This Archive : 2011年10月

麺屋 三郎




午後10時20分
行列先客7後客5行列以上
カウンター
壁カウンター2×2
湾曲カウンター4
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
3テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席
掘りごたつ座敷席


栄のビル街、かなり昭和なビル地下のテナント街にあるキャパが8つしかない店
よくこんなとこに店作ったなぁみたいな場所にあるが、だからこそ隠れ家的でサラリーマンにはウケが良さそう

店内は少し薄暗く、ラーメン屋というよりはお洒落でフランクなバーみたいな感じ
狭い厨房にある明るい蛍光灯が店内を照らし出す
棚には透明なタッパーに入った節もの
BGMはJUDY AND MARYが延々と流れる♪
スーツ姿のサラリーマンが多いが、若い女の子の一人飲みあり

ていうか、入ってくるサラリーマンが軒並み常連らしく、やたら三郎さんに話し掛けるw
入ってきて状況を見て店主と話して帰っていくサラリーマンも…

ていうか、女の子もかなり店主と顔馴染みだった

ていうか、メニューに載ってないビールが普通に注文されてますが…

ていうか、いつの間にか常連に店が占拠されてますが…

ていうか、オーダーストップの時間、余裕で過ぎてますが…






ていうか、なんなんだこの店は、、、、

常連サラリーマンが惚れ込んだ三郎さんのラーメンについて語ってます…



そんな店。







さて。
メニューは淡麗系がメインだが、味噌や醤油もあり、さらには無化調の三郎二郎なる二郎インスパもあり!!!
淡麗系の店は「健康に配慮して…」みたいな店が多いと思うけど
、ここはイケメン店主が自分の技術を使って楽しみながら遊び心でアレンジを加えて営業している感じ。
だったら、JUDY AND MARYが好きなのもわかるなぁ…
TAKUYAっぽいもん、ルックスも雰囲気も方向性も



海老塩 850

塩がないのに海老塩が出来るということは、スープ違うのかな?
後から後から入る塩の注文をことごとく申し訳なさそうに断る店主…

鶏と魚介がじんわりくるスープに海老の風味が嫌みでない程度に染みてくる無化調のスープは繊細なラーメンをわからないと絶対に作れないシロモノと思われ。
かなりレベル高~いと思わずにはいられない。
麺は小麦感が強いが鹹水?も強く、最初はかなり気になったが、それは徐々に消えていった。
チャーシューは柔らかく豚の良さが出ているが、一緒に入っていた鶏チャーシューが馬鹿ウマ!!
かなりいい鶏を使ってるんじゃないでしょうか。
素材感バリバリでラーメンを活かしてるとこがスゴい。
メンマも丁寧に味付けられているし、水菜もしっかりイガ味を抜いてラーメンの総和を上げている。



う~む、かなりPOPでキッチュなお店だが、変に小物などでお洒落感を出さずに、あまりきれいでない手書きのメニューなどがかなりツボ。
店主の人柄が偲ばれる(言葉の使い方違うな…)常連の多さも魅力のひとつ。


…なんだろうけど、ちょっと自分には敷居が高いかな、、、



2011 10 7
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

極太濁流ラーメン ら・けいこ



午後9時30分
行列2先客後客後行列7
カウンター8
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
3テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席
掘りごたつ座敷席


栄のど真ん中?にある店舗は、なぜか温泉マークの暖簾
周りはなんというかストリート系や格闘技系、怪しいガイジン系、カタギじゃない系の店や人が多く、ちょっと長くはいたくない雰囲気…

中店主となぜか欧州系外国人バイト(オッサン!!)の二人。
店内アンペアを変えられない契約なのか、ガイジンバイトがミキサーを回すとブレーカーが落ちて真っ暗になるw
その度にガイジンバイトは厨房から一度外に出てカウンターに入り、トイレの中の上にある配電盤までブレーカーを上げにいくのが面白くてしょうがないw
でも若い店主は全く動じる事なく作業
しかもそれが3回あったwww
そして、ブレーカーが落ちてもいいようにランタンが置いてあるのがスゴ過ぎる!!
接客はその外国人バイトだが、食券を買わないで並んでても何もサジェスチョンはない
おかげで若い三人衆に抜かされてしまった…
まぁ二郎系なのに食券買わない自分が悪いんですが、いい気はしないなぁ…
中から人が出てきたら勝手に中に入るシステム?
しかし、食券買わないで抜かされたはずだが、ラーメンは若い三人衆の彼らより前に出てきた!
店主若いが、気を利かせてくれるぜ☆
他の客にも気配りの出来る店主はジャンクガレッジとかにいそうなパンク系?
この店、外観はヘンだが中は漆喰でお洒落
撮影厳禁らしいのでラーメン写真はなし




らーめん 730
野菜盛り 50


出てきたラーメンはもやしよりキャベツの方が多いのにビックリ!!
しかもかなりレアな茹で加減で野菜の甘味もそんなに出てないくらい(^_^;)
野菜盛り分は別の丼で出てきて同じ大きさの丼が並ぶのは、豚の親方@足立区以来か!?
だからタワーにはならない。
別盛り野菜には醤油ダレがかけてある。

自家製らしい麺はかなりの太さで、食感は滑らか。
ゴワゴワ感はないがしっかりしたコシがある。
ただ、足が早いのはちょっと残念。
スープはかなり醤油が濃く、ノーマルでカラメダブルのよう。
そして量が少ない。
汁多めの混ぜそばみたい。
そして店の外にいる時から感じていたが、二郎特有の豚臭さがない!!
あくまでも食べやすい二郎インスパイア。
でもこういうのもアリだと思う。
二郎系の先入観なしに食べればうまかったし。
客層はほぼ男だが、一人中南米系の女性がいた。
近隣のお店関係かな?



名古屋でもかなり早くから二郎インスパを出していたお店らしいが、正直ら~ナビの達人が言うほど二郎は感じなかった。
あくまでもインスパというカテゴリーからアリだが。

それよりも、若い店主の気配りとデカいガイジンおっさんの凸凹コンビが繰り広げるブレーカーショーとカタコト会話がめっさオモロかった!



2011 10 7
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

こだわり麺工房 たご




午後9時30分
行列先客2後客5行列以上
カウンター11
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席2
3テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席
掘りごたつ座敷席


前に一回フラれた店。
麺屋誠の臨休を食らって向かう(涙)

場所は本陣通り沿い
駐車場は向かいにある
BGMはテレビで秘密のケンミンショー
中店主とその家族?で3
細長い店内は明るくラーメン屋然とした雰囲気
客層はカップル、親子連れ、仕事帰りのおじさんなど
タンタン麺がウリらしいが、濃厚煮干しそば目的
他メニューは醤油、塩、味噌や、たごジロウなどもあり
地元の常連と仲良しで良い雰囲気
大盛は無料
讃岐うどんのチェーン店などによくある水切りマシンの小さい版(麺水切り機Q太)がある
愛知では珍しく券売機がある
スープは全て小鍋で温め、麺から具から全て水切りマシンを使う
基本2つずつしか作らない

奥さんがタグホイヤーのロゴを真似たTAGO RAMENのTシャツを着ていた♪
愛知の店ではよくコラボTシャツをよく見かけるなぁ☆
店主も娘さんもコラボTシャツを着ていた
仲良きことは美しき哉
娘さんはたぶん美しい方ではないが(失礼)、ナイスな笑顔と自然な接客が素晴らしい☆



濃厚煮干しそば 900


思ったよりかなり濃厚!
が、濃厚なイメージの多くはベースになっている豚骨スープで、煮干しもかなりの濃厚さだが、あくまでも上物。
かなり濃厚な豚骨スープは基本よくある濃厚動物魚介系のそれと同じ方向性だと思うが、自家製麺が加わる事でオリジナリティを出している。
煮干しの魚粉も底にかなりあるが、そこまでいくと少し魚臭くなる。

この背脂の浮かんだトロトロスープは、これまたキャラの濃い自家製の並太麺とバッチリ合う。
麺はアルデンテに近いくらいの茹で加減で歯切れがよくうまい。
最後までダレないし、キレがある感じ。

具のチャーシューはロースっぽいが、スープが濃厚過ぎて味がよく分からず‥
メンマも同様。
ネギと海苔がいい味出してます。



人がいないらしくて営業時間を短縮したり、席を減らしてるらしいが、頑張って欲しいお店。



2011 10 6
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

東海道見附宿天宏 椿




行列先客0後客15行列以上
カウンター
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
3テ-ブル6人席
座敷4人席2
座敷6人席
掘りごたつ座敷席4


本館は個室でもっと高級


おもろ、かき揚げ、地元野菜の三色おもろカレー1200

旧赤松家の屋敷隣で天ぷら、鍋、刺身などメインの老舗高級店
接客はバイト女の子と女将さん
厨房には4人くらいいた
客層は家族連れやカップルで、地元の人気店らしい
少し贅沢な食事処だが、天丼なら千円で食える

おもろカレーは柔らかい醤油味?のおもろ(豚足)が適度に少しで、インパクトはない
骨はなく食べやすい
軍鶏のガラスープらしいがよくわからず、香辛料はしっかり効いて辛めだがウマい
地場野菜はパプリカ?
だがパプリカは苦味と甘味が素晴らしくウマい
ナスとブロッコリーは普通だが、里芋は煮物だったw

そしてかき揚げカレー!
更にそれをスプーンで食べたのは初めて!
普通に食べられたが、そこまでサクサクではなかったでも油っこくなくうまかった
インパクトはアリアリ

建物が市の重要文化財らしく趣があり、来て良かったが、接客は高級なわけではない…



2011 4 29
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 静岡 |

キッチン こっこ亭




13時50分
行列先客3後客行列以上
カウンター5
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席


たまごふわふわラーメン840
BGMテレビ静かな店内のラーメン定食洋食うどんそば屋?
オープンキッチンで店内カレーの香り
中おじさん店主とおばさん
焼酎やつまみもあり
たまごふわふわを頼むと厨房からミキサーの音

スープはラーメン寄りのたまごふわふわ出汁
細い縮れ麺は量多め
かなりの柔らかめ

付属品の少しのご飯はよく合う
ふわふわに入ったゆずが秀逸だが、それ以外に驚きはナシ


2011 4 29
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 静岡 |

とり屋茶屋



12時45分
行列先客2後客1行列以上
カウンター7
対面カウンター
L字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席2
二階あり


たまごふわふわ350
BGMテレビ
静かな店内の和風割烹
死にそうなフグw
親子夫婦の経営

かつお昆布干し椎茸の上品な出汁にシャカシャカ泡立てたたまごが乗る
普通にウマし文句もないが少し固い泡を食べている感じ
店の方もいい方でお話した
町おこしだそうだ



2011 4 29

Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 静岡 |

アジアンヌードル 千種本店




平日午前0時30分
行列先客14後客行列
カウンター
対面カウンター
コの字カウンター12くらい
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席3
個室テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席


夜にラーメン屋を探してたら、なんとなく気になったこの店へ。
エスニックなラーメンに惹かれました。
ティーヌンも5年くらい行ってないし。
店内はエスニックに紅虎餃子房の豪快さを少し合わせたような雰囲気。
コの字カウンターの中が厨房になっている。
BGMはアースミュージックがかかるFM?だが、ブライアン・アダムスもかかったりするw
従業員は赤いTシャツが3人
客層は仕事帰りのサラリーマン団体多し
オサレなエスニック料理屋ですね。
メニューはエスニック&シーフード系のヌードルにタンタン麺、一品料理にサラダ、デザートに、アジアン系のビールなどアルコールもそこそこ充実。
でもやはり値段は高めです。



エスニックヌードル 850
焼ぎょうざ 6コ 450


そのエスニックヌードル。
スープがでらウマい!
控えめな酸味に東南アジア系の香辛料が微妙に効き甘さも適度にあるスープはワタリガニの半身や甘エビから出るダシも効いてマジウマい。
トムヤムクンより若干日本寄りで飲みやすく、麺とも合っている。
今更だけど藤巻激場に行きたくなりましたw
具は甘エビ、ピーマン、赤ピーマン、ふくろ茸、イカ、イイダコ、白ネギ、半身のワタリガニ。
麺は平打ちのコシが強めでラーメンの麺というよりヌードルと言った感じ。
一気に汁完!

餃子は普通に焼き目がぱりっとした肉汁豊富なものでウマいけど値段が高い。


従業員といい客といい感度が良さそう人が多かったですね。



2011 10 3
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

太閤




平日13時45分
行列先客1後客行列以上
カウンター5
対面カウンター
鉤の字カウンター
テ-ブル2人席1
テ-ブル4人席1
テーブル6人席1
個室テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席
掘りごたつ座敷席


天白区の高級マンション街から少し離れた街道沿いの店舗長屋にある
BGMはなく静か
人の良さげな店主は常連の若い子と地元野球の会話
化調の健康被害を憂いており、自らの無化調ラーメンを広めたくフランチャイズの貼り紙あり
元焼肉店らしく、ビールのポスターや黒い壁など雰囲気はそのままぽい
そのためかどうか茹で麺器はなく、和用煮物鍋で麺を茹でる



梅塩らーめん 700

煮干しらーめん目当てでやってきたが、さっき翠連で濃いヤツを食べたのでサッパリしてそうな梅塩らーめんを注文。
少し濃いめの塩分が気になるが紫蘇とミネラルな感じが体に良さげ。
ただ完全に予想通り過ぎてちょっと残念…

麺を食べて一瞬「…!?」
ホシの入った細い平打ちの自家製麺は、小麦だけでない味が付いてる!
メニューのこだわりをよく見ると、昆布を使っているとか。
(メニュー左の3つのこだわり欄の一番下は、自家製麺でなくてスープに対する記述だと思うんだけど…間違い?)
ちょっとビックリ。
しかし、おかげで麺がスープに対して強く、後半馴染んでくるまで違和感を感じた。

かなり細めのメンマは食感がゴボウ的。
梅は安っぽく、ゴマ、海苔、ネギは普通。



麺以外は予想通りでなっかりしたが、面白い麺が食べられたので良しとしようか。

店主はかなり話し好きらしく、若い子相手にずっと話していた。
笑顔がイイカンジではあるが、あまり流行らなそうな店かなぁ。



2011 10 3
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

らぁめん 翠SUIREN連




平日13時10分
行列1先客後客4行列以上
カウンター11
対面カウンター
鉤の字カウンター
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
個室テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席
掘りごたつ座敷席


バリが大好きな店主夫妻が切り盛りする店
BGMはガムラン的な笛とオルゴール?
調度品や天井の竹などバリの雰囲気バリバリの明るいカフェのような雰囲気で、女性でも気軽に入れそう
中長髪を縛った店主とお姉さんな感じのご夫婦だが、接客はちょっとおざなりかな
客層20~30代中心だが、中高年も
メニューは塩、醤油、焼き干し、担々麺など
チャーシューは腐乳で風味を付けたチャーシューに薬念醤、コチュジャン、赤ワイン、ベニコウジで奥深い甘さを加えたとの事



濃いめ焼き干し(塩)890
味付け玉子(1個)100

これはよく出来てる!
と思わず唸ってしまうラーメンは、素材の良さを活かしながらコダワリが随所に見られ、それがうまく調和した一品。
白濁したスープには「魚だしがガツンと…(メニュー記述より)」とあるが、まさにアゴの焼き干しがガツンとくるインパクト!
焼き干しなのに甲殻類的な味わいさえ感じてしまうほど濃いのだが、ニオイも後味もクドくなく飲みやすい。

麺は並太の半熟成縮れ麺。
適度なコシの強さは後半はも全くダレる事なくスープを引っ張る。

腐乳を使ったというチャーシューは記述のコダワリこそ分からなかったが(苦笑)、適度な大きさに細切りされ炙られていて香ばしい。
だが香ばし過ぎてスープの香りを若干スポイルしているのが残念。
見た目鮮やかな豆苗は厨房カウンターに生えており(誇張してますw)、それを適時茹でて独特の風味をしっかり出していてウマい。
味付け薄めの大きなメンマは柔らかく素晴らしい。
ネギもベストな甘味と苦味が素晴らし過ぎる。
アクセントの鷹の爪もバランスが良い。



こりゃ流行るわぁ…と思わずにはいられない名古屋の名店!
デフォのラーメンも食べたくなった!



2011 10 3
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

らーめん 一心




土曜日21時45分
行列先客2後客0行列
カウンター
対面カウンター
L字カウンター6
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席3
個室テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席


家から近場で良さげなラーメン屋を検索して出てきたのがここ、らーめん一心。
ゆずらーめんとしおそばがウリらしい。


BGMはJポップ歌もの
中は店主一人で当たりの柔らかい接客
内装も明るい木目調でシックな雰囲気
おっさん一人客がビールのんでラーメン食うみたいな雰囲気
しかし、店主一人厨房なのにレジが入り口横にあり、しかもレジに入るには開けっ放しの入り口ドアを一回締めてからじゃないと入れないというややこしいレイアウト(苦笑)



ゆずらーめん 600
味玉ごはん 280


安めの値段設定なラーメンはしおそばにしようかと思っていたが、ゆずをメインにした珍しめのラーメンを選択。
清湯系のスープは魚介とゆずが香る飲みやすいもので、バランスがいいから飽きない感じ。
だが最初から入っている一味が自分には強くて、もったいない気がした。

細めストレート麺は強めの弾力ながらバランスはギリギリのところで保っていてナイス。
小麦が香るいい麺だ!

チャーシューは柔らかな赤身で、メンマ、海苔、もやしはパーツとして言うことナシ。

味玉ごはんは半分に割られた味玉と、マヨがよく合う。



独学でラーメン屋を始めただけあって、ラーメンだけでなくメニュー構成や店の内装にも(ちょっとレイアウトがアレですが)考えた感じが出ていると思いました。
長く続いて欲しい佳店。



2011 10 1
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

けん坊




平日20時25分
行列先客3後客3行列以上
カウンター
対面カウンター
鉤の字カウンター8
テ-ブル2人席
テ-ブル4人席
個室テ-ブル6人席
座敷4人席
座敷6人席
掘りごたつ座敷席


BGMはFM
中は夫婦?
黒のTシャツに黒のキャップ
雰囲気は完全に場末の居酒屋
狭い店内は厨房を囲むカウンターのみでナイスな雰囲気



醤油坊 980

注文は全部乗せ的な醤油坊を。
スープはいわゆる動物魚介だが、動物系メインで適度なインパクトがあり、魚介がそこはかとなく全体を締めるナイスな出来。ウマい。
「極太」表記の麺は極太には感じなかったが、骨太なスープをしっかり受け止める。
ここの相性が素晴らしい。
具のチャーシューは肉の旨味しっかりで炙りも入ってるし、極太メンマはまさに渡なべ@高田馬場のメンマそっくり、味玉や海苔も普通だけどうまいし、近くだったら通いたいかも?


常連も付いてるみたいだし、行列するような店ではないかもしれないが、しっかりと固定客を掴める実力のある店だと思った。



2011 9 19
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /