This Archive : 2009年11月

じょう二郎(二郎インスパイア)を作ってみた! その2


さて、二日目。

チャーシュー&ダシ用のバラ肉をカットします!
ホントは昨日やろうとしたんですが、前日の写真を見たらおわかりのように半分に折ってありますよね。
実は買ってきて調理場を借りてる場所の冷蔵庫に入れたつもりが実は冷凍庫に入れてしまってて、半分に曲がったまま固まっててどうにもしようがなかったんですわ、、、
だから仕方なく「ニンニクの皮むきでもするかぁ、、、」と感じだったんですね。
で、冷蔵庫で解凍してこの日の調理と相成りました。

ていうか、



CA390084 バラ肉4.8?!

デカッ!!!

ハンパねーっす。
左の包丁が通常サイズですから。



祭麺堂 店内

一般的なまな板を2枚並べても、まだハミ出します。
手前が折れ曲がってるのは、まだ少し凍ってたから。



CA390088.jpg

とりあえず、それっぽくカットしてみました。

ていうか。

「バラチャーシューって、普通タコ糸かなんかで巻いてなかったっけ?」という事にこの時点で気が付く自分、、、

タコ糸なんてありまへんぜ、、

でも、この日のうちにダシ用に旨味をスープに移してしまいたかったので、仕方なくこのサイズにカットしてそのままブッ込むことにしました。



CA390090.jpg

強火で赤身の部分が固くなってしまうのを防ぐ為、スープが再沸騰する前に投入!

ここで本を読んでて知ったのですが、二郎で使ってるチャーシューはバラ肉ではなく、ウデ肉だとか?!

なんじゃ、そりゃ、、、



揚州商人 店内

とはいえ、もうバラを買ってしまったし、カットしてしまったので、そのまんま知らなかったことにしましたw

このバラ肉、なんかいい感じでしょ?(現実逃避)



揚州商人 メニュー

そしてこの日はカネシ醤油はスッパリ諦め、市販の安い醤油1.8リットルのものを購入。
それにこってりんと化調を合わせて、カエシを作る事にしました。
醤油とみりんの配合は、だいたい3:1くらい。
そこに化調を50gくらい加えて加熱しました。
あとはこの中にバラ肉を漬けて旨味をカエシに移しつつ、カエシの味をバラ肉に移せばOK!

次の日ネットで見てビックリしたんですが、なんと麺屋にゃみさんのブログで二郎インスパイアを作っていて、カエシの配合が一緒だった!
とはいえ、豚挽き肉を入れるという発想はなかった、、、
さすがプロであります。
早速、参考にしよ!
ていうかこのブログ、超~使えますw



揚州商人 ワンタン

これがいわゆる化学調味料。
今回は、味丹という名前の安いやつを選びました。
ここまで金掛かり過ぎてるので。

いろいろ探しててわかったのですが、化調にもいろいろあって、基本的にはL-グルタミン酸ナトリウムが主成分なんですが、そこに加わるその他の旨味(5’-リボヌクレオチド二ナトリウムやL-アスパラギン酸ナトリウム、コハク酸ニナトリウムなど、会社によって違う)が1%~10%程度混ざって、それぞれの商品がいろいろな個性を持っているんですね。
配合具合の比率が多くなればなるほど、驚くくらい値段が変わってきます!
味の素とハイミーの違いは正にそれで、味の素はL-グルタミン酸ナトリウム97.5%に対して5’-リボヌクレオタイドナトリウムが2.5%配合。
ハイミーはL-グルタミン酸ナトリウム92%に5’-リボヌクレオタイドナトリウムが8%も混ざっています。
だからハイミーは、同じ量でも味の素の2倍くらい高いんですね。



祭麺堂 坦々麺

同時に麺も茹でてみました。
番手は12で、一人分200gあります。
自分はもうこの程度の太さには慣れてしまいましたが、一般的には極太と呼ばれるサイズなので、時間を追っていい塩梅を確かめることに。

5分だとアルデンテにも程がある!って感じでかなり固いのですが、小麦感がしっかり残っていてこれはこれで悪くはない。
でもやっぱ二郎みたいな固さというよりは、小麦の固まりを食べてる感じですw

5分半だと悪くないけど、まだ固いかな?

6分だとかなり表面のデンプン質が溶け出してきて、スープに絡みそう。
質感もいい感じ。
ただ、少し小麦感は薄れます。

6分半だとかなり全体からいろんなモノ(?)が溶け出してきて風味も落ちますが、固さそのものはギリギリ丁度いいかアウトか、、、という食感。


どこがベストなのかわかんないけど、回転の悪い自分の理論だと、茹で時間が少ない方がスープをある程度吸ってくれそうだし、風味は落ちないので、6分辺りがいいのかなと。
「ニンニク入れますか?」をやらないといけないのでw、盛り付けに時間掛かるし。

という事で、とりあえず出来たカエシとスープと合わせてみました、



揚州商人 チャーハン

う~む、、、、
悪くないんだけど、なんというか、昔流行った豚骨醤油ラーメンみたい。
まぁ背脂もほとんど入れてないし、スープのバラ肉の旨味とカエシの豚の旨味も足りてないしね。

この後、こってりんと醤油と化調を直接ブッ込んだら、少し二郎に近づいた気がしました。






ここで二日目の作業は終了。

というか、またまた時間切れで終わらざるをえず、、、
















2009.11.20
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 自作 |

じょう二郎(二郎インスパイア)を作ってみた! その1


さて、早速二郎を目指して調理開始!

ですが、まずは材料を仕入れなければなりません。


野菜やダシ用の骨関係はすぐ手に入るとして、問題なのはラーメン二郎の三種の神器(ウソ)。


オーション (日清製粉)
麺に使う小麦粉。
いわゆる強力粉なので、麺に使うとかなり強いコシが生まれる。
ただ、本来はパンなどに使われる事が多い。

グルエース(協和発酵フーズ)
ジロリアンの間では”グル”と呼ばれている化学調味料で、通称”魔法の粉”。
いわゆる”化調”というやつで、二郎に行くとコレをどんぶりにゴソッと入れてる光景が見られます。

カネシ醤油
黄色いポリタンクに入ったジロリアンにはお馴染みの醤油メーカー。
一般用(?)の緑ラベルと、ラーメン二郎専用の紫ラベルというのがある。
紫ラベルは二郎直系のお店にしか卸してないとか。


出来れば全部揃えたかったのですが、カネシ醤油は完全に業販しかないようなので、最初に諦めました、、、

そして麺も自家製にするにはやったことない上に、試行錯誤するには時間が無さ過ぎるので却下、、、

そしてグルエースは、1kgパック(\630)もあるし通販でも買えるのですが、知ってる範囲では\3150以上注文しないと買えないシステムになってて、、、そんなにいらないんだけどー。

とはいえ、「もしかして業務用スーパーや卸問屋なんかにあるかも?」と思い、7~8件あたってみたのですが手に入らず、、、

で、合わせて二郎で使っているというキサイチというメーカーのみりん風調味料も探しましたが、結局コレも見つからず、、、

ただこれに関してはキサイチのみりん風調味料ではなく、”こってりん”を使っているという二郎もあるという未確認情報を仕入れたので、そこで妥協しました。


で、麺に関しては打つ時間が無いので、「二郎風の麺が通販とかで買えないかなぁ?」とか、「近場の二郎インスパの店や自家製麺の店で作ってもらえないかなぁ?」なんていうありえない事も考えましたが、いろいろネットで探してたら大手製麺所の菅野製麺所が近場にあったので直接出向き、担当の方とお話して切り刃12番の豚骨スープ用極太ストレート麺200gを試作用に頂いてきました。

という事で、初日までに用意できた材料はコレ。



CA390063 二郎インスパ材料

キャベツ、ニンニク、人参、長ネギ、玉ねぎ、背ガラ、ゲンコツ、鶏ガラ、背脂、豚バラブロック、こってりん、太麺ストレート。

手前に見えるのが、チャーシュー&ダシ用の豚バラブロック4.8㎏でありますっ!
かなーりいいお値段しました!
この肉と骨関係は、前回動物魚介ラーメンを作った時にお世話になった肉の卸問屋さんで仕入れました。
野菜類は近所のスーパー、こってりんは置いてあるスーパーを電話で探して近場のビッグ・エーでゲット。
店頭に置いてないものを出してきてくれました。

この時点ではカネシとグルエースに一縷の望みをつないでいたので、まだ購入してません。




CA390064 ゲンコツ

豚の足関節の部分、いわゆる”ゲンコツ”です。
骨の中にある髄から、その独特の旨味が生まれるんですね。
骨そのものは関係ないのかな?
グロいのが超~苦手な方は、じっくり見ないほうがいいかもしれません。



CA390065 鶏ガラ

こちらは鶏ガラ。
最近は普通のスーパーでも売っているのを結構見かけます。
そんなに買う人はいなそうだけど、どうせ破棄するんだったら一応売ってみよう、、みたいな事なんでしょうか?



CA390066 背ガラ

こちらは豚の背ガラ。
”いかにも”な感じの形状ですね。
韓国焼肉のお肉にも見えなくはない、、、気がする。



CA390067 背脂

こちらは豚の背脂。
これをスープで煮るとダシが出てコクが生まれ、柔らかくなってくるといわゆる”背脂チャッチャ”が出来るようになるわけです。
う~む、勉強になるなぁ。



ふうりゅう 店内

鶏ガラもそうですが、豚骨にも血合いが付いていてそのままにするとエグ味やら灰汁やらがガンガンでてくるので、それを下茹ですることによって取り除き易くします。



ふうりゅう 坦々麺の由来

灰汁の量がハンパない!
しかも、汚くてエグイ!
これをやってスープとして煮ても、まだ灰汁は出てきますが、初っ端のコイツはスゲーっす。
鍋を1回洗い直さないといけないくらいです。



ふうりゅう ラーメン

これを見ていただければ、洗わないといけないのがおわかりかと思います。
数回しかやったことないのでよくわかりませんが、輸入モノと国産では灰汁の出方とかって違うのかな?



ふうりゅう 厨房

1回茹でることで、骨に付着した肉や脂の部分がかたまり、取り除き易くなります。
ちょうど先端部のふくらみが人間の拳に似ていることから”ゲンコツ”と言うそうです。
確かに。



CA390073.jpg

比較的黒い部分が(たぶん)血合いなどの部分。
熱いけど、水を流しながらタワシや手でこそげ取ります。
結構、メンドくさいです。



こしがや ラーメン

そしたら骨を砕いて髄が出易くするんですが、これがまた超ーーーー硬ぇ!
おそらく豚には骨折という概念がないんじゃないか?って思えるくらい硬いですっ!
上の割れた骨の間に髄が見えますね。。



こしがや メニュー

あまりに硬過ぎてハンマー部分では割れないので、釘抜きの部分で壊します!
この写真は片手で撮ってるんですけど、釘抜きをガツッてやったらガッシリ刺さるので、片手でもこういう写真が取れるわけです(苦笑)



こしがや 店内

鶏ガラも茹でて奇麗に洗ったら、寸胴に骨と野菜と水を入れて煮込みます。
こうなってくると、いかにもラーメンスープな雰囲気が出てきます。
ていうか、玉ねぎデカッ!



こしがや 杏仁豆腐

1回茹でても、このくらいは普通に灰汁が出てきます。
何度も何度も掬っては捨てるの繰り返し。



CA390078.jpg

今思ったけど、そういえば背ガラは灰汁抜きやってなかったな、、、
だから灰汁の出が強かったのかな?
そんなことないか。
前にやった時も同じくらい出てた気もするけど。



CA390079.jpg

灰汁があまり出なくなってきたら背脂を投入。
だいぶ二郎っぽくなってきたかな?(まだまだ)



ニンニク!

そして、スープを作っている間に「ニンニク、入れますか?」用のニンニクの皮むき。
この倍くらいの量やりました。
これが超~~メンドクサイ!
水に漬けたら剥き易くなるというウワサを聞いた事があったので半分そうしてみましたが、皮自体が水分を含んで確かに剥き易い!
でも、水に漬けてる間の2時間はずっとそうでないニンニクの皮を剥いてたので、深爪した親指がめっちゃ痛かったです!(涙)



といったところで、初日の作業は時間切れ。
次の日も仕事があるし、調味料探したり、カエシを作ったり、麺を試したりしないといけないし、あーもう時間がない、、、
帰りは完全に明るくなってました、、、






ていうか、この日記長くなりそうだな、、、





2009.11.18
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 自作 |

じょう二郎(二郎インスパイア)を作る!


お久しぶりです。

どうも、じょうじです。


なかなかブログを書く時間が取れないのに、ラーメンはそこそこ食べてるのでネタは溜まる一方ですが、それはまたいずれアゲていくとして、、、

実はワタクシ、ラーメンを作りたい願望が昔からありまして、これまでに何回か作っております。

半年前には超~~気合いを入れて、流行(してた)の濃厚動物魚介ラーメンを作りました。



麺屋じょうじ 豚骨魚介ラーメン
第1回 麺屋じょうじ 濃厚動物魚介ラーメン

いまや猫も杓子も濃厚動物魚介のラーメン界、今食べに行くなら自分は食傷気味ではありますが、作るとなると話は別。
店主のみなさんがどんな風にしてラーメンを作っているのかを、実際に自分で作る事で体験してみたかったんですよね。

自分が主催するあるイベントで30人くらいの方に振舞うために作ったのですが、この時はゲンコツと鶏ガラを煮込むだけでも5日間懸けました。
(今思うと5日も懸ける必要はなかったw)
業務用のラーメン本を読み漁り、その通り作ってもまず同じモノにはならないし、肝心のカエシの分量とか火の入れ方とかには言及してない本ばかりだったので、かなり試行錯誤しながら作りました。
魚介とか節系は、一ヶ月前に築地に行って1万円くらい使った気がします(笑)
煮干しやカツオ節は言うに及ばず、サバ節やソウダ節、アゴやうるめまで買って、それぞれがどのくらい火に掛けるとどういう風にダシが出るのか、2週間くらいメモりながら研究しました。
最初から強火の方がいいのか、徐々に火力を上げていくのか、沸騰してからどのくらいがいいのか、、、みたいなことを、馬鹿みたいにずっとやってましたね(苦笑)
なので、結局Wスープみたいになっちゃいましたが。



CA396097 魚介ダシCA396176.jpgCA396177.jpgCA396107.jpgCA396115.jpgCA396146.jpgCA396157.jpgCA396127  自作ラーメン


イベントの1週間前からかなりテンションが上がり、失敗してもいいように1週間前から作り始めたんですけど、スープの仕込み自体は5日前から。
仕事が終わって夜中から朝にかけてやってたので、1週間ほとんど寝てません(苦笑)
自分が(勝手に)師匠と思い込んでいるラーメンの鬼・佐野実さんはその昔、TBSの『ガチンコ!ラーメン道』で、「寝ないでヤルんだよ!」と仰られてましたが、図らずもその通りになってしまったわけです(苦笑)

スープはそこそこ出来てもカエシがイマイチだったので、結局なかなか味が決まらなくて、当日に作りながら詰めていった感じになってしまい、最初の方にラーメンをお出しした方々にはご迷惑をかけてしまいましたが(苦笑)、最後の方はかなり自分的にも納得がいくものに仕上がりました。
チャーシューや味玉もそれなりに出来たし、自家製魚粉もそれなりに悪くはなかったし、豚骨スープは寝かせると全然馴染むというか円やかさが増すのもわかったし、だから色々と判ったという意味で(自己)満足度も高かったので、かなり楽しかった!



CA396128.jpgCA396130.jpgCA396136.jpg
CA396166.jpgミドリ食堂 メニューGRL_0187@.jpg
(ちなみに右下はボクではありません。天空落としをする助手のM氏w)

とはいえ、麺は市販のものを5種類適当に買ってきて使っただけだし、カエシ(ラーメンダレ)の出来は全然ダメだったし、メンマも作れなくて結局市販モノだったし、色々と課題は残りました。





で、その時のお客さんでジロリアンの方がいたので、1つだけ限定で二郎っぽいのを作ったんですよね。



じょう二郎を食べるケンジくん@
じょうじ風二郎インスパイア ニンニクオオメカラメw (ネーミング by ケンジくん)

その時、カエシにみりん入れたり化調入れたりしながら適当に作ったのがすご~く楽しかったし、この時は魚介のダシが入り込んでしまってたので、「いつかマジで二郎だけちゃんとやりたいっ!」って思ってたんですよね。
その時の熱き思いが今回実現したわけですw
(出来はわかりませんが)


元々初めて二郎を食べた時は「罰ゲームとしか思えねぇ、、、」なんて言っていた自分ですが、去年辺りからはしっかり耐性も備えw、ここ10日間は二郎或いは二郎インスパ系ばかり毎日食べてるので、すっかりジロリアンでありますw
中でも大宮店は、そーとー美味かったなぁ。。。
(詳細はいずれ)




という訳で、次回は家二郎の製作日記にします。

尾道日記の途中ですがww

名付けて、 「第2回 麺屋じょうじ ラーメン二郎インスパイア  じょう二郎




忙しくて更新出来ないでほったらかし、、、、みたいにならないように、途中までの部分は今日中に書いておくことにしますw

ていうか、書けたらコレをアップしよう!

かな、、、、?



Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 自作 |

おっつぁんラーメン


海を見ながら食べたラーメンの後は、毎度毎度の尾道散策♪



中古車中古車wwwチャイダー
うどんはうどんはありませんうどんはありませんTシャツw毛糸ロープウェー先行時尾道水道坂坂2シトラス号休業中


いや~、ラーメン関係ないじゃんw

パッと見わからないでしょうけど、ナニゲに小ネタ満載(でもない)でお送りしております♪
(写真にタイトル付けてます)




さて。

そこから向かったのは、尾道からクルマで数十分のところにある岡山県笠岡市。
ここは、「次広島に帰ったら、絶対に行こう!」と決めていた場所のひとつ。
なぜなら、そこには地ラーメンである 笠岡ラーメン があるから!

笠岡ラーメンとは? (大崎先生が解説してくれています♪)

ようするに、かしわ(鶏)のチャーシューが入っていて醤油スープって事ですね。
チャーシュー以外は尾道ラーメンと大して変わらない気もしますが、気になってしまったんだからしょうがない!
せっかく地元の近くに地ラーメンがあるんだったら、これは行かなければなりませんっ!

尾道から高速でクルマを飛ばす事20分、あっという間に福山を通り過ぎて岡山へ。
助手席ナビ子に従って海沿いの市場に入っていくと、ありました!



おっつぁん 外観

ポッツーン、、、、

昔は住宅街にあったそうですが、移転先をなぜにこんなところにしたのか?!と伺いたくなるような雰囲気。

とはいえ、市場なんで昼間は人がイッパイいそうですが。



おっつぁん 店内

店内は、普通に食堂風情。
奥に厨房があって、家族らしき3人が切り盛り。
キャパは、カウンター5、壁沿いカウンター7、テーブル4人席2、テーブル6人席2。
夕方5時半という微妙な時間帯もあり、先客4後客4。
客層は若かったですね、この時は。
BGMはなく、店内はかなり静か。

と、ここまでは特に普通なんですが、、、



おっつぁん サイン

入って右手に壁には無数のサイン群が!
しかも、そのほとんどが新日本プロレス関係のもの!w
よほど店主がプロレス好きなのでしょうか?
ていうか、地元での開催試合のスポンサーとかにもなってるっぽいですw
モノホンですな。



おっつぁん 厨房

厨房の中は見えませんが、おじちゃんと奥さん、娘さんらしき方々。
ナニゲに通販用ラーメンがあったり、かしわそぼろを売ってたりします。
かしわそぼろ、買えばよかったと後で後悔。



おっつぁん メニュー

メニューはカウンターの上に書いてあるのみ。
スープはしょうゆ(鶏)と豚骨の2種類あり、替え玉もありますね。
そこにチャーハンや餃子、若鶏の唐揚げ、セットなどが加わります。
デフォにしようかと思ってましたが、”スペシャル”なるものが目に入ってきてしまい、熟慮の末、連れにデフォを食べてもらって、自分はスペシャルにする事に(苦笑)
注文したら、2分くらいで着ました、早っ!



おっつぁん スペシャル
おっつぁんスペシャルラーメン  850円

やってきました、おっつぁんスペシャル!
鶏ガラスープと豚骨スープのブレンドであります。
かなり茶濁したスープに、白髪ネギと青ネギが映えます。
スープはブレンドとはいえかなり豚骨が濃厚で、カエシもかなりキツめ。
ただ塩分自体をそこまで感じないので、普通に飲めます。
とはいえ、なんというか、、、とりあえず混ぜてみました&ウリにしてみました的な感触は否めず。

麺は細くてかなりコシの強いモノ。
強いスープとの相性は悪くないですが、一番相性がいいのはネギかな。
大き目のメンマは味付けが素晴らしく絶妙♪
でも、スープが濃いからもったいない感じ。
チャーシューは文字通り豚のモノと、笠岡ラーメンの特長であるかしわ(鶏)のモノが2種類で、かなりたくさん入ってます。
豚チャーは、丁寧に作られた感じが伝わってくる感じで豚らしさ満点♪
かしわチャーは、醤油ダレがかなり濃厚に染み込んでいて、かなり濃い目の味付け。
食感が独特で、なんというか、ビーフジャーキーをもの凄~く柔らかくした感じかな?
ご飯と食べたい感じですw
ツマミでも最高だと思う♪
やっぱり買っておけばよかった、、、

ただ、総じて悪くはないし普通に美味しいけど、デフォのラーメン食べたら失敗だったと確信しました(涙)



おっつぁん 醤油
しょうゆラーメン  600円

そのデフォのラーメン。

ウマイ!

半透明なスープは鶏の旨味が必要にして充分なだけ入っていて、カエシや麺、具との相性も抜群!
魚介や野菜?(果物?)も感じますが、その”そこはかとない感じ”がうまくラーメンとして機能している感じ。
素晴らしくバランスの取れたラーメンですっ!
食った瞬間、テンション上がりましたよ!
ラーメンの総和が極めて高く、しかもそれがわかり易いのがイイ。
スープと麺とのバランスが取れてるのに、スープ自体も飲み干せるラーメンって、意外に少ない気がします。
つけ麺とかでは、スープ割ったりするけど。
でも、それがここにある!
素晴らしい、、、

麺はさっきと同じなんでしょうけど、コチラの方がよりスープに馴染んでるのは明らかだし、全然こっちの方が麺自体美味く感じる♪
味の濃いかしわチャーシューもこっちのスープに浸かるといい感じで味が薄れ、しかもその味がスープに移って相乗効果として表れてる。
メンマもこのラーメンに合わせて作ってあるんだろうし、青ネギも素晴らしい。
連れのラーメンなのに、スープ完飲しました☆
残すとかありえない、、、




いやぁ、正直そんなに期待してなかったけど、このラーメンはまた来たい!と思わせるに充分ですね。
新日の中西が気に入るのもわかりますw




そして帰りは、もちろんカブトガニ博物館です♪
関東近県の普通の方はあまりご存じないかもしれませんが、広島に住んでいた自分にとって、

笠岡 = カブトガニ

という方程式は常識。
たぶん、自分以外も。
これは行ってみなければなりません。



カブトくん?キティちゃん公園
説明恐竜


まぁ、、、、

予想はしてましたが、行った時間が遅すぎたので、中は見れませんでした、、、

でも、博物館の形そのものがカブトガニだったので、それを見に向かい側の島へ行ってみました。

ちょうどいい感じで、向こう岸に向かって橋が架かってるのも見えたし。



橋から

銀色の丸い物体が、カブトガニ博物館

ちょうど海から笠岡市内へ続く細長い入り江の上に橋が掛かっていて良かった♪


向こう岸博物館繁殖地カニ



カニとか捕まえたりして♪

この海峡(?)の海は干潮時に干潟となり、カブトガニの繁殖地として残されているそう。

で。

結局橋を渡って来た”島”だと思っていたところは、神島(こうしま)という名前だけど島ではなかった。

埋め立てられたらしいです。

昔は島だったのね。

この橋もかつては、神島と本土を結ぶ大切な橋だったようです。

でも干潟があるのに埋め立ててしまい、大切な自然は中途半端に残されて、埋め立てた農業用地は全然使われていないに等しいみたいな、行政の無駄遣いの典型みたいな感じに、、、

カブトガニも放流してるだけみたいで、、、



で。

そんな事はいいんです。(よくないけど)

その、たまたま渡った神島大橋のたもとには、いか~にも怪しい屋台みたいなラーメン屋があって、ど~~にもこ~にも惹かれちゃったんですよね☆



屋台


やたら「気になる~、気になる~」って言ってたら、連れはラヲタの自分に「なかなか来れんのんじゃし、せっかくじゃけー行ってきんさい」と言ってくれました、、、(涙)

これは、行かなければいけませんっっっ!

そしたら、なんと!!!!!!!

(続く)







■住所
岡山県笠岡市十一番町11-81 笠岡総合卸売市場内

■営業時間
11:00~22:00

■定休日
水曜日






ラーメンブログというより、旅日記だな、、、

紅雪さんと一緒だ、、、(苦笑)

2009.8.20
Comment : 3
TrackBack : 0
Category : 岡山 |

尾道ラーメン 喰海 



 プッツリ・・・



終わってしまおうかとも一瞬思いましたが、偉大なる先人にして、(勝手に)ライバル視していた味道楽さんのように終わってしまうのは味気ないかなと思い、ちょっとだけ出来た仕事の合間に更新してみます。

最初は他のブログでネタの一環として「普通にラーメンを食べた記録、、、」みたいな感じで始まったラーメン日記ですが、いつの間にか「越谷の全ラーメン店&中華屋をガチンコで制覇する!」日記になり、その時に自分の中で指標になっていたのが味道楽さんでした。
最初はあまりの記事の多さから「絶対追いつけねー!」と思いながら食べ歩いてましたが、ダラダラ続けているうちに「イケるかも?!」になり、「この店は味道楽さんも行ってなかったはず!」とか自分で新しい発見をしながら夢中になってしまい、「もう追いついたかなー?」くらいの時に味道楽さんのサイトに行くと、見られなくなっていました、、、(呆然)

特に味道楽さんの日記には、ラーメン屋だけでなく”普通の街の中華屋さん”にもこまめに行っているところに衝撃を受けました!
だって、普通は街の中華屋なんてネタにしないと思うし、実際ネットやブログ等で見る機会なんてほとんどなかったし、しかも”越谷”っていうローカルエリア限定だったし(笑)

そんな越谷ラーメン&中華屋日記も、いつの間にか都内をはじめ県外にも出て行くようになり、内容もラーメンだけでなくパスタやカレー、蕎麦やハンバーガー、B級グルメなどにも手を広げ、今やなんだかよくわからないごった煮日記みたいになってしまいましたが、それでもいろんな方に見て頂いてコメントやモチベーションをもらい、ここまで続けてくることが出来ました。

これまで見て頂いた方々には感謝の言葉しかありませんが、自分の中でのこのブログに対する気持ちや、仕事と私生活に関してもなぜかここ一ヶ月で一区切りついた事もあり、これを機会に一度このブログを締めようかと思った次第です。























というのは ウソです。


すみません、ウソをつきました(苦笑)

ブログ、やめません!

ちょっと仕事のストレスをここで発散してみました!(申し訳ありません!)

どうしても、ここでボケたかったんです、、、




とはいえ、仕事はまだ全然落ち着いてないし、むしろ全然これからが勝負なんですが、仕事の合間に書いていく感じには変わりないです。



今週末とりあえず少し時間が出来たので、ちょっとずつでもネタを消化していきたいと思います。

60店以上溜まってるんですけど、、、




さて。

こんな昔の記事を書くのは初めて。

ですが、行きます!

まだ夏です!w






この日は幼馴染と尾道へ。
この旧友とは、広島へ帰る度に尾道や近隣に一緒に出かける仲。
自分のラーメン好き&ヘンなもの好き&まずいモノ好きも、よくわかってくれてます♪
そんな旧友と向かった尾道で、今回入ったお店はもちろんラーメン!
朱華園一番館は行った事があるし、行きたかったつたふじは定休日だったので(涙)、行った事無い店で且つオススメのお店へ。

その店の名は、尾道ラーメン 喰海



尾道ラーメン 喰海 外観

一番館がある尾道のメイン通り沿いです。
名前は知ってましたが、一般的なラヲタの評価はあまり高くないようなので、「是非!」という事でw
看板や金の文字が少し中華屋さん風。



尾道ラーメン 喰海 店内

店内はいたって普通。
カウンター越しに厨房がありテーブル席もありますが、海に面したカウンターがウリです♪
キャパは、カウンター6?、海沿いカウンター6、テーブル4人席4。
店主と奥さん、そして中学生?っぽいお手伝いの子が二人!
娘さんかな?
この年で店を手伝うなんて、素晴らしい!!!!
昨今、ゆとり教育の弊害の権化みたいな子供が多いですから、是非ともああはなってもらいたくないです。
この年から仕事をしてれば、さぞかし立派な大人になる事でしょう。

しかし、、、
あまり慣れてないのか、まともに喋れないし、どんぶりの持ち方で奥さんに怒られてるし、少し可哀想でした、、、
まぁ誰でも最初はこういうもんです。
早く仕事に慣れて、頑張って頂きたい!

ちょうど正午くらいの入店で、先客8後客15。
お昼時とあって、後からガンガン人が入ってきました!
家族連れが多いです。



尾道ラーメン 喰海 海!

海沿いカウンターからは、尾道水道がよく見えて絶景。
向島の造船所もよく見えます♪
BGMはありませんが、そこそこ客がいるので静かではありません。



尾道ラーメン 喰海 ガメラ

店の入り口にはガメラがw
この店のマスコットですね。
地方の家族経営の店に行くと、こういう感じのペットとか、理解できないコダワリとかがある店がよくありますよね☆



尾道ラーメン 喰海 メニュー

メニューは一般的なラーメン屋と同じ。
ラーメンのバリエーションと、餃子、チャーハン、セット物など。
いたって普通ですが、、、



尾道ラーメン 喰海 こだわり

素材にはコダワリがあるようで、小麦やネギに力を入れている模様。
ネギは店主のお父さんが取ってるんですねぇ。
そのネギラーメンを注文。



尾道ラーメン 喰海 ラーメン
ネギラーメン  620円

白ネギに慣れてしまってるので一瞬ひるみましたが、こちらでは青ネギがよく使われます。
しかし、こんなふうにザルにネギが入って来たのを見たのは初めて。
オモロイっす♪



尾道ラーメン 喰海 ラーメンアップ

スープにはかなり大きな背脂が浮かび、そこに具が乗ります。
小さい背脂でも天かすに見えるほど。
あっさりした醤油スープには尾道ラーメンらしく魚介が香りますが、あくまでもガラがメイン。
醤油の風味も立ってますが、それがウリになるほど醤油に何かを感じるってことはなかったです。
でもスープはうまくて、完飲しました。

自家製の麺はけっこう細く、かなりぬっとりとしたコシがあります。
これが普通に低加水の固めだったら麺が勝っちゃってるんでしょうけど、ヘンなコシのある麺が妙にスープに合う。
なんじゃ、こりゃ?
弾力も結構あるんだけどなぁ。
多加水な細麺にスープを染み込ませた感じかな。
チャーシューは普通にバラロールでかなり薄め、メンマは20年くらい昔に食べた懐かしい感じだけど味は薄めでグー、味玉は半熟ではありません。
ネギ単体はうまいけど、そんなに量はいらなかったです。



尾道ラーメン 喰海 職業体験

店を出ると目の前には、こんな幟が。
さっきの子たちは、職業体験で着てたのね。
後で他の店で働く子たちも見ましたが、明らかにここの子たちは一番大変そうでした(苦笑)
でも、そういう経験が後々活きてくるはずだから、大人になったらここで働いた事を感謝してるんだろうな。
学校ではグチ言ってそうだけど。

ていうか、それで奥さんは超が付くくらい一生懸命で余裕がなかったのか。
よその子を預かるって、大変ですもんね。







■住所
広島県尾道市土堂町1-12-11

■営業時間
10:00~22:00(L.O.21:30)

■定休日
水曜日







2009.8.20
Comment : 6
TrackBack : 0
Category : 広島 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /