This Archive : 2008年05月

井之上屋 その4


仕事の合間に知り合いの方とラーメンを食べる事になり、近場でその方の好みを鑑みて井之上屋に決定!

早速、春日部に出かけました!



CA392926.jpg


着いたのは午後5時50分。
夜の部オープンには少し時間があったので、近くをブラブラして時間を潰し、再び来訪!
夜の部最初の客でした。
(相変わらず味濱屋は繁盛してました)

何にするか迷いましたが、結局お約束の塩全部乗せと、初めての姉妹丼の食券を購入♪



井之上屋 ラーメン

全部のせ 塩  900円

旨いっ!!

思わず叫びそうになるところでした(笑)
この日は魚介の、、、特に昆布の旨味が強めに出てましたが、それでも優しい風味と旨味が素晴らしく、スープが減っていくのが悲しかった、、、
そのくらいウマイ!

ていうか、いつ来ても三河屋製麺の中細ストレートはウマイッ!!!
この麺がデフォのものなのか、特注なのかはわかりませんが、ここの繊細で上品で旨味豊富なスープとの相性は抜群ー!
三河屋さんも素晴らしいですが、この麺をこのラーメンに使っている井之上屋店主の鑑識眼というか、千里眼も素晴らしい!
いつ来てもハズレがありませんっ!

そして味玉!
黄身の部分だけ味濃い目なんですが、スープの味を崩さない方向でしっかりチューニングされていて素晴らしい!
井之上屋独特の形のチャーシューも(そうでもないか?)、柔らかくて味付け過多にならず、しっかり肉の旨味を味わえるし、メンマの代わりに入っていた千切りタケノコも控えめながらパーツとしての完成度は高いし、水菜のサッパリ感は色味的にも味的にも申し分ないし、ワンタンは八雲なんかに比べるとしなやかさや食感に欠けるものの、海老を活かした風味が美味い。

やっぱ井之上屋、サイコーです!



井之上屋 姉妹丼

姉妹丼  300円

そしてはじめての姉妹丼。
ブツ切りチャーシューと挽き肉がメインなんですが、その味加減プラスその下に柚子なんかが敷いてあって、ただトッピングのチャーシューをご飯に乗っけただけのどんぶりとは全然違います!
上に乗っている水菜がちょっとだけシソっぽく感じたときがあったのは気のせい?
でも、ウマイー!
なんで今まで食べなかったんだろう?



がなくなってしまった今、いずれいなくなってしまう井之上屋であと何回食べられるのかわかりませんが、出来るだけ頻繁に来てこの味をしっかり記憶に残しておきたいと思いました!



2008.5.31
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0

羅麺家 匠


娘々北浦和店の後は、近隣で課題店だった波華へ!

しかし、、、



CA392909 波華


臨休、、、

丁寧な断り文句だったので許す。
また来てやるからな!

しょうがないので、近くで検索すると、春日部からいつの間にか移転していた羅麺家 匠が!
これは、行かなければなりません!



羅麺家 匠 外観


場所は、JR浦和駅西口から中山道に出て右折して浦和ロイヤルパインズホテルを左折、2つ目の信号坂下通りに入る角にあります。
細長いビルの1階にあり、裏にはコインパーキングがあるので車でも安心です♪



羅麺家 匠 看板


暖簾そのものにライトが当たってないので一瞬やってないのかと思いましたが、入り口横に輝く の文字が、お店の存在をアピールしています!
ただ文字が背景とほぼ同色なので、見えにくいです、、、



羅麺家 匠 券売機


入り口を入ると左に座敷6人席が2つあり、奥には厨房。
右のほうに入っていくと両壁際にカウンターが11席あります。
入ってすぐ右には券売機がありますが、その後ろは完全に仕切りになっており、左の座敷と右のカウンターは完全に別部屋になっています。



羅麺家 匠 入り口


カウンター席の方は少し暗めの雰囲気で、ブラック調だった春日部時代と似ていますが、壁にはアイボリー?を取り入れるなど少し優しい方向にシフトしています。
落ち着いた雰囲気でいいですね。
厨房の奥には店主がいるのでしょうが、カウンター席からは壁に遮られて全く見えません。
接客は女性ひとりで、春日部時代のエキスパートな方でしょうか?(顔を全く覚えてない)
午後7時過ぎの入店で、先客8後客4。



羅麺家 匠 ディスプレイ


道路に面した壁際には春日部時代にもあった大型ディスプレイで、同じように洋画を流しています。
ヒマつぶしにはいいですね。
ストーリーは全くわかりませんが(苦笑)
つけ麺にしようと思ってましたが、なぜか濃厚とろみ麺を押してしまいました!
食べた事なかったから、まぁいいか。



羅麺家 匠 ラーメン

濃厚とろみ麺  950円

いやぁ、ついてますねぇトロミ♪
この粘度は何なんでしょうか?
濃厚な豚骨メインのスープはこの粘度によって更に濃厚感が増し、自家製の美味~い麺との絡みも最高です!
相変わらず無化調ながら全く飽きさせないコクと旨味がグイグイ引っ張ってくれます。
ただ完全にダシメインなのはわかりますが、少しキレというか、カエシが希薄というか、もう少しだけ何か強めの押さえがあれば、、、それもほんの少しだけ。
それがあれば、自分的には完璧なんですが。
だってここの自家製麺は、その弾力やコシ、口当たりや喉越し、スープとの絡みなど、このスープありきは当然ですが欠点が見当たらない!
そのくらいウマイです!
やっぱりつけ麺が良かったか?
いや、また来ればいいんだ!(笑)
麺は素晴らしいので、スープがあとほんのちょっとだけバランスが良くなればいいなぁ、、、

具の大き目のゴロゴロしたチャーシューは、柔らかくて豚肉好きにはたまりません♪
茎ワカメも独特の食感が良くて、更にそれ自体が放つ粘度もスープとピッタリ。
1個分の味玉はしっかり半熟で味付けは薄めに感じましたが、玉子そのものがウマイです。



店主の体調不良とか、店の移転とか大変でしたが、こういうお店が春日部からいなくなってしまったのは至極残念!!!
ただこの味がなくなってしまったわけではないので、浦和に来たときはまた寄りたいと思います。







■住所
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-10-12

■営業時間
11:00~14:30 17:00~21:00

■定休日
日曜日







2008.5.29
Comment : 0
TrackBack : 0

娘々 北浦和店


この日は、前々から課題としていたお店へ。

埼玉のご当地ラーメンとして全国的に認知されてはいない(笑)スタミナラーメンを食べに、
北浦和の娘々(にゃんにゃん) 北浦和店に行ってきました♪
ていうか、検索したら知り合いのブログが出てきて笑いました!


浦和赤宴@God Bar



ゴッドさんの”娘々愛”も相当なものですね♪
zuもよく楯突いたものだ(笑)

この店はラーメンが300円から食べられ、地元の学生やサラリーマンの胃袋を長年に渡って満たしてきた、言わば浦和のソウルフード。
浦和人の前で娘々の悪口を言うことは自殺行為です(笑)



娘々 外観


場所は、JR北浦和駅西口から真っ直ぐ信号を渡って、通りに沿って曲がり、横断歩道を渡らずに左の狭い路地に入ると左手にあります。
ちなみにその斜め向かい角には姉妹店の娘娘 娘妹があります。



娘々 店内


店内は厨房前と壁際のカウンターのみ18席。
午後7時半の入店で、先客8後客5。
厨房内には適度に気合の入ったおじさんが3人。
フロアはおかみさんが愛想よく仕切ってます。
しかし、一度焼失して移転してきたとはいえ、ステンとかピッカピカですね!
店主らの慣れたコンビネーションも肩肘張らずに自然ながらしっかりと声掛けもやっていて、老舗ながらも節度とルールを守った営業態度が素晴らしいです!(すいません偉そうで)
しかし、ここのおかみさんも北越谷の天狗と同じで、類稀なるホスピタリティを持った方ですね。
この店が繁盛しない理由が見当たりません!



娘々 メニュー


メニューは麺類を中心にご飯ものもあり、日々の食事そのもの。
気取らない雰囲気とメニュー構成は、飽きずに何度も食べられる重要な要素ですから、常連さんが多いのも納得です。
スタミナラーメンを注文。



娘々 ラーメン

スタミナラーメン  300円

安価なだけあって少し小さめですが、常連さんはチャーハンや餃子なんかと一緒に頼む事が多いそうです。
実際、ほとんどの客が2品頼んでました。

さてそのスタミナラーメン。
挽き肉とニラを炒めて甘辛のあんかけにしたものが乗っかっていて普通にうまいです。
このあんかけをご飯に掛けた物が「スタカレー」だそうで、名前に”カレー”が付いていてもいわゆるカレーではありません。
麺は中細のオーソドックスな縮れで、豊華食品と書かれた麺箱が置いてありました。
浅草の課題店であるつし馬田中商店@足立の2号店で、今は店主の故郷青森の煮干しなラーメンを出している)でも昔は使っていて不死鳥カラス氏が絶賛してた製麺所です。
かんすいチックで少しユルめの湯で加減ですが、妙に落ち着くのはナゼでしょう?
スープもオーソドックスな鶏ガラベースのもので特筆すべきはありませんが、店のキャラクター込みで良いと言い切れます。



ラーメンの好みというのは人それぞれで、その人が育った環境かあるいはそれに近いラーメンを普通の人(ラヲタに有らず)が美味いと思うのは当然なわけで、それがここ浦和にはしっかりと時間を掛けて根付いてきた事を実感しました。
そして、地元に根付くという事がどれだけ難しい事かは言うまでもありません。







■住所
埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-2-13 栄ビル1F

■営業時間
12:00~20:00

■定休日
月曜・火曜







2008.5.29
Comment : 18
TrackBack : 1

ラーメン二郎 三田本店 


この日は、ついに”聖地”といわれる場所を訪れました。

独特なオーラを放ち、強烈なキャラクターとボリュームで関連する店は漏れなく行列し、熱狂的なフリークを生み続け、独自のルールを生み出し、多くのラーメン屋に影響を与え続け、ラーメン界の大御所、(株)ラーメンデータバンク取締役である大崎裕史氏をして

二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である

と云わしめたカリスマ、山田拓美氏が生み出したラーメン二郎 三田本店です。

最初に食べたときは行列とそのハンパない量に驚き、2度目に食べた時はやはり罰ゲームか?!と思うほどの量に面食らい、ラーメン 大で食べた時はイケるかも?と思わせ(ジロリアンに言わせれば大は亜流で物足りないらしいが)、二郎来訪3度目のこの日、ついに認めざるを得なくなりました。
自分がジロリアンになる素養がある事を、、、

拒む者を寄せ付けず、来る物は拒まない、、、
そんなオーラを醸し出す二郎の本店とはいかなるものなのか?!
大いなる期待と不安を胸に、地下鉄に乗って三田に降り立ちました、、、

都営地下鉄浅草線に乗って三田駅で降り、長い地下道を通ってA3出口から左(西)方向へ進み、慶応大学方面へ向かいます。



ラーメン二郎 三田本店 慶応


慶応大学正門前に到着。
ここまで来ると、二郎の本店はすぐそばです。



ラーメン二郎 三田本店 建物


信号を渡って左に進むと、細長いビルと同時に行列が見えてきます。
ああ、ついに着てしまった、、、
込んでそうな時間を回避し、到着したのは午後の2時半頃。
行列12後客18です。



ラーメン二郎 三田本店 外観


並んでいると、店内が見えます。
客層のほとんどが男ですが、女性も何人かいました。
近隣で働くサラリーマンや学生など含めても、比較的年齢層は高めです。
ていうか、おじさんが多いのにはビックリしました!



ラーメン二郎 三田本店 店内


そして厨房には、お弟子さんと山田氏。
淡々とラーメンを作り続けています、、、
並びが前に方に来ると、前もって食券(プラスティック)を購入。
席に着く前にはお弟子さんに提示して(声を掛けてもらう)、あらかじめオーダーを把握してもらいます。



ラーメン二郎 三田本店 厨房


席が空くと、キャッチーで丁寧なお弟子さんが声を掛けてくれて、指定された席に着きます。
(雰囲気が怖くなくて良かった♪)
店内が狭いので、裏から回って一番端の席に着きました。
カウンター13席だけの店内は独特の匂いで満たされ、静かな空間に調理する音と時々オーダーする声が響きます。
しかし、湯で麺器の中はスゴイ事になってます!
大量の麺とアクでグワグワになってます♪
山田総帥は時々その後ろの大きな寸胴の中身を大きな木の棒でかき混ぜてます!
その隣の寸胴では大量の野菜が茹でられ、盛り付け前にはお弟子さんがザルに揚げてスタンバってます!
そして6つ並べられたどんぶりにオーダーごとの麺が入れられ、トッピングに応じて無駄のない素晴らしいコンビネーションで盛り付けられていきます、、、、
素晴らしい、、、
でも量とかは正直適当としか思えず、総帥の手加減一つ(苦笑)
ただ、それも含めて”二郎”というブランドですね。



ラーメン二郎 三田本店 ラーメン

ラーメン  500円

とりあえず、あわよくば連食したかったので、「ニンニク、入れますか?」と訊かれた時、ラーメン(小)をニンニクアブラカラメで注文しました。
盛り付け時のカラメとアブラの盛り付けは本当に素晴らしかった!

デフォでオーションの極太麺が300g近く入るというラーメン(小)は(普通のラーメンのほぼ2倍!)、麺とスープだけでどんぶり一杯なのに、その上に無理やり野菜やらチャーシューやらが乗っかっています!
スープは微乳化して表面には油の層があり、豚メインのダシとカエシのカラ味、そして独特の甘みがいいですね。
腹が減っていたので(空かせていったんだけど)、正直こんなに美味いと感じるとは思っていなかった、、、(苦笑)
麺のゴワゴワ感は思ったほどではなかったけど、しかりコシがあってやはり二郎そのもの。
強い個性を持った麺とスープは最強の相性ですね。

豚はパサつく事もなくジューシーで、大ぶりなモノが2枚。
野菜はクタっていて柔らかいけど、そこに文句を入れる余地は皆無です。

で、、、

食っても食っても減りません(爆)
周りの皆さんは自分のモノより明らかに量が多いですが、皆さん完食していきます。
なかなか減らない事に少し不安も覚えましたが、苦にはならないのはなぜ???
気付いたら自分も完食してました!!!
しかも、まだちょと余裕があったりして、、、



ヤバイです。

ウマイです。

今写真見ても、また食いたい!と思う自分がいます!

あ~あ、、、(笑)



並んでも、また食いたいと思いました。
今度はヤサイマシマシにしても食えるかも?
いや、豚ダブルでもイケるかも???


ただ、並びに対してはまだ抵抗があるのでそんなにしょっちゅうは行かないだろうけど、機会があれば確実に並びます。



来て良かったのか悪かったのか、、、(苦笑)
そういえば、鍋のお客さんを見たかったんですが、時間が中途半端な事もあってか残念ながらそれはナシ。
ちょっと残念。



ラーメン二郎 三田本店 ジロリアンw


裏口のすぐ横で食べていると、入り口から普通にハトが店の中に、、いや、厨房に入っていきます。
総帥もお弟子さんも全く気にすることなく調理に没頭していました。

彼らも立派なジロリアンですね♪







■住所
東京都港区三田2-16-3

■営業時間
10:00~15:00前後

■定休日
日曜日、祝日







2008.5.28
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

麺匠 喜楽々


久々の埼スタで代表戦にチャリで参戦!
その後はお約束のラーメンです♪

本日はまたまた東川口の麺匠 喜楽々です。
あるかないかもわからない限定狙いです(笑)



喜楽々 外観


ら~ナビで「春の塩ラーメン」なるものを見ていたので少し期待して行きましたがなかったようで、、、
なので、そこにあったであろうボタンを適当に押してみました。
つけ麺的な何かだったような、、、
するとしばらくして厨房の中の人がこそこそし始めているような、、、
しばらくすると「坦々つけ麺(だった気がする)になるんですけど、いいですか?」と訊かれました。
特にこだわってたわけではないので問題なしです。



喜楽々 しる

坦々つけ麺(たぶん)  850円

最初に出てきたのは麺と塩。
「味が付いてませんので、こちらの塩をつけてお召し上がりください。つけ汁は後からお出しします。」とのトーク。
おお、味が付いていないとな!
こういうの初めてです♪
ルッコラ的なものと金時草的なものが乗っかり、茹でた豚肉もいます。

まずは平打ちっぽくて四角い麺だけを食べてみると、、、、確かに小麦の味しかしない(笑)
乳白色のスープ?は茹で汁?
茹で麺器だとこんなに濃くはならないだろうから、子鍋で茹でたのかな?
塩は店内に貼ってあるカンホアの塩でしょうか。
そこに黒ゴマが混ざっています。
塩で食べると麺の美味さが引き立ちますね。



喜楽々つけめん


後から来たつけ汁は、かなりマイルドなゴマ風味の坦々麺スープ。
豆乳とか入ってるっぽいです。
それもあってかコクがあって、麺と食べるといいですね!
ラー油が掛かってますが、それよりも山椒の痺れが心地よい、、、
しっかりと坦々麺の特徴を活かしつつ、どこ時のアプローチで麺をグイグイ食わせます。
素晴らしい、、、
青菜が入ってますが最初から沈んでいるので、口休めというよりは食感的なアクセント。
もちろんこれも合わないはずがありません。
そのままスープ完飲♪



やっぱりここは美味いです。
ウチから近い事もあって頻繁に行ってるほうですが、もう少し頻度を上げて限定とかちゃんと食べに行きたいですね。







2008.2.27
Comment : 0
TrackBack : 0

東池袋大勝軒 しのや


本日は、杉戸町の田んぼの真ん中に新しく出来た東池袋大勝軒 しのやです。

昨日行ったけど大行列で簡単にスルーしましたが、やはり一度気になってしまったものは気になってしょうがありません!

てことで、早速夜の部開始に間に合うように行ってみました。



東池袋大勝軒 しのや 駐車場


場所は、国道4号と16号がぶつかる小渕交差点から千葉よりに3km弱くらいの下柳交差点を栃木方面に左折し、広域農道を4kmくらい北上していくと左手にあります。
とてもじゃないけどクルマじゃないとムリめです(笑)
大きな看板と駐車場スペースがあるのでわかり易いです(他に何もないし)



東池袋大勝軒 しのや 橋


駐車場は店の前にもありますが、敷地の隣にも大きな駐車スペースがあります。
トラックでも全然OKです。
全部で30台分以上はあるかな?
そこからお店には小さな橋が架かってます♪



東池袋大勝軒 しのや 外観


かなり大きなお店です。
地元のお客さんのみならず、通りがかりの人でも気兼ねなく入れそうな雰囲気です。
オープンすると、入り口には真っ赤な暖簾が掛かります。
窓際にはベンチが並んでいます。



東池袋大勝軒 しのや 製麺室


入り口のすぐ横には製麺室があり、中が見られるようになってますね。
「かちどき製粉」と書かれた粉袋が置いてあります。
かんすいもありますね。



東池袋大勝軒 しのや 街道沿い


午後のオープンは午後5時から。
15分前に着きました。
日曜に前を通ったときには50人近くが並んでいたのではやめに行ったのですが、この時は平日だし、夜の部だったのでポールでした(苦笑)
午後5時の入店で、行列5後客13。



東池袋大勝軒 しのや 店内


店内は入って左手に厨房とカウンターが9席あり、右手にはテーブル(だったっけ?)4人席が7つくらい。
場所柄を考慮してか更に奥には個室になっているところもあり、家族連れでも全然OKです。
BGMはジャズ。
厨房には仕事の出来そうなお兄さんが4人いて、後は調理補助と接客のお姉さんがふたりいます。
ヘルプの人もいるのかな?
柳原加奈子似のお姉さんは愛想が良くてナイスです。
この店は東池袋大勝軒が移転する前のお弟子さんが地元に戻って作ったという事で、地元に根ざした店を目指しているそうですが、それが店のレイアウトにも現れています。



東池袋大勝軒 しのや メニュー


メニューはオーソドックスな大勝軒のモノですが、アルコール類とおつまみ系が充実してます。
もつ煮なんかもありますね。
あつもりと、大勝軒では初めての餃子を注文。



東池袋大勝軒 しのや あつもり

あつもり  730円

デフォで300gの自家製麺はかなり茹でてあってべったりタイプ。
あつもりとはいえ久々にコシのない麺を食べました。
時間が経つとでんぷん質が解け出ているのでかなりくっつきます(苦笑)
ただそれでも麺の旨味そのものはしっかりあってうまいです。

つけダレは動物系がメインで魚介がそれをうまくサポートしている感じ。
突出したものはありませんが(当たり前)、うまくバランスが取れていてうまいです。
”東池袋大勝軒”と名がついていても最近はいろんな味のお店がありますからね。
正直もっと砂糖バリバリかと思ってましたが(苦笑)、酸味、甘み、辛味などを、ダシの旨味がうまく包んでいる感じです。



東池袋大勝軒 しのや 具だくさん


具は刻みバラチャーシューが数切れと、モモ(?)チャーシューがかなりのボリューム。
メンマも多めに入っていて、味付けはつけダレに合わせてあり良好。
玉子はお約束のゆで卵が半分。
あとはネギとなるとです。
つけダレはそのまま飲んでも濃過ぎずうまいです。



東池袋大勝軒 しのや 餃子

餃子  300円

少し小ぶりの餃子。
パリッとはしていませんが、焼き加減そのものは良好で、食感がナイス。
肉と野菜は肉が少し多めで旨味も出ていて、つまみには最高ですね。
値段はちょっと高いかな?と思いますが、まぁこんなもんでしょう。
醤油は普通の醤油ではなく、醤油ダレが置いてあり、ラーメンの味つけにも使えるようになっています。
中には脂やニンニク?らしきモノが沈んでました。



雨後の竹の子のように新店ラッシュの大勝軒。
やっぱり融資がおり易いんでしょうかね。
山岸ブランドの勢いは未だ衰えず、、、といったところでしょうか。

総じて無難にうまくまとまっていた印象。
地元につけめん文化を根付かせたい!との事なので頑張って欲しいです♪







■住所
埼玉県北葛飾郡杉戸町北蓮沼497

■営業時間
11:00~15:00 17:00~21:00

■定休日
火曜日







2008.5.26
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県北 |

名代十文字中華そば 嶋田屋


2年くらいぶりに松伏の名店、名代十文字中華そば 嶋田屋に行って着ました!

ていうか、本当は松伏の住宅街にあるという中国名菜 崑崙に行ったのですが、、、



崑崙


ホントに住宅地のド真ん中にあってスゴいんですが、、、、



CA392786 崑崙


マジですか?!
「しばらくの間」って、いつまで、、、
かなり期待してたのに、、、

なので、昨日入手した情報を頼りに、杉戸に出来たという大勝軒の新店へ行ってみました!

が、、、



CA392788 大勝軒杉戸


超行列!
パッと見ですが、50人くらいは並んでいたと思われ、、、
新店とはいえ、大勝軒をここまで並んでまで食べようとは思えず、Uターン、、、

そして向かったのが松伏の(笑)嶋田屋でした。

ここのご主人は、秋田県十文字町(現横手市)の出身で、東武バスの運転手をされた後にこの店を八潮にオープンさせました。
その後松伏に移転、現在に至ります。
おそらく関東で唯一、十文字ラーメンが食べられるお店として人気があります。
十文字町の「丸竹食堂」という十文字ラーメンのお店の息子さんと同級生の関係で、頼み込んで修行させてもらったそうです♪

以前食べたときは和風のさっぱりダシと細い麺、そして「除雪車貸します!」という張り紙にド肝を抜かれました(笑)

店の入り口はラーメンと焼きそば、地元をアピールする文字で少しゴチャゴチャしていますが、ご主人の地元愛に溢れています。
前の仕事の関係で、「東武鉄道グループ様ご用達」みたいな事が書かれてあります。
人間関係を大事にする人柄が偲ばれますね。



十文字中華そば 嶋田屋  外観


場所は、松伏唯一?の繁華街、いなげややダイソーなどが集まったショッピングセンターのすぐ近く。
この施設の裏にある松伏郵便局のほぼ正面にあります。
「嶋田屋」と書かれた暖簾の上には、黄色い「横手やきそば」の暖簾もあります。
右の小さなプレハブはたこ焼き屋台?みたいな感じですが、営業しているのを見たことがありません。
その前にはバス停があるのですが、その意味は後から知りました。。。



十文字中華そば 嶋田屋  店内


店内は、街の食堂風情。
テーブル2人席3、テーブル4人席3、座敷4人席2、奥には団体用の個室もあるようです。
レジ横の棚には横手焼きそば用のソースや醤油?、そして名産のいぶりがっこ(燻製たくあんみたいな漬物)が置いてあって買うことも出来ます。
横手市の観光案内も置いてありましたね。
壁には、地元をアピールする釣りキチ三平のポスターや、お店の紹介記事などとともに、

当店では除雪車による除雪もしております。
雪でお困りの時は、どうぞご用命くださいませ。


と書かれた張り紙が、今でも張ってあって嬉しくなりました♪



十文字中華そば 嶋田屋  バス!


そして更にビックリしたのが、店主の地元である横手市まで無料のバスを運行している事!
しかも横手市の観光課とのタイアップ!
バスもおそらく昔取った杵柄で東武バス協力の元、店主が運転していくと思われ、、、
店主の地元愛もここまで来ると私設アンテナショップと化していますね♪
素晴らしいです。

ちなみに昔は注文するといぶりがっこがお通しのように付いてきましたが、今はやってないようです。
店は厨房内にご主人、そして接客と調理補助は奥さんらしき方がやています。
営業時間は前より短くなってます。
(平日は昼のみ)



十文字中華そば 嶋田屋  メニュー


メニューには、「御支那我喜」と書いてあります。
麺類がメインで、量やトッピングで値段が変わります。
裏面にはおつまみ系も揃ってます。
十文字中華そばと横手焼きそばを注文。



十文字中華そば 嶋田屋  ラーメン

十文字中華そば(並盛)  500円

ほのかに、、、いやハッキリと昆布ダシの香りが漂うスープ。
動物系や化調を使わない魚介のみのスープは、醤油さえもあまり表に出てこないじんわり優しい味。
その分多少塩角が後からきますが、そんな事は全く気にならないくらいうまいスープです!
色がかなり薄いですけど、白醤油でしょうか?
味の違いはわからないので何とも言えませんが。
アゴやカツオも使っているそうですがあくまでも脇役で、主役は昆布。
かといって昆布がキツイわけでもなく、バランスはしっかりととってあります。
いや~しかし、、、、、落ち着く。
なんというか、田舎の原風景を思い出します(笑)
「昔、支那そばと呼ばれた品です。こしょうと一味を合わせて どうぞ」と書いてあり、後から入れてみましたが後悔しました。
そういう調味料は、このスープには不要です、もったいない!



十文字中華そば 嶋田屋  麺


そして地元から取り寄せているという麺がまた独特。
かなりの細麺でしかも縮れ方が細かい。
インスタントのものより縮れていて、更にかなりの低加水!
小麦の密度が薄いとでも言いましょうか、、、
大げさに言うとスカスカでパサパサですが(あくまでも大げさに言うと、です)、その分旨味じんわりのスープを良く吸ってくれます。
当然伸びやすいのは仕方がありませんが、これはこれで十文字中華そばの特徴なのでしょうから全く問題ありません。
食感は柔らかめですが、このラーメンにはこの麺が合うと言い切れます。

具のモモ肉?チャーシューは味付けもかなり控えめで歯ごたえがしっかりあります。
メンマはホキホキした食感が山菜の漬物みたいな感じ、ネギもスープと合いますし、海苔やカマボコも魚介スープの一部のように感じます。
そして最大の特徴は麩が入っている事!
だからどうって事はないんですが(苦笑)、これがうまくて優しいスープをしっかり吸ってくれてうまいです。



十文字中華そば 嶋田屋  焼きそば

横手焼きそば(並盛)  500円

そして、「日本3大焼きそば」の一つである横手焼きそば。
自分は基本的に一つの店で2つのラーメンを頼む事はないのですが、この焼きそばはラーメンじゃないからスープがないので(当たり前)食べられると思い注文しました。
そしたら、スープが別皿で付いてました(爆)

太目で角ばった麺は、蒸し麺、、、じゃないよね?
茹でた感じで多加水の麺は濃くて甘いソースとよく絡み、青海苔の香りが焼きそば感をアップしてくれます。
具はキャベツと豚挽き肉のみ。
挽き肉はかなり多めに入っていて、少し固いですが旨味アップにはしっかり貢献してます。
そして横手焼きそばといえば!の、目玉焼きと福神漬け。
目玉は半熟で、混ぜて食べるとジャンクです♪
福神漬けはあまり濃いめではなく、箸休めにはちょうどいいかも。
すげーウマイ!って感じではないけど、普通に美味いし、本場の横手焼きそばをこちらでいつでも食べられるのだからOKです。
おまけのスープは、おまけの味でした。



次はホルモン焼きそばだな。
zuのために食べないでおいたよ。
他の人が食べてたけど、めっさ美味そうだったよ♪







■住所
埼玉県北葛飾郡松伏町松葉1-4-7

■営業時間
11:00~13:30 18:00~19:30
11:00~19:30(土日祝)

■定休日
水曜日(お盆と年末年始は休業)










2008.5.25
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 埼玉県東 |

ABCラーメン


サッカー帰りにらーめんダイニング ど♪みそ狙いで東京駅で降り、八重洲口を銀座方面へ。

時間も遅めだったので、夜の街を歩きに歩いてやっとたどり着いた!



CA392773.jpg



や っ て な い 、 、 、 

またフラれました。。。
「本日材料切れのため」との事。
ああ、ここピンポイントで狙ってたのにぃ、、、

失意の中、夜の銀座を徘徊、、、



銀座の町


夜の人ごみを掻き分けながら、別の店を検索。
あまり時間もない中見つけたのが、なんとなく聞いたことあるような名前の銀座ABCラーメン
終電も近かったので、即行向かいました!
ABCとは、Abalone&vegetable soup、Beef&asparagus soup、Chinese ravioliの略だそうです。
簡単に訳すと、「あわびと野菜スープ、ビーフとアスパラのスープ、中華風ラビオリ」見たいな感じでしょうか。
あわび???



ABCラーメン 外観


場所は、銀座4丁目交差点から歩いて1分。
中央通りを挟んで、松屋の真正面にあります。
1階は吉野家で、ABCラーメンはその下の地下にあります。



ABCラーメン 階段


階段にはわかりやすい説明など、、、
なんとなくフランチャイズチックですね。
元フレンチのシェフが作ってるのかぁ。。。



ABCラーメン 店内


店内は地下の店らしく天井は低く、奥へ細長いです。
飲み客や飲み帰りの客も多いようです。
当然、年齢層は高め。
金持ちそうなガイジンさんもいましたね。
キャパは、ゆるいL字カウンター10席、テーブル4人席4と、奥にも席がありそうでした。
厨房内は全く見えません。
フロアは仕事の出来そうなお兄さんと、中近東系のお兄さん。
この中近東系のお兄さん(30くらい)がまぁ一生懸命で、日本語はかなり微妙ですが好感持てました♪
こんな純粋な30歳は、日本人にはいないと断言出来ます(笑)
年下の日本人にタメ口で指導されてもすごく素直に言う事を聞いてます。
頑張って欲しいですね。



ABCラーメン メニュー


メニューはもちろんラーメンがメインなのですが、アルコールやツマミやサイドも充実!
特にお酒の種類はたくさんありました。
”魔女”と称した辛いメニューもありましたが、歩き過ぎて暑かったし、帰りの電車もあったので汗かきは回避し、一番のウリである麻醤麺と3/1チャーハンを注文。



ABCラーメン ラーメン

麻醤麺  750円

カイワレの下には甘辛い挽き肉が少し乗った麻醤麺。
スープはまろやかでコクは適度なもの、ゴマの風味がそこはかとなく漂い、飲みやすいスープといった感じです。
野菜の甘みを感じる濃度の濃すぎないスープが飲み帰りの客の嗜好にマッチしている感じです。
ですが、やっぱり坦々麺です(笑)
ただ、坦々麺として見てしまうと挽き肉がすごく少ないし、あまり辛くもないので少し物足りないかな?
あわびは感じませんでした。
(当たり前か)

麺はなんと中太の平打ち!
しかも縮れています、ちょっとビックリ。
細めの佐野ラーメンみたいです。
スープとの絡みも良好ですが、インパクトはありません。
坦々麺のフレンチ解釈バージョンといった感じでしょうか。
チャーシューは固めのものが少し、メンマはかなり柔らかくて味も薄め。



ABCラーメン ゴマ


カウンターにはゴマとすり鉢が置いてあり、好きなだけ入れることも出来ます。
試しに入れてみましたが、ゴマの香りが広がって少しコクが増しましたが、それ以上ではありませんでした。



ABCラーメン チャーハン

1/3チャーハン  200円

後からやってきたチャーハン。
一口サイズといっていいくらいの小ささで、ちょっとだけ違う物が食べたい時には最高ですね。
ただ、ご飯が固めで味も普通なので、あまり期待してはいけないです。



急遽予定を変更せざるを得ませんでしたが、無難にうまかったです。
ただ、再訪するかと聞かれれば、、、、







■住所
東京都中央区銀座3-5-5 南風ビルB1

■営業時間
11:30~24:00(月~金)
11:30~23:00(土・日・祝)

■定休日
なし(無休)







2008.5.22
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

胡心房


ラァメン家 69’N ROLL ONEで久々に自分の中で「上の上」なラーメンを食った後、今までうまい油そばを食ったことがないので武蔵境の珍珍亭に行こうと思ってました。
時間的に余裕があまりないと思ってたので、サクッと行ってすぐ横浜へ、、、と思ってたんです。
で、JR町田駅で切符を買おうと券売機の上の地図を見てみると、、、

「えっ、町田って、中央線じゃないの?」

自分、小田急で来たので(小田急である事すらよくわかってなかった)JRの駅からならすぐに15分くらいで中央線1本で武蔵境に行けると思い込んでました↓
よく考えたら武蔵境から西って最近よく行ってるし、国分寺とか、八王子とかあるから町田はもっと下の方なのはわかりそうなもんですが、暑いし、疲れたし、サクッと行けてよかったくらいにさえ思ってました、、、
結構、距離あるなぁ、、、
戻ってくるの、メンドくさいなぁ、、、

という事で、急遽町田で別の店に行くことにしました♪
一応下調べしてあった店の中でも一番駅から近いと思われる胡心房へ。
この店は、以前は矢野口で虎心房として営業していましたが、区画整理のためにここ町田へ移転したそうです。
ご両親は相模原で虎心房だいにんぐという店をはじめ、長女さんがこの町田で店を切り盛りしているそうです。
その長女さんも技術的な評価が高く、尚且つ従業員は女性だけという店の雰囲気もかなり良いとの事なので行ってみました。
ちなみに、ご両親は昔テレ東の「愛の貧乏脱出大作戦」に出たそうで、それ以降苦心の末に人気店に成ったのだとか。
ラーメン以外のテレビ番組ゆかりの店に行くのは、岩槻のとうふらぁめん 蘭蘭(こちらは劇的ビフォーアフター)以来なのを思い出しました。



胡心房 外観


場所は、JR町田駅から歩いて3分くらい?
自分はら~ナビの地図に従って、なぜか南口から右へ進み、線路の下をくぐって北口に出るというややこしい行き方をしましたが(苦笑)、普通に北口からでも行けます。
線路を上がるとすぐ左にはたまたま新店が出来てて、しかも他に胡心房らしき店が見当たらなかったので「えっ、店変わっちゃった?」と思いましたが、その辺をウロウロしてなぜか黒人に声を掛けられながらなんとか到着!



胡心房 店内


店内は、奥に町田駅の電車が見渡せるレイアウト。
キャパは、コの字カウンター10席くらいと、テーブル4人席1?
太陽光がいい感じで入ってくる店内はステンを多用した作りで清潔感があり、スタイリッシュなのに温かい雰囲気。
厨房の中では女性3人がテキパキと仕事をしていますが、まぁなんというか皆さん素晴らしく爽やかな人たちです。
笑顔が自然だし、細かい気配りも出来るし、何より明るい!
麺上げなどを仕切っているのが長女さんだと思われますが、店内を常に気にしながら湯きりが力強くてカッコイイ!
ら~ナビで星がたくさん点いているのも納得ですね。



胡心房 プジョー


メニューはもちろんラーメンがメインですが、女性限定のヘルシーセットやサンドイッチなどもあり、男くさいイメージのラーメン屋とは一線を画します。
カウンターには、昔持っていたプジョーのコショウなんかもあって素晴らしいです♪
入り口横の券売機で味玉らぁめんの食券を購入。
午後2時半過ぎの入店で、先客7後客4。
やはり女性客が多いようですね。



胡心房 ラーメン

味玉らぁめん  800円

泡だったスープが並みのダシでない事を醸し出す美味そうなルックス。
青菜が茹でたものでなくてサラダのようです。
白濁というか乳化したスープは豚骨と鶏メインですが、すごくサッパリしていてもちろん臭みなど皆無。
それでいてコクはしっかりとあってうまい!
そこに魚介の風味が和風な感じを演出していて、かなり考えられていてしかもオリジナリティがあります。
思ってたものと違うけど、かなりハイレベルなラーメンですね♪
スープは一度冷やして余分な脂分を抜いているそうで、手間がかかってます。
矢野口にあった時とは味が違うそうですが、これで全然OKです。

麺は細めのストレートで、偶然にも69’N ROLL ONEと同じ中根製麺製との事ですが、しなやかさと弾力性という基本的な性質は同じものの、コチラはもう少し内容的に骨太なイメージ。
スープに合わせたものなのか、この麺のモチッとした食感がスープのじんわり柔らかい旨味と合っていてかーなり美味いです。

そいて写真では分かりにくいですが、味玉の上に少し黒くなった「魚介ゾーン」があり、これがかつおメインの旨ダシで混ぜると新たな旨味が広がって味の変化も楽しめます。
町田、レベル高し!

具のバラ巻きチャーシューは非常に柔らかくて美味、メンマは唐辛子なんかと一緒に炒めてあるらしく、香味野菜のネギも四角くて新鮮、味玉の黄身はオレンジゼリーのようになっていて、海苔との相性も抜群。
生のレタスと水菜だけは少し違和感を感じましたが、創意工夫に溢れたナイスなラーメンでした!



町田に寄ったら、是非ともまた来たいですね。
出口のドアは入り口とは別ですが、厨房の中のお姉さんはそのドアが閉まるまで笑顔を振りまいてくれてました♪
素晴らしいお店です。







■住所
東京都町田市原町田4-1-1 太陽ビル1F


■営業時間
12:00~15:00 18:00~21:00
12:00~20:00(日祝)

■定休日
月曜日(祝日の場合は営業)







2008.5.22
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

ラァメン家 69’N ROLL ONE


いや~、ついに!

ついに!!

ずーっと行きたかった町田の名店に行ってまいりました!

その名は、ラァメン家 69’N ROLL ONE

いわずと知れた超有名店であります。
この店の店主である嶋崎氏は相模原の有名店・キリン食堂で味の研鑽を積み、満を持してこの町田で店をオープン、その独特のスタイルや研ぎ澄まされた感性から作り出されるラーメンからたちまち超有名店となり、去年と一昨年は数々のサイトや雑誌でラーメン大賞を受賞しました。

マスコミの露出も多く、行こうとしてたらすぐテレビで見かけたりしてたので「また行列かぁ、、、」と敬遠しておりました、場所も遠いし、、、

しかし、最近はテレビで見ないし、行列も時間を見ていけばすんなり入れるとの事だったので、横浜でのサッカー観戦がてら、午後の2時くらいを見計らって行ってきました。



69’N ROLL ONE 外観


町田の駅から彷徨うこと約50分、、、
やはり土地勘のない場所はツライです。
ていうか、町田って超広~い&超都会!
自分がJRだと思ってたのは小田急の駅だったので余計に混乱しました、、、
駅前の交番前で地図を見てたら、地元のロータリークラブのおじちゃんみたいな方に声を掛けていただき、なんとか方向は定まりました、、、
そして汗だくになりながらたどり着くと、、、行列ナシ!

ラッキー♪

一気にテンションは上がりました!
店の前には案内係のお兄さんがいて、券売機の説明をしてくれます。
2号ラーメンしかないとの事でしたが、2号ラーメンを食いたかったので問題なしです♪
店内に入ると、、、

ノーゲスト、、、

マ、マジですか?!
薄暗く赤い照明と、波打ったカウンターはアメリカンなバーを想起させますが、そこには誰もいません。
店の奥には2m以上ありそうな大きなギターのオブジェが天井から吊るされ、壁には噂通り、おしゃべりや携帯禁止の張り紙。
後ろの壁面には、神奈川県を代表するラーメンの銘店店主たちの名前が、、、
もちろん、ラーメンの鬼・佐野さんや中村屋の中村栄利氏、更にはがんこ総代一条安雪氏の名前も、、、

そして厨房にはテレビで見た、あの嶋崎店主!
笑うでもなく、怒るでもなく、嶋崎店主は、淡々と作業を進めてます、、、
8席しかないカウンターの中ほどに座り食券を出すと、店主は何も言わずに各席の前に置かれた透明なサイコロの食券置きの下に食券の向きを整えて置き、後ろの寸胴に向かいました、、、



69’N ROLL ONE 厨房


嶋崎店主はリズミカルな動きで大きな寸胴からスープを小鍋に取ると、ガスの火をつけました。
そしてこちらに戻ってくると、調理台の下の冷蔵庫から必要な物を取り出し、一人分のチャーシューをカットし、専用のスタンバイ箱に入れます。
そして、茹で麺器のお湯で温めてあったどんぶりに、レードルで正確に測りながらカエシなどを入れていきます。
レードルはかならず掬ったら一度止め、すりきり1杯を過不足なくどんぶりへ。
仕事、超~丁寧です、、、、絶句しました。
(自分も昔はやらされてましたが(苦笑 )

このお店は、嶋崎店主のロックな出で立ちとその動き、張り紙による店内の異様な静けさと純粋なラーメンなどから来るストイックな雰囲気で有名ですが、客が自分ひとりだったこともあり、そこまで緊張感はありませんでした。
ただそれでも店主のリズミカルでストイックな動きとオーラがそういう雰囲気を醸し出しているのはまちがいなく、とても写真など撮れる感じではない、、、
でもいろんなブログに写真は載ってるし、嶋崎氏は実はいい人みたいな記述も見るので、意を決して訊いてみました、、、

「写真、、、撮ってもいいですか、、、?」

すると、嶋崎店主は少しニコッと笑って

「、、、どうぞ。」


キャーーーーー、しゃべったーーーー!!!!


全く問題ないとでもいう様な感じでOKしてくれました♪
その後も特に気を張るでもなく、自らの仕事を淡々と進める店主。
後から入ってきた客(後客5)にも時折笑顔を見せながら接客する嶋崎店主のイメージはマスコミが作り上げたものであって、店内の張り紙などがあるにせよ(それが拍車を掛けているのは否めないが)、彼はただ淡々と自分の仕事をこなしているだけなのだと思いました。
カッコよ過ぎです、、、

そして麺を茹で麺器へ投入し、しばしの時間沈黙した後、温めたスープをどんぶりの上で300ccレードル(たぶん)キッチリ入れると、それをどんぶりに投入!
その後、例の”これでもか!”的な麺上げをテレビで見たようにリズミカルにこなしてお湯を切り(ステップがまた素晴らしい ♡)、スープと麺を会わせる、、、
そして先ほどのチャーシューや青ネギ、メンマを丁寧に盛り付けて、自分の目に前に持ってきました。
ちゃんとどんぶりの向きをこちら側に向けて少し整え、

「、、、どうぞ。」



69’N ROLL ONE ラーメン

2号味玉ラァメン       850円

佐野さんがデザインしたというシンプルなどんぶりには、まるで当然!とでもいうようにウマいラーメンのオーラが漂っています、、、
鶏の香りがじんわり漂ってきて、食欲をそそりますね、、、

比内地鶏のみで採ったというスープは表面に鶏油が浮かび、飲んでみると鶏の旨味がズワーッと口の中に広がります、、、

ウ、ウマイ、、、

半透明なスープには比内地鶏の旨味と醤油の塩分が過不足なく表現され、これ以上でもこれ以下でもこの味は出ないであろう危うげなバランスの元に成り立っている感じですが、そこを経験充分の店主の腕が完全に補っていて揺ぎ無いものを感じます。
スープのための小口ネギがうまくバランサーにもなっていて、鶏とネギの黄金コンビがこれ以上ないくらい際立ってこちらにアピールしてきます。

中根製麺と書かれた木箱が置いてありましたが、その麺、、、
初めての食感。
弾力がすごくてしかも口当たりが極端に滑らか。
しっとりした中細のストレート麺は、スープをこれまた過不足なく拾って口へと運び、最高の相性である事を確信させてくれます。
コシは適度な感じで麺がしっとりしているので、最近の固め傾向な麺に慣れてしまうと物足りなく感じる人がたくさんいそうですが、自分はこれがベストだと断言できます。
素晴らしい!

具のチャーシューは、豚と鶏の2種類。
もちろん味付けは適度にチューニングされていて、特に鶏チャーシューは絶品!
メンマは意外にも穂先メンマで、柔らかな食感と薄めの味付けがラーメンのパーツとして完璧。
そこへ青ネギの苦味と甘みが加わると、もう言う事はありませんね。
味玉は固過ぎず柔らか過ぎず、玉子本来の旨味を残しつつうまくラーメンと調和してる感じ。
完璧と言ってもいいくらいです、、、



これだけ完成度の高いラーメンを食わされると、自分の中の基準値が確実に上がります。
そしてなんとなくラーメンの好きな人にも、ラーメンの奥深さがよくわかって頂けるんじゃないでしょうか。
ひとつのスタンダードとなるべきラーメンと言ってもいいくらいなのにそのフォロワーが現れないのは(いるかもだけど知らない)、その高度なテクニックに裏打ちされた完成度の高さと、店の全てから発せられる独特の雰囲気が唯一無二のモノを作り出していて、マネをしたくても出来ないからじゃないでしょうか。
最近はこの手のラーメンを”神奈川端麗系”というらしいですが、中村屋をはじめとするこの手の「横浜家系」に対抗するもう一つの勢力は、確実に大きくなっていってると思いました。

サッカー帰りに中村さんのお弟子さんの店である麺屋 維新に行けなかったのが、残念で仕方なかったです、、、







■住所
神奈川県相模原市上鶴間本町4-34-7

■営業時間
11:00~18:00(スープ切れ終了)

■定休日
 無休







2008.5.22
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

きら星


もうかなり前から行きたかった店に行くために、頭クラクラになりながら無理して早起きしました!
目指すお店は中央線の武蔵境にあるきら星

ここの店主・星野氏は、学生時代からラーメン屋を志して全国のラーメンを食べ歩き、テレビチャンピオン ラーメン王選手権第3位、ニュースプラスワン ラーメンマニア王選手権では優勝するなどの実績を持ち、更にはたけちゃんにぼしらーめん、竈、二葉といった有名店で実際に調理を勉強、満を持して2004年に店をオープン、その独創的なラーメンで現在もしっかりと地元に根付いた行列店を作り上げました。



きら星 外観


場所は、JR中央線武蔵境駅南口から歩いて5分しないくらい。
ヨーカドーの裏の並木通りを右に進み、信号沿いに道が細くなった左手にあります。



きら星 入り口縦看板


入り口にはデフォルトメニューとお勧めメニューの看板。
生粋のラーメン屋らしいメニュー構成です。



きら星 名前


ここだけ見てるとなんとなく渡なべの入り口を彷彿とさせますね。
うまいラーメン屋の雰囲気がプンプンです♪
午前11時半過ぎの入店で、行列6後客17。
2回転目で着席、20分待ちくらいです。



きら星 店内


店内はL字カウンター8席、テーブル4人席1。
仕切りのちょっと頼りなさそうなお兄さんは、待ち客になるべく店内の奥に詰めるよう指示。
カウンターの奥は少しずつ狭くなっていってて、しかもセルフのお冷もあるので結構狭くて大変です。
カウンターの内側には特ナンバーワンが、、、
厨房奥では星野店主が時々こちらを見ながらラーメンを作ってます。



きら星 券売機


券売機には、デフォのラーメン以外の熊本ラーメンやつけめんなどの売り文句が張ってあります。
値段は全体的に普通です。


きら星 かつお餡


カウンターに座ると、目の前にはこの店独自のカツオ餡についての説明が張ってあります。
こういうのを読んでいると期待が増しますね♪
立っている時点で食券は回収されるので、席に着いたら比較的すぐにラーメンが出てくるようです。



きら星 ラーメン

味玉ラーメン  750円

濃厚!
頭や豚足などの豚骨に、豚皮などもプラスし原型がなくなるまでグダグダに炊き込んだスープには旨味やコラーゲンが凝縮され、かなりのコッテリ感。
滑らかでコクの塊のようなスープは、トロミもインパクトもありまくり!
うまいです!
食べ終わった後にはザラザラが残ってました♪
呼び戻しなんでしょうか?

麺は太めのやや縮れでもちもち感が素晴らしく、濃度の高いスープと対等に渡り合ってます。
自家製の麺そのものが美味いのと、そこに纏わりつくスープがお互いに高めあっていますねぇ。
どんどん麺がなくなっていきます(笑)

具のバラチャ-シューは厚めなので食い応えも充分で、しかも柔らかめなので食べやすい。
メンマは色が黒くなるほど煮込まれていますが、味が濃すぎるわけではなく、強いスープに埋もれない程度の味付け、キャベツはレア気味ながら甘みは充分、タマネギはほとんど入ってません。
味玉は半熟でないタイプでこれまた濃い!
ただ全体のバランスを考えるとこれくらいでないと釣り合わないのかも?

そしてカツオ餡!
枕崎産本枯節をメイン?に屋久島産サバ節などを混ぜ合わせて作られたカツオ餡は、スープに強力な魚介な和風味をプラスして、味が変化していくのがわかります。

が、、、
写真を見るとわかるようにキャベツに乗ったカツオ餡は極わずかなもので、味の変化を楽しめたのはほんの少し、、、
もう少しちゃんと乗っけて欲しかった、、、
タマネギももっと入ってたらその辛味とか甘みがうまくハマってたと思うんだけど。



かなりの人気店であるが故にこういった残念な部分が何%かの確立で出来てしまうのは、まだこの店が途上である故。
せっかく唯一無二のラーメンを作り上げても、こういう残念な部分を無くしていかないと数年後は厳しいと思います、、、
でも、美味かった事には変わりなく、近くに寄ったらまた行きたい店である事には変わりありません。
1軒目から完食してしまった、、、
(その後はラーメンじゃなかったけど)






■住所
東京都武蔵野市境南町3-11-3

■営業時間
11:30~14:00 
17:30~21:00(スープがなくなり次第終了)

■定休日
木(祝の場合翌日)







2008.5.19
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

半田屋 北越谷店


「越谷のラーメンを食らう」シリーズ。

本日は、北越谷4号バイパス沿いにある半田屋 北越谷店です。
宮城県に本拠を置く半田屋は、全国各地にこういった飲食店などを展開する会社。
メイン業態の「大衆食堂半田屋」はカフェテリア方式で、客が好きなおかずを選んで勝手に「自分定食」を作る事が出来、尚且つコストの削減で料理を安く出来るというメリットを持っています。
会社のHPに”安全”という言葉がないのは残念ですが。
ロードサイドのこういった食堂は千葉に住んでいた時代によく見ましたが、最近はいろんな業者がいろんな場所に作ってますね。



半田屋 外観


場所は、東武伊勢崎線北越谷駅西口から真っ直ぐ国道4号バイパスに出て神明町交差点を右折、そこから真っ直ぐ2kmくらい進んでケンタッキーやコジマ電器を通り過ぎて300mくらい行くと左手にあります。
ガストの正面ですね。



半田屋 入り口


24時間営業なので、夜中にはこの明るい入り口がかなり目立ちます。
営業さんやドライバーには重宝しまくりで、知り合いにもたくさんユーザーがいます♪



半田屋 会計カウンター


入り口を入ると左手には陳列棚と会計カウンター、右手にはテーブルがずらーっと並んでいます。
午前4時の入店ながら、先客9後客9。
厨房の中には3,4人のスタッフがいて、営業しながら朝に向けてのスタンバイなどをしているように見受けられました。
ただ基本セルフなのでお冷やお茶は当然として、冷めたお惣菜を温めるためのレンジも用意してあります。



半田屋 お惣菜


棚に並んだお惣菜群、、、
他にも揚げ物や煮物、カレーやラーメン、デザートまで種類がたくさんあります!
好きなものをトレーに乗せて、ご飯と味噌汁と食べれば自分だけの定食が出来上がり。
しかも1品あたりの単価が安いのがウリです。
ただ、たくさん食べ過ぎるとそれなりの出費にはなります。



半田屋 店内


かなり広い店内、、、
キャパは、カウンター10席、テーブル4人席12、テーブル10人席2。
朝や昼時などは混雑しそうですね。
BGMは無難にJポップ。
しかしここはラーメンブログ、当然ラーメンを食べるために来ました♪



半田屋 ラーメン

醤油ラーメン  310円
菜の花の辛し和え  120円
ひじきの煮物  90円


カウンターでオーダーするラーメンは1杯310円!
安いですねぇ♪
スープはあまりダシの味はせず、化調メインのオーソドックスな想定の範囲内の味。
中細麺はスピードと回転を重視するためか伸びやすく、コシはほとんどありません。
見た目立派なチャーシューは、市販のハムのような味わい。
ハムエッグに合いそうです(笑)
メンマはスープと同化したかのような相性の良さでしたが、それ自体の味は薄め。
特に期待はしていませんでしたが、ほぼ予想通りな感じでした。
むしろ後輩zuの豚骨ラーメンの方が、マー油みたいのが乗っててうまかったです。

菜の花の辛し和えは太い茎をしっかり潰し気味にして味が染みやすいようにしてあり、無難なうまさ。
ビタミン摂取には最適ですね。
ひじきの煮物は豆がいい味を出してましたが甘みと旨味のバランスがいい感じで薄くて健康的でした。



お惣菜の単価が安いし、24時間なので、便利といえば便利なのですが、なんというか引きが弱い事も事実。
(ラーメン屋ではないし)
なので、適当になんでもいいから安くて無難に食べたい深夜などにはまた行くかも?







■住所
埼玉県越谷市南荻島275-1

■営業時間
 24時間営業

■定休日
なし







2008.5.17
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 北越谷 |

西麻布 五行


の後は、江戸川競技場で4年ぶりの悲願が叶い、涙、、、



あまりの感動に、ラーメンのつもりが祝杯~♪




焼肉で祝杯♪の後、締めはやっぱりラーメン~ということで、ずっと前から行きたかった西麻布 五行

ここは、ラーメンダイニングというか、中華麺酒家というか・・・

一風堂で有名な河原成美氏が展開する(株)力の源カンパニーの系列店。

結構駅から遠くて分かり辛いところにあります(^^;)

ラーメン屋というよりは、小洒落たダイニングバーという雰囲気・・・

実際メニューも、焦がし味噌、焦がし醤油、塩、つけめんなどを筆頭に、お酒&つまみ系も充実(*´Д`*)

午後11時過ぎの入店で、先客12後客8?

キャパは、カウンター9席、テーブル6人席2?

ゆったりしたスペースの使い方なので、キャパは広さほど多くはありません







五行 外観









場所は、東京メトロ千代田線乃木坂駅から青山公園の通りを西麻布交差点方面へ

ひとつ手前の信号を星条旗通りに入っていくと右手にあります

土地勘がないと非常にわかりづらい(^^;)





五行 入り口









入り口は暗~い(*´Д`*)

テラス席があり、昼はカフェのようにも見えそう・・・





五行 店内








店内も暗~い(´∀`*)

お洒落な居酒屋のような雰囲気・・・






五行 メニュー







メニューはラーメンだけでなく、お酒やおつまみが超充実!

メニューそのものに高級感が漂ってます(´∀`)






五行 メニュー








サラダやデザートなんかも(´∀`*)アリマス!






五行 めにゅー3









とくりゃまずは


飲み(゚∀゚)ケテーイ!!







五行 カウンター









カウンターの中では、カコイイ!!お兄さんが調理中!

イヤがオウにも期待が高まりますな~~♪







五行 乾杯!









乾杯~~♪!(*´Д`*)


いや~!!
美味いんだわコレが(*´Д`*)







五行 酢もつ

酢もつとオニオンスライス  550円









まずは、博多名物おつまみ♪

酢もつの食感とオニオンスライスの適度な苦味、そこに柚子胡椒をあわせれば・・・





美味いん( ̄ロ ̄lll)だってばよ!!







五行 麺サラダ

麺サラダ  800円









自家製麺のツルツル感と、大根、ニンジン、そしてつけダレ・・・




これまたイイ(゚∀゚)ってばよ!!







五行 調理炎!













厨房からは焦がしスープの炎が(゚∀゚)

そして・・・







五行 ラーメン

焦がし味噌麺  850円
味付け半熟玉子  100円









炙りチャーシュー、味玉、茹で玉、水菜?、ナルト、シコツル麺に


独自にブレンドされた味噌にラード、挽き肉、香味野菜などの旨味や甘みが絶妙に溶け合って・・・




美味すぎ( ̄ロ ̄lll)だってばよ!!




こんなに熱いのに、湯気が(・∀・)ナイ!!








五行 ラーメン2









当然こちらも


美味(;´Д`)すぎ









再訪(・∀・)ケテーイ!!

五行さん、ごちそうさまでした











■住所
東京都港区西麻布1-4-36

■営業時間
11:00~17:00 17:00~3:00
17:00~23:00(日祝)

■定休日
元日のみ







2008.5.11

文章少ないからラクだな(・∀・)
でも書きたい事の半分も書いてない(^^;)
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内南 |


江戸川に試合を見に行くので、その前にラーメンをと調べたら、やたらと千葉方面がクローズアップされていたので、武蔵野線ついでに元八幡の方へ行こうと決意!

だんちょうてーにしようか迷いましたが、こちらはアイドルもやっているのでいつでも行けると思い、開店直後のへ行く事に。
こちらの店主はフランス料理店で修行した後、いろんなジャンルの飲食店で経験を積み、この店をオープンさせたとの事。
ラーメンだけでなく、デザートも評価が高いようです♪



菜 外観


場所は、JR総武線元八幡駅南口から千葉方面に線路伝いに歩き、フォルクスやコルトンプラザなどのある信号に出たら右折。
そこから街道沿いに南下し、500mくらい行くと2つ目信号交差点のすぐ左手にあります。
結構歩きますね、、、



菜 厨房


細長い店内はゆるいL字カウンター9席のみ。
外の明かりが少し暗めの店内に降り注ぎ、壁に掛かったタペストリーやメニューのワンポイントなイラスト、厨房壁の花など、お洒落なカフェか、欧州の田舎レストランのような雰囲気で、女の人にも受けそうな感じです。
狭い厨房には8つもの寸胴!が置かれ、その上にはどんぶりが置かれていたりもします。
その中で店主が一人で黙々と作業、、、
格別愛想がいいわけではありませんが、落ち着いた所作やしゃべりなどには余裕が感じられ、淡々と作業をしています。
家族連れには相応の対応をしていたし、地元のお客さん(年配の方もいた)が付くのも充分納得です。
BGMはレゲエ♪
午前11時過ぎの入店で、先客2後客6後行列4。
セルフのお冷の水槽?には炭が入ってました。



菜 メニュー


メニューは基本であるらーめんとつけめんを、豚骨の醤油、塩、濃口醤油、味噌3種類、鶏がらの醤油、塩、濃口醤油、そしてWスープの潮菜めんから選びます。
バリエーションが豊富なので、飽き難そうな感じですね。
更に平日の夜限定のメニューがあり、こちらは名前を見ているだけで食べたくなるようなラーメン、つけめんがズラリ!(すいません、勝手にリンクしちゃいました)
こういう店が越谷にあったらマジで通うのに、、、
デフォのラーメン豚骨醤油&味玉と、デザートを注文。



菜 ラーメン

らーめん 豚骨醤油  650円
半熟味付卵  100円


ウマイ!
かなり濃度の高い豚骨ベースですが、そこにカツオを中心とした魚介系が絡み、
一言で言うならカツオ豚骨!
ベースは豚骨なのに主役はカツオ!
カツオの旨味、甘み、苦味が、旨味メインでビンビン伝わってきます。
スープの表面には脂と共に少量の魚粉も浮かび、どんぶりの縁にも付いています。
豚骨濃度は高めですが、カツオなどの魚介がしつこくないように作用しているのか後味もサッパリしていて、香味野菜系も入ってなくてクドくありません。
醤油も出過ぎずにうまく周りと調和している感じで素晴らしいです。

練馬にある(株)サッポロめんフーズ製のやや縮れ太麺は、少し柔らかめのじんわりした食感で、スープだけでなく店主や店の雰囲気なども含めてイメージ通りの優しい麺です。
今時の濃厚豚骨魚介やガッツリジャンクな方面のラーメンも好きですが、たまにこういうのを食べると我に返った気がします(笑)
四角い器やレンゲもオシャレ感を演出。

具のロースチャーシューはしっかり味が付いているモノでローストしてあり、まるでローストタンのような食感と旨味が絶品!
これだけでもここに来る価値はあります。
そのくらい美味い!
ほうれん草はかなり土の香りのする自然な食感と美味さで、ちょっと家系を彷彿。
海苔も豚骨ベースという事もあり、久々にうまいと感じました。
味玉はしっかり味の付いた半熟で、このラーメンに合わせて作られたかのような絶妙なコンビネーション♪
早起きした甲斐がありました!



菜 デザート

デザート(ブランマンジェ)  250円

店主のアナウンスは「アメリカンチェリーアップルとマスカルポーネのブランマンジェ」(うろ覚えです)
ブランマンジェとは本来「白い食べ物」という意味だそうですが、こちらは白とチェリーレッドを足して2で割ったような色合い。
ティラミスで有名になったマスカルポーネの甘みと、チェリーの酸味と独特の甘みがうまく噛みあい、す~ごく滑らかな食感と喉越しが只者ではない感じ。
甘みも砂糖でなく素材からの物だけっぽいので大人の雰囲気で飽きが来ない!
ウマイですっ!
緩めの弾力感とめっとりした質感も見た目の旨味アップに一役買っている感じで、某雑誌で「ラーメン屋のデザート 最優秀賞」をとっただけの事はあるなぁと感心してしまいました、、、、



絶対にまた行きたい!と食べながら思いました(笑)
そのくらい美味かったし、限定メニューも凄く気になるし、近場にこの店欲しい!!!







■住所
千葉県市川市南八幡2-4-17

■営業時間
11:00~15:00 18:00~20:00
11:00~15:00(土日祝)

■定休日
月曜、火曜







2008.5.11
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 千葉 |

ラーメン 大吉


「越谷中華、温故知新」シリーズ!

以前行ったお店を再訪するこのシリーズ。
気分で続けていきます♪
今回は、今や希少品種になってしまった旧ラーメンショップ系の「とんこく」「江戸だし」を求めて、以前は確実にあった越谷市役所通りのラーメン 大吉に行って着ました!



大吉 外観


場所は、以前行った中華一番光月軒麺や 三笑 はじめの辺り。
普段はあまり来ませんが、ナニゲに越谷の中華屋ミニ激戦区です。



大吉 店内


店内はコの字カウンター15席。
赤を貴重とした店内が往年のラーメン屋を彷彿とさせます。
店内の壁には相変わらずボクシング関係のポスターが貼られてますね。
午後7時前の入店で、先客1後客0。



大吉 厨房


厨房内では若いお兄さんが何かしら動いています。
調理そのものはカウンターの中でなく、奥の寸胴や茹で麺器などがあるところでやってます。
このお兄さん、すごく丁寧でハキハキしてて気持ちいいです♪
ラーメンの味が濃くないか?薄くないか?わざわざ訊いてくれます。
ていうかこのお兄さん、ボクサーですよね?



大吉 厨房


メニューはラーメンのみ。
あとはおつまみとアルコール類しかありません。
店は古いですが、生粋のラーメン屋という意気込みが感じられます。
ていうか、「とんこく」「江戸だし」はやはりありませんでした、、、、
スタミナラーメンをラーメンセットで注文。
ラーメンを頼むと、とんこつと醤油から選ぶようになります。
もちろん、とんこつで注文。



大吉 ラーメン

スタミナラーメン  800円

”スタミナ”と名が付くだけあって、揚げニンニクスライスやニンニクの芽、ネギ、ニラなどが盛られ、ニオイがプンプンします♪
男のラーメン!という感じです。
スープは豚骨ベースに鶏や香味野菜などが入ったマイルドなもの。
見た目のイメージよりコテコテしていません。
醤油ダレが絶妙に全体を引き締めています。

麺は中くらいのストレート?なもので、適度なコシと滑らかな喉越しがいいですね。
スープとの相性も良好で、ウマイ!と叫ぶほどの感動はありませんが、普通に美味しいです♪
具は先ほどのスタミナ系野菜とワカメ、海苔、味玉。



大吉 漬物ご飯

ラーメンセット(餃子、ライス、お漬物)  300円

ラーメンの後にはご飯とお漬物が来ます。
前も頼んだような気がしてきました、、、
このタッパー、見覚えがあります(笑)
2つのタッパーの中にはキムチと奈良漬け?
取り放題のようですね。
ただ、不味くはないもののご飯も漬物も普通0な感じなのでお代わりはなしで。



大吉 餃子


大ぶりの餃子はこれまたニンニク風味満載!
腹が減っている時には最高ですね。
ご飯のおかずとしても申し分ありません。



久々でしたが求めていた味がなくなっていたのを確認してしまったので、何か寂しい気分になりました。
でもそれをお兄さんの細やかな接客が癒してくれましたね。







■住所
埼玉県越谷市東越谷1-2-3

■営業時間
11:00~15:00 17:30~2:00

■定休日
第1、第3月曜







2008.5.10
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

食処 渓


寝ていたら知り合いが「ラーメンを食べた!」と美味そうなラーメンの写真を送りつけてきたので(笑)、わざわざその店ではなく、近くの行きたかった店に直行!

その名は、食処 渓

去年の夏にオープンしたというこのお店。
あまり話題には上らないものの、半年くらい前から行きたかったんだけど機会がありませんでした。。。



食処 渓 外観


場所は、川口ARIO正面の産業道路沿いにあります。
数軒離れて同じ啓(けい)という名前のお好み焼き屋がありますが、もちろんここではありません。
幸町バス停の真ん前ですね。



食処 渓 店内


店内は、右手にカウンター6席、左手が厨房になっています。
なんだか、昔は喫茶店とかスナックだったようなレイアウト。
入り口ドアが格子状のガラスというのもそれっぽいです♪
厨房内は簾で見えにくくなっていますね。
中では店主がひとりで全てをやっているため、食券やお冷、下げ物もセルフサービスになっています。
店主はあまり覇気がありませんが、仕事に関してはストイックな感じがしました。



食処 渓 壁


壁には営業時間やトッピングの内容、埼玉県産にこだわった豚肉ウンチクなどが貼られています。
「地産地消」という言葉はいつ見てもいいなぁと思ってしまいます。
(地産地消と書いてあったわけではないけど)
午後6時前の入店で、先客2後客4。
BGMはJ-WAVEのグルーブライン(笑)



食処 渓 たまねぎ


カウンターにおいてある「刻みたまねぎ」は取り放題だったようですが、今は消費量が多過ぎるために任意でお金を払うシステムになってます。
券売機の上には、タマネギ用の小銭入れがあります。
(赤字なんですがよくわからないですね)



食処 渓 券売機


基本はつけめん、渓つけめん、つけそばの3種類。
らーめんも昔はやっていたようですが、今はやってないとの事。
余裕が出来たら再開でしょうか。
渓つけめんと味玉の食券を購入して、厨房の店主に渡します。



食処 渓 つけめん

渓つけめん(太麺)  750円
味玉  100円


店の前に箱がディスプレイも兼ねて置いてありますが、開化楼の麺はイメージ通りのバキボキ(笑)
ただそこはやはり開化楼、麺そのものの旨味はサスガ!の太い縮れ麺です。
麺だけでも何種類かあるようです。
麺の上には海苔と刻み水菜、そしてトッピの味玉。

濃厚魚介豚骨のつけダレは、濃過ぎないバランスがイイですね。
豚骨強めで魚介もしっかり効いていますが、節粉はあまり入っていません。
とはいえ甘みもしっかりあるので、飽きが来るのも早いかな?
ただ麺との相性も申し分ないし、美味いことには変わりありません。
無化調とはいえこれだけの旨味を出しているとやはり美味いです。
いや無化調だからこそバランスがいいのか、、、
”濃厚”なだけじゃないところが延命に繋がっていきそうな気がしました。
具のバラチャーシューはロールとぶつ切りの2種類、メンマは柔らかく味付けもそこそこで、多めに入ったネギが濃厚なスープとよく合います。
味玉はかなり濃い目ですが違和感はなく、普通においしいです。



せっかく川口まで来たのでまる玉の本店に行きたかったけど、時間がなかったので断念、、、







■住所
埼玉県川口市幸町3-11-4

■営業時間
11:30~14:00 17:30~材料切れまで
11:30~材料切れまで(日曜)

■定休日
月曜日、第一・三火曜日







2008.5.9
Comment : 2
TrackBack : 0

GOMA


ラーメン屋を探して夜中に都内を徘徊、、、

そこで発見したのが、沼袋のGOMA


時間的にギリギリだったのですが、ダメもとで行ってみました。



GOMA  外観


場所は、西武新宿線沼袋駅北口、入り組んだ住宅街の中にあって、土地勘のない自分にはかなり分かりづらかったです、、、
あせっていたので、夜の住宅街を走りました(苦笑)
閉店間際でしたが、快く入れてくれました♪
ラーメン屋というより、地元客中心の喫茶店か、バーのような雰囲気です、、、



GOMA  店内


店内は細長く、自宅を改装して飲食店仕様にした落ち着いた雰囲気。
ジャズボーカルの有線がそこはかとなく掛かっています、、、
カウンター8席の奥には、テーブル2人席3、テーブル4人席?1。
午前1時半の入店で、先客3後客0。
地元のお姉さまがカウンターで飲んでいて、軽くカラまれました(笑)
店主は、あのラーメン寺子屋を主宰し、千葉の名店である13湯麺の元で修行したそうです!
道理で、どっかで見たことあるルックスのラーメンだなぁと思いました(ネットですが)
カウンターの中で微笑む店主はバーテンみたいな感じで、物腰が柔らかくいい感じの方です♪



GOMA  メニュー


メニューは、基本の湯麺と炒葱麺にトッピングを施していくタイプ。
でも、この時は知りませんでした、、、
他におつまみ系やチャーハン、焼きそば、サラダとアルコール類があります。
なので、湯麺を注文。



GOMA  湯麺

湯麺(トンミン)  400円

麺とスープとネギだけという、極めてシンプルなもの。
これぞラーメン!という感じです。
しかもこれがウマイ!!

親の丸鶏ベースのスープは、丁寧に作られたのがハッキリわかる旨味たっぷりの清湯で、表面に浮いた鶏油とともに口の中にじんわりと優しい味わいが広がっていきます。
カエシもほとんど醤油だけのようなシンプルな味わいでしたが、なぜか奥深さも併せ持っています。
唯一添えられたネギとの相性も抜群で、なんだかラーメンというものの真髄が宿っているかのよう、、、

麺は口当たりがここ最近ないくらいのしなやかさを持っていて、しかもかなりのコシもあります。
よく見ると黒い斑点が見えるので、何種類かの小麦をブレンドしているようです。
中華そばや支那そばのような感じですが、どこか明らかに違う雰囲気もありますね。
飽きずにいくらでも食べられそうです!
ウマイ。



写真ナシ。
炒葱麺(ネギメン)  550円

炒めた葱に、ゴマ油やラー油、ゴマなでで味付けしたものが乗っかっています。
こちらは当然湯麺とは味わいが違いますが、更にコク深くなったスープはまた独自の味わいがあって美味かったです♪



ご主人の人柄と店の雰囲気が地元の常連客を引き寄せているのもわかりますし、このラーメンがまた人を呼ぶのもわかります。
濃厚豚骨魚介全盛のラーメン界ですが、こういうお店がある事自体がラーメンというものを奥深くしているんだなぁと感じました。







■住所
東京都中野区沼袋1-44-10

■営業時間
18:00~2:00

■定休日
3,13,23日(店主食べ歩きの日)







2008.5.5
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

がいこつ軒


ガキ大将ラーメンの次は、迷った挙句久々のがいこつ軒へ。

ここへ来るのは去年の夏以来か。



がいこつ軒 外観


相変わらず独特の外観、、、
関係ないけど、手前にあったインド人コミュニティのような「インドパーク」というお店、気になりました、、、



がいこつ軒 ラーメン狂


「まずけりゃお代は結構!!」も健在♪
横には「ラーメン狂」と書いてありました(笑)



CA392447.jpg


店内は薄暗く、バーのような側面も。
カップル客がいてもなんら違和感はありません。
テレビでは昭和40年代くらいの映画をやってました。
午後6時過ぎの入店で、先客2後客1。
BGMは女性ジャズボーカルがしっとりと流れています、、、



がいこつ軒 店主


あのスキンヘッド店主も健在!
店の雰囲気からラーメンからBGMから仕事振りまで全てが店主の美学に彩られ、そこにブレは一切ないので逆に引き込まれてしまいますね。



がいこつ軒 厨房


中央には出刃包丁が1本吊るされています(笑)
店の雰囲気に囚われて奇を衒っているように見えますが、ナニゲに厨房機材は全て店主が扱いやすいようにレイアウトされていて、見た目だけの店ではない事がわかります。
今回はネギミソチャーシューつけを注文。
オーダーが入ると店主は厨房換気扇のスイッチをひねり、戦闘体制に入ります!
ナニゲに調理は1杯ずつ!
1杯入魂なのが見ていてもよくわかります。
豪快な湯きり1回転!も健在です!
ちなみに後輩のラーメンの麺は2回転でした!(笑)



がいこつ軒 つけめん

ネギミソチャーシューつけ  950円

ルックスからしてボリューム満点!
平打ち太麺の上には普通の店の2.5倍はあると思われるバラ巻きチャーシューが3枚!
その上には味の付いた細切りネギとナルトが乗っかり、下にはメンマや刻み海苔が敷き詰められていて麺が全く見えません。
更にオリジナルの味噌つけダレの下には炒めたモヤシや白菜がスープを感じさせないくらい大量に入っていて、上からはこれまた大量の花かつを!
2軒目でこれはちょっとツラいかも、、、

しかし、食べ始めるとこれが美味い!
オリジナル配合の味噌は今まで食べた事がない風味と味で、麺や大量のモヤシと共にするすると胃の中に入っていきます。
味噌が濃過ぎず、スープとバランスを保ちながら野菜の旨味をちゃんと活かしているのでしつこくなく、店のルックスとは裏腹に繊細な一面を覗かせます。
が、食べ進むうちに花かつをが主張し始め、カツオ風味が徐々に濃くなっていき、違う一面を見せてくれるのはいいのですが、1杯目を食べてから少し時間が経っていたので徐々に腹に溜まっていく感じがせっかくのつけめんの良さをスポイルしてしまったのが残念、、、
2杯目以降に食うつけめんじゃないですね。

麺は思ったよりバキボキではなくある意味開化楼的ではない(あくまでイメージ)んだけど、するするとした口当たりが〆る時の仕事の丁寧さを物語ってます。
デフォで優に200g以上はあると思いますが、腹が減っている時にはこれ以上ないくらいのご馳走だと思います。
ていうか、チャーシューだけでも150g以上は絶対ある!(と思う)
最後は正直苦しかったけど、そのクオリティの高さは充分感じられました。



がいこつ軒 ラーメン


後輩の食べていたデフォのラーメン(?)

盛り付けがスゴイです♪
これで650円ですから、コストパフォーマンスも素晴らしい!



また来たいお店な事に違いありません。







2008.5.4
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 埼玉県東 |

ガキ大将ラーメン 梅島店


GWの真っ只中、ほとんど休みのない自分は仕事の空き時間にラーメン屋めぐりです。

この日は4号バイパスをノープランで都内方面に南下。
青木亭本店で「これぞ こっさり!」と言いたかったのですがスルーして(笑)、前から気になっていた梅島のガキ大将ラーメンへ。
ここは普通のガキ大将ラーメンと違い、異常なほどのコダワリを見せるというメニューとラーメンがあるというので行ってみたかったのです!



ガキ大将ラーメン 外観


場所は国道4号バイパス沿い。
埼玉方面から南下して、環七をくぐって足立区役所やバーミヤンを通り過ぎた歩道橋の袂にあります。
以前行った麺処 神威は、ほぼ?斜め向かいにあります。



ガキ大将ラーメン 入り口


入り口看板には「本物志向」と書いてあります!
フランチャイズですが、メニューの選定などはかなり自由度が高そうですね。



ガキ大将ラーメン 店内


店内は、3分の2が座敷で靴を脱いで上がるようになっていて、奥には厨房がありこれまたよく見えるようになっています。
キャパは、テーブル4人席2、座敷カウンター6席、座敷4人席3?
カウンターは掘り炬燵のようになっています。
そして何といっても目を引くのがE YAZAWAグッズの数々!
テレビでは永ちゃんのライブ映像が流れ、壁には永ちゃんのレコードやマフラー、ポスターなどが貼りまくり!
カウンター上の暖簾も、赤と黒です(笑)
永ちゃんマニアックなお店は以前行った環七のまぐろラーメンもそうでしたが、その拘り様はハンパないですね!
本物志向というのは、こういう事?(笑)



ガキ大将ラーメン 写真


いえいえ、この店には各界のシェフが来るらしく、カウンターにはラ・ヴィータ・エ・ベッラの石崎幸雄氏と、ボローニャのリストランテ・ベッラヴィスタのオーナーシェフ、ジュリアーノ・タッシナーリ氏と一緒に撮った写真があります。
ラーメン屋とどういう関係が???
ここのオーナーはイタリアンだったのでしょうか?



ガキ大将ラーメン 厨房


厨房では、その店主が一人で全部やっています。
動きに無駄がない上に、店内の様子を常に伺いながら笑顔で接客、そして奥さん?への指示の仕方も洋食レストランのそれと同じです。
しかも覇気があって嫌味がない、、、
なんなんだ、この店は???



ガキ大将ラーメン メニュー1


でも、メニューは普通にフランチャイズメイン。
しかし、ページを進めていくとコダワリのツマミなんかも多々あります。
しかも全部美味そう、、、
そして最後のページには、、、



ガキ大将ラーメン メニュー2


1000円オーバーのコダワリラーメンが!
フォワグラやアグー豚などの高級食材を使ったラーメンが載っています。
せっかくここに来たからには、ここでしか食べられないモノを食べるしかありません!
という事で、一番高いチンタセネーゼを注文!
名前だけは聞いた事ありますが、相当希少で高級な食材みたいですね。



ガキ大将ラーメン ラーメン

チンタセネーゼ  1900円

やってきましたチンタセネーゼ!
単品でここまで高いラーメンを食べた事はありません!

「最初一枚チンタセネーゼを食べてからラーメンを食べてみてください」とのアナウンス。
食べてみると、、おお、美味いっ!
「この脂、めっちゃめちゃ甘いでしょ?」と、店主。
確かにこの豚、ものすごく脂の部分が甘くて旨くてスゴイです!
現地の方は、この脂身をパンに塗ってそのまま食べたりするそうですが、確かにそれすごく美味そう!
なぜにこんな食材を使おうと思ったのかはわかりませんが、とにかくこの豚は店主の言うとおりすごく美味いので、いつもは嫌味に感じるであろう店主の薀蓄も押し文句も嫌味に感じません!

しかし、、、

ラーメンが超普通、、、

鶏や豚、野菜などから採ったであろうスープは化調風味で、チェーン店の味そのもの。
特にうまいというわけでもなく、無難な感じです。
麺は細くてそこそこのコシはありますが、口当たりは少し強めでこれまた普通、、、
メンマはかなり味が濃く、つまみとしてはいいかもしれませんが、このラーメンに合っているかは疑問。
水菜を最初食べたときに一瞬シソ風味な感じがして違和感を覚えたのですが、最初だけでした、、、何だったんだろう??
正統派の白髪ネギはゴマとともにラーメンにいい感じで風味を与えてましたが、それ以上ではない、、、



これだけの高級食材を使っているのに、ただ使っているだけで基本のラーメンはほとんど普通と変わらない感じがしたのはすごく残念、、、
店主もすごく仕事が出来て、コダワリに押し付けがましい事もなく、フランクに客に話しかけたりして愛想もいいのに、普通のラーメンに自分のコダワリを突っ込んだだけとしか思えなかったのは、自分の舌がバカなのか、、、

それに、これだけ出来る店主がなぜフランチャイズに固執しているのかも疑問、、、
あれだけ出来るんだから、自分でやった方が全体の方向性とかもまとまるだろうし、好きな永ちゃんグッズ関係もそれありきでデザインとか出来るだろうに、、、
スゴさと疑問がイッパイのお店でした、、、







■住所
東京都足立区中央本町1-11-3

■営業時間
11:00~1:00

■定休日
なし







2008.5.4
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

田舎家


ちょっと前に知っていつか行こうと思っていた、4号バイパス沿いの旧くるまやラーメン跡地に出来たラーメン屋さん。

ふと思い出して気になったので、買い物ついでに行ってみました。
その名は、田舎家



田舎家 


場所は、国道4号バイパス平方辺り、越谷方面からだとトイざらすや山田うどんを通り過ぎてセブンイレブンのある平方交差点の手前、平方(南)交差点の手前左手にあります。
道路の反対側にはガソリンスタンド(出光)があります。
バイパス沿いに来ると幟などがあるので店があるのはなんとなくわかるのですが、如何せん大きな看板や屋号が全く見えないので、分かりにくいかもしれません。
でも、駐車場は広いです。
くるまや時代に何度か来た事があります。



田舎家 正面


正面入り口上に屋号があり、ここでやっと店の名前がわかりました(苦笑)
基本的なレイアウトとか、建物左側の照明とかはそのまま使いまわしのようです。



田舎家 店内


店内も基本的には昔のまんま。
ですが、カウンターだけはブラウンの木材を使っていて、全体から見ると違和感を覚えます、、、
テレビの音声が街のラーメン屋風情を盛り上げ?ます。
キャパは、カウンター8席、テーブル4人席2、座敷4人席4。
午後7時の入店で、先客6後客0。
店は、中年のお兄さんと年配のおばさま。
調理はお兄さんがやっていますが、どちらが店主かはわかりませんでした(おばさまっぽいけど)
夫婦なのか、親子なのか、姉弟なのか、店主と弟子なのか、、、



田舎家 足元


カウンターの足元はコンクリで少し盛り上がった感じになっていて、味が置きやすいです。
ブロックがむき出しですね。



田舎家 メニュー


メニューは一般的なラーメン屋と同じような感じ。
醤油、味噌、塩のバリエーションがあり、定食などもあります。
裏にもツマミ系メニューが載っています。
塩のこってりと餃子を注文。



田舎家 ラーメン

塩こってりラーメン  700円

かなり背脂が乗っかったラーメン。
他を食べてないので詳しくはわかりませんが、こってり感は背脂で演出している感じだと思います。
スープは背脂の甘さと塩角のある塩っぱめな味。
化調風味もあるので、昔のくるまやのイメージとあまり変わらないような、、、
麺は中細?で黄色くて普通。
湯で加減や喉越しの固さはいいですね。
具のチャーシューは柔らかめ、メンマの味は濃く、ゆで卵とナルト、ネギが付きます。
まずくはないですが、特にインパクトもなし。



田舎家 餃子

ぎょうざ  350円

かなり焼き加減が良くてパリッとした食感がナイス。
餡はニンニク強めで、これも一般的なラーメン屋の餃子イメージと同じ。
普通にうまいです。



特にこれといった印象はありませんが、無難に昼食を食べるには悪くないかも。
でも餃子はニオイが少し気になります、、、







■住所
埼玉県越谷市平方1273-1

■営業時間
11:00~2:00?(違うと思う)

■定休日
月曜日







2008.5.3
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

つけ麺 蝉時雨


ちょっと前に行ったときはやってなかったので優香に寄りましたが、ちゃんと情報を集めてからリベンジ!

春日部の蝉時雨に行って着ました。
少し前まで「むらさきのつゆ」があったところです。
結局、むらさきのつゆには行かなかったなぁ、、、



蝉時雨 外観


場所は、東武伊勢崎線春日部駅東口からかすかべ大通りに出て右折し、信号2つ目のちょい手前左手。
携帯ショップの隣にあります。
遠くからでも「つけ麺」の看板が目立ちます。



蝉時雨 店内


店内はダークウッドをメインに落ち着いた雰囲気。
厨房もまだ新しくてピカピカです。
厨房内は店主がひとりで全部やっていますね。
大変そうです。
おかげで客の出入りをあまり把握出来てないのであいさつとかはおざなりになっちゃってます。



CA392420@


午後7時の入店で、先客9後客8。
夕方ですが、新店という事もあってか、そこそこの入店があるようです。
客層は、若い人が多いようです。
BGMはNACK5のライオンズナイター。
店内の隅には、各地のかつお節ダンボールが置いてあります。
薩摩産とか、、、



蝉時雨 注意書


麺を茹でるのに時間がかかる旨と、国産小麦を使用している事について書いてあります。
割りスープはポットに入れて置いてあるシステム。
春日部ではまだこういうタイプの店はありませんでしたね。
都内やさいたま市周辺にはたくさん増えましたが。



蝉時雨 メニュー


メニューはつけめん、辛つけめん、特製つけめんと、中華そば、特製味噌そばのみ。
並、中、大盛りまでは値段が一緒で、特盛は200円増し。
つけめん並盛と味玉の食券を購入。



蝉時雨 つけめん

つけめん 並盛  750円
味玉  100円


注意書きには多めの時間が書いてあったんでしょう。
10分もしないうちに着たような気がします。
麺はそのまま食べるとかなり小麦の香りがするもので、つけダレの濃さが伺えます。
バキバキではないものの、柔らかさの中にしっかりした食感を感じますね。
海苔はしっとりしたタイプですが、この手のつけ麺に合っていると思った事はほとんどないので、普通、、、

先に出てくるつけダレの器はかなり熱め!
麺が冷たいので冷めにくくしようという工夫ですね。
見た目からしてかなり濃厚な豚骨魚介スープですが、実際その通りの直球です(笑)
しかもカツオをメインとした魚介も濃厚で、魚粉もしっかり入っているので、流行りスープのど真ん中といった感じ。
ただその分バランスが良くてうまいです。
コクがあって、甘みもあって、魚粉もしっかり感じられて、辛味は少し。
都内に行かなくてもこういう味が食べられるようになったんですねぇ、、、

具は、珍しく豚バラスライスがメインと細切りスライスされたチャーシュー、薄味ながらしなやかさのあるメンマ。
そこにネギが絡んできます。
器が熱めな事もあって、最後にぬるすぎて残念な事にはなってません。
(もちろん冷めるんですが)

割りスープは豚骨仕様ではなく、薄い魚介ダシに柚子と麺を茹でたお湯を足したようなもの。
これが最後はさっぱり締めくくるにはもってこいで、濃厚なスープで少し疲れた口を緩やかにカームダウンさせてくれます。



まだ出来たばかりで大変でしょうが、濃厚豚骨魚介全盛を過ぎた後に残れるか、、、
固定客をしっかり掴むには味だけでは難しい土地柄だと思うので、それにはまず店員さんを一人増やした方がいいと思います(笑)
あれでは回っているとは言い難いです。
せっかく美味いんだから。
ラヲタはあんまり行かないと思うし。







■住所
埼玉県春日部市粕壁東2-3-41

■営業時間
11:30~15:30 17:30~22:00

■定休日
月曜日







2008.5.1
Comment : 4
TrackBack : 0

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /