This Archive : 2013年07月

中華そば専門 まるぼし食堂





午後9時05分
先客0後客0
カウンター4
テーブル二人席4
テーブル四人席4

前から微妙に気になっていた小田原のラーメン宿場町
小田原系ラーメンにフラれまくって行くところがなくなったので、優先順位の低かったここへ来てみた
小田原駅前のドンキホーテ横?の地下街がラーメン宿場町になっている
無化調にこだわったりして宿場町全体での取り組みは評価出来るが、テナントのひとつがなぜかスポーツショップだったりして苦戦中なのは客足を見てもよくわかる
大宮や浦和のラーメン施設もそうだけど、どこも苦戦してるなあ…
夜の9時で全体の客は自分と仕事帰りのカップルのみ

博多長浜ラーメン翔龍、中華そば専門まるぼし食堂、北海道麺処ひぐま軒と、家系の店が営業中
少し迷ってまるぼしへ
中はお兄さん二人で営業
BGMは、J-popの有線
とくに惹かれるものがなかったので、サンマー麺にしてみた

サンマー麺 750

サンマー麺をたべるのは、玉泉亭@以来かな?
最初の印象は「薄っ!!」
餡の味付けもスープもかなり薄く、物足りなさが半端なかったが、食べすすむうちに気にならなくなった
無化調だからこんなもんかと思ったが、そこの取り組みが提示されているわけでもなく、この味で出されたら、そりゃ客足も遠退くわなぁ…(´Д`)
後半になればなるほどじんわりと旨さが際立ってくるが、やはり初心者には分かりづらいと思う



色々と大変そうだけど、もっと分かりやすくていいと思うな


2013 7 24
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

三代目 味の大西



午後 7時14分
先客2後客
カウンター3+4

ブッダガヤ、むら田、しら鳥にもフラれ、どうしても小田原系が食べたくなり、こちらへ
小田原市役所の裏のアパートの一階にある
店内は清潔感のある白い壁とブラックウッドのカウンター
ハンチングをかぶった店主一人で切り盛り
BGMは、テレビのバラエティー
客層は近所の人達
メニューに「酢」というのがあって気になったが、ワンタン麺を

醤油ワンタン麺 850

濃厚な醤油豚骨スープはかなりオイリーでコクがある
太めの平打ち縮れ麺はもっちりでコシもある
ワンタンとチャーシューも大ぶりで食べごたえあり
モヤシ、ワカメもいいが、三つ葉がかなりよいアクセント


美味しいし、食べやすいし、ラーメンらしいラーメンのひとつの王道かもしれない
派手さはなくても安定感みたいな安心感みたいな、そんなイメージのラーメン
素晴らしいと思う



2013 7 24
Comment : 0
TrackBack : 0

鯵壱北條





午後2時50分
先客6後客2
カウンター5
テーブル四人席1
座敷二人席1
座敷四人席3?
座敷六人席1

くまもとラーメンブッダガヤの臨休にヤられてしまい、近場で検索
なんと丼には小田原名産の風呂桶を使い、スープ用の鯵の干物、蒲鉾、ネギも小田原産にこだわった地産地消のラーメン屋
店は観光地の土産物屋のような外観と作りで扉はなく、中も座敷が多い
黒を基調とした壁に高い天上、座敷席の雰囲気など、まさに観光地の土産物屋兼和食処のよう
客層は小田原観光のついでに来た時ような中年夫婦や家族連れ
30~40代くらいのご夫妻で切り盛りで、客との会話も観光地の店先で交わされるものと同じ感じ
石神くんやはんつさんのサインが貼ってある
メニューは鯵醤油と鯵塩とつけ麺、焼きラーメンくらい
卓上には小田原産の日本酒の煮切り酒にトウガラシを浸けたものや、地元産のゆかり、肉玉などの味変アイテム
ちなみに、メニューは壁にはなく、ペラい紙切れ一枚で渡される

鯵醤油 800

豚骨ベースに程よく効いた鯵の風味がバランスよく合わさり、口当たりが良くて食べやすい
並太の四角い麺はかなり麺自体がウマイ!!
風味豊かな麺はマイルドなスープと相性抜群で、茹でたモヤシ&ニンジン、アクセントの針生姜も珍しいがよく合っている
胡麻や九条ネギも合わさり、トータルて考えられていて感心


見た目だけでなく、ラーメンそのものや接客も含めて、繁盛店の材料は揃っている名店♪


2013 7 24
Comment : 0
TrackBack : 0

厚木 ラオシャン




午後8時50分
先客0後客
コの字カウンター13

この地を離れる前にご当地の老郷の未訪店へ
おばちゃんと息子さん?で切り盛り
店内は、雰囲気もレイアウトも本店と同じ
BGMは、テレビのバラエティー
後客は落語家みたいなおじいさん
タンメンはおばちゃんがガッツリ作る
習字のようなメニュー書きが印象的
なでしこジャパンのポスターがある♪

月見タンメン 480
餃子 420

じわじわとウマイ!!
今となってはインパクトこそ少ないが、甘さのある酸味と刻んだタマネギのハーモニーは何物にも代えがたい個性がある
そうめんのような滑らかな麺は口当たりが素晴らしく、快感に近いかも♪
生たまごも違和感なく、ワカメも付ければよかったと後悔…(´Д`)
自家製のラー油が最高に旨くて、汗をダラダラ流しながらスープまで完食!!

餃子は野菜メインながら、小さな肉塊も入っており、これまたじんわりとウマイ
後客の餃子テイクアウトの客がいるのも頷ける


いやぁー、なんかここまでウマイと感じたのは初めてかも!?
こうやって何度も通って地元の人達はハマっていくんだなぁ…
かなり久々の特大満足感でした♪



2013 7 23
Comment : 0
TrackBack : 0

自家製麺 囲



午後9時25分
先客1後客4
カウンター8席

老郷の後は、これまた厚木で未訪の最期の課題店、自家製麺 囲へ
この店は厚木に来た時から知っていたけど、やってないという情報もあり後回しになっていたが、先月たまたま前を通りかかって見つけてしまい、行かなくては気がすまなくなってしまった

駅から離れた個性的な店が集まった通りにある
思ったより若めの店主が一人
自家製の麺をかなり念入りに揉みこんでいるのが印象的
BGMは、ロンハー

囲らーめん (赤 こつてり) 650

ほぼ日本式担々麺のようなスープに、超個性的な麺が強い存在感!!

囲らーめんは白(塩)、黒(醤油)、赤(胡麻)から選べ、赤にしてみた
太い縮れ麺はかなりゴワゴワのコシを持っており、強烈な存在感を放つ!!
食べている内にアゴが痛くなってくるくらい(笑)
ちょっと吉田うどんを思い出してしまった(苦笑)
その他、チャーシューはとろけ、ホウレン草はナイス口休めで、ふうりゅう@梅島っぽくもある


いやはや、ほぼ1年来の課題店は、ある意味想像通りで、ある意味想像を越えていた
う~ん、アゴが痛い(苦笑)



2013 7 23

Comment : 0
TrackBack : 0

らー麺 厚木 本丸亭




午後0時55分
先客6後客6
カウンター18

厚木駅前で用事があったので、近場で
かなり久々の本丸亭の本店
店主が気合いを入れて調理、接客をしていたので、逆にお弟子さんらのテンションの低さと接客の拙さが気になった

本丸塩らー麺 800
ミニカレー丼 200
味玉 100

今となってはそこまで濃厚ではないが、鶏の旨味は充分に伝わってくる
麺はツルシコで春菊と合わせるとうまい
お勧めされて頼んだ塩味玉は、少し魚介も香るもの
カレーはイメージ通りのコクのある普通のカレー


特にインパクトはなくなつてしまったが、一定の安定感は維持している模様
ただ、店主の一生懸命さが店の危機感を表している気がした


2013 7 18
Comment : 0
TrackBack : 0

ラーメン 一眞



午後9時10分
先客1後客
L字カウンター8

知り合いに聞いて行った八王子の店が、実は既訪のみんみんと一陽来福だったというオチで、違う店を検索
先々月に閉店直後でフラれたラーメン一眞へリベンジ

若い店主一人で営業
白と木目のカウンターで清潔感があり、店主も感じがよい
三河屋製麺の麺箱あり
壁には煮干しについての説明と、「煮干し大好き」の文字(笑)
BGMは、FMラジオ

辛味噌ラーメン 700

いわゆる山形の龍上海に端を発する辛味噌ラーメン
味噌のスープは味噌汁じゃないかってくらいの白味噌スープで、結構甘め
並太の麺は食べやすいチューニング
少し冷たいチャーシューはいい肉を使っているのに勿体ない
デカめのメンマとキャベツがいい口休めで素晴らしい
辛味噌は豆板醤主体だかかなり胡椒が効いていて、溶かせば溶かすほどウマイ!!
辛いの苦手なので後半に溶かしたが、もっと早く溶かせば良かった!!
あまりに旨くて汁完♪


八王子にはまだまだいい店が沢山あるな~
店主も感じのよい人だし、客が少ないのが残念
頑張って頂きたい!!


2013 7 18
Comment : 0
TrackBack : 0

博多長浜ラーメン 六角堂 橋本店



午後10時45分
先客2後客
カウンター8席

もっちり、つけめん しゃりん 南大沢店に行くも閉店直後だったので(泣)、さっき前を通った時に見かけた混んでいるラーメン店に
丸なんとかっていう店だったが、そこも着いたら終わっており(泣泣)、フラフラ徘徊してたら橋本に着いたので、そこでまた検索
六角堂の支店があったので行ってみることに

隣にバーミヤンがあるが、地元の人しか通らないような立地
細長い屋台風の外観と店内
やんちゃそうなおっさんが一人で切り盛り
BGMは、テレビの野球ニュース

客層はたまたまか、若者二人

黒豚骨ラーメン 700

かなりガッツリマー油の効いたスープは完全にマー油が主役
どこをどう取ってもマー油がついてくる
超が付くくらい極細の麺はスープとよく馴染む
チャーシューはホロホロで、崩しながら麺と絡めて食べるキクラゲとネギも磐石


やっぱり六角堂は普通の豚骨ラーメンが一番だね♪


2013 7 18
Comment : 0
TrackBack : 0

伊従肉店 愛津屋



午前11時55分
先客7後客6
カウンター8
テーブル四人席2

知り合いに聞いてやってきた愛川町の肉屋さん
定食屋もやっていて、かなら人気があるらしい
肉屋さんだけあって、かなりおいしいらしい
場所は国道419号沿いの他に住宅と山しかないところ
車通りも少ないが、店にはそこそこ客がいる

中は初老の夫婦二人、デシャップは娘さん?
調理のメインは奥さん
隣の肉屋とは、中でつながっており、ご主人が行き来している

メニューは定食屋らしく、かなり豊富
客層は近隣の作業員など
BGMは、やっぱりテレビ
ラーメン狙いで来たが、定食を頼んでしまった(苦笑)
味噌汁はおかわり自由

豚ステーキライス(ライス半分)1000
メンチカツ150

柔らかい豚肉がニンニクの効いた醤油ダレによく合い、ごはんにも抜群に合う
味噌汁は少しコハク酸も感じる出汁がそこはかとなくしっかり効いていてこれもうまい
少し甘めのいんげんの煮物やたくあんも定食屋らしい
メンチカツは大きめで豚の旨味が分かりやすい♪


すごくウマイわけではないが、満足度はかなり高い!!
人気があるのはよくわかる♪
こういう店が普段使いに重宝するんだなぁ



2013 7 19
Comment : 0
TrackBack : 0

博多一番




午後8時50分
先客2後客1
L字カウンター9
テーブル四人席6

厨房二人外一人
接客担当のおじさんはかなりよくしゃべってキャッチー
久々にホスピタリティのある男の人(おばちゃんにあらず)に出会った
外からは赤いテントが目立つが、イスやカウンターが黒くて意外な内装
イオン水を使っているようで、厨房の奥の配管に喧伝文句が書いてある
麺は博多直送で、一食分ずつ包装

グリーンラーメン 700

臭みのない食べやすい豚骨ラーメン
いわゆる万人向けのラーメンは、インパクトよりも普段使いを意識した作りで、普段に飽きずに食べられそう
チャーシューやキクラゲ、青ネギも普通だが鉄板で安定感がある
少し高いグリーンラーメンは麺にホウレン草を練り込んであり博多系の麺でははじめて見たが、特に味に特徴がある訳ではない

結構古くからやっているみたいだが、雑誌にも(たぶん)載らずに続いているのは、ラーメンの食べやすさと、ホスピタリティの塊のようなおじさんのお陰だと思う


2013 5 15
Comment : 0
TrackBack : 0

火焔山餃子房




午後9時45分
先客8後客6
テーブル二人席3
テーブル四人席8
テーブル八人席1

近場で気になっていた店で、たぶん紅虎餃子房の際コーポレーションのグループ…かと思ってたら、全く違う敦煌酒楼グループという会社だった(苦笑)
店の造りやメニューもパッと見は、際コーポレーション系だが、この日のメニューは多彩な一品をアラカルトして1000円のものと、冷麺系、デザート、ドリンク系のみだった
担々麺目的だったけど、特に聞かずにあるメニューを注文
中は中国人系の人が三人、外は中国人系の女の子と高校生バイト
BGMは、オリエンタルな歌もの
結構流行っているようだ

海鮮涼麺(冷やし海鮮サラダ麺)950
韮鉄餃子 450

バイトの男の子が麺と別のカレーが入ってるような容器のタレを持ってきて、「ご自由に掛けてお召し上がりください」といい、そのすぐ後に餃子を持ってきた中国人系の女の人が、「タレをお掛けしますねー」と言って麺にタレをかけてくれた
どっちやねん!?((笑)

生のイカやエビ、ホタテが乗った冷やし中華
もうちょっとひねったものを期待したが、そのまんま冷やし中華だった(苦笑)
だって麺がこれでもかってくらい定番の冷やし中華用の麺だからしょうがないし、タレも酸味と甘味のある醤油系
サラダ麺だから食べやすいが、久々に食べ物でない瓜系のものが乗っていたので避けて食べた
韮鉄餃子はアツアツで、厚めの皮の中に旨味のない肉と適度に存在感のあるニラがまずまず
香酢があったのでかけてみたが、一気に食べたのでむせてしまった(苦笑)


期待通りであり、期待通りでない店
でも数人で行ってシェアしながら食べるにはかなりいいと思う



2013 7 14
Comment : 0
TrackBack : 0

鶏ポタラーメン THANK



午後9時50分
先客8後客0
壁カウンター8+4
テーブル二人席1
テーブル四人席1

Yellow Spice からより近い鶏ポタ系の店、THANK に来てみた
ラーメンゼロの元店長がやっているらしい
助手席ナビ頼りで来たが、裏路地にあるので、ちょっと迷ってしまった
ただ、看板が表通りにあるのがわかればなんとかなる(笑)
今どきの店らしく、そんなに金はかかってないが清潔感とお洒落感をそこはかとなく感じる
店は20~30代の二人で営業
客層は若いカップルとサラリーマン
メインメニューの鶏ポタラーメンはさらり、ぽてり、とろりの三段階から選ぶ

鶏ポタラーメン(とろり)680

鶏白湯とベジポタを合わせた鶏白ポタスープは、ジャガイモらしきザラつきもある濃度とトロミのあるもので、少し塩分高めだが甘味もあり、クドくないのが素晴らしい♪
ただ博多系ラーメンと同じくらい細めの麺がスープをよく拾ってウマイ
手羽先を開いて調理したという鶏チャーシューは、肉の旨味が焦げ目から伝わってくるナイスなもの

色や濃度、麺の太さ、青ネギや海苔が一瞬、博多豚骨ラーメンを連想させるが、それが食べやすさに拍車をかけている気もする
いやぁ、よく出来てるわ…


2013 7 10
Comment : 0
TrackBack : 0

麺や 佐市



午後11時15分
先客1後客2
L字カウンター10

ささりんどうの後は、気になっていた錦糸町の店へ
広島出身の店主が作る無化調ラーメンが売りで、牡蠣拉麺が食べたくて来ました
店内はさっぱりした居酒屋風!?の雰囲気
ここも30~40代の店主一人でやっている
店主は餃子を巻いていたな

牡蠣拉麺 880

うーん、海のミルク♪
さすがにいい値段しますが、牡蠣の旨味がバシッと効いたスープは少し緑色で滑らか&ミルキー
並太の平打ち気味な麺はスープをよく拾う
ただ海苔とネギがかなり多く、せっかくの牡蠣の良さをスポイル気味…
大振りの牡蠣は苦味もあるが、牡蠣が好きならかなりイケるかも?


やっぱ、ラーメンは奥深いなぁ…
面白い!!


2013 7 9
Comment : 0
TrackBack : 0

たきの家




午後3時20分
先客0後客0
テーブル四人席3
座敷四人席2


散歩の達人に載っていた店
宿の夕食前に小腹がへって、たまたま通りかかったので寄ってみた
うどん、そば、定食、鍋など、なんでもある峠の食事処
BGMはFMだが、音質が悪くAMに聞こえる(苦笑)
おばちゃん二人で営業だが、時間帯もあり、新聞を読んでいた
山小屋のような雰囲気で、薪ストーブがある

ごまラーメン 750

じんわり優しいスープは少し辛味もあり、ごま自体は主役ではない(笑)
よくある定食屋のラーメンより、ちょっと手間がかかっている普通に美味しいラーメン
おばちゃんもいい感じです


2013 7 3
Comment : 0
TrackBack : 0

ハイカラ中華 日清亭




午後0時30分
先客15後客3
カウンター6
テーブル四人席3
二階もあり

箱根湯本の有名店
宮ノ下からの帰りに寄ってみた
蕎麦屋のように、店前で麺を手打ちしているところを見られるようになっている
中は、男3女4で切り盛り
老舗のようだが、店の造りやメニュー、雰囲気は上手くハイカラ感を出している

ハイカラ逸品定食 1000

ラーメンとちまき、揚げワンタン、杏仁豆腐がセット
ラーメンの麺は細めの平打ちで、しっかり茹でてあるのに、しっかりコシがある!!
佐野ラーメンと同じく、いわゆる青竹打ちだが、不揃い感がなく立派!!
スープもガラ醤油だが、飲みやすく普通にうまい
揚げワンタンはパリパリのワンタンに甘めの餡がかかっている
意外に食べごたえがあり満足
杏仁豆腐は普通です
旅館で朝飯をバカみたいに食べ過ぎたので、ちまきは同行者のお土産にしたので食べてません


観光地のちょっとした有名だが、麺の出来は素晴らしい♪
この弾力はかなり手間をかけて何度も麺帯を延ばしてると思う
いい店だった!


2013 7 4
Comment : 0
TrackBack : 0

杣の栖




午後0時25分
先客10後客
座敷四人席2
テラス席20くらい

箱根・塔ノ沢にある隠れ家的な蕎麦処
塔ノ沢自体が山奥風情だが、ここは山奥の隙間に蕎麦屋を作ったようなロケーション♪
メニューはなく、天ぷらそば、とろろそば、ざるそばしかないと言われる
中には三人いるが、正直かなり手際は悪い(苦笑)
ただ、接客は丁寧
客層は50~60代のみ
天ぷらそばは時間がかかると言われるが、天ぷらが食いたかったので注文
少し肌寒いくらいの曇り空、中年の団体客に料理が出るまで50分、先客の中年夫婦とこちらに出て来るまで100分、、、
結構待ったぞ。

天ぷらそば 1700

箸置きも器も竹製で見た目は頑張っているが、時間がかかりすぎ
蕎麦はここで打っていないのは知っていたが、細めのエッジの効いた蕎麦
ただし茹でてから時間が経っていたため、でんぷん質が溶けて食感がかなり残念な事に…
挽きたて、打ちたて、茹でたて の言葉は、伊達ではない
つゆは少し甘めで食べやすい
天ぷらはかなり種類が多く楽しいが、汁も塩も出されなかったので、素材の味を楽しむ


女性店主とおばちゃんが頑張ってはいたが、正直素人仕事以外の何者でもない
30分経っても隣の団体客の天ぷらを揚げる音さえ聞こえてこないので、一時間オーバーは覚悟した
その間に三組ほど気付かれないまま帰って行きました
ロケーションは最高なので行く価値はあると思うが、時間に余裕のある方でないとかなり厳しいと思う
こんなお店を楽しめる大人になりたいものだ



2013 7 3
Comment : 0
TrackBack : 0

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /