This Archive : 2011年12月

中華亭 前畑




午後3時55分
行列先客1後客1後行列
カウンター6
対面カウンター
L字カウンター4
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席1
テ-ブル6人席1
座敷4人席2
座敷2人席1


大石家の後に
こちらも中華そば専門店でメニューは中華そばとライスの大中小しかないし、店前にもそう書いてある
と思いきや餃子(にんにくなし)もあったりする(^_^;)
ここも多治見インターから国道248号を少し入ったとこれにある
ビール用の自販機が店内にある
BGMはやはりテレビ
中はご主人と息子さん(お弟子さん?)
常連客は「ライスの小」としか言わない
厨房から延長したシンクの通路があって少し変わった構造
サインが結構あるが五代目ラーメン王の立石さんのサインがあった(初めて見たかも)
セルフのお冷やはガッツリ水道水



中華そば 650


優しい中に醤油のコクとキレがマイルドに同居する、シンプルでいて奥深いスープは、中華そば専門店を名乗るに充分な風格を感じる
動物系と香味野菜の旨味がしっかりと感じられ、麺によく絡む
麺は中細やや縮れで、加水率は高め
しっとりしながら奥にコシがあり、スープのイメージとも合うのでウマいのか?
薄いながらもどんぶりの三分の二はあろうかというロースチャーシューは残念ながら少し匂いが気になった
しっとりしたメンマはスープをベースに味付けしてるのかな?
ここもカマボコがあり、しかも大石家と同じw
小さな海苔はワンポイントとして自分好み


アイドルでヒマだったが、お弟子さん?は仕事をご主人に教わっていた
一角の風格漂うご主人の笑顔は優しかった
ナイスな店!



2011 12 26
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 岐阜 |

中華そば 大石家




午後2時00分
行列先客6後客6後行列
カウンター
対面カウンター
J字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席1
テ-ブル6人席
座敷5人席1
座敷10席2


信濃屋にフラれてこちらに…
地元の有名店で醤油ダレをお湯で割ったスープをだす
千葉の竹岡式と基本は同じだと思う
国道248号から曲がって入った車一台通るのがやっとの住宅地にある
店は田舎のラーメン屋みたいなテレビのあるホンワカした雰囲気で小上がりの座敷がメイン
中は老店主と息子さん?とおばさんが3
厨房奥ではひたすらバラ肉を巻いたり肉ヒモほどいたりしている
メニューは基本の中華そばとライスのみ
メンマ多めで¥1000、チャーシュー多めで¥1100と結構いい値段です
客層はまさに老若男女で、こんな場所なのに地元の根付き方がよくわかる



並盛り 750



ウマい!
あっさりしたスープは特に印象的な旨味がある訳ではないが、サッパリしながら醤油のコクとチャーシューの旨味?が存分に感じられ、少なめのラード?とネギの風味がバランスよく口の中に広がる
かんすいキツめの並太縮れ麺は真っ黄色で玉子麺ぽい
少し安っぽい麺だが、シンプルなスープとの相性は抜群
チャーシューは太さ1センチのバラロールが4枚もあり、値段高めだが全く文句ない
メンマがまたシンプルで適度な濃さの味付けでうまく、しかも単品でツマミにもという感じでなく、あくまでもラーメンの部品として秀逸
カマボコも店やこの辺りの雰囲気にあって郷愁を誘うしシンプルでナイス
ギャバンの黒胡椒がまたサイコーに合ってて、気づいたら完飲!



多治見って岐阜だから遠いと思ってたけど、春日井から30分もかからずに来れるんだとわかったので、必ずまた来よう!!



2011 12 26
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 岐阜 |

らーめん得道




午後22時50分
行列先客2後客後行列
カウンター
対面カウンター
J字カウンター11
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席3
テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席


博多ラーメンを謳うラーメン屋だが、自作派として有名らしい
店内は薄暗く、厨房は実験室のようで、奥には直系1メートルはあろうかという圧力寸胴?がある!
中2で店主?はカウンターに座って調味料の補充
なので高菜は食べられなかった
雰囲気といい接客といい暗くてはあまりやる気が感じられないのは閉店間際だから?
BGMはテレビ
壁にはサイン多数で東海タレント&アナウンサ-がメインだが、上田みさえさん@麺家うえだのサインには笑った
メニューは豚骨の白、黒、赤、でら黒がメインで、STOなる魚介豚骨ラーメンやまぜそばなど、流行にも敏感ぽい
太陽食品の麺箱があり、まぜそばやつけ麺は極太麺が二種類から?選べる
焼き玉って、TETSUの原型かな?


黒ラーメン 全部のせ 930
アツアツ鉄板ギョウザ 350


黒胡椒入りミンチがバシッと効いたラーメンはまろやかでコクがありウマい
かなりしっかりしたモノを感じる
極細麺バリカタはパッツンパッツンした食感が心地よく、スープとの絡みもナイス
ロースっぽいチャーシューは適度にしっかり味付けされており、味玉はオレンジゼリー状の黄身がどストライク!

鉄板がアツアツのギョウザは小ぶりなのが6つで、これまた味がしっかりしていてウマいが、皮がハゲたモノを(皮ハゲ2、破け1)を平気で出してくるのはどうかと…


ラーメンはかなりレベル高いが、それ以外はちょっと残念なお店
せめてもう少し雰囲気なり人なりが明るかったらなぁ



2011 12 19
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

中華そば 万楽




午後15時25分
行列先客5後客3後行列
カウンター
対面カウンター
この字カウンター10?
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席1
テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席


豚そばぎんやの後は、これまた課題店だった中華そば慈庵に向かうもフラれ、そこでクルマがプチ故障…(^_^)v
ディーラーで足止めを食らい、すぐに近場で前にフラれた好来道場に向かうも時すでに遅し…
そこからアイドルも通し営業の店を検索し、たどり着いたのがココ

名古屋周辺における薬膳ラーメンには好来系の他に万樂系?というのがあるらしく、たまたま来たのがそういう店だったのは不幸中の幸いか
かなり地元では人気らしく、アイドルなのにそこそこ客がいるし、自社ビルに製麺所を構え、社員も5、6人はいたかな
裏のPには高そうなクルマも止まってたし

店内はひらがなの「こ」の字状に緑色のカウンターが飛んでおり、テーブル席がひとつだけある
「こ」の字の中はもちろんオープンキッチン
調理の様子がよくわかる
BGMはラジオ?
チーフが麺を茹で、見習いが盛り付けて運ぶが、後からきた工場長も盛り付けをしていた


万楽麺 並 480


これはウマいわ
動物系に根菜類、漢方はよくわかんなかったけど適度な油分に滋味深いコクは年齢層を選ばず人気があるのがよくわかる!
最後に自家製豆板醤を入れ、まぁこんなもんだろうとたかをくくっていたら、この豆板醤が+αの旨味を生み出し、意図せずして完飲!

チャーシューとメンマは単品でもツマミとしてよさそうだし、賛否ありそうなワカメも懐かしさを演出&スープとの相性よし

客席の向こうの小窓から垣間見える製麺所で作った並細い玉子麺は柔らか過ぎず、優しい味わい
今時のラーメンとは対局にあるが、素晴らしいと思う

駐車場の油分を一生懸命デッキブラシで掃除する見習い君には頑張って欲しいな


2011 12 16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

豚そば ぎんや




午前11時03分
行列先客0後客5後行列
カウンター
対面カウンター
L字カウンター7
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席


かなり前からの課題店
久々のシャッターポールw愛知の有名店とのコラボでかなり名前を見ていたので気になっていた
売れる店のオーラがにじみ出る外観
中3
漆喰風の壁に竹があしらわれ、暗めの照明に黒いカウンター、BGMはジャズという落ち着いた接客と雰囲気
汐そばやつけ麺、まぜそばなど、メニュー構成も食欲をそそる


豚そば 700


濃厚豚骨魚介が流行り始めた頃(俺の空とか)の正統派ラーメンな印象
マイルドでトロミのあるスープはかなりコクがあり、魚介は入っているが魚粉には頼っていない
温度はかなり低め

博多系のようなパッツンパッツンの極細麺は林製麺製で、スープとの相性は抜群
(ちなみに麺はオープンギリギリに納入されてた笑)

穂先メンマはプレーンでいいが、一本しかないのはちょっと…
集めのチャーシューが冷たいのはわざと?
小口ネギがまたスープとよく合う!


人気があるのが充分頷ける良店


2011 12 16


Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

麺坊 ひかり




午後19時35分
行列先客8後客4後行列
カウンター
対面カウンター
L字カウンター10
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席2
テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席


神奈川淡麗系の中村屋出身という店
スタッフは3人
ここは出身を名乗ってもいいらしいが、実際店内は薄暗いバーのようにスタイリッシュで清潔感があり、そこにも純粋に直系なのを感じる
入り口でつけ麺が終わった事を告知されるが、ラーメンを食べに来たので問題なし
席に座ると店主につけ麺の事を謝られ、心遣いに感心した
スタッフの接客は丁寧
BGMは大人しいボーカルもの
CGアニメが流れている
客層は当然?20~30代
オープンキッチンの奥に仕込み室があり、そこもオープン仕込み室みたいになっている
天空落としアリ♪



ひかり(醤油)990

「ひかり」は見た事ない感じ(甘の真ん中線がないモノの下に火)
全部のせ
海苔、炙りチャーシュー(二種類)、ほうれん草、メンマはどれも突出することなく、特にチャーシューは炙ってはいるが、風味が強過ぎて他をブチ壊してないのがイイ
麺は真空かはわからないが、低加水の固めでコリホリしててよい
醤油の風味にキレは感じられないが、全体のバランスはいい


大人のラーメンといった感じのお店だが、東海で淡麗系が食べられるのはうれしい限り



2011 12 5
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /