This Archive : 2009年03月

やよい食堂


松伏に買い物に行ったついでに、江戸川を渡ったらすぐのところにあるプチラーメン激戦区に行ってみようと思い立ち、ぼーよし一風亭あじ平、以前行った大黒屋本舗 野田店の辺りをうろつくも、午後4時半と時間が中途半端なこともあって大黒屋以外はやってない、、、
でも大黒屋は行ったことあるしなぁ、、、なんて思いながらクルマを走らせていると、危険な記憶が蘇ってしまった!
かな~り前からきになっていた、あの店、、、

その店の名は、、、やよい食堂

そう、知る人ぞ知る、爆盛の聖地・やよい食堂でありますっ!

ネットで検索していただければ、それがいかに危険なことかはよくお分かりいただけると思います。
この店の大盛メニューは、全国的にも有名なくらいバカみたいな大盛でありまして、しかもそれはチャレンジメニューでもなんでもなく、ただストイックにお腹イッパイたべてもらいたいという店側のご配慮によって、低価格で死ぬほど食えるお店なのです!
ラーメン食いに来たのに、こんなところを思い出してしまったが運の尽き、、、
でも、昔から気になっていたので、もうなんだかテンションが上がってしまい、行くしかないと思い込んでしまったのです!

そう、ボク、馬鹿なんです、、、



やよい食堂 外観

場所は、江戸川にかかる野田橋を渡って信号3つ目の野田市中野台交差点を左折し、最初の交差点を右折、そこから200mちょっと行くと右手に見えます。
もっと判りにくいかと思ってましたが、そんなでもなかったですね。



やよい食堂 サンプル

店の前には、昭和の香りがプンプンする食品サンプル♪

ガラスが曇ってる上にラップが巻かれているのでよく見えません(笑)



やよい食堂 入り口

入り口の雰囲気は、昔ながらの街の食堂。

ていうか、中の雰囲気も昔の食堂そのものなんですけど、、、



やよい食堂 店内1

、、、でもこの店が単なる街の食堂でないのは、人の出入りがかなり多いという事!
こういう店は古いだけで、地元のごく限られた人しか来なくて繁盛店とはちょっと遠いというパターンがほとんどですが、ここはコンスタントに入店のある繁盛店であるところがスゴイ。
この日は夜の部開店少し後に行きましたが、その時点で先客9後客7。
行列こそしませんが、地元のおじさんを中心に全テーブル埋まってます!
なので、自分も知らないおじさんと相席です。



やよい食堂 sainn

キャパは、テーブル4人席6のみ。
全てのテーブルとイスが古くて、テーブル上には雑誌やメニューが無造作に転がっていたりします。
客層はほとんどがおっさんのソロ客ですが、孫を連れた常連さんや若いカップル(!)、そして家族連れなんかもいて幅広いのにビックリ!

そして有名店の証である、有名人のサインが軽く50枚ちかく張ってあります。
まいうー石塚さんや内山くん、夕方ニュースのキャスター、大食い選手権優勝者(ギャル曽根は見つからなかったけど)、彦麻呂など♪



やよい食堂 入り口方面

しかしまぁ、全てがバラバラなイスとテーブルの組み合わせや壁の汚れ具合、いつ書いたのかもわからない黒い札に書かれたメニューなど、結構なディープさであります♪

ていうかアレですよ、店内の光景は異常!
だって普通のおっさんとか、まるでなんでもないように「カレー、大盛」とか、「から揚げ、大盛で」とか頼んでるんだもん!
それを普通にきいて厨房に伝える店主のおっちゃん!
そして、普通にバカみたいに盛られたカレーやなんかを普通に持って行き、それを普通に食い始めるおっさん達、、、

テレビが映ってる写真の黒いおっさんなんか、よく見るとご飯がマンガ日本昔ばなし風に山盛りになっているのがわかるかな?
とにかく、バカ盛りが当たり前の光景になっているのです!
カレーの大盛なんか、お盆の上にご飯とカレーが乗ってるようにしか見えなくて、更にその下にこぼれてもいいようにまたお盆が敷いてあるというヘンな絵図、、、

なんなんだ、ここは、、、、

(詳しくは他のサイトをご覧ください)



やよい食堂 厨房方面

厨房では家族と思われる人たちが常に忙しく動いていて、接客は店主?と思われる中年のおっちゃん。
オリジナルTシャツがよく似合っていますね☆
この厨房の奥には座敷もあるっぽいです。
活気があるので、期待はどんどん膨らみます!



やよい食堂 メニュー

メニューは、こんな感じでファイリング。
中には、大盛のおかげで載った雑誌の切り抜きなんかもあります。
無造作にボールペンで消された 第二土曜日お休み も、この店のキャラクターでしょう♪



やよい食堂 メニュー2

メニューは麺類からどんぶりもの、定食ものまで、いたって普通。
しかも安めときている、、、
これは繁盛しないわきゃないよなぁ、、、

さて、何を注文しようか、、、

ラーメンとかなーーーーり悩んだ挙句、この店をテレビでやっているのを見て衝撃を受けたかつ丼の大盛を注文!!!
ああ、大丈夫だろうか、、、、



やよい食堂 カツどん
かつ丼 大   630円

しばらくしてやってきたカツ丼!!!!

普通に玉ねぎがこぼれてますが、全くおかまいありません!

蓋はまるでカツ丼の中身を押さえつけるようしてありますが、中身は横からハミ出してますっ!

わかってはいましたが、既にこれを見た時点で腹八分目であります、、、(涙)



やよい食堂 カツ丼横

横から見ると、、、どんぶりに収まってる部分より、その上の部分のご飯とカツの方が量が多いんじゃないだろうか???

アメリカンなハンバーガーのように見えなくもない、、、(苦笑)

まぁ普通に3合くらいはあるよな、、、もっとかな?



やよい食堂 カツ丼蓋取り

いつまでも見ててもしょうがないので、食べますか、、、

そのままだと食べづらい事この上ないので、蓋を取り皿にして食べ始めます、、、ウゥ

食っても食っても減らねーよーーー



やよい食堂 縦食い

手前側を縦に掘ってみましたw
カツが小さいわけではありませんが、やはり8割~9割がご飯であります。
ていうか、こういう食べ方をするとご飯の重みでバランスが崩れ、一回倒れましたわ(苦笑)
でも、押し付けてあるので、こぼれませんでした。。。
この時点で既にお腹イッパイだーーーー!

でも、メニューの片隅には「男は残すべからず!」みたいな事が書いてあったので、黙ってガマンして食べ進めます、、、(涙)

あああ、こんなにも時間の流れが遅く感じるのも久しぶり、、、、

連食した後に二郎へ行った時よりキツイかも、、、



やよい食堂 食った!

そしてどんぶりと格闘すること30分、、、

やっとこさ全部食いました、、、

もちろん、味噌汁も飲みました。

やたらと入ってたワカメが最後死にそうでした、、、

沢庵も異常に塩っぱくて、ちょっとキマした、いろんな意味で。

でも、食いましたよ!!!





ていうか、ラーメン食いに来たのに、なんで一人罰ゲームやってんだろ、、、、

これで630円って、どんだけやねんっ!







■住所
千葉県野田市中野台351

■営業時間
10:30~15:00 17:00~19:00

■定休日
金曜日







2009.3.25
スポンサーサイト
Comment : 4
TrackBack : 0
Category : 千葉 |

つけ麺 めいげんそ


どんぶりっ子さんのブログで新越谷に新しい店が出来たと聞き、早速行ってみました。

その店の名は、つけ麺 めいげんそ

グーグルで地図だけ見てみると、「アッチの方に店なんかあったけ?」と思ってしまい、気になったのもあります。
以前行った中華 華萬の正面の辺りでしょ?
基本的にあの辺は通らないし、店があったかどうかも記憶に無い、、、



めいげんそ 通り

駅を降りて中華 華萬の前辺りに着てみるも、それらしい店なんかないぞ~と思いつつ、高架橋をくぐってOPAなんかがある方へ出てみる、、、
すると、吉野家の隣にあるじゃないですか!
なんだ、こっち側か。
まぁどちらにせよ、この辺はあんまり来ないしなぁ。
昔、夜の12時頃にどうしてもラーメンが食べたくて、麺匠 大悟を探してたら、まぁ~~~フィリピン&韓国系の客引きねーちゃんがやったら五月蝿くて、シカトしてたら腕掴んでくるし、離せっていうと逆ギレされるし、この辺りはあまりいい感じがしませんが(まぁそんな時間に男一人で歩いてたら声掛けられるわな。苦笑)、それはそれ。
昼間は関係ありませんからね。



めいげんそ 外観

場所は、東武伊勢崎線新越谷駅東口を降りてJR南越谷駅前をスルーし、JRの線路沿いに100m弱歩いていくと左手にあります。
吉野家の隣、、、だったよな?



めいげんそ 店内

店内は新店らしくピッカピカ!
インテリアは黒と木目でシックにキメてます。
カウンターの幅が広くなければ、バーに見えるかも知れません。
キャパは、変則U字カウンター25席くらい。
午後4時前の入店で、先客0後客2。



めいげんそ 厨房

厨房はオープンキッチンのように見やすく(遠いけど)、かなりスペースに余裕があります。
中には従業員が二人と、後からひとり中に入っていきました。
ナポレオンズの背の高い方の人に似てる人が主に接客。
当たりの柔らかい感じでいいですね♪



めいげんそ カウンター

カウンターには炭入りお冷と箸、ギャバンの胡椒にキッコーマン?の醤油点しに入った酢、一味?など。
カウンターに幅があるのは、ラーメンを食べる事をしっかり考えてくれてて嬉しいですね。
時々、ありえないくらい幅の無いカウンターとかありますもん、都内とか。
しょうがないんでしょうけど。



めいげんそ メニュー

メニューはつけ麺がメイン。
店の前や名前にも「塩つけ麺」を謳っているし、他のブログさんでもそれがウリと書いてありましたが、自分が行ったときは濃厚つけ麺が一番上にきてました。
貼り直してあるから、ウリの順番を入れ替えたのでしょうか?



めいげんそ 券売機

券売機の上には、今どきのラジオ。
流れているのは、NACK5♪
先ほど決まったWBC優勝のニュース一色であります♪
デフォの塩つけ麺を食べるつもりで行きましたが、順番が入れ替わっているのが気になって、結局濃厚つけ麺の食券を購入。
ついでに、気まぐれ飯と、トッピングのとろけるチーズをまねっ子w
食券を渡すと、「チーズはつけ麺に盛り付けてよろしいですか?」と聞かれたので、何も考えずにハイと応えました。
ご飯にかけてもらうつもりだったけど、まぁいいや。



めいげんそ つけ麺
濃厚つけ麺  780円
とろけるチーズ 50円


おおー、なんだか骨のありそうな麺が出てきました!
胚芽を練りこんであるという極太い麺は、並盛で240g。
特盛の480gまでは同料金です。
麺にレンゲが差し込んであります。

その麺、洗練精製された小麦の香りではなく、玄そば粗挽きのような荒々しい感じの香りがします♪
もっちりというか、ぬっとりというか、後引く感じではないけど重量感のある食感ですが、思ったよりバキボキなコシの強さみたいなのがないのでかえって食べやすい。
でもなんというか、これも見た目に反して旨みみたいなのはそんなに感じなかったので、そこは麺だけでウマイという感じでもなく、荒々しい感じの香りが強い野趣あふれる麺とでも言いましょうか。
それでも強いつけダレには負けていませんでしたけど。

”特濃”と銘打つつけダレは、飲んだ瞬間「塩っぱ!」
ある程度粘度があって動物系がベースのようですが、塩分濃度があまりに高いので、動物系も魚介系も辛味もおおよそ飛んでしまってるように思いました。
正直、旨みがどうとか全くわからん、、、(くらいの)
最初はどんぶりも含めてアツアツなので、そこに立てかけられたチーズは微妙にトロけ、タレに浸かった部分はデロ~~ンとなってます。
が、チーズの味もあまりわからなくなるほどつけダレが塩っぱかったので、感想もイマイチ、、、
今どきな感じの濃厚豚骨魚介系なんだろうけど、旨みが感じられないと濃厚塩分高め系としか思えないっす、、、
塩つけ麺でリベンジだ!



めいげんそ 具

中に入った具は、柔らかいバラチャーシュー2枚、色薄めの普通なメンマ、小さなナルト、刻みネギ。
なんというか、なんとも言えないくらい普通です。
いいわるいじゃなくて。
濃い~つけダレを緩和してくれないかな~と期待しましたが無理でした。



めいげんそ 割りスープ

「割りスープはお気軽にお申し付けください」と書いてあるので、お気軽に割りスープをお願い♪
割りスープ用のスープがあるようです。
ていうか、三つ葉なんかを入れてくれてて、なんか得した気分♪
ですが、、、濃い塩分はあまり変わらず、、、
若干は薄くなりましたが、やっぱり全部飲むには濃い。
でも全部飲みましたけど。



めいげんそ ご飯
気まぐれ飯(チャーシュー焼きめし)  150円

これが美味かった~~~
というか、つけ麺が濃いのでこのご飯の柔らかい薄味が天使に見えました(苦笑)
焼きめしとありますが、チャーシューの入った炊き込みご飯だと思います。
でこの味付けが、つけ麺からは想像出来ないくらい優しい、、、
かなり口休めとして重宝したと同時に、単体でも旨かったです。





特濃つけ麺の”特濃”は塩分のことなんだろうかと思ってしまうくらい、塩分の高いイメージしか残ってません、、、
つけ麺とご飯の方向性のギャップにかなり驚かされました。
塩つけ麺もほんわかしてるとの事ですが、同じ人が作ってるのだろうか???
ていうか、誰が作っても同じじゃないとだから、こういうものなのかなぁ。。。







■住所
埼玉県越谷市南越谷1-23-1

■営業時間
11:30~22:30

■定休日
無休予定(3/29休)







2009.3.24
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

拉麺 人生


この日は自分にとってのJリーグ開幕戦!

久々に休みが取れたので、鹿島のお国まで行ってまいりました!
試合はロスタイムのゴールで残念な結果になってしまいましたが、気を取り直してラーメンリベンジ!

そう!

向かったのは、以前台風の中を無理やり向かったのにフラれてしまった拉麺 人生

川沿いのちょっと辺鄙なところにある、水海道の人気店です。
この日も開店の青信号が点いているかドキドキしながら向かいました、、、



拉麺 人生

場所は、水海道の鬼怒川に架かる豊水橋のふもと。
店自体は昼間なら橋から見えますし、信号も知っていればわかりやすいですが、知らなければ迷います。
ていうか、迷いました(苦笑)
周りは真っ暗だし。
でもこの日は青信号が、幸福の黄色いハンカチに見えました♪

そうこの店は、営業している時は遠くからでもわかるように信号が点いているのです!



拉麺 人生 入り口

入り口は、相変わらず暗い・・・
お地蔵さんもそのまんまですね。
ちょっと不気味ですが。



拉麺 人生 店内

写真、ブレまくりやんけ!
店内は薄暗く、昔流行った屋台村のような雰囲気で、実際半分居酒屋と化していますが、飲めて美味いラーメンが食える店として、地元では超有名店なのです。
実際この日も日曜の午後9時過ぎの入店でしたが、広い店内には人がたくさんで先客11後客12。
団体客も多いし、常連らしいソロ客もいました。
キャパはカウンター8席、テーブル4人席4、テーブル6人席1くらい。

広い厨房には、少しひねくれてそうな頑固店主とその家族?が総勢4人。
ラーメンは店主で、それ以外の接客やつまみの調理は奥さんや息子さんたちがやっているようです。
BGMは、昭和歌謡でした♪



拉麺 人生 メニュー

メニューは結構豊富ですが、意外にラーメンは少ない。
ラーメン、人生ラーメン、人生ラーメンPARTⅡのみ。
で、ここの特長は、人生ラーメンが素ラーメンである事!
普通、店の冠が付いたラーメンは、具沢山でその店のウりなわけですが、ここの場合はその逆。
つまり、スープと麺に少しだけネギの乗った素ラーメンこそが店の冠!
店の冠に余計なものはいらないと言うわけです。
そのこだわりには、伊藤@王子にも通じるものを感じます!
ちなみに、PARTⅡは味噌味らしいです。

注文すると、頑固店主からまるでケンカでも売るように「何ぃ~?」と聞き返されます(苦笑)
もう一回丁寧に言うとちゃんと作ってくれましたが、その店主のちょっと無礼な感じを常連のお客さんがフォローしてくれるようなお店です(笑)



拉麺 人生 ラーメン
人生ラーメン  400円

ます、400円である事に驚き。
確かに具が無い分安いのかもしれませんが、食べてみればそれが異常に安い事に驚きます!

まずスープがバカウマイ!!!
ガラや香味野菜、醤油などの旨みと甘みがこんなにもしっかりと過不足無く表現されてるラーメンって、かなり稀有だと思う!
塩分も控えめだし、飲みの〆にも最高な感じです。
なんというか、バランスがいいのはもちろんなんだけど、店主のキツいキャラからは想像も出来ないくらいにじんわりと優しさが染み渡る感じ。
まるで、「人生、表面的なことに囚われてると物の本質なんてわかりゃしないよ」と言われているようです。
油分もあったり、2種類のネギとのコンビネーションが、、、とかいろいろありますが、そんな事を解説してる自分が恥ずかしくなってきます、、、
(と言いながら解説しますが)

綺麗に折りたたまれた細縮れ麺は、しなやかな喉越しでするする入ってきます!
スープとの相性は抜群なので、これだけで完成型なのは充分頷けます。
チャーシューやメンマの入ったラーメンも食べましたが、これはこれで良かったのですが、やはりシンプルで透明感のある人生ラーメンの完成度の高さには及ばない感じ。
(充分ウマイんだけど)
ていうか、うまいラーメンって素ラーメンで充分だし、それ以外はあくまでオマケ。
余計な飾りは必要ない、、、といった印象を改めて持ちました。



拉麺 人生 どんぶり

それを見透かしたかのように、スープを全部飲みきると、

偉くなるだけが人生じゃないよ

との文字、、、

ヤラれましたわ。



拉麺 人生 手羽餃子
手羽餃子(二本)  400円

ついでに、評判の高い手羽餃子も注文。
で、これがまたバカウマ!
正直、今まで食べた手羽餃子の中では間違いなく一番ウマイ。
しっかりと鶏の旨みと油分が調和していて鶏そのものがウマイだけでなく、中に詰まった餡も火の通り加減がしっかりドンピシャに旨みが最高潮のところでキマっていて、途中で食べるのを止められません。
いや、マジで。
レモンとか正直いりませんでしたわ。
そのままでも、充分に最高です。



手羽餃子の写真に写っているギャバンのコショー。
ここにもこの店の特長が(笑)
張ってある紙には、

ちょっと、まった!!
これは味を良くする魔法の粉ではありません。
どちらかというと、味をわからなくする魔法の粉といえるでしょう


とあります。

もう一癖も二癖もある店主の虜になりそうです、、、







■住所
茨城県常総市豊岡町乙1485-1

■営業時間
18:00~1:00

■定休日
月曜(不定休もあるので要確認)







2009.3.22
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 茨城 |

来頼亭 


陽気の後は、これまた広島ラーメンの老舗・来頼亭へ。

この店は1948(昭和23)年創業という老舗中の老舗!
全国的にも結構な古株のラーメン店ではないでしょうか。
その開店当時の味を今に受け継ぐ中華そばは、豚骨を中心に約5種類の材料からとったスープと、チャーシューを煮込んだ時の醤油ダレを加えたもので、小鳥系とは違った広島ラーメンの源流が味わえるとの事!
有名なので名前は知ってましたが行った事は無かったので、ここも絶対に行きたいと思っていたお店です。



来頼亭 外観

場所は、広島駅から広電比治山下経由広島港行きで約20分、県病院前電停下車すると見えます。
ていうか、すぐ目の前なので、この店のための電停なんじゃないかと思えるくらい。
写真でもよくわかりますね。
裏にはジャスコがあり、人通りの多いところです。



来頼亭 入り口」

かなり年季の入った看板と建物!

否が応にも期待がタカマリマス!



来頼亭 店内

店内もかなり気合が入ってますが、これでも一度改装しているとか。
入ってすぐ右に券売機。
その後ろには厨房があり、中は真っ暗で怪しいことこの上ない♪
壁にはなぜかセレッソ大阪のカレンダーがあり「なぜ広島なのに?」と一瞬思いましたが、座敷の上にモリシのサインがあったのですぐ納得♪
広島出身の森島はこの店に来たことがあるようです。
そういえばこの店の先代は大のカープファンだったみたいなのですが、カープ関係の掲示物はなし。
あるのは、セレッソカレンダーとJTサンダーズのポスター。
やはり広島の店ですね☆
ここならJTも近いし。

キャパはテーブル4人席4、座敷2人席4。
奥の座敷は申し訳程度な感じですが、後から来た常連のおっさんはここが定位置のようで、店のおばあちゃんと話してました。
何も言わなくてもラーメンが出てきてたしw

で、不思議なのは、店にいる従業員が女の人ばかり!
後から出てきたおばあちゃんのみならず、接客のお姉さまも、厨房からたまに顔を出していたお姉さんも、若そうな女の人もみんな女の人!
おばあちゃんの娘さんたちでしょうか?
それとも三代に渡って店を守っているんでしょうか?
共通しているのは、みなさん美人でなおかつ愛想があまりない(苦笑)
でも、壊れた椅子を直したり、ガサツに新聞を読む姿が妙に色っぽかったりして(苦笑)
一番若いお姉さんはかわいいし、美人の家系なんですねぇ。
惚れそうになりましたw
午後5時過ぎの入店で、先客2後客6。
ほとんどが地元のおじさん&おばさんですが、若い人もいました。



来頼亭 ラーメン
中華そば小  550円

超~濃厚!
無化調でギットリ系の豚骨スープはコラーゲンの塊みたいな感じで、口の周りがベッタリするほど。
まろやかで粘度の高いスープは脂分も多く、敬遠する人がいるのも頷けますが、揺ぎ無いモノがバシバシ伝わってきます!
かなりのコクがありますが、旨みそのものはちょっと薄い。
加えて薄味なので、少し物足りないと言われるのも納得ですが、卓上には独自の醤油ダレ(最初ただの醤油かと思った)があるので、自分で味の調節が出来るのもこの店のスタイル。
デフォで胡椒が入っていますが、そんなに多いわけでもないんで自分は適量だと思いました。
ウマイです。

麺は結構な細めのストレート。
卵麺でしょうか?
これがまたウワサに違わぬ柔らかめ!
ニュルニュルになった素麺みたいな食感であります。
が、これがまた妙に合うと思ってしまうのは、先入観?
でも、中華屋のあんかけ類ラーメンに柔らか麺が合うのと同様、この店の超濃厚なラーメンにもあっていると思います。

具の錦糸玉子がかなり独特でこのラーメンのもう一つの特長。
戦後まだ玉子が貴重で高級食材だった頃、「ラーメンの中に少しでも贅沢を」ということで入れられたそう。
以前コメントを頂いていた金時さんが言っていた「東京では「五目そば」という中華メニューに伊達巻きはデフォルトです。じょうじ先生は笑われましょうが、古きよき時代の「ちょっと贅沢しちゃおうか」で親しまれていた五目そばに、伊達巻きはなくてはならない要素だったのです。」に通じるものがありますね。
ラーメンは日本各地で庶民の味方だったわけです。
チャーシューは、厚くて少ないより薄くてもたくさんある方が豪華に見えるとの配慮からかなり薄めのもの、細もやしは広島ラーメンのお約束、青ネギは錦糸玉子と相まって彩りがかなり豊かになります。
3杯目で後半は少し苦労しましたが、それでも完食であります!



その佇まい、味、客層から、広島の歴史を感じられるラーメン。
そして妙に違和感のない美人家族、、、
ある意味かなりディープですが、だからこその説得力を持ち合わせているのも事実。
一度は行ってみる価値があるお店です。





CA396498 面館

広島ラーメンツアーの最後に寄った面館
やってなくて涙目、、、

その後、リベンジのつもりで寄ったさくららーめん(ササキ理髪店)は、やっていたけど探すのに時間が掛かってしまい、その間に胃の調子がサイアクになってしまったので、店の場所だけ確かめて断念、、、
ここは自分の中で、豊崎自転車商会 ラーメン事業部池谷精肉店(未訪)と並ぶ、日本三大ヘンなラーメン店のうちの一つだったので、是非とも寄りたかった!
帰ってきたら、ナニコレ珍百景でもやってたし。

でも、胃の調子がサイアクだったのと、クルマの運転に疲れた上に駐車出来そうな場所が全然見当たらなかったので、もういいかと思って断念してしまいました、、、(後悔)
次実家帰ったら、必ず行くぞーー!

ということで、広島編終わりです。







■住所
広島県広島市南区西翠町3-3

■営業時間
11:00~15:30 17:00~20:00
11:00~19:00(日祝)

■定休日
月曜日







2009.2.17
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 広島 |

陽気


すずめの後は、開店までちょっと時間がありましたが、広島ラーメン・小鳥系のもうひとつの双璧、陽気へ向かいました。

江波の辺りはほとんど行った事がないので、迷うかもしれませんし、、、



陽気 原田製麺

で、案の定迷う(苦笑)
江波というのは、太田川とその支流の河口に放射線状に発達したデルタ地帯の上に開けた広島市の中心部からは少し離れた海に近いところにあり、広島西空港のすぐ近く。
昔はサンフレッチェ広島のホームスタジアムだった広島スタジアムもこの近くで、いささか交通の便の悪いところにあります。
(ビッグアーチもだがw)

近くまで来たところでEZ助手席ナビ子さんがまたまた勝手に案内を終了するので(苦笑)狭い道を迷いに迷っていると、すずめ&陽気を中心に新華園あ味(未訪)に麺を降ろしている原田製麺を発見!
工場なのか事務所なのかわかりませんでしたが、綺麗な建物ですね。



陽気 開店前

そこから迷いつつ大きな通りに出たら、江波山公園のふもとに陽気を発見!
ほんとに江波山公園の入り口交差点沿いにあります。
が、16時30分の開店には30分早く着いてしまったので、ついでに江波山公園を登って散歩してみました。



陽気 江波山

広島の街が一望出来るロケーション。

桜の木がたくさんあったので、春には人が凄いのでしょう。



CA396485.jpg

でも、この時はまだ2月中旬。

夕方の公園に人影はまばらで、たまーにおじさんが犬を散歩させているくらい、、、



CA396489.jpg

そこから歩いて奥のほうに行くと、広島市江波山気象館(広島地方気象台)があります。



陽気 気象台

建物の半分は全国でも珍しい気象に関する博物館になっていて、100円で中に入ることも出来ます。



CA396490.jpg

ちなみにここは被爆建物で、当時から現存する数少ない建築物でもあります。

余った時間でプチ観光も、旅の醍醐味!

と自分を納得させ、カロリーを消費したと信じつつ江波山公園を下ります、、、
公園入り口まで降りてくると、暖簾が出てるー!
でも、それと同時に先客のご夫婦が店に入っていきました。
ひさかに狙っていた「すずめ&陽気、同日シャッターポール」の目論見は、もろくも崩れ去りました、、、
(どーでもいいw)



陽気 入り口

大き目の通りと小さな一方通行の通りに挟まれた敷地の角にある店舗は、道を素直に進んでいればすぐにわかりそうなところにあります、、、
くそー、ナビ子め!遠周りさせやがってーー!

店内は、緩やかな感じのL字カウンター9席に、テーブル席4人席が2つ、、、だったかな?
BGMは、地元広島の情報を伝えるラジオ。
壁には、「陽気」と描かれた銅版プレートみたいなのがありました。

厨房の中では、店主ご夫妻が静かに作業しています。
ていうかご店主、服装が完全に普通のおっさんな格好であります♪
対して奥さんはしっかりと白い三角巾にエプロン。
対照的ですね。
午後4時半の入店で、先客2後客4。
注文はしてません(笑)
そのままカウンターに座ってました。
後客も特に注文をしてる感じはなかったです。
ラーメンしかないので、何も言わなくても人数分のラーメンが出てくるみたいなシステムです(笑)



陽気 らーm、えん
ラーメン  600円

ウマイ!

比べてしまうのはしょうがないんでしょうけど、すずめより塩分が少し高めのスープは、こちらがベストと言い切れる感じの出来で、ちょっとビックリ!
すずめで充分完成度が高いと思ってましたが、こちらに比べるとダシがメインな感じ。
でもこちらを食べた後で思うに、旨みを増幅するための塩分が足りなかったように思われ、、、
なので、こちらの方がコクも強くて、ウマイ!と思わず言ってしまうような力があります!
ていうか、明らかに違うとわかっていても、味噌ラーメンのスープみたいな妙なコクがあります!
なんじゃ、こりゃ!?
でも脂分は少なめで、臭みは多少控えめ。
広島ラーメンを食べなれない人でも、すずめより陽気の方が舌に合う人が多そうな気がします。

麺は先ほど前を通り掛った原田製麺製の中くらいな細さの麺。
これがまた、豚スープに良く合う!
麺とスープ、お互いがお互いを高めあうという旨いラーメンの見本みたいなラーメン!
ていうか、この麺自体の美味さはなんなんだ!
切り刃の番手で言えば20番くらいのストレート麺ですが、先ほどのすずめでもある程度は感じたけど、ここのラーメンだと倍くらい麺の味がわかって、しかもそれそのものがウマイ!
スープによってこんなにも麺の美味さが変わるものかと驚かせられました!

薄くてたくさんのチャーシューはパサついた感じもなく適度な脂が美味、伊藤食品の細もやしは独特の食感と香りが広島ラーメンを感じさせてくれ、青ネギの色味が完成度にトドメを刺します。





広島ラーメンの典型で、これといったインパクトのある麺とかスープとか具はないけど、完成度そのものが最大のインパクトと言うに相応しい、美味しいラーメン!
東京醤油を例に出すまでもなく、飽きずに食べられるラーメンはこういう大人しめの味が多いですよね。

自分の舌の当てにならなさ加減が改めてわかったと同時に、よりこちらの完成度の高さがビシビシ感じられました、、、
まぁ日によってブレはあるだろうし、好みもあるから、どちらがスゴイとかはないんだろうけど、この日は間違いなく陽気の方に軍配。
この日3杯目ながら、スープまで完食でありました!







■住所
広島県広島市中区江波南3-4-1

■営業時間
16:30~24:00

■定休日
毎月1・12・13・26日







2009.2.17
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 広島 |

すずめ


新華園の後は、これまたずーーっと行きたくてしょうがなかったお店へ!

その店の名は、すずめ

いわずと知れた広島ラーメンの源流とも言えるお店です。
「小鳥系」とも「しまい系」とも言われ、その成り立ちは大崎さんがAll Aboutで詳しく解説されているので割愛しますが、自分は広島に長年住んでいながら食べたことがなかった!
いや正確には食べたことは確実にあるんだけど(浪人の頃に行った!)、ほとんど記憶に残ってないといったところか。

自分にとって広島ラーメンとは、広島ランメンなんですが、これがまたタイミングの良い事に(皮肉!)、今年の1月7日をもって閉店したとの事!!!
オーナーの方がブログで感謝の言葉を述べられてますが、高校生の頃は250円で食べられる広島ランメンと、ますゐカツライスには大変お世話になりました!

そんなノスタルジーを引きずりつつ、向かったすずめの開店は、なんと15時。
かなり変則的な営業時間でありますが、系列店はこんな感じが多いです。



すずめ 外観

新華園のすぐ後に向かった&近いのですぐに着いてしまい、まだ暖簾も出ていませんでした、、、



すずめ 張り紙

店の前には、広島を代表するラーメン店だけあって英語での説明。



CA396476.jpg

なので、大通りの横で一休みであります。

が、あまりにも手持ち無沙汰だったので、雪がパラパラと舞う中を近くの系列店つばめに行ってみました。



すずめ つばめ

ここは営業中です。
が、ここはじっとガマンであります。
他にも行きたいところは山ほどあるのです!
広島に行く前に、行きたいラーメン屋を20軒ほどリストアップしました!
今回は行けなかったふじもとあ味さくららーめん海風堂しまい海と大地げんこつ屋八戎満得面館若貴紺屋などと共にリストアップしていたつばめですが、優先順位は低かったので今回はパスであります。

で、オープンの10分前から店の前で立ちんぼうであります。
図らずもシャッターポールであります(苦笑)
雪の舞う中店の前で待っていると、5分前くらいに店の中から店主(女性)の息子さんらしき方が出てきて、「寒いけぇ、入りんさい。」と珍しそうに声を掛けてくれました!!!(号泣)
並んで来る人は珍しいようです、、、



すずめ 店内

店に入ると、懐かしい豚のニオイがしてきます、、、
キャパはカウンター7席、テーブル5人席4、テーブル6人席1。
厨房にはさっきの方と、同じ年頃(40代くらい)の男の方、そしておばさま。
たぶんご家族だと思われます。
午後3時の入店で、先客0後客7。
自分が店に入るとすぐ後からぽつぽつと入店があり、皆さん慣れた感じで座っていきました。
店の奥にはテレビがありますが、反対側の入り口近くにはなんとモニターが!
どうやら路駐を監視しているらしく、そのモニターに写っていた自分に気付いて声を掛けてくれたようです♪
まぁ監視といっても、天狗@北越谷と同じで、様子を見てヤバそうだったら声を掛ける程度みたいでしたが。



すずめ 整理券

一番だぜ!
で、まずはシステムを説明しなければなりません。
ここのメニューはひとつだけ、ラーメンのみです。
大盛もトッピングもありません。
なので、まず入り口ドアのすぐ左にある整理箱(店内写真、本棚左の黒い箱)から整理券を取ります。
そしてそれを店の方に見せると、あとは座って待つだけ。
そうこの店は、整理券の順番にラーメンが運ばれてくるだけの、極めて単純かつ合理的なシステム。
たくさん食べたければ2杯頼めばいいだけの話です。



すずめ ラーメン
ラーメン  600円

座って数分すると、おばさまが「お待ちどうさま~」とラーメンを持ってきてくれました♪
茶色いスープにチャーシュー、真ん中には広島特有の細もやしと青ネギ。
シンプルながら完成された外見ですが、あまり飾り気がないのかオーラのようなものは感じません。
「美味いラーメンにはオーラがある」というのが持論なんですが、ここのはそんな感じがしませんでした。

が、これがウマイ!

広島ラーメン特有の豚臭さを残しつつ、豚骨のコクと野菜の甘み、旨みがじんわりと伝わってきます、、、ウマーイ☆
脂多めですがそこまで濃厚でもなく、バランスが素晴らしい!
そしてもやしの香りが少なからずスープに移って、これまた独特の世界観を作ってます。

独特のストレートな細麺は固め、適度なコシと滑らかさで、スープとよく絡む!
伸びるのも早そうですが、量が少ないこともあってあっという間に完食!
早っ!
チャーシューは小さめで、しっかり歯ごたえのあるタイプ♪
細もやしは関東のもやしより食感が固く、香りも強い。
でもそれが広島ラーメンのキャラクターにもなっています。



すずめ 外観2

帰り際、さきほどの息子さんが調理しながらしっかりこっちを見て、「ありがとうございました。」と温もりのある挨拶をしてくれました。

広島で長く続いているこのお店は味だけでなく、しっかりと嫌味のない接客がしっかりと受け継がれているんだなぁと感心してしまいました。
ある意味インパクトも飾り気もないラーメンなのでいまいち全国的にはまだ知名度が低いし、見た目のオーラも感じませんでしたが、だからこそ飽きないその味が、広島の地で綿々と続いているのは納得なのでした。







■住所
広島県広島市西区東観音町1-2

■営業時間
15:00~21:00

■定休日
日曜日、毎月14日







2009.2.17
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 広島 |

中国風麺処 新華園 


2年ぶりにサンフレッチェ広島の聖地・吉田サッカー場で、トルコ帰りの選手たちの驚愕の練習を見て(いや、驚愕したのは天気だがw)、その足で広島市内へ。

目的は、もちろんラーメン!!!

広島に帰ってきたのに、ちゃんと市内で行きたかった店には1軒しか行ってないので、ここは食べ歩かねばなりません!

まず向かったのは、広島つけ麺の元祖として知られる 中国風麺処 新華園

数年前から東京で「広島つけ麺」なるものがお目見えし、それなりに好評を博しているのは知っていましたが、広島出身の身からしてみれば「そんなもん、あったっけか?」でありました!
だって、広島につけ麺文化があったなんて、聞いたことも見たこともない!
とはいえ、広島を出てから15年以上。
その間に地元でさまざまなムーブメントがあったとしても全くおかしくはない、、、
なので、ずーーーっと気になっていたんです!
なので、広島に帰ったときは絶対に行こうと決めていた広島つけ麺のお店。
その中でも、元祖!という事で、まずはこの店に行ってきたわけであります!

が。

いろいろ気になっていたので数年前から情報を集めてますが、この店、評判が両極端にも程があるっ!

「ウマイ!さすがは広島つけ麺の元祖!」という意見もあれば、「ウマイけど、あの店は接客業としてありえない!もう二度と行かないっ!」という意見まで、見事なまでに割れております。
細いコシのある麺に、冷たくて辛いつけダレとたくさんの野菜を絡めて食べるつけ麺は絶品との事ですが、この店のオヤジが最近珍しい頑固オヤジということで、怒られる客も珍しくないとか!
とはいえ、いつも怒っている訳ではなく、店のルールに従わない者には容赦ないというだけのようなのですが、、、
こちらのブログを読んで頂けるとその恐ろしさだけでなく詳細もわかると思いますが、そんなハードルの高い店に、チキンハートの自分が行くのは結構勇気がいったりして、、、

とはいえ、行くと決めたからには行くのでありますっ、、、



新華園 外観

場所は、平和大通りの小網町交差点から広電の江波線沿いに南へ200mくらい行ったところを左に入っていくと、最初の角にあります。
要は舟入の方ですね。
正確には河原町ですが。
見た感じ普通の中華屋みたいですが、色褪せた赤いテントには「中国風麺処 新華園」とあり、暖簾には「元祖 冷麺 新華園」とあります。

恐る恐る店に入ると、「いらっしゃい。」と普通にあいさつ。
でも、客に媚を売るような明るい声ではなく、普通に礼儀として挨拶した感じ。
笑顔はありません。

が、そのすぐ後に「ウチは冷麺とラーメンしかないよ!」とピシャリ。

「はい、いいです」というと、「そこのカウンターね!」と案内されます。

う~む、来ちゃった、、、(苦笑)

午後1時50分の入店でしたが、先客2後客1。
先入観もあるんでしょうが、とても店内の写真を撮れる雰囲気ではありません。
(なので、ここから先は写真ナシ)
入って店の中央にはテーブル6人席がひとつ、あとは店奥の厨房に沿ったL字カウンターが15席くらい。
窓際にも席あったかな?

ご家族でやられているようで、厨房には還暦を過ぎたような”いかにも頑固!”なオヤジさん、そして大人しい奥さま。
接客は、その娘さんのような30代の”覇気”の固まりのような女性の3人。
とになく、声がデカイです。
このご家族、なんというか、例えて言うなら「東京下町のなんでも裏表なくざっくばらんに話すけど、その代わりヘンな気の使い方もしないのでケンカも普通にするし、口も悪い!」みたいな感じ?
客がいようがいまいが超大声で世間話するし、思ったことはすぐ口にするし、自分はこうなんだから変えるつもりも毛頭ない、、、みたいな雰囲気です。
(あくまでも自分が勝手に持ったイメージ)
先にいた常連さんとも大声で世間話してましたね。

カウンターの上に張ってあるメニューは、確かに冷麺とラーメン(ていう言い方だったか忘れた)の2種類しかありません。
「広島つけ麺」として有名ですが、このお店ではあくまでも冷麺!
間違って「つけ麺」とでも言おうものなら、スゲー怒鳴られそうな感じです(苦笑)

「冷麺とラーメン(仮)、どっちにするんね?」とオヤジさんに尋ねられ、「じゃあ、、冷麺で」と言うと、オヤジさんは黙ってスタンバイに入りました。
自分の仕事には、常にコダワリと誇りをもってやっている職人の見本のような方です。

待つことしばし、、、

やってきた冷麺は、透明の器に入った辛そうなつけダレと、番手でいうと25くらいの細麺の上に大量のキャベツやネギ、つけ麺やラーメンでは見たことがない紅たで、ほとんど脂のないチャーシュー、そして自分苦手なアレの細切り、、、
この時点で、アレを全部食べ切ることが出来るか不安に、、、(涙)

その店の雰囲気と、アレを食べ切る自信のなさと、写真撮りたい衝動がゴッチャになって自分でもワケわからなくなり、無意識にケータイを出して写真を撮ろうとすると、後ろから娘さんがスタスタとやってきてケータイと冷麺の間に手を伸ばし「ウチは写真ダメじゃけぇ!」と微妙にドスを効かせながら注意されてしまいました、、、
そら、そうだ(汗)
でもこの冷麺、無造作なんだけど見た目が美しい、、、
皆さんにも見て欲しい、、、けど、無理です(笑)
グーグル先生に画像検索でお伺いを立てると、撮ってはいけないはずの冷麺が散見されますのでご参考に。
ほとんどが支店のものですが、探せば本店のものもあります。

さてこの冷麺、1杯1000円!
コダワリの故か、自信の表れか、広島全体のラーメンに600円台が多いことを考えるとかなり高めです。
アレの強烈なニオイが全体を支配するも、そこをガマンしつつ、純粋に麺をつけダレに漬けて食べてみる。。。
コシのある麺の〆られ方は固過ぎず柔らか過ぎず。
赤黒いつけダレにはゴマが浮き、食べると唐辛子系の辛さにパンチが効いてますが、柑橘系のかなりサッパリとした酸味も効いているので食べやすい!
油分は全くといっていいほど感じられず。
最初の一口で、好きな人がハマるのはわかりました。
辛いとはいえ食べ易いので、スルスルいってしまいますね。

とはいえ、雰囲気的にもう絶対にここのものは残せない!感じだったので、途中からは具のチャーシューやキャベツなどを絡めてヤツを処理する感じになってしまい、味わうどころではなかったのが正直なところ(悔)
辛いのと冷や汗とで、もう汗だくであります、、、
結果的につけダレまで完食しましたが、もうアレのニオイで胸がムカムカしてしまい、この店と関係のないところで気持ち悪くなってしまいました、、、

お会計は、カウンターに置かれたザルみたいなのに入れます。
ザルの中には無造作に置かれた千円札が、、、
そこに千円札を入れる頃には既に先客はなく、頑固オヤジはひとり真ん中のテーブルで昼飯を食べているのでした、、、
普通に卵掛けご飯とかでした。。。



取材拒否で頑固オヤジのいる濃い~~~お店ですが(自分的には娘さんの方がコワかった)、レベルの高さは言うまでもナシ!
アレが平気な人なら普通に美味しく食べられると思いますが、それよりもこの雰囲気がダメな人には完全に無理な店ですね。

いきなり強烈なカウンターパンチを浴びて即行ダウンしてしまいましたが、めったに来れない広島なので、ここで立ち上がらなければ!

という事で、胸焼けを引きずりつつ次の店に向かったのでした、、、







■住所
広島県広島市中区河原町6-14

■営業時間
11:00~14:00

■定休日
日曜日、祝日







2009.2.17
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 広島 |

中華そば専門 哲学堂 


中華そば光江の後は、時間ギリギリながらラーメン屋検索!

上野でもよかったけど、歩いて行ける距離からそのまま日比谷線で帰りたかったので、近場で探してみると博多三社塾一力、あるいは哲学堂
一力だと坂を登らないといけないし(この日はめちゃ暑かった!)、博多ラーメンという気分でもなかったので、昔話題になって以降もちょくちょく検索して気になっていた哲学堂に決定!
早速小走りに向かいました!
その道すがら、偶然博多三社塾の前を通過、、、



哲学堂 外観

鶯谷駅下交差点で地図の位置関係がイマイチ判らず、10分ほど迷う、、、
結局、電池ないのにEZ助手席ナビくんに出動してもらい、やっとわかった(苦笑)
いつ電池切れるかわからんって、、、
場所は、さっきの交差点から言問通りを根津方面に向かっていった陸橋の下。
歩道が狭いし急いでいたので、一度通り過ぎてしまった!
なかなかゴチャゴチャした外観です。
ドアがかなり古いみたいで、ちゃんと閉まりません(笑)



哲学堂 店内

店内も外観に輪を掛けてゴチャゴチャしてます(苦笑)
空調もありますが汚いし、壁にも埃が、、、
一升瓶とかも置いてあるし(笑)
でも、嫌いじゃないです♪
キャパは、真ん中に対面カウンター8席、あとは壁際カウンター5席。
漫画が置いてあったり、テレビが点いてたり、やたらと張り紙が張ってあったり、古い油のニオイがしたり、やたらとジャンクです(笑)
カウンターには、調味料とキムチみたいなのが置いてありました。
中が見えにくい厨房には店主、接客はカワイイお姉さん(30くらい?)がひとりでやってます。
正午前の入店で、先客3後客4。
作業服系の人が多いですね。
ていうか、おじさんばっかです。(自分含む)
お姉さん目当てかな?(笑)



哲学堂 ギバザ丼

店内の張り紙にはやたらめったらギバサとか、ギバ丼とか、ニンニクとか、健康とか書いてあり、それが店のジャンクさに拍車を掛けてます。
ギバサとは秋田郷土食の海草らしく、健康によくてご飯に合うそうです。
あまり食欲がなかったので頼みませんでしたが。



哲学堂 メニュー

メニューは、ニンニク系のラーメンやどんぶり物、ランチセットなど豊富。
やたらとスタミナ系メニューが揃ってますね。
そうか、鶯谷だからか!(たぶん関係ない)
少し迷ってデフォのにんにくラーメンを注文。



哲学堂 ラーメン
にんにくラーメン  800円

待つこと15分、やってきました!
茶色いスープにネギが浮き、チャーシューの上にはドス黒いニンニクスライスが乗ってます。
このニンニクスライスは、酢に1ヵ月漬けた後にハチミツとザラメを加えた醤油ダレに更に1年間漬けたものらしく、にんにく特有の気になるニオイがほとんどありません。
しかもかなり独特のコクみたいなのを持っていて、麺と絡めて食べるとウマイ。
一昔前にちょっと流行った?キワもの一歩手前の目からウロコ系なラーメンでしょうか。
こんな組み合わせもウマイですよ的な。

スープはかなり塩分濃度高めの塩っぱいスープ。
店主が秋田出身という事で、そうなのかな?
豚などを中心に動物系のダシが効いてますが、魚介も入ってる?
でも、そんなダシの感覚を凌駕する強力なカエシが全体を支配しています。
でも、悪くはない。
でも、そこまでタイプというわけでもない。
こういうのもアリかな?という感じで、かなり独特。

麺は平打ちの細麺で、かなりコシが強い!
ねばり具合が北関東辺りの手延べ麺に似ています。
これが濃いスープを拾う拾う。
これ、腹減ってたら相当ウマイかも?

バラチャーシューは分厚くて適度に柔らかい。
1枚は端っこでしたが、かなりの肉感です。
メンマは味というかイメージが骨太。
食後にニンニクはあまりニオイませんでした。



全体的にジャンクでスタミナ系でごった煮系。
店内に統一感はなく、思いついたものを書いたり張ったりしていたらこうなったみたいな雰囲気。
そこにカワイイお姉さんがいて(奥さん?)、レバニラをがっつくような、ある意味正統派な昔のガテン系食堂だけど、こだわりのラーメン屋。

う~む、実にオモシロイ。(みっちーの福山雅治風)







■住所
東京都台東区根岸1-6-12

■営業時間
11:00~14:10 18:00~23:10

■定休日
日曜日、祝日







2009.3.17
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

中華そば 光江 


徹夜明けの中途半端なお昼の時間・・・

眠い・・・

でも、腹減っ、、たわけでもない・・・

でも、次の仕事まで3時間ある・・・

最近、ラーメン食ってない・・・

でも、近場に行きたいラーメン屋があるわけじゃない・・・

で、いろいろネットを見ていたら、谷根千辺りのラーメン屋なら時間までに帰ってこれる!

という事で、向かったのは東京醤油の名店として名高い、中華そば 光江

一年くらい前に谷中七福神めぐりをした時に偶然前を通りかかり、近いうちに絶対来てやる!と誓った店であります。(大げさ)
ナニゲにら~ナビで星が五つも付いてて、今は亡き武内伸氏に「正統派の東京ラーメンの中でも、個人的にはもっとも好きな味の一つである」と言わしめたお店でもあります。
AllAboutを読んでたら、居ても立ってもいられなくなってしまいました・・・



CA396720 光江

場所は、地下鉄日比谷線入谷駅の入谷交差点から千住方面に200mくらい行ったところを左折。
結構な裏道の角地にポツンとあります。
よくこんなところを偶然通り掛ったな、オレ。
昭和後期のモダンな食堂みたいな外観。



中華そば 光江 店内

店内もいい感じで色褪せていて、昭和な雰囲気。
メニューの張り紙は、いつから張ってあるのかしら?
厨房の入り口のところ見えるか見えないかのところに店主、そして奥さんは接客。
やたら炊飯器をガチャガチャやっていたのが印象的(苦笑)
キャパはカウンター9席、テーブル8人席2。
午前11時過ぎの入店で、先客1後客0。
お昼時なのに、相当ヒマそうでした、、、
ちなみに先客は若いお兄さん。
店内にはテレビの音が響きます。
それを、正に上記のリンク先の写真のように見入る奥さん♪
長閑であります、、、



中華そば 光江 サイン

壁には、ギャル曽根や双羽黒、高見盛などのサインが。
どれも必要以上に茶色くなってますね。
ギャル曽根なんて、ついこの間のなのに。
昔の雑誌なんかもあったりして、こういうの嫌いじゃないです♪



中華そば 光江 メニュー

メニューは、思いのほかたくさん!
半分は麺類ですが焼きそばなどもあり、更にカレーやどんぶり、一品料理まで、それはまるで街の中華屋さんの様であります。
チャーハン食べたかったけど、連食したかったし、高いし、やめました。
デフォの中華そばか、野菜たっぷりあんかけが好評らしい光江そばか悩みましたが、中華そばにオマケしてワンタンメンを注文。



中華そば 光江 ラーメン
ワンタンメン  700円

すっごくシンプルで、あっさり、じんわりなラーメン。
ガラ野菜スープは甘めで、醤油もしっかり伝わってくる。
なんというか、味に透明感がある感じとでも言いましょうか。
ところどころに浮かんだネギもいい味出してます。
うまーい♪
落ち着きますね。

中くらいの玉子麺みたいな、イメージより全然骨太な感じの縮れ麺は、コシもかなり強くて歯ごたえがイイ。
かんすい臭は感じませんでしたが、すごいコシです。
ちょっとビックリ。

ワンタンは「びろ~ん びろ~ん」という表現が適当な、かなり大き目のひらひらしたもの。
表面の触感はツルツルですが、真ん中辺りは火が通りきってないのか、かなり固い。
時間が経つと、伸びてビロンビロ~ン感は更にパワーアップ!
うむ、面白い。

具のチャーシューは小さく、普通にスープで煮ただけみたいな煮豚。
ほうれん草は見事に整えられ土臭さはなし。
長いメンマは歯ごたえしっかり。

なかなかにうまいラーメンであります・・・



クルマ通りの多い国道4号(昭和通り)から路地に入っていくと、風情のある街並みの中にひっそりと佇む中華そば 光江。
時間が早過ぎたのかめっさヒマそうで店主は半分寝てましたが、それも含めてこういうお店はなんか落ち着きます。

アホな自分は帰り際、荷物を持って立ったらお冷の水をこぼしてしまい、「ああ~~、、、」と慌てていると、奥さんが「ああー、いいわよー、大丈夫よ~」とこぼした水を拭いてくれました。
ああいうホスピタリティのあるおばさんがいる店は、安泰だと思います。
(あまりにもヒマそうだったから心配だけど)







■住所
東京都台東区下谷2-22-6

■営業時間
11:00~22:00

■定休日
木曜日







2009.3.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

もっちゃんラーメン


仕事帰りにバンドの子とまたまたラーメン。
が、この日はかなり遅くなってしまったので(午前4時過ぎ)開いてる店はかなり限られ、、、
と思いながら超ら~ナビで検索していると、あの店がある事を思い出した!

その店の名は、もっちゃんラーメン

以前行ったとき、ラーメンの味より店主の愛すべきキャラクターの方が強烈に印象に残りました。
ラーショ系ながらつけ麺しか食べたことなかったので、デフォのラーメンも食べてみたいと思い、二人で朝からラーメンであります♪



外観

一年半ぶりのもっちゃんラーメン。
シャッター狙いでしたが、既に開店済み、、、
でもノーゲだったので、実質一番乗りかな?
店主は中で黙々と、そしてキビキビと動いていました。



メニュー

完全手書きのメニュー。
ラーメンも、ここに書いてないつけめんも、しょうゆと味噌の2パターンのみ。
分かりやすいラインナップです。



もっちゃん

麺箱には「もっちゃんラーメン」の文字。
その中の麺を包んでいるのが小麦の袋だったので、もしかして自家製麺?
ネギを刻んだり、スープの様子を見たり、湯加減を見たり、冷蔵庫や棚の確認をしたりなど、常に何か作業をしながら、独特の笑顔で接客。
しかも、全部ひとりでやってます!
何かひとつ終わる度に周りを片付けて拭いているので、当然キッチン内はキレイ。
店内も古いですが、しっかり清掃がされていて清潔です♪

常に先を見て作業しながら(一つ一つの作業を流す事もないから丁寧だし)、誰にでも同じような感じで笑顔で接する姿には感動すら覚えます、、、
やっぱこの店は、この店主(もっちゃん)ありきですね♪
なんとなくネギラーメンを注文。
(ラーショ系だし。)



ラーメン
ネギラーメン  650円

ガラや昆布、野菜などからできたスープは今どきのラーメンのようにコクが押し寄せるような事もなく、カエシの効き方もかなり大人しめ。
なのでインパクトはないし、少し薄い気もします。
ラーショ系の中でもかなり薄い方だよなぁ。
麺は中くらいのもので、昔なら中太いと形容していたであろう太さ。
少し茹で過ぎ感ありありでコシも死んでしまっている感じですが、薄めのスープとは妙に合う。
だからといって「ウマイ!」と叫ぶほどでもなく、あくまでも普通。
ネギは細切りのチャーシューと和えられ、辛味はほとんどない。
そこにゆる~いワカメと小さめの海苔。
すごくウマくもなく、かといってマズイわけでもなく、普通としか言いようがないラーメン。



そんな普通のラーメンを20年にも渡って作り続けてきた店主は、おそらく他の店を食べ歩いたりする事もなく、自分の知識とラーメン作りやそれにまつわる基本事項を頑なに、そして愚直に続けてきたとしか思えない、昔の味がするラーメン。
正直器用な方とは思えませんが(大変失礼)、自らの出来ることを、自らの出来る範囲で最大限にやり尽くし、そしてそれを続けているだけでも尊敬に値すると思います!!!
そして何より笑顔が素晴らしい♪
連れの子が味噌つけめんを頼んでいたのですが、麺を全部食べ終わってスープを飲んでいると、前回の自分の時と全く同じように「スープ飲むんなら、割った方がおいしいよ。残してもいいから飲んでみるかい?」とサジェスチョン。
先客0後客2でしたが、後から来た若いカップルにも同じように接してたし、こういうブレのなさって本当にスゴイ!
こういう店は、ボクが「長く続いて欲しい!」なんて思わなくても、しっかりこれからも地元の方や近隣の工場に出入りする人たちに愛され、引き継がれていくのでしょう。
早朝からラーメン食いたいと思ったら、午前4時半からやっているこの店ですね。







2009.3.13
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 草加 |

中国料理 紅満天


「越谷中華の新店発見!」シリーズ。

発見シリーズ?

久々に大袋周辺でラーメン!と思い、一越玉家にしようと旧4号を北上。
「な~んか新しい店なんかないよなぁ・・・」と思いつつ、そのまませんげん台方面まで通り過ぎてみると、なんと新しい店があるじゃないですか!!!
越谷中華を発見するカンも、まだまだ現役のようです♪

その店の名は、中国料理 紅満天

ここはちょっと前まで牛角 せんげん台店があったはずですが、いつの間に撤退したの???
して、この店はいつオープンしたのか?
と思って調べてみたら、オフィシャルがありました。
手作り感満載でイイですね♪
今年の2月17日オープンだそうです。
今なら掲示板の書き込み一番乗りになれます!(2009.3.13現在)



中国料理 紅満天 外観

大袋とせんげん台の間、ガスト斜め前、セブンイレブンの真向かいにあるビルの2階です。
そういえば、隣の敷地のくるまやラーメン 千間台店は、松屋 R越谷下間久里店になって久しいですね、、、
まだ行った事はありませんが。



中国料理 紅満天 掲示板

駐車場もあって便利です。
店が2階なので階段を登っていくんですが、その手前には店の説明や営業時間などが。
ランチがお得みたいですね。



中国料理 紅満天 入り口

階段を登ると赤い照明。
現地系中華のニオイがプンプンします♪
正面に入り口がありますが、その右手にも閉鎖されたドアがありました。
中に入ってわかったのですがその奥も客席になっていました。
混む時間帯には開放するのかな?



中国料理 紅満天 店内

店に入ると清潔感のある現地系中華飯店の雰囲気。
ここの牛角には一度も来ないうちに撤退しちゃったのでわかりませんが、この個室も含めた席割りは牛角時代の名残でしょうか?
木の触感がそんな感じなので。
まぁ別にどーでもいいんですが。
キャパは、カウンター4席、テーブル4人席4、テーブル6人席2、個室(8人くらい?)が複数?と、厨房を挟んで向こう側(さっきのドアの向こう側)にも同じくらいのキャパでテーブル席。
要するに、厨房は客席スペースに挟まれている構造です。
個室といい、レイアウトといい、イジリにくい物件を改装しましたね。



中国料理 紅満天 窓際

窓からは、旧4号がよく見えます。
で、キャパが広めな分、従業員も多い!
厨房には白いコック服を着た調理人が4人と、フロアにはバイト2人&責任者的な現地系の方。
時折中国訛りの日本語が聞こえてきて、バイトくん達と会話する感じが微笑ましいです♪
(そういうのがイヤな人はイヤなんでしょうけど)
体育系大学生みたいなお兄ちゃんは気持ちいい接客ですけど、大人しいお姉さんはイマイチでしたね、、、
ていうか、この時間帯だからしょうがないんだろうけど、人件費出るのか?(余計なお世話)



中国料理 紅満天 メニュー

メニューは分厚い冊子でいかにも現地系メニューですが、ここはひとつひとつの料理を大きめの写真で紹介!
なので、選ぶ時は迷ってしまって大変ですが(笑)、判りやすくてイイ!
でも、やっぱり番号は振ってあります(笑)
しかも、オ-ダー時には番号で答えるようバイトくんに言われます。
混乱はないでしょうけど、味気ない気もしないでもない、、、
表紙と裏表紙はなく、そこにもメニューが載っていたので都合8ページ。
これって、自分が勝手に決め付けていた「現地系中華メニューは、絶対100種類以上の法則」に当てはまらない!(かも?)
実際に数えたわけではないので何とも言えませんが、1ページ8種類として8×8=64。
表紙にはかなり大きな写真が載っていたけど(=少ない種類しか載ってない)、裏表紙には細かいドリンクやデザートなどもあったので、、、う~ん、100あるかな?
まぁ、種類がたくさんある事は間違いないんですが。

そしてなんといっても安い!
大手ファミレスやチェーン店と同じような価格帯ですね。
1000円を超えるような一品料理はたぶんなかった気がします(あるかも?)
でも、夜に一人で来てご飯や点心を付けるとちょっと高めになるのはしょうがない。

で、ショックだったのが、 麺 類 が な い 事 !(涙)

麺類ブログなのに、、、(泣)

まぁいいか。
カレーとかアリだしw
てかカレーはナンがあるしなぁ。
小麦食いたい!

ちなみに、オーダーは手書きでなく機械式。
日通工かな?(たぶん違う)
中国系ポップスを聴きながら待ちます。



中国料理 紅満天 お通し

席に着くと、お姉さんが「すぐにお通しをお持ちいたします」と言ったので、チャージがいるの?と思いましたが、どうやらサービスのようです。
お冷と、お通しと、レンゲ&おしぼりセットを持ってきてくれました。

お通しのザーサイは結構な赤みが見えますがほとんど辛くなく、しかも砂糖みたいな甘みも少しあって食べやすい。
午後6時過ぎの入店で、先客5後客1。
小さい子供込みの家族連れが個室にいましたが、この辺りの客層だとそういう需要はあるよね。
そういえば入り口の掲示板には、「今月の個室(貸切)状況のお知らせ」が張ってあって、そこそこ予約も入っているようです。
こういうサービスを突破口にして定着してくれるとありがたいですね。



中国料理 紅満天 料理
蒜苗牛肉絲 (牛肉とニラの芽の細切り炒め)  780円

ほとんどオープンなキッチンで現地系の方が作った炒め物。
赤ピーマンとニラの芽、牛肉の色合いが良くて、いかにも中華!といった感じ♪
ニンニクの芽は良く見ますが、ニラの芽は黄ニラよりも見ない黄がします。
ニンニクの芽ほどクセがないので、食べやすくてナイスなチョイス♪
味付けはオイスターソースと醤油ベースですが、適度なコクがあって美味しい。
しかも水溶きカタクリが柔らかいところに技術を感じます。
当然、ご飯にもよく合いますね。
ご飯も普通にちゃんと炊けていて言う事なし。
ていうか、ご飯が美味しいと他の料理も美味しいとこが多いと思います。
この手の店でちゃんとご飯が炊けているところって、意外に少ないと思うし。



中国料理 紅満天 餃子
トマト餃子  450円

小麦系ということで餃子w
4種類あった餃子から、一番見慣れないトマト餃子をチョイス。
食べてみると、中にはトマトと卵の炒めものが入ってました。
炒めてから皮に包んだのか、炒める前に包んで焼いたのか?
やったことないからわかりませんが、ちょっと新鮮。
トマトの水分もうまく抜けてるので食べやすい。
おかずにもなるし悪くはないけど、肉は全く入っていないのでそういうのを期待してたらハズシます。
(考えればわかる)

しかし、気になったのが皿。
ピンクで a little girl typhoon ってのは、どうなの?
カワイイというより安っぽく感じましたが、こういうのが主婦層にウケるのかな?



中国料理 紅満天 杏仁豆腐
杏仁豆腐  250円

食後に頼んだ杏仁豆腐。
食べてる最中に目が合ってしまったからか、お兄さんは途中で持ってきてくれました。
まぁちゃんと客の方を見てるって事なのでいいんですが。
しっかり杏仁霜で作ってるし、味付けも甘過ぎないので食べやすくておいしい。
でも、\250なので量は少ないです。



雰囲気や味付けなど、全体的に食べやすくておいしいので家族連れや団体にはかなりいいと思います。
複数で来て、いろいろシェアしながら食べるのが一番いいかな?
ランチは更にお得なので、一人で来るならお昼ですね。
今日の半分以下の値段で済むし(苦笑)
夜のご飯セットみたいなのがあると嬉しいです。







■住所
埼玉県越谷市下間久里977-14

■営業時間
11:00~1500 17:00~23:00

■定休日
月曜日







2009.3.13
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 大袋 |

中華 四川料理 味宝 


Kyoko007さんにコメントを頂いて、早速その日のうちに食べに行ってきました!

その店の名は、中華 四川料理 味宝

自分の中では、越谷中華・四天王(高柳亭@宮本町、正香園@西方、香楽園@東越谷)のうちの一つです。麺類も美味しいですが、他のサイドメニューや1品料理もレベルが高く、接客も雰囲気も言うことない銘店であります。
四川料理と銘打っているのに麻婆豆腐を食べたことがなかったので、どうしても食べたくなったのです♪



中華 四川料理 味宝 メニュー

午後7時半の入店で先客5後客3。
キャパが小さいのに常に客がいて、ある程度活気もあるので雰囲気も暗いなんてことはありません。
出前にも行ってましたし。
地元での支持は揺ぎ無い感じです。
店内ではWBC予選決勝の韓国戦をやってて、客は全員テレビをガン見であります(笑)
越谷中華では珍しく、ちゃんとしたおしぼり(安っぽくない)が出るのもここの特長。
こういうサービスって、何気にありそうでないからポイント高し!



中華 四川料理 味宝 裏

メニューは以前と変わりないようですが、店内のレイアウトが少し変わったかな?
なんかスッキリした気がします。
メニューはおつまみ系が安価でいいですね。
食べたくてしょうがなかった麻婆定食と、餃子を注文。



中華 四川料理 味宝 麻婆定食
麻婆定食  850円

結構なボリュームの定食。
後からメニューの裏を見て、ちょっと食べてみたかった肉じゃがコロッケが付いててラッキー♪
しかもこれがアツアツで、肉じゃがが甘くなくてウマイ!
中華スープは、特に何がというわけではないけど、普通にちゃんと作り込まれてる感じがイイ。
ご飯も普通に固くも柔らかくもないけど、そういう安定感(いつ来ても同じ)を感じます。
して、おしんこまでいつ来てもヤツがいるのは残念ですが、白菜はしっかりウマイ。



中華 四川料理 味宝 アップ

さて、念願の麻婆豆腐!
四川料理を謳っていているので、陳先生直伝(?)の日本人用にアレンジされたマイルドな食べやすい麻婆なのか、はたまた本場四川の痺れや辛味がビシッとキマっている麻婆なのか?

結果から言うと、、、中間?

なんだそりゃ?って感じでKyoko007さん、申し訳ないです(苦笑)
いわゆる日本人向け麻婆の代表としての丸美屋の麻婆豆腐や街の中華屋の麻婆、本場四川の犬肉や蛇が入った火鍋を出すような料理屋の麻婆、両方食べたことはありますが、少ない経験からの結論を言いますと、極めて日本寄りの中間でしょうか。
食感はあくまでもマイルドですが、食べていると徐々にそして確実に舌が痺れてきます。
とはいえ、辛いもの苦手の自分は四川麻婆で死にそうになりましたから(マジで)、そういう意味では辛いとはいえ私でも美味しく食べられるこの店の麻婆は、あくまでも日本人向けだけど結構辛い、、、みたいな感じでしょうか。
山椒もそこまでガンガン攻めてくるような痺れでもないし。
なので、辛いもの好きの方には物足りないかもしれませんね。
という事は=日本人向けって事か。
書きながら結論変更・・・

豆腐の面積がかなりあり、それ自体の旨味と流れ出る水分でマイルドになるので、山椒や辛味が効いてるとはいえ美味しく食べられます。
肉などの旨みもしっかり感じられるので、ご飯のおかずにはもってこい!な感じです。



中華 四川料理 味宝 餃子
ギョーザ  450円

ついでに頼んでしまった餃子(時間がギリだったのに)。
6個入りで450円とちょい高めに感じないでもないですが、一つ一つがしっかりふんわりモチッとしていて、餡も適度に肉質と野菜、にんにくが合わさっていて、形も美しくて、これまた揺ぎ無い感じ。
カチッとした食感はありませんが、これはこれで完成された餃子です。
ウマイ。



なんというか、いつ来ても安定感のあるこのお店は素晴らしいとしか言いようがない。
店主の方も奥さん?も当たりの柔らかい感じでインテリジェンスを感じるし、それでいて常連さんとしゃべる感じはざっくばらん。
一見さんの自分にも、誰が入ってきても、気持ちのいい挨拶をしてくれる気持ちのいいお店です。
場所が場所なら大変だと思いますよ。
普通といえば物凄く普通の店なんですけど、こういう店が越谷にあることの幸運をしっかり噛み締めないといけないです、越谷市民は。







2009.3.9
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 大袋 |

麺絆 大勝彦 


過去データをあげるのでイッパイイッパイな上に、仕事も忙しいので週一くらいしかラーメン食べてません(涙)が、そんな忙しさの合間を縫って、行って来ました五反野の新店!

店の名は、麺絆 大勝彦

ちょっとギャグのようなネーミングですが、れっきとした東池袋系のお店です。
滝野川大勝軒や東池袋で飯野さんに師事されたそうです。
店名は、店主の五十嵐勝彦さんと大勝軒を合わせて大勝彦(たいしょうひこ)。
安直な感じもしますが、妙なインパクトがあります。
こういうの好き♪



麺絆 大勝彦 外観

場所は、東武伊勢崎線五反野駅を出て左に進み、最初の信号を右折して80mくらい行くとあります。
場所が場所だし、あまりいい立地とはいえない気がしますが、人通りは少なくありません。
店に着いたのは開店の10分前。
雨の中、入り口に張ってある張り紙とかを読んで待ちます・・・



麺絆 大勝彦 暖簾

5分前になると、暖簾を出したり、看板の照明コンセントを入れたりしに出てきましたが、こちらをチラリと見て、何も言わずに中に入っていきました。
まぁこういうのは慣れてるので別に構いませんが、あまり感じは良くないですね。
たぶん、同じように立ち止まって張り紙読んでそのまま行っちゃう人がほとんどなのでしょう。



麺絆 大勝彦 店内

時間になって中に入ると、「ああ、お客さんでしたか。すみません」と一言。
やはり、見るだけ見て行っちゃう人は多いようです。
さすがに新店だけあって清潔感がある店内。
キャパは、カウンター9席のみ。
午後17時半の入店で、先客0後客3。



麺絆 大勝彦 製麺室

店に入ってすぐ右には製麺室。
最近の蕎麦屋のように、店の外からでも麺を作っているのが見えるようになっています。
本家と同じく、かちどきの粉を使っていました。
入って左には券売機。
もり(あつ&ひや)とラーメンが中心のラインナップ。
ここはデフォでもなんと350g!
知ってはいましたが、忘れていたのでそのまんま注文しました。



麺絆 大勝彦 飯野さんと石神

カウンターの上には、師匠の飯野さんや山岸さんとのツーショット。
隣には、石神はんのサインもw
券売機の上にはラーメンバンクが置いてあったので、しっかり読みました。
念願の古谷さんの記事もやっと見ましたw
あと、花見が出来る街のラーメン店特集はいろいろ出かけるついでにラーメンを食べる事が非常に多いので、目の付け所が面白かったです。
その間も店主はしっかりと麺を量り、スープの準備をしてました。



麺絆 大勝彦 もり
あつもり  650円

やってきました、あつもりです!
麺のどんぶりより、つけダレの丼の方がデカイ!
そして麺、マジで多いです。
後から来たお兄さんたちの中盛(550g)も、デフォより器が大きいだけでなくやたら麺だらけだった!
特盛はなんと950gだとか!
「美味しいものをお腹いっぱい食べてもらって、お客さんに満足してもらおう」という大勝軒イズムは、確実に引き継がれているようです♪

「味が濃かったら言って下さい、調整しますんで。」と一言入ります。
いいですね、こういうの♪



麺絆 大勝彦 つけダレ

つけダレは、ちょっと色が黒い?
実際飲んでみると、大勝軒系の豚・鶏・野菜・魚介を中心にした甘・辛・酸ではあるけれども、甘みはかなり少ない!
そして醤油というか、塩分濃度が結構濃い目。
そのあたりは、自覚してらっしゃるようです。
でも、麺と一緒に食べると特に悪くはない。

具のチャーシューはかなり薄めで小さいものが2枚。
ちょっと寂しい。
メンマは細長くて味付け濃い目のものが6,7本。
味玉は本家と違って半熟でウマイ。
あとはネギと海苔のみ。
器が大きいだけに、スープ量に対する具の少なさがかなり目立ちます。
石神さんは「本来の味をしっかり育てていこうという気持ちをひしひしと感じる」みたいな事を書いてましたが、確かに本来の味やコンセプトに対するリスペクトは感じるけど、「大勝軒のあの砂糖の甘さがダメ」という話はよく聞きますし、自分はかなりのオリジナリティを感じました。

食べていると、「味は大丈夫でしたか?(濃くありませんんでしたか?)」と確認してくれて、気配りが細かいです♪



麺絆 大勝彦 味玉

自家製の麺は、本家より少し太めでしょうか。
モチモチ感はありますが、コシはそんなにない感じ。
ただ麺そのものは美味しいです。
デフォで350gでも多いですが、400g以上あるんじゃないかってくらい、食っても食っても減りません(苦笑)
塩分強めのつけダレと具の少なさが災いしてか、飽きてきてしまいます。
お腹はイッパイになりますけど。

麺を食べ終わった後、麺どんぶりの下に結構残った茹で汁(=水切りが甘い)でスープを飲んだらかなり美味かった!
その後スープだけを飲んでいると「スープ割りますよ、その方が飲み易いです。」と、一言。
せっかくなので割ってもらいました。
正直、丼に残った茹で汁の方が小麦感があってうまかったけど、こちらも普通にうまかったので完飲!



店を出るときは「お待たせして申し訳ありませんでした。ありがとうございました。」と一言。
店主の動作にあまり機敏さはないし、おっとりした感じの方で覇気もない。
でも、こういう気配りがちゃんと出来るお店は残ると思います。
ますは、地元の人に愛されないとですね☆







■住所
東京都足立区足立4-37-9

営業時間
17:30~22:30

■定休日
火曜日、第1、3水曜日







2009.3.6
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

与島PA(瀬戸中央自動車道) YOSHIMA PLAZA


長かった讃岐うどん巡りの帰り。

うどんに疲れた帰り道、家まで結構時間が掛かるので、親のリクエストにより瀬戸大橋の中間部にある与島PAで食事(笑)。
高速グルメも久々な感じですが、もう疲れててテンションは低いです(苦笑)

場所は、与島PAの中のフードコートです。
朝は早過ぎてあまり人気がありませんでしたが、夜に来てもあまり人はいませんね・・・
まぁお土産屋さんはやってましたし、人はいることはいましたが。



与島PA(瀬戸中央自動車道) 店内

フードコートの店内は、100席近くありそうな広いキャパシティー。
カフェのような雰囲気もありいいのですが、厨房はヒマなこともあってテンション激低であります。
午後7時過ぎの入店で、先客3後客2。
入り口で料理のサンプルを見て、カウンターで注文します。
瀬戸のタコと讃岐コーチンが食べられる、たこ飯御膳を注文。



与島PA(瀬戸中央自動車道) コーチン
たこ飯御膳  1100円

たこ飯と讃岐うどん(苦笑)、そして讃岐コーチンの刺身が付いた一品。
たこ飯は少し(いやかなり)冷め気味で、せっかくの旨みもスポイル。
タコはそこそこ入ってますが、温いのであまり旨みは感じません。
讃岐コーチンはまぁこういう場所のヤツですのであまり期待はしてませんでしたが、期待に違わぬ感じです。
表面を一度湯通し?して旨みを閉じ込めたのかわかりませんが、時間が経っているらしく少しパサついた感じと旨みの少なさが残念~。
讃岐うどんも冷め気味でイマイチイマニでしたが、この中では一番マシ。
切り干し大根と刻まれた沢庵は、箸休めとしては悪くありませんが、あくまで脇役だしあまり印象になし。



予想通り!www







■住所
香川県坂出市与島町字西方587

■営業時間
8:00~21:00

■定休日
なし







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

山下


彦江製麺所の後は、琴平さんの中野うどん学校でうどんを打ち、その後琴平花壇でリッチな温泉を堪能し、帰る前にもう1杯!という事で、行ってきたのがうどんの山下

「ぶっかけの元祖」といわれる山下は、ボクが思うに関東の人(いや自分だw)が持っている讃岐うどんのイメージそのものではないでしょうか。

時間を掛けて踏み込まれたうどんはすごくコシが強くて、いりこのだしもしっかり!をぶっかけで頂く!

みたいな。
+アルファのギミックとして、徳利に入ったダシをかける、、、みたいな。
(他の店のギミックは、セルフだったり、佇まいだったり、人のキャラクターだったり、立地だったり)

本日最後に選んだお店は、夜までやってる(といっても19時だけど)安心のお店です♪



山下 外観

「まだ行くのか?!」という両親を尻目に、この日何度か通ったのと同じ道を経由して、到着したのは午後6時前。

お店の営業も落ち着く時間帯でしょうか。

駐車場にはクルマもまばらです。



山下 店内

店に入ると、普段着の威勢のいい声。
従業員の皆さんは、ご家族でしょうか?
厨房周辺にかたまっています。
キャパは、テーブル4人席5、テーブル6人席4、奥には座敷席もあるようです。

そのすぐ手前では、地元の常連らしき客が黙々とビールを飲みながらおでんをつまみ、スポーツ新聞やテレビに見入ってます。
さすがの有名店もこの時間だと、先客3後客2。
地元&常連の方は、うどんじゃなくてセルフのおでんや寿司を食べてるのね!
ていうか、広島ではラーメン屋でおでんも珍しくないけど、ここは寿司(ちらし的な)まであるんですねぇ。
晩飯にはちょうどよい感じ。



山下 メニュー

おみやげ用のうどんが詰まれた壁の上には、メニューが張られています。
ぶっかけはもちろん、関東でもよく見るわかめやきつね、山かけ、月見、肉、カレーなんかもあります。
讃岐の店は店によって注文方法が違いますが、ここは一般的なお店と同じ。
品名を言えば、作って席まで持ってきてくれます。
(でも、おでんはセルフ)
名物のぶっかけを注文。



山下 うどん
ぶっかけうどん冷小  280円

ネギと揚げとレモンはデフォルト。
そこに卸し金付き生姜が付き、大きな徳利も近くになければ持ってきてくれます。
食べ方も親切に説明してくれます♪

してこの徳利、デカくて、重くて、持ちにくいので、めっさ入れ難~い!
しかも大きいとはいえ微妙に中途半端なので、どんぶりを近づけないとこぼれるー!
これを何食わぬ顔して入れられなければ、一人前とは認められないのです!(ウソ)

うどんはウワサに違わぬコシの強さ。
今まで周ったお店が思っていたイメージより柔らかめの店が多かったので、余計にそう感じたのかもしれません。
カツオといりこのあわせダシは濃過ぎず、うまく麺と絡んで気持ちが和みます。
やっぱ、うどんはウマイ!と思わせてくれます。



食べ物には土地柄や人柄が出ますね、絶対。

讃岐はいいところですよ、間違いないです。







■住所
香川県善通寺市与北町1017

■営業時間
10:00~19:00

■定休日
火曜日(祝日の場合営業、翌日休)







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

彦江製麺所 


池上製麺所の後は、更にディープなS級の店・彦江製麺所へ。

ここはS級の中でも間違いなく、一番分かりづらい立地!
EZ助手席ナビに住所を入力して地図を見た時はそうでもなかったが、それはそれは遠かった!
なんなんだ?!っつーくらいワケわからんかった!
同じところをグルグル回った!
しかし、うどんが異常にウマかった!!!
しかも一番”セルフ”な感じを味わえた!
なんだか久々に異次元に迷い込んだ感じの、三半規管がおかしくなる感覚を味わった!
そんな、インパクト満載のお店でした、、、



彦江製麺所 看板

まず、ナビ子さんに従って坂出市へ逆戻り。
思いついた名前とナビ子の出す移動所要時間だけを頼りに店を巡ってるので、効率もへったくれもありません。
同じ道を何回通ったでしょうか?
無駄な高速代をいくら使ったでしょうか?(苦笑)
そんな事を思いながらもあえて口に出さない両親の冷たい視線を浴びながら、たどり着いたのはある川のほとり。
神社があるので、この近くには違いない!
看板も見えたし。
が、その川沿いの道に入っていくと、だんだん細くなっている、、、
するとナビ子さんは

まもなく 目的地です。お疲れさまでしたっ!

って、オイオイ!
まだ着いてねーよ!
オマエはいつもそうだ!
細い路地が続く道に近づくと、勝手に案内を放棄しやがる!
いい加減にしろっ!

とかなんとか、不安に駆られながらクルマを停め、看板を見に行ってみると、、、


彦江製麺所駐車場は
ここより西へ約100m直進
最初の角(中古車販売店)を左折
約150m左側です。
尚、この近辺(神社付近や川沿い)への駐車はご遠慮ください


と書いてある。
てか、クルマ停めちゃったよ!
急いで引き返してクルマで出発!
そこから大通りに出て中古車屋を探すも、だいたい西がどっちかわからん!
看板に地図くらい書いておいてくださいよー
仕方なく西はコッチだ!と思って一度川を渡ってみたが、明らかに違う感じ。
そら、そうだ。
で、プリントアウトした資料には「ファミリーレストラン ぐりーんはうすの角を曲がる」とあったが、近くにファミレスなんか全然ない!
(ちなみに帰りにその場所に行くと、ファミレスがあったっぽい場所は更地になっていた!)
反対方向に進むと、すき家はあったがファミレスじゃないよな?とか思いつつ、ワケわかんないのでさっきの神社から100mくらいのところの信号を曲がってみる。
中古車販売店なんてあったっけか?
まぁいいと思いそのまま進むと、郵便局のある商店街みたいな通りに出た!
なーんか行き過ぎてる感じだよなぁと思いつつ左に曲がって進むとさっきとたぶん同じ川が見えた!
が、どこで曲がるか分からず、しかも後ろから車が来てたので、そのまま直進して橋を渡ってしまう(苦笑)
Uターンして戻ると、いままで黙っていたナビ子が再び

まもなく 目的地です。お疲れさまでしたっ!

とほざきやがる!
ウキーッ!!!

などと機械と戯れながら、ワザとこの辺じゃねーか?的な路地に無理やり入ってみる。
車1台通るのがやっとな路地をノロノロ進むも、やはり住宅と畑しかなく、狭い曲がり角で途方に暮れる、、、
すると、目の前の畑におじさんが現れた!
これ幸いとクルマを降り、「すみませーん、彦江製麺所ってどこですかー?」と聞いてみた。
すると、やはり四国の人は優しい♪
親切に駐車場への行き方を教えてくれた!
そこから2つくらい曲がって進んで、やっと駐車場に辿り着いたのでした。
(ちなみにナビ子は黙ったままでした(殴 )



彦江製麺所 駐車場

あんなに苦労したのに、駐車場はかなり広い!
てか、マジ広ーーい!
これ、ほぼ全部彦江の駐車場です。
信じられん!
こんなところの駐車場が全部埋まるのか?!

てな事を思いつつ、何やら説明が書いてある看板のある駐車場の突き当りまで行くと。


彦江製麺所 駐車場看板

おお、すぐではないか!

と喜んだのはいいが、そこから外に出ると、、、



彦江製麺所 狭い!

まぁ、ホントに田舎の住宅地の裏路地ですわ。
しかも、人気がありません。
ホントにこんなところに製麺所があるのでしょうか?
不親切さと合わせて、ほとんど嫌がらせとしか思えません。
たぶん、あんまり人に来て欲しくないんじゃないかな?
要所要所に看板を立てるとか、もっと分かりやすい記述にするとか、なんかやり様がある気がしてなりません。
いろんな事情があるんでしょうけど。



彦江製麺所 外観

で、やっと製麺所。
この製麺所も、分かりやすい看板など皆無。
アルミの引き戸に小さく書いてあるだけです。
もっと言うと、さっきの路地からこの店もかなり分かり難い!
一度、通り過ぎました私。
この建物の外観が、「明らかに普通の民家でない」という事だけを頼りに曲がりました。
だいたいが、60mなのか?
もっと長くね?



彦江製麺所 製麺室

もう文句タラタラですが(苦笑)、こういう挑戦的な態度の店に不思議と惹かれてしまう性質でして(苦笑)

中に入ると、そこは完全に製麺所。
おまけに食べられる感じです。
入って右手には、写真のような製麺器の類やら、大きなタライに入った小麦粉やら、麺帯やらがあちこちにいてます。
接客のお姉さま以外には、奥に数人うごめいています。
そして手前には、客用の茹で麺器です。



彦江製麺所 茹で麺器

親切なお姉さまが声を掛けてくれて、注文するとどんぶりにうどんを入れてくれます。

「あっためるのはそこでカゴに麺を入れてあっためて。つゆはこっちね。」

言われたとおりにカゴ(テボ)にうどんを入れ、申し訳程度に揺らします。
子供とかはこういうの喜ぶんじゃないかなぁ。
うどんのお湯を切ってどんぶりに入れ、つゆを入れようとすると、、、出ない(涙)
どうやらかけつゆはなくなってしまったようです、、、

と思って諦めかけると、お姉さまが「ちょっと待ってください~」とアルミ製サーバーの蓋を開け、無理やり斜めにして水道の蛇口そのものの抽出(?)口から、一人分を搾り出してくれました!!
おねーさん、アリガトー(号泣)



彦江製麺所 食べるとこ

出来上がったうどんに薬味だけを入れ隣の部屋に入ると、そこには食べるためのお部屋が。
キャパは、壁伝いに15席くらい。
午後1時半の入店で、先客3後客2。
さすがのマニアックな名店も、閉店間際なので人もまばら。
後客には「かけつゆがなくなってしまったので、醤油のぶっかけだけになってしまうんですが、、、」とちゃんと断ってから注文を受けてました。
当たり前ですが、素晴らしい。



彦江製麺所 メニュー

部屋の壁には、簡素なメニューが。
しかし、1玉140円ですよ!
今回の旅、最安値であります。
天ぷらとか、あったっけ?
優香のポスターが午後の日差しとこの店に妙に合ってます。



彦江製麺所 入り口方面

入り口方面(奥)と、部屋の境目。
薬味や醤油ダレの入ったプラポット、割り箸や自分で擦る生姜など。
こういう光景も慣れてきましたね。
もう7軒目ですから。



彦江製麺所 うどん
かけうどん小  140円

ラーメンを食べ歩く時もそうなんですが、得てしてその日の後半に食べるラーメンは腹の具合もイッパイイッパイなので、おいしく食べられる感度が下がりがち。
それはたぶんどんな食べ物でも同じなんだろうけど、ここのうどんはウマーーーイ!
正直、一番ウマかった!
いりこがガッチリなわけでもないおつゆはそこはかとなく柔らかく、しかも旨みは深く。
とはいえ、いりこの存在感はそこはかとなく大きく。
エッジが効いたうどんは食感に快感をもたらし、それでいながら、茹で置きでありながら、小麦感がこれまでで一番!
池上製麺所のような溝の少し入った見た目通り、コシの強さもしっかりあって、しかもしつこくなく食べ易い!
喉越しが素晴らしく、快感とも言えます。。。



一番安いうどんが一番ウマイとは、またしても恐るべきさぬきうどんであります!

(ちなみに写真は食べ掛けです。この時、山越で写真撮り忘れたのを思い出しました!)



彦江製麺所 また路地

再び迷路のような路地を歩いて戻りました、、、

しっかし、讃岐うどんの奥深さはマジ、パねーっす!







■住所
香川県坂出市横津町3-6-27

食べログの説明:交通手段 高松方面から県道33号を通りファミリーレストラン「ぐりーんはうす 昭和町」を右手にある交差点を左折します。その道を抜ける前の左側に駐車場があります。その駐車場にお店への案内板がありますから、それを見てください。
とありますが、かなりこれも判りづらいですわ。

■営業時間
8:40~14:00

■定休日
日曜日







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

池上製麺所 


増井米穀店の後は、あきれる両親を尻目にある意味讃岐で一番有名なうどん店、池上製麺所へ。

ここは、関東で流れる番組でも数年前までは、いや今でも数ヶ月に1回くらいは見てる気がするくらい超有名な るみばぁちゃん がやっているお店。
ラッシャー板前が店を手伝っている映像は、もう何度もテレビで見ました♪
以前はもっと狭くてめっさディープな営業形態と、讃岐最安値と言われる激安の値段(1玉65円!)で有名でしたが、るみばぁちゃんの人気爆発で客が捌ききれず去年のあたまくらい(たぶん)に現在の場所に移転、広い場所で営業を再開したのであります。
その時のドキュメンタリーも夕方のニュースでやってました。
またラッシュー板前が手伝ってました!(笑)

そんな有名なるみばぁちゃん、会いに行かなければなりません!



池上製麺所 外観

到着したのは午後12時半。
讃岐平野を南に一気に下り、高松の中心部を経由して高松空港方面へ。
田んぼが数多く残る道をナビに連れられて進んでいくと、うどんの幟がたくさん立った場所が見えてきました。
ここがテレビで見た池上製麺所かぁ。
下を舗装してますけど、相当お金が掛かったんじゃないでしょうか?
余計なお世話ですね。



池上製麺所 売店

入ってすぐ左には、コロッケや氷屋などの売店が。
たくさん人が来た時にはお祭りのような感じになるのかな?
商魂たくましいという見方も出来ますが。



池上製麺所 入り口

クルマを停めて入り口へ向かいます。
ここも人はいますが、行列はしてません。
先客8の後客8です。
のんびりしてますねー♪



池上製麺所 メニュー

建物に入る前には、メニュー看板。
醤油と釜あげは知ってましたが、かけうどんもあるんですね。
値上げしたとはいえ、1玉150円!
安い、、、



池上製麺所 店内

中に入ると店の右半分は厨房、残りの左半分は客が流れるスペースになってます。
その奥には、あのるみばぁちゃんが!
どうやら会計はるみばぁちゃんがやるようです。
それ以外の厨房や接客はお弟子さんたち。
客が少ないので活気はありませんが、黙々と仕事をしています。
お持ち帰り用のうどんが目立ちます♪

最初、釜あげとそれ以外のうどんを注文する人で分けられます。
自分はすぐ食べられる冷やかけ、昼食を食べる気になった母親は「15分かかる」と言われても釜あげに拘ってました。
注文して茹でおきの麺が入ったどんぶりを受け取ると、会計へ、、、



池上製麺所 るみばあちゃん

いやしかしるみばぁちゃん、写真撮影にも気軽に応じてくれるし、埼玉から来たというと「埼玉いうたら、何が有名なんかね?」と普通にしゃべりかけてきてくれます♪
自分の撮るタイミングが少しズレてしまいましたが、しっかり携帯を見ててくれました!
さすが、撮られ慣れてますね~♪
香川県のアイドル、店のマスコットとしての役割を心得てらっしゃいます。
釜たまの卵はここで入れてくれるようで、小さな金庫の横に置いてあります。
会計の後は外の飲食スペースで食べるようになっています。



池上製麺所 テーブル

飲食スペースには簡易テーブルやイスなどが30席くらいあるでしょうか。
各テーブルには、有名な”醤油ダレポンプ”や薬味などが置いてあります。
客層はスーツを着た地元?の人や若いカップル、家族連れなど様々です。



池上製麺所 田んぼが

ガラス戸の向こうには、のどかな田園風景、、、

平和です、、、



池上製麺所 うどん排水処理

トイレの横には、「高濃度うどん廃水処理施設」なるものが!
そういえばテレビで、香川県はうどんを作ったり茹でたりする時に出る排水が原因の異臭問題なんかがあるってテレビで見ました。

うどん排水問題県が利子全額補助へ

ていうか!
たまたまリンクした先の動画ニュースで、池上製麺所が映ってた!
金魚が泳いでるところって、まさにそうですよ!
この写真の真下には水槽があって、金魚が泳いでました!
てか、「なんで金魚が?」って思ってたんです♪
排水がきれいですよーっていうアピールですね。



池上製麺所 うどん
冷やかけうどん小  150円

真ん中に線というか凹みが入ったうどんは、コシにネバリがあって弾力に富む面白い食感♪
その凹んだ溝にダシがよく絡んでウマイ。
極端に言えばモチのような感じですがそこはうどん、ちゃんと嫌味じゃない程度に食べられます。
薄口いりこつゆは、完全にうどんの引き立て役。
ネギだけ入れてシンプルに食べましたが、さすがに5食目で後半はちょっと疲れました。



食べログではなんと3.89の高得点を叩き出している池上製麺所ですが、一部では「茹で置きがヒドかった!」とか「従業員の態度が勘違いも甚だしい!」とか、「やたらお土産を勧められるのがイヤだった」とかいう意見もチラホラ。
中には従業員に大して「るみばぁちゃんに寄生するヤツら」とまで書いているヤツもいる。
確かに自分のうどんも茹で置きだったし、関係ないコロッケの店まで出してるし、お土産を勧められたし(買いましたw)、従業員に愛想はなかったし、、、

でも、自分はこの店を評価します。
うどんは茹で置きとはいえしっかりモッチリして美味かったし、苦労してきたばぁちゃんに商売っ気があるのは商売人なんだからしょうがないし(融資も受けてるだろうし)、従業員の態度は確かにアレだけど。。。

ただ、何より遠くから来た自分に普通にしゃべりかけてくれる気さくさと、讃岐うどんブームの一翼を担った功績、そして何よりるみばぁちゃんの存在そのものに時間とお金をかけて行く価値があると思いました。
突出したキャラクターは他のマイナスを帳消しにして余りあり、大きなプラスを生み出します。
それが、るみばぁちゃん。
そこに文句を挟む余地はない。
少いでも長生きして欲しいです。







■住所
香川県高松市香川町川東下字高須899-1 【鶴市町1009より移転】

■営業時間
10:00~13:30 16:00~17:00

■定休日
元日、不定休 (1週間に1回程度休)







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

増井米穀店 


なかむらの後は、増井米穀店です。

ここもうどん通達にS級に選ばれたお店!
映画「UDON」や夕方のニュースやなんかでも、川沿いから坂を下って延々と続く行列映像のインパクトが大!
ここはどうしても行きたかった!
だって、うどん屋なのに、米穀店ですよ!



増井米穀店 川沿い

土地勘のないエセうどん通の自分は、EZ助手席ナビくんに言われるがままにクルマを走らせます、、、

そると、なにやら川沿いの店に入って来てしまいました。



増井米穀店 見えた

が、まっすぐ行くと、、、あった!

いかにも昭和な感じの建物に、増井米穀店って書いてある!

クルマも停まってるし、ここに間違いない!



増井米穀店 外観

「水晶米」の看板が、いかにも米穀店という感じ♪
「うどん玉製造販売」とも書いてあります!
妙な違和感を感じつつ、懐かしいペリカン便看板の横のドアを開けて中に入ろうとすると、どうも雰囲気がおかしい、、、
中にはホントにいろんな種類の米が陳列してあるけど、、、
でも、米穀店だしなぁ、、、

と思ってたら、たまたまうどん玉だけを買いに来たおばちゃんに、「コッチだよ~」と右側の「うどん玉製造販売」の方の入り口へ案内されました(笑)
普通に入る方を間違えてましたー
(左から入るとうどん屋じゃなくて、普通に米穀店w)
道理でおかしいと思った!



増井米穀店 店内

そして店内。
水のサーバーにストーブ、そして薬味やトッピングの天ぷら、そして米穀店ならではのおにぎりが置かれたテーブル、そして昔ながらの洗面台、、、
う~む、昭和そのものだ。
なんか、落ち着いてしまいますね。。。



増井米穀店 静か、、、

うどん玉だけのおばちゃんは即行帰っていったので、店内には自分ひとり、、、
あのテレビでの喧騒がウソのように、静かな空間、、、

店は愛想のいいおばちゃんとご家族でやっているようで、何か普通に昔ながらのうどんを、昔ながらに出しているだけのような感じ。
それが人気の元なのかもしれないけど、それは完全に過去の話?
全然お客さんいないし!
それとも移転したとか?
坂とか橋とかなくはないけど、すぐ近くではないし。
簡易テーブルで15席くらいあるけど、ノーゲスト。
時刻は、午前11時30分。
後からサラリーマンが4人、別々で来ました。



CA396354.jpg

メニューはうどんだけでなく蕎麦もあるようで、これにはかなり惹かれました、、、
普段蕎麦にも興味があるので!
米穀店だけに、おにぎりにもかなり惹かれまくりました!
が、せっかくうどん遍路なんだし、かなり胃の調子もイッパイイッパイになってきたので、大人しくうどんを小で注文。
ちょっと待つと、すぐに出てきました。



増井米穀店 うどん
かけうどん小  180円

なんていうんでしょう、心が温まるうどんです。
ネギと揚げだけ入れてみましたが、とてもシンプルでウマイ。
テンションは上がらず、むしろ癒される感じです。
スローライフ、スローフードです。
今までで一番柔らかいうどんと、今までで一番濃いいりこだし。
体に染み渡るようなうどんは、それが讃岐の生活の中に根付いている理由のすべてを表している気がしました、、、



増井米穀店 行商

ひとりで食べ終わって店を出ると、またしてもヒマを持て余した父親が行商のおばちゃんと仲良く会話。
店の反対側の真ん前で、魚の入った発泡スチロールの箱を開けっぴろげ、大声でしゃべりまくってます!
気に入った父親は、ナマコを1kgくらい買ってました!
しかも、400円とな!
安いのは安いが、誰がそんなにナマコ食うねんな!
母親はクルマで寝てました、、、、





で。

懸命なうどん通の方は、もうおわかりでしょう。

わたしが、

谷川米穀店増井米穀店を間違えていることを!

そう!私が行きたかったのは、谷川米穀店だったのです!

でも、実際に行ったのは増井米穀店!


なんという事、、、(涙)

エセうどん通の自分はまるでテストの前日のようにPCで資料だけを集め、S級といわれる有名店ばかりをリストアップして全部行けたらいいなぁ~くらいに思ってました。
そのうちの谷川米穀店なんて、うどん屋なのに米穀店ですよ?!
ボクの好奇心を刺激しないはずがない!
しかし、一気にたくさんの店の名前を覚えられるほどの記憶力は持ち合わせてなく、しかも宮武だの山越だの中村だの田村だの長田だの山下だの山内だの、二文字名字を羅列されてもワケわからんって!

そして出来るだけプリントアウトして、親に途中で情報を言わせながら(自分は運転してたので)店を巡っていたわけですが、この谷川米穀店の特長として覚えていたのは、

・川のほとりにある

・うどん屋なのに米穀店である


の2点だけ。
それだけで十分だと思ってました。
だって、同じ条件の店が他にもあるなんて思いもしなかったから!
なので、プリントアウトする時に混ざり込んでいた増井米穀店の事を谷川米穀店だと思い込んでました。
とはいえ、店に来てやっぱり違和感は感じてましたけど、、、
坂はないし、橋もないし、何より行列がないどころか人がいない!
でも、讃岐うどんブームが去った今、どこに言っても行列などしてないし、中にはこんなにギャップのある店もあるのかなぁと思ってしまいました。。。

しかし、その間違って行ってしまった増井米穀店がまるで有名店の喧騒とはかけ離れ、地元にある普通の米屋さんという軽いカムフラージュの中に、昔ながらの店構えと優しいうどんを出していたことで、自分の持っていた考え方も間違いではないにせよ、「讃岐うどんの見方はそれだけではない」という事を思い知らされました。
こういう店にこそ、讃岐うどんの真髄と底力があると。
しかもこの店、実は麺通団が一番に紹介してるというじゃありませんか。


まさに、恐るべきさぬきうどん であります。







■住所
香川県高松市郷東町45番地

■営業時間
10:00~13:00頃

■定休日
日曜日、祝日






2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

なかむら


山越の後は、「我でネギを採り、我の分は我で刻む」で有名な なかむら(兄) です。

テレビで見た客と店主のやりとり、「大将ー、ネギないでー」「ほなら、裏の畑で取って来ーい!」(みたいな)やりとりが斬新で新鮮でインパクトありありでした!
今はネギを畑に取りに行くことはないそうですが、自分で刻むのは同じらしい。
さらにこの店のうどんは「グミのような」と評される独特の食感が特長との事。
これは確かめないと!



なかむら 讃岐富士

山越からクルマで田舎道を進みます。
いわゆる”讃岐富士”というのは坂出JCの南に広がる飯野山ですが(高速がホントに山の一部を走ってる)、高速をずっと走ってると似たような山が、それこそ”山ほど”あります。
が、こちらは本物の讃岐富士。
まるで絵に描いたような形の、ぽっかりと現れる山です。
思わずクルマを降りて写真を撮ってしまいました。



なかむら 土手

さて、なかむらです。
事前情報では、やたらと細い路地みたいなところをクネクネ行かないとたどり着けない!という話でしたが、助手席ナビに従って川沿いの道に入っていくと、何やらそれっぽいところに鯉のぼりが、、、
「幸せの黄色いハンカチ」みたいな感じでしょうか、それとも茨城の支那そば 人生水海道の信号みたいな感じでしょうか。

しかし、その下にあるのはどう見ても普通の民家!

しかし、普通の民家にしては異常にクルマが多い!

という事で、新しく整地された道を降りてクルマを降りると、後から続々とクルマが入ってきます、、、
どうやらここで間違いない模様、、、
しかし、畑とかどこにあんねん?



なかむら 外観

ビニールが被さってるところが食べるところで、その奥の煙突と白い暖簾のある建物がなかむら。
暖簾をくぐって中に入ります。
図らずも讃岐富士が入っちゃってますね♪



なかむら 店内

店内は入ってすぐ左目の前でうどんを茹で、会計もそこでやります。
部屋の真ん中には天ぷらなどのトッピングと、自分で切るためのネギと包丁w、そして生姜とおろし金、その他醤油や割り箸などが置かれたテーブルがあります。
「我の分は我で刻む」は本物であります!
会計は元気ないおばちゃん、麺を茹でるのは店主?、奥のお兄ちゃんは息子さん?
息子さんらしきお兄ちゃんは、ハンドボールの宮崎選手に似たイケメンであります♪

キャパは、壁際にカウンター5席、後は外にテーブルが20席くらい?
午前10時半の入店で、先客12後客20以上。
ていうか、まだ10時半かよ?!
それでも客はゾロゾロ増えていきます、、、、

恐るべし さぬきうどん!



なかむら メニュー

メニューはシンプル。
3種のうどんと大中小のみ。
冷やぶっかけの小を注文。



CA396345.jpg
ひやぶっかけ小 ちくわ  250円

量が少なくてありがたく感じてきました(苦笑)
色に反して濃い味のつゆはうどんによく絡み、ウマイです。
一気にすすると、一気になくなります。
うどんのコシは普通ですが、やはり柔らかめ。
ですが妙に残るというか、しっかりしながらも独特のネバリがあるというか、グミのような食感とはよく言ったものだと感心、、、
自分で切ったネギと自分ですった生姜は新鮮です!
ちくわだと思いましたが、何か違うような独特の練り物?
冷めてるのでウマイ!という感じではありませんが、それでも何か見た目寂しいうどんに+アルファしてくれます。



なかむら ネギ畑

食べ終わって裏口から外に出ると、そこでもたくさんの人が食べてました。
そのすぐ横の建物の隙間を覗くと、、、ネギ畑だ!
ていうか、畑の跡ですね、、、
今はほとんど栽培してないようですが、それでも若干何かが生えてます。
ここに座って食べることも出来るようです♪



なかむら 映画

ビニール裏側の端っこには、映画の撮影で使ったと思われる立て看が。



平日の昼下がり、、、いや昼前ですが、続々と敷地内に入ってくるクルマが、その揺ぎ無い信用を表しているのでした。

ひとつ後悔したのは、「スーパー分かりづらい!」という細道を見なかったという事です!







■住所
香川県丸亀市飯山町西坂元1373-3

■営業時間
9:00~14:00(売切終了)

■定休日
火曜日







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

山越


宮武うどんの次に向かったのが、一番込むであろうと思っていた山越
「やまこし」だと思ってたら、「やまごえ」なんだって事を行く寸前で知りました。

で、この山越、ブームのピーク時には一日1000人以上押し寄せたという讃岐うどんの最混雑店!
2005年のゴールデンウイークは、待ち時間が最長2時間、車の列が延々2キロも続いたらしい、、、
そのために駐車場を100台近く確保した(!)とか、客席も100人分あるとか、それなのに値上げしないで1玉100円が素晴らしい!とか、いろいろとウワサは聞いてました。
小麦高騰の昨今はさすがに値上げしたようですが、それでも1玉150円ですよ!
さらには10年くらい前に、キリンラガーのCMで広末涼子がうどんを打っていたお店でもあります。

そしてこの店で一番有名なのは、釜たま発祥の店であること。

常連の客が発案の釜たまとは、釜揚げしたうどんを水で締めず、そのまま生卵をかけるのでかまたま(釜玉)という名前になり、和製カルボナーラとも言われる讃岐うどんの定番にもなりました。
そんな超人気うどん店に行かないわけはない!
という事で向かいましたが、オープンが9時なのでさすがにここはもう並んでいるだろうと覚悟して行きました。
だって、ブームが去った後はむしろ行列が伸びたってウワサですからね。
ありえねーよ、、、



山越 駐車場

助手席ナビくんに連れられて延々と田舎の田んぼ道を進んで行き、それらしいところに着きました。
が、その前にクルマを停めなければいけないので駐車場へ。
大きな看板が出てるのでわかりやすいです。
隣は小学校なのかな?




山越 道路

駐車場から20mくらい歩くと、入口が見えた!
ラッキーなことに、あまり人がたくさんいる感じじゃないな♪
いることはいるけど。



山越 出口

で、さすがに飽きた両親をクルマに置いて、中庭みたいなところに入っていくと、なんかヘン、、、
よくわからずにウロウロしていると、たまたま出てきた店のおばさんに「あっ、入口はこっちですよー」と案内されました♪
初めての人にも優しいです☆


山越 入口

「あそこから入って注文してくれたらいいですからー」と言い残しておばさんは店の中へ消えていきました、、、
やけにちっちゃい入り口です。。。
人影もあまりありません。



山越 お品書き

入り口横には、お品書き。
写真も付いててわかり易い。
中に入ると簡易注文カウンターがあり、そこには人(従業員)が4,5人!
元気なおばちゃん達と、ひたすら麺を茹でながら注文に応じて取り分けるお兄さん。
いきなり活気がありまくりです!
釜たまを注文すると、サクッと掬ってこちらに渡してくれます。
お金を払ったらすぐに退散です。
なんでしょうか、この回転の良さは!
凄過ぎます!



山越 通路

どんぶりを受け取ると、そのまま通路を通って食べる場所を選びます。
ていうか、通路の途中でも食べられるんですねぇ(笑)
でも、いくら晴れてるとはいえまだ2月、ストーブのあるこの通路で食べてる人ばかりです。
ダシとか、薬味とかも揃ってるし。



山越 ダシ

専用のラベルを持ったかけダシもあります。
生姜や七味はもちろん、塩や醤油もあります。
自分はもちろん、そのままかけダシを掛けましたけど。



山越 中庭

さっき見た中庭にはテーブルやベンチなどがあり、思い思いの場所に座って食べられます。
さすがのキャパシティーはわかりません。
たくさんです(笑)
まぁ100席分は優にありますね。
午前9時40分の入店で、先客30(!)後客は50くらい?
行列はしてませんでしたが、自分が食べていると若い人たちを中心にサラリーマンなんかも続々と人が入り口に向かって歩いて行ってました!

朝っぱらから、なんなんだこの集客力!!!!



山越 道路2

食べ終えて駐車場に向かって戻っていく時も、大学生?みたいな若い人たちが続々と店の入り口へ向かってました、、、





ていうか、アレなんです。

肝心の釜たまの写真、撮るの忘れました!(号泣)

どんぶりを受け取って食べる前にいろいろ観察していたら、そのままなんとなくダシを掛けて食べ始めてしまい、驚きの集客力を目の当たりにしながら全部食べ切ってました!
写真がないことに気付いたのは、4軒後の彦江製麺所でした、、、

ていうか、一番見栄えのする釜たまをよりによって忘れるとは、、、(涙)
生卵がうどんとダシに絡まって、めっちゃウマかったです。
うどんは〆てないこともあって柔らかめ。
でも、それが素晴らしい☆
麺をコーティングする卵は、まさに和風カルボナーラ!
絶妙のバランスとでもいいましょうか、、、
ヌルリんとした喉越しも絶妙☆
とにかく美味かったっす。

その写真がないのは、、、無念です(大涙)







■住所
香川県綾歌郡綾川町羽床上602‐2

■営業時間
9:00~13:30

■定休日
日曜日







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

宮武


岩田屋の後に向かったのは、超有名店である 宮武

ここは、地元では「宮武ファミリー」と呼ばれる一派の総本山でありまして、手切り包丁を使う数少ないお店だとか。
そこから生み出されるねじれた麺の歯ごたえは、病み付きになるとか。
これは行かなければなりませんっ!



宮武うどん 道路

場所は、観音寺からだと結構ありましたねぇ。
高速でさぬき豊中ICから善通寺ICまで乗って、そこから下道で田舎道を20分くらい?
いきなり道路沿いに駐車場の看板があったのでそこにクルマを止め、歩いて店に向かいます。
到着したのは午前9時過ぎ。
超有名店なので並ばずに食べるためにシャッターを狙いましたが、少し遅刻してしまった!
ですが、駐車場にあまり車も停まってないし、同じタイミングで駐車場を出た地元のおじさんたちも全然大丈夫な感じで歩いてるし、平気なのかな?と思いながら歩いて向かいました。
父親はそのおじさんと普通に話してて、さすがのコミュニケーション能力を発揮!



宮武うどん 店

朝の光がまぶしい店の外観。

隣は普通に田んぼであります!

左の通路を通って敷地に入ります。



宮武うどん 入口

入口は普通のお店。
行列などは全くありません。
入口のガラスに「食べない同行者は入らないで!」的な事が書いてあったので母親は躊躇してましたが、結局入ることに。
いきなりジャブを噛ましてくるあたり、少しハードルが上がりますね(苦笑)
まぁ忙しい店にしてみれば当然なのかもですが。



宮武うどん 店内

店内は、厨房に面したカウンター6席、テーブル2人席1、テーブル4人席4、奥には座敷6人席が4。
結構なキャパシティーがありますね。
入口入ってすぐ横には、天ぷらの類がたくさん置かれた机があります。

こんな朝っぱらではありますが、先客6後客12。
さすがの有名店ですが、行列まではしてなかったか。
父親がまたもコミュニケーション能力を発揮して、店の主人に直接「昼んなったら戦場になるんですかー」と関西弁丸出しで質問(ウチの両親は関西出身)。
店主は普通に「いやー最近はそーでもないねー。ブームの頃は凄かったけど、最近は昼は忙しいけど、あとはそーでもないねー」と普通に大声で話してました。
話しながら普通に作業してましたけど。
ていうか、後ろではほんとにその場で生地を作りながら切りながら茹でてますね!



宮武うどん メニュー

メニューは、バリエーションが豊富!
「ひやあつ」とか「あつあつ」とかいう注文方法はここが元祖だとか!
関東にいても普通に使ってるくらいだから、それはそれでスゴイ!
とりあえずひやあつを頼んで、タコの天ぷらをチョイス。



宮武うどん うどん
ひやあつ(小)  250円

しっかり〆られたうどんは、コシの強さがハンパなくてウマイ!!
噛み心地も相当なものですが、しつこくないのでムシャムシャスルスル食べてしまいます。
って物凄いコシがあるみたいに書いてますが、こちら(関東)の讃岐うどん系のお店のようにただ固いだけではないです。
ムッチリしながらも芯の強さみたいなのはなく、粘り腰のような、まさにコシ。
関東と比べたら、こちら(宮武)のうどんは全然柔らかい。

太さは不揃いですが(部分的に)、それが食感として面白いので飽きない感じ。
いやー、素晴らしい♪
ダシは〆られたうどんのおかげで冷めますが、それでもいりこの風味が効いててこれまたウマイ!
でもさすがに微妙な温度感なので少々薄く感じます。
とはいえ、食べながら考えるという感じじゃないので、あっという間に完食であります!
タコの天ぷらはさすがに揚げ置きなので普通でした。



自分で下げ物をしてから帰り際に清算するんですが、ひやあつという事しか覚えてなくて、普通に「ひやあつです」と言いながら「あっ、天ぷらもだった!」と思い出すと、店主が「食べ終わったら普通何食べたか忘れる。天ぷらなら余計に忘れる。」と笑顔でフォローしてくれましたw
何も言わなければ普通に行けちゃうんだろうけど、そこを普通に信じて客の様子なんかはあまり見てないところにある種感動しました(苦笑)

店主が気分屋でコワイ!という記述も見かけますが、自分にとってここは来る価値があるお店です。







■住所
香川県仲多度郡琴平町上櫛梨1050-3

■営業時間
9:00~15:00頃

■定休日
水曜日







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

岩田屋


広島に帰ってやりたかった事。

それは、旧知の友人と広島のラーメン屋を片っ端から回りまくる事!

でしたが、、、

土日に勝手に用事(家族旅行)を入れられてしまい、その目論見はあっさり崩れ去り、、、

さらに、その用事はなかった事になり、、、(!!!)

せっかく友人との約束を断って諦めがついたところに「そんなアフォな!」というどんでん返しで、出かける意欲は一気に殺がれ、、、


で、なんとなく実家でネットを徘徊してました。
で、目に付いたのがうどん
最初は広島市内では超有名なちから本店の懐かしいカツオダシのうどんが食いたい!に始まり、むさしのむすびが食いたいとかになり、「そういえば、広島からなら昔から行きたかった讃岐うどん巡りに行ける!」となり、、、
思い立ったが吉日ということで、早速次の日には讃岐に行く段取りであります。
家族旅行の代わりといってはなんですが、両親も道連れであります♪

参考にしたサイトは、 讃岐うどん遍路はじめてのさぬきうどん

両サイトとも情報量、内容ともに初めての自分には申し分なし。
特に「はじめてのさぬきうどん」には、讃岐うどんの基礎知識からツアーの組み方、プランニングのコツから営業時間&休業情報、周辺の観光地案内まで付いているのでかなり参考になりました。

で、これらの情報をもとに資料を集めまくり、なんとなくこの辺りやこの店に行きたいなーという感じでしたが、土地勘がないので全然位置関係が想像できない、、、
なので、朝5時に起きて真っ暗なうちから出発であります!



岩田屋 瀬戸大橋

朝の瀬戸大橋は、月曜の早朝ということもあってか人影はまばら。

やたら風が強くて、暖かいクルマから外に出ると一気に体は冷え冷えであります、、、



岩田屋 海

海沿いに出てみると、さっきの風の強さは比較にならないほどの暴風!

まともに立ってられませんっ!



岩田屋 橋から

四国が近づいてくると、コスモ石油の製油所や、三菱化学の巨大なコンビナートが良く見えます。

で、まずどの店に行くかを決めてなかったので、プリントアウトしたお店リストの中から営業時間の一番早い岩田屋に行くことに決定。
ここは早朝からうどんを食べられることで有名で、なんと朝の5時半から営業しているらしい!
早朝の営業を一時は止めていたものの、また復活したとの事で向かう事にしました。

が。
観音寺がどこにあるかも知らなかったので、瀬戸大橋を渡ったらすぐ着くだろうくらいに考えていたら、EZ助手席ナビくんは1時間以上かかると予測。
「え?」と思いましたが地図を持っていなかったので、おとなしくナビられながら高速道路で向かいました。
ていうか、ホントに1時間くらい掛かって観音寺に到着!
まさか坂出からこんなに離れてるとは思わなかった!
尾道~今治ルートから来た方が早かったんじゃね?

さらに、近くまで来たものの場所が全く特定出来ず(ナビ使えねーす)、仕方なく観音寺駅前の交番で道を聞く始末、、、
ここの交番が超~~親切で、たまたまいたお巡りさんが岩田屋の事を知らなかったので、わざわざ朝っぱらから知り合いにケータイで電話してくれて、早朝うどんをやってるらしい事までちゃんと確かめてくれて、細かい行き方まで教えてくれました!
やはり田舎の方々は、皆さん感動するくらい親切であります、、、



岩田屋 外観

で、到着した岩田屋。
かなり昔の街並みがそのまま残る観音寺ですが、ここもそんな雰囲気、、、
人通りもほぼなく、一台クルマが通っただけ、、、
で、一度看板を見つけたのですが、とてもじゃないけど営業してる雰囲気は皆無なので、親は「こんな朝からやってないのんと違うん?」と超懐疑的、、、

が、店の前を通ると、薄暗~くて不気味な店内で、いかにもこれから仕事です的な作業服を着た若い兄ちゃんがうどんをすすってる!!!
これには思わず全員で大声を上げてしまったほど驚いた!
初っ端から、えらくディープな店に来てしまいました、、、



岩田屋 入口

場所は、三架橋南詰から次の狭い路地を入っていくと左手にあります。
角にスナックがありますが、お巡りさんはそのスナックの名前は知ってました(笑)
まぁ目印的な感じだし。

ここは創業40年と観音寺では老舗の製麺所。
外観からもそれは覗い知れますが、中に入るとディープさにも更に磨きが掛かってます!



岩田屋 店内

店内のレイアウトはコチラに詳しいですが、とにかく古い!
田舎の農家の納屋みたいなニオイがします!
店はおばちゃんとその息子さん?らしき二人で切り盛り。
後からネットで見ると、ここの名物おばちゃんが超コワイとか、注文の難しさでは讃岐随一!とか書いてありましたが、別にそんなことはなかったです。
普通にいい感じのおばちゃんでしたよ。
息子さん?はかなりの職人肌でしたが。
イメージとしては映画「UDON」に出てきた、ユースケ・サンタマリアのお父さん役の人そのものです!
(年はもっと全然若いけど)

自分らが注文すると、黙って釜に火を入れてました。
実際はミニコンロで作ってましたが。(関係なかったw)



岩田屋 メニュー

メニューは、かけうどんのみ。
あとは大、中、小があるだけです。
連食するので小を注文。

キャパは、テーブル4人席1と、隣の狭い別室にテーブル5人席1。
イスやテーブル、湯のみ茶碗などはすべて年季が入っており、ところどころ欠けているのが当たり前。
テーブルには七味だけが置いてあります。
午前8時の入店で、先客3後客0。
先客はすぐにいなくなってしまったので、静か~な別室で待ちます、、、



岩田屋 うどん
かけうどん 小  250円

出来ると呼ばれて取りに行きます。
観光客とわかっていたからなのか、セルフ的な感じはしませんでしたね。
トッピングのネギとか生姜とか以外は。
ダシも入れてくれたし。
受け渡された倉庫(製麺所)の入口のテーブルで薬味を掛けて、テーブルに戻ります。

ダシは、讃岐の特徴であるいりこメインのダシですが、普段ラーメンで永福町系のものを食べ慣れているので、そこまでイリコ(煮干)が満載な感じではなく、あくまでもカツオとかと混合。
(この感じは全店共通)
でも、その加減がちょうど良い♪
じんわりとやさしい、体に染み込むようなおダシです。
ちなみに、「岩田のダシは、観音寺では二日酔いの妙薬」とされ、珍重されているようです。

麺も讃岐うどんのイメージが持つようなコシがバリバリのものではなく、むしろかなり柔らかめのうどん。
〆てないから当然ちゃ当然なんだけど。
小麦の旨さも感じられるし、じんわりしたダシに丁度いい感じのうどん麺です。



朝ごはん代わりの一杯でしたが、十分体が温まりました。
越 谷 デ ィ ー プ (←選りすぐり6軒をリンク♪)に慣れていなければ確実に躊躇したであろう岩田屋でしたが、父親もこういう店に慣れているらしくその事に驚きましたw
さすがオレの親だ。

そんな感じの1軒目でしたが、思いのほか時間を食ってしまったので、S級有名店宮武の開店に間に合うよう急いで出発したのでした!







■住所
香川県観音寺市観音寺町大和甲3389

■営業時間
5:30~13:00

■定休日
日曜日







2009.2.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 香川 |

インド料理 SURAJ ス~らず


ウイグル料理を食べてから妙に異国の料理が気になってしょうがなく、ラーメン食べずに自宅でカレーばっかり作っていたのですが(直接関係ないけどw)、その勢いで近場のインド料理に行ってみました。

店の名は、インド料理 ス~らず SURAJ

せんげん台に、ここ1~2年くらいの間に出来た新しいインド料理のお店です。
「ス~らず」とは、太陽という意味らしいです。
確か前はこの場所に海鮮和食割烹みたいなお店が入ってた気がします。
以前行ったじょっぴん亭はすぐ裏にありますが、その時ココはまだなかったはず(自信はない)。



インド料理 SURAJ  概観

場所は、東武伊勢崎線せんげん台駅東口。
ロータリー正面斜め左手に入るちょっと狭い路地を入って最初の角を左に行くとあります。
和食屋がかなり大き目の店だったので、駐車スペースも大きめです。



インド料理 SURAJ  店内

店内は、意表を突いて居ぬきの物件をそのまんま使っているとしか思えない感じの和風な色合いの濃い雰囲気!
正直、かなりビックリします(笑)
寿司カウンターなんかもほぼそのまんまカウンター10席くらいになってるし(さすがにショーケースはない)、テーブル4人席5もたぶんそのままなんだろうし、入口入ってすぐ右にはなんと純和風の個室座敷6人席まであります!
まぁ純インド風の内装とかは別に期待してなかったので別に構いませんが。
そこでインドのお兄さんたちが普通に接客してくれるので逆に面白いです♪
いくつかのサイトに南アジア系の人が接客と書いてありましたが、インドの人にしか見えなかったなぁ。
皆さん日本語は達者だし、笑顔が素晴らしい!
午後9時の入店で、先客0後客0。



インド料理 SURAJ  メニュー

メニューも安っぽくなくてちゃんとしてます。
値段も特に安くはありませんが、そんなに高い感じでもないし。
セット物もあって選びやすいです。



インド料理 SURAJ  メニュー2

メニューの裏には軽い読み物なんかもあり、香辛料好きの自分には参考になります。
”カレー”の語源って、いろいろあるんですねぇ。
インドのお兄さんと会話しながら、ラジャセットなどを注文。
カレーは辛さを選べますが、2辛にしました。(0~4までだったかな?)



インド料理 SURAJ  セット
ラジャセット  1580円

小カレー(チキン・野菜、プロウン、ポークサグの中から一品)、シークカバブ、チキンティッカ、ナンorライス、サラダ、ドリンクのセット。

まずはサラダとシークカバブ、チキンティッカ。
サラダはドレッシングが油を感じさせず独特の甘さがあってうまい。
細長いシークカバブもドレッシングと同じような色と味わいですが、肉そのものの旨みとかがあまり感じないので普通。
チキンティッカって、タンドリーチキンと何が違うのかわかりませんが、これがウマイ!
今まで他で食べたタンドリーチキンだと、どこも鶏の旨みとかがなくて固くて正直うまいと思ったことがなかったのですが、ここのチキンティッカはしっかり鶏が旨くてビックリ♪
しっかり香辛料とかと合ってるし、初めてウマイと思いました。
(チキンティッカがタンドリーチキンとはぼ同じと仮定して言ってますが。骨のあるなしかな?)



インド料理 SURAJ  サグポーク

ポークサグ(豚とほうれん草)は小皿で出てきますが、量そのものは決して少なくはありません。
適度につけて食べてましたが、ナンが大きくてもカレーが余ってしまいました。
甘みよりも旨みと辛味が直接キマすが、正直かなりウマイ!
南インド系のサラサラ系ではなく、かなりねっとりしっとりな感じです。
ナンともよく合うし、かなりの安定感を感じます。
また行きたい!と思わせるに充分のおいしさ☆
最近自作しまくってるのですが、どうやって作ってるのか教えてもらいたいです(笑)



インド料理 SURAJ  ナン

少し後で来たナンですが、これがデカイ!
40cm以上はあると思われるナンは籐製のパンかごから完全にはみ出していて、上に乗っかってるだけになってます(笑)
しかもこのナンがウマーイ!
ここまでナンそのものにしっかり味があるのも珍しい!
それも調味料とかではなくて、小麦の旨さがバターなんかで増幅されて充分伝わってくる感じ。
ついでにチーズナンもかなりウマーイ!
チーズがいい感じでトロけてて、しかもチーズが素晴らしい。

ナンが単体でしっかりウマイのでその時点で満足ではありますが、カレーとの相性もヤバイ。
たまたま座ったところから厨房の中が見えたのですが、相当技量の高そうな方がしっかり手作りで作ってましたよ。
体は暖まったし、量的にも申し分なく、かなりお腹がイッパイになりました。
ドリンクのラッシーは普通でしたが。



かなり寒くて天気も悪かったし、場所が目立たないだけにずっとノーゲでしたが、もっと評価されてしかるべき良いお店と断言できます。
ていうか、書いてる今また行きたくなってるし、、、







■住所
埼玉県越谷市千間台東1丁目5-16

■営業時間
11:00~23:00

■定休日
なし(?)







2009.3.4
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

麺空海 


広島での3日目。
姪と甥を遊びに連れて行く約束をしていたので、広島ではメジャーなゆめタウンへ。
(広島のヨーカドーみたいなもんです)

その前にご飯を食べる事になり、なぜかラーメン屋へ。
(自分の都合ではない)

店の名は、麺空海

東広島市西条町という田舎町にあります。
実家の隣町の西条は、灘、伏見と並ぶ日本三大銘醸のひとつで、賀茂鶴、賀茂泉、福美人など8つの醸造場があります。
その東広島、この不景気な状況下、なんと県内でもっとも発展しつつある程度先の好況も期待できる数少ない土地らしい。
広島大学、近畿大学の誘致とそれに伴う住宅地域の開発、同時に広島空港の移転などにより10年以上前は好景気に沸いていましたが、それが一段落した今も呉東広島道路などが整備中で尚且つ戸建住宅を建てられる環境が整っているとあって、かなり期待されているようです。
よく知りませんが。

そんな東広島の中心地・西条にもたくさんのラーメン屋はあり、麺空海はその内の一つです。
前から知ってはいましたが、東広島で「尾道ラーメン」を謳っているところと、街道沿いや周辺需要を見込んで家族連れ中心に人気があるようなので、特に行きたいと思っていたところではありません。
でも、親戚の子に言われては、行かなければいけませんね。
(別にイヤイヤ行った訳ではないですw)



麺空海 外観

場所は、御菌宇から土与丸に抜ける新375号バイパスが出来るまでは西条~高屋間のメインストリートであった旧375号線を、西条IC方面へ向かっていくとゆめタウンのちょっと先右手に見えます。
てな事を言っても、ここを読んでる埼玉近隣の方にはサッパリでしょうけど(笑)
白い外壁のモダンな外装は(モダンという言葉の持つ少し旧い感じのニュアンスも含めて)、一見するとラーメン屋な雰囲気ではありませんが、道行くクルマには赤い看板が目立つので所在はすぐにわかります。



麺空海 店内

店内は、木を多用する落ち着いた雰囲気。
ヘンに奇を衒ってないので、家族連れも来やすいですね。
もちろん、一人でもカップルでも同じです。
キャパは、L字カウンター(だったっけ?)10席、テーブル2人席1、テーブル4人席2、テーブル6人席2、座敷6人席3。
結構なキャパがありますが、日曜の昼1時前ということで先客26後客11。
店内の活気はかなりのもので、地元での人気振りが覗えます。
やはり老若男女含めた家族連れがほとんどですね。
ちょっと期待感が高まってきました、自分単純なもので(笑)



麺空海 メニュー

メニューは手作り感満載のスケッチブックです♪
文字もほとんどがひらがなです。
ありがちなバリエーションですが、この客層ならハズシが少ないともいえます。
この他定食などもあり、ボリューム感などでこちらもかなり人気があるようです。
特に何が頼みたいわけではなかったので、目を引いた西条のお酒ラーメンと餃子を注文。
これを頼んだ事を、書いている今、後悔してますけど(苦笑)



麺空海 ラーメン
西条のお酒らーめん  880円

どんぶりの隣には煮切り酒が付いているのが特長。
特に何も考えてなかったので、味噌ベースだったのにビックリ。
ただかなり薄めなので非常に食べ易い。
ていうか、、、、お猪口の酒を入れなくても最初から入ってます、お酒(笑)
それ以外はありがちで特筆すべきもないですが、文句の付け所もありません。

麺は中くらいの平打ち気味なもの。
若干柔らかめですがしっかりコシもあり、味噌スープとの相性も良好。
悪くないです。

具は、広島の誇るべき食文化の一つである細もやし、軽く茹でたチンゲン菜、青ネギ、細めのメンマ、モモ肉?のチャーシュー、時代を感じるワカメ、大き目の海苔、味玉。
結構な具沢山です。

煮切り酒を入れると酒風味は増しますが、それによってラーメンの質が劇的に向上する感じではありません。
ただ、地元の素材を使ってこういうメニューを作る姿勢は充分評価に値すると思います。
普通に美味いし。
ちょっと温いですけど。



麺空海 餃子
餃子  350円

しっかり綺麗な焼き目が付いた餃子。
見た目ほどのパリパリ感はありませんが、逆にしっとりした皮が好印象。
餡は、、、覚えてないなぁ(苦笑)
でも、普通に美味しい餃子でしたよ。



麺空海 歌

帰りに会計していると、隣になにやらCDコーナーを発見♪
どうやら、ここの店主が歌っているようです。

で。
なぜ、さっき西条のお酒ラーメンを頼んで後悔したかというと、実はここの「元気だせよ定食 プレミアム(3800円)」を注文すると、なんと店主がギター弾き語りで歌ってくれるのだそうだ!

励ますラーメン屋さん (下の方)

さっきHPを見て知ってナニコレ珍百景でのことを知り、激しく後悔しました、、、

ラーメンより、歌を聴くべきだった!







■住所
広島県東広島市西条土与丸5-4-34

■営業時間
11:00~16:00 17:00~22:00

■定休日
火曜日







2009.2.15
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 広島 |

旭川ラーメン きく家


シルクロード ムラトでラグメンを食べた後は、近場でラーメン屋探し。

レッズランドから埼大通りに出てすぐにある新店・醤道 ver.心か、メン屋 ちっきんか、あるいは久しぶりのきく家に行くかで悩みましたが、新店はいずれ行くだろうけどそうでない店はこういう機会でもなければなかなか行かないので、あえてきく家にしましたw
近いし。

久々のきく家。
後輩のzuは前回のトラウマがあるのか、店主に話しかけられないかビクビクしていましたw
午後1時過ぎの入店で、先客6後客5。
コンスタントに入店があるようで安心しました。
客の出入りがある度に接客の奥さんだけでなくご主人の声も聞こえてきますが、厨房奥にいるので姿は見えず。
ただ声が「こんな明るい声だったっけ?」と思ってしまうくらい愛想のある声だったので、安心すると共にちょとビックリ。
キャパの割には狭い店内でテレビを見る風景は、地元重視のお店によくある光景ですね。
最初は何にするか迷いましたが、やはり課題のモノを注文♪



CA396656.jpg
カルボラー麺  735円

基本的なルックスは具がほぼ同じ事もあって前に食べた魚骨ラーメンと似ています。
ていうか、他の人のを見ててもここのラーメンはほぼ同じような見た目な気がする(笑)
中身は当然違うんだろうけど。
で、ラーメンが来たときに奥さんから注意が入ります。
「最初はそのままで食べてから、玉子を混ぜてください」、、、だったかな?
なんか、そんな感じです(苦笑)

さてそのカルボナーラ・インスパイアのラーメン。
背脂の浮いたスープは豚骨ベースながら魚介もしっかり入ってます。
ちょっと意外、、、
カルボナーラで魚介???
で、それを背脂と豚骨のクリーミーでマイルドな甘さが包み、飲み易いスープです。
牛乳とか入ってそう(わかりませんでしたが)
塩分も少し高めに感じました。

麺は中太の縮れ麺、これも同じです。
麺そのものがしっかりしながら濃い目のスープをよく絡みます。
いいですね。
普通ですけど。

具のチャーシューは肉がしっかり主張するタイプで、私のタイプでもあります♪
カイワレとキクラゲもこの店ではお約束。
でも、カルボナーラでカイワレ&キクラゲ?
写真ではわかりませんが、これまたお約束の生玉ネギの刻みも入っています。
この玉ネギの苦味と生々しい感じは、かなりカルボナーラのイメージと相反する感じ、、、
チャーシューもモロに普通のラーメンだし。。。
なんか、カルボナーラうんぬんは考えてはいけない気が微妙にしてきました。
まぁまだ肝心の温泉玉子を食べてませんが。
海苔はさすがにありません。

ていうか、こんなに探り探りラーメン食べるのも久しぶりだw
どこでカルボナーラが爆発するのか、ある意味戦々恐々であります。

途中先客がいなくなって、後輩zuは店主が厨房から出てくるのを期待しつつ恐れていました(笑)
が、その後ちょくちょく入店があり、結局店主は出てこられず、、、う~ん、残念!(マジで)

温泉卵以外は至って普通にうまい魚介豚骨ラーメンでしたが、、、

問題の温泉卵は黄身がユルユル~な感じの食欲をそそるもので(当たり前)、これを割ると黄身がトロ~~んと染み出してきます。
これだけで視聴率が2%上がる感じです。

これを割ってみると、、、

なんというか、魚介豚骨ラーメンに温泉卵を入れた感じです!(爆)

混ぜてみましたが「魚介豚骨ラーメンに温泉卵を入れた感じ」以外には成り得ず、カルボナーラのように卵が半固形化して麺に絡みつくわけでもなく、黒コショウやチーズ、ベーコンが入っているわけでもなく、なんというか「魚介豚骨ラーメンに温泉卵を入れた感じ」以外には成りえない。。。
大きく大~~きく拡大解釈してチャーシューがベーコン、甘くてクリーミーな背脂がチーズ、温泉卵は超弱火でパスタに絡ませる生卵、生玉ネギ(もしくはカイワレ?)が黒コショウ???

ウマイのはうまいんですが、食べる側が驚愕し、踏み絵のように食べる側を完全に二分するような強烈な個性を放っているわけでもなく、まるで家でお母さんが子供に「今日はラーメンに温泉卵を入れたから、カルボナーラ風よ♪」と軽い感じで言ってみたような雰囲気。

もちろんラーメンそのものが拘りのプロ仕様なのでレベルは違いますが、発想としては同じような気がしてなりません。
う~む、自分の愚かな舌と脳では理解出来ませんでした。
食べ方間違えたかな?
それとも過度に期待し過ぎたかな?
いや、逆にこういう引っ掛かりをワザと用意して次の来店に繋げるみたいな感じでしょうか?
いや~、そんなまどろっこしい遠回りな事をするような店主じゃないと思うしなぁ、、、
逆に奥さんの忠告を無視して、熱いうちに最初からカルボナーラみたいにグチャグチャに混ぜたら玉子が半固形化して麺に絡みついたかも?
う~んんん、、、



そんなような事をいろいろと考えさせられる奥深~いラーメンです、、、、、、、、







2009.3.1
Comment : 0
TrackBack : 0

シルクロード ムラト 


いわゆる「粉もん」をはじめ麺類大好きな自分ですが、夢は麺類だけを食べるために世界旅行に出る事!(今作ったw)
でも、んな事をすると、仕事を辞めた上に金も時間も掛かるので無理!

で、そんな自分が気になってしょうがなかった店に行って来ました!

その店の名は、シルクロード ムラト

中華人民共和国の西にある新疆ウイグル自治区の料理が食べられるお店です。
この地区では当たり前な麺料理・ラグマンが食べられるのです!
レッズランドに行く度に前を通りかかって、ずーーーーっと気になっていたんです♪
店構えからしてかなり独特な風貌なので、ディープな雰囲気がそそってくれてしょうがありません☆
All About にも載ってます。



シルクロード ムラト 外観

場所は、JR北浦和駅から埼大通りをずーっと真っ直ぐ2.5kmくらい進み、首都高埼玉大宮線をくくって200mくらいの左手。
ていうか、明らかに埼京線の南与野駅からの方が近いですね。
「ダ~イナミック ダイクマ~」でおなじみダイクマとヤマダ電機(同じ)、津気屋のある交差点の手前です。
昔はこの半分(右側)だけでしたが、いつの間にか隣を併合して広くなってました。
だから表の絵が全然違う感じになってるんですね。



シルクロード ムラト 店内

オープンちょい前に着きましたがまだやってないぽかったので、裏の方で梅の花を見て時間を潰し、12時ちょうどにやってくると、自分達の前にいたカップルが店に入っていきました。
やってんじゃん!
なので自分らが入ろうとすると、ご主人のエリさん(男)が電光掲示板のスイッチを入れに出てきました♪
ご挨拶してから入店です。

店内は、入ってすぐ手前にカウンターと厨房、奥にはゆったりしたテーブル席が広がります。
装飾も派手さはないながら、布をうまく使っていい雰囲気にまとまってますね。
素朴な感じが店のキャラクターによく合ってます。
キャパはL字カウンター8席、テーブル4人席4、テーブル2人席3。
以前は相当狭かったと思われます。
BGMは、ウイグルっぽい、、、というかイスラムっぽいモノ。
正午の入店で、先客5(もっと前に3人入ってたw)後客5。
マニアックな外見ですが、既にファンは少なからずいるようです。



シルクロード ムラト カウンター

カウンターからは厨房がよく見え、作っているのがわかります。
で、この店の特長は、全てを手作りしているという事。
ラグマンもちゃんと生地を手で延ばしてから茹でてます♪
なので、ここの悪評でよく聞くのが「料理が出てくるのが遅い!」という事。
その辺りは踏まえた上で行きましたが、この日は全然普通に出てきましたよ。

まぁ全部手作りなんだからある程度時間が掛かるのはわかりそうなもんなので、それがイヤなら行かなきゃいいって話です。
そんなハードルの高さも、気になっていたポイントのひとつ♪
あとは、ネットで見る写真が須らくナイスな笑顔な事。
外国の方がやってますが、支持されているのは絶対中の人がいいからに違いありません。
食べログでも4.05の高得点!



シルクロード ムラト メニュー

メニューはシンプルで見やすい造り。
半ペラ一枚で分かり易いです。
こちら面は、シシカバブ(この店の表記ではシシカワブ)やラグマン(店の表記だとラグメン)、焼いた肉や麺類など。
うどんやきしめんといった表記もありますが、それは日本用にアレンジしたものと解釈しました。



シルクロード ムラト メニュー2

その裏面には、炒め物やご飯もの(&粉モノ)、スープ、サラダなど。
種類は多くはないですが、それぞれ料理のキャラクターが伝わってきます。
炒め物は似通った感じもありますが、まぁそれはそれでOKです。
とりあえずラグマンと串焼き、あとピラフも頼んでみました。
ピラフには(ヨーグルト付き)って書いてあるっ、、、、



シルクロード ムラト ピラフ
【ポロ】ウイグル式ピラフ(ヨーグルト付き)  700円

しばし待つ事15~20分くらい。
メニュー見たり、それについて話してるとあっという間です♪
最初に来たのは、ウイグル式ピラフ。
でもピラフというより、骨付きラム肉から取ったダシで炊いた炊き込みご飯なのだそうだ。
確かにヨーグルトが付いてます!

茹でた?羊の肉が乗っかったピラフはかなり冷めてしまってましたが、味付けは特にキツイこともなく普通。
具は人参とか玉ねぎとか。
それだけだと何のインパクトもないですが、試しにヨーグルトをかけてみるとこれがウマーイ!
なんというか、ピラフにヨーグルトを書けた感じとしか言いようがないんだけど(苦笑)、ヘンなミスマッチ感もなく、むしろなぜ今まで知らなかったのか?!ってくらい合ってる!
なんじゃ、こりゃー
この発想はなかった、、、
さすがは普段触れない地域の料理だわ。。。
今度から家でピラフ作ったら、絶対ヨーグルトかけますね間違いない。
温くなければ完璧だったんだけどなぁ、、、
まぁお二人で全部手作りでやってるのでしょうがないか。



シルクロード ムラト 串焼き
【シシカワブ】ラム肉の串焼き(1本)  180円

次に来たのが、ラム肉の串焼き。
バネの付いた串に刺さってます。
ネットによると、ハラールミートだそうです。
なので、肉は全く臭みもなく(あってもいいけど)、弱からぬ香辛料系の味と香りがしますが、しっかり柔らかめの肉は塩加減も含めて普通にうまい。
辛味もそんなにないし、食べやすいです。
特に肉が上質なわけではありませんが、しっかり特色を出した味付けが異国感満点です。



シルクロード ムラト ラグマン
ラグメン(セット)  680円

最後に来たのがラグマン。
この店の表記だと、ラグメン。
麺だから?(ローマ字表記もLagumenだった)

でこのラグメン、メニューの写真では具と麺が別皿でしたが、最初から一緒になってます。
具はジャガイモやピーマン、羊肉、ニンニクの芽などが炒められていて味付けはトマトがベース?
そこに香辛料や塩コショウで味付けした感じ。
ジャガイモは人参だと思っていたので最初はビックリしましたが、これはこれで普通にうまい。

で、特徴的なのがラグメン。
なんといっても麺が長~~~~いっ!



シルクロード ムラト 長ーーい

あまりにも長いので取り分けが非常に困難(笑)
後輩zuと分けましたが、3本しか入ってないじゃん!
って思ってたら、「オレ、途中で切っちゃったんすけど。」って言われました!
もしかしたら、1本麺なのかもしれない!
太さも微妙に、、、というか露骨に部分的に違うし、しっかり茹でてあるのにめっさ強めのコシを持っている!
するするした口当たりなのでどんどん食べてしまいますが、うどんやきしめんというより、カンスイの入った超極太の中華麺を食べてるイメージの食感はイイですね。(あくまでイメージ)
具との相性もいいし。
ただ、やはりというか、1本麺は食べづらいです(笑)



この後ここでもう少し食べるか、次の店でラーメンを食べるか迷いましたが、結局ラーメンへ行く事に。
なのでここで切り上げましたが、この店には必ずまた来たいと思いました!







■住所
埼玉県さいたま市桜区栄和3-20-13

■営業時間
12:00~15:00 17:00~0:00

■定休日
火曜日







2009.3.1
Comment : 0
TrackBack : 0

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /