This Archive : 2017年08月

麺屋 轍





並び5後客1

一年半ぶり?の訪問
前回、人生収支黒字化つけ麺を食べてから、少なくとも預金額は黒字化しているので(笑)、また新たなヒントをもらいに来てみた
店前のテーブルには待ちの人々が…( ´~`)
やはりかなり回転は遅いが、店の中も外もギスギスした雰囲気は全くない
客層は、カップルや男一人が多く、年齢層は若い

安全圏内ギリ・セーフ 1280

昼営業ほぼ最後の自分で「今日初めて出た」というこのつけ麺
名前を聞いただけでは全く何の事かわからない(笑)
濃厚なベジ鶏白湯にバジルやドライニンニク、オリーブオイルなどでイタリアンに
「(バ)ジリジリするようななんとかを、ギリセーフでなんとか…」という、作った本人もあまり良く覚えていないネーミングありきのつけ麺(笑)

すぐ近くのピアゴで買った調味料や食材を隠すこともなく使い、「(スープ以外あんまり)手間は掛けない」と公言する女性店主だが、その考え方やベクトルには、やはりシンパシーを感じるというか、なんか呼ばれて来た気がする(^_^)
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

口福






並び4後客20以上!
テーブル二人席2
テーブル四人席2
テーブル六人席1

かなり前から気になっていた蕎麦の専門店
この店の前を何十回通ったことか!
夜勤明けにオープン狙いで10分前に着くと、既に先客四人!
時間がくると、一組ずつ呼ばれる

店主とお弟子さん?、女性二人で切り盛り
基本昼だけの営業なので、メニューはランチがメインだが、十割そばだけでなく、蕎麦前やアルコールも普通にメニューにはある
後客はなんと20以上!で、その内19人が女性!
30~60代の女性が、ちょっとお洒落で粋なランチを楽しむ…みたいな
BGMはなぜかブルース調のガチソウル(しかもライブ盤!)
蕎麦が来るまで卓上の(効)能書きを読んでいたが、あまりに実直で正直な内容に思わず好感を抱く?(特に海老の部分)
カウンターはあるが、客席としては使ってない模様

ランチ(十割蕎麦に変更) 1500

蕎麦(この日は群馬産)はちゃんと香りのする(最初だけなのはしょうがない)もので、なんと生の真妻わさびとマルドンのシーソルトが付いている!
本枯れ節と三河の醤油、みりんを使ったというつゆは、かなり本枯れ節と甘味が強く、醤油は少し控えめなタイプで、たぶん本がえしだと思う
して、これがウマイ!
ガッツリつけても辛くなく、鰹の風味がクッと鼻に来て素晴らしい
七味はかなり山椒がメイン
伊勢産の高級ひじきは肉厚で食感がナイス
熱々の天丼はかなり後から来たが、蕎麦メインだからたぶんわざとかと
茄子やししとうはもちろん、生のヤングコーン最高!
小さな大根漬けは味がしっかりし過ぎている分、このセットには合わない気がした
蕎麦湯はちゃんとタイミング良く持ってきてくれて、昔流行ったドロドロでなくて安心

ていうか、蕎麦の実ようかんを食べるの忘れたっ!!( ゜д゜)ポカーン

いやぁ、こんないい店が近くにあるなんて、もっと早く行っとくべきだった

あとは、昧怛隷野がどんな感じの店なのか…
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

昧怛隷野






先客3後客4
カウンター6
テーブル八人席3

かなり気になっていた店で、先週フラれたのでリベンジ
大きな通りから一本奥に入ったところにあるが、結構分かりやすい
静かで落ち着いた雰囲気で、店主と奥さん、お母さま(たぶん)で切り盛り
純粋な蕎麦とセットものがメインだが、酒とつまみもある
客層は家族連れや、年配のご夫婦、若い男性二人組
BGMは、イージーリスニングなカバーもの

野菜の天丼と小鉢と蕎麦(十割) 1800

口福と同じく天丼は後から
蕎麦も同じくかなり細くて、茹でるのもあっという間だったのが見えた
新そば?かと思うくらい香りと甘味があって、ちょっとビックリ
半分はそのまま食べてしまった…
つゆは少し辛めで、わざと尖らせたような感じだが、インパクトがあるので少し浸ければ充分
皮付き芋の煮物はかなりプレーン
天丼は、しめじやパプリカ、アスパラ、茄子、かぼちゃなどの野菜が美しく盛り付けられ、タレが控えめながらご飯と合わせてスゴくウマイ
薬味は全く使わなかったが、わさびはちゃんと摺っており辛味、甘味が良かった

素材の良さを活かそうという気持ちが伝わってくるよいお店
厨房の仕事も静かで、飯田商店@湯河原を思い出した

あれ?1800円じゃなかった気がする…(もっと安かったような)
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

口福






並び4後客20以上!
テーブル二人席2
テーブル四人席2
テーブル六人席1

かなり前から気になっていた蕎麦の専門店
この店の前を何十回通ったことか!
夜勤明けにオープン狙いで10分前に着くと、既に先客四人!
時間がくると、一組ずつ呼ばれる

店主とお弟子さん?、女性二人で切り盛り
基本昼だけの営業なので、メニューはランチがメインだが、十割そばだけでなく、蕎麦前やアルコールも普通にメニューにはある
後客はなんと20以上!で、その内19人が女性!
30~60代の女性が、ちょっとお洒落で粋なランチを楽しむ…みたいな
BGMはなぜかブルース調のガチソウル(しかもライブ盤!)
蕎麦が来るまで卓上の(効)能書きを読んでいたが、あまりに実直で正直な内容に思わず好感を抱く?(特に海老の部分)
カウンターはあるが、客席としては使ってない模様

ランチ(十割蕎麦に変更) 1500

蕎麦(この日は群馬産)はちゃんと香りのする(最初だけなのはしょうがない)もので、なんと生の真妻わさびとマルドンのシーソルトが付いている!
本枯れ節と三河の醤油、みりんを使ったというつゆは、かなり本枯れ節と甘味が強く、醤油は少し控えめなタイプで、たぶん本がえしだと思う
して、これがウマイ!
ガッツリつけても辛くなく、鰹の風味がクッと鼻に来て素晴らしい
七味はかなり山椒がメイン
伊勢産の高級ひじきは肉厚で食感がナイス
熱々の天丼はかなり後から来たが、蕎麦メインだからたぶんわざとかと
茄子やししとうはもちろん、生のヤングコーン最高!
小さな大根漬けは味がしっかりし過ぎている分、このセットには合わない気がした
蕎麦湯はちゃんとタイミング良く持ってきてくれて、昔流行ったドロドロでなくて安心

ていうか、蕎麦の実ようかんを食べるの忘れたっ!!( ゜д゜)ポカーン

いやぁ、こんないい店が近くにあるなんて、もっと早く行っとくべきだった

あとは、昧怛隷野がどんな感じの店なのか…
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /