繰りに食べたいよね。


多治見の駅や繁華街から離れた路地沿いにある老舗の名店は、敷居が高い訳でもなく、強烈な個性を持った味のみで勝負し続ける強さを持っていました。




2012 1 12
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 岐阜 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /