This Archive : 2012年03月

ら・DON




午後1時10分
行列先客8後客9後行列
カウンター
対面カウンター
L字カウンター8
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席2
テ-ブル6人席
座敷2人席
座敷4人席3
座敷7人席


春日井に来たときからの小牧の課題店、ラーメン ら・DON!
讃岐ラーメンの有名店「はまんど」の息子さんが小牧で開いたラーメン店で、讃岐うどんが好きな自分はどうしても着たかった店です!
やっと来ました!

店内は手作り感溢れるスタイリッシュな造り
従業員は中外で店主含め男3女1
客層はサラリーマンや女性もかなり多い
入り口入って券売機、その後ろにL字カウンターと厨房
右に座敷、左には一段上がってテーブル席
メニューは讃岐うどんをイメージしたつけ麺(醤油、塩)とラーメン(醤油、塩)
厨房での麺の水切りは讃岐うどんそのもの


らーめん 塩 700


ルックスからしてうどんのようなラーメン☆
讃岐から直送というもちもちツルツルの並太麺は適度なコシがあり、スープとの絡みも抜群
スープは昆布などの魚介と適度な動物系の旨味を、藻塩を使ったという塩ダレが引き立ててめっさウマい☆
味も厚さも薄めのチャーシューはラーメンとのバランスがよく、少し甘味を感じる油揚げと青ネギがうどん感を演出
でも油分もあって、あくまでもラーメンの域をはみ出さない作りは素晴らしい…

また絶対着たい店!
次はつけ麺を喰うぞ!!


2011 3 27
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 17
Category : 愛知 |

三八屋 小牧店




午後0時10分
行列先客11後客6後行列
カウンター
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席7
テ-ブル6人席2
座敷2人席
座敷4人席
座敷7人席
二階もあるのかな?小牧市にある課題店、ラーメン ら・DONの定休日が必ず自分の休みとカブるのでなかなか行けてないんだけど、「個人経営の店だし、気まぐれで月曜日営業してないかな~?」と様子を見に行ってみると、やっぱりやってない…

仕方ないので、ちょっと気になっていた隣のそば屋を見てみると、「うどん」の看板が!
ら・DONは元々讃岐ラーメンの有名店・はまんどの息子さんがやってる店だし、ら・DONの麺は讃岐うどんを連想させるそうだし、「関係あるかも!?」と思って入ってみる事に


そば屋だと思ってたけど、名前は三八屋小牧店
創業40周年だそう
コンクリート打ちっぱなしが目を引く外観は、大きな一枚扉のエントランスから物語がある感じ

中はホテルのロビーのような雰囲気で、小牧山公園が一望でき(小牧城は微妙に見えない…)金かかってます(笑)

メニューはうどんとそばがメインで、セットものや季節の桜えびあれこれ、味噌煮込みうどん類、どんぶりや酒の肴、コース料理まで様々
当然三桁の単品は僅かで、 うどんやそばの単品でも千円以上しますし、天ぷら系は値段が倍加します

ホールはおばさま二人で中は見えず
BGMは有線の琴
客層は50~70代の落ち着いた人達
ブルジョワ

なお店だわ…


五目うどんえびマヨセット 1000


メニューがあり過ぎて悩むが、結局普通に目についた新商品のセットものに

うどんはかなり太く、その分適度なコシと喉ごしがいい感じ
柔らかい富士吉田うどんって感じかな?
これは手打ちだよなぁ…?
して、つゆは鍋焼きうどんのモノを使ったとあり、薄味でビックリ
ここら辺りでこういううどんつゆがあるのは嬉しい驚き♪
味醂?の後味が少し気になるがウマいです
具は豚肉、ネギ、白菜、タケノコ、エノキ茸

えびマヨの海老はショボくて衣が弱い
オーロラソースは家庭でも出来る程度かなぁ

他に桜漬けとナス漬け物、ライス、摺った白黒ゴマ


雰囲気もいいし、蕎麦も食べてみたいし、飲みにも来たい、そんなお店

当然、ら・DONとは全く関係ないと思われ…



2011 3 12
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

つけめん まぜそば 麺喰



午後6時30分
行列先客7後客5後行列
カウンター6
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席1
テ-ブル6人席
座敷2人席
座敷4人席2
座敷7人席


岐阜県関市にある麺屋白神出身の店
その麺屋白神には去年フラれているので、ある意味リベンジみたいな…
BGMはJ歌もの
中店主1外1(奥さん?)
白とダークブラウンの和風お洒落な店内
半分以上女性客(!!)
座敷やテーブル席もあるので子供連れもいた
白神製麺と書かれた麺箱あり
最近では珍しく?おしぼりが出てくる
卓上に四川花椒や香味酢、うま辛みそ、黒胡椒がある
店入り口に「本日人手不足のため、お時間のあるお客様しか対応出来ません」の張り紙で、実際提供時間は20分とかなり長い
限定のきのこ薫るつけめんが気になったが、売り切れだった


濃厚つけめん850


ウマい☆
麺屋白神製の麺は細めの固い麺といった感じだが、滑らかで心地よいコシがあり、今時の極太麺ではないがしっかりスープと絡み、それでいて個もしっかり主張する

つけ汁はアツアツでボコボコいってます(笑)
豚ベースで結構な粘度があり、そこに魚介と魚粉、辛みのある中国っぽい香辛料が乗る
濃厚だわ~
南知多産のたまり醤油を使ってて(入り口に置いてあった)、それが奥の方に感じられてシブい!

角煮風のチャーシューはトロトロでなく、八角の香りがしたので五香粉を使ってるぽい
これが肉の固さと相まってカレーの具のように感じた(笑)
メンマは最近では珍しく醤油を前に出した味付けで、たぶんこれもたまり醤油だと思う
半熟玉子はプレーンだが、濃いめのつけ汁に安らぎを与える


嫌みやトゲのない接客もいいし、つけ麺はレベル高いし、また来たい名店☆


2011 3 5
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

麺彩 ぎんや




午後9時55分
行列先客9後客7後行列
カウンター6
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席2
テ-ブル4人席2
テ-ブル6人席
座敷2人席
座敷4人席
座敷7人席


ぎんやグループの4店舗めで小牧市内の街道沿いにある
中3で全員たぶん20代
忙しそうに動いている
BGMは洋物ヒットアレンジもの
白壁にダークウッドのお洒落な店内で、券売機のメニューもかなり豊富
二郎インスパイアも気になったが、この店限定という海老味噌つけそばをオーダー
客層は20~30代が中心で女性も多い
厨房の寸胴はデカいのが3個
四角い大きなテボがつけ麺に力を入れている証


海老味噌つけそば850


つけダレは石焼きビビンパの容器で提供される
麺はうどんのような極太縮れ麺で長さは短め
全粒粉というか露骨に小麦の殻が入った麺はインパクト抜群でスープとの相性も良好

スープは海老の風味がガッツリくるが、ベースはあくまでもデフォルトの豚そばの豚骨スープ
そこに乳脂肪みたいのが入る
これが全体をマイルドにしていてトータルバランスも抜群

チャーシューは大人しいがそれでも厚め
穂先メンマも味付けは薄いがウマい
海老味噌つけそばだからか、茹でモノの小海老が付くが、味が抜けてなくて悪くない


雰囲気や味付けなど流石の人気店だが、相手の目を見ない接客は非常に残念



2011 3 1
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /