This Archive : 2008年09月

支那そばや 越谷レイクタウンAEON 



らしくもなく、ちょっとテンプレートをイジってみました♪
ヒマだったもので。。。



ふと時間が出来て近場なら行ける!っていう時に、ウチの近くの「くるまや」の代わりに出来た「太郎ラーメン」?って書いてあるところにいつも行こうと思うんだけど、なんだか行きたくない感じなんだよなぁ、、、

な~んて思ってたら、先週末にプレオープンしたイオンのレイクタウンの事を思い出しました!
知り合いから電話があって、「スゲー、デカイっすよ!!!」と興奮気味に話してたので、ラーメン屋の2~3軒はあるだろうと思い、グランドオープン前にちょっと行ってみました。



支那そばや 越谷レイクタウンAEON 

もう20年くらい前から計画だけはあって、バブル崩壊に伴い縮小に縮小を重ねてやっとこさ出来上がった越谷レイクタウン!
その大きさはイオン浦和美園の比ではなく、3倍はあろうかという超巨大スケール!
なんでも、日本最大級だとか!
あんな田舎に、あんなドでかいショッピングモールなんか作って、果たして20年後に残ってるんだろうか?と勝手に心配してますが、来てみたらプレオープン中の雨の平日にもかかわらず、そこそこ人がたくさんいました。



CA394652 イオンレイクタウン CA394950.jpg CA394951.jpg

CA394653.jpg CA394655.jpg 支那そばや 越谷レイクタウンAEON 看板

思わぬF1マシンの展示とか、トヨタ2000GTの展示にテンションアゲアゲになりながら、飲食店の店舗案内を見ていると、、、

支那そばやだ!

おおっっとー!
これは思わぬ収穫だ!!!
有名ラーメン店の一つや二つは入ってるんだろとは思ってたけど、まさか支那そばやが入っているとは!

一気にテンションが上がりましたよ!
他にも、山頭火一蘭などもありましたが(moriのみ)、ここはやっぱりガチンコ!ブログラーメン道としては、支那そばやに行かなくてはなりませんっ!



支那そばや 越谷レイクタウンAEON 外観

場所は、越谷イオンレイクタウンのmori 内、一階の中央付近。
ここの辺りは飲食店がずらーーーーっと並んでいて、各店の前ではやたらとお姉さんが客を呼び込んでいます。
支那そばや入り口ディスプレイもかなり立派で、もはや完全にチェーン店仕様になっています。



支那そばや 越谷レイクタウンAEON 店前

その内の一つには、コダワリの厳選食材と共に、佐野さんと店主の写真が。
色の使い方が嫌味なく、それでいて和とコダワリとお洒落な雰囲気をそこはかとなく演出、、、



支那そばや 越谷レイクタウンAEON 店内

店内は天井が高くて、比較的広々とした作り。
お子様イスなんかもしっかり用意してあるし、ハード面での家族客対応も出来てます。
なんかイメージと違いますが(笑)
ちなみに、ソフト面ではまだ今ひとつでしたが。

キャパは、対面カウンター8席×2、テーブル4人席7、テーブル2人席2。
フロアはお姉さんが3人で、内1人は一番目立たない席で作業中。
名札にはそれぞれの愛称らしきものが書いてありますが、作業をしてたお姉さんには”店長”って書いてありました。



支那そばや 越谷レイクタウンAEON 厨房

厨房には、仕事出来そうなお兄さん方が3人くらい。
それぞれの仕事場でストイックに作業しています。
時々私服のお姉さんが出入りしてました。



支那そばや 越谷レイクタウンAEON メニュー

メニューは、かなりバリエーション豊か。
見開きを広げると、20種類くらいあります。
でも基本は、醤油と塩のみ。
値段設定はやはりというか、かなり強気です。
ご飯ものは、まだ準備中との事。
プレオープンですからね。
昔ネットで見て気になっていた、支那そばやの白式部を発見したので、それが入った醤油ラーメンを注文。



支那そばや 越谷レイクタウンAEON ラーメン
白式部醤油ラーメン  1150円

う~む、そつなくこなされた仕事が窺い知れる雰囲気、、、、
白玉のような白式部が目立ちます。

そのスープ。
鶏の豊かな旨味がメインで、それを豚や魚介が包み込むような滋養豊かで旨味溢れるスープは、一口飲むと「ふぁ~、、、」とため息が出る感じ。
ウマイです。
醤油の香りが少し強めなので、初めて食べた時のような感動はありませんが、それでもいい素材をふんだんに使った雰囲気は味わえるので、満足感はあります。

麺は、横浜ラ博で食べたときと同じ、滑らかさを引っ張るかのような質感とコシの良さが秀逸。
長さも普通よりあるので絡まりやすい感じですが、基本食べ難さはありません。
ただ、子供とかには少しツライか。

バラチャーシューはかなり豚の旨味を引き出したもので、味付けなどはオマケといってもいいくらい。
適度に柔らかくて、かなりウマイです。
メンマは大きくはありませんがかなり太くて、パッと見タクアン?みたい
なので、食べ応えはバッチリです。
ネギも過度に臭くなくて、しっかりスープを引き立てているところに”仕事”を感じます。



支那そばや 越谷レイクタウンAEON 白式部

そして、白式部。
クマツヅラ科の植物の名前を付ける辺り、佐野さんの一般的なイメージとは少し違いますし、ラーメンの中に入っている具としては見慣れないので違和感を感じます。
が、この一風変わったワンタン(というか小龍包?)がよく出来ていて、モッチリした皮の中に鶏の旨味タップリの餡が入っていて、それ単品でウマイのみならず、ラーメンの具としても素晴らしい!
餡の旨味汁がこぼれてもそれがスープと合わさると、スープがまた少し変わった方向にシフトするんですが、それがまたウマイ!
(とはいえ、そんなに汁が溢れ出るわけでもないんですが)
佐野さんがラーメンありきで開発したモノですから合わないはずはないんですが、これだけのモノを商品として店に出すまでには相当苦労したのではないかと勝手に想像してしまいます。



思いがけず発見した支那そばや。
系列としては越谷にこしがやがありますが、本家の味を正統的に引き継ぐ「支那そばや」名義の店が出来たのなら、イオン内の店を全制覇したら一通り食べてみようかな?
でも値段がまず強気だし、何の気なしに食べれば普通のラーメンと思われても仕方ないような感じでもあるので、ラ博と同様批判とかされるんだろうなぁ。
ラーメンであの値段だと、家族ユーザーにも敬遠されがちだろうし。
ただ、そういう店が越谷に出来たこと自体が誇らしいことだと、ラーメン好きとしては思います。







■住所
埼玉県越谷市東町2-8 レイクタウン 森MORI 1階

■営業時間
10:00~23:00

■定休日
なし







2008.9.30
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : レイクタウン |

会津ラーメン 和


朝から仕事で昼頃に時間が空いたので、越谷近辺でどこか未訪の店がないかなぁ?と考えてたら、いつの間にかクルマが岩槻方面に(笑)

その道すがら、NACK5でレイクタウンの情報をやっていたのでそこも行かなきゃなぁと思いつつ、東岩槻の石川家は休みだったのでスルー、大勝軒はなんと店前に6人の行列だったので、久しぶりに会津ラーメン 和へ行って着ました!



雨の月曜日とはいえちょうど正午だったので、店前にはテイクアウト用の販売のために奥さんがいて、店の中にはお客さんがイッパイ!
繁盛して増すねぇ♪
やはりこの店のホスピタリティは、地元のお客さんを確実に掴んでいるようです。
店主はひとり調理をしながらもお客さんへの気配りには抜け目なく、その言葉一つ一つが軽々しくありません。
まだ人を見てしまっている奥さんとアルバイト?さんとは、やはりレベルが違いますね。



会津ラーメン 和 新メニュー

新メニューなのか、カレー関連のものが増えてました。
キャパがL字カウンター8席のみに対して、先客6後客8。
自分の後にはすぐに行列が出来てました!
お昼という事もあり、近隣の会社員やドライバー、主婦などがいました。
そういえば、あまり若くないお姉さまのアルバイトの方は見たことないですね。
(1年に1回くらいしか来てませんけど)
3人での営業です。
食べた事ないメニューを食べようと思い悩みましたが、結局肉タンメンを注文。
その後で「そういえばソースカツ丼、、、食べたかったんだけど、頼んでなかったけど、フルでは食い切れないしなぁ」と思ってましたが、お持ち帰りもやっているようなので店主にそれを確認し、追加でお持ち帰りソースカツ丼を。



会津ラーメン 和 ラーm、円
肉タンメン  900円

おっとこれは、肉入りのタンメンというよりは、タンメンにチャーシューをトッピングしたような感じ。
しかし、牛タンのような見た目のチャーシューはしっかり味がついていてしつこくなくウマイ。
だからタンメン?(しょーもな)
そしてスープは、少し塩分が濃い目ながらしっかり野菜の旨味が溶け出していて、野菜もクタり過ぎてなくてイイ!
野菜の食感と旨味が、チャーシューの旨味とあわさり、スープとも絡まってナイスなコンビネーションです☆
麺は相変わらずの中くらいの平打ち麺。
このピロピロ感は関東北部から東北南部に特有のツルシコ感覚を残していながらオリジナリティも感じさせ、しっかりコシもあるので飽きさせません。
スープや具ともよく絡むし、ほんま言う事ないわぁ。
麺の湯切りも変わらずしっかりやってくれていましたが、前と違うのは、明らかに4分音符で1小節分で区切っていたところかな(笑)
リズミカルさがわかりやすくて、見てて楽しいっす♪



会津ラーメン 和 ソースカツ丼
ソースカツ丼(お持ち帰り)  700円

お持ち帰り用だと、店内で食べるより100円安いのかな?
で、このパッケージ!
片手までやっている訳じゃないのがよ~くわかります♪
梅雨時に福島に行ったのでその前くらいまで知りませんでしたが、ソースカツ丼は福島では名物に近いくらいの定番メニューなんですね。
だから前からここにはソースカツ丼があったのか!
で、これがもう

美味すぎ( ̄ロ ̄lll)だってばよ!!



会津ラーメン 和 肉ウマー

揚げたカツを鍋でしっかりソースを染み込ませ、それをご飯の上のキャベツ布団に乗せるのですが、まぁ~カツの柔らかい事!
こんなに写真がヘタでも、こんだけウマそうに見えるのも珍しい!(笑)
ソースが染みてるからっていうのもあるんでしょうけど、それ以前にカツそのものが柔らかくて旨味タプ~リで、キャベツにもご飯にも合いまくり!
ソースもやたらウマくって、かつにもご飯にも最高のお供であります。
冷めててもこれだけウマイんだから、温かかったらどんだけやねん?!という感じ。
以前TAKUさんに絶品!とのコメントを頂きましたが、その言葉にウソはありません。

正に、 絶 品 ! であります。



他でフラれたからここに着たけど、ここは味も接客もホント言う事ないですね!
こういう店は、未来永劫続いて頂きたい!
素晴らしいです☆







2008.9.29
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 岩槻 |

高柳亭 


「越谷中華の名店再訪!」シリーズ。
(新シリーズ?)

本日は、飾らない風情ながら接客の良さと確かな安定感で地元の人々に愛される 高柳亭 です。

ここは以前何回もフラれた末に入った時、ラーメンから何かオーラ的なものを感じて、間違いなくこの近辺では一番ウマイ!(この時点で)と思ったお店です。
同じ名前の「高柳亭」というお店、実は越谷の大沢にもう一つあるんですが、こちらとの関係はよくわかりません。
もちろん行った事はありますし、こちらも普通に美味しかったです。



高柳亭 外観

場所は、、、どう説明したらいんだろう?(苦笑)
とりあえず、分かり難いんですよ。
国道4号バイパス神明町交差点を北越谷駅方面に曲がり、最初の信号(バーミヤンとOBの先)を右折し、数十m行くと斜め左に狭い道があるのでそこへ入りひたすら真っ直ぐ!
400mくらい行くと信号があるのでそこも真っ直ぐ行き、ホントにこの狭い路地でいいのか?と悩みながら一方通行を100mくらい行くと、左からの合流道があるので”そこ”です!
う~む、なんて説明し難いんだ、、、
(地図リンクすりゃいいじゃん)
絶対に地元の、しかもかなり近隣の人しか知らないよなぁ、、、
普段通らないような道だし。
白い暖簾に、道路からの視線を遮断する大きな簾、そして黄色い看板が目印です。



高柳亭 店内

店は、自宅の一階を改装した感じの派手さのない街の中華屋風情。
中央にテーブルを2つくっ付けた8人席が一つと、高いカウンター越しに3席(こんな少なかったっけ?)、そして奥には座敷4人席が1です。
なんと床には人工芝が敷いてあります!
テレビのチャンネルは、やっぱりNHK。

午後7時前の入店で、先客2後客0。
ここはいつ来ても常連さんがいますね♪
ここに来ないお客さんでも、出前があるので営業的には全然問題ない感じ。
自分がいる間にも3件くらい懐かしの黒電話で出前注文を受けて、配達もしてました。
ウチの仕事場にも出前して欲しい!
って、前来たときも思った(笑)

そういえば昔、着たらやってたけど、常連オーラが凄すぎて入れなかった事も数回あります(笑)
当時はまだ、ソレに対する耐性が出来ていなかったんですよね。。。



高柳亭 カウンター上

厨房には、温厚で少しインテリジェンスを感じる初老のご夫婦。
接客も調理も非常に丁寧で、お客さんが絶えないのもわかりますわ。
カウンター上にはセット物のメニューが貼ってあり、下のメニューより安かったりします(笑)
7~800円程度でウマい定食をお腹一杯食べられますから、非常にリーズナブルだと思います。



高柳亭 メニュー

メインメニュー。
わかり辛くてすいまそん。
麺類だけでもかなりの種類があり、一品料理やスープ、定食まで一通り。
極めてオーソドックスなラインナップながら、日々の食事としては必要にして充分であります。
前回はラーメンと餃子を食べましたが、今回はワンタンメンとチャーハンのセットを注文。
チャーハンがどうしても食べてみたかったのです♪



高柳亭 ラーチャー
ワンタンメン チャーハンセット  ¥850

もう見ただけでもOK!と叫びたくなる感じです。
(余計なモノさえ付いてなければ)
セット物であってもラーメンの具が少ないとか、そんなのありませんから。

そのワンタンメン、ネギが白ネギでなくて青ネギなところが色味だけでなく、甘味のあるスープによく合う!
スープは動物系の旨味よりも野菜などの甘味がかなり強めで、化調感もありますがバランスよくてウマイです。
久々に完食しましたもん。
麺は細くて縮れた腰の強い低加水麺!
こういう街の中華屋って、大抵メイン層の年配客に合わせて麺が柔らかめだったりしますが、ここはしっかりと麺が主張するコダワリのラーメン!
これだけでも食べ応えがあります。
具のチャーシューがこれまた手抜きナシのしっかり肉感のあるものでウマイ!
メンマは甘めでスープとコーディネイト、ワカメも全然臭くなくて自然、ワンタンは肉に力がないものの、喉越しがいいです。
あとは、斜めに大きく切られたナルトが、中華屋のラーメンに止めを刺します。

で、チャーハンがまた普通にめっさウマイ!
こういうお店で人参が入ってて美味いチャーハンって、見たことないです。
ナニゲに中華料理店のチャーハンって人参が入ってることって少ないんですよね。
でも、ここのは塩加減、火加減に文句の言いようがなく、ピンクや黄色、緑なんかの見た目も素晴らしい、、、
ある意味、理想のチャーハンです!
ちなみに黒いのは、コゲではなくてキクラゲです♪
こういうのをさりげなく、しかも入れ過ぎないところが憎いっす。



高柳亭 看板

やっぱ、ここはサスガの満足感があるなぁ。
元荒川の内側にあれば毎週通うのに!(いや、マジで)







■住所
埼玉県越谷市宮本町2丁目60

■営業時間
11:00~20:00?

■定休日
木曜日







2008.9.26
Comment : 1
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

中国東北家庭料理 都来吃(トウライチー)


この日は、2年前くらいに越谷中華を回り始めた頃に行って以来のお店に。

店の名前は、中国東北家庭料理 都来吃(トウライチー)。

越谷では数少ない、現地系中国人の方がやっているお店です。
以前食べたときに、もう一度着た時は東北料理的なものを食べようと思っていました。



都来吃  外観

場所は、東武伊勢崎線越谷駅西口から歩いて5分くらい?
西口をすぐ右に出て、高架橋下の赤山街道の信号を斜め左前の道へ入って、ちょっと前に行った宝山飯店の正面にある道へ右折して少し歩くと左手に見えてきます。
住宅街の真ん中なのでわかりづらいですが、この道がわかれば大丈夫♪



都来吃  店内

店内は細長く、カウンターが中心になっています。
メイン照明は点いているのですが、上から下がっている提灯風照明は全て消えているので、なんだか薄暗い雰囲気、、、
特に入り口付近のカウンターはかなり暗いです。
前に来た時は店の前で屋台的な感じでお惣菜なんかを売ってましたが、今はやってないのかな?
キャパは、L字カウンター12席、テーブル4人席4。



都来吃  厨房

厨房には以前来たときと同じ、カタコト日本語の明るいお兄ちゃんが調理しています。
接客は、暗~い雰囲気の日本人?と思しき年配のおじさん。
午後7時前の入店で、先客6後客0。
たまたまなのか、ガテン系(死語?)のお兄さんたち2組が仕事の後の1杯中♪
店前の建売住宅が現場なのでしょうか?
最早常連なのか、時折店主のお兄ちゃんと会話しています。
誰も通らない店の前でお惣菜を売っていた姿を見ているので、常連さんが出来て良かったですね~♪と心底思いました。



都来吃  メニュー

メニューは、、、なんか前と雰囲気が違いますね。
前はもっと中国東北料理を前面に出したメニューに、セット物なんかがあった気がしますが、今は日本でも見慣れたメニューばかりのようです、、、
いろいろ葛藤があったんだろうなぁ、、、
商売って難しいですねぇ。
自分がやっていきたい事があって店を始めても、いざ苦しくなってくると結局お客さんが求めているものを提示していかないと続けていく事は出来ない、、、
今や”東北料理”の面影はメニューの片隅にしか見えませんが、商売を続けていくための決断がこうして常連(?)さんを掴む結果を生んでいるのですから、これからも明るい笑顔で頑張って欲しいものです!



都来吃  読めない

カウンターの上には、現地語で書かれたメニューが貼ってあるんですが、漢字だからわかりそうなもんなのに、意味が半分わからない.:*゚.:*゚♥..:。*゚
”スープ”は全て”スプ”表記になっています(苦笑)
青椒肉絲麺と水餃子を注文。



都来吃  水餃子
水餃子  350円

最初に来たのは、なぜか麺ではない青椒肉絲の単品。
あれ?と思って「青椒肉絲じゃなくて、青椒肉絲麺を頼んだんですけどー」というと、半分しか聞こえてなかったのか、厨房のお兄ちゃんは「青椒肉絲麺、一丁~!」と叫んで、もう一回青椒肉絲を作り始めたので、あわてた日本人のおじさんに確認すると、オーダーを間違えて作った上にもう一回作ろうとしていた事に気付き、こっちを見て納得すると鍋を振り始めました。
さっきの青椒肉絲(単品)がカウンターの上に置きっぱなしだったので、もう一回作ってくれてるのかな?と思っていると、水餃子が到着(笑)。

小さめの餃子が6個です。
アルコールを頼んだわけでもないのに、なぜかお通し的な豆が付いてきました(笑)
小さくて食べやすい水餃子は皮が厚くてモッチモチで食感がすごくイイです。
餡は肉とニラとにんにくがメインですが、特に特長はなく普通においしいです。
これで350円ならお値打ち感はあります。



ラーメン
青椒肉絲麺(チンジャオロース麺)  800円

結局、さっきの青椒肉絲が乗っかってました(笑)
まぁそういう事を気にするお国柄ではないんでしょう。
別に文句を言うつもりはありません。

で、その青椒肉絲麺。
上に乗っている青椒肉絲は味付けが控えめで、肉やピーマンの美味さを引き立てるもの。
単品として酒のツマミやご飯と合うかは別として、少し濃い目のスープとのバランスは悪くないです。
そのスープ、しっかりガラや香味野菜なんかのダシを取っているんでしょうけど、かなり生姜と醤油が濃くてクドめ。
青椒肉絲に入っている生姜も”香り出し”というよりほとんど”具”に近いくらい大きくて主張が激しいので、かなり全体的にショウガ風味。

麺は、一般的な中華屋仕様の中細縮れ麺。
かんすい臭くない麺を選ぶ辺りが現地系っぽいです。
特に感想的なものが浮かばないくらい普通です。



会計時、店主もおじさんも青椒肉絲麺の値段がわからなくて客のいるテーブルからメニューを引っ張り出して見てました(苦笑)
合計が1150円なのはわかってましたが、店主に最初「せん、、二百円、、、、?」みたいに言われたので1200円渡そうとしたら、「い、いや、、1100円で!」と言われ、50円玉2枚で渡そうとしたら、「いや、、、1枚で!」と言われ、結局1050円に???
50円を100円と勘違いしたのか、オーダーを間違ったからそれでいいと思ったのかわかりませんが、何か割り切れないものを感じつつ、帰り際の真っ直ぐな笑顔になんだか憎めないものを感じてしまったのでした。







■住所
埼玉県越谷市宮本町1丁目142

■営業時間
11:00~15:00 17:00~21:00??(たぶん違います)

■定休日








2008.9.25
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

店名なし (上重朋文)


仁鍛の後にまだ時間があったので、2年前から行きたかった店に行くことにしました!

その店の名は、ShiNaChiKu亭

神奈川端麗系の中核を担う超有名店です!
(この言い方浸透しないな)




店名なし シナチク亭

東急東横線白楽駅からそのまま2駅、反町(たんまち)駅で降りて、歩いて数分の国道1号線沿いにあります。
超が付く有名店ですが、行列らしきものは見当たりません。
ラッキー♪と思い入ろうとすると、、、



店名なし 売り切れ


工工エエェェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェエエエ工工


またかよ、、、

「品切れ」って、あ~た、、、

でも今調べて見ると、午後4時過ぎってどっちにしろアイドル休憩中じゃんか!
ら~ナビには、通し営業みたいに書いてあったから途中下車したのにぃ。
また、ら~ナビにしてやられた!
まぁ、そんな気はしてたんですが。

悔しいので、自分用メモとして記録。
(全部そうだが)



■住所
神奈川県横浜市神奈川区反町2-15-14

■営業時間
11:00~14:30、18:00~21:00

■定休日
月曜日、火曜日







さて、気を取り直して。

次に向かったのは、これまた去年発見してからずーっと気になっていたお店。

その名も、「店名なし (上重朋文)」

「店名なし」ってどんな店やねん?!って思ってました。
なんか自宅改造系らしいし、ら~ナビでコメントも少ないし、、、、
で、この時調べてみたら、なんと★が付いてるじゃないですか!
しかも、北島さんが付けてるし!
これは行かねばなりませんっ!



店名なし 団地

横浜市営地下鉄に乗り換え、最終目的地の三ツ沢を通り過ぎ(笑)、岸根公園という聞き慣れない駅で降り、それらしい方向へ向かって見ますが、、、
なんか、普通の団地にしか見えないんですけどぉ、、、



店名なし 超団地

少し登った角には、ウチの実家と同じように団地の案内図がありますが、、、

奥のほうをよく見ると、なんか赤い幟のようなものが見える、、、

近づいてみると、、、



店名なし 家!

マジ、普通の家じゃん!

目印は、赤い幟と赤提灯、そして”上重朋文”という表札のみ。
自宅改造系なのはわかっていたとはいえ、こんな団地のど真ん中に赤提灯ですよ!
オモシロ過ぎますっ♪
しかしながら、もんのすごい入りづらいのも事実!
店の前で躊躇していると、家の中でテレビを見ている店主と目が合い、向こうは「、、、(いらっしゃい)」みたいな感じでアタマを下げられ、玄関の方へ向かうのが見えました、、、
自分も「失礼しま~す、、、」と呟きつつ中へ、、、



店名なし 玄関!

モロ、普通の玄関ですwww

ドアを開けると、優しそうな店主が「いらっしゃい。」と声を掛けてくれます、、、
靴を脱ぎながら、またも「失礼いたします、、、」と呟いてしまいました。
なんだか、飛び込みで営業にきたみたいな気分です(苦笑)
そんな雰囲気。

自宅をお店に改装して営業するお店はラーメン屋や中華屋に限らず、蕎麦屋や定食屋でも少なからず見かけますが、ここはそういった改装はほぼ皆無!(ちょっとキッチンが立派)
そういう意味では、かなり希少なお店だと思います。



店名なし 店内w

超~自宅!
(当たり前)

なんだか、親戚か知り合いのおじさんの家に初めて遊びに来た!みたいな感じで、プチ緊張、、、
お店的な感じはしませんが、テーブルが並べてあってメニューも置いてあるので、そこは営業しているんだなと確認出来るような感じ。
ソファ右のカウンターの奥はシステムキッチン風になっていて、そこで調理している模様。
キャパは、座敷テーブル4人席3のみ。
午後5時過ぎの入店、、、というか訪問で、ノーゲスト。
いやしかし。



CA394584.jpg

店主は普通に座って相撲を見ているし、扇風機は置いてあるけどベランダが開いていて気持ちのいい風が入ってくるし、すぐに馴染んで居心地がよくなってきました、、、

これこそ文字通り、アットホームでありますっ。

ちょっと前まで中華料理を何十年もやってきて、リタイアした後に自宅で営業することにしたそう。
確かに、石原都知事のサインが入った営業許可証みたいなのが飾ってありましたね。(神奈川だけど)
開業して、まだ1年半くらいだそうです。



店名なし メニュー

メニューは自宅でありながらかなり幅広く、麺類はもとより一品料理がかなり充実!
宴会用のセットメニューなどもあったりします。
そういえば、途中でご近所さんらしき方がきてオーダーをして帰っていきました。
出前だったのかな?
そんな感じでもなかったけど。
客が引けたら後で持って行きます系かな?



店名なし メニュー2

一品料理だけでなく前菜などもかなりたくさんあって、ヘタな街の中華屋よりもラインナップがしっかりしています。
なんか、普通に知り合いと中華を食べにくれば良かったかも?
迷った挙句、内容の質問をしてから北京ラーメンを注文。



店名なし 北京らーめん
北京らーめん  900円

やってきました北京ラーメン!

ていうか、キッチンはすぐそこなのに、全然料理してる音がしなかった!
違うところで作ってたのか、自分が相撲に見入ってて気付かなかっただけか?

さて、そのラーメン。
どんぶりといい、レンゲ代わりの田舎杓子といい、ラーメンのルックスといい、メニューのバリエーションといい、どう見ても場末の中華料理系というより、本格中国料理系です!
海鮮ものはさすがに冷凍くさかったですが変なニオイもなく、野菜は甘味がしっかり感じられるところまで火が通ってるし、ボリュームたっぷりだし、豚肉もかなーりたくさん入っているし、なんというかスゲー!

スープは肉から採っているのかわかりませんが、かなり奥深い感じに醤油の風味が濃い目。
野菜や麺との絡みも良好で、日本のラーメンではなく、明らかに中国料理日本アレンジ版といった感じです。

麺は細い縮れ麺で、かんすいも香ります。
コシがある感じではありませんが、食感が気持ちいい麺ですね☆
なんか全体的に、妙なすごい満足感があります。
う~む、、、



しかし、ここで一つ疑問が。
なぜ他の中国料理店でも食べられそうなこのラーメンに北島さんが★を付けたのか?

それは、ラーメンが日本の文化として定着し、様々な趣向を凝らした味、形態とともに凡百のラーメン屋も巷に溢れ、古来からある日本料理や中国、西洋料理のように正解があるわけでもない”ラーメン”という食べ物の自由度が、こういった形で現れても”そんなに”違和感なく受け入れられる土壌が既に形成されていることの証として、、、ではないでしょうか。

ラーメンはここに来て、完全に生活の一部と成り得たと。







■住所
神奈川県横浜市港北区岸根町408-7

■営業時間
11:00~21:00

■定休日
なし(不定休)







2008.9.20


今日はちょっとテンションがおかしいです、、、、
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 神奈川 |

仁鍛


夜に横浜でJ2から抜け出すための試合があったので、昼過ぎに向かいました、、、

一番行きたかったのは麺や 維新だったんだけど家を出た時間が遅く、着いたらもう休憩時間なのはわかっていたのでそこはパスして、代わりに”伯楽”という埼玉県人の自分には聞きなれない駅を目指しました。

目的の店は、仁鍛

この仁鍛は、移転前の東池袋大勝軒で修行した栗山さんという方が、六厘舎@大崎、次念序@鴻巣を経て独立したお店。
大勝軒系有名店を渡り歩いてきた店主が開いたお店という事で(自家製麺だし!)、かなり期待してました!



仁鍛 外観

場所は、東急東横線白楽駅西口から商店街を歩いて6,7分くらい。
土地勘が全くないのでちょっと迷いましたが、店先に人が座っている”如何にも”な店があったのでわかりました♪
店前は何か出来るらしく(スーパーとか?)工事してました。
午後3時半くらいの入店で、行列3後客18!
着た時はそんなでもありませんでしたが、帰るまでには相当人が増えてました!
サスガ、有名店出身の方は違いますね、、、



仁鍛 店内

店内は、L字カウンター8席とテーブル4人席1。
新しいだけあって、シンプルで清潔ですね。
壁には、出身店である六厘舎に麺を卸している浅草開化楼の負死鳥カラスさんの試合ポスターが♪



仁鍛 厨房

厨房には、栗山さんとお弟子さん?(バイト?ヘルプ?)が二人、接客のお姉さんは中国か韓国系の方でした。
厨房の奥には製麺室がありましたね。
店内には、AMラジオが流れています。
入り口のところには名詞がたくさん貼ってありますが、最近こういう店多いですね。
流行りなんでしょうか?

そういえば、外で並んでいる間にお姉さんに注文を言うのですが、ボードにメニューを立てて見せながらオーダーをメモっていくスタイルは六厘舎そのものですね♪



仁鍛 メニュー

店内もメニューはあります。
メニューはいたってシンプル。
中華そばも気になりますが、ここはやはりつけめんしかないでしょう!
味玉付きで☆



仁鍛 麺

座ってしばらくすると、麺が着ました味玉付きで!
かなり極太い感じのムッチリした麺ですね。
しかも、小麦がいい香りでーす♪
これだけでテンション上がっちゃいました☆
つけダレがすぐに来ない事もあって、麺ばっかそのまま食ってましたが、コレがウマーイ!
ゴッツリガシガシ系のスーパーアルデンテ系ではありませんが、適度なコシがあって、それでいて凄く滑らかで、ムッチリ弾力系。
小麦大好きな自分、麺だけ食べてても全然飽きませんでした。
味玉は、かなりレアなゆで卵に近い感じですが味はしっかり付いており、玉子感を活かした辺りが大変な好みです☆



仁鍛 つけ麺

1分後くらいにつけダレ到着!
海苔が二分割されてて、その上から全体に満遍なく?魚粉がふられています。
六厘舎方式は今では関係ない店でも見られますが、直系のお弟子さんがそれを踏襲しないところにポリシーを感じます。

で、このつけダレが美味い♪
六厘舎をイメージしていると少し肩透かしを食らいます。
なぜなら、思ったより全然サラッとしてるから!
それでもダシが濃厚に感じるのはそれなりの仕事がギッチリ詰まってるからなんでしょうが、動物系のダシがトロトロ濃厚な感じではなく、魚介と濃い目方向ながらバランスを取りつつ独自路線を撮っている感じ、、、とでも言いましょうか。
自家製麺とのバランスをとるために、少し軽めの豚骨魚介にしたのかな?
でも、ある程度はしっかり甘いです(笑)
酸味、辛味(ペッパー系)もありますが、そこはかとないです。
とにかく、ウマイっす!
六厘舎よりタイプです☆
麺と一緒にすすると、ダシの魚介と小麦のすごくいい香りがしますよ!
こういうヤツの方が、飽きずにたくさん食べられていいかも?!



仁鍛 つけダレ

つけダレの中には、千切りチャーシューやメンマがしっかり!
ネギも絡めて麺と一緒に食べるともう素晴らしい~~~
スープ割りにすると更にサッパリ感を増長したような感じで、飲み易くてイイ。
一気に完食!
底にはザラザラな魚粉やペッパーがいましたが、もちのろん残さずです♪



ていうか、腹が減ってることもあって、これ書きながらめっさテンション高いっす!!!

ああ~~~、これ食いてぇ~~~

今、食いてぇ~~~

つけめん食いてぇよ~~~






ハッ、理性を失ってしまった、、、

いや、結果から言うと、特Sクラスの好みではないんだけど、確実にストライクゾーン!
S級とA級の間くらいです♪







■住所
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29

■営業時間
11:30~19:00頃(売切終了)

■定休日
火曜日







2008.9.20
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 神奈川 |

龍苑


たまーに買い物に行くカインズホーム松伏店の手前には、弘法大師が湧かせたという水とシジミを使ったラーメンがウリの中華ラーメン店があります。

それが今回の、中華飯店 龍苑

昔一度行ったことがありますが、接客の方が綺麗だった以外はあまり印象がないんですよね。
なので、カインズに買い物がてら寄ってみました。


中華飯店 龍苑 外観

場所は、国道4号バイパス平方交差点を松伏方面に川を渡って1kmくらい進んだ赤沼交差点沿い。
交通量の多い交差点の一角にあるので、わかりやすいと思います。
駐車場もあるのでいいですね♪



中華飯店 龍苑 店内

店内は、一般的な中華ラーメン店仕様。
入り口上にあるテレビがどの席からも見えやすいレイアウト。
店主夫妻の子供らしき方も、テレビを見ながら晩御飯中です(苦笑)
奥の厨房では元ヤンらしきイケメン店主が1人調理しています。
時折出てくる奥さんは可愛らしい方ですが、愛想は全くありません。
アリバイ工作のような通る声が印象的。
キャパは、テーブル4人席3、テーブル6人席1。



中華飯店 龍苑 メニュー

ウリの弘法しじみらーめんを筆頭に、麺類、一品料理など、概ね一般の中華ラーメン屋仕様。
随所に”健康アピール”が垣間見えます。
そのしじみラーメンと餃子を注文。



中華飯店 龍苑 ラーメン
弘法しじみらーめん  880円

豚から出たと思われる油が表面を覆っているスープ。
このスープ、しじみと弘法水をメイン?に作ってあるんですが、自分のバカ舌にはコハク酸は感じられなかったなぁ、、、
店主が厨房で業務用しじみの封を切っているのを偶然見かけたので、しじみは確実に使っているんでしょうが、その旨味を存分にとは言わないまでもバカ舌の自分にもわかるくらいは引き出してもらわないと、何か狐につままれた気分になってしまいます。
それとも自分のバカ舌が悪いのか、元々しじみを使っているのがウリなだけなのであって、しじみの味はあまりしないラーメンなのか、、、

麺はかなり細めのかんすい縮れ麺。
和風ラーメンのイメージを謳っているし、ラヲタでなく一般のラーメン好きを対称にしているのでしょうから当然の選択。
正直ダシ感の希薄なラーメンには合ってます。

具のチャーシューはかなりブ厚くて、食べ応えアリ!
ただ、脂が多過ぎて少しクドくなってしまうのが残念。
でも、豚の旨味がよく出てるので、素材そのものはかなり上質の肉を使っているように感じました。
メンマは”茸”本来の食感を大事にしたもの、ネギはダシが希薄で油多めのスープに清涼感を与えてくれるので、もう少し多い方がよかったです。

これで880円は、やっぱ高いと感じてしまうなぁ。
自分のようなバカ舌を説得出来ないと、一般のお客さんが来るとは思えないんですが。
コダワリというのは、言葉でなく、客に伝わってこそ意味を成すものですからね、、、



中華飯店 龍苑 餃子
黒豚餃子(6コ)  400円

皮も自家製という黒豚餃子。
餡は黒豚の旨味がしっかり詰まっていてウマイ!
ニンニクも効いてるしいいんだけど、抹茶みたいな後味はちょっと違和感、、、
そして、肝心の皮が水分に弱くて、写真でもそうですが破れてしまっているのが残念。
しかも1個1個がかなり剥がれにくいので、食べようとすると必ずと言っていいほど破れます。
せっかく餡がいい仕事してるのに、皮が弱すぎて、、、



自家製の物を作ったり、HPやブログを作ったり、新商品の開発をしたり(カツカレーラーメンとかあるし)、店のウリをPRしたり、いろいろと努力をしているのはわかるんですが、接客にしろ、店の雰囲気にしろ、商品にしろ、総じて何かちぐはぐした感じをぬぐえない印象。
もう一度来たい!と思わせる”引き”には、自分には程遠い感じでした。







■住所
神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29

■営業時間
11:30~19:00頃(売切終了)

■定休日
火曜日







2008.9.19
Comment : 0
TrackBack : 0

ラーメンゼロ


づゅる麺 池田の後は、一瞬ラーメン二郎・目黒店に行こうと思ったんだけど、さすがに2軒目で二郎は無理!と思ったので(前に思い知ったしw)、そのまま山手通りへ。

向かったのは、ラーメンゼロ

あのせたが屋の前島さんが、2006年の5月に日テレ系で放映した”どっちの料理ショー”ラーメン対決で勝利したラーメンを食べられるお店として、今年の7月19日にオープンしたお店です。
(実際には一時期このラーメンを期間限定で他店舗で出していた)
今年のはじめにせたが屋に行った時、その完成度の高さと人気にビックリさせられたので、コチラの店には是非行きたいと思っていたのです!

この店の特長は、店名の通り「醤油、塩、味噌などの調味料、そして体によくない化学調味料を使わない」という事。
だからゼロという名前が付いているんですが、そういう話題性も含めて気になっていました。



ラーメンゼロ 外観

場所は、交通手段 山手通りを通って大鳥神社南方向300m歩道橋が目印。目黒駅から権之助坂を下り、山手通りを渡って左に。歩道橋のふもと。(食べログより)
ビルの少しだけ奥まった1階にあります。



ラーメンゼロ 店内

店内は、余裕を持ったスペースの使い方。
シンプルでそこはかとないインテリアが好印象♪
静かにジャズがかかっています。
キャパは、L字カウンター6席に、テーブル6人席1。
入り口入ってすぐ横に券売機があります。
午後3時半の入店で、先客1後客2。



ラーメンゼロ 厨房

厨房には、アイドルの時間帯にもかかわらず社員さんが4人。
さすが超有名店の新店だけあって人員を割いて営業してます。
接客にも勢いや丁寧さがあっていいですね。
厨房もピッカピカです☆



ラーメンゼロ メニュー

メニューは、ラーメンとつけめん。
サイドには、あさりご飯や焼豚ご飯があります。
あとはトッピング類とアルコール。



ラーメンゼロ うんちく

ここは調味料を使ってないだけあって、ダシの素材にはいろんな食材を使っています。
書いてあるだけでもあさり、昆布、ホタテ、スルメ、魚、野菜、果物、鶏、豚など。
調味料(要するにタレというかカエシ?)を使わないで多くの人の舌を満足させるに足るスープを取るには、相当量の素材をバランスよく取らないと難しいでしょうから(濃厚な豚骨魚介流行の折だし)、原価率は高いんだろうなぁ。
ラーメンゼロと、プラスワンのトッピング(無料)の食券を購入。



ラーメンゼロ ラーメン
ラーメンゼロ  850円
プラス1     0円


うむむむ、、、、
なんか、スゲーよ、、、、
普通に考えたら薄味なんだろうけど、魚介系を中心としたダシの香りがビクンと来て、旨味のベースは動物系のコクが確実に支配している、、、
しかもそれらがバランスを保とうとしながら、麺や具材と絡みながら口の中でそれぞれを主張している。
最初はやはり、なんか薄め?と思ってしまいますが、ジワジワと旨味が広がってきて不満感は全くありません!

なんなんでしょう、これは?
確かに、醤油でも塩でも味噌でもない!
ウマいか?って訊かれたら確実にウマイと応えるけれど、そんなにウマイの?と訊かれるとちょっと考えてしまう。
中でもスルメの香りとエグ味みたいなものが口に中に残って、それがイマイチ感を醸し出してしまっているんだけど、他の素材は魚介系(特にアサリ)が少し強めなものの総じてよいバランスを保っており、かなり微妙で難易度の高いスープは一応の完成形にはなっています。

これに合わさる中細気味の麺は、このスープのために作られたかのような主張し過ぎない空気を読めるタイプ。
自分の好きな三河屋製麺のモノより、食感も喉越しもクールな感じ。

こういうスープは相当技量を持った方が常に見張ってないと、いっぺんにバランスが崩れてしまいそうな気がします、、、
だって、食材の持ってる旨味とか塩分をあてにして作ってるんだから、個体差の大きい素材や季節などによってその味が変化してしまう食材がある事は容易に想像できるし、それに臨機応変に対応してスープを作れる人なんて、店主以外にいるんでしょうか?
前島さんにだって、相当難しいと思う、、、



ラーメンゼロ 穂先メンマ

具には、かなり大きめで柔らかな穂先メンマ(麺かと思ったw)、普通に短いメンマ、旨味を足すと共に具としても成り立つ挽き肉、そこそこ存在感を主張する青ねぎと海苔、そしてかなり香ばしくて燻製?と言われたらそう思うであろうチャーシュー。
これらも繊細なラーメンの1パーツとして過不足ない感じで配置されています。

そして、より多くのラーメン好きに受け入れてもらうため、無料の食券で自由うに選択できるプラスワン。
これは、”ゼロ”であるラーメンが物足りない人用に、醤油ベースのカエシみたいなのをジュレにしたモノ。
そのまま舐めるとショッパイです(笑)
試しにほんの少しだけ入れてみると、オオッ!
一気に表情が変わりました!
しかも、ウマイ!
ただ、醤油ベースとはいえ、醤油ラーメンにはなりません。
だって、ジュレを入れたことで余計にダシが引き立って、ジュレはあくまでも脇役。
個人的には、3分の1程度入れた辺りがベストでした。
全部入れてしまうと、せっかくのバランスが壊れてしまいました、、、
そのままで半分食べて、その後に少しずつ自分の好みになるまで入れて調整するのがいいかと思います。



なんか、その昔イカ天で見た「たまとマルコシアス・ヴァンプの対決」を思い出しました。
たまは当時、その奇抜なルックスと音楽性で世間的なブームになるほどの人気がありましたが、グラムロックのスタイルで正統派のマルコシアス・ヴァンプが挑戦者として出てきた時、なんとこれまでの演奏スタイルを止め、たどたどしいアカペラで勝負!
そのあまりの豹変と意表をついた対決へのロックな姿勢がこれまた完成度が高過ぎて、演奏力がバカ高くて正統派ロックでカッコいいマルコシアス・ヴァンプに接戦の末競り勝ち、見事グランドイカ天チャンプになったんですよね、、、


危ういバランスと独自の方向性、そこに秘めた一般とは違う方法論ながらラーメンの新しい可能性を追求した先進性と革新的アプローチ、、、

採算は二の次で自らのイメージを形にした前島さんのロックな姿勢には感嘆するしかありません、、、

次はつけめんゼロを食べに行きたいと思います。







■住所
東京都目黒区下目黒3-4-6 サンライズ目黒 1F

■営業時間
11:30~16:00 18:00~スープ切れまで

■定休日
火曜日







2008.9.17
Comment : 4
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

づゅる麺 池田 


この日はお休み!
先週は昼に起きられなくて仕方なく?松戸へ行きましたが、今週こそは!と思いたち、目黒に行ってまいりました!

向かったのは、いろんなブロガーさんの記事ですごいよく見かけるづゅる麺 池田

限定なんかも評価が高く、一度は言っておかねば!と思っていたお店です。
この辺りは聞きしに勝るラーメン店の激戦区で、づゅる麺池田の正面には田丸があるし、ちょっと検索しただけでもかづ屋二郎・目黒店ラーメンゼロなんかが出てくるし、天下一品家系の店もありましたね!
そんな激戦区で未だに行列が出来るというこの店は、前からずーっと行きたかったんです!



づゅる麺 池田 外観

場所は、JR山手線目黒駅西口を降りて斜め左正面の権之助坂を下り、目黒通りと合流して道路も渡り、少し行くと右手にあります。
坂に沿って並ぶ商店街の一角なので少しわかりづらい気もしますが、意識していればわかる範囲。



づゅる麺 池田 券売機

店の入り口横には券売機があり、店内へ入る前に食券を買います。
メニューは、つけ麺がメイン。
味玉とチャーシューがバリエーションになります。
ラーメンもありますが、あくまでも脇役のようです。
味玉つけ麺と、久々にビールの食券を購入。
だって、エビスだったんだもん♪



づゅる麺 池田 店員

店内は細長く、厨房に沿ってカウンターが10席。
2階があるって聞いたことがあったような、ないような、、、
午後2時半くらいの入店で、先客1後客2。
厨房には店主らしき方がお弟子さん?(そんな雰囲気じゃなかったけど)といて、接客はちょっと年上のお姉さんが笑顔の接客。
食券を渡すと、「大盛りは無料ですが、どうしますか?」と訊かれました。
連食予定なので普通で注文。
ちなみに、原価高騰の折、大盛り無料なのは今月(9月)いっぱいだそうです。
50円増しになるそうです。



づゅる麺 池田 調味料

調味料なども魚粉と一味?のみ。
箸も割り箸ではありません。
そういえば、このとき少し鮮魚系のニオイがしたような、、、
店員さんの背中には「づゅるってる?」って書いてあります♪
残念ながらあんまり流行ってないよね、、、
でも、そんなのは関係ありません。
そういえば、店主さんはケンコバに似てる方なのか、そうじゃない方の方なのか、、、
どっちでもいいんだけど。

で、まずは自分へのご褒美♪



づゅる麺 池田 ビール

キターーー(´Д`;)ーーー!!

そう、朝まで起きてたのに頑張って早起きした自分へのご褒美です♪
グラスがギンギンに凍ってたので、カウンターの上をスケーティングしてしまいましたが、お姉さまがナイスキャッチ!
滑らないようにナフキンを敷いてくれました♪
レゲエの流れるピースなお店で昼間っからビール、堪んねーっす!



づゅる麺 池田 つけ麺

レモンが添えられた中太の縮れ麺と味玉。
で、国産小麦を3種ブレンドしたというこの麺がウメー!!
ガシガシに〆てあるわけじゃないんだけど、ツルピロな喉越しがグー♪
それでガツンとコシがあって、なんだか男を出した時のニューハーフみたいな感じ(笑)
小麦感も嫌味じゃない感じで漂ってくるし、味そのものがもう~タイプ~☆
麺だけでもOKです!(ちょっとウソ)
そのくらい麺ウマイ。

味玉もそこはかとなく玉子感を残してあって、少しカエシ的なものも感じられてナイスっすー
毎回色んな店の味玉食べてるけど、カロリー消費し過ぎだよな、、、



づゅる麺 池田 つけダレ

鶏メインで豚?なんかの動物系と魚介系のつけダレは、無化調らしく大人しめながら、ダシの旨味がしっかりと伝わってきてウマイッ!
今どきの濃厚な豚骨魚介&砂糖風味とは明らかに違いますが、充分にバランスのとれた美味しいつけ麺です!
しかし、無化調なのにこんなにハッキリと旨味を感じるつけダレってスゲーなーと思ってましたが、なんと底には挽き肉が入ってました!
ここで修正してたのね♪
ナイスなアイディアでございます。

麺がウマ過ぎて無化調のつけダレが少し弱いと感じる人もいるようですが、自分はこのくらいが逆にベストだと思います。
食べ進むほどに冷めては行くけど旨味の感じ方はそんなに減少しないし、具のメンマやキャベツ、そして長方形に切られた柔らかいチャーシューと一緒に食べれば全く問題ありません。
なので、正直レモンは要らなかったかな。
最後にレモン絞ってみましたがやはり最後で正解で、最初に絞ってしまってたらせっかくのバランスが崩れてしまうとこでした。
最後に後味サッパリ感としてならOKです。
スープ割りを頼むと、スープ割り用?の小さめ寸胴からスープを入れてくれます。
で、スープ割りにしても全体のイメージはあまり変わらない印象。
味の方向性を変えないで美味しく飲めるスープなので、気がついたら完食してました♪



いや~、ウマかったなぁ、、、
聞きしに勝る、づゅる麺 池田。
近くに着たら是非また食べたい!

けど、近くには課題店がたくさんあるので、それが終わったらね♪







■住所
東京都目黒区目黒1-6-12 

■営業時間
11:30~15:00 18:00~23:00(昼夜スープ無くなり次第閉店)

■定休日
なし(年末年始、お盆は休み)







2008.9.17
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

やなぎ家 赤山町店 


ちょっとした買い物ついでに越谷駅周辺を徘徊、、、

すると、かなり狭い路地裏のビルに、暖簾だけ出ている怪しい隠れ家的なお店を発見!
いや、中華じゃないんですが(笑)
鴨南蛮の暖簾だけ出ているので、蕎麦屋だと思われますが、かなりデザインにお金が掛かっててちょっと期待できそうな外観、、、
他に行こうと思っていた中華屋(じゃないぽいけど)は閉まっていたので、ここに入ってみる事にしました!
が、店の外には一切店の名前が書いてありません、、、



やなぎ家 赤山町店 gaikann

場所は、東武伊勢崎線越谷駅西口ロータリーから赤山通り沿いの交差点に出て信号を渡り、右に曲がってちょっと行ったところの路地をすぐ左折、50mくらい行くと左手にあります。
昼間だと、ちょっと小奇麗なビルの1階なのでわかると思います。



やなぎ家 赤山町店 入り口

夜だと、このイカにもお洒落系な間接照明の外観と白い暖簾、後はドアのすぐ下に小さな「営業中」の木札があるだけです。
ちょっと入りづらい雰囲気に興味を持ってしまいました。



やなぎ家 赤山町店 店内

暗めの入り口をくぐって店に入ると、そこには普通にテーブル席。
カウンターはありません。
店内には、テレビのバラエティ番組が流れています。
午後7時の入店で、先客1後客0。
キャパは、テーブル2人席2、テーブル4人席4。
外観やエントランスにお金が掛かっている割りに、中の雰囲気は普通。
シックな色使いや間接照明、外から中が見えない作りには、蕎麦へのコダワリと意気込みが垣間見られた気がしたんですが。
ちょっとヤラれたかなー?
別にいいんですけど。



やなぎ家 赤山町店 厨房付近

厨房付近と客席。
そば屋にテレビがあるのは珍しくありませんが、液晶テレビが置いてあるのは初めて見ました。
まぁ液晶テレビだけでどうというつもりはありませんが、3階立てのビルや”街のそば屋”とは思えないお金の掛かった内外装のデザインなどになんとなく違和感を感じます、、、
店に入ると、厨房から店主が顔を出して「どうぞ、お好きなところへ、、、」とニコやかな笑顔で出迎えてくれます。
奥さんは注文をとったり料理を運んだりしていますが、ビンをガチャガチャ整理したりバタバタと小走りだったり、ちょっとガサツな感じがキツいです、、、
店が静かだからかなり目立つんですよね、、、



やなぎ家 赤山町店 メニュー1

やはり、メニューには別段こだわってないみたいだし。
ここだけ妙に”街のそば屋さん”風味。
でもやはりウリは越谷らしく、鴨のおそばです。
ていうか、お店の名前は、やなぎ家 赤山店です(笑)



やなぎ家 赤山町店 メニュー2

かなりフツーな感じのラインナップ。
特に蕎麦にこだわっている様子もなく(うどんの方が先だし)、とりあえず今までのメニューがそのまんま並んでますといった感じ(良い悪いじゃなく)。
うどん、そばの部の次のページには、どんぶり物やドリンク系もあります。



CA394492.jpg


何かの記事。
「こだわってない」普通のそば店って書いてありますね(笑)
ルックス以外はこだわってないのがよくわかったので、いろんな意味でしごく納得♪
鴨南ばんを注文。



やなぎ家 赤山町店 鴨南ばん
鴨南ばん  750円

かなり太目の陶器に入った鴨南蛮。
三つ葉と鴨、ネギの相性は外しようがありません♪
蕎麦は少し太めでコシがしっかりしているもの。
蕎麦の香りも思ったよりしっかりしていて、ちょっとビックリ。
噛み心地がすごくいいです。
つゆはカツオベースで蕎麦との相性もよく最初はよかったんですが、食べ進むに連れて酸味とエグ味が強くなって最後の方は少しキツかった、、、完食しましたが。
肝心の鴨は少し固めですが、鴨の旨味もそこそこあって悪くはない。
ただ、今まで行った店が良過ぎたので少し霞み気味かな?
せっかくのネギが少ししか入ってなくて、鴨がたくさん入っているのは嬉しいんですが、ボクはネギの方が好きなんですよね(苦笑)
いや、お店は間違ってはいません。



越谷麺業組合員店舗にこの店は載ってないんですよね。
同じ屋号の他の店は載ってるのに。
なんでだろ?
たまたま見つけたちょっと良さげな蕎麦屋さんは、こだわってない普通の蕎麦屋さんでした。
いやー、まだまだ自分、見る目がないですねー♪







■住所
埼玉県越谷市赤山町1丁目67−3

■営業時間
11:00~20:00

■定休日








2008.9.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

麺々亭 


先日、カレーの香辛料を買うためにせんげん台のサティに寄ったんですが、その時に発見してしまいました!

何を?

ラーメン屋を♪


という事で、「こんな身近に越谷中華があったなんて?!」シリーズ。

本日は、せんげん台サティのフードコート内にある麺々亭です。

ここはたぶんイオン系列のフードコート用業態なんでしょうけど、ネットで調べてみると同じ業態と思われる(株)イオンイーハートの拉拉麺とメニューがほぼ同じです。
というより、違いがよくわかりません。



麺々亭 gaikann

場所は、東武伊勢崎線せんげん台駅西口を真っ直ぐ西に進み、500mくらい行ったところにある「SATY せんげん台」1階の食料品売り場の正面にあるフードコートの中心にあります。
同じフードコート内には31アイスクリームボンディアJr自然流があります。
うどんやそば、どんぶりなんかもあります。
何でもアリです(笑)



麺々亭 店内

フードコートだけあって、キャパはかなり広い。
テーブル4人席が50くらいありそう、、、
当たり前か。
午後7時過ぎの入店で、先客9後客0。
連休最後の夕方なので、買い物客はごった返すほどいるのに、この広いコーナーには学生と年配のカップルしかいません、、、
しかも食料品売り場の真ん前にあるので、かなり目立ちます(笑)
同じイオン系のボンディアJrと麺々亭はバイトが受付を兼任しているらしく、自分のオーダーはボンディアJrでアイスを渡し終わった高校生の女の子が取りに来ました。
中には2人くらいいたかな。



麺々亭 メニュー

メインの醤油らーめんは390円とお値打ち感はありますが、それ以外は結構普通の中華屋と同じくらいの値段。
セット物もこの店のウリみたいです。
海鮮五目あんかけらーめんをミニチャーハンのセットで注文。
コードレスチャイムを持たされてテーブルで待ちます。



麺々亭 ラーメンセット
海鮮五目あんかけらーめん  590円
ミニチャーハンセット   250円


紅ショウガの赤が血のように飛び散ったチャーハン(笑)
かなりもっさりとした食感のチャーハンは、何が濃いでもなく、無難な感じで過不足ない感じ。
ただ、猫舌の自分でも温いと感じるくらいなので、熱さにはこだわって欲しいな。
何で作っているのかわかりませんが、やはり水分がうまく抜けてないので、それなりになってしまうのはしょうがないか、、、
紅ショウガは、独特の辛味がかなり主張するので、アクセントとしてはいいかも。



麺々亭 五目

そしてメインの五目麺。
麺は中細で思いっきりかんすい臭のするもので、期待は裏切りません。
しかもちゃんとコシが抜けていて、ぬったりしたあんかけとの相性は悪くない。
が、このあんかけが、、、
キャベツ、もやし、キクラゲ、人参などが入ったあんかけは、炒め方がかなり中途半端でキャベツはかなりの確立で半生。
(ていうか、そもそも炒めてないと思う、、、ってくらいの感じ)
食感が生々しくてベジタリアンの方にはいいかもしれません。
生々しい香りまで付いてくるので、そういうのが好きな方には最適。
そして”あん”の味が薄味で、片栗粉のダマこそありませんが、透明なあんかけのニュートラルな部分がちょっと気持ち悪いです、、、
豚とイカエビの海鮮は特に臭みもなく、普通に食べられました♪



まぁフードコート内のバイトさん達だけのお店ですから期待はしてません。
ただ、調理レベルだけでもしっかり監督出来るバイトを配置しないと、ちょっとした失敗が大きな事になるかもしれません。
隣の自然流には、明らかにエリアマネージャーみたいな人がいて、そこのバイトの人と話してました。
別会社だから自分の店しか見ないのは当たり前なんだけど、ちょっとこっちも見てあげて欲しかったです(笑)







■住所
埼玉県越谷市千間台西3丁目2−12 1階フードコート内

■営業時間
10:00~19:30

■定休日
なし?(サティが休みの日)







Comment : 0
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

○玉大勝軒


サッカー前にメーランツアー!
この日は試合後に仕事があったので、試合前にラーメンで腹ごしらえ!

向かった先は、北浦和駅西口にある○玉大勝軒

ここのところの東池袋大勝軒系の出展攻勢には目を見張るものがありますが、このお店は江古田にある大勝軒○福出身との事。
山岸さんの孫弟子って事ですね。
7月27日にオープンしたとの事。
北浦和にまた期待の新店が出来ました☆



○玉大勝軒 外観

場所は、JR北浦和駅西口から歩いて数分。
以前この場所には山法師(来たけどまだここではアゲてない)がありましたが、いつの間にか潰れて入れ替わってました。
先に券売機で食券を買うように店員さんに言われます。



○玉大勝軒 券売機

メニューは、もりそば、胡麻もり、ラーメンの他に、地域迎合色バリバリの”レッズ”という辛つけ麺のメニューまであります。
トッピングもそれなりの種類を用意してくれてます。
同行の2人にラーメンともりそばを買われたので、自分はレッズを買いました(笑)



○玉大勝軒 席待ち

食券を買うと店員さんに手渡し、なんと店の正面にある居酒屋の前に設置された行列に並ぶ事になります。
その居酒屋さんはドアが少し開いてて、中では時々おじさんが行ったり来たりしていました。
午後1時の入店で、行列9後客7。



○玉大勝軒 外観横

お店の横には、熱っ熱っスープ 陶板つけ麺とか、安心・安全・おいしい!!とか、無化調とか、特許出願中とか、いろいろと売り文句(薀蓄)が書いてあります。
東池袋大勝軒なのに無化調、無添加って、何か違うような気がしますが(笑)



○玉大勝軒 店内

行列に並ぶ事20分くらい?
カウンターの奥へ通されます。
キャパは、カウンター7席、テーブル4人席1。
店内は大勝軒のイメージらしからぬお洒落な雰囲気。
厨房はピカピカで、従業員さんとヘルプの方?たち(総勢7名)は、東池 大勝軒と書かれたTシャツを着ています。
しかし、レッズというメニューがあるのに、鹿島を連想させるエンジ色のTシャツとはコレ如何に?(笑)
この辺に安易な迎合感を勝手に感じてしまいます。

して、BGMにはジャズボーカル!
う~む、ますます大勝軒っぽくありませんが、大勝軒ブランドもこれだけ増えてくると色んな店があって当然だと思いますし、悪いと言っているわけではありません。
ただそれなら、東池大勝軒を名乗らなくてもいいような、、、
まぁどっちでもいいんですが。



○玉大勝軒 調味料

カウンターにある調味料群。
千鳥酢って、何?
と思って今調べてみると、どうやら京都の老舗酢醸造・村山造酢(株)の”千鳥”というブランドらしい。
一般の酢よりまろやかで、京都の料亭やすし屋さんなんかがお得意さんなんだそうです。
へぇ~、知りませんでした。



○玉大勝軒 うんちく

カウンターには、他にも外にも書かれていた薀蓄があり、それを眺めながら料理が来るのを待ちます。
いろいろと
これを読んでも陶板焼きをどこで使っているのかサッパリわかりませんでしたが、、、



○玉大勝軒 グツグツ

先につけダレが来て、その後に謎が解けました!
なんと、つけダレを客の目の前に置くと、その後アツアツに熱せられた丸いアイスホッケーのパックみたいな陶板がつけダレの中に入れられ、おかげで中はグッツングッツン言ってます!
要するにTETSU@千駄木と同じ方式ですね☆
先に入れるところがTETSUと違うところです。
でも、先に入れちゃったら冷めるのでは?



○玉大勝軒 もりそば
レッズ(辛)  830円
味玉子  120円


美味そうじゃないですか!
たぶん自家製の、国内産最高級小麦100%と栃木の水で作ったという中太い麺は、大勝軒のむっちりした感触のものとは少し違い、ツルっとした喉越しと柔らかめながらしっかりした感じのコシが特長で、違和感はありながらもウマイです。

つけダレは、ベースのスープに唐辛子系の辛味を加えたもの。
辛いの苦手な自分ですが、それでも食べられるほどマイルドな辛味で、万人向けな感じ。
味噌の風味も感じました。
が、それより気になったのですが、何かハーブ的なものを感じました!
なぜそう思ったかというと、ちょうどこの日の前々日から香辛料と野菜だけのカレーを作っていて、いやになるほどそういうニオイを嗅いでいたから。
これを食べている時は偉そうに「これ、ハーブ入ってるよね?カレー作ってるからわかるんだ♪」なんて偉そげに同行者に語ってましたが(苦笑)、今考えればそんなものが入ってる訳ないよなぁ、、、
もし自分の隣にそういうヤツがいたら、「そんなん入ってる訳ないじゃん!」とほくそ笑むところです(苦笑)
でも、その時にそう感じたのは事実。
間違ってるかもしれないし、入ってるのかもしれないし、それはよくわかりません。
(入ってないよなぁ)

200gの麺の上には伝統を受け継ぐモモのチャーシュー、あとはメンマ、青菜、海苔、糸唐辛子。
青菜と糸唐辛子があることで、見た目がイイですね。



○玉大勝軒 味玉

味玉は、半熟というより半生。
黄身がトロ~リと流れ出してきます。
ただ、ダシが一緒に少し入っているのは素晴らしい☆
ダシとまぜまぜして、ご飯にかけて食べたい感じです。



○玉大勝軒 陶板

陶板はこんな感じ。
確かにアツアツでしたが、やはり後半は少し冷めます。
そういう意味では、やはり最初じゃなく後半に入れた方がいいのでは?
それとも、割りスープで大丈夫という判断か。
その割りスープを頼むと、後ろから接客のお兄さんがポットを持ってきてくれます。
割ったスープはいつもだと元ダシの風味が増して違う感じになるんですが、これは印象が変わらない、、、?
辛味が入ってるからかな?
それとも、この日は全体的に自分の触感がおかしかった?(笑)
まぁ元々バカ舌ですからね。



という事で、大勝軒だと思って”それ”を妄信していくと肩透かしを食らう感じでしょうが、それがなければともすれば保守的な暖簾分けのお店で(暖簾分けだから当たり前だが)、いろいろな試みに挑戦している新進気鋭の店という事が言えるかも。
逆に言えば、そういう事を許している懐の深い山岸さんがいるから、三田さん田代さんをはじめお弟子さん、孫弟子さん達が活き活きしているんですね。







■住所
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-6-1

■営業時間
11:00~20:00(スープ切れ次第終了)

■定休日
火曜日







2008.9.14
Comment : 0
TrackBack : 0

せんげん台食堂 七彩 


「あら、店が変わってるじゃん!越谷中華」シリーズ。

本日は、せんげん台の住宅地にあるせんげん台食堂 七彩です。

ここは以前、中華料理 めんめんがあり、来た事もあります。
その時はEランチ(めんめんラーメンとミニ焼肉丼)750円を食べ、おざなりな感想を抱いた記憶があります。
(いつかアゲます)



七彩 外観

場所は、東武伊勢崎線せんげん台駅西口から真っ直ぐ進み、サティを過ぎた味豊(飲食店)と交番のある交差点を左折、そこから200mくらい行ったGSのある交差点のすぐ右にあります。
少し古ぼけた黄色い建物なので、あまり目立たなそう(苦笑)
夜は明るいので目立ちますけども。



七彩 外観2

建物の横には、未だに昔の店名が書いてあります。
前に来た時も実際に店に入るまでは、店の名前が「すぃーとこーん」だと思ってました(笑)
コレを消さないのには、何かわけでもあるのかな?
だって、ワザと消してないとしか思えないんですもの。



七彩 外観3

店の入り口には、ウリのロースカツ定食と、お得なメニューの写真。
こういうのを個人で出来るとは思えないし(ていうか出来るんだろうけど、あの店主がやるかな?!)、花輪に「小樽ラーメン 豆の木」の名前があったので、何か関係があるんでしょう。
しかし、店前の一番目立つ看板メニューの値段をマジックで直して高くするって、ちょっとありえないんですが、、、



CA394363.jpg

店内は、以前とほとんど変わっていません。
少しだけ明るくなったかな?
あと、少しだけ小奇麗になったかな?
気のせいかな?(笑)
キープボトルが目立ちます。
キャパは、あまり使えなさそうなカウンター6席、テーブル2人席2、テーブル4人席5くらい。
午後7時の入店で、先客10後客0。
老人団体の夕飯会みたいなのを奥でやっていて、店内には活気があります。




七彩 テーブル

テーブルには、かなりベトつく調味料関係と、一つとして同じ形のないお冷用のグラス。
やはり前の店時代の名残りはあります。
そういえば、以前来た時は厨房に中年のおじさんがいましたが、この日は老夫婦で切り盛り。
しかも、調理しているのは80歳のママ(おばあちゃん)です!
しかも、お客さんとよくしゃべります!
旦那さんらしき方はオーダーとったり、洗い物したりしてます。
ヨレヨレの青い下着みたいな服にスラックスがめっちゃ似合います!



七彩 メニュー

メニューは、かなり年季の入った手書き。
ボクも筆ペンをうまく使えるようになりたいです。
麺類と定食のお店です。
塩ラーメンと餃子を注文。



七彩 ラ
塩らーめん  650円

醤油より70円高い塩ラーメン。
パッと見、豚骨のようにも見えますが、白濁して微妙に背脂が浮いているだけです。
かなり独特な感じのスープですが、思ったよりコクがあってビックリします。
でも、スゲーというほどではなく、、、
麺は中細の縮れで、中華屋仕様よりはラーメン屋寄り。
スープとの絡みも良好で、普通にするするイケます。
具のチャーシューは味付けより肉の味が少し強め。
モヤシと青ネギ、ナルト、海苔がいいアクセントです。
が、、、
メンマが酸っぱいぃぃぃx
味付けが酸っぱいというより、ちょっとヤバめの酸っぱさ、、、ウ~ム、、、
違ったらゴメンなさいだけど、そういう風には思えなかったっす。



七彩 ギョ
餃子  280円

薄めで固めの皮が特長の餃子。
焼き加減は普通で、食感も悪くはない。
餡は肉がいい仕事をしていて、全体をまとめようとしてくれてますが、何かまとまりに欠ける印象。
皿には、焼く前の粉が付いてます。



七彩 ビラ

帰る頃には団体もいなくなり、えらく生姜焼きを気に入った初めてきたらしいおじさんと、厨房のママ(おばあちゃん)が会話してました。
この店は、遊んでていない息子さんより、このママが切り盛りしてた方が活気があっていいと思います。

帰りしな、ご主人にビラをもらいました。
営業時間と定休日くらいは書いておいて欲しいな。
このビラを持っていくと、餃子が1人前サービスになります。
いつもこの稚ブログを読んで下さっている方1名様にプレゼントします!(笑)







■住所
埼玉県せんげん台西5-8-2

■営業時間
11:30~16:30 18:30~23:00

■定休日








2008.9.12
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

蝉時雨


週に何回か来るお客さんが、会う度に口にするのが「今日も並んでましたよ~、蝉時雨!」という言葉。
自分がラーメン好きなのを知っていて気を遣ってくれているのですが(苦笑)、彼自身はいつも並んでいるので未だに食べた事がないそう。
まぁラヲタじゃありませんから、並んでまで食べようという気が起きないのは普通の人の真っ当な感覚だと思いますが、そのくらい人気が定着してきたように思われる蝉時雨
以前行った時は、そのあまりにも直球な豚骨魚介とおざなりな接客が印象に残りました。
毎週毎週話題に出るもんだから妙に気になっちゃって、その後がどうなったのか気になってたので行ってみました。



蝉時雨 外観

4ヶ月ぶりの蝉時雨。
実はそれまでに何度か着てるんですが、それがなんと全て月曜日!(定休日)
なんというめぐり合わせの悪さ(苦笑)
自分が食べたいと思って来た時には必ず閉まっているという、相性の悪さであります♪
この日はちゃんと定休日を確認して(というかサスガに覚えた)向かいました。
あれだけ行列の話を聞かされていたのである程度覚悟して行きましたが、全然行列してませんでした。



蝉時雨 店内から

午後6時半の入店で、先客3後客9。
お客さん、最初はあまりいませんでしたが、後から続々入店があって、やはり人気があるんだなぁと感心しました。
BGMは、ラジオのナイター中継になってました。
ライオンズファン?

そういえば、L字カウンターの横の部分のイスがなくなってましたね。
行列と従業員の少なさで席数を減らしたんでしょうか?
で、独り営業の店主は、相変わらず愛想ナシ。
これで客が来ているから、いいと思ってるのかな?
後から来たお客さんで、「マスター、オススメは何なの?」と店主に訊いてる人がいて、店主は「、、、つけ麺屋なんで、つけめんですかねぇ。」と応えてました。



蝉時雨 券売機

メニューに変更はないように見受けられました。
あんまりよく覚えてないけど。
前回はつけだったので、今回は特製中華そばを購入。



蝉時雨 ラーメン
特製中華そば 900円

海苔の上に乗った魚粉が、今どき感アリアリです。
濃厚なスープは全然クドくなくて、動物系と魚介系をうまく振り分けている感じ。
ただ、背脂みたいなのが入っているのが少しだけ珍しいかな。
変な甘みもないし、変な押しの強さもなくて、バランスがいいです。
ただなんというか、パンチに欠けるというか、「!!!」みたいなインパクトの良さもありません。
すごく平均点の豚骨魚介の優等生的なイメージでしょうか。
このスープに割り用のスープを入れてみたんですが、これまたバランスよくあっさりして悪くなかった。
ただこの割りスープ、以前来た時も薄いと感じましたが(魚介&柚子)、この時は更に薄く感じて、柚子の味しか感じませんでした。
前に魚介を感じたのは、気のせいだった?
それとも、変えたのかな?

自家製の麺は中くらいでしっかりコシがあって、麺そのものが美味いですねー。
スープとの絡みもよく、あくまでもバランス重視で大人しい優等生です。

適度に美味くて柔らかいチャーシュー、竹の感触と適度な味付けのメンマ、これまた普通に半熟で普通な味付けの味玉、ネギとの相性の良さも何もかも普通ー!
これだけド真ん中ばっかりで攻められると、逆にバッターとしてはやり難い感じです。



が、それは実力があるから出来ることであって、この店主は愛想がない代わりに実はすごい腕の持ち主なのかも?







2008.9.10
Comment : 0
TrackBack : 0

らあめん 美春


中華蕎麦 とみ田の後は、少し松戸市内をブラブラした後、味噌の名店として名高いらあめん 美春へ。
ここも課題店だったんですが、一度フラれてます(苦笑)
味噌ってあまりタイプじゃないんですが、美春くらいの有名店になるとやっぱり気になっちゃいますね。



美春 外観

場所は、JR常磐線北松戸駅から6号を突っ切って真っ直ぐ行くこと1km弱。
左手に白い看板が見えてきます。
駐車場は店前にもありますが、建物の裏手にも15台分くらいの駐車場があります!
この規模でこの駐車場のキャパはスゴイですね。
店に入るまでは「そんなに必要なの?」と思ってましたが、入ると納得でした、、、



美春 入り口

店の入り口は地元の街道沿いに面していて、幟なんかを含めてアピールは充分。
店主は、札幌と西山ラーメンに魅せられた方のひとりのようですね。
ナニゲに木材とかにお金掛かってそうだし、裏の駐車場のキャパといい、かなり儲かっているようです。



美春 厨房

店内はこっちが勝手に思っていたイメージと全然違い、すごく明るくてウェイティング用のお名前表などが置いてあり、客層もあってそれはさながらファミレスのよう。
キャパは、厨房前にカウンター6席と、後はテーブル6人席3、座敷6人席2。
家族連れに対応したレイアウトとキャパの広さは、以前行った興兵衛みたい、、、
客層も家族連れやカップルなど団体が多く、更に店員も若いアルバイトの子が5人(!)もいるので、そういう雰囲気に拍車を掛けています。
その内厨房の若い子はお弟子さんなのかな?
でないにしても、ひとりひとりが役割をしっかりこなしていてまとまりがあってスゴイですね。

初老の店主はずっと麺場にいて、麺を茹でてる時以外は西山製麺製の麺を麺袋から出して、丁寧に丁寧にほぐしてました。
中細でかんすいキツめ、そして真っ黄色の西山麺はともすればくっ付きがちだろうから、それを丁寧にほぐすのは当然といえば当然なのかもしれませんが、それをホントに丁寧にひとつひとつやっていたのでまたまた勝手に感心してしまいました!
そういう細かい作業が大切なのをしっかりわかっていて尚且つやっているからお客さんが途切れないんですね♪
この日は午後7時半の入店で、先客17後客19!
個人経営のラーメン屋で、平日のこの時間で、この場所で、この入り方は、ちょっと信じられないくらい異常、、、
ヘタなファミレスより全然入ってます!
実際、斜め前にあるケンタはノーゲでした(ファミレスじゃないけど)。
だからあんなに駐車場が必要なんだろうし、それが客数に如実に表れてます。
相当地元の人たちに愛されてますねぇ、、、
スゴイや、、、

あえて言うなら、カウンターの真後ろにレジがあるので、カウンターで食べていると常に後ろでチンチン言うのを聞きながら食べることになる、、、くらいかな。
まぁ、繁盛店だからこそですけど。



美春 西山

厨房カウンター上には、西山の幟が。
奥では、店主とバイトくんたちが意思の疎通を図ってます。
客席の様子は全く見ないで調理一辺倒の店主ですが、しっかり指示は出しているようです。
なんてな事をしながらも、どんぶりを専用の鍋に入れて温めてたりする、、、
いやぁほんと、地道な作業の積み重ねが大事だって事を改めて思い知らされる感じです。
(自分関係ないし)
スープの管理は全部バイトくん(お弟子さん?)に任せられ、オーダーに応じて5,6個あるガスと小鍋を使い分けてました!
具の野菜類は炒めてるわけではなさそうです。



美春 メニュー

メニューは、かなり多い!
味噌がメインでいろんなバリエがあり、つけ麺や醤油、塩もあって、ラインナップに死角なしといった感じ。
サイドメニューやご飯ものもあり、数回来たくらいで飽きることはまずないでしょう。
その辺もよく考えられてますね。
デフォの特選味噌と味玉を注文。
熊笹ギョーザも頼もうかと思いましたが、この後の”あわよくば”を考えてセーブしました。



美春 ら^-面
特選味噌  800円
味付煮玉子  100円


”ウマいですオーラ”がありますね♪
盛り付けのバランスが素晴らしいです。
スープの表面にはラードの層が覆い、温めていたどんぶりと相まってかなり熱い!
猫舌の自分には食べづらいですが、これがないと札幌じゃない!という人がいそうです!(勝手な偏見)
かなり濃厚で少し苦味のあるスープは昆布や豚骨、鶏や野菜のほかに鮭節が入っているそうで、この独特の苦味みたいなものはその鮭節なんでしょうか?
調理過程で焦がしているような様子は見受けられなかったので、そうなのかな?
ちょっと五行が頭に浮かびましたけど、方向性が違うからなぁ。
ただその苦味も含めてこのスープにかなりの奥行きがあって美味いのは事実。
西山製麺の中くらいの縮れ麺もよく絡んで、ウマいです。
ていうか、完成度が高いです!
ネギやコーンもよく合うし、柔らかいチャーシューや竹の味がするメンマ、薄めな味付けの味玉もバランス良く配置されてて隙がないですね。



ただ、味玉はデフォで半分入ってたので、1個は余分だった、、、
要するに、味玉半分が3個入ってたので↓

しかし、メニュー構成といい、店のレイアウトや一般のラーメン好きにわかり易くアピールするコダワリの西山ラーメンといい、若い子ばかりの従業員をうまく束ねる店主といい、売れる要素が満載の美春。
サービスレベルが落ちなければ、永遠に繁盛してそうな気がします、、、







■住所
千葉県松戸市上本郷4079-1

■営業時間
11:00~14:30 17:00~23:00

■定休日
水曜日







2008.9.9
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 千葉 |

中華蕎麦 とみ田 


急な休みはラーメンツアーで。

ホントは都内に出て、目黒辺りでづゅる麺池田とかラーメンゼロに行きたかったんだけど完全に出遅れてしまい、都内に出るモチベが下降気味に、、、

とはいえラーメンを食いに行きたい事には間違いないのでいろいろ検索していると、目に入ってきたのが長年の課題店である中華蕎麦 とみ田

ちょっと前まではマスコミに出まくっていたので敬遠してました、ここ最近はあまり聞かなくなったのでちょうどいいと思い、松戸まで行ってみる事にしました!



中華蕎麦 とみ田 外観

場所は、JR常磐線松戸駅前。
東口に出て左に行くと、以前行った兎に角がありますが、右に行くと中華蕎麦 とみ田があります。
ヨーカドーの手前のビジネスホテル・ゲイツインを右に曲がって(マックと反対側)200mくらい行くと左手にあります。
グーグルのストリートビューで見ると、ちゃんと行列してるのがわかります(笑)



中華蕎麦 とみ田 ガラス

ガラス窓には、この店をモチーフにした独特の貼り絵?があり、「中華蕎麦 とみ田」と書いてあります。
店内には、製麺器が置いてありますね。
キャパもそんなに広くはないようです。
カウンター6席、テーブル4人席1のみ。
11時から19時までの通し営業なのに、いつ行ってもすごい行列だったので(一回16時頃に見たことある)ある程度は覚悟して行きましたが、少なくてラッキ-♪
ひと頃のブームは過ぎましたかね。
客層は、カップルやソロが多いです。
並ぶとすぐに食券を買うように言われました。



中華蕎麦 とみ田 ポール

午後6時半の到着で、先客3後客0。
この日最後の客となりました。
なので、後ろには赤いポールが、、、
一番下のお弟子さんが、逐一外の様子を見に来てたのが印象的でした。



中華蕎麦 とみ田 店内とのれん」

暖簾も製麺室の横に仕舞われちゃいました。
してその横には、麺屋こうじ特製の醤油一斗缶が置かれてました。
さらによく見ると、店主の富田さんが中心で頑張ってるじゃないですか!
超有名店とはいえ、未だに店の中心になって調理してるなんてエライじゃないですか。
当たり前の事かもしれないし、たまたまかもしれないけど、こういうのって妙に感心しちゃいますね。
タオルを巻いた襟首を立てているのもよく見る写真通りです♪
ああいうのを見ると、西澤(サッカー元日本代表)を思い出しますわ(笑)



中華蕎麦 とみ田 宣伝

カウンターに座ると、箸置きには通販版の成分表?が貼ってあります。
そして、富田さん超目の前!
ミーハーなんで(死語)、一挙手一投足ガン見してしまいました。
ラーメンとつけめんだけのオペレーションとはいえ、一つ一つ丁寧に作ってるのにはやはり好感が持てます。
店内にはお弟子さんとバイトが4人もいて、外には更に人材募集の張り紙がありました。
相当忙しいんですねぇ。
繁盛店の常で、店内には活気が溢れています。



中華蕎麦 とみ田 東池袋の看板」

なんとなくキョロキョロしてたら、なんと店の奥に(たぶん)東池袋大勝軒の看板を発見!
ちょうど照明があってわかりにくいですが、下の大勝軒中華そばの文字がわかります。
ここは元々大黒屋本舗で、山岸さんを崇拝する田代こうじグループの一員ですから、こういう看板はあるのはわかりますが、あの東池の看板を持つことを許されている(?)のだから、その地位の高さが窺えます。
あと、田代こうじグループの店ならどこに行っても貼ってある、山岸さんの半生を歌った演歌CDのポスターもあります♪
味玉つけの食券を購入。



中華蕎麦 とみ田 そば
つけ玉そば  950円

極太とはいかないまでも、大勝軒の流れを引きつつ旨味とコシを強くしたような麺がウマーイ!
純粋な大勝軒系のお店はもう少し柔らかいところが多いですが、ここは固めでしかもコシが強い!
量は普通ですが(といっても300gくらいはありそう)、存在感をそのまま表したようなストイックな麺は、主張するだけでなく調和すべきところはしっかりと調和し、つけめんとしての総和を確実に上げてます!
小麦感のある麺だけ食べてもこれだけウマイんだから、この麺単体のレベルが如何に高いかが知れようというもの。
素晴らしい。

つけダレはかなーりの濃厚さと聞いていましたが、他にもやたらめったら濃厚なヤツも少なくないので実際食べてみるとそこまでのものではなかった、、、
でも、動物系と魚介系の濃度を極限まで?高めてからしっかり客に出しているように見受けられたし、妙な甘さやクドさも皆無なのはスゴ過ぎ!
ここまでの濃度で、ここまでレベルの高いつけダレも兎に角以来でしょうか。
とにかく、すごくウマイですっ!(シャレじゃなくて)
酸味と辛味も入っているんでしょうけどそんなに目立つわけでもなく、純粋なダシのウマさとコクでここまで食べさせるのはサスガとしか言い様がありませんね、、、
だからこそ、コッテリガツガツした店の多い松戸&柏地域においても、いまだに飽きずに並ぶ人が多いんだと思います。
さりげなく入った柚子もいいバランサー。
脂泡にまみれたネギもパーツにしてもらって喜んでいるでしょう。

チャーシューはバラのものがデフォで2枚。
さすがにこの辺は、柔らかいし安心して食えます。
して、メンマなんですが、これがまぁ濃いっっ!
ここまで味の濃いメンマにはとんとお目に掛かってません!ってくらい濃い!
ただスープが濃厚なので違和感はないし、濃い具でバランスをとるというやり方は意外に(?)正攻法ですが、ちゃんと成り立ってます。
(たまたまブレてたのかもだけど)
味玉の味付けはそこまで濃くはなく、しっかりと玉子の味を半熟気味に残しててナイス。
ナルトと海苔はオマケのようですが、これがなければたぶん物足りなく思うわけで、そういう意味でも隙がありません。

スープ割りを頼むと、「コッテリとあっさり、どちらにしますか?」と訊かれました。
本来ならコッテリなんでしょうけど、濃厚さで鳴らしたとみ田の”あっさり”ってどんななんだろうと思ってしまい、あっさりに。
すると、「チャーシューとネギは入れてよろしいですか?」と言われる。
デフォでこれだけのサービスが付いているんだから文句の付けようがないです。

そのスープ割り、、、
う~む、、、、スゲーあっさりしてる!(笑)
正直、ここまであっさりしてるとは思わなかった!!!
もちろん、いくらあっさりとはいえ充分成立はしているんですが、あまりにもあっさりし過ぎていて、入れてもらったネギが邪魔(苦笑)
ネギの風味がしつこく感じるほどスープのあっさり加減が目立ってしまい、 更にこっちは濃厚なイメージで食べてるので、そのギャップに最初はかなり戸惑います(苦笑)
底には結構魚粉が残ってて、さっぱりしたザラザラ感がまた妙に新鮮に感じました。
そして、後入れされたチャーシューが今度は千切りになっていて、食感も固め。
最初に入ってるチャーシューとは全く印象が違います。

個人的には、このあっさりはこの店のデフォでは濃厚すぎると感じてる人への救済策なのかなとも思いました。
が、純粋にスープの成り立ちとかがわかって面白かったです。
閉店間際で人の少なくなった店内の厨房で、スープ番のお兄ちゃんが「ガッツン!ガッツン!」言わせながら寸胴のスープをかき混ぜてたのが印象的でした。。。



中華蕎麦 とみ田 閉店
閉店後のとみ田、、、



勝手な想像だけで膨らみ過ぎてたイメージとは違ったものの、その作りや骨格はやはりサスガの有名店という感じ。
店から出るときの「ありがとうございましたー!」という富田店主の本意気のあいさつが、非常に気持ちよくてこの店の山岸スピリットも本物だなと勝手に感心してしまいました。
これからの大変さをわかっていて尚且つそれを行動に移せる意志の強さがないと、ああいうのは出来ないよなぁ、、、







■住所
千葉県松戸市松戸1339 高橋ビル 1F

■営業時間
11:00~19:00(麺・スープが無くなり次第終了)

■定休日
水曜日







2008.9.9
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 千葉 |

みつや食堂


再び活況を呈してきた(自分の中で)「越谷中華を模索する!」のシリーズ。

本日は、国道4号バイパス沿いに昔からあるみつや食堂です。

ここは一昔前にはよくあったロードサイドの食堂みたいなお店ですが(てか食堂だし)、店前の看板に

手打ちラーメン

とデカく書いてあるので、そりゃあ行かなければなりませんってばよ!
これだけ目立つ看板ですから、その存在は昔から知っていましたが、ブログを書くようになってからは営業してる時間帯に前を通ったことがほぼなかったので、勝手にツブれてるのかと思ってました。
ただ、いつ通っても「それにしちゃ、人の気配があるし、汚れていかないよなぁ」と思ってたんです。
で、仕事の合間に昼間前を通ってみると、暖簾が出てるじゃありませんか!!!
速攻UターンしてINですよ!



みつや食堂 外観

場所は、東武伊勢崎線の越谷駅と新越谷駅のちょうど中間くらい。
バイパス沿いなので、両方の駅から同じくらい離れてる感じです。
越谷谷中交差点(吉野家とか引越しのサカイのあるとこ)から少し東京方面に進んだところにあります。
道路の斜め前には、トヨタのディーラーがあります。
写真は、前後安全確認して撮りました(苦笑)



みつや食堂 入り口

入り口は、いかにも昭和の食堂みたいな雰囲気。
ちょっと、神明町のお食事処 山楽食堂を思い出しました。
あそこも”中華”っていうより”食堂”って感じでした。
ただ、向こうの方が圧倒的に拘ってる感じですけど。



みつや食堂 店内

店内も”如何にも”な食堂。
簡素な、、、というか家庭用テーブルとイス、そしてなぜかカラオケセットがあります。
この時間帯はテレビを映してましたが。
北の海理事長が辞任を発表したとの事(関係ない)。

そういえば、外の看板の下のほうには、「カラオケ 2:00-8:00」と書いてありました。
カラオケ屋としても営業してるようです。
店は、普通に快活な初老のご夫婦でやってます。
パチンコとか好きそうな感じ。(あくまでもイメージ)



みつや食堂 店内2

キャパは、テーブル4人席5。
座敷は客席というより、ステージっぽいです(笑)
厨房は暗かったですねぇ。
暗いといっても充分調理は出来る範囲でしたが。
午後2時の入店で、先客1後客0。
常連さんのようでした。



みつや食堂 店内3

店の奥には、これまた家庭用の食器棚。
あくまでも、家庭の雰囲気を重視です!
「バンライ製麺所」のカレンダーがあります。
そういえば、ロジャースの近くにある中国料理 栄楽飯店もバンライ製だった気がします。
潰れちゃいましたが、、、

看板に「手打ちラーメン」と書いてありましたが、少なくても自家製ではないようです(当然か)。
バンライ製麺所の手打ち麺?



みつや食堂 メニュー

メニューは、山楽食堂と違ってかな~りシンプル。
売れ筋だけしか置いてません!みたいな感じ。
やはり中華屋というより単なる食堂のようです(涙)
まぁそんな感じはしてたので別にいいんですが。



みつや食堂 ラーメン
チヤシューメン  750円

表記はそのまんまです。
かなりシンプルで簡素なチヤシューメン。
なぜか、ゴマラー油みたいのが付いてきました。

昔ながらの素朴で懐かしい味ですが、正直スーパーで売ってるラーメンとの違いを見出せず、、、
しかも、チャーシューを入れるとラーメンより250円高くなるんですが、デフォのラーメンに1枚入ってるとすると、このチャーシュー3枚で250円はやはり高いなぁ。
メンマとか海苔も入ってないし。

麺はバンライ製なんでしょうけど、こちらは一般的な中華屋仕様でかんすい強め。
固くもなく、柔らかくもなく、適度なコシのある普通の中細麺です。
縮れが緩めかな。
スープは、、、、感想割愛。
具は、そのチャーシューとワカメ、そしてネギのみ。




常連志向の地元の食堂。
久々にアウェイ感を味わいました♪
だって自分が食べていると、ご夫婦が常連さんの隣のテーブルに座って一緒に昼ご飯食べてましたもん。
いや、別にいいんですよ、そういうお店なんだから。
ご飯食べようが、プカプカたばこ吸おうが自由です。
自分みたいな一見が迷い込んできただけなので、むしろ邪魔してしまったかなと。
別にご夫婦が感じ悪かったとかでは全然ないし。
ただ、自分のいるところではないなと。







■住所
埼玉県越谷市谷中一丁目-?

■営業時間
11:00~20:00?

■定休日








2008.9.8
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

麺座 風水


ラーメンを食べに行くために後輩を6時間監禁して(笑)、ノープランで都内へ!
基本的に草加、竹ノ塚辺りを目指しながら検索して、時間も時間だったのでしおの風か、濱田屋あたりかなぁと見当をつけていると、麺座 風水がまだやっている可能性があったので向かってみることに。



風水 外観

去年の年末以来の来店。
道路沿いの青い看板は相変わらず目立ちます。
しかし前にもちょっと思いましたが、トリコロールカラーはインパクトはあるし目立つけど、ラーメンと合わない気がするんですが、、、
ま、お客さんも付いてることだし、別にいいんですけど。

お店は店主がやはり一人で頑張ってます♪
一人でやっている事と、店のレイアウト上作業導線が長いので大変です。
だからなのか、テーブル席を仕切る簾が以前は下がっていたのに、この日は上がってました。
午前0時45分の入店で、先客3後客2。
皆さんソロでしたが、この時間、この場所、日曜の夜中でこの入店はいいですね♪



風水 券売機

券売機。
種類に変化はないようです。
トッピングにキャベツなんてあったっけ?
売り切れでしたが、確かに合いそうだ。
この間はラーメンだったので、つけ麺を購入。
食券を買うと、その場で店主がもらいに来てくれます。



風水 つけめん
味玉つけめん  770円
餃子5ヶ     270円


中太い麺がツルシコでウマーイ!
ツルツルの食感がすごく心地よくて喉越しもナイス!
しっかりコシもあって小麦感も充分あるし、つけだと麺の美味さが倍くらいウマイです♪

つけダレは、ちょっと前に行った麺座 でん あねっくす(風水の店主は麺座でん出身?兄弟弟子?どちらかです)より自分的に全然好み。
なぜなら、そんなに甘くないから。
酸味もあまりなくて、すごくバランスがイイと思います!
ラーメンより魚介が強めながら、動物系もしっかり効いてる。
麺もよく絡んでいい仕事してます♪
具の穂先的なメンマ、きれいなバラチャーシュー、青菜、海苔もスープを引き立ててていいですね。
しかし。
うまいなぁと思っていると、だんだん甘味が強くなってきた!
急にキタからちょっとビックリ。
そこに甘味が溜まってたかな?

後輩のラーメンを少しもらうと、、、、



風水 ラー延

う~む、やはり動物系が強めですが、前より美味く感じる。
魚介は相変わらず薄いですが、豚と鶏の旨味がマイルドでよかった。



餃子は写真撮るのを忘れましたが、基本的な感想は前と同じ。
肉メインの餡はおいしいのですが、やはり自分の好みからすると焼きがいまひとつかなと。







2008.9.7
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 草加 |

大ちゃん


二日前に行こうとして思わぬ未訪の中華屋を見つけてしまったのでそちらに行ってしまいましたが、この日はそのリベンジ!ではないにしろ、どっちにしろ気になっていたので寄ってみました。

その名は、味のラーメン ギョウザ 大ちゃん

以前来たときはスペシャルらーめんのあまりのボリュームにビックリしましたが、ラーメンに対する姿勢とか、店内の雰囲気とか、店主夫妻のキャラクターなどにすごく惹かれたので、近いうちにまた行くぞ!と思ってました。
が、越谷中華全店制覇!と、都内のラーメン店訪問にばかり行っていて忘れてました、、、
でも、時々脳裏にこの店がよぎる事が多いこと!

この日もホントは知らない中華屋がないかなぁ?と思いながら市内を徘徊し、大ちゃんは18時からだから夜の部にはまだ早いか?と思ってました。
が、17時40分頃に様子を見てみると暖簾が出ていたので、早速ⅠN!
店に入ると、店主に、「もうちょっとお湯が沸くのに時間がかかるから、少し時間がかかってもいい?」と訊かれ、全然OKですよと言うと、ヒゲの店主は厨房の奥へ消えて行きました、、、
開店前に入っちゃったので、こちらが恐縮です、、、



大ちゃん 外観

店は、東武伊勢崎線新越谷駅の裏の裏の団地沿い?
越谷駅から伸びる赤山街道を、ガストを過ぎて信号二つ目、越谷ファミリータウンのT字路を斜め左に入って行って(以前行った豪園のある交差点)100mくらい行くと、左手にあります。
斜め前には公園があるのでわかり易いと思います。



大ちゃん 店内

店内は、元スナックをそのまんまラーメン屋にしたような内装。
カウンター上にはメニューが並びます。
緑色の一升瓶の照明にはふくろうがあしらってあります♪
キャパは、カウンター7席+2席、テーブル4人席1、テーブル6人席。


大ちゃん 店内2

ウォータークーラーの隣にある+2席のカウンターは、ふくろうの置物と金魚を見ながら食べるシステム(笑)
店のガラスには、店主のイラストが刻まれています。
そこには「お代はまずけりゃ結構です!!」みたいな事が書いてありますが、言われたことは無いそうです(壁の張り紙に店主の紹介文があった)。
午後5時40分の入店で、先客0後客0。
この日はたまたま開店前だったのでノーゲでしたが、前に来たときは後から後から入店があって大変そうでした。
団地の前だし、地元に人に愛されている様子がうかがえました♪



大ちゃん ふくろう

店の名物は、なんといってもフクロウ!
先程もチラッと書きましたが、この店には至るところにフクロウグッズがあります!
大小さまざまな置き物から、さっきの照明、そしてなぜかたくさんある時計もほとんどフクロウの形!
相当フクロウがお好きなようですが、個人のお店だし、統一感はあるし、それが店のキャラクターにもなっているのでいいと思います♪



大ちゃん メニュー

メニューは、ラーメンの類いのみ。
サイドメニューもギョウザとワンタンだけ。
定食などはありません。
そういうのナシで地元に根付いているんだから、人気のほどがわかりますね。
デフォのラーメンから、限定モノ、創作ラーメンまで種類の幅は広いですが、どれも普通にウマそうなものばかりです。
ひとつを除いては♪



大ちゃん モーモー

それがこの、モーモーミルクらーめん!
牛乳が入ったラーメンは珍しいけどなくはないし、味もだいたい想像できるけど、このネーミングセンスにやられました♪
だって、「牛乳だヨー」ですよ?!

以前来た時に「今度着たときは、絶対これを食うぞ!」と誓ったのであります♪
注文すると「牛乳ですけど、大丈夫ですか?」と訊かれました。
前もそうでしたけど、初めての人にはちゃんと説明して確認する辺りにホスピタリティを感じます。
このラーメンと、餃子を注文。



大ちゃん ラーメン
モーモーミルクらーめん B.(しょうゆづけにんにく入り)  650円

白いです!(当たり前)
表面に浮いた黄色い油はバターですが、牛乳とたくさん入ったコーンとよく合います。
う~む、、、普通にうまい、、、
うまいけど、ダシの類はほとんどわかりませんでした。
なので、最初はいいけど後半はなんだか肩透かしを食った感じになります。
ただ変に甘くないので、最後まで飽きずに食べられますね。
麺は中細の縮れ麺。
すごくコクのある?麺で、ちょっとダシ感の希薄なスープと一緒に食べるとかなりいい感じ♪
このスープは、この麺ありきでウマイです。
ラーメンだから当たり前か。
ワカメはちょっと違うかな?と思ったけど、モヤシやネギは合うし、チャーシューはしっかり味が付いていてこれだけでもうまいです。
醤油漬けのニンニクは必ずしもなくてもいいかな?と思いましたが、アクセントとしては悪くない。
念願を達成して満足しました♪



大ちゃん 餃子
サラダ付き 5人ばやし肉ギョーザ  420円

サラダ付きの餃子です。
タレとおろしニンニクも付いてます。
普通、焼き餃子は焼き面を上にするものですが、ここは逆。
焼き面が下になっています。
パッと見水餃子みたいですが、実際焼き面以外はまるで茹でたかのようにしっとりしていてモチモチです♪
一回茹でてから焼いてる?
しかも焼き面がパリッとしているので、食感的にはかなり素晴らしい!
更に、食べると肉の旨味がジュワッと出てくる餡はそれだけでもイケるほど美味しくて、サラダが付いているとはいえ420円でこれですから、かなりお値打ちです!
ウマーイ!



安くは無いけどボリュームがあるし、微妙ながら気になるラーメンが多いので再訪は決定として、、、
店の雰囲気やキャラクター、奇を衒わずに気になるラーメンばかりの大ちゃん。
スッゲーばかウマラーメン!って感じではないけど、やっぱ、なんか気になるんだよなぁ、、、







■住所
埼玉県越谷市赤山町4-11-14?

■営業時間
11:30~15:00 18:00~23:00
  
■定休日
月曜日







2008.9.6
Comment : 3
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

ジャンクガレッジ(JUNK GARAGE)


大崎時代に一度行って、いろんな意味でジャンクを地で行くお店にビックリ&大喜びでしたが、移転してからは一度も行ってなかったので気にはなってました。
たまたま大宮に用事があったので、仕事前に少し遠回りして寄ってみました♪

その名は、ジャンクガレッジ

ラーメンの新しい形を提案して去年一昨年と大旋風を巻き起こしたジャンクガレッジは、東大宮の地で、2008.6.24に新装OPENしました。
そこまで混んでないという事だし、気楽に寄ってみましたよん♪

近隣には、壱兆支那そば 浜とし秀虎らーめん 尾道学校、そしてラーショ(結構入ってた!)まであり、ちょっとした激戦区?になりつつある東大宮地区。(ラーメンボンバイエも人が結構いた!)
ただ、一回迷って通りかかった浜としの店の前に「閉店」という文字を見たのは気のせい?
それとも昼の部が終わっただけだったか?

ともあれ、そんな立地で新しく勝負するジャンクガレッジに、行かない理由はありません!



ジャンクガレッジ 外観

場所は、東大宮を縦断する県道5号線(産業道路)沿い。
国道16号から入ると、壱兆を過ぎて中央分離帯がなくなって、小さな川みたいなところに掛かる橋を渡ってちょっと行くと左手にあります。
ていうか、黄色い看板、インパクトあり過ぎです!(笑)



ジャンクガレッジ 入り口?

お店の真横に駐車場があるのは、クルマ人口の多いこの地ではありがたいですね。
入り口は写真の建物横らしく、入ってすぐに券売機があります。
店の前(道路沿い)にも扉はたくさんありますが、ベンチが置かれていて入り難いようになってます。
通りすがりのクルマへ行列アピール♪
この辺りはサスガです。
しかし、 ニンニク 入れましょう って、残るなぁ、、、(記憶に)



ジャンクガレッジ 店内

店内は、L字カウンター14席。
厨房も以前のめっさ狭いところで家庭用コンロまで使ってやっていた時とは大違いです♪
厨房内には店主?(たぶん○田さんじゃない人)とバイト?の女の人。
二人ともロックな感じです。
午後2時過ぎの入店で、先客4後客2。
なんとそのうち4人が女客です!
ちょっとビックリ、、、
と思ったら、一番奥にいた女の人はバイトの人でした(苦笑)
しかし、ひとり本を読みながらジャンクをすする女の人がいる風景がここでは当たり前?
ラーメン文化もここまで進化したか?!と勝手に感心してしまいました、、、



ジャンクガレッジ 開化楼

券売機の横には、浅草開化楼の麺箱とダンボールが。
ダンボールって、何が入ってるんだろう?
そういえば、厨房の中央付近の作業台には赤や黄色なんかのボード?みたいのがあって、トッピングを管理してるみたいでした。
そんなこともやってるのか!
日々進化してるんですね。
店内のロック色はかなり薄れました。
BGMがメロコア系なのは一緒ですがボリュームはかなり大人しめ。
後は、トイレにレッチリやRUN DMCのポスターが貼ってあったり、大崎時代と同じウォータークーラーに貼ってあるステッカー(たぶんそのまんま)くらいでしょうか。



ジャンクガレッジ 化調

一時は無化調ブームなんかがあって体に優しいラーメンのムーブメントがありましたが(今はちょっと下火?)、それに抵抗するかのように課長(化学調味料)がウリのジャンクガレッジ。
正にロックなお店ですが、棚の上には大量の課長入りダンボールが!
これを見て食欲が湧いた自分も既にジャンキーであります♪
特製まぜそばの食券を購入。
コールはもちろん全部入りで。



ジャンクガレッジ まぜそば
特製まぜそば  950円

う~む、ウマい!!!
固めの開化楼麺は、太くてゴツくてガシガシです!
こうでなくっちゃ!
モヤシは小まめに茹でてるようで(時間帯による?)、適度に食感の残った感じがまたヨシ。
以前行ったときには入ってなかったベビースターがよく合う!!!
豚の味付けもサスガとしか言いようがないし、生卵もいいコク出しになってます。
アブラやマヨネーズ、辛味もしっかり混沌としていながらパーツとしての選択に間違いナシ!
それらをダシに絡めてグッチャグチャにするのは楽しいし、ウマいし、言う事ありません!



と思ったけど、量も含めて何か物足りない、、、
デフォで250gくらいだと、全然足りない体になってしまったのはともかく、ニンニクが入ってないんじゃないの?ってくらい存在感がなかった(確実に入ってるんだけど)。
2回目だから最初のときのようなインパクトがないのはしょうがないとして、なんとなく全体的に(店の雰囲気も含め)大人しめに感じました。
それが”大宮仕様”なのか、まだ試行錯誤中なのかわかりませんが、まだまだ自分の中で期待してしまったのも事実で、絶対また行きたい!と思いました。
次はラーメンを試すのと、ボンバイエとハシゴだな(笑)







■住所
埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-47-4

■営業時間
11:30~15:00 18:00~24:00

■定休日
火曜日(ラーメンデータベースに”火曜日のようです”って書いてあるw)







2008.9.5
Comment : 2
TrackBack : 1

中華料理 宝山飯店 


なんだかいつの間にかそういう流れになってしまってますが、「思わず発見した越谷中華!」シリーズ。

本日は、赤山町の裏街道沿いにある中華料理 宝山飯店です。

2年ぶりくらいに新越谷の大ちゃんラーメンに行こうと思っていたけど、行き先が決まっている時はなるべく普段通ったことのない道を通るようにしてるんですけど(未訪の店発見のため)、この日も赤山町をわざと裏道へ入ったりしながら向かってました。
そしたら、見たことない店があるじゃないですか!!!
ここは全然通ったことない道ではないし、むしろ昔はよく通ってた道ですが、この先の交差点が新しくなってからはほとんど来る事はなくなってました。
とはいえ、こんな目立つ場所にあるのに気付かなかったとは、、、



宝山飯店 外観

場所は、東武伊勢崎線越谷駅西口から線路沿いに歩いた信号から、線路の下をくぐらずにそこから西に向かって斜め前、焼き鳥屋がある通りへ入って100mくらい行くと左手にあります。
ここは楽器屋があるので昔はよく来てたし、新しい交差点が出来るまでは越谷西口のメイン通りのうちの一つでした。
夜はお店が明るいので目立つと思います。
ていうかここって、数年前まで営業してる雰囲気がなかった店じゃなかったっけ?(今思った)



宝山飯店 店内

店内は、かなり綺麗な感じ。
改装したのかな?
キャパは、L字カウンター10席くらいと、座敷4人席3。
壁にはたっくさんのメニューが貼ってあるパターン。
その全てが新しいので、やっぱり改装したのかな?
カウンターのイスは座布団が敷いてあるとはいえ、イス自体が小さいので座りにくいです(苦笑)
調理師免許の発行元が石原都知事だったので、東京から移転して来られたのでしょうか?
(一概には言えない)



宝山飯店 厨房

店は、初老のご夫婦でやっています。.
特にすごい愛想があるわけでもなく覇気があるわけでもありませんが、落ち着いた物腰が好感持てますね♪
作業もかなり丁寧で、ご夫婦のコンビネーションもそこはかとなく自然、、、
テレビの音が響く店内で、黙々とストイックに調理します。
このご主人、どこかで見たことあるような、、、(最近多いな。気のせいかもだけど)
午後7時前の入店で、先客0後客2。



宝山飯店 メニュー

メニューは、一品物からご飯もの、麺類、点心、スープまで、無理のない範囲で幅広く、これまた好感度大。
しかも値段が安め。
いいじゃないですか!



宝山飯店 メニュー2

定食もあって、デイリーユースには最適。
こういう店が仕事場の近くにあればなぁ♪
ただ、「マーボドーフ煮」って、ちょっと気になる、、、
いろいろ迷って、小エビメンと久々の春巻を注文。



宝山飯店 春巻き
春巻  350円

ウマイーーー!
皮がパリッパリで熱く、餡も特別な事は何もないですがしっかり味と食感があって素晴らしい。
カラシと小皿が付いてきます。
カラシも合うし、酢や醤油も当然のように合いますね。
すごく普通ですが、すごく美味しい春巻きです。



宝山飯店 めん
小エビメン  650円

この店はエビチリも小エビだけなので、エビは全部小エビなんだと思いますが、ちゃんと冷凍の安いヤツじゃなくてエビの風味があるものを使ってます。
そのエビがキャベツや青菜、ハム、木くらげなんかと一緒にあんかけになっていて、濃過ぎない味付けが体に優しい感じ。
スープも少し濁ってますが、全くクドくなくて美味しいです。
無化調ラーメンのコクがない店をなんとなく思い出してしまうほどの薄味で、塩分もかなり控えめなので、ガッツリ食いたい時には物足りないだろうし、体調や天気によってはかなり薄いと感じる時もあるとは思いますが、丁寧に自然体で作られたあんかけもスープも体にじんわり溶け込んでいくようでよかったです。
麺は中細の玉子麺っぽい縮れ麺。
野菜の旨味を感じるスープに適度な固さの食感と麺そのものの味がよく合いますねぇ。
癒し系なラーメンです、、、



たぶん最近になって再び営業を始めたんだと推測しますが、肩肘張らない雰囲気と値段、そして優しい味わいが、中高年層にウケそうなお店です。
自分もこの店にはまた行きたいと思いました。







■住所
埼玉県越谷市赤山町1丁目113松沢ビル(?)

■営業時間
11:00~20:00(かな?)

■定休日
?(わかりません)







2008.9.4
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

ら~めん そめや


越谷からなんとなく行ってない店を探してフラフラしてたら、いつの間にか東川口に、、、

そうなると、まだ未訪の元祖 札幌やら~めん そめやかな、、、と思ってて、先に行き着いたのがそめやだったので、そのまま入ってみました。



そめや 外観

場所は、東川口オリンピック通りの戸塚東3交差点(安楽亭とかある)から安行方面へ進んで、100mくらい行った左手。
すぐ近くには、以前行った事のあるばんぶるがあります。
赤い看板が目立ちますが、通り沿いの木が邪魔をしています(苦笑)



そめや 入り口

入り口には自家製麺であることが謳われています。
大きな看板にお金が掛かっているのでプチチェーン店なのかと思ってましたが、個人経営のようですね。
店名のロゴも店主が考えたのかな?
(根拠はないけどすごくそんな感じがする)
いい感じのロゴです♪

店内は明るくて普通の食堂風中華屋みたいな雰囲気。
L字カウンター10席くらいと、テーブル4人席3。
BGMは、演歌です♪
すごく明るい店主と、接客時以外は無愛想な奥さん。
すごく仲が良さそうで、手が空いたときも笑顔で会話してました(特に店主)。
いいですね、こういうの♪



そめや 

メニューは、麺類だけでもかなりのバリエーション!
そこにご飯物が加わりますが、これまたとりあえず名前が浮かぶもの全部並べてみました的種類の豊富さ。
火吹ら~めんって、今気付いた!(笑)
こんなのがあったなんて、、、
しかも、全体的に結構お値段お高め。
外の看板を含め、”ら~めん”の伸ばすところは全部波線(~)でないといけません!(笑)



そめや メニュー2

裏面は、定食や一品などが盛りだくさん!
(当店手づくり)とか、自家製麺というのがウリのようです。
でもやっぱ割高感は否めず、、、(店にいる時は全然気付いてなかった)
しかし、手づくりはいいけど大変だよなぁ。
餃子は出るだろうからいいけど、春巻やコロッケ、肉だんごからしゅうまい、角煮まで、毎日作るのは大変ですよ!
壁に貼ってあったセットメニューを、塩ラーメンと餃子で注文。



そめや ラーメン餃子
セットサービス(塩らーめん、ぎょうざ)  980円

調理するのが店主だけじゃなくて奥さんもやるんだけど、そのコンビネーションたるや一度見ておいて損はない!というレベル。
二人の動きに無駄がなく、それでいてスムース、、、

奥さんは独特な形をしたオリジナルな漉し器をどんぶりに置いてスープを入れ、手前でジッと餃子焼き器を見ていた店主がスッと顔を上げた瞬間、遠くでタイマーが鳴り(その時点でスゴイ!)、奥さんは麺をあげてお湯を切り、店主は餃子をゆっくりと丁寧に皿へ取る。
その間に盛り付けを終えた奥さんはラーメンをお盆へ乗せ、時を同じくして餃子もお盆の上へ、、、
そしてこの上ない笑顔で「お待たせいたしましたー!」という店主の威勢のいい声と共に料理は目の前へ、、、

う~む、、、、素晴らしい、、、、

それだけでも来た甲斐がありました。

で、まず塩ラーメン。
かなりオーソドックスな感じの昭和後期から平成初期によく見た感じのラーメン。
塩ラーメンにゴマとワカメが乗ってるだけでもそれっぽいですが、透明な少し黄色いスープはガラベースっぽい旨味があまり感じられないタイプ。
このスープだと、ネギがちょっと出過ぎているように感じてしまう。。
少し塩角が立っているのも気になります。
自分のバカ舌では少しの野菜と化調の味しかわかりませんでした。
チャーシューはしっかり旨味があって脂身もウマイ!
メンマ(かなり大きめ)と海苔とナルトはお約束な感じですが、こういうラーメンには欠かせないです。

自家製の麺は中細で、しっかりコシがあって普通にうまいじゃないですか!
こういう店のラーメンは勝手に麺が柔らかいイメージを持ってましたが、そこだけは昔風ではなかった。
縮れ具合がほどよくスープを拾ってくれる感じです。

餃子は、皮がかなり柔らかく、一つ取ると隣との接触面が破れてしまうタイプ。
ニンニク控えめで野菜メインの餡は、普通としか言いようがないというか、、、
ちょっと水分が多過ぎかなという印象はぬぐえず、味的にもこれはイマイチでした。



なんというか、、、
店前にコダワリの文句が書いてあって、それがウリで値段も高めなんだろうし、接客も素晴らしくていい気分にさせてくれるんだけど、スープがあまり体にいいとは思えず(体にいいとはどこにも書いてないけど)、自家製の品々は毎日消費出来ているんだろうかとか余計なことが気になって、普通にうまかったけど少し釈然としないものを感じつつ店を後にしたのでした、、、
これで980円だと、ちょっと厳しいかな。

まぁ、恐らく全部杞憂です。。。







■住所
埼玉県川口市戸塚鋏町1-?

■営業時間
11:00~21:30(アイドルはやってなかったと思う)

■定休日
金曜日







2008.9.3
Comment : 5
TrackBack : 0

ラーメン・定食 あやめ


もう終わったと思っていた「越谷中華を食べつくしてやる!」シリーズ。

毎日のラーメンをアップするので精一杯なので過去ログをアゲるのが全く後回しになってますが、自分ではおよそ95%は行き尽くしたと思ってます。

もちろんその中の「店はあるけど営業していない」、「ネットや電話帳にデータがあるのに店の存在が確認出来ない」、「たまに営業してるっぽいけどいつもフラれる」、「店もあって営業してるのに自分が知らないだけ」のような店は含まれないわけです。

先日なんとなく電話帳を見ていたら、「むむっ、こんな店あったっけ?」という中華屋を発見!
「春楽 南町3-1」というデータしかなく、行ってみましたがそれらしい店を発見出来ず、、、
天晴亭のことなのかな?

で、せっかくだからこの辺りでフラフラしていると、前は低価格をウリにして営業していたラーメン・定食 あやめが営業してる!
去年は営業してるところを見たことがなかったので行ってませんでしたが、やっているなら入らない手はありません!



あやめ 外観

場所は、越谷産業道路沿い。
旧4号沿いの蒲生西町交差点から吉川方面に向かって産業道路にぶつかったら、右折してすぐ右手にあります。
近隣にはレンタルビデオ屋やそば屋、クルマ屋なんかがこの通り沿いにありますね。
そういえばこの店の隣に秀吉(だったっけ?)みたいなラーメン屋が昔ありましたが、今は面影もありませんね。



あやめ 店内

店内は、街の定食屋か小料理屋みたいなレイアウト。
L字カウンター6席と座敷4人席3。
カウンターの奥には厨房があり、なかではそこかで見たようなおじさんと、その奥さんが切り盛りしています。
午後7時半前の入店で、先客2後客0。



あやめ 座敷

座敷からはテレビがよく見えます♪
先客のおじさんは、メシ食った後のタバコを吸いながらビール飲んでくつろいでました。
ごちゃごちゃしてなくて清潔な店内。



あやめ メニュー

メニューも街の中華屋仕様。
めん類からどんぶりもの、カレーやナポリタンまであります♪
以前は「ラーメン250円!チャーハン300円!」みたいな低価格がウリだった気がしますが(細かい数字は勘です)、今は普通の中華屋になったみたいです。
とはいえ、全体的に安めな事は間違いない。


あやめ メニュー2

裏面には定食メニュー。
つまみやアルコールも無難に取り揃えてあります。
セットメニューも壁に貼ってありましたが、そこはパスしてタンメンと餃子を注文。



あやめ タンメン
タンメン  500円

スープがかなり濁ってますが、すっごくシンプルなタンメンで、野菜の旨味はしっかり出ててウマイ。
もちろん化調もしっかり入ってますが、うまく調整出来ている感じでかなり好き♪
中途半端に無化調でまずいラーメンより、全然ウマイです。
麺は「そうでなくっちゃ!」という感じの中細玉子麺!
これがまた野菜の旨味たっぷりのスープとよく合うんですわ。
炒めた時の油もそんなに混ざってないので、気持ちよくスープが飲めます。
久々にスープ完食。



あやめ 餃子
餃子  400円

後から来た餃子。
皮は適度にもっちり感があって、しつこくなく食べやすい。
餡は野菜メインでニンニクもスマートな印象で普通にうまいです。
過不足なくおいしいので、全く無問題。



確か6,7年前に来たことがあってその時とは少し変わりましたが、居心地はいいし、料理も普通にうまいし、接客も別に文句ないし、こういうお店がもう少し近くにあれば頻繁に行くんですけどね。
越谷北部からだと、ちょっと遠いかな、、、







■住所
埼玉県越谷市蒲生3-8-?

■営業時間
11:30~14:00 18:00~23:00

■定休日
木曜日







2008.9.2
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 蒲生 |

Ton×2 Ship 


仕事の後も後輩とメーランツアー!

このとき向かったのは、川口安行の交差点沿いにある屋台風のラーメン屋。
前からここを通るたびに気にはなってたんだけど、やってないことが多くて行けてませんでした。
この日もやってなかったら環七まで行くつもりで行ってみたら、やってた♪

店の名は、Ton×2 Ship

正式には、Tonの後ろは2乗です。
店主に店の名前を聞いたら、「トントンシップです♪」とお答え頂きました。
う~む、そんな名前だったとは、とんと知りませんでした、、、
(苦笑)



Ton×2 Ship 外観

場所は、川口安行の花山下東交差点の一角。
交通量の多い生活道路沿いの立地です。
民家の一角を屋台風の店にしたような面白いレイアウト。



Ton×2 Ship ベンチ

母屋の入り口にはアメリカンな赤い照明(名前がわからない)があって、そこから店主の奥さんらしき人が出入りしてます。
また、そこと厨房のあるメイン屋台の間にはテントがあって、テラス席のようにもなっています。
ざっくばらんな雰囲気がアメリカナイズドされてる感じで、夏はいいかもしれません♪
午前0時半の入店で、先客3後客0。
結構地元では知れているみたいですね。



Ton×2 Ship 店内?

手作り感満載の屋台風店舗はカウンター5席のみ。
店主はその出で立ちや髪型、サーファー風のシャツなどマイク真木のイメージそっくりで、奥さんもサーファー風。
ところどころアメリカンな演出といい、マイク真木といい(笑)、夏の終わりの真夜中の落ち着いた雰囲気など、10年前のドラマビーチボーイズ」を想起させるに充分。
フラッと竹ノ内豊と広末涼子が現れそうです。あ、反町も。
チャーシューメンを注文。



Ton×2 Ship ラーメン
チャーシューメン  700円

柔らかいチャーシューに背脂、そしてモヤシと山盛りのネギが、昔環七にあった背脂トンコツの名店「とんとん丸」を思い出させます。
スープは豚骨ながら濁らせてないタイプで、そこにクドくない背脂が浮かんでコクを加えています。
中細で縮れた麺はやはり往年の背脂系ラーメンのイメージですが、飲み帰りとかには知り合いと行っても無難で丁度いい気がします。
その麺をモヤシやネギと絡めて食べると、食感もいいし、ジャンクなラーメンの王道気分を味わえます♪

チャーシューは柔らかくて肉の旨味もしっかりとあり、脂身の部分もおいしく食べられます。
メンマは甘過ぎることもなく、ラーメンのパーツとしては及第。



オリジナリティのある雰囲気(?)と、往年の背脂トンコツラーメンの組み合わせが、アラサー、アラフォーの人には悪くない気分にさせてくれるお店。
店主もすごく自然体な感じの人で、カッコイイ笑顔の持ち主。
屋台の横で吸うタバコが、めっさ似合ってました♪
こういうカッコイイおじさんに憧れます、、、







■住所
埼玉県川口市安行西立野?

■営業時間
18:00~2:00
18:00~1:00(日曜)

■定休日
木曜日







2008.8.31
Comment : 0
TrackBack : 0

らうめん 麺坊


サッカー帰りにメーランツアー♪

思いもかけず二日連チャンでサッカーを見ることに!
この日は西が丘でなでしこオールスターが行われ、北京五輪での結果を受けて、多くの観客の前で試合が行われました♪

が、試合終了間際にポツポツと降り始めた雨は、表彰式の頃には本降りに。
急いで仕事に戻らなければいけなかったんだけどちょっと時間があったので、いつもの後輩zuと、レッズサポの大先輩(何の?w)と、前から西が丘に来る度に前を通ってて気になっていたらうめん 麺坊へ寄ってみました。



麺坊 外観

場所は、都営三田線本蓮沼駅と、西が丘サッカー場の中間くらい。
駅から西が丘への道を進んで200m弱くらい行くと、左手にあります。
大きな「自家製麺 らーめん」の暖簾が目印です。



麺坊 店内

店内は、L字カウンター13席くらい。
サッカー帰りの家族連れや地元のおじさんらがいて、店内は3人入ってちょうど埋まりました。
午後7時過ぎの入店で、先客10後客2。
厨房内には、痩せ型?の店主と大きなお弟子さんらしき二人。
(さっき知りましたが、この二人はご兄弟だそうです(笑 しかも、弟さんは元力士だとか)
そこまで愛想がある感じではありませんが、寡黙に調理する姿には好感が持てます♪



麺坊 メニュー

メニュ-は、醤油と味噌のバリエーションにつけ麺、トッピング、つまみ用サイドとビール。
なぜにチャーシュー麺の麺だけ漢字なのかは不明(笑)
ラーメン専門店ながら地元の普通のラーメン好きにも対応出来るような感じです。
デフォのラーメンは連れの方に任せて、自分はチャーシューメンと餃子を注文。



麺坊 ちゃーしゅーめん
チャーシューメン  850円

かなり柔らかいチャーシューが表面を覆うルックス。
スープはかなり魚介♪の優しい口当たりで、カツオをメインに数種類の魚粉を感じます。
ダシがちゃんととってあって魚粉がたくさん入っているわけではないけど、魚粉ぽい感じが強いのはなぜ?
ただバランスが悪いわけではなく、動物系が屋台骨を支えているので普通に美味いです。
固めのネギもよく合いますしね。
頻繁に食べるのなら、こういう優しい感じのクドくないスープはデイリーユースとしてはいいと思います。

自家製という麺は小麦感がしっかりあってしつこくなく、しかもしっかりスープと調和してラーメンの総和を上げていてウマイ。
ちょっと太めの中細(意味不明)で少しだけ手もみされている感じですが、この麺自体の旨味がじんわり伝わってきてウマイですね♪
ただ惜しむらくは、少し柔らかくてせっかくのコシが少し砕けてしまってた事でしょうか。
まぁ出来上がってから自分のは一番最後だったし、写真とか撮ってたから自分が悪いんですが(苦笑)

チャーシューもしっかり肉の旨味が伝わってきて味付け過多でないところがグー。
メンマは適度な味付けで邪魔してないし、総じてよく出来てると思いました。
インパクトはありませんが、子供や中高年には安心して食べられる優しい味付けがお客さんを呼んでいるのではないでしょうか。



麺坊 餃子
餃子(五ヶ)  350円

後から来た餃子は、思ったより大ぶり。
勝手にもっと小さいかと思ってました、、、
皮はパリパリ感こそありませんが、しつこくない柔らかさで食べやすい。
餡はニンニクがそこはかとなく香る感じで肉汁が少しあり、野菜とのバランスも良くてウマイです。
ていうか、アツイです!(笑)
鉄板の熱さがそのまま舌に伝わってくる感じ!
自分猫舌なので、しっかりヤケドしてしまいました(苦笑)
酢をつけてもそのウマさがスポイルされないのがいですね。



地元に馴染んでる雰囲気のラーメン屋さんですが、麺の美味さはかなりレベル高し!
地元に根付いたこういうお店があるから、ラーメン文化は廃れることなく息づいていけるんですね。
西が丘に来たらまた寄ってもいいかな。







同行者のラーメンたち。
ホント皆さん、何も言わなくても写真を撮るまで待っててくれるのでありがたいっす♪



麺坊 ラーメン
正油ラーメン  550円


麺坊 ねぎらーめん
ネギラーメン  700円







■住所
東京都板橋区蓮沼町26-1

■営業時間
11:45~14:45 18:15~23:45

■定休日
第1、3、4水曜日







2008.8.31
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

柏 王道家


匠神 角ふじで食べた後にも関わらず何か物足りなくなってしまい、近辺でラーメン屋探し!

そこで見つけたのが、角ふじから見て駅の反対側にある柏 王道家

ここは家系総本山である吉村家の中でも数少ない直系のお店。
東武伊勢崎線近辺はライトな家系が多いので、ここはガツンとした家系直系の味を堪能したいところです!
家系に行くのもかなーり久しぶりですが、最近食べてないし、角ふじから近いし、営業時間も間に合いそうだし、、、って事で、速攻向かいました!



王道家 外観

JR柏駅に西口ロータリーを北から南へ線路沿いに進み、妖しい風俗店が立ち並ぶ辺りに柏 王道家はあります。
しかも!ラッキーなことに、店の隣には専用の駐車場が!
ラーメン屋にクルマで行くと大概駐車場探しに苦労しますが、時間が差し迫ったところでこういうラッキーは本当に嬉しいです♪♪♪



王道家 店内

店内は、午前1時前だというのに活気があります!
この時間なのに、先客9後客9!
ほとんどが男です(笑)
駅や飲み屋が近いこともあって、学生や飲み帰りの客がほとんど。
そこにサラリーマンなんかが混ざってますが、カップルもいたりします。
いまやあまりマスコミに取り上げられなくなった家系ラーメンですが、しっかりとお客さんを掴んでいるのはサスガの一言ですね。
床がヌルヌルな店も久しぶり♪
否が応にも期待は高まります!



王道家 厨房

厨房には4人の職人。
皆さん、お約束の白いシャツに白いはちまき。
一番下っ端っぽいお兄さんは、中国人系?
でも、すごく丁寧で一生懸命頑張ってました。
後から店主の清水さんも出てきて、ライスがなくなりそうだったらしく手配してました。
入り口横の券売機で、ラーメンと味玉の食券を購入。



王道家 ラーメン
ラーメン  590円
味付け玉子  100円


どんぶりから張り出した海苔、お約束のほうれん草、燻製チャーシュー、、、
うーん、隙がない、、、
久々の家系、そして本日4軒目ながら、食欲をそそられます♪

スープはかなり期待通りガツンと来る家系独特の豚と醤油の大波!
すごく濃厚でコクがあって、それでいてあんまりクドくない。
表面の鶏油の香りも完璧で、麺がするするイケちゃいます♪
久々だけど、ウマイなぁ、、、



王道家 アップ

麺は酒井製麺製、中くらいの平打ち。
本家より少し細い気がしましたが、気のせい?
ただこれがうまくスープと合わさって、紛れもない家系ラーメンになってます。
ウマイ!
最近はラーメンに海苔ってあんまり合わないんじゃないかなぁと思うんですが、豚骨ラーメンと家系には合いますね、間違いない!
味玉は固ゆでですが、これまたほどよい味付けで、茹で玉子好きな自分にはストライク!
燻製チャーシューは独特の燻製風味と塩っぱさがこれまたナイス!
正直、本家より美味いと思いました。
(本家もうまかったけど)

カウンターには4種類のニンニクと、オリジナルのラーメン酢が置いてあるんだけど、ニンニクと共にラーメン酢も入れてみました。
これが、このラ-メンと合う!
ちょっとビックリ、、、
ニンニクが酢に入っているらしいんだけど、それは正直わかりませんでしたが、適度な酸味がこの家系スープに合うなんて思ってなかった、、、
で、たまに酢を体が欲してる時があるので、お冷に酢を入れて飲んでみましたが、ニンニク臭ぇ~(笑)
お冷に入れてはじめて、酢にニンニクが入っている事がわかりました(苦笑)



いやしかし。
久々の家系とはいえ、ら~ナビで見つけた時はそこまで期待していなかったので、この満足感は意外だったというか、願ったり叶ったり♪
この店も含めて、この日は4軒全て大当たりでしたー◎







■住所
千葉県柏市旭町2-1-6

■営業時間
11:00~1:00

■定休日
月曜日







2008.8.30
Comment : 1
TrackBack : 0
Category : 千葉 |

匠神 角ふじ 


佐貫大勝軒中華そば すずきの後の勝利に気を良くし、一日の〆のラーメンを求めてつくば方面へ!

向かったのは、地元の人気店として有名な尾道ラーメン 醤々軒

ら~ナビで★こそ点いていませんが、人気の上では明らかにナンバーワンのお店!
なので行ってみました。

が。

やってなかった、、、
同じ敷地内の風俗店はやってましたが。
ピンク色の看板のある敷地に入っていくと、いかにも郊外の風俗店みたいな外観の店しかなく、肝心の醤々軒は真っ暗です、、、
ガッカリ、、、
(しかも、写真撮るの忘れた!)

いやいやいや、いいんですよ!
何で広島出身の自分が、つくばで尾道ラーメンを食べにゃあならんのだ?!っつー話ですよ。
そんなもん、地元帰ればいくらでも食べられるっつーの!
(負け惜しみ)


という事で、気を取り直して検索、、、


次に向かったのは、これまた茨城の名店と名高い拉麺 人生

試合中の雨が降らなくて良かったものの(着替えとか持ってったけど使わなかった)、ゲリラ豪雨がも~んのスゴくて、途中あちこちで道路が冠水してるし、消防車が走り回ってるし、渋滞してる!と思ったら、地元の青年団が消防署の前で集まってるし(苦笑)、、、

そんな中、鬼怒川にかかった国道356号線の豊水橋を水海道側から渡って「この辺りだけど、、、」と辺りを見回すも、それらしい店が見当たらない、、、
しかも外は集中豪雨、、、
仕方がないので、橋のたもとの信号横のGSに車を停めてケータイの地図と格闘、、、
どうやら、国道を渡って向こう側にあるっぽいんだけど、普通のアパートしか見当たらないんですけど。
坂道は川のように水が流れまくってるし、雨は横なぶりだし、う~む、、、

しかし!

せっかくここまで来たのに店の場所くらい確認してから行きたい!と思い、意を決して豪雨の中を外へ!
道路を渡って狭い歩道を雨水と一緒に下ると、堤防沿いみたいな道路、、、



人生 信号

う~む、暗いってばよ!

一応街灯はありますが、かろうじて水溜りがなんとなくわかるくらい、、、
さっき見えたアパートの横に回ると、、、あった!
薄暗い明かりが店の入り口らしきところに点いてます!


明らかにやってません!

ウワァァ━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━ン!!!!



せっかく来たのにぃーーーーーー!
悔しいので、写真だけでも撮りまくってやる!



人生 提灯

お店の提灯。
「人生」って書いてあります。



人生 看板

「拉麺 人生」って書いてあります。
電話番号がワンツー ワンツーです!
店の名前も相まって、正に水前寺清子風です♪



人生 掲示板

居酒屋さんがメインという噂のここ人生。
貼ってある色紙なんかも、ラーメン王とかじゃなくて落語家とか、生活の標語的なウンチク系。
なんだか余計に気にあるじゃないか!!



人生 二宮さん?

そして店先には、二宮金次郎と思しき石像が。
日本人の二宮さんというより、古代中国の子供のようにも見えます。
もう、店のイメージというか、矛先が完全に固まってしまいました。。。

絶対にまた来てやるからなっ!

食べてないけど、情報をメモ。



■住所
茨城県常総市豊岡町乙1485-1

■営業時間
18:00~1:00

■定休日
月曜(不定休もあるので要確認)



豪雨の中を2軒もフラれて「もう帰ろうか、、、」となりそうなところですが、せっかく茨城まで来たのに何も食わないで帰られようか?否!

「もうこうなったら、意地でもラーメン食って帰るぞ!」

と息巻きながら、ら~ナビで検索。

しかし、、、

時間は既に午後11時前。
こんな時間にこんなところでやってるラーメン屋なんてほとんどなく、しかも自分「どこでもいいよ♪」なんていう素直な性格じゃないもんで、やっぱりある程度それらしいコダワリのあるところに行きたい!(ウマいマズいじゃなくて)
で、結局茨城は諦め、帰りの方角を少し斜めにして、柏方面に行く事にしました!

向かったのは、匠神 角ふじ麺屋 こうじ
図らずも、またもや田代こうじグループです(笑)
どちらも午前0時までなので、間に合った方にINする事に。
で、やってました匠神 角ふじ!
なので、麺屋 こうじはナシで。



匠神 角ふじ 外観

場所は、JR柏駅東口から北へ線路沿いに歩いて3分くらい。
豚ガラ 鶏ガラ 人ガラ」でおなじみのこの店は、おそらく柏でも1,2を争う超有名店。
いつもなら人でごった返してそうですが、この日は大雨なので大丈夫かな?と思ってましたが、やはり♪
土曜の夜とはいえ閉店間近の11時40分。
この日は自分がラストでした。
間に合ってよかった、、、



匠神 角ふじ 水

券売機で食券を買ってカウンターに座ると、お冷用の冷タンが出されます。
自分で注いでくださいという事ですね。
先客4後客0。
キャパは、L字カウンター8席くらい。
厨房には、いかにも高橋こうじグループです!という感じの厳ついお兄さんが二人♪
厳つい外見ですが、接客はちゃんとしてました。
0から全てを始めるので「10分掛かりますが、、」と言われました。
間に合っただけでも御の字なので、全然OKです。



匠神 角ふじ サイン

カウンターの上には、大崎さんをはじめ小林さん、山本さんなどラーメン界の有名人の方々のサインが、、、
店内には、FMラジオ?が流れてます。
ちなみに、づけ麺(表)の食券を購入。



匠神 角ふじ づけ麺
づけ麺【表ゆず風味】  680円
づけ玉(味付け玉子)  100円


う~む、麺太っ!!!
デフォで350gという極太の麺の存在感が並じゃない!
でも、めっさウマそうです♪
クルマで散々走り回った挙句にたどり着いた一杯ですから、感無量です、、、
エコに反する事、この上ありません(苦笑)



匠神 角ふじ 麺

どーですか、この麺!
普通にうどんと同じくらいの太さがありますが、そこから更に縮れてて固い!
オーションが入ってるんだろうけど、ものすごいコシですっ!
ゴワゴワです!
ウマイですっ!
結構な時間茹でてたはずなのに、ほとんどアルデンテみたいな感じです。
小麦感はもちろんですが、キャラの濃い麺は、キャラの濃いつけダレによく合います!
メンマはしっとりで柔らかめ、味玉は半熟ながら玉子の風味と味付けを両立させたナイスなモノ。



匠神 角ふじ つけダレ

つけダレは、これまた動物系強し!
酸味は抑え目で、動物系のコクと甘味がメイン。
そしてゆず風味なのが、甘めのスープと抜群の相性でウマイ!
ゆずも結構多めに入っていて、極端に言うならばマーマレード的。
でも、スープ自体のコクがハンパなく、それでいて適度な脂分と刻みタマネギがいい仕事をしていて、極太の麺と両雄並び立つ感じ。
麺とスープが過不足ないので、食べたときの満足感は2倍以上です。
ホントは魚介風味の裏の方が人気があるらしいんだけど、自分はこれがベストだと思いました。
(他を食べてないのに)
いやしかし、ウマイっすわ、マジで。
途中でバカ豚にすれば良かったと思ったんですが、いつもそうしてしまうと後からキツくなって後悔してるのでまぁいいかと思ってましたが、食べ終わってからバカ豚にしなかった事を久々に後悔しました、、、
全然イケたのに、、、、



いや~、今日は行くラーメン屋が全て当たりだ!
こんな日は、なかなかあるもんじゃない。
試合も勝ったし♪
ただ、自分が食べ始めると同時に思いっきり閉店作業を始めて、ガンガン水流したり、洗い物しまくりだったのはちょっとアレでしたが、、、

しかし、何か物足りない、、、、
腹減った、、、







■住所
千葉県柏市柏4-9-11

■営業時間
11:00~24:00(月~土)
11:00~22:00(日)

■定休日
なし







2008.8.30

長ぇーなぁw
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 千葉 |

中華そば すずき


試合の前にラーメンツアー!

という事で、佐貫大勝軒の後は水戸まで移動。
今みたいにラーメンを食べ歩く前から知っていた茨城の有名店だけど、一度も行ったことなかった(というか、ここ数年は忘れてた)店に行ってきました。

その名は、中華そば すずき

茨城県民では知らない人はいないほどの超が付く有名店です。
(いや、石岡に住んでた時は知らない人もいました(笑 )
完全昭和な店の内外装、今どきありえない驚きの値段設定、独特の雰囲気と暗黙のルールなど、この店を語る言葉は枚挙に暇がない感じですが、そのお店にやって行くことが出来ました♪
しかし最近知ったのですが、ここは取材拒否の店としても有名だそうで、、、
なぜかちょっと緊張しながら向かったのでした(笑)



中華そば すずき 商店街

場所は、JR水戸駅前の国道50号を西へ2kmくらい。
結構、中途半端に遠いです。
(駅としては偕楽園駅の方が近いが臨時駅なので)
南町、泉町を過ぎた大工町交差点(歩道橋あり)を左折して少し行くとあるはずなのですが、、、
何度クルマで通っても全く見当もつかず、本当にあるのか、あっても営業しているのかもわからず、、、
でも、せっかくここまで来て店を見つけられないのも癪なので、CPにクルマを停めて交差点から歩いてみました。

交差点を曲がると、道の両側には昔ながらの商店街があります。



中華そば すずき 鬼

なんだか可愛らしい鬼のキャラクターが♪
可愛いけど安っぽい♪
でも、説明っぽいセリフもいい感じ♪
ネコに名前はないんでしょうか?



中華そば すずき 

独特なセンスの名刺屋さんもあります♪
水戸と風俗は切り離せません。
そこをうまく商売に結び付けようという切り口は、水戸市民の心を捉えて放しません!
(ホントかよ)



中華そば すずき 水戸

水戸の街だけあって、商店の軒先にはホーリーホックのポスター。
少し疲れた感じがするのはご愛嬌。



CA394120.jpg

地図を見たり、ら~ナビを見たりしながら、「この辺のはずなんだけどなぁ、、、」と徘徊すること10分、、、
なかなか見つかりません。
でも、この写真には写ってた、、、



中華そば すずき gaikann

上の写真から進むこと数十m。
道路を渡ってちょっと行くとありました、、、
なんでわかったかというと、いかにもラーメン食べ終わった感じの人が店から出てきたからです。
店に看板はなく、青く煤けたような暖簾もめくれ上がり、わずかに中華の文字が。
さっきクルマで通った時も全然気付かなかったし、、、
築何十年かわからない古~い外観。
こういう佇まいで営業してない中華屋は、越谷にたくさんあります(笑)
(味五番@せんげん台、味いち@袋山、寿楽@大泊、味の幸楽@赤山町とか)



中華そば すずき 店内

キャパは、テーブル2人席2、テーブル4人席2。
午後4時半の入店で、先客9後客7。
土曜とはいえ、地方都市のこの時間この場所で、この入店はちょっと普通じゃない、、、
メニューは、壁に書かれたラーメンとチャーシューメン、そして大盛のみ。
しかし驚くべきは、その価格!
今どきラーメンが 250円 です!
チャーシューメンでも 380円!
大盛でも50円増し!
なんという時代錯誤!(違うか)
都内の店だと、チャーシュートッピだけでも300円のところがあるのに、この価格は脅威としか言いようがありません!
しかし、それがもっと凄い意味を持つことに後から気付きました、、、

店内は、如何にも昔からそのまんま!という感じ♪
水分を吸って歪んだベニヤの壁や、昔ながらのテーブルとイス、地元のポスター、手洗い水道とその下のバケツ(笑)、ビニールにくるんで来年の冬まで出しっぱなしと思しきストーブ、今年のカレンダーの表紙だけを額に入れて飾っているよくわからないセンス(しかも外人のフィギュアお姉さん)あたりも、「昔ながらのお店あるある(ネタ)」に出てきそうなものばかりです♪
なんか、それだけでOKって感じです♪
献血ポスターの辺りは、昔は厨房と繋がってたんだろうなぁ、、、



中華そば すずき 店内2

しかしそれだけでなく、実は奥の奥には座敷席があり、常連さんは店の隣の狭い隙間からそこへ入って行ってました。
要するに正面から店に入ると写真の部屋があり、その向こうには横に細長い厨房があり、更にその向こうには広め?の座敷席があるんです。

そして初めて行った人は絶対わからないと思うけど、この店は店に入ってイスに座っても注文を取りに来ません。
自ら厨房から顔を出して「ラーメン1つ!」とか言わなければいけないんです。
(上の写真がまさにそんな感じ)
ら~ナビよく読んでて良かった、、、
だって、それを忘れてイスにしばらく座ってましたが、誰もオーダーを取りに来ず、先客の皆さんにジロジロ他所者が来たみたいな目で見られてたからです(苦笑)
おかげで思い出せましたが。

店は、初老の元気そうなおじちゃんとおばちゃんが切り盛り。
この二人ほど「切り盛り」という言葉が似合う夫婦もあんまり居ないと思う。
だって、繁盛店だから。
自分が行ったときはおじちゃんが作っておばちゃんがラーメンを運んでましたが、自分が食べ始めてオーダーが切れると、座敷の端に座って常連さんと話しながらタバコを吸ってました♪
厨房に行ってラーメンを注文すると、「普通のでいいんね?」と確認されました。



中華そば すずき ラーメン
ラーメン  250円

しばらくするとおばちゃんがラーメンを持ってきました。
お代はこの時ラーメンと引き換えに渡します。

して、どうですか、このオーソドックスな中華そばとも呼べそうなラーメン!
やはり一角の人物が作るラーメンは、何かオーラを纏ってます!
醤油色に染まったスープはちゃんとガラなどでダシをとってあり、ベースがしっかりしているのが手に取るようにわかります!
しかも、かなり濃い目の醤油味に見えるのに、適度な旨味とコクだけしっかり出てて、全然しょっぱくない!
うむむむ、、、、

ウマイっ!!!

表面に浮いているのはネギの小口切りではなく、たまねぎの粗いみじん切り。
これがいい味出してるんです!
タマネギの甘味と苦味がガラスープをすすった時に一緒に口に入ると、まるで求めていたものがくっ付いた時みたいに大きなエネルギーを発するのと同じで、このラーメンを確実に巷にありふれたラーメンと差別化しています!

ウマーーイ!!!

麺は少しかんすい臭のする中細のやや縮れで、少し柔らかめ。
ただ、こういう店は柔らかめじゃないといけません!
バリ固の麺が出てきたら、一気に興ざめてしまいます!
そういうイメージを踏襲するのも、老舗の立派な務めです!(意識なんかしてないだろうけど)
して、ゆるめで低加水(たぶん)の麺がスープをよく吸って(拾う感じじゃなくて)、伸び気味になってもしっかりとスープとのコンビネーションを楽しめます♪
メンマはシナチク!って感じだし、ナルトも海苔もお約束だし、チャーシューは脂身多めながらも肉のジューシーさが秀逸!

美味すぎ( ̄ロ ̄lll)だってばよ!!

チャーシュ-メンにすれば良かった!
(でも、昼過ぎには売り切れるとの情報も)



すごく普通で昔ながらのラーメンなのに、気負っている感じが全くなくて、それなのに変に気合の入ったラーメン屋のラーメンより完成度が全然高ーい!
昔ながらの飽きの来ないラーメンを、淡々と普段着のままで作り続けているイメージ。
だからこそ、水戸市民に愛され続けているのだろうし、気負わないながらも完璧なるルーティンワークがこの味を支え続けているんだろうと思う、、、
ただでさえ安い値段に、これ以上ない付加価値(味、雰囲気など)が付いて、この店のCPの高さを必要以上に押し上げてますっ!

ちょっとこれは、、、
ラーメン文化の奥深さを感じさせる一品。
RAMEN CiQuE に続いて、今月またまた感動してしまいました、、、

しかも、場所的なこともあって、駐車場代が1時間で100円ですよ!
ラーメンと合わせても350円!!!
や、安すぎる、、、







■住所
茨城県水戸市大工町1-1-12

■営業時間
11:00~18:00

■定休日
日曜日







2008.8.30
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 茨城 |

大勝軒 佐貫店


この日はかなり久々のサッカー観戦のため茨城へ。
茨城へ行くとなると、もうここに行くしかない!というくらい、去年から行く店を決めてました。

それは、大勝軒 佐貫店です。

東池袋大勝軒の山岸氏を敬愛して止まない、あの田代浩二氏率いる茨城大勝軒グループの記念すべき第一号店にして、東池袋系直系として茨城県内初出店の店でもある大勝軒 佐貫店

あの麺屋青山の青山英昭氏、中華蕎麦とみ田の富田治氏(二人はグループから独立)、また大勝軒から始まって常勝軒、優勝軒、角ふじ系、大黒屋本舗系など、このグループからはラーメン界に多くの人材と有力店を輩出してきました。
それが如何に凄いことなのかは、そのほとんどがチバラギの人気店として確固とした地位を築いている事からも想像出来ます。

そんな、茨城大勝軒のルーツである佐貫大勝軒に行くことは、ラーメン好きとして当然の義務。
という事で、昼過ぎに家を出たのでした、、、



佐貫大勝軒 壁

場所は、JR佐貫駅東口?ロータリーから歩いて4,5分くらい。
常陽銀行駐車場の隣にあるビルの1階にあります。
駅方面から歩いていくと、ビルの壁には 池麺 つけ麺 大勝軒 と時流に乗った売り文句が書いてありますね♪



佐貫大勝軒 外観

店の入り口。
入り口横の”おかもち”に商い中の文字。
大きな暖簾にも 池麺 つけ麺 大勝軒 と書いてあります♪



佐貫大勝軒 店内

店内は細長く、カウンター9席のみ。
入ってすぐ右側には券売機。
店の奥には厨房があり、中には店長はじめ3人ほどいます。
接客のお兄さんから店長さんまでみなさん凄く丁寧で、客商売のなんたるかをわかっている感じです。
午後2時前の入店で、先客6後客4。
地元にしっかり根付いている様子です。
こういう店ですが、テレビはしっかり点いてます。



佐貫大勝軒 店内壁

壁には出身店主とのコラボ企画や、山岸さんの色紙などが貼ってあります。
皆さん、写真にも勢いが出てますね。
しばらくこの勢いは止まらなそうです、、、



佐貫大勝軒 券売機

メニューは、ラーメンともりそばのみ。
あとは味噌のバリエーションとトッピング、ビール、ご飯のみ。
同じ大勝軒系でもサイドが充実したところもありますが、ここはストイックな感じです。
もりそばの食券を購入。
「大盛無料ですが、、」と言われましたが、普通で注文。



佐貫大勝軒 もりそば
もりそば  680円

一見すると普通の大勝軒のもりそばですが、麺に切り海苔が載ってたり、つけダレが微妙に赤っぽかったりする辺りにオリジナリティを感じます。

やや太めながら中くらいの麺は、モッチリしながらもしっかりコシがあり、ワシワシ食べるにはもってこいの質感。
う~む、ナイスなコシ♪
麺そのものの味も、スゲーって事はないけどかなりウマイです。

つけダレは、赤みがかっているにもかかわらずほとんど辛味はなし。
動物系がメインで魚介はあまり感じられず、かなり甘味が強め。
砂糖の甘味とダシの何かから来るであろう旨味が独特のキャラクターを作ってます。
挽き肉のような細かい脂身も入っていて、そのコクが更に甘味と旨味を増長させてます。
そのつけダレがよく麺と絡んでウマイっす!

具のモモチャーシューはつけダレに負けないようしっかり味が付いていて、しかも今時の流行からすればかなり固め。
ですが、めっさ美味いです!
メンマは竹の感じが少し残っていてイイし、つけダレの濃い旨味が染み付いて味玉のようになったゆで卵もいい感じ。
ネギの食感と苦味もアクセントとして充分だし、かなりウマイ!
流石は原点のお店です!



次があったので普通にしましたが、大盛にしたかった、、、
ほぼ文句の付けようがないレベルの高さと接客で、地元のみならず茨城の旗艦店としての重責をしっかり果たしているお店で、すっごく満足しました♪







■住所
茨城県龍ヶ崎市佐貫3丁目14-14

■営業時間
11:00~23:00(スープ終了まで)

■定休日
木曜日







2008.8.30
Comment : 1
TrackBack : 0
Category : 茨城 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /