This Archive : 2009年01月

らーめん春日部 ミドリ食堂 


2月にやるイベントの為に今月半ばから自作ラーメン作りに励んでおりまして、スープ作りがいかに大変かを思い知らされている毎日、、、、
一晩寝かせた方が味が馴染むとか、魚介はモノによって低温(あるいは水)から煮出した方がいいモノや、沸騰させてから煮出して一気に採る方がいいモノや、沸騰させてから弱火にしてじっくり煮出した方がいいモノなど、やたらと細かくダシばっかりとって試飲する毎日、、、


CA396176.jpg CA396115.jpg CA396147.jpg


 CA396146.jpg CA396144 魚介ダシ CA396157.jpg




カエシも醤油ベースでダシと塩でいろいろ試してますが、味見し過ぎて何がいいのかわからなくなってきました、、、(涙)
スープとして合わせてみても、いろんな組み合わせでそれぞれ味も違うし、麺によっても違うと思う。
(麺は2種類しか試してない)
そんな中、自分で実践して思ったこと。

それは、化調ってスゲー!って事。

ハイミー&味の素の組み合わせは、マジでスゲー!
いや別に宣伝するつもりは毛頭ないんですが(笑)、ラーメンバンクで有名店の店長さんたちが言うように、最後にこれを入れるとバシッと味が決まるんですよ!
もちろん化調独特の風味になる事は間違いないんですが、自分の拙いダシで作ったラーメンスープには充分過ぎるほどしっかり纏めてくれます!
今までは(特に最初の頃は)”化調風味”なんて半ばバカにしたように使ってましたが(でもウマイものはウマイというスタンスは変わらないので蔑視していた訳ではない)、ダシのカタマリであるラーメンスープにとって化調が如何に力を発揮するかというのを肌で感じさせられた次第であります、、、



あと、痩せなければならないという大義名分があったため外食ラーメンは控えていたわけですが、夜中にご飯を食べることになり、ファミレスではアレなのでという事で、春日部の気になっていたお店に行って来ました。

その店の名は、らーめん春日部 ミドリ食堂

元らーめんとん太のあった場所で、長野県を中心に展開するらーめん じゃげなが2008年5月に春日部でオープンさせたラーメン屋であります。
木材に緑色の組み合わせ(いんちきウェスタン風♪)と、大きく書かれた”トンコツ”の文字が結構目立ってます。



ミドリ食堂 外観

場所は、いわゆる旧4号沿い。
東武伊勢崎線一ノ割駅東口から旧4号に出て、春日部方面に200mくらい行くと右手にあります。
マツエツのすぐ斜め向かいですね。
しょっちゅうここの前は通ってましたが、駐車場がこんなに広いとは知りませんでした。
(20台分くらいありそう)



ミドリ食堂 店内

ある程度ラーメン店を展開するお店だけあって、店内もちゃんと”いんちきウェスタン風”にところどころ手が入れられています。
キャパは、対面カウンター8席、カウンター6席、テーブル4人席3、テーブル6人席2、座敷6人席2と、かなり大き目のキャパシティー。
家族需要にもしっかり応えます。



ミドリ食堂 カウンター

入って正面にはレジ、その奥には厨房。
6席のカウンターは厨房の正面にあります。
2人でしたが、夜遅めという事もあってかテーブル6人席に案内してくれました。
午前0時半の入店で、先客10後客1。

厨房には仕事出来そうなお兄さんが二人で、フロアは染髪のおばさま。
とん太時代からそのままオーナーが変わっても働いている方もいるようですね☆
ざっくばらんな感じの接客で悪い気は全くしません♪
ていうか、レンガとかコンクリ打ちっぱなし風の壁紙は見たことありますが、コンクリブロック風の壁紙(たぶん)は初めて見ましたというか、今気が付いた!(レジ台)



ミドリ食堂 酢

テーブルには、多めの調味料がセッティング。
ニンニクチップやエコ箸などと共に、唐辛子(たぶん)の入った酢なども。
¥100占いがあるもかなり久しぶり♪



ミドリ食堂 メニュー

メニューは、豚骨ラーメンがウリかと思いきや、どうやら味噌がメイン?
メニューのレイアウトが変わったのかな?
どこかで「醤油とんこつがオススメ」みたいな記事を読んだ気がするけど、、、
まぁいいか。
気分的に気になった大和トロ芋醤油らーめんと豚マヨ丼、注文。
後から焼き餃子も追加しました。



ミドリ食堂 豚マヨ丼
豚マヨ丼  250円

キレイにマヨネーズが波打ってる豚マヨ丼。
最近のラーメン屋では、どこに行ってもほぼこういう感じの盛り付けですね。
細かく刻まれたチャーシューの下には、ネギが敷いてあります。
食べると一瞬酸味がきますが(たぶんマヨネーズ由来)、しっかり混ぜるとハズシのないコンビネーションを見せてくれます。
普通にウマイです。
が、250円なので甘く見てましたが、以外に量が多くて苦戦、、、
毎日ラーメンスープばっか飲んでて胃が小さくなったのか、正直多くてビックリしました。
ただ、普通の人が食べるには、むしろCP高くてイイと思います。
ラーメン食べながら頑張って完食!



ミドリ食堂 ラーメン
大和トロイモ醤油らーめん 750円

やってきましたトロ芋ラーメン!
図らずもどんぶりっ子さんとカブってしまいましたが(笑)

そのラーメン。
かなり醤油がガツーンと主張するスープは化調もかなり強めに感じられ、ダシのベースは豚骨清湯?なのか鶏?なのかわからず。
塩分も結構高めで、味が濃いとの評判は本物。
麺は中太くらいの縮れで、スープとの相性も普通。
悪くはないけど、そんなに良くもないです。

中央には大和トロ芋がデ~ンと鎮座し、真ん中に玉子の黄身。
このトロ芋、ダシと辛味で味付けしてあって、ご飯に合いそう♪
このラーメンでも別にいいとは思いますが、薄めのラーメンの方が合うと思いました。

チャーシューはバラですが、薄くて脂分がかなり多めで正直イマイチ。
メンマは味付け控えめで好印象。
ネギはスープが濃いのでもう少し多くてもよかった。
海苔のインパクトで誤魔化してるようにも感じられ、ちょっと全体的に残念な感じ。



ミドリ食堂 餃子
焼き餃子  350円

餃子の焼き加減は皮に関しては悪くないのですが、餡も悪くはないのですが、少しナマっぽいというか、生臭い気味というか、柔らかくてギリアウトくらいな感じ。
不味くはないけど提供もかなり早くて、急がなくていいからもう1分多めに焼いて欲しかった。



ミドリ食堂 味噌ラーメン
キャベ味噌らーめん  800円

同行者のキャベ味噌。
かなり味噌が濃くて塩分も高め。
寒い地方の料理は味が濃いと言いますが、その流れ(長野)なんでしょうか?
ただ、箸休めのキャベツと強めの麺はいい仕事してました。



全体的に味が濃くて、井之上屋店主風に言うと春日部市民には合ってるのかな?
ブログが閉鎖して残念!)
(そういう事言うからいけない!)
スープを全部飲み干すと、どんぶり底には「完食 ありがとうございました.」と書いてあって、そのことを店員さんに言うとサービス券がもらえるそうです。
自分、完食しませんでしたが、どんぶりを斜めにして文字は確認はしましたw



CA396180.jpg

それとは関係なく(?)、会計時には抽選箱を引かせてもらい、餃子券と大盛無料券をゲット♪
接客は感じがいいし、メニューも豊富だし、夜遅めまでやってるのでまた来る機会もあるかと思いますが、頑張って欲しいものです。







■住所
埼玉県春日部市緑町5-970-1

■営業時間
11:00~2:00

■定休日








2008.1.26
スポンサーサイト
Comment : 2
TrackBack : 0

手打そば居酒屋 笑店 


北千住で飲む機会がありまして、天七や大しまで串揚げや肉豆腐を堪能した後、どんぶりっ子さんのブログを見て気になっていたお店へ。

その店の名は、手打そば居酒屋 笑店

北千住駅から程近い路地の更に裏路地を入ったところにある、かなりディープな居酒屋です(笑)
いや、居酒屋としてはそんなにディープってほどでもないのかもだけど、ラーメン屋ばっかり行っていると結構ディープに感じます。
ていうか、「 手打そば居酒屋 」であって、ラーメン屋ではない(爆)
だって、そばがきやうどんは何種類もあるのにラーメンは2種類のみだし。



手打そば居酒屋 笑店 張り紙

場所は、JR常磐線北千住駅西口の歩道橋を左隅方面に降りて、マックやアイフルのある路地を入っていくと天七があり、そのすぐ横の狭い路地に入っていった一番奥左手にあります。
路地の入口に上の写真のような手書きの張り紙があるのでわかるかな?



手打そば居酒屋 笑店 路地

不安になるような狭い裏路地を奥に進んでいくと、、、



手打そば居酒屋 笑店 外観

あった!
ていうか、お店自体にも看板はないの(たぶん)でこれまた一瞬不安になりますが、居酒屋の暖簾と共にさっき見たのと同じ張り紙があるので安心出来ます♪



手打そば居酒屋 笑店 店内

店の中はL字カウンター6席?のみ。
狭いです。
でも居酒屋なので別に珍しくはないか。
午後10時過ぎの入店で、先客1後客0。
カウンターの中では、いかにも女将さんといった感じの方が割烹着で迎えてくれます♪
居酒屋のラーメンを食べに来たアウェイ感はなく、逆に妙に安心してしまいます、、、



手打そば居酒屋 笑店 メニュー

メニューは居酒屋らしく、美味そうなおつまみが豊富♪
しかし、そばから、うどんから、焼きうどん、すいとん、ラーメンまで、麺類も鬼豊富♪
とりあえず、ジャコとトマトのサラダで



手打そば居酒屋 笑店 サラダ
トマトとジャコのサラダ  400円

はんせ~い♪


し、しまった!


ビールの写真撮るの忘れてた!


でもね



手打そば居酒屋 笑店 そばつゆ

正直よく覚えてない(;´Д`)


これがそばつゆであった事は間違いない。

ただ、なぜにそばつゆのみのメニューがあったのか、、、

そして説明を聞いたにも関わらず、なぜこれを頼んだのか、、、

そんなモヤモヤも記憶の彼方、、、


で、本題。



手打そば居酒屋 笑店 和風醤油
手打和風正油ラーメン  500円

カニはいッとるがな!

(まね)

ラーメンを頼んでしばらくすると、2階から旦那さん(?)が降りてきました。
連携プレーであります。
2階でオーダーごとに麺を切っているんだそうです(受け売り)
スープはあっさり魚介だし醤油。
そこにカニの風味が加わります♪
飲んだ後は豚骨こってりギトギト系もいいですが、こういうサッパリ醤油系もイイですね☆
なんか、ホッと一息の安心吐息であります。

麺は、まさに手打ちのピロシコ麺!
最近の自家製麺や製麺所のような洗練された完成度の高いモノとは違いますが、アルデンテのような固めの食感に不揃いの細さに親近感を覚えてしまう、手作り感満載の手打ち麺であります♪
チャーシューとか、メンマとか、なくても全く問題ありません。



手打そば居酒屋 笑店 ごまみしお
手打ごまみそラーメン  600円

こちらは、もうひとつのラーメン♪
ゴマはあくまでも脇役ですが、かといって味噌が全面に出ているわけでもない、でもそこはかとなくジンワリとお出汁が効いてて、味噌汁みたいな、でも味噌汁じゃない、不思議なラーメン。
こちらにもカニさんは入っております♪
ウマイであります、、、



知らなかったら絶対入らない入れない感じのお店ですが、優しい女将さんが迎えてくれるので安心♪

でも一つだけ心残りが、、、

それは、蕎麦を食べなかった事!

いつかリベンジであります。







■住所
東京都足立区千住2-62  

■営業時間
16:00~5:00

■定休日
月曜日







2009.1.15
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

ガガガ職堂 A short chain


麺屋 龍神で思いがけずめっちゃウマイつけめんに出会った後、彩たまや@川口の事などすっかり忘れて近場でら~ナビ検索♪

そこで自分レーダーに引っ掛かったのが、ガガガ職堂 A short chain

ここは、うどんを超えたかのような超太麺で有名な麺屋零式@板橋(ここはもう閉店したのかな?)が出してるセカンドブランドのお店で、去年の夏に夏限定で出していたワインのカキ氷が乗った冷やし麺を食べに行こうと思っていたんですよね。
その時は結局シティヌードル(現・塩ラー麺本丸亭)にトマトのシャーベットヌードルを食べに行ったんですが。
なので、雑誌やなんかで見るたびに気になっていたんです。
もちろん、零式もですが。
で、現在このお店は、

昼は醤油専門の 醤油のガガガや

夜は味噌専門の ガガガ職堂

深夜は塩専門店 塩のガガガや

でやっていて、今流行の二毛作店ならぬ三毛作店として営業しています。
夜に行ったので、必然的に味噌ラーメンになるわけですね。



ガガガ職堂 商店街

助手席ナビくんに連れられて、たどり着いたのはいかにも東京の商店街。
人通りは多く、店もたくさんあって、明らかに地方の寂れた商店街とは違う活気のある雰囲気。
(写真は寂しい感じですが(汗 )
CPにクルマを停めて、フラつくこと数分、、、、



ガガガ職堂 外観

あった!
店名がわかるように明るさを調整したのでよく見えませんが、紹介された数々の雑誌の切抜きが壁一面に張られています。
場所は、東武東上線上板橋駅の近く。
もちろん、説明など出来るはずもないところです、、、



ガガガ職堂 店内

店内は、カウンター10席くらい。
これまた壁一面には、テレビに出演した際の画像が所狭しと張ってあります!
カウンター上にはサカナの暖簾がカワイイ、、、?

ていうか、ここはなんだか独特の雰囲気がありますね。
厨房の中のお兄さんは、一人は金髪イケイケ系?お兄さん、もう一人は一見パンチパーマ風のアタマに鉢巻、服装は昔の○クザのチンピラ風(スイマセン)なんですが、この二人ともえらく物腰が柔らかい!
そしてここに来るお客さんも、なんだか皆さん優しい雰囲気を持った人ばかり。
一回席を移動したんですが、店のお兄さんの対応も優しければ、譲ってあげたカップルも「すみません、ありがとうございます、、、」とアタマを下げる、、、
「この店にして、この客あり」みたいな感じ。
異次元ワールドはまだ続いていたか、、、(狂)



ガガガ職堂 メニュー

黒い立派な冊子のメニューには、昼、夜、深夜別のメニューが載っています。
トップには、味噌のラインナップ。
後から隣に座ったおじさんは、よく知らないで来たらしく醤油を頼んでましたが、店のお兄さんに説明されてました。



ガガガ職堂 カウンター

カウンターには、一味やカレーパウダー?、ニンニクなどが置いてあり、味を変えることが出来るようです。
とりあえず、濃味噌ラーメンとホタテを注文。
したらホタテは売り切れだったので、普通に半熟味玉にしました。



ガガガ職堂 ラーメン
濃味噌ラーメン  750円
半熟味玉     100円


来て見てビックリ!
いやビックリというより、思い出したーっ!って感じ。
ここは零式のセカンドブランドなので、ガッツリ系なんだった!
こんなに食えるかな、、、

かな~りこんもりと盛られたモヤシの上にはネギが乗ってます。
その下には、柔らかくて美味しいメンマ、味噌ラーメンらしくコーン、ウズラの卵(これがデフォなのかな?)、そしてモヤシのオマケみたいなキャベツ。
完全にガッツリ二郎系であります。
もやしの茹でる前の量を見ましたが、つけめん用みたいな大き目のテボにイッパイであります!

しかし、スープは背脂やニンニクも入っていながら結構マイルドで飲みやすく、しかもしつこくない。
ニンニクのスライスまで入ってますが、ヤな感じはしませんね♪
味噌も味噌味噌した変に濃く感じじゃないし、意外やバランスは素晴らしい。
ちょっとビックリ!



ガガガ職堂 こんもり

そして、麺のキャラがまた強烈!
最近食べた中では頑者の麺が強い個性を持っていましたが、ここがまたスゴイ!
なんといっても固いっす!!!
ワシワシ系ともガシガシ系とも違う、ガチガチ系です!
(自分でもよくわかってません)
噛むとぷっつん、、、というより、ブッツン!という感じです。
たぶんデフォでこれなんだろうから湯で時間を間違ったとも思ってませんし、しかもこれが妙にスープと合うので納得してしまう、、、
でも、思いのほか舌触りは滑らか。
モチモチ感は無きにしもあらずですが、とにかく太くて固くて”男の権化”みたいな麺であります!
店員さんのキャラとも正反対!
(ホントは違うのかもですが)
洗練されたゴワゴワ感とでも言うのでしょうか、、、、
とはいえ、これはこれでウマイことには変わりありません!



なんだか、麺屋龍神といい、ココといい、「板橋異次元ワールド」に引き込まれてしまいそうな引力を持った店ですね、、、
レベルの高さは言うまでもないので、醤油や塩も食べてみたくなりました!







■住所
東京都板橋区常盤台4-29-6内室ビル1F

■営業時間
昼  醤油専門店「醤油のガガガや
夜  味噌専門店「ガガガ職堂
深夜 塩専門店「塩のガガガや

■定休日
不定休(月1~2回)







2008.1.13
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

麺屋 龍神 


この日は仕事がヒマだったので、少し遠出して坦々麺系に行こうと思い立ちました。

狙っていたのは、麺や双六@戸田と、四川担々麺荘 彩たまや@川口。

双六は言わずと知れた戸田の有名店で、機会があれば行こうと思ってましたが、戸田方面はなかなか縁がないのでこれまで行かずじまいでした。
四川担々麺荘 彩たまやは、しおの風@竹ノ塚、銀鈴@谷在家の鈴木店主がプロヂュースする3つ目のお店。
いろんな事やりたがりぃの鈴木さんですが、クオリティの高さは証明済みなので、期待が高まります。
まずは、越谷から遠い方の戸田に行ってから、帰りに川口へ行くつもりで戸田に向けてゴー!
助手席ナビくんのおかげで、すんなり到着!

が、、、



麺屋 龍神 双六

やってなーい!

な、な、な、なんという事!

初っ端からつまずいてしまった、、、



麺屋 龍神 休みかよ!

しかも、臨時休業、、、
ああ、せっかくここまで気合い入れて着たのに、、、(涙)

で。
そのまま彩たまやに行っても良かったのですが、2軒は行きたかった!
このまま川口方面に行ってしまうと、帰り道に行きたいところがないので効率が悪くなってしまう、、、
なので、ここから近いところで未訪の店にスイッチする事に。

で、ら~ナビで検索して気になったのが、中華そば 戎@高島平。
首都圏で食べられる本格的な和歌山ラーメンのインスパイアとしてかなり有名で、名前は知ってましたがここもなかなか行く機会がなかったお店。
荒川を渡ってすぐだし、この機会に行ってみるのもいいかなと思い、向かいました!

が、、、



麺屋 龍神 戎

またやってねーってばよ!

真っ暗でんがな。

なんなんでしょうか、、、

もう泣きたくなってきますね、、、、



麺屋 龍神 又休みかよ!

しかも、月に3回ある不定休に当たってしまうとは!
もう、悲し過ぎです。

もうラーメンは控えろ!」との、神の声でしょうか?

このくらいでラーメン道を諦めるのか?」との、神からの試練でしょうか?

自分、あくまでもマエムキなもんで、完全に後者だと思いました☆
なので、諦めずにら~ナビで検索!
彩たまやの事は完全に忘れてました(笑)
そこで引っ掛かってきたのが、板橋にある麺屋 龍神
雑誌などによく出てるし、その異様な麺の色は一度見たら忘れられないので、名前はハッキリ覚えてました。

これは行かなければなりませんっ!(久々に桂小枝風)



麺屋 龍神 外観

場所は、、、説明出来ません。
普段行かない辺りなので、助手席ナビくんがいなければ到底たどり着ける場所ではありません。
助手席ナビくんに導かれて着てみれば、、、あれ、川越街道沿いなの?!
こんな店、あったっけ?!
愚直とかと同じ通りなの?!
(未だによくわかってない)

しかも、麺の色とは全然違うイメージの青い看板!
なんか、頭が混乱してきた、、、(フラれまくりだし)
麺箱が堆く積まれてますね、、、



麺屋 龍神 店内

バス停のベンチに座るおばちゃんにガン見されながら店内に入ると、そこはカウンター7席程度の小さなレイアウト。
白いカウンターが印象的で、何か洋食屋のような喫茶店のようなほんわかした雰囲気。
カウンターに置かれたテレビではバラエティ番組を放送中。

しかし!
店主はなんとも厳つい感じのゴツイ体つきに長髪を束ね、キャップをかぶっております!
助手のおじさんも体はゴツイ!

しかし!
その強面店主らは実に物腰が柔らかく、愛想を安売りはしませんが、しっかり丁寧に接客してくれます♪

なんなんでしょうか、このギャップは、、、
余計アタマがクラクラしてきました、、、
店内にはテレビの音以外は概ね静かで、換気扇の大きな音がシャーーッ!と鳴り響きます。
なんか、道に迷った挙句、魔女の家に迷い込んだような感覚、、、(男だから魔人か)
午後8時の入店で、先客5後客4。
かなりの有名店ですが、食べログには載ってないし(断ってるのかな?)、今話題沸騰の店というわけでもないので、行列はナシ。
でも、コンスタントに入店はあるようです。
客層は、みなさん若いですね。
厨房には「ゆで時間5分」と書いてあります。



麺屋 龍神 店内

メニューは、かなりバリエーションが豊富!
つけめん、らーめん、創作めんに分かれていて、それぞれに醤油、塩、バター、ねりごま、マヨネーズ、カレー、チーズなど、かなりの組み合わせが楽しめます!
自家製麺は太い麺と細麺から選べ、更につけめんはあつもりと冷盛りから選べます。
更に更に、辛味も選べるようですね。
しばらく悩んだ挙句、一番人気と思われるねりごまつけめんを注文。
太麺で、あつもりにしてもらいました。



麺屋 龍神 つけめん
ねりごまつけめん  850円

キマシタ!
グレーというか、緑というか、かな~り独特な色合いの太い麺!
盛り付けのバランスも良好で、センスの良さが覗われます♪

つけダレは、味噌汁にネギが浮いたような感じですが、これが熱いっ!
めっちゃめちゃアツアツで、猫舌の自分は最初かなり怯みました。
が、このつけダレがウマイ!
かなり濃厚なゴマの風味とコクが一瞬口の中を支配しますが、これまた濃い目の甘さと酸味がいい感じの濃いあたりで融合。
更にそこを辛味とニンニクが補って、完全に独自の世界観を作り出してます!
ウマイ!
豚骨ベースなんだろうけど結構な魚介も入ってそう。
だからなのか後味はしつこくなくて、むしろすっきり(とはいえ、強い風味は残る)。
甘辛酸のみならず、ゴマやニンニクが入っても崩れないバランス感覚は、並みのモノではない感じ、、、
これは、かなりレベル高いっす!

急だったし、そこまで期待はしてなかったので、これはかなり驚きました。
店主は、あのルックスでこんなバランスのいいつけダレを作ってるのかぁ、、、
ああ、ブログを書きながら思い出すだけでも、これ食いたい!
今、食いたいっ!



麺屋 龍神 麺

そして、この店が誇る強烈なキャラの自家製麺!
その独特の色合いは、ワシワシ系のラーメン屋の麺でも、十割そばでもなく、あくまでも暗い!
普通に全粒粉が入ってるのかなぁくらいに思ってましたが、この麺にはいわゆる”ホシ”がない。
玄小麦を完全にすり潰して普通の小麦粉と合わせたかのような麺とお見受けしました。
(ていうか、それでホシは出ないのか?)
で、この風味がパない!
マジ、パねーっす!
木下優樹菜もビックリな感じの小麦の風味が、鼻腔をくすぐって食欲を増進させてくれます♪
麺だけでもイケます!(大げさ)
いや、それはそれでもったいない。
食感は思ったよりもったりしていて適度な弾力はありますが、噛み応えも妙に掴み所がないと言うか、不思議な感じ。
異次元ワールドは、店の雰囲気だけじゃなかった!
そして濃厚サッパリなつけダレとの相性は、これまた濃厚な方向性で一致。
完成度の高さが他の追随を許さないイメージ。
皿にはワザとなのか多めの茹で汁が残っていて、その汁もまた美味かったりしました、、、

チャーシューはこれまた肉質の良さを覗わせるウマイ豚肉で食感も固め(でも柔らかい)。
メンマも素材感アリアリで素晴らしく、海苔もオマケでない相性の良さ。
味玉は塩分が高めで濃い!
そして、ありきたりな水菜でなく、カイワレをチョイスするあたりも一筋縄ではいかない感じ。
ヤラれた、、、



もう、ワケわかんない雰囲気と味でしたが、これが完全に自分のツボにハマりまして、、、
これはちょっと他のメニューも食べてみないといけません。
ら~ナビにはカレーもあるって書いてあったけど、メニューには載ってなかったなぁ。
裏に書いてあったのかなぁ?

その辺も含めて再訪決定って事で。

それにしても、世の中にはウマいラーメン&つけめんが多過ぎる!







■住所
東京都板橋区大山西町54-12

■営業時間
11:45~14:00 18:00~1:00

■定休日
水曜日







2008.1.13
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

らーめんダイニング ど♪みそ


らぁめん大山 神田店の後はなんとなくもう1軒行きたかったので、この近場で何回もフラれている店に向かいました!

その店の名は、らーめんダイニング ど♪みそ

もう3回くらいフラれてるかなぁ、、、
直近では、元旦に来てフラれました。
夜にきたら、昼しかやってなかったんですよね、、、
自分、味噌ラーメンはそんなに好きなほうではないですが、ここの味噌ラーメンはとにかく評価が高く、しかもつけめんTETSUオリオン食堂大黒屋本舗春日部店などに味噌ダレを卸してるらしい!
これはいつかは行かなければならない!と思っていたんです。



らーめんダイニング  ど♪みそ 外観

場所は、銀座方面から中央通りを通って首都高をくぐり、京橋に入ったらすぐを左へ。
少し変な形の区画の真ん中辺りにあります。
いい加減、場所覚えました♪
そして、やっとこさこの店の明かりが点いてるのを確認しました!
がキラキラしてるのね♪



らーめんダイニング  ど♪みそ 店内

店内は、カウンターのみ8席。
従業員の服装を含めて黒を基調としたおしゃれな内装ですが、かなり小さなお店です。
店に入ろうとしたら、カジュアルでスタイリッシュな服を着たお兄さんが「いらっしゃいませ!どうぞ」と店から出て行きがてらドアを開けてくれました。
オーナー店主の方でしょうか?

厨房の中では、今風の仕事出来そうなお兄さんと恰幅のいいおじさんが二人。
一見バランスのとれなそうな二人でしたが、適度に仲良く、しかも二人とも丁寧な接客でした。
おじさんはいい笑顔持ってますね♪
BGMは、いい感じのレゲエ。



らーめんダイニング  ど♪みそ 開化楼

カウンターの奥には、浅草開花楼の麺箱。
かなり太目の麺が、期待感を高めます。
店を入ってすぐ左にある券売機で、特味噌こってりの食券を購入。



らーめんダイニング  ど♪みそ ラーメン
特味噌こってりラーメン  900円

上からカウンターに向けて照明が当たっているのに、なぜか暗く写ってしまった、、、

それはともかく、すごくバランスが良くて美味い味噌ラーメン!
名前に”コッテリ”とはありますが、濃厚さに命を懸けてるようなスープではなく、あくまでもバランス重視!
動物系のダシが深いコクを作ってますが、味噌が濃過ぎないのとモヤシの水分でかなり食べ易くなってます。
ニンニクやショウガが結構強めですが、これが箸を進める引力になってますね。
表面には背脂も少なからず浮いてますが、適度なコッテリ具合が周りと調和してて完成度の高さを感じます!

麺は平打ちに近い中太の縮れですが、モチモチというよりは弾力のある食感。
コシの強い麺を短めに茹でて味噌ラーメンにマッチさせているように感じました。
だからって伸びてるわけじゃないですよ!
あくまでもバランス重視の味噌ラーメンの完成度をより高くしている感じです。
2杯目ながら、箸が進みますねぇ。

が。
この箸がイマイチで、、、
エコ箸なんですが、妙に細くてこのラーメンに合っているのか甚だ疑問。
モヤシが軽く茹でてあるだけなのでシャキシャキの食感が素晴らしくていいのですが、この箸で麺をつまむと必ずモヤシが絡み付いてきて、太い麺と太いモヤシが細い箸には荷が重く、どうにも持ちにくい。。。
このちょっと骨のあるラーメンには、太い箸が合うんじゃないでしょうか?

具のチャーシューはかなりしっかりした肉感が美味しいタイプなもので、温度は低いですが脂分がイヤなところもなかったです。
コーンも甘くてナイスだし、ニラやゴマ、表面の油の層が、適度なチューニングで混ざり合ってます。



やはりというか、サスガの美味さの味噌ラーメン専門店!
接客や雰囲気も良かったし、また行きたいと思わせてくれるお店です♪
でも、箸だけはちょっと残念、、、







■住所
東京都中央区京橋3-4-3 千成ビル 1F

■営業時間
11:00~22:30
11:00~21:00(土)
12:00~21:00(日、祝)

■定休日
無休







2008.1.12
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

らぁめん大山 神田店 


この日は、広島皆実高校が決勝まで勝ち進んだので、国立まで応援に!
後半途中からでしたが、しっかりと優勝するところを見届けたので、優勝祝いにラーメン!(笑)

この日向かったのは、らぁめん 大山 神田店

静岡県富士市に本社を持つ、らぁめん大山(たいざん)。
元々ラーメン二郎町田店で店長をしていた方が地元に戻って開いたお店だとか。
駿河湾の豊富な魚介をふんだんに使ったラーメンで、名前は時々耳にしてました!
見事地元で成功し、東京に逆上陸!という事ですね、きっと♪



らぁめん大山 神田店 外観

場所は、JR神田駅から歩いて10分弱?
ジャズが流れる西口商店街を歩いて端っこまで行き、道路を渡ると左の方にあります。
が、この日は夕方になっても照明が点いておらず、気づかないで区画を一周してしまいました、、、
(あさっての方向から歩いてきたのでワケわからなくなってました(涙 )



らぁめん大山 神田店 券売機

入り口を入ると、すぐ横には券売機。
やたらと えび とか とかいう字が目に付きますね♪
すごくカラフルで見やすい券売機だと思いました。
豚骨ベースやつけ麺、トッピングにはナムルや梅などもあるんですね♪

その上には、

男性も女性も楽しめるラーメンの月間フリーペーパー ラーメンバンク

が置いてあります。
ラーメンを食べるまでの待っている時間に読むには、ちょうどいい大きさですね。
ラーメン屋のみならず、厨房機器や人材募集、コラムなんかがあってオモシロイです♪
あれば読んでおいて損はないと思いますよっ!
今月は、ラーメンの鬼!佐野実さんの特集だし♪(と言っても先月)

誰にも頼まれてませんが、宣伝してみました(笑)
(多少訂正しました)



らぁめん大山 神田店 店内

店内は、L字カウンターと湯で麺器を挟んで再びカウンター。
全部で13席くらいでしょうか。
厨房には、店主らしき貫禄のある丸いお兄さんが一人営業。
厨房自体が一段高くなっているので、下から見上げる感じ。
接客も丁寧で柔らかく、好感が持てます。
世知辛い東京のど真ん中で、ほっと出来る接客です♪
BGMは、普通のJポップ。



らぁめん大山 神田店 神デラとは

カウンターには、この店のウリである神デラの宣伝が。
郷ひろみテイストですw

この店が出来てちょっとした頃に知ってから、どうぢてもこれが食べたくてしょうがなかったんです!
サクラエビ、大好きなんですっ!
もちろん、コレの食券を購入♪
食券を渡すときに、細麺か平打ちかをまず訊かれ、その後ニンニクの有無も訊かれます。
この辺りに「ニンニク入れますか?」の遺伝子が受け継がれてますね☆
少しだけ入れてもらいました。



らぁめん大山 神田店 神デラ!
神デラ えび塩スパイシー神田DX 1100円

魚介たっぷりの塩スープの上に、サクラエビのかき揚げ、チャーシュー、メンマ、海苔、水菜、ささがきネギ、挽き肉、ニンニクなどが乗った、ボリュームたっぷりのラーメン!
揚げたエビの香りとエビ油が相まって、エビ好きには極上のパラダイスであります♪
サクラエビはかき揚げといっても固まりになっているわけではなく、一匹一匹に衣が着いてサクサクに揚がっています。
風味も最高だし、エビ自体の味もしっかりしているので、ウマイ!

魚介を中心にバランスよく取られた塩スープはしっかりコクがあってウマイのですが、これがなんとカレー風味!
ターメリックやコリアンダー、ガラムマサラなどを配合したかなり独特のスープで、一瞬「スープカレー」のようでもありますが、そこはラーメンなのであくまでもカレー風味。
いい感じにラーメンを引き立てる要素として香辛料を使ってます。
バランスを崩してなくて完成度がめっさ高いですね!
確かにスパイシーであります!



らぁめん大山 神田店 麺

麺は、平打ちをチョイス。
もちもち感がありながら、ある程度しっかりしたコシもあって、キャラの濃いスープと渡り合ってます。
が、やはり強烈なキャラのスープと具に比べると、どうしても引き立て役にしか感じられないのが残念なところ。
でも、この麺もキャラが濃かったら、バランスが崩れるかも?
ラーメンは難しいですね、、、

大き目のバラチャーシューの上には、挽き肉とニンニク。
デラックスなのであれもこれも感は否めませんが、しっかり統一感があるのがスゴイです。



らぁめん大山 神田店 味多m

味玉もいい具合でオレンジセリー状になっていてウマし!
メンマは上質のモノを素材のよさを活かしながら味付けしたようなモノで素晴らしい!
あくまでも、全体の調和は取れてます。
でも、エビがたくさん入っていて嬉しいし美味しいのですが、後半はちょっと油っぽくなってしまったのは残念!
でも、当然と言えば当然か。



期待に違わぬ神田デラックス!
書きながらまた食べたくなってきましたーっ!
故郷の食材を活かしながらしっかりとレベルの高いラーメンを作り上げた店主の情熱が伝わってくるようで、感服いたしました、、、







■住所
東京都千代田区内神田1-9-10 光正ビル別館 1F

■営業時間
11:00~15:00 17:00~20:30
11:00~20:00(土、祝)

■定休日
日曜日







2008.1.12
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

美園とんこつラーメン 四六三(よろず) 


この日は、久々に埼玉スタジアムにサッカー観戦!
地元広島の広島皆実高校が勝ち進んでいるので、タオマフ持って応援に行きました!
優勝しました!
その帰り少し時間があったので、寄り道してラーメン♪

この日向かったのは、美園とんこつラーメン 四六三 (よろず)

埼玉県東部を中心にまめぞうみちる屋などを展開する株式会社ジンクルが新しく出した、九州博多風ラーメンを出すお店です。
去年の4月にオープンしたそうで、自分も知ってはいましたが、チェーン店っぽかったし、近いからいつでも行けると思ってたら年を越してしまいました。



美園とんこつラーメン 四六三(よろず) gaikann

場所は、国道?463号線(浦和・越谷線)沿いで、埼玉スタジアムとJR武蔵野線東川口駅の中間くらい。
大門坂下交差点(ガストやバーミヤン、マンマパスタ、銚子丸がある)からすぐのところ。
山田うどんやファミマの対面にあります。
看板にやたらとデカく ラーメン と書いてあるので、行けば分かります。



美園とんこつラーメン 四六三(よろず) 店内

店内は少しだけ暗めですが、幅広い客層に合わせてカウンターとテーブル席を用意。
キャパは、カウンター8席×2くらいと、テーブル4人席5。
午後5時の入店で、先客1後客7。
時間帯だからか、従業員が調味料補充やディナースタンバイなどをしていました。



美園とんこつラーメン 四六三(よろず) 厨房

厨房には男の従業員が3人と、接客は女子高生が一人。
タイミングを見て、お兄さんたちも出てきます。

しかしジンクルの接客は、いつ来ても、どこに行ってもイイですねぇ♪

手を洗おうと思って立ち上がると、たまたま通りかかったお兄さんは「あっ、トイレでしたらコチラです。」と案内してくれました。
ああいう一言は、慣れてないと出て来ませんよね。



四六三(よろず) メニュー

メニューは博多豚骨ベースの「はかた」を中心に、数種類のラインナップ。
ネーミングもトッピングも分かりやすいですね。
店名の付いた四六三(よろず)だけは名前だけではわかりませんが、説明を読めばどんなラーメンかわかります。



四六三(よろず) メニュー裏

裏面には、餃子やご飯もの、セットやアルコールなどサイドメニュー。
アルコールは、この手の店にしては充実。
ていうか、自分アホなんで今気付きましたが(涙)、なんとなくソフトクリームがあるんだと思ってました!
餃子の写真の事を、勝手にソフトクリームだと思い込んでました!!!
餃子の写真が縦になってるって、、、

そうとは知らないまま、どんたくラーメンとよかとSETを注文。



四六三(よろず) ラーメン
どんたく ラーメン  780円

しっかりした豚骨のコクが効いたスープ。
ですが、嫌味な油分やニオイがなくて、非常に食べ易い。
豚骨だけでこんなになるのかな?
まぁそんな事はどうでも良くて、とにかくチェーン店としてより幅広い層に訴えかけるには、こういうスープは基本ですね。
普通にうまいです。
ラオタにはライトな豚骨ですが、一般のラーメン好きにはコッテリかもしれません。

麺はこの店内で作っている(風にブログに書いてあった)博多風の極細麺!
特に注文はしませんでしたが、麺の固さは選べます。
コシが際立っていてウマイ麺ですが、キレは本場物より大人しめ。
低加水ならではの小麦感もそこそこあっていいですね。
スープとしっかり合ってるし、文句は全くありません。

具のチャーシューは、薄めですが柔らかくて食べ易い。
キクラゲや青ネギは、こういうスープでは何もしなくてもいい仕事してます。
焼き海苔はそこまで風味はなかったけど、悪くない。
明太子はバラしているので、ある程度塊のあるうちに麺と一緒に食べないと、スープに溶け出してしまうと明太子は事実上消えてしまうのでご注意を(苦笑)



四六三(よろず) 餃子ご飯
よかとset  250円

餃子とライスのセット。
店舗内で成形している餃子は、焼き目も形も悪くないし、普通にうまい。
ただ、実際には他のジンクルなどで出している餃子とは形も食感も多少違いますが(ここのは少し柔らかい)、結果的に印象はあまり変わらないような、、、、
それだったら、わざわざここで作らなくてもいいような、、、
もしかして、他の店もこれで作ってるのかな?(今思った)
配送してるのかと思ってたけど、、、
ご飯はスープに入れてしっかり全て頂きました!



四六三(よろず) 高菜

カウンターには辛し高菜、紅ショウガ、ニンニク、摺りゴマ、ラーメンダレなどが置いてあり、自分好みにアレンジできるようにもなっています。



ラオタにとっては特にもう一度食べに行きたい!という店ではありませんが、一般のラーメン好きにラーメンの裾野を広げてくれるようなお店だと思います。
やはりというか、なんというか、味よりも接客の良さが印象に残りました。







■住所
埼玉県さいたま市緑区大字大門字宮下3555

■営業時間
11:00~15:00 17:00~24:00

■定休日
なし(無休)







2008.1.10
 
Comment : 0
TrackBack : 0

シャンゴ 問屋町支店 


群馬の帰りには、高崎名物の大盛パスタ!

ていうか、高崎の名物が大盛パスタだなんて知りませんでした。

ていうか、またラーメンじゃねーのかよ!

だって、群馬の知らないラーメンの名店より、高崎名物の方が良さ気に思えたんだもの♪
(知らなかったけど)

ていうか、要するに私、 麺類が好き♪ なんです。

ラーメンも、蕎麦も、うどんも、パスタも、、、いやもっと言えばお好み焼きも、タコ焼きも、行田フライも、餃子も、フォーも、ラグマンも、ニョッキも、ナンも、パンも、ケーキも、ピザも、ファッタも、トルティーヤも、ピタも、粉もん は基本みんな好き☆



という事で、せっかくの群馬ですので、地のものを食べねば!
で、群馬(というか高崎)にはスパゲッティ屋さんやイタリアンが異常に多い!
それは街をクルマで走ってて感じました!
なにかっつーとイタリアン!な感じです。
イタリタンといっても、新潟のではありません(笑)



シャンゴ 問屋町支店 外観

この日行ったのは、街の中心部?にあるっぽい高崎の老舗イタリアン、リストランテ イタリアーノ シャンゴ 問屋町支店

高崎名物「大盛パスタ」ではパンプキンやぽわ~る、などが有名らしいですが、そのときは全然知らなくて、とりあえず高崎のイタリアン店主のほとんどが修行したと言われる老舗の「シャンゴ」に行ってみたかったのです。

ていうか、ホントはどうせ行くなら本店で!って事でナビで向かったんだけど、土地勘がないので近くに着た時点で店を見つけたので入ったんだけど、食べてる途中にナフキンを見て支店である事に気がつきました!(涙)

帰りに駐車場を出て次の交差点に着く前に本店を見つけました、、、

ていうか、普通100mも離れてないくらいのところに支店を作るか?!

てか、そのくらい人気があるほど地元に根付いてるんだろう事は容易に想像出来ますが。
まぁ後の祭りだし、味がそこまで劇的に変わるとも思えないのでヨシとしておいてやるか。



シャンゴ 問屋町支店 店内

店作りは全てイタリアンレストラン然とした正統派。
トラットリアというよりは、リストランテ。
接客も丁寧だし、雰囲気もいいですが、値段は比較的リーズナブル♪
セット物などはかなりお得だと思います。
キャパは、テーブル席で50人分以上はあったかな?
午後7時前の入店で、先客2後客4。
客層は、カップルと若い女の子のペアなど。
確かに「デートなどに最適♪」と雑誌に書き易そうな雰囲気です(笑)



シャンゴ 問屋町支店 メニュー

メニューはリストランテなので、フルボリュームで多岐に渡ってます。
ですが目的はパスタなので、検索した時に出てきて美味そうだったシャンゴ風スパゲッティを注文。



シャンゴ 問屋町支店 パスタ
シャンゴ風スパゲッティ M  766円

メニューには、(ロースカツの上にたっぷりミートソースでボリューム満点。ファンに支えられた名品)と書いてありますが、これがウマイ!
まずミートソースがかなりコクと旨味があって、苦味や酸味も少し感じます。
ちょっとした老舗のシチューでも食べてるかのような味の深さは、さすが高崎の老舗!という感じ♪
カツも柔らかくて食べ易く、ミートソースやパスタとの相性も良好、、、だと思ってましたが。

スパゲッティーニな感じのパスタはしっかり茹でてあるタイプで、どうやらそれをソースと合わせる前にニンニクとオリーブオイルかなんかで炒めてあるらしく、食べ始めはかなり美味しいのですが、食べ進んでいくと徐々に油が効いてきます(苦笑)
とはいえそこまでクドくないし、量も多めとはいえ250gあるかな?くらいなので、ラーメン2軒3軒食べ歩くよりは全然マシ♪
二郎なんかとは比べるべくもありません。
(比べて欲しくもないだろうけど)



CA395955.jpg

セット物のパスタと比べてもそこまで劇的に違うわけではないので、変に期待し過ぎて行くと肩透かしをくらいますが、多いことは確かに多い。
ただ、いろいろ調べてみると、どこも基本的に「美味しいパスタを、美味しく食べられる多めの量で」が基本らしいです。
「高崎名物・大盛パスタ」ではなく、「名物・高崎パスタ」ですね。



高崎にパスタを中心としたイタリアンを根付かせたシャンゴの創始者は、すごい人ですね!
今度高崎に行くことがあったら、リアル大盛りなお店にも行ってみたいと思いました☆







■住所
群馬県高崎市問屋町1-11-8

■営業時間
11:00~23:00

■定休日
火曜日







2008.1.8
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 群馬 |

高坂SA上り(関越道)


日帰りで群馬方面に行ったので、その途中に「大好評!高速ラーメングルメ第8弾!

本日は、関越道上りの高坂サービスエリアです。

以前下り線の方には行った事がありますが、上りはブログを書くようになってからは初。



高坂SA上り 外観

高坂SAってよく聞くけど、東松山なんですねぇ。
地名として「高坂」って全然聞かないから意外でした。
広島には高坂PAがありますが。



高坂SA上り 店内

フードコートもありますが、この日はリッチにレストランでお食事♪

なんてな事をほざいてますが、実はラーメン食べてません!!!
ラーメングルメじゃねーじゃん!
でも、せっかく高速でご飯を食べたので、悔しいからネタにします♪
だって、すげー美味そうだったんだもの!
蕎麦も入ってたし!(言い訳)



高坂SA上り 玉手箱
彩の玉手箱  1300円

NEXCO東日本のメニューコンテストでグランプリを受賞したという、彩の玉手箱!
このコンテストの審査員には、料理の鉄人・陳建一さんとかがいたらしいです。
ていうか自分、基本的に地産地消モノ、好きなんです。

すぐに持って行かれたので写真は取れませんでしたが、これにはデッカイ籠の蓋が付いていて、開けてビックリ!というよりは、着て見てビックリ!という感じです。
開けた時の驚きはそうでもないので(苦笑)

入間、飯能のもちぶたロース、秩父味噌、川越のさつま芋、狭山の茶そば、五穀米のおにぎりなどを中心に、女性や高年齢層にウケの良い健康志向の食材(豆腐、納豆、アボカドなど)を使った、分かりやすくてキャッチーなお弁当。

意外に早めに出てきたので、もちぶたロースを焼く時間がほとんどだったと思われます。
そのもちぶたは陶製の皿に乗せられ、持ってくる間にバランスが崩れています(笑)
肉そのものはロースだけあって脂身が少なく、肉質も柔らか目でいかにも健康に良さそうな感じ。
焼き目の入れ方も食欲をそそります♪
レモンをかけてもいいですが、その隣にある秩父味噌を使ったと思われる味噌も、ちょっと違う味付けとして悪くない。
辛味噌仕立てになっていて、これは東松山も焼き鳥を意識したのかな?

その左にあるのが、五穀米のおにぎり。
これがポロポロこぼれて食べづらい!
でも、普通にご飯だと思って食べれば問題なしと思います。
でも、特にウマイとかじゃないですねこれは。
不味くもありませんが。
ていうか、写真ではほとんど見えませんが、その下にあった赤い大根の漬物がめっちゃ美味かった!
これだけ隣の土産物屋で買って帰ろうかと思いましたよ。
(時間が無かったのですぐ出ましたが)



高坂SA上り アップ

右上にあるのが人参、セロリ、きゅうり、レタスに、コンソメ的なジュレが掛かったサラダ。
バーニャカウダみたいに食べやすくなっていて、素材感もバッチリ!
もちろん、緑のアイツは食べませんでしたが。

真ん中にあるのは、豆腐&納豆とアボカドの軍艦巻き。
白髪ネギと糸唐辛子で高級感を演出。
これも普通にうまいです。

左上にあるのは、川越のサツマイモに抹茶パウダーをかけたもの。
下には、小豆のあんこが敷き詰められていて、これがデザートのようです。
後からそう思いました。
(食べるまでおかずの一種だと思ってた)
不味かろうはずがありません。

そして玉手箱の隣にあるのが、狭山の茶そば。
そばの上には、湯葉とわさびが乗せられていますが、驚いたのはつゆ!
そば猪口から器につゆを注ぐと、これが白い半透明!
でも確かにカツオを中心としたそばつゆの味がします。
白醤油を使うことで茶そばの色を活かそうとしているんでしょうか?
感心してしまいました。



値段は高めだし、お弁当だから温かくもないし(豚も熱くはなかったし、陶板が温めてある訳ではないので冷めるのが早い)、何が一番美味かったってオマケの漬物なんだからアレですが(苦笑)、それでも個々の出来がちゃんとしていて尚且つ、アイデアの使い方と売り方のセンスが巧い、よく出来た弁当でした。
でもこういうのは、1回食べたら満足なので、次はないですね。







■住所
埼玉県東松山市田木字立野4-5

■営業時間
7:00~22:00

■定休日
なし(無休)







2008.1.8
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 高速SA |

笑堂 


せっかく川越まで来たのに1軒だけで終われるはずがない!

という事で向かったのは、何度も前を通っている 笑堂

濃厚かつクリーミーな豚骨スープが評判のお店であります。
昨日はここでもフラれているので、本日はダブルリベンジであります!



笑堂 外観

場所は、川越市内にある喜多院のすぐ横。
国道16号から小仙波交差点を川越市内に入り、1km弱行くと右手にあります。
関係ないけど、この日も市内は渋滞してました、、、
斜めにある信号を挟んで駐車場もあります♪



笑堂 店内

店内は狭いっ!
立ち食いではありませんが、雰囲気は最早”ラーメンスタンド”と言っても過言ではない感じ。
壁にはドリフターズや吉本新喜劇の旧いレトロポスターが張られ、駄菓子屋にあるような子供向けのおもちゃもディスプレイ。
店主の面白いモノ好きが覗えますね♪
赤いカウンターは7席のみ。
厨房の中には、おしゃれなパンクみたいな人がひとり営業。
BGMはイージーリスニングなジャズ♪
新所沢にオープンさせたセカンドブランド店・つけめんブロンソンの宣伝もしっかり貼ってありました。



笑堂 メニュー

メニューの基本は、豚骨ベースの豚そば。
当然かけそばにも出来ますが、具はネギだけみたい。
替え玉が出来る辺りは九州博多ラーメンを意識しているようですが、豚そばにはBや黒、赤などのバリエーションがあり、オリジナリティーも充分。
ご飯ものも3種類あって、完成してる感じです。



笑堂 うんちく

うんちくが貼られていました。
なんでも豚はスーパーゴールデンポークを使っているようで、メインの食材に凝っているのは当然ながら好印象☆
麺は九州博多から直送しているそうです。
なので、てっきり普通の博多系ラーメンかと思ってましたが、、、
(いつも事前情報は仕入れているんですが、食べる時は忘れていることが多いです(苦笑 )
デフォの豚そばを注文。
煮玉子は売り切れでした、、、



笑堂 ラーメン
豚そば  700円

小さめの器にこじんまりして出てきた豚そば。
麺はその名のとおり超極細!
でもデフォでカタ麺だけあって、かなりのコシがあってウマイ。
チャーシューの豚は、ラーメンの焼き豚というより明らかにトンポーロー。
2cmの角柱の塊が入っていますが、ある程度歯ごたえが残っていて、しかもそこまで甘くなくて美味しい♪
脂身の甘味も相当なものです。
大き目でショキショキの青ネギと、大きめでパキポキのキクラゲもナニゲにかなりいい感じで役割をこなしてます♪

で、スープですが、、、
ひと口飲んで、「塩分、高っ!」
なんといおうか、コッテコテの豚骨スープなんだけど、明らかに博多系のものとは違うベクトルのもので、すっごくコク深いのにしつこくない!
野菜が入っているみたいな記述をよく見かけますが、だからなんでしょう。
でも、塩分の高さで引っ張る、みたいな。。。

でもそこはやはり濃厚な豚骨スープですので、サッパリやアッサリとは違う触感。
妙にサラッとしていてかなり独特です。
脂っぽくないという記述もよくみますが、そんな事はなかったなぁ。
ただ表面に膜が張らないだけでも豚骨スープに中ではサッパリ系チューニングなんだろうけど、やはりここまで濃厚でドロドロしていると脂っこく感じてしまうなぁ。
気持ち的なものだけなんですかねぇ、よくわかりませんが。
食べ終わる頃には、スープが3分の2なくなってました。
そのくらいドロドロです。
ただ、ウマくてレベルが高い事には違いなく、あっという間に完食♪



今でもピーク時には行列しているのかはわかりませんが、それでも納得のうまさではあります。
でも、食後のなんとも言えない「よくわからない感」は、一体なんなんだろう?







■住所
埼玉県川越市久保町13-2

■営業時間
11:30~15:00 18:30~21:00(スープ終了まで)

■定休日
日曜、祝日







2008.1.7
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県西 |

UNDER GROUND RAMEN


昨日行ったばかりなのにというか、行ったばかりなので、テンションの高いうちに攻めておこうと思い立ってしまい、2日連続で川越へ!
2日にも行ったので、1週間で3回目です(苦笑)

本日の目当ては、昨日昼の部ギリギリでフラれた UNDER GROUND RAMEN です!

2005年の暮れにオープンしたこちらのお店は、全国的な超有名店の頑者とは違い、地元のお客さんにゆっくりラーメンを食べてもらいたいというコンセプトの元、ワザととしか思えないような思いっきり住宅地のど真ん中の地元民しかわからないようなところに店を出しています!

正に、アンダーグラウンド!



UNDER GROUND RAMEN  道

場所は、、、
訪問は2日連荘で2回目ですが、未だに説明は出来ません、、、、
本川越方面から月吉陸橋の手前で右に曲がり、2つ目の信号を左折、、、するんですが、その手前で曲がってしまい、また迷ってしまった、、、



UNDER GROUND RAMEN 踏み切り

でもそのまま真っ直ぐ行くと見たような道に出たので左折し、そのまま真っ直ぐ行くと見たような踏切が、、、
ここを渡らずに手前で右折します。



UNDER GROUND RAMEN 住宅地

すると奥の方にお寺が見えてきた!
UNDER GROUND RAMEN は、そのすぐ手前なのです♪

ていうか、こんな風にクルマを停めて写真を撮ってても全然OKなくらいクルマ通りが少ない、極々普通の田舎の住宅地です。



UNDER GROUND RAMEN 外観

店の横には5台分くらいの駐車場。
建物の横には、この店のルーツになったと言うガンジャ時代のものと思われる緑色の暖簾が。



CA395891.jpg

でも正面に回ると、ちゃんと「 UNDER GROUND RAMEN 」の暖簾もあります。
ていうか、ワザとなのかわかりませんが、かなり年季が入ってるように見えます。
今気付きましたが、辛みそは売り切れだそうです。
知らずに最初、それを頼んでしまいました!



UNDER GROUND RAMEN  店内

店内は頑者と同じようにL字カウンター12席。
ただ、本家よりはゆったりとしています。
厨房の中には、昨日も居た若いお兄さん(店主)と、その奥さん?らしき調理補助の人、そして接客のおばちゃんの3人です。
この日は、午後2時過ぎの入店で、先客5後客2。
行列もなく、地元民らしき人ばかりでした。
皆さん、本を読んだり、仲間と話したりしています♪
BGMは、AMラジオ?



UNDER GROUND RAMEN  メニュー

メニューは、ラーメンともりそば(言い方が”つけめん”でなく大勝軒風)、辛い系と、この店のルーツであったというガンジャのガンジャラーメン。
このガンジャラーメンは豚骨スープなんだそう。
後は、ライスとビールのみ。



CA395893.jpg

かと思いきや、油そばもあるそうで。
見た目が完全にジャンクガレッジや二郎系を意識した今風のルックスです。
限定とかもちょこちょこやっているみたいで情報はたまーに入ってきますが、頑者を中心としたひかり製麺グループの中でも、アンテナショップ的な要素もあるんですかね?
普段そっち方面はパスなのに珍しく頼んだ辛みそがないと言われたので、少し迷ってデフォのラーメンを選択。
これが、大正解でした☆



UNDER GROUND RAMEN  ラーメン
ラーメン  750円

美味すぎ( ̄ロ ̄lll)だってばよ!!

久々にパクらせて頂きました!
このラーメン、めっちゃウマいっす!
とても ” あ の ” カポネ@越谷で修行した店主のお店とは思えませんっ!

見た目はなんてことない普通に支那そばみたいなラーメンですが、鶏の旨味がバキーンと来てインパクト大!
ガラだけじゃなく、丸鶏?
とにかくその鶏をメインに据え、それを支える魚介とかがわからないくらいに際立たせてます。
その美味さたるや、鶏の旨味だけじゃなくて酸味のような嫌味のようなよくわからないけどそういう要素が(これが鶏以外?)直接響いて来るんだけど、そこに全く嫌な要素がないというか、あくまでも優しく丸く刺々しくないバランスのとれたスープは絶品!
間違いなく、今年食べた中ではダントツで一番ウマイ!
(まだそんなに行ってないけどw)
昆布とかホタテとか使ってるのかなぁ?
だとしたら、相当いいのを使ってるんじゃないかなぁ。
雑味みたいなものを全く感じなかったんですよね。
気のせいかもしれないけど。
表面に浮いた香味油もラーメンの輪郭を際立たせ、ネギとともにかな~りいい仕事してます!


で、それに合わさる中太麺が、これまた素晴らしい!
ひかり製麺らしい、キャラのハッキリした芯のある麺なんだけど、一見弱そうでいて実はとんでもなくしっかりしたスープと対等に並び立ち、お互いの存在を高め合うかのような関係。

これぞ、ラーメン!

と叫びたくなるようなコンビネーションです☆

やはりラーメンは、麺とスープがお互いを引き立て合う関係が理想ですね!



UNDER GROUND RAMEN  チャーシュー

で、なにげなく食べようとしたチャーシューがこれまたブッ太い!
厚さ1cmはゆうにあるであろうチャーシューは、肉感をしっかり活かした味付けとその大きさのインパクトがありながら、その存在感がラーメンの邪魔をせずにしっかりと並び立っているところが驚愕!
普通はこういうキャラの濃いチャーが入ってたりすると、キャラが強過ぎて全体のバランスが崩れるものですが、ここのラーメンは控えめなメンマやほうれん草、ベストに近い半熟でない味玉なども含めて、全ての意思が統一されていて同じベクトルを向いているのがスゴイ!
これはしばらくは頭にこびり付くんじゃないかなぁ、、、



フラれた次の日に早速リベンジでしたが、予想を遥かに上回るラーメンにテンション上がりまくりですっ!
これは、ここまで食べに行く価値は十二分にありますわ!

ただ一つだけ残念な記憶が、、、
それは、連食を気にしてスープを全部飲まなかった事!!!
無理してでも全部飲んでおけばよかった、、、(涙)

ここは必ずzuを連れて行きたいと思ってるから、今度絶対行こうぜ!







■住所
埼玉県川越市今成3-15-8

■営業時間
11:30~14:30 17:30~21:30

■定休日
日曜日、祝日の午後







2008.1.7
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県西 |

ラーメン 光


頑者の後は、まだ少しイケそうな感じだったので、夜の部でラーメンを食べることに決定!

で、どこにするか迷いましたが、まだ行ってない頑者系列の店、ラーメン 光 に行ってみる事にしました。

ここは頑者店主の弟さんがやっているお店で、昼はひかり、夜はとして、全く違う味のラーメンを出しています。
今流行の二毛作店ですね。
でもその前に、クルマのシガーソケットが壊れていたので、ヒューズを買いにオートバックスに。
その道すがら、



光 近喜屋

おおー、近喜屋だー!
ここも候補だったんですが、この日は定休日。
場所がわかったので、次に来るときは迷わないで済むな♪
その後、しっかりヒューズを取り替えてシガーソケットも復調!
これで、ケータイが充電出来るぜ!

で、光に向かいましたが、ナビに従っているとはいえ不安になるような完全なる田舎道を突き進み、いつの間にか工業団地に入っていました、、、



光 暗い

まわりはかなり暗くて、街灯もあまりありません。
が、時間帯もあってか、工場を閉める人や、帰る人たちでそこそこ人はいます。
光専用の駐車場の奥には工場で働く人たちの駐車場もあって、光の駐車場も普通にガンガン人が横切っていきます(笑)



光 外観

場所は説明出来ませんが、相当不安になるような道を進んでいくと着きます(苦笑)
光そのものは、この工業団地内にあった飲食店をそのまんま居抜きで使っているようです。
で、ご多分に漏れず、ここも看板の類いは一切なし。
そういうところにお金を使わないのが頑者グループなんですね。
自信がないと出来ない事です。
通りすがりの客は全くアテにしていないという事ですから。
目的客のみに特化した集客は、川越における頑者ブランドだからこそであります。



光 奥

店内に入ると正面にはレジと厨房、左には座敷5人席2、右にはカウンター6席と、座敷4人席3。
なんだか、田舎のラーショ系みたいなレイアウト。
ストーブが置いてあるのも、昔のラーメン屋風。
しかも、お世辞にもキレイとは言い難い感じ。
グループ全体的に、クレンリネスが弱いと感じました。

厨房には、お兄さんと違い体格のしっかりした大橋弟店主がひとり営業。
ただ、目の輝きは同じです☆
後から、バイトくんが来ました。



光 テレビ

座敷席の奥には、テレビでスーパーニュース。
BGMは、このテレビです。
場所の客層を考えると分かるような気がします。
こんなとこにおしゃれな店を作っても意味がない気もするし。
午後5時半の入店で、先客2後客2。
自分含め従業員、客、全て男です(笑)



光 メニュー

夜の部である光のメニュー。
紙に書いたメニューを画鋲で貼ってます(笑)
そんなことでガタガタ言ってはいけません。
ラーメンとつけ麺、それにトッピングなどシンプル。



光 カウンター

カウンターには、頑者には一切なかった(たぶん)調味料が多数。
餃子があるからなんでしょうけど、おろしニンニクなどもありますね。
頑者にティッシュくらいはあってもいいのでは?
魚介とんこつラーメンを注文。



光 ラーメン
魚介とんこつラーメン  750円

見た目からして、濃厚こってり系ではない模様。
スープはライトな豚骨ベースながら魚介がふんだんに効いた飲み易いもので、頑者のガツン系を期待していくと肩透かしを食らうかも?
脂も少なめで、スープのコクで食べさせる感じ。
明らかにワザと豚骨を控えめにして、魚介を表に出そうとしながらバランスをとる感じ。
昼は違うのかもしれませんが、作りたいラーメンの方向性はハッキリしていて好印象♪
スープのコクと旨味が柔らかく、トゲがないので万人受けするタイプじゃないでしょうか。
ウマイです。

麺は注文したときに細麺か太麺かを選べます。
細麺にしてみたんですが、すごく芯がしっかりした感じの美味しい麺で、ツルシコというより伸びやかさと麺そのものの美味さで勝負してる感じ。
店主のしっかりした麺上げも効いてます。
ですが、なんか自分にはスープとの相性が良くないように感じたのは、なぜ?



光 太い

具のバラチャ-シューは結構な厚みがあって、重い(笑)
冷たいのがそのままドッカンと乗せてあるんですが、スープに浸かるとトロけます。
メンマは味が付いてるのに、芋がらのような食感と味で面白い!
ちょい大きめの刻みネギとカイワレのアクセントが、ライト魚介豚骨によく合います。



ただ、、、
ウマイことには変わりないんだけど、麺とスープがどうしても合ってるようには感じられないというか、うまく融合してないというか、、、
好みの範囲なのかもしれないけど、芯のある細麺の控えめながら強いキャラクターが、ライトな魚介豚骨のスープに勝ってしまってるというか、、、

もともと製麺屋さんなんだから麺が美味くて強いのは当然だとしても、スープが少しでも弱みを見せると露骨に麺だけが主張しているように感じて、、、
これで太麺だったら、どうなっていたんだろうか?
昼間はもっと違うんだろうか?

なんか色々と気になって、確かめてみたくなりました。
だって、パーツひとつひとつは確実にレベルが高いのに、なにか微妙に歯車が狂ってるようにしか感じられなかったから!
自分の体調がよくなかったのかなぁ、、、







■住所
埼玉県川越市大字鹿飼1426-6

■営業時間
11:30~14:30(ひかり)
17:30~21:00(光)

■定休日
日曜日、祝日







2008.1.6
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県西 |

頑者


ちょっと前に川越に来て、行った事のない頑者笑堂に行かずに普通の観光地にありそげな餃子菜館 大八に行きました。
そのこと自体は全く後悔はしてないし、紫色の変な餃子も食べたしw満足はしましたが、今まで遠いと思っていた川越も16号をずーっと真っ直ぐ行けば着くんだという当たり前の事に気付いて、そこまで行く事に抵抗がなくなったので、早速また川越に行って来ました!
越谷からは時間にして1時間半ですが、クルマの燃費がすこぶる好調なのと、天気がいいと気持ちがいいので(この日は3月下旬並みの陽気だったらしい)、仕事前にひとりドライブであります♪

特にどの店に行こうと決めていたわけではありませんが、頑者は行っておこうとは思ってました。
営業は16時半まで(売り切れ仕舞いなので注意)だったので、その前にどこか1軒行っておこうと思いつつ川越市内に突入!
この間もそうでしたが、川越市内って異常に渋滞してません?!
2回しか行ってませんが、なんか常に渋滞している感じ、、、↓
14時を過ぎた辺りから渋滞の中を少しずつ進み、笑堂が営業しているのを確認♪
そのまま通過しつつ、まだどこに行くか決めかねてました、、、
で、思い立ったのが、UNDER GROUND RAMEN
頑者の店主である大橋さん一族が出した4店目のお店で、頑者の味は踏襲しつつ地元客に配慮したという店作りと、「ナビを使っても迷う」というどこかのネットの記述が気になってたんです(笑)
営業が14時半なのは分かってましたが、どんな店なのか見てみたくて向かってみました!



CA395866.jpg

で、EZ助手席ナビを使っても、結局迷いました、、、(苦笑)
お寺の前にあるお店ですが、看板などがないので、ホントにこれがそうなのか迷いました、、、
着いたのは、ちょうど14時半!



CA395865 UNDER GROUND RAMEN

が、暖簾が下がってるっぽい、、、
少し入口が空いていたので覗いてみると先客2名!
厨房の若いお兄さんに「もう終わりですか?」と聞くと、申し訳なさそうに「すいません、、、」と言われてしまいました、、、
まぁ自分が悪いんだからしょうがないですね。
場所も確認出来たし再訪決定!という事で、次に頑者に向かいました!
本川越の駅から見えるくらいのところにある頑者へ渋滞に巻き込まれながら向かいましたよ。
CPにクルマを停めて向かってみると、、、



頑者 行列

めっさ並んどるやんか!

久しぶりに行列らしい行列を見ましたよ!
でも、ここで並んでから次に行くとなると、アイドルを挟んで確実に夜の部になってしまう、、、、
なので即行引き返して、笑堂に向かいました!
すぐ近くなのに全然動かない渋滞に巻き込まれ、20分近くかかって近くまで到着!
CPにクルマを停めてすぐに向かいました!
が、



頑者 笑堂

終わっとるやんか!

一応ら~ナビには15時半までの営業と書いてありましたが、30分くらいは早く閉める事もあるだろうとは思ってましたが、本当に閉まっているとかなり凹みます、、、

ああ、、、

仕方なくそのまま頑者にUターンであります、、、



頑者 並んだ

自分が並んだ時には、行列もさっき見た時より少し減っていましたが、それでも午後3時15分の到着で行列26後客20以上!
今も昔も変わらぬ人気店なのでしょう。
サスガの大行列であります!
しかし、見た目はかな~り旧い民家ですね。
店前の旧型マーチは、いつから動かしてないのでしょうか。
タイヤの空気がかなり減ってましたが。



頑者 駅

場所は、西武新宿線本川越駅から歩いてすぐ。
写真で見えるのが、その本川越駅です。
「小江戸川越を観光して、昼ご飯は超有名店の頑者で」というのは、ラーメン好きには最高の観光コースですね。

今や全国的な知名度を誇る頑者ですから、店の前で写真を撮る人たちも多数。
客層は中途半端な時間帯もあってか若い人がほとんどでしたが、年輩のご夫婦とかもいましたね。
ちょっと後ろのいかにもイケイケ自由業みたいな兄ちゃんが、30分以上延々と携帯で話しながらバカ笑いしてたのには閉口しましたが。



頑者 オーダー

並んでいると、中から「UNDER GROUND RAMEN」のTシャツを着た愛想のいいお兄さんが、六厘舎のようにオーダーを聞いて回ります。
(ていうか、こっちの方が先か)

12名ずつ聞いて回ってましたが、どうやら12人カウンターの総入れ替え制のようです。
自分は最後の12人目に入れたので、食べる時間が20分早まりました。
ラッキー♪



頑者 店内

30分くらいで入店。
キャパはL字カウンター12席。
厨房内には、大橋店主と思しき目つきの鋭いお兄さん他3人。
店内の空気は営業終了が近いからかピンと張り詰めるまではいかないまでも、独特の緊張感が支配していて、すごく静か、、、
BGMは、食べてる途中からジャズが掛かり始めました(笑)
忘れてたのかな?
作業台の上の、大量のどんぶりに入った麺が圧巻でした!
(カウンターじゃなくて)



頑者 メニュー

メニューは、ラーメンとつけめんのバリエーションのみ。
大盛は100円増しですが、他の細かいトッピングなどはない模様。
オーダーをする時に”つけめん”と”つけめんチャーシュー”の違いを聞いたら、お兄さんは「つけチャーシューは器に食み出すくらいチャーシューがあります。普通のつけめんでもそれなりには入ってますよ。」と丁寧に答えてくれました♪
肉がたくさん食いたかったのですが、つけめんにもある程度入っているという事と、連食したかったのでつけめんに。



頑者 つけダレ
つけめん  800円

座って少しするとラーメンをオーダーした人から順に配られ、つけめん系はそのすぐ後。
先にオーダーを聞いておいて座ったら出来るだけ早く出す!という、総入れ替え制の利点を駆使した回転の速さはサスガです。

で、そのつけダレ。
今となっては、こういった豚骨魚介系のつけダレは珍しくもありませんが、これを9年も前からやっているとは!(2000年創業)
デロデロした濃厚さではないものの、しっかりした動物系スープにかなり香り高い魚粉を多用したこのスタイルには、揺ぎ無いものを感じます!
甘味はあまりなく、動物系のコクと旨味、魚介系(特に鰹)の酸味と風味、唐辛子の辛味、控えめながら安定感を演出しているラード、少し強めのカエシと塩分が、クドくなく、飽きさせず、素晴らしいバランスを保ってます、、、
しかも、後味がサッパリ♪

具のチャーシューは角柱切りにされたモノが6,7本と、そのオマケのような端っこ。
味がしっかり付いていて、スープに負けていません!
メンマも味は濃い目ですが、つけダレと同じような方向性なのであまり目立たず。
味玉は軽くカエシに寝かせたような控えめな味付けでしたが、めっさ美味かった!
ネギも適度に辛くていい仕事してます♪
海苔とナルトもルックスにトドメを刺してます。

が!
残念だったのが、つけダレそのものの温度がかなり低かった事!
それは最早、温いというより、完全に冷めてしまってる感じで、全く温かくない、、、
しかも麺がしっかり〆られていて冷たいので、もはや冷汁に麺をつけて食っている感じすらしました、、、(涙)
せっかく美味いのに、スープの温度の低さが全てを台無しにしてしまってるぅ、、、(号泣)

夏はともかく、冬は”つけあつ”にするのがイイと思いました!



頑者 麺

ブッ太い、うどんのようなルックスの麺!
しかもこれがめっさ固い!
しかしながら、二郎系や田代こうじグループのような「これでも食らえ!」的なワシワシ系ではなく、プリプリ&モチモチした食感の万人受けするタイプの麺でもない。
う~む、こういう麺は食べた事ないかも、、、
あえて形容するなら、進化したラーメンの麺とコシのあるうどん、そしてパスタさえも髣髴とさせるこの極?太麺は、硬質感のあるスマートさとパスタ風味の小麦感を融合させ、濃度とインパクトのあるガツン系のつけダレに負けない、かなり骨のある麺、といったところでしょうか。
店主の実家の製麺所であるひかり製麺製のこの麺は、家族の連携と努力によって生まれたんだろうなぁと思わせる、めっさ説得力のある麺です!

が!
だからこそ、ヌルいつけダレに完全に勝ってしまってて、麺そのものが美味しいからいいようなものの、つけダレとのバランスは完全に麺の方に傾いてしまってました、、、



帰る時も当然のように20人以上が並んでました。
並ぶのも分かるレベルの高さと、今のつけ麺の流れに確実に大きく影響を与えたであろうこのスタイルと、それを構築するのに要した努力の結晶がビンビン伝わってくる、その名通りのストイックで意志の強さを感じる頑者。
だからこそ、つけダレの温さが際立って記憶に残ってしましました。

これは、ちゃんとしたモノを食べなければ!







■住所
埼玉県川越市新富町1-1-8

■営業時間
11:30~16:30(スープ終了まで)

■定休日
日曜日







2008.1.6
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県西 |

麺屋 八蔵 


この日も快進撃を続ける広島皆実高校を応援するため駒沢へ!

が、せっかく都内へ出るのですから、ラーメンを食べてから、、、

という事で、向かったのはひるがお

去年の正月に、これまた高校サッカーついでに行ったせたが屋に行ったときから「いつか昼の部にも来てやる!」と思いつつ早一年、、、
このチャンスを逃す手はありません!
という事で、駒澤大学駅から直接ひるがおに向かいました。
道に迷いながら。

が、、、



麺屋 八蔵 ひるがお

またかーーー (棒読み)

まさかとは思いましたが、ホントにねー

もうねー

いい加減にしてよー

(調べろよー)


という事で即行気持ちを切り替え、保険のつもりでリストアップしておいたもうひとつの店へ。

その店の名は、中華そば ふくもり

前島さんのせたが屋の姉妹店であります!
姉妹店なので、逆にぃ~どちらかはやってるだろう?!という算段であります!



麺屋 八蔵 ふくもり

場所は、環七を挟んでせたが屋の反対側をちょっと行くとあります。

店が見えてきましたが、、、

人影ナシ!




麺屋 八蔵 ふくもりアウト

マジですかー
1/5~7は、グループ店みんな休みにして慰安旅行でも行ってるのかな?
な~んて勘ぐるしかない心境のまま、刻一刻と試合開始時間は迫ってくる!
「ここは去年フラれたあの店に行くしかないっ!」と思い、小走りで向かいました!

その店の名は、つけそば ぢゃぶ屋

これまた一年ぶりのリベンジ!



麺屋 八蔵 ジュウガツザクラ

市街地を小走りで歩いていると、なんと新年からサクラが咲いてるじゃありませんか!
こいつぁ春から縁起がいいや!
ジュウガツザクラというそうですが、こんなサクラがあるマンションの方は幸せですね☆

なんか、いい予感がしてきましたよ~♪

が、、、



麺屋 八蔵 ぢゃぶ屋

夜からかよ!

いい予感がしましたが、逆にぃ~そこで運を使ってしまってたようです、、、オイオイ!

という事で、ますます時間がなくなってきた!
リストアップ店に全てフラれたので、急いでら~ナビで検索!
同じ三軒茶屋通り沿いに、名前を聞いたことのある店があるじゃありませんか!

その店の名は、麺屋 八蔵

以前は、現在そばはうす 不如帰があったところのすぐ近くで営業していたらしい麺屋 八蔵。
和風Wスープの名店とのお噂は予予(かねがね)であります!

正月とはいえ規模が小さそうだし、もう5日だし、やってそうなのですぐに向かいました!
辰屋も気にはなりましたが、先に見つけた方と決めていたので、そのまま営業中の八蔵に突入!
歩き過ぎたので、既に汗だくであります、、、



麺屋 八蔵 外観

場所は、世田谷通り沿い。
駅で言ったら、東急世田谷線の松陰神社前駅であります!

かーーなーーりーー歩いたぜよ!

「あぁ、ここから駒沢公園まで1kmはあるよなぁ、、、、」と少し鬱になりながら入店、、、



麺屋 八蔵 厨房

店内は、コの字カウンター12席くらい。
厨房の中では、お兄さんが2人で動いています。
お昼時でもあるので、店内はほぼ満席。
近隣のサラリーマンや家族連れ、年輩の方々など、広い年齢層に支持されているようです♪
午後1時過ぎの入店で、先客12後客9。
自分が入ると同時に退店があったのでラッキーでした。



麺屋 八蔵 カウンター

店の入ると右手に券売機。
食券を買ったら、すぐにお兄さんに渡します。
お兄さん達は特に愛想がいいわけではありませんが、ラーメン職人!という感じで作業優先ながらイヤミはありません。
スープは小鍋で温めて作っているようですね♪

店の雰囲気は居酒屋風でもあり、落ち着いていて和風のメニューにもよく合っています。
この手のラーメン専門店には珍しく、テレビが点いてますね。
中では、上沼恵美子が愛想笑いを浮かべながらしゃべりまくってますw



麺屋 八蔵 メニュー

メニューは、メイン?のつけ麺が大中小と麺の量を選べるシステム。
他には醤油やワンタン、味噌、坦々麺などがあり、それぞれトッピングもあるようです。
歩き疲れて若干気持ち悪かったので(苦笑)、つけ麺(小)と、気になった蜜柑のババロアのの食券を購入。



麺屋 八蔵 つけめん
つけ麺小(1玉)  650円
煮玉子       150円


ちょっと少な過ぎたかな?とプチ後悔と同時に、食欲も快復!
三河屋製麺製の中くらいの麺は、ツルツルした食感とモチモチというよりはブチブチッとした噛み心地がナイスな多加水のもの。
蓮根が練り込んであるという情報も頭に入っていましたが、忘れてました。
でも、ブチブチした食感はそれのせいなのかな?
いずれにせよ、麺がウマイです!

つけダレは魚介をメインに感じるもので、酸味や辛味もバランスよく纏まっていてこれまたウマイ!
ダシの旨味が弱いわけではなく、しっかりと主張しながらも後味はかなりサッパリしています。
強過ぎない麺と、バランス重視のつけダレのコンビネーションには安定感を感じますね☆
たっくさん歩いた甲斐があったというものです(涙)
でも、ちょっと温めなのが残念。

海苔以外の具はつけダレにINタイプ。
チャーシューはもわっとした柔らかさでボリューム感と食べ易さを両立してます。
ネギよりも目立つカイワレが和風のつけダレにプラスに作用して、より味わいのバリエーションが深い感じ。
スープ割りするとカツオの風味が増してこれまたナイス。
余裕の完食であります。



麺屋 八蔵 ババロア
蜜柑のババロア  150円

安いのでついでに頼んでみた蜜柑のババロア。
安いだけあって、かなりの小ささ(苦笑)
缶詰蜜柑ひと粒四方の大きさです。
でも味はちゃんとしたババロア(当たり前)。
食後にちょっと口直しという気分の時は丁度いいと思います。



少し暗い雰囲気と温めのつけダレがちょい残念でしたが、それでも十分な満足感は得られた麺屋 八蔵。
この日は定休だったので諦めた月うさぎも含めて、この辺りにも気になる店がたくさんありますね。
でも、次に駒澤大学方面に来るのは、いつになるんだろうか?
また来年かな?

この後、小走りと走るの間くらいでかなり急いで駒沢に行ったら、試合開始の1分前でした!



CA395849.jpg

広島皆実独特の、”試合前集中”は見れたのでヨシ!

でも、冬に汗だくで試合見るとは思わなかった、、、







■住所
東京都世田谷区若林3-16-1

■営業時間
11:30~15:00 18:00~22:00

■定休日
火曜日







2008.1.5
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

餃子菜館 大八 


正月休みなので、近場の観光地へ小旅行!
普段なかなか行くことのなかった埼玉県西部へ行ってみました。

この日向かったのは、ここのところ全国的に有名になりつつある(?)小江戸・川越

城下町として往時の面影を色濃く残す川越は、江戸との交易で栄えた蔵造りの街並みと共に菓子屋横丁やさつまいも、喜多院の初詣などで町興しに成功した街として認識してます自分。
そんな川越へ、初上陸であります。



CA395809.jpg CA395810.jpg CA395811.jpg

いやしかし、どこに行っても混んでますわ!
まずクルマで国道16号から川越市内方面へ入ったところから渋滞!
喜多院の横を通っていたので初詣の人が多い多い!
そこから市内中心部は歩行者が多いので右折がままならず、なかなか先に進みません、、、
まぁしょうがないですけど。
やっとこさテレビで見覚えのある有名な蔵造りの街並みに入ると、即行CPにINであります。



CA395814.jpg CA395815.jpg CA395816.jpg

いろいろ散策してデッカイふ菓子を買ったりしながら観光気分を満喫♪
頑者とか行きたいけどなぁと思いつつ、あまり遠くに行く気力もなかったため(苦笑)、近場でご飯を食べる店を物色!
すると、有名な時の鐘のすぐ近くに「川越ラーメン」 「紫いも餃子」の幟を発見。
いかにも観光地の便乗商法的中華屋っぽいですが(それが悪いと言う意味ではない)、そんなに歩いてないのに人並みで疲れたし、かなりジャンクなニオイぷんぷんなので、期待しないで入ってみました!



餃子菜館 大八 外観

場所は、蔵町通り(そんな名前なのかは不明)から時の鐘のある通りに入って、しばらく行くと右手にあります。
午後2時の入店でしたが店内は満席で待ちが2名、後客はなんと24です!
サスガの集客力ですねぇ。
いつもこうなのか、それとも正月特需なんでしょうか。



餃子菜館 大八 店内2

店はご家族でやられているようで、初老の夫婦と息子さんらしき3人で回してます。
キャパは、テーブル4人席5、座敷2人席2、座敷8人席1だった気がします。
しかしこの川越、観光客数に対して食べ物屋が結構少なく感じたので、この混雑も当然でしょうか。
いかにもな感じの観光客だらけであります。
地元の人は来ないよねぇ、特にこの時期。



餃子菜館 大八 壁張り紙

店内は、テレビで紹介された記事などが貼りまくり!
ご丁寧にも壁紙ワンブロックごとに、同じ記事がやたらめったら貼られています。
夏に嵐の松本潤が来たらしいのですが、文体が「 紫いも餃子が 紹介されま した 」となっているのはご愛嬌。
この安っぽい安直さが、ある意味タマリマセン♪



餃子菜館 大八 店内

川越らーめんと紫いも餃子の説明。
無理やり特別なモノに仕立て上げたような文章ですが、値段が観光地価格でないのは良心的。
これで780円とか言われたら引きます。



餃子菜館 大八 特許

「紫いも餃子」で特許を取ったという証拠。



餃子菜館 大八 メニュー

メニューは、普通の中華屋さんと同じ。
ただランチ需要がほとんどなのか一品料理の単品が極端に少なく、ほとんどがラーメンと丼もの、セット物で占められています。
自然淘汰された感じ。
関係ないけど、メニューが特に新しい感じがしませんが、いつから創業55年なんでしょうか。
川越らーめんと半チャーハンのセットと、紫いも餃子を注文。



餃子菜館 大八 餃子
紫いも餃子  360円

先に来たのは、紫いも餃子。
名前どおりの 紫色 であります!
インパクト大!
色的に、人間本来の防衛本能が「これはヤバイ」と言ってます(笑)
好奇心の方が圧倒的に勝ってますが。
ちょっと破れてても出しちゃう辺りが、街の中華屋さんなので文句を言ってはいけません。
皮には紫いもが練りこまれているらしいのですが、食感は普通の餃子とあまり変わらず。
でもなんだかむっさりした印象で、メリハリに欠ける感じ。
だからウマイ!というものでもありませんが、そんな事は想定の範囲内(古っ)
中にはサツマイモの小さいのがそのまま入ってて、甘くてうまいです普通に。
酢醤油に合うかは微妙なので、そのまま食べた方がいいかも?
でも、そのまま食べてもなんか物足りないし、、、
ただ見た目のインパクト9割の商品なので、これはこれでOKであります。



餃子菜館 大八 ラーメン
半チャーハン川越ラーメン  840円

やってきました、川越ラーメン!
やはりというかなんというかですが、普通!
昔ながらのガラ醤油ラーメンに、サツマイモの素揚げとコーンが入っています。
なぜコーンなのかは不明。
よくある中華屋のラーメンですが、ちょっと味濃い目かな?
麺は中細の縮れで、一般のラーメン好きにはハズレのない選択。
チャーシューはモモ肉らしく、固めでおいしい。
サツマイモも別に他の邪魔をするわけでもなく、甘くて美味しい。
かなり粗め(テキトウ?)に切られたネギ以外は、ナルト、メンマ、海苔、コーンなど極々普通。
予想通りだし、むしろこういう立地ではこういうラーメンの方がいいような気もしてきました、、、

チャ-ハンも極普通ですが、ちゃんと作ってあるのは当然として、具の種類が多い!
パッと見では分かり難いですが、ハムやチャーシュー、玉子、ネギ、カニカマ、ナルトなど、特にどうという事はないにしても、その種類の多さには感服。
紅ショウガもよく合うし、言う事ないな、、、
セットで安いし。



最初は、観光地然とした佇まいと安直なネーミング、張り紙だらけの店内に疲れた店員、そしていかにもな感じの中華屋という雰囲気が、別にいいけどなんだかねぇ、、、と思ってましたが、、、
それに川越名産のイモで特許を取るのはいいけど、それって要するに地域のためとかじゃなくてこの店の独占って事だから、それはそれでどうなのよ?
地域の名物としてみんなで共有して売り出した方が、町全体のためにもなるんじゃないの?と思ってましたが、、、

こういう立地で昔からやっている中華屋が、町興しに関係あるなしに店独自のアイデアを店の名物として売り出すのは当然のことだし、マスコミに出てたから来るような人にはこういう店の雰囲気と味のほうが無難だろうし、むしろこういう店でガツン系の濃厚豚骨魚介つけめんとか出されてもメインの客層であるお年寄りなんかは寄り付かなくなるだろうし、、、
なにより、これで客がたくさん来てるんだから、やり方が間違ってるわけじゃない。
むしろ、大正解なわけで、、、

もちろん、自分みたいなラヲタが来るべき店ではありませんが、観光客が望んでいるのは「この観光地に来た証」であって、そういう意味では無難な味と分かりやすいアイデアで繁盛店として成り立っているこのお店に文句を言うのは筋違いだよなぁと考えさせられたのでした、、、







■住所
埼玉県川越市大手町14-7

■営業時間
11:00~21:00

■定休日
月曜日







2008.1.2
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県西 |

汐留らーめん


今年最初のラーメンは、旧友とサッカー天皇杯を見終わった後。

旧友は奥さんの実家に帰ったため、こちらは一人でラーメン屋探しであります。

狙っていたのは、もう既に何度もフラれている京橋のお店、らーめんダイニング ど・みそ

正月はやっているとのウワサをどこかで読んでいたので、通い慣れた道をお店目指して向かいました!

すると、、、



汐留らーめん どみそ

ええ~~~~~っ

やってないじゃーん!

張り紙を見るとどうやら営業はしていたようなのですが、年始なので午後4時までだった模様、、、
う~む、またフラれたか、、、
この店はいい加減、ちゃんと細かく調べてからにしようか。

という事でら~ナビで近隣を探して、新橋おらががんや和麺屋長介などに行きたかったんだけどどこも祝日休みなので諦め、ダメ元ではやし本店に歩いて行くも、東芝ビルそのものがお休み、、、(涙)
仕方なく、少し範囲を広げてら~ナビで検索してみると、やってそうな店があった!

その店の名は、汐留らーめん

テレビの企画発祥であることや、宣伝の仕方、そして観光地のような雰囲気のおかげでネットでの評判はすこぶる悪いお店ですが(苦笑)、コンクールを勝ち抜いて出店したお店の実力は本物なのか星が4つも付いてるし((故)武内さんを入れると5つ!)、気になるお店である事には変わりなし!
店長で元和食職人の竹若さんも一癖ありそうな感じだし、これは行ってみるしかありません。



汐留らーめん 日テレプラザ

初めて来ました汐留シオサイト

元旦の夜という事もあって、ガラ~ンとしています。

人がいないことはありませんが、これだけ大規模な施設なので、かなりガラガラ感丸出しであります。
奥の方とか暗いし、、、
正月とはいえ、夕方6時過ぎでこれだけガラガラだとちょっと気持ち悪いです。

不安になりつつ新橋駅から歩道を歩いてプチサイバーな街のエレベーターを降りていくと、、、



汐留らーめん 外観

ありました!
良かった、やってて、、、(涙)
場所は、JR新橋駅からゆりかもめ新橋駅へ登ってそのまま通路を進み、右下へ降りて日テレのほうに行くとありました。
元旦とはいえ、ちょっとだけ並んでいるようです!



汐留らーめん 券売機

並ぶ前に食券を購入します。
なんだか慣れてないおばさんが接客をしています。
午後6時半の入店で、行列5後客8。
やはり客層はカップルや家族連れなどが多いですね。
ていうか、やたらメニューが多いっ!
何を選んだらいいのか迷ってしまいますね♪
こういう時はお約束、デフォの汐留らーめんにしました。
と、ちょっと気になった汐留湯餃子も追加。



汐留らーめん 店内

5分くらい待って窓際に着席。
店内は細長~いU字カウンターが20席くらいと、窓際カウンター10席くらい、あと奥の厨房すぐ横に8人くらい入れそうなテーブル席がひとつ。
芸能人はここで食べるのでしょう、周りから見えないし。

厨房には、ちょっと疲れたお兄さん達が5人。
外国の方もいましたか。
BGMは、なぜかレゲエ。



汐留らーめん ぎょうざ

座ってキョロキョロしていると湯餃子がすぐに到着。
タレが最初から付いてきます。
結構肉感のある餡はオーソドックスな水餃子とあまり変わらず、ショウガとニンニクがかなり強め。
皮もツルツルしていて、特筆すべきはありませんが、前菜としては普通にうまい。



汐留らーめん ラーメン
汐留らーめん  790円

ちょっと盛り付けもお疲れのような、、、
ですがこのラーメン、ウマかった!
揚げネギが浮かんだスープは乳化したような豚骨鶏がらスープがベースですが、そこに鯛干しやスルメを加えたという独特のスープは確かにキャラが濃い!
鯛がどうとかは正直わかりませんでしたが、スルメの香りと風味がかなり強めで面白い。
面白いだけでなく、豚骨の強いまったりしたスープとスルメが妙に合ってますねぇ。
表面には脂の膜が張り、塩分も高めなので、観光地の万人向けラーメンというにはあまりに強烈!
テレビの企画生まれですが、作っているラーメンはかなり挑戦的でオリジナリティに溢れていて、自分は好感が持てました。
いや~しかしこのスープ、濃いわぁ、、、、

ちょい太中くらい麺は、丸くてかなりのツルシコ!
麺の味が強めでコシもしっかりしており、これまたキャラ濃い目。
このスープにして、この麺あり!といった感じ。

具のチャーシューは薄めで柔らかく、強烈なスープの味に埋もれ気味、メンマは普通に柔らかくて甘めの味付け、ほうれん草は箸休めにしてはスープが強過ぎて太刀打ち出来てません。
海苔は魚介の香り強めのスープに合う、味玉?はこれまたスープのおかげで味がわからず、黄身が半生に近い。



総じてキャラの濃い~感じのラーメンで、一見さんの多いであろう店のキャラクターを考えるとちょっとどうかなぁ?と思ってしまいますが、今どきのミーハーなテレビ好きな人たちにとってはキャラの濃い芸人が売れる時代でもあるので、それはそれでOKなのかな~と思いました。
ていうかそれよりも、好き嫌いはかなり別れそうではあるけれども、そういったラーメンを基本に据えつつ、限定などでもいろんな方向性にチャレンジしているこのお店のレベルの高さに驚きました!
正直、うまかったです。
また行くかどうかは別として。







■住所
東京都港区東新橋1-6-1 日本テレビタワー B2F

■営業時間
11:00~21:00
11:00~22:30(金、土、祝前日)

■定休日
なし







2008.1.1
Comment : 3
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

麺屋武蔵 武骨外伝


今年最後のラーメンは大晦日。

駒沢へ広島皆実高校を応援しに、高校サッカー観戦に行った帰り。

久々に後輩のzuと、そしてオマケでサッカー仲間のSくんと共に。

帰り道でのラーメン屋という事で駒澤大学から渋谷で降り、未訪のラーメン屋へと向かう。

店の名は、はやし

知る人ぞ知る有名店。

ラーメン1種類で勝負するその志や良し。

道中、かなり場所に迷う。

行きしなに麺屋武蔵 武骨外伝を発見し、

フラれた場合の保険は掛けた。

そこから更に進み、線路伝いに坂道を登る。

あった!



麺屋武蔵 武骨外伝 はやし

撃沈!

やっぱりねー

大晦日ですからねぇ~。

こういう事もありますよーだ!

ええ、こんな事ではヘコタレません事よっ!

(文体を意味もなく変えてみた)

という事で、自分のワガママに付き合ってくれる子分2人を連れてw、麺屋武蔵に向かったのでした、、、

正直、無駄に歩かせてスマんかった!



麺屋武蔵 武骨外伝 外観

さて、やってきました麺屋武蔵 武骨外伝

毎回コンセプトの違う店をオープンさせる、全国的な超有名店・麺屋武蔵の6店目のお店は、つけめん専門店!
立地と知名度で、常に行列が続くと伝え聞くその味は、いかなるものなんでしょうか?!
興味津々であります!



麺屋武蔵 武骨外伝 券売機

店の入ると、すぐ左には券売機。
当初はつけめん類だけだったような気がしますが、今はかけそばなどのラーメンもありますね。
ここで先に食券を買っておき、店員さんに渡します。
この店イチオシの、温玉肉あんかけつけそばにしました。
そうすると、麺の量を聞かれます。
並、中、大盛まで同料金だった気がします。
連食したかったので、並にしました。



麺屋武蔵 武骨外伝 店内

店内には、麺屋武蔵特有の

えいさー! (全員で)よいしょーっ!

という掛け声が響き渡り、常にハイテンションの営業♪
一日中やってるんでしょうから頭が下がります。
キャパは、L字カウンターが16席くらい。
店の中に行列16後客16!
サスガの人気店であります。
そして、サスガの回転率でありますっ!



麺屋武蔵 武骨外伝 厨房

厨房内では、仕事の出来そうな7人のお兄さん達が、効率よくテキパキと動いています。
無駄のない動きは見てて気持ちがイイですね☆
しかも、接客が素晴らしい♪
これほどの有名店ですから接客が重要視&徹底されているのは当然なんでしょうけど、それにしてもホスピタリティ溢れるイケメンお兄さんの接客は、また来たいと思わせるに充分であります!
カウンター席の後ろで立って待ってましたが、程なくして着席。



麺屋武蔵 武骨外伝 外伝酢

カウンターには、外伝酢なるものが。
甘酢あんが掛かっているという事で、それの調整用でしょうか。

な~んて考えてると、つけそばは数分で到着!
先に食券を渡してあるのである程度予想はしていましたが、オペレーションのレベルの高さが回転率を早めているのも道理。
食べる前に「サスガだ、、、」と唸ってしまいました。



麺屋武蔵 武骨外伝 つけめん
温玉肉あんかけつけそば  1100円

その、つけそば!
盛り付けのバランスも良くて、ルックス的にもある程度完成されてますね☆
少し色味が少ない気もしますが。



麺屋武蔵 武骨外伝 めん

麺は、武蔵といえば?のカネジンさんの麺ですが、かなりツルツルした食感重視のもの。
その上には水菜と味玉のような温玉、そして存在感抜群のチャーシューに、甘酢餡のあんかけが掛けられていて新鮮!
しかし、麺自体がウマイですねぇ。
小麦の風味もしっかり感じられて幸せ♪
思ったより重量感のあるコシも、つけダレだけでなく上に乗った餡かけも含めると当然の答えなのかな。

3枚のチャーシューは厚く切られ、食感でわかるよう意図的に軽い焦げ目が付けられてます。
して、これもまたウマイ。
厚いのに豚肉の暑苦しさがなく(甘酢餡のおかげもあるんだろうけど)、単体で充分美味しいので、肉と餡かけだけでご飯が食べられます、確実に。
要するに酢豚ですよね(笑)
ちょっとだけ辛味があるのも素晴らしい。
発想が面白くて好きです、こういうの。
水菜もいい箸休めだし、温玉はほとんど普通の玉子だとは思いますが、割って黄身を絡めて食べると幸せを感じる人はたくさんいると思います。



麺屋武蔵 武骨外伝 つけダレ

つけダレは、鶏と魚介をメインにした和風のさっぱり味。
最近の店には珍しく?酸味が強めですが、旨味とのバランスはサスガ。
餡かけが乗った麺はキャラが濃いですから、そことの兼ね合いもよく考えられてると思うしウマイです。

そして面白いのが、スープ割り。
お願いすると、まるで葛湯のような割りスープが着ます。
見た目は真っ白で、味もほとんど小麦を水で溶かしたような味しかしませんが、これも発想が面白いし、何より蕎麦湯とか大好きな自分にとっては嬉しい♪
この割スープを直接つけダレに入れて味変して楽しむには結構な量を入れないと楽しめない気がしますが、割りスープにつけダレを入れると美味しいです。
自分、蕎麦湯とかもそのまま飲んで美味しいと感じる人間なので♪



麺屋武蔵 武骨外伝 ラーメン
かけそば?

zuが食べていたかけそば?
汁物ラーメンは、武蔵@新宿とはまた違った味わいでしたが、どういう感じだったかは忘れました。
でも、普通にうまかったです。
Sくんは自分と同じ温玉つけそばでしたが中盛りを後悔してました、足りなくて(笑)



全体的に一般ウケしそうな要素が満載で、料理も接客レベルの高いものでしたが、いわゆる「つけそば」というより「調理モノ」という感じ。
もちろん美味しいし、何をもってつけそば、つけ麺と言うかは店によって自由ですから文句を言うつもりは毛頭ありませんが、かなり変わったつけそばであることは間違いない。
合わせて言うなら、また行きたい店であることも間違いありません。





そんな武蔵を後にして、ホントは仕事に戻らなければならなかったんだけど、少し時間があったので、やってたらラッキーくらいの感じで歩いて次に向かいました。
Sくんとはここでお別れ。

後輩zuと向かったのは、これまた昔から行きたかった麺の坊 砦
土地勘がない辺りをフラフラと歩いていきました。
年末なので、交通量が少ない少ない、、、

で、着いてみると、、、



麺屋武蔵 武骨外伝 砦

やっぱりね、、、





麺屋武蔵 武骨外伝 張り紙、、、

年末年始はお休みだそうですよ、そりゃそうだ。
ラーメン屋だって休みたいよね。
電話してから行けっちゅー話ですわ。
まぁ、場所がわかったのでヨシであります。



砦 製麺所

文化村の方を目指して松涛のあたりを渋谷駅に向かっていると、砦の製麺所を発見。
近くに場所を借りて麺を作ってるんですねぇ。



そんなこんなで、2008年のラーメン行脚はお仕舞い。

食べ収めが武蔵になるとは思いませんでしたが、それもヨシ。
来年はいろいろとやりたい事もあるので忙しくなりそうですが、気長に、本能の赴くままにラーメン道を歩いて行きたいと思います。

稚拙かつ経験値の足りない知識で書いているので間違ったことも平気で書いてるし、偏った見方もしてますが、こんなブログに付き合って頂いた皆様には、厚く御礼申し上げます。

皆様の2009年に幸多からん事をお祈りいたします。


(アップされるのは2月なんだろうけどwww)







■住所
東京都渋谷区道玄坂2-8-5

■営業時間
11:30~21:30

■定休日
なし







2008.12.31
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

井之上屋


「年内中には、井之上屋で食べておきたいっ!」

12月に入ってからずーっとそう思っておりまして(去年の話ですw)、仕事の合間を見つけて春日部までクルマを飛ばしたのであります。



井之上屋 外観

久々の井之上屋、半年ぶりです!

相変わらず、正面の味濱家は繁盛してますねぇ。
しかし!
この日の井之上屋は先客9後客3。
家族連れやカップルなどがいて、行列こそないものの地元客が今年最後の井之上屋を惜しんでラーメンを食べてます!(想像)
みんな仲間だ♪

それはさておき、狙いはつけめん!
ナニゲに井之上屋でつけめんは食べたことなかったので(塩が旨過ぎるので)、この日は迷わずつけめんのボタンをポチッ。
ついでに、そぼろ丼もポチッであります。
厨房の中では、店主さんがなにやら炙ったりしてました。
なんだったんだろう、、、



井之上屋 そぼろご飯
そぼろ丼  150円

先に来たのは、ちゃんとフライパンで調理された鶏そぼろが入ったドンブリ。
ショウガが強めに効いてますが、味付けのバランスがいいのでウマイッ!
普通ではありますが、水菜も箸休めとしていい仕事してます♪
原価を考えれば妥当な値段なんだろうけど、量がもう少し多ければ、自分350円出してもいいっす。

こちらを完食しようとした頃、つけめんが到着!



井之上屋 漬け麺
醤油つけめん  850円

温かみのあるカツオの香ばしい香りが、食欲を刺激する醤油つけめん。
食べる前からウマイのがわかります♪
ウマイッ!
(早い)
つけダレのお椀も温かいです。



井之上屋 麺

たぶん、自分初の井之上屋の太麺。
三河屋さんなんでしょうけど、しっかりあつもり加工された太い縮れ麺は、見た目ほどゴワブツしておらず、もっちり感とぷっつり感が同居。
かなりコク濃い目のつけダレともしっかり合ってて、ウマイっす!
バラチャーと味玉もハズレなし!
特に味玉は、香りがガツンときてインパクト大!
半熟具合も言う事ありません。



井之上屋 スープ

さてビックリしたのが、かなり濃い目のカツオだしが効いたつけダレ!
醤油の香りもキツくない程度ながらかなりのもので、総じて香ばしいつけめんになってます!
そしてオイリー!
これも驚きました、、、
言うなれば、「油醤油カツオ」といったところか。
でも、宗田カツオを中心に感じた独特のザラメのような甘味とコクが、適度に飽きさせることなく最後まで楽しめて満足感はイッパイでした☆



来年初は何時くらいになるのかな~?
楽しみです♪







2008.12.30
Comment : 0
TrackBack : 0

スパイスカフェ


亜呂摩で異次元のラーメンを体験した後、これまた前々から気になっていた店も近いことに気づいてしまう、、、

これは神様の思し召し!
このタイミングで行かないと、次にいつ行けるかわからない!
という事で、行ってまいりました。

その店の名は、スパイスカフェ

そう、知る人ぞ知るカレー屋さんです(爆)
食べログでも4点以上をキープするという、かなり高品質なお店です!
最近古民家カフェというのが話題ですが(もう古い?)、ここもその1種。
カレー屋さんでありながら、下町の民家を改造して出来たカレー屋兼カフェであります。
「dancyu」で見て、そのあまりにも蔦だらけの外観と、店主の世界一周の旅と修行経験を読んでいたら、無性に行きたくなってしまったんです!

読んだ次の日には違うカレーを食いに行きましたが。
(行ったのはレディタン・ザ・トトキ。だってスパイスカフェ定休日だったんだもの)


という事で、本日はラーメンではありません。
(また、です)



スパイスカフェ 外観

場所は、都営地下鉄浅草線押上駅から歩いて10分くらい。
自分は助手席ナビくんに連れて行ってもらったので、当然説明は出来ません。
大通りから1本入った、分かり難~いところにあります。
かなり迷いました。
だって助手席ナビくんが、着いてもいないのに「目的地周辺です。お疲れ様でした!」って言って、ナビ放棄するんだもの。
散々探して、ちょっと妖しい明かりを見つけたので行ってみたらそこでした。
昼間だったらわからなかったかも?
どうです?
いかにも妖しい感じでしょ?



スパイスカフェ 入口

でも、看板とかよく見るとおしゃれな感じ♪

鉢植えなんかも全く違和感なく溶け込んでます。



スパイスカフェ エントランス

エントランスは建物に沿って奥に入っていきます。

なんか、アトラクション的なワクワク感がありますね☆



スパイスカフェ 店内

中に入ると、そんなにカレー然とした香りが強いわけでもなく、テーブル席やソファの席が点在していて、いかにもカフェな雰囲気。
かなりおっしゃれーな感じです。
いかにも女の子が喜びそうですね。
デートに最適ですw
実際この時、先客12後客6でしたが、後から来たカップルは別として、自分以外は全部女の客!
若い子だけでなく、おばさまのディナー会みたいな団体もいました。
キャパは、カウンター3席と、テーブル席などが全部で16くらい。
厨房には店主?含む男の人が2人と、接客の女の方が2人。
雰囲気的には、洋食とか、フレンチな感じです。



スパイスカフェ セッティング

メニューはいろいろ書いてありましたが、基本的にはコースのみ(たぶん)。
前菜、カレー、デザート、ドリンクなどがアラカルトで選べるようになっており、どれも興味を惹かれるものばかり♪
メニューの写真、撮っておけばよかった、、、
普通のカレーコースを注文。



スパイスカフェ サラダ
カレーコース  2500円

まずは前菜。
パルマ産の生ハムサラダは、レタスやチシャ?なんかが中にいるんですが、これを食べて驚いた!

スパイシー!

濃い~ドレッシングなんかは使わず、オリーブオイルと僅かな香辛料だけで食べさせるというヘルシーなサラダ!
ていうか、サラダに香辛料を直接使ってるなんて初めてだったもんで、自分ビックリしてしまいしたわ!
しかも、ウマイ!
すげーっす、、、

更にはくるみパンも付いてくるんですが、これがまたモッチモチでウマーーー、、、
なんなんでしょうか、この店。



スパイスカフェ 盛り合わせ

アペタイザーというのか、オードブルというのか、アミューズというのかわかりませんが、盛り合わせ。
細かいことは忘れましたが、スパイスカフェというだけあって須らくスパイシー!
しかも、そこはかとなく感じ取れる程度でゴリ押し感は皆無。
ホールとパウダーを巧みに使い分け、しかもキッチリ融合させて一つの完成品に仕上がってます、、、

スパイス使いこなし系というんでしょうか、よくわかりませんが、驚きと美味が完全同居した品々には、言葉もありません。
大げさに言うなら、感動すら覚えました。



スパイスカフェ カレー

カレーももちろん数種類選べます。
確実にスパイシーでありながら辛さ一辺倒ではなく、むしろ甘かったり、香ばしかったりで、基本的には全てマイルド。
あくまでも食べ易く、そしてスパイシーで適量。
雰囲気はともかく、サーブの仕方なんかも含めて、ここはフレンチのお店のようですね。
お姉さんが常にテーブルを見ているので、タイミングもバッチリだし。
キャベツのピクルスも激ウマーであります。



スパイスカフェ デザート

デザートもたくさんある中から2種類選べます。

ひとつひとつが完成度高し!

このティラミスとグレープフルーツのジュレも、めっさ美味かった☆



スパイスカフェ デザート2

こちらは、カスタードプリンとアップルタルト。

持って帰りたいくらいでした。



スパイスカフェ チャイ

食後のチャイも本格的。
カルダモンだか、シナモンだか、クミンシードだかよくわかりませんが、ホールスパイスを使ったかのようなスパイシーでさっぱりとした香りと甘さが同居した紅茶は、今まで飲んだどのチャイよりも美味かった、、、



カレーが美味しいのみならず、どこか好奇心をくすぐる店の佇まいは、独特なデザインのドアや窓から眺める狭いながらも趣のある景色、古臭くて懐かしいテーブルやソファ、トイレの横に併設されたアートギャラリーなど、そこかしこに客をもてなそうという意匠を感じられます、スパイスカフェ。

店の全てに気の利いたスパイスが効いてるお店です。

人気があるのも至極納得、うむ納得。

ウマイし、雰囲気もいいし、言う事ナス!(台無し)







■住所
東京都墨田区文花1-6-10

■営業時間
11:45~14:00 
14:00~16:00(カフェタイム)
18:00~22:00

■定休日
月曜日、第3火曜日







Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /