This Archive : 2008年01月

中華料理 宝楽


「あなたの知らない越谷トワイライト中華ゾーン」シリーズ。

本日は、越ヶ谷本町の市神神明社の隣にある中華料理 宝楽です。。
「市神神明社」と言っても誰も知らないでしょうけど。
ここはかなり昔行った事あります、10年以上前?
店に入った時にテーブルの上にランドセルとかノートとかが置いてあって、完全に「よそのお宅」状態だったので引いた記憶だけ残ってます。
(だから無意識に後回しになってたんですが)



宝楽 看板


場所は、東武伊勢崎線越谷駅東口からまっすぐ旧4号に進み、そのひとつ手前の旧日光街道を左折、そこからひたすら1km弱くらい進んで大沢橋(越ヶ谷本町交差点)の少し手前に上の看板が見えるので、そこの狭い路地を右に入っていくと市神神明社の向こうに下の看板が見えます。



宝楽 概観


かなり奥まっていてわかりにくいので、地元の人しか知らないんじゃないでしょうか?
あるいは毎日旧日光街道を通っている人は、看板だけは気になっていたとか、、、
どちらにせよ、入りにくいオーラが漂っている事には変わりません、、、



宝楽 店内


店内は、一般家屋改造タイプ。
キャパは、テーブル4人席2、テーブル8人席1。
いずれも少し変わった形のテーブルとイス。
店は、ガタイのいい店主と愛想のいいように見える奥さん?の中年ご夫婦?でやっています。



宝楽 店内2


どうでしょう?
割り箸こそ置いてあるにせよ、「よそのお宅感」はアリアリ。
ビールショーケースの上にはキープボトルが置いてあります。
午後1時半の入店で、先客0後客0。
店主はオーダーが終わって自分のご飯をボクの後ろで食べた後、バイクで出て行ったので出前かと思ってましたが、私が帰るまで帰ってきませんでした。



宝楽 メニュー


メニューは壁に書かれています。
基本的には一般の中華屋と変わりませんが、あんこうのから揚げなんかは珍しいですね。
居酒屋需要に対応したみたいな雰囲気ですが、少し浮いているのは確か。
炒飯&ラーメンセットを注文。



宝楽 ラーチャー

炒飯&ラーメンセット  800円

一緒に出てきたラーチャーセット。
ラーメンはオーソドックスな鶏ガラスープにかんすい多目の中細縮れ麺。
スープの甘味が妙に強くて気になりました。
麺は少し固めでちょうどよかったです。
具は、ちゃんと温めてあるチャーシュー、かなり味が製品っぽいメンマ、湯で方が少しきつい小松菜、甘いスープに合う海苔、なると。
ワカメが入ってなくてよかった。

チャーハンはご飯がパラパラで、具の多さ、味付けともに良好でちょっとビックリ。
このチャーハンを見る限り、店主の腕は悪くない感じです。
(久々に超上目線♪)



宝楽 コーヒー


食後にコーヒーが出てきてびっくりしましたが、メニューをよく見るとセットには「コーヒーが付く」って書いてありました。
苦かったですが、妙に暖かい昼下がりの日差しで眠かったのでちょうど良かったです。







■住所
埼玉県越谷市越ケ谷本町8−16

■営業時間
11:00~15:00 17:00~20:30

■定休日
火曜







2008.1.31
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

バーミヤン 越谷神明店


「越谷中華の未訪問店を訪ねて」シリーズ。

本日は、北越谷のバーミヤン 越谷神明店です。
ここは何度も行った事ありますが、ネタにしてなかったので再訪。
足取りも重く向かいました♪



バーミヤン 越谷神明 外観


場所は、東武伊勢崎線北越谷駅西口から歩いて1km弱?くらい、神明橋を渡って国道4号バイパスの少し手前右手にあります。
バイパス沿いに作らないのが、いかにもバーミヤン立地ですね。



バーミヤン 越谷神明 メニュー


店内が微妙に暗いのはお約束。
高級感と安っぽさの紙一重な感じですが、ファミレス然としたところを崩さないのはサスガです。
キャパは、禁煙&喫煙合わせて約90席弱。
オーソドックスなタイプですが、禁煙喫煙は昔よりはっきり区別されてます。
フロアには二人のバイトのお姉さんがいましたが、相変わらず覇気がない感じ。
全く笑顔がなく、気持ちのいい接客とは程遠い感じです。
午後9時の入店で、先客7後客16。
場所柄、学生の団体が多いです。



バーミヤン 越谷神明 めにゅー


昔行ってた頃より基本メニューのバリエーションが明らかに増えました。
ファミレスから専門店へのシフトが加速化しつつある外食産業において、在庫過多のリスクを犯してでもメニューバリエを選んだのは正解だとは思いますが、食品偽装への注目が高まる昨今、食材の管理を今まで以上に上げなければ人件費と共に廃棄食材が経費を圧迫するのは必死なので、より正確な売上予測と緻密な食材管理をしなければならないはずなのに、バイトが発注をしてるっぽかったのを見たので、少し心配になってしまいました。



バーミヤン 越谷神明 めにゅー2


単価を上げるための宴会需要や、デザートに力を入れているようです。
昔のコースよりかなり安くなってますね。
その場でコースを選択出来るのもいいですね。

ものすごい昔に一時期あったつけ麺と、半チャーハンセットを注文。



バーミヤン 越谷神明 つけめん

特製つけ麺  590(619)円
半チャーハンセット  390(409)円

あつもり気味の麺に、黒褐色のつけダレがスープ容器に入り、具は別皿に「とりあえず三種盛り」と同じように盛られています。
麺が他の麺類と同じなのは当然として、つけダレが小どんぶりでなくスープの容器に入ってるのはある意味新鮮でしたが、スープの濃さと量を両立させるにはいい案かなと。
しかし、容器の口が狭い(というか底から上まで同じ幅な)ので少々食べづらい。
麺はコシがないものの、バーミヤンの麺の味そのものは活きている感じ。
もったりしていますが、伸びはある、、、みたいな。

つけダレは、背脂などの旨味とカエシ、ラーメン用の魚粉+玉ねぎの甘味とプラスアルファ粗めの魚粉?
この魚粉がかなり粗くて旨味も含んでいるので、ザラザラした舌触りと共に満足感もアップ!
想像していたものよりかなり濃く、どこかの薄っぺらな酸っぱいだけのつけダレとは違いますが化調も強く、作られた感が強い。
なんとなくなら満足は出来るかもしれませんが、やはりそこまではまだ遠いかなと。

具は、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、白髪風ネギ、海苔、味玉。
ラーメンの具とほぼ同じで、特に言う事はないです。

昔は頑なに拒んでいたと思しき半チャーハンセット。
チャーハンそのものはいつものバーミヤン仕様で、焦げる事もなくちゃんと出来ています。
ちょっと炒め時間が長くて黒くなってしまった感じはありますが。
あとはランチセットに付いてくるものと同じシューマイ。
久々に食べて普通にうまかったです。



まぁ、こんなもんでしょうか(笑)







■住所
埼玉県越谷市神明町2丁目228-3

■営業時間
10:00~3:00

■定休日
なし







2008.1.29
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 北越谷 |

みちる屋 越谷店


越谷中華の未訪の店である相模の「ラーメン・餃子 やなぎ」に行ったけれど、やはりどう見ても営業しているようには見えなかったので諦め、流通ラーメンストリートのみちる屋 越谷店へ行ってきました。

ここはちょっと前までは「まめぞう」の新業態である「麺食堂 ふたば」でしたが、あまり経たない内に「みちる屋」になってました。
ちょっと前まで松戸に「イブクロミチル」というのがありましたが、そこも合わせて「みちる屋」になったようです。



みちる屋 外観


場所は、以前行った横浜ラーメン 大和家の真隣。
セブンイレブンの隣でもあります。
明るい外観が、ライトなラーメン好きにウケそうな雰囲気。



みちる屋 店内


店内は、ふたば時代と基本的には同じ。
L字カウンター11席?、テーブル2人席2、テーブル4人席3、テーブル5人席1。
午後6時半の入店で、先客4後客0。
店に入ったときは愛想のいいお兄さん一人でしたが、後から若いお姉さんが入ってきました。



みちる屋 カウンター、


カウンターの奥の厨房は見え易く、ばんぶるほどではないにしろ、ある程度は見られていることを意識して調理しなければなりません。
まぁここの従業員にそういう意識付けは不要だと思いますけどね。
ここの皆さんはホントにしっかりしてますから、マジで。
カウンター入り口にはまめぞう系の秘密兵器(?)、オーダーシステムがあります。



みちる屋 メニュー


メニューはラーメンを中心に、サイドもある程度充実。(裏面もある)
飲み客需要もしっかりと視野に入っています。
まめぞう系なので基本的にラーメン系の味は想像がつくし、あんまりタイプじゃないので、はじめてつけ麺を注文。
あと、唐揚げのセット。



みちる屋 唐揚げセット

唐揚げセット  250円

先にきたのは唐揚げセット。
特に変わった味ではありませんが、マヨネーズやチシャとよく合います♪
ご飯も量は少ないですが、ちゃんと炊けていますね。
美味いです。



みちる屋 つけ麺

みちるつけ麺  840

驚いたのが、麺がかなり強力な太麺な事!
さすがに角ふじ大黒屋ほどの強麺ではありませんが、それを彷彿とさせるに足るコシの強さと太さです。
麺の湯で加減もかなりレアな感じですが、コシがものすごく強くてアゴの筋肉が動いているのが自覚出来ます(笑)
食感はかなりネットリしていて後を引く感じですが、そのインパクトだけでも初めて食べた人の記憶には残るんじゃないでしょうか。(んな事ないか)

で、それに合わさるつけダレは豚骨ベースの魚介風味。
濃厚魚介、と言い切るには何か違う感じでもありますが(他とキャラが違うという意味で)、表現として何系か?と聞かれればやはり濃厚豚骨魚介という他はないです。
まめぞう独特のシチューのような豚骨に合わさった魚介ダシと魚粉(ほぼカツオ?)は、以外に相性が良くてビックリ。

具の角切りチャーシューは相変わらず味が濃く、味玉も濃い目です。
後半になるに従って、自分が好みでない理由の”濃い!”というファクターが暴れだして、それに濃いチャーシューも加わってやはり全体的に濃い~味(カライと言ってもいい)になってしまうのは残念でしたが、最初はおいしく食べられました。
もしつけダレに万能ネギが入ってなかったら、全部食べられなかったかも。



意外に最初はうまかったつけ麺以外は、概ね予想通り。
味が濃い以外は接客も素晴らしいし、店もきれいだし、言う事ありません。
テーブルにある取り放題のトッピング(揚げニンニクとか高菜とか)に、メンマがあるのも嬉しいですね。







■住所
埼玉県越谷市西方2-21-9

■営業時間
11:30~15:00 18:00~3:00

■定休日
なし(年中無休)







2008.1.29
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

揚州商人 第二産業南中野店 その2


サッカー仲間と夜中にラーメン。
既に午前1時半くらいだったので近場で済まそうと、以前行った揚州商人 第二産業南中野店へ再訪。

日曜の夜中なのに結構人がいてちょっとビックリ、、、



揚州商人 外観


前と違う角度から撮ってみました。
夜に浮かび上がる中国食堂、、、と言った感じ(何それ)
「中国名人料理」と謳っていますね。
中国料理といっても日本の中国料理は日本向けにアレンジされていたり、向こうでは高級なだけの料理だったりしますから、多くの中国人が普段食べている味をコンセプトにした店は珍しいですね。
他では際コーポレーション(紅虎餃子房とか)くらいしか知らないなぁ、、、



揚州商人 店内


店内のデザインや壁の質感、机や調度品など個々は正直安っぽいのですが、的確に配置して照明などで演出すると見事にそれっぽく見えますよねぇ、スゴイです。
ちょっと洗い場ため過ぎですが(苦笑)
厨房とフロアにバイトくんが一人ずつ。
午前2時前の入店で、先客8後客2。



揚州商人 メニュー


メニューは先月横浜で行った時と変わりなし。
なので、どうも惹かれるラーメンがない、、、
かな~り悩んだのですが、相方が塩中国チャーシューメンを頼んだので、自分はレタスチャーハンを(爆)

麺を食えよ!麺を!

とのお声が聞こえてきますが(笑)、来月の発表に備えていろいろ中華料理を試してるんですっ!
ラーメン道じゃねーじゃんと自分でも思いますが、、、

という事で、お許しを。
レタスチャーハンと皿蝦ワンタン、杏仁豆腐を注文。



揚州商人 ワンタン

皿蝦ワンタン  350円

ネットリもちもちした皮がいい食感のワンタン。
蝦の殻の香りと旨味がかなり強く感じられ、日本ではあまりないタイプのエビワンタン。
エビもしっかりプリプリしています。
そして甘めのタレが微妙に辛くてウマイ!

ここまではいいじゃん!と思っていたのですが、、、



揚州商人 チャーハン

生菜炒飯(レタスチャーハン)スープ付  780円

チャーハンは普通、、、
ていうか、料理が来るまで20分強。
ちょっと時間かかり過ぎ。
そしてスープは激ヌル!
温いというかむしろ冷たいに近い、、、
ここまでスゴイのも久しぶりです。
スープをスタンバイしてからチャーハン作ってたとしか思えません。

レタスはかなり変色した部分が大量に入ってました、、、
明らかに炒めによる色の変化とは違うもので、正直ゲンナリ、、、
米のパラパラ感や味付けは普通に良かっただけに残念。
せっかく麺を食べずに頼んだのに、あまり参考にはなりませんでした。



揚州商人 ラーメン

塩中国チャーシューメン  950円

食べてないのでわかりません♪



え?、杏仁は?

杏仁豆腐は来ませんでした。
まぁ言えば来たんでしょうけど、テンション激下がりだったのでイジワルして待ってみました。
いつまで経っても持ってくる気配なし。
閉店作業に一生懸命なので、洗い場は片付きましたが、杏仁には最後まで気づかず、、、
帰るまでに何回も目線を合わせてみたんですけどねぇ、、、
キッチンの裏口(横口?)から冷たい空気が流れてきて、それが閉店作業に拠るものなのは明白だったので余計意地になっちゃいました。

会計時に杏仁が来なかった旨を伝えると、何を言ってるのかわからない早口で「申し訳ご&%$#$、、、」とお茶を濁され、一切目を見ることもなく、さっさとキッチンへ帰って行きました、、、



なんだ、そりゃ!







2008.1.28
Comment : 0
TrackBack : 0

中国料理 祭麺堂


未訪のラーメンを求めて彷徨っていたら、いつの間にか春日部辺りまで来てしまい、ら~ナビで検索!
そこで見つけた中国料理 祭麺堂に行ってみました。



祭麺堂 外観


場所は、東武伊勢崎線一ノ割駅東口を右に線路沿いに200mくらい行くとあります。
マルエツの近くですね。
中華料理というより、中国料理です。(名前でわかるって)



祭麺堂 店内


店内は、中国色の強い味付け。
微妙な明るさも味ですね。
キャパは、テーブル3人席1、テーブル4人席1、テーブル7人席1、座敷2人席1、座敷6人席1と、奥にも座敷席があるみたいでした。
午後9時前の入店で、先客9後客0。
地元の家族連ればかりでした。
フロアはバイトの高校生?と店主の奥さんらしき人。
オーダーが切れてもしっかり動いていて好印象。
個人経営の店では珍しいです。
厨房は全く見えませんでした。



祭麺堂 入り口


入り口横には紹興酒「古越龍山」の大きな瓶(かめ)があります。
小さ目の瓶もあり、テーブルにも宣伝が。
ここまでウリウリだと、ちょっと気になっちゃうなぁ、、、
クルマだったので飲みませんでしたが。



CA390080.jpg


メニューはしっかり本タイプ。
ですが、お約束の番号はありません。
比較的リーズナブルな値段で本格中華が食べられるようです。
かなり手の込んだメニューもあり、やはり家族連れに需要があるのは当然ですね。
坦々麺と餃子を注文。



祭麺堂 坦々麺

坦々麺  680円

見た目も味も普通ですが、しっかりした技術を感じさせる坦々麺。
混ぜないで飲んだスープは中華スープ風味が強かったのですが、混ぜると全く違う味に。
かなり粗めに擂られた白ゴマの香りが和の雰囲気も感じさせますが、自家製という芝麻醤やラー油がこの店のウリである坦々麺をしっかりとキャラ付けしています。
挽き肉の味付けはあまり甘くなく、小松菜はジャストのタイミングで茹でられています!

麺は細麺であまりコシがないタイプ。
ですが、妙にスープと合っているのはなんなんでしょう?
中華料理系の店の五目麺で柔らかい麺が妙に合うのと似ています。
期待以上だったのでちょっとビックリ。



祭麺堂 餃子

餃子(5ヶ)  380円

かなり綺麗な形の餃子。
焼き加減はベストに近く、見た目より油っこくないのが素晴らしい。
この餃子にはXO醤が入っているそうで、辛味があり独特。
正直深い旨味はあまり感じられませんでしたが、XO醤が独特の風味を出しているのは確か。
変わった餃子ですが、普通にうまいです。


ふらっと寄った割りにはいいお店だったので、満足です♪







■住所
埼玉県春日部市備後東1-22-56

■営業時間
11:30~14:30 17:30~21:30

■定休日
月曜(木曜から変更)







2008.1.28
Comment : 0
TrackBack : 0

ぎょうざと坦々麺 ふうりゅう


麺処 神威の後、そのまま帰ってもよかったのですが、ら~ナビを見てて気になる店があったので寄ってみました。

その名も、ぎょうざと坦々麺 ふうりゅう

ら~ナビに★は付いていませんが、いろんな人が誉めていたので気になってしょうがなかったんです。
一人でコメント書きまくってる場合は気にもならないんですが、ここは概ねニュートラルな意見をたくさんの人が書いている感じだったので(それでも一人そういう人いましたけど)、あてにしてみました。



ふうりゅう 外観


場所は、東武伊勢崎線梅島駅の改札を降りて、左斜め前!
駅からは目と鼻の先です。
店も明るくてわかり易い!
神威の前に店前を通った時は満席だったんですよね、、、
それもあって、帰りに寄ってみたんです。



ふうりゅう 店内


店内はL字カウンターのみの11席?
派手でなく、暗くもなく、落ち着いた感じの店内。
優しい色合いをあえて多く使っているようです。
厨房には白いキッチン服の店主がストイックにラーメンを作ってます。
奥では奥さんと息子さんらしき方が接客したり作業したりしてました。
午後8時半くらいの入店で、先客7後客6。
常にお客さんが入れ替わってる様子で、女の一人客も普通にいます。



ふうりゅう 食べ方


カウンター下には、「上手な坦担麺の召し上がり方」の張り紙。
麺とスープを絡めながら食べるんですね。
最後にはスープがなくなるのか。
ら~ナビには「スープ多め」って書いてありましたけど、、、



ふうりゅう 坦々麺の由来


隣には、坦々麺の由来うんちくが。
なるほど、本来の坦々麺よりは日本人向けにスープを多くしてあるって事ですね。
七味の説明がしてあるとは珍しい、、、というか、四川料理出身の方なんでしょうか?
相当こだわっているようですね。
店内の雰囲気で察する限り、あながちカラ周りのこだわりでもなさそうです。
力入り過ぎてない感じだし、、、



ふうりゅう 厨房


厨房では、店主が物静かにラーメンを作っています。
ていうか、作業がかなり細かくて丁寧。
どんぶりを温める用に大ボールにお湯を沸かしているし、タレなどもどんぶり一つずつ作ってるし(当たり前か)、麺は湯で加減を一人分ずつ食べて確認してるし、盛り付けも一つ一つ確認するように盛り付けてるし、作業が流されてない!
自分のラーメンに相当の拘りを持っているのがよくわかります。
どんぶり温め用のボールの隣では、なんだか干乾びたナスみたいなモノが一杯浮いてるものを作ってました。
たぶんラー油だと思いますが。(ついでにナスでもないと思いますが)
こういうのは、坦々麺とラーメン、餃子に特化してるから出来るんですね。
坦々麺を注文。



ふうりゅう ラーメン

坦々麺  735円

あ~、手ブレ防止で撮ったのにブレてる、、、
それでも、スープの濃厚さ具合は見てわかると思います。

ひと口飲んで、、、、辛い!
と思ったけど、その自家製ラー油の辛さはしつこくなく、しかも後味がスッキリしてるから辛いモノ苦手な自分でも平気です!
そして最初の辛さの後には、かなり複雑で濃厚な香辛料系の七味がうまくバランスされて口の中に広がり、心地よい痺れが後を引かずに残ります、、、スゲェ。
この店はラー油のみならず、甜麺醤なども手作りだそうです。
濃厚なだけでなく、飲んだだけでその深みが伝わってくるスープというのは、坦々麺では初めて。
もうこの時点で、神威は完全に超えてました。

麺は、これまた坦々麺には珍しい中太の多加水麺。
しかし、この深く濃厚なスープは太くてコシのある麺に完全にいい意味で勝っていて(バランスを崩してないという意味)、そこに具の挽き肉とほうれん草が絡むと坦々麺として完成します。
ウマイ!

具の挽き肉は甘め、ほうれん草はサッパリとしてますが、坦々麺として既に完成されているので全体のレベルを引き上げるのに一役買っています。
なおかつ、具の量が普通の店ではありえないくらい多い!
写真ではわかり難いですが、挽き肉もほうれん草も軽く150gくらいは入ってます。
これを混ぜて食べると、マイルドになるんですねぇ。
ちょっと大げさな表現ですが、混ぜるとナチュラルに汁なし麺みたいになります。

帰りには汗が出てきましたが、辛さが全く後を引かない事にビビリました!



何度もフラれて意地になっていた神威より、ふらっと立ち寄ったふうりゅうの方が余程インパクトがあるとは、人生って皮肉で面白いですね。







■住所
東京都足立区梅田8-3-11

■営業時間
11:30~14:00 18:00~23:00

■定休日
月曜日







2008.1.24
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

麺処 神威


既に何度もフラれまくって、もはや意地になっていた梅島の麺処 神威

電車に乗る用事があったついでに、梅島まで行ってみました!
今度こそ、食ってやるっ!



神威 外観


場所は、東武伊勢崎線から国道4号バイパスに出て、足立区役所の前の歩道橋の近くにあります。
店前にアメリカンなバイクがあればやってるはずです。



神威 店内


店内は、L字カウンターのみの10席。
木の温かみが映えるような照明と色使いです。
店主は話すと笑うけど、なんだか暗いオーラを放っているお兄ちゃんがひとり。
その暗いオーラを振り払うかのように、BGMは明るいJポップです(苦笑)
疲れてるのかな?
午後8時前の入店で、先客2後客2。
去年6月オープンの新店でいろんなメディアに出てる割にはさびしいですね。



神威 メニュー


この店は、豚骨スープの店。
こだわりの豚骨スープに、工夫を重ねた味噌がウリなんだそうです。
完全な豚骨ベースに味噌ってのはあまり聞かない気がします。
メニューは豚骨と味噌がメインですが、流行の汁なし麺もあるようですね。
カウンターの上には紅ショウガ、ニンニク、小皿やニンニククラッシャーが置いてあります。



神威 メニュー2


裏面には、デフォのとんこつらぁめんとトッピング、紫蘇入りの餃子や野沢菜ご飯などが載ってます。
厨房から鍋をふる音が聞こえてきました。
野菜を炒めてスープと合わせる自分の好きな味噌ラーメンのタイプ。
期待してしまいます♪
おすすめという、特製味噌とんこつらぁめんを注文。



神威 ラーメン

特製味噌とんこつらぁめん  850円

少し白っぽいスープには炒めたモヤシとレアなニラ、チャーシューと味玉が乗り、その上に白ネギと焦しニンニクが盛り付けられています。
スープはかなり独特で、味噌味噌した味噌ラーメンを期待していたらハズします。
味噌の風味よりスープの豚骨の方が風味が強く、ほのかに酒粕の香りがしてきます。
ですが、豚の臭みはありません。
ここの味噌は7種類の自家製味噌をブレンドしてあるそうで、そこに酒粕や豆乳を加えたとの事。
それがこの店の特長を作っています。
ただ、「7種類の自家製味噌」って、7種類も味噌を作ってるんでしょうか?(ら~ナビに書いてあったので?です。取り寄せてるんでしょうけど、それって自家製といっても自分のとこで作ってるわけじゃないよね?作ってるのかもですが)
それはそうと、豆乳と酒粕が全体をかなりマイルドにしているので、熱々でも食べやすいです。
辛味はありますが、微々たるもの。
辛いの苦手な自分でも余裕で食べられました。

麺は中細のやや縮れで、コシはあるんだけど少しポソポソした印象も受けます。
スープとはよく絡みますが、相性そのものは疑問。
悪くないけど、良くもない、、、

具のチャーシューは小さめに食べやすく切ってありますが、肉を感じます。
好きなタイプです♪
しかも、炙ってあります。
炙ってありますが、その香ばしい感じはかなり大人しい。
これだけのキャラを持ったスープですから、もう少し強めの設定でも大丈夫だと思うし、これだと物足りない気がします。
せっかくいいチャーシューなのに、、、
(いつもは炙りがスープを台無しにするって言ってるくせに)
しんなりモヤシの旨味はスープがちゃんと拾ってるし、レア加減のニラもベスト。
焦しニンニクは、このラーメンの中で一番香りを放ってました。
煮玉子は普通にトロトロでうまいです。



総じて期待通りとまではいかなかったものの、かなり独特の世界観を持ったラーメン。
ただ、まだ発展途上なのに伸び悩んでる若手、、、みたいなイメージです。
せっかくの味噌の良さを、豆乳や酒粕がスポイルしてしまってるんでしょうか?

HPのメニュー写真(とんこつらぁめん以外)がいつまで経っても睡蓮のままなのは、いつ変えるのでしょう?







■住所
東京都足立区梅島2-3-16

■営業時間
11:30~22:00(休憩14:30~18:00)ですが、20:30には店を閉めてる事もあります。

■定休日
日曜







2008.1.24
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

中華四川料理 味宝


開拓してばかりで最近行ってなかった越谷中華の名店に、再び行って参りました。
その名も、中華四川料理 味宝
以前行った時に、越谷にもおいしいちゃんとした中華を安価で食べられる店があるんだと感激したお店です。
このブログではまだ名前しか書いてなかったと思います。



味宝 店内


場所は、4号バイパスと旧4号の交わる下間久里交差点から旧4を北越谷方面に向かって最初のビッグボーイのある交差点を吉川方面に進み、ビッグAやしまむらのある交差点を左折、二つ目の角を左に曲がった奥にあります。

場所がよくないので一般的にはあまり知られてないみたいですが、いつ行っても客はいるし、出前も頻繁に入ってるみたいなので、この近辺ではちゃんと根付いているようです。
店主は陳建民の学校を出た方で、店の名前にも”四川”の文字が入っています。
味も接客もクレンリネスも、普通の中華屋とは一線を画しています。(ほめ過ぎ?)



味宝 メニュー


メニューは普通の中華屋に定食屋の要素と中国料理の要素を取り混ぜたもの。
場所柄、本格中華で高価格は難しいでしょうからそこら辺を考慮した感じになってますが、見た雰囲気ではハズレな料理はなさそうです。
それに時々垣間見る他の人の料理から伝わってくる、基礎のしっかりした料理の安定感はゆるぎないです。
広東メンをめんセットAで注文。



味宝 ラーメン

広東メン めんセットA  850円(+250円)

Aセットには、ご飯、餃子、漬物、冷奴、果物(パイン)が付きます。
Bセットは、ミニ天津飯がメインでした。
醤油と旨味のあるあんかけには白菜ではなくキャベツ、ピーマン、人参、ネギ、ニラ、豚肉などが入っており、その上に揚げた有頭海老、ゆで卵がのります。
で、あんかけがウマイ。
そのままご飯のおかずでもイケますが、中細の麺との絡みも良好で、あっという間になくなってしまいました。
海老はもちろん身がうまいんですが、殻をむくのがちょっと面倒いです。

餃子は3個。
餡は酢醤油との相性がいいタイプで、皮の焼き加減もジャストなわけですが、なんといっても全体の食感と口に入れた時の感触が素晴らしい。
冷奴も箸休めには調度良く、しかもパイナップルがしっかり柔らかくて甘い!



インパクトはないけど、ここはやっぱりいいお店です。
いずれ昔来た時の記事を載せますが、かなり先になりそうな予感、、、







■住所
埼玉県越谷市大字弥十郎660-11

■営業時間
11:00~15:00 18:00~21:00

■定休日
木曜







2008.1.21
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 大袋 |

九段 斑鳩


桃天花の後にまたもやら~ナビで検索。
5km圏内で星の多いところを探すと、前から行きたかった九段 斑鳩が!
去年は毎月のようにテレビで紹介されまくってたので敬遠してたのですが、ここ最近は見ないので行列も収まってるかと思い、九段下まで行ってみました!
数年前までは「味は青葉、内装は武蔵」と揶揄されていましたが、地道な努力で関東なみならず全国的に有名な店になりました。

それにしても、何度も言いますが、ら~ナビのEZ助手席ナビ、最高!




斑鳩 外観


場所は、東京メトロ 九段下駅7番出口から飯田橋方面に向かい、飯田橋1交差点を首都高の見える方に斜め右に曲がって行くと、右手にあります。
車だと説明出来ません。
ら~ナビがなければ、絶対スムーズに来れなかった!
午後10時過ぎの入店で、先客15後客9。
行列はなくても充分な集客力です。
客層は、平日の夜だけあって近隣のサラリーマンなどの団体がメイン。
客のほとんどが生麺ピンク色の油そばを注文してました。
店内は白と黒のツートンカラーを基調としてますが、そんなに似てる?
確かに武蔵っぽい気もしないでもないですが、変えたのかな?
キャパは、カウンター7席くらい、テーブル4人席3。
厨房には4人いて、皆さん調理しながらもあいさつはしっかりと客の目を見てやっています。
しかも、おざなりでない、、、
フロアのお兄さんも常に次の客をどこへ通すか考えながら、食券を見て「油そばは初めてですか?」などの細かい声かけも丁寧にやっています。
有名店だからこその細かな心遣いは素晴らしいですね。



斑鳩 厨房


厨房も概ねきれい。
その中で、それぞれが自らの仕事をこなしています。
斑鳩ブランドの麺の宣伝も貼ってありますが、うるさくなくていいですね。
センスが感じられます。
入り口で煮玉子らー麺の食券を購入。



斑鳩 ラーメン

煮玉子らー麺  750円

素材にこだわった店主の意気込みが感じられる1杯。
青葉ほどの濃厚さとこってり感はありませんが、厳選された素材の良さがビシバシ伝わってきます!
無化調でここまでの濃厚さと芳醇な旨味を堪能出来るのは素晴らしいですね。
高級料亭で使っているという本枯れ鰹・や本枯れ鯖、利尻昆布、鶏ガラなどを、宮内庁御用達の野菜と共に作っているんだそうです。全部で20種類ですって。
確かに噂どおりのスープの温さでしたが、自分猫舌ですし、素材の風味も充分感じられたので文句はありません。
「天然素材だから」と、臭み消しのネギも入ってなくて、独自のスタイルを築き上げていますね。

麺は中細の縮れ麺で、しっかりしたコシがあり、スープとの相性は素晴らしい。
2杯目であってもするすると麺がのどを通っていきます。
ら~ナビさん、ありがとう!

具のチャーシューは肩ロースで柔らかく肉の旨味をしっかりと味わえるもので、メンマは控えめな味付けがいいバランサー、海苔は普通でしたが、煮玉子は味が濃過ぎず玉子の旨味がしっかりとわかるもの。

総じてうまかったです。
ティッシュかナプキンがないのが残念でした。



もう一軒くらいは行けましたが、用事があったので帰途へ、、、
最初に神威にふられなかったら、こうはなってなかった。
よかった♪







■住所
東京都千代田区九段北1-9-12(専大通り沿い、首都高速「西神田口」並び)

■営業時間
11:00~15:00 17:00~23:00
11:00~16:30 18:00~22:00(休日)

■定休日
日曜







2008.1.21
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

中国料理 桃天花


休みだったので、フラフラとラーメンを求めて彷徨い、たどり着いたのが竹ノ塚の神威。
既に何度もフラれてるので、国道4号から営業しているのを確認してからCPに車を置いて向かうと、なんと閉店してました、、、
(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)シンジラレナーイ!!
8時半には閉まっちゃうのね、、、
しかし、歩いてる数分の間に閉まっちゃうなんて、、、

失意のズンドコから立ち直るには、もっとうまいラーメンを食うしかない!と思い、ら~ナビで検索。
その中から久々に坦々麺もいいかと思い、三河島の中国料理 桃天花に向かいました。
それにしても、ら~ナビのEZ助手席ナビは最高!



桃天花 外観


場所は、JR常磐線三河島駅から東にある大通りを鶯谷方面に進み、最初の信号(東日暮里3)交差点より1本手前のトーカンマンション日暮里の横の路地に入って最初の角にあります。
基本的には中華屋さんみたいですが、坦々麺とこの店独特の坦々つけめんが有名らしく、気になってしまったのです。



桃天花 店内


店内はいつも行き慣れてる中華屋風情。
カウンター5席、テーブル4人席5、テーブル6人席2。
午後9時過ぎの入店で、先客9後客2。
厨房内には店主らしき男の人、接客には愛想がよくて丸めのお兄さんがいます。



桃天花 メニュー


メニューは中華物もあるみたいですが、カウンターにはこれだけ。
おそらくほとんどの客が坦々麺系を注文するみたいです。
胡麻珈哩つけめんも惹かれたんだけど、、、



桃天花 壁


壁には、坦々つけめんに関するうんちくなどが貼られています。
手作り感がウリなのか、独特のノリで書かれた文章です。
丸めの兄ちゃんが秋葉系っぽいなと思ってたら、右の張り紙の一番下にはピンク色のペンで
ももいろソース ギザカワユス(^ω^)と書いてありました♪
見えないと思いますが。
やはりあのお兄さんが書いたのでしょうか?
厨房の人だったら、ギガントビックリ!
(なんか違うなぁ)

坦々つけめんを注文。



桃天花 つけめん

担々つけめん  700円

「タンタンメン」をPCで普通に変換すると「坦々麺」となりますが、この店のメニューには「担々麺」と書いてあるので、正確には手偏です。

ひと口食べて、、、ウマイ!
つけダレはかなり赤いですが、そこまで辛くないです。
自分が平気なくらいですから、辛いもの好きな方が辛いのを期待して食べると物足りないと思います。
スープは豚骨ベースだと思いますが、その濃厚さと口当たりはまるでインド料理屋の本格カレーのようで、表面に浮いた油とその下に沈殿している旨味の層は、ご飯にかけてもかなりうまいんじゃないでしょうか?
(メニューにそうしろと書いてありますね)
ただ最初からスープが温めなので、途中からはむしろ冷たくなってくるのが残念。
スープ割りにすると、かなり豚骨が表に出てきてまた新しい一面を垣間見られるので、割りは必須ですかね。もしくはご飯で。

しかしながら具は全てラーメン。
真ん中のネギミジン、メンマ、小松菜、肉厚のチャーシュー、味玉は、これらがラーメン(つけめん)である事を思い出させてくれます。

麺は、開花楼製の中太ちぢれ麺。
これが q=(^ー゚)チーメン ってやつですね♪
250gとどこかに書いてありましたが、すぐになくなってしまいます。
ゴツゴツした食感や小麦感などが強力ではありますが、流石に濃厚なつけダレの前では存在感が薄くなってしまいます。
それでも調度いいくらいのバランスに仕上げてるのは素晴らしい。
でも、海苔はいらないような気がしました。
水が露骨に水道水なのは少しガッカリでしたが、中華屋で慣れているのでOKです。



ホントにカレーみたいなつけダレの担々つけめんでしたが、その濃厚さのインパクトにやられました、、、
うまかったっす。







■住所
東京都荒川区東日暮里3-37-11

■営業時間
11:30~14:00 18:00~22:00

■定休日
水曜日







2008.1.21
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

東京屋台ラーメン とんとん亭 川口芝本店


塩や めんの介の次は、そこから外環との間くらいにある東京屋台ラーメン とんとん亭 川口芝本店へ。
ここへ来るのは、5年ぶりくらいです。

ここも、めんの介のように店の前には路駐する車がいましたが、そうさせないように店のお兄さんが管理してましたね。
「車停めるとこ、ないですか?」と聞くと、こっそり教えてくれます。



TONNTONN


昔、環七沿いにあった「とんとん丸」を髣髴とさせる屋台風の背脂チャッチャ系東京とんこつの店。
水だけでなく、ラーメンもセルフサービスで、食べ終わったら下げなければなりません。
高速SAの食堂見たいな感じです。
名前を呼ばれたら取りに行く、、みたいな。
ただ、ビールだけは席まで持ってきてくれるようです。

外観といい、店のコンセプトといい、味といい、とんとん丸と何かしら関係があるんだと思いますが、真意の程はよくわかりません。
夏は広い店内と道路脇の歩行者通路を遮るビニールはなくなり、ビアガーデンのようなオープンな雰囲気でラーメンを食べることが出来ます。
冬はかなり寒いですが(笑)



とんとん亭 店内


店内は室内スペースを一切遮らないオープンな作りで、そこに安いテーブルとイス、ストーブが置いてあります。
注文は、店の入り口にある受付で行います。
厨房内にはお弟子さんが4人くらいいて、活気がありそうな雰囲気ですが、返事や掛け声は義務感でいっぱいです(笑)
厨房の手前の壁には、有名人のサインなどが飾ってあります。
ここにも、超合筋・武田幸三のサインがありました!
彼はこんなにラーメンを食べ歩いていて、よくあんな筋肉を維持出来るなぁ。



とんとん亭 壁際


壁際には屋台風カウンターがあり、わざわざ2席ごとに暖簾がかけてあります。
同じようなカウンターは、店の外にもありました。
キャパは、カウンターが全部で15席くらい?、テーブル4人席が7。
BGMは、Jポップ。
マー油が入っているという黒らーめんを注文。



とんとん亭 ラーメン

黒らーめん  700円

ラーメンを取りに行かなければいけないので、食べる時に手がベタつくのはお約束。
真ん中には水分タップリのもやしと青ネギが盛られ、柔らかめのチャーシューが横に乗ります。
スープはマイルドな豚骨スープ。
見た目より薄い印象です。
マー油で黒くなってはいますが、少し香りを感じるくらいでコクが増えるとか濃厚な雰囲気になるという訳ではありません。
むしろ背脂の甘味の方が強いです。
注文時にスープの濃さは調節できるんですが、デフォルトでも昔はもっと濃かったような気がするんだけどなぁ、、、
いろんな濃厚なラーメンを食い過ぎて、舌がそういうのに慣れちゃったかな?

麺は中細のストレート。
これも注文時に固さはオーダー出来ます。
この麺は結構小麦感があって好きです。

具のチャーシューは、昔流行った感じの柔らかバラチャーシューで、スープに浸けるとトロけます。
もやしは水分たっぷりで、ただでさえ薄いスープを更に薄めてくれます(苦笑)
メンマは甘いスープとモヤシに埋もれて存在感は気迫。



ラヲタには見向きもされないでしょうが、夜遅くまでやってることと、普通のラーメン好きがイメージするであろう東京豚骨のイメージそのまんまなので、根強い人気があるのは頷けるような気がします。







■住所
埼玉県川口市芝5347-43

■営業時間
18:00~4:00

■定休日
なし






2008.1.19
Comment : 0
TrackBack : 0

塩や めん乃介


わたくし、「売られたケンカは買いませんが、売られたラーメンは食います!」
(「ラーメン食おうぜ!」と振られたラーメンは食べに行くという意味です)

という事で、夜中の2時に誘われたにもかかわらず、行ってまいりました。
今回は、川口産業道路沿いにある塩や めんの介です。
店名に”塩”と入っている辺りで結構前から気になってたんですが、午前4時までやってるとは知りませんでした。



めんの介 外観


場所は、川口産業道路をウラワ方面から外観をくぐって1km行かないくらい、左手に見えてくるマクドナルドの隣です。
夜は回りも暗いし、マックの隣だし、角地なのでかなり目立ちます。
夜中なのに、煌煌とした灯りに群がる虫のようにラーメンを求める者たちがたくさんいます。



めんの介 看板メニュー


店前のメニュー看板。
角地通路の両サイドににも明るい看板があります。

店構えやこのメニューだけなら今どき感溢れるセンスを感じますね。
まぁそのセンスは中に入ると埋もれてしまう訳ですが、、、

塩だけでなく、醤油や味噌、サイドもあるようです。



めんの介 店内


店内は変則コの字カウンターのみの15席?
カウンターは北斗七星のように折れ曲がっています。
午前3時過ぎだというのに、先客8後客4。
いかにもスナック帰りのおじさんやおばさん、若者まで客層はさまざまです。
厨房には、おそろいのTシャツを着た気合いの入ったオヤジさんと弟子?の若者の二人。
炙ったチャーシューの煙が店内に立ち込めています。
というか、店の外から感じるスタイリッシュな雰囲気と店内は違いますね。
ウルトラマンのフィギュアが飾ってあったり、フェラーリのポスターカレンダーが貼ってあったり、BGMにハードロックがかかっていたりと、結構店の方の趣味が丸出し。
自分は一向に構いませんが、せっかく綺麗に仕上げてくれたデザイナーや建築屋さんの店をベースに、必要以上の宣伝文句やメニュー写真、ポスター、安いテプラの説明書きなどに加えて、自らの趣味(ロックバンドのポスターやフィギュアなど)を羅列したような印象を受けました。
まぁワザとなのか必要に迫られてやってるのかはわかりませんが、これだとただの「深夜遅くまでやってるラーメン屋」へと埋もれていってしまいそうな気がします。
、、、余計なお世話ですね。



めんの介 厨房


厨房では七輪で炙るチャーシューと盛り付けの仕上げを店主が管理し、他の作業は概ね弟子の仕事。
調理が終わると店主は厨房からいなくなります。
かなり広めに作ってあるので、作業するには気持ちいいと思います。



めんの介 こだわり&うんちく


香味油の説明書き。
モンゴル岩塩を使った塩ダレ以外にも拘っているようです。
やたらとオランダ産のラードを強調してますね。
確かにオランダのラードは高いイメージがありますが。
カメリアかな?
せたが屋に店前にもオランダ産ラードの一斗缶があったような、、、
そういえば大勝軒もカメリアじゃなかったっけ?
マニアック過ぎるな(苦笑)
入り口で、白湯塩らー麺の食券を購入。



めんの介 ラーメン

白湯塩らー麺  820円

スープの表面が背脂と青ネギ、焦しネギで覆われていますが、中は全く塩角の立っていないマイルドな白湯スープ。
焦しネギの香りはかなり大人しめ。
白湯ですがそこまで真っ白というわけではなく、清湯スープとのWスープのようです。
鶏など動物系の旨味が強めですが、魚介系とのバランスも良くてしつこくない。
いいですね。
店の雑然とした雰囲気からはイメージ出来ないこだわりの感じられるスープです。

麺は、細めのかなり縮れたもの。
乾麺のような食感で、インスタントのような印象も受けました。(印象を受けただけです)
厨房の奥に「○吉製麺」(丸の中に吉)と書かれた箱が置いてありました。
これでストレートのコシがしっかりした麺だったらかなり好みだったんだけどなぁ、、、
ただ、ストレートで引っ張れるほど旨味が濃厚という感じでなかったか。

具の炙りチャーシューは店内に香りが充満していたとは思えないほど大人しく、しかも肉質がしっかりしててうまい!
中央には「桃屋のめ○ま・やわらぎ」のような穂先メンマ。
自家製だと思いますがかなり方向性は同じで、辛さは塩の繊細さを考えてか控えめ。
あとは風味の大人しい生の青ノリ、そこはかとなく控えめながらうまい味玉。
全体的にうまいんですが、、、何かがしっくりこないなぁ。
こっちが勝手に塩ラーメンを繊細なものと決め付けてるからかもしれませんが、せっかく背脂や焦しネギをいれるのなら、もう少し旨味や塩ダレを強くして全体的に濃い目にしたほうがいいような気がしました。



ちなみに、連れに飲ませてもらった醤油スープはかなりカツオがメインで、ほとんど和食のカツオ一番だしみたいでした。

総じてかなりバランス重視のおいしいラーメンだと思うし、よく考えられてるとも思いますが、その繊細で清廉なイメージの塩ラーメンと、店の雰囲気とのギャップにどうも違和感を感じてしまいます、、、
違和感ついでに言うと、カウンターが少し高すぎるので微妙に食べづらいです。
あと7cm低くして欲しい。







■住所
埼玉県川口市芝下1-7-28

■営業時間
18:00~4:00

■定休日
水曜







2008.1.19
Comment : 0
TrackBack : 0

中国料理 恵玉


「敷居の高い越谷中華」シリーズ。

本日は、新越谷駅前にある中国料理 恵玉です。
ネットでこの店の記述を見る限り、土日限定のランチバイキングの事しか書いてありません。
確かに平日の客単価が優に2000~3000円を超えると思われる高級中華屋のメニューが800円で食べ放題とあっては人気が出るのも頷けますが、自分が食べたいのはあくまでもですので、ランチのバイキングに行っても意味はありません。
(違う意味で興味はありますが)

なので、平日の夜に行ってみました。



恵玉 外観


場所は、東武伊勢崎線新越谷駅東口ロータリーを真っ直ぐ行った、OPAの手前のMACS(楽器屋)の2階にあります。
MACSには時々行ってたので、この店があることは知ってました。
というよりむしろ、MACSが片手間でやってるのかと思ってました。
実際はどうなのかはわかりませんが、少なくとも店は中国系の方が仕切っているようです。



恵玉 入り口1


MACS隣のエレベーター手前には、店内メニューの豪華なラインナップが貼ってあります。
やはり普通のメニューはかなり高め。
一品1500~2500円くらいします。
ただそれに見合った演出(外観、メニュー、サービス?)はある程度ありますので、ブルジョワ層には好かれそうな気もします。
ブルジョワじゃないんでわかりませんが。



恵玉 入り口2階


2階のエレベーターを降りると門があり、中に入ると右手には駅前の通りが見渡せます。
店内は細長く、テーブル席のみで、店の中央にはバイキング用の大きなテーブルがセッティングしてあります。
いつもこうなのか、金曜の夜だから明日の為にセッティングしてたのかは不明。



恵玉 店内


店に入ると、少し日本語のギクシャクした中国系のお兄さんが接客係。
お兄さんはドリンクサーバーの掃除に一生懸命で、店に入って30秒くらい気づいてもらえませんでした。
キャパは、テーブル2人席2、テーブル4人席8?



恵玉 壁


壁際にはテーブルと、客席セッティング用品&水やコーヒーの予備棚が。
客が自分で取りに行く感じではないから、こういうのは見えないところに置いた方がいいような。



恵玉 ジオラマ


奥のテーブル席の後ろには、かなり高い位置にジオラマというんでしょうか?そういうのがあります。
砂を敷き詰めた上に花やシャンパンがライトアップされ、中国の屏風が飾ってあります。
かなりのスペースを使っているのですが、キャパを減らしてまで作る意味があるんでしょうか?
真ん中のバイキングテーブルのスペースと合わせてもかなりのキャパシティが削られてると思います。
高級志向なので、そういった演出とサービスレベル低下を防ぐ為にあえてそうしてるのかな?
午後8時の入店で先客4後客0でしたが、裕福そうな初老の夫婦と、エグゼクティブなサラリーマン2人だったし。



恵玉 メニュー


メニューはかなり多岐にわたってます。
中国料理系にありがちな料理番号も付いてます。
写真だけなら確かにうまそうではあります。
今度、ランチバイキングに来てみようかな?
勉強したいし。
麺類もそれなりにありますが、安くて800円代。
自分は海鮮そばと、ネットで評判の良かった杏仁豆腐(抹茶)を注文。
お兄さんは日本語がかなり怪しいので、海鮮そばは五目焼きそばに、杏仁豆腐(抹茶)は普通の杏仁豆腐に間違われてました(苦笑)



恵玉 ラーメン

海鮮そば  1050円

かなり大きな海鮮素材が入ったラーメン。
スープをひと口すすると「、、、酒?」
老酒だか紹興酒だかわかりませんが、かなり酒の香りと味が口の中に広がります。
6,7割しかアルコールが飛んでない感じです。
わざと?
スープは具からそこそこダシも出てましたが、メインは鶏などの動物系清湯。
不味くはないので飲んでましたが、何度もすすっていると慣れてきました。
むしろ、うまいかも?(疑問系で終わりましたが)
ただ、少なくとも日本のラーメン中華系のスープではないように思いました。

麺はストレートの細麺で、かなりしなやかですがコシもあり、中国っぽいイメージです。
スープとの相性もいいですね。

具は、ホタテ貝柱、イカ、エビ、ブロッコリー、きくらげ、フクロタケ、タケノコスライス、さやえんどうなど。
イカとエビは下処理がちゃんとしてあって旨味もしっかりあったのでよかったのですが、フクロタケは食べると缶詰のフルーツポンチみたいな香りが強く、ホタテ貝柱は食感は良かったのですが旨味がほとんどなくて残念。
調理の仕方がそれぞれの食材の味を良くも悪くも引き出してました。



恵玉 杏仁豆腐

杏仁豆腐(抹茶)  525円

評判の杏仁豆腐(抹茶)。
500円もするだけあって、結構な量入ってます。
かなり平べったく切られていて、厚みのある陶器のレンゲでは切り難くて食べづらい、、、
ただ抹茶がそのまま入った甘い汁と共に、豆腐そのものはうまかったです。



食材の調達には多少疑問を感じますが、概ね想像通りのレベル。
今度は週末のランチに来てみよう。







■住所
埼玉県 越谷市南越谷1-16-10 大野ビル2F

■営業時間
11:00~14:00 17:00~22:00

■定休日
月曜日







2008.1.18
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

中国料理 麺や 第二寿楽


「教えてくれてありがとう越谷中華!」シリーズ。

本日は、せんげん台駅西口にある中国料理 麺や 第二寿楽です。
もう行くところほとんどなくなっちゃったなぁと思っていたら、知り合いから思わぬ情報が入り、早速行ってみました。
今回は第二寿楽でしたが、せんげん台駅の東口にも寿楽があるという話だったので、最初に行ってみたのですがいくら探してもなかったのでこちらに来ました。



第二寿楽 外観


場所は、東武伊勢崎線せんげん台駅西口のロータリーを出て真っ直ぐ進み、最初に信号(サンクス)を右折して川に突き当たるまで進み、左折して少し行くとあります。
地元の人しか行かないようなところですが、川沿いなのでわかり易いと思います。



第二寿楽 店内


店内は、壁紙やシャンデリア、イスやテーブルに至るまで”昭和”のイメージ。
厨房には3人のおじいさんからおじさんがいて、フロアは優しいおばちゃん、出前は若いおじさんがやっています。
総勢5人!
やっていけてるのか勝手に心配してしまいましたが、出前の電話は何回も掛かってきてたし、地元にも根付いてるようなので大丈夫なんでしょう。
午後7時前の入店で、先客2後客7。



第二寿楽 メニュー


メニューはいわゆる中華屋さんと同じ構成。
めん類、ランチ、ご飯類、一品料理、スープなどもあります。
出前もある店としては無難な品揃えでしょうか。
この店のウリである新潟ちりめん中華と餃子を注文。



第二寿楽 ラーメン

新潟ちりめん中華  600円
餃子  400円


写真を見たときに真ん中に乗っかっているのが少し気になってたんですが、来て見てビックリ。
なんと、そば屋で見る「にしんそば」のような”身欠きにしん”の甘露煮が乗ってます!
こういうラーメンは初めて!
しっかりと脂の乗った鰊は旨味もあって、このラーメンにも合っていました。
その下にはネギの芯を粗く切ったもの、肉の旨味を活かしたチャーシュー、かなり濃い目の味付けメンマ、なると、しっかりうまいほうれん草がのります。

スープは、ガラに野菜多目で優しい旨味たくさん。
化調も入ってると思いますが、全体的に甘味多目のスープなのでうまく絡んでいると思いますし、うまいです。完飲しました。

麺は、海草を練りこんだという多加水平打ち麺。
平打ちというか、断面は楕円です。
なんと麺は2倍でも同じ値段だそうです。
武里の寿楽でも同じだったような、、、
後を引かないコシと滑らかな食感&のど越しです。
滑らかさと甘めのスープは相性がいいですね。

餃子は大ぶりのものが5つ。
そのまま食べてもしっかり味が付いています。
焼き加減も良好だし、量も多いし、多目の餡をプリッとした皮がうまく包んでいて、おいしい。
これで400円なら、自分はOKです。

それと水ではなく、ポットに入ったお茶が出てくるんですが、これがうまい!
ほうじ茶かなんかだと思うんですが、食後にこれを飲むと日本人で良かったと思えます(笑)




以前行った武里の新潟らぁめん 麺や 寿楽とほぼ同じような感じだったので「関係あるんですか?」と聞いたら、なんとご親戚だそうです。
自家製の海草麺も、きっと同じモノなんだと思います。
帰りが偶然同じ方向だったほかのお客さんはすぐ裏の大きなマンション住人だったし、出前も近隣の住宅やマンションから結構あるようで、場所は辺鄙でも繁盛してるようですね。
東口の店は、本当にあるんだろうか?


(※やはりナイっぽいです)







■住所
埼玉県越谷市千間1-402

■営業時間
11:00~15:00 17:00~22:00みたいな?

■定休日
水曜







2008.1.17
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

大黒屋本舗 春日部店 その2


久々に春日部方面へ。

お目当ては
武里のだい慶 でしたが、月曜が祝日で振替えの休日なのかお休み。

なので、井之上屋大黒屋本舗か迷いましたが、大黒屋の方には夜しか知ったことなかったので、昼の部初上陸を目的に向かいました。



大黒屋本舗 外観


この日店に着いたのが午前11時20分頃。
そのときには既に奥様方が4人ほど並んでました。
以前、に行った時、「まぁこの辺が大黒屋本舗とうまく差別化出来てるんでしょうね。」とえらそうに言いましたが、どうやらこちらに奥様方がいないわけではないようです。
まぁ男の客が多い事には変わりませんが。

で、そのままオープンの11時30分になった訳ですが、人の出入りこそあれど、全く店が開く様子がありません、、、
どうやら何かトラブッたか?
でも、店内に慌てた様子はあまり見えず、、、
いつも、こうなんでしょうか?

で、結局11時45分になってオープン。
可愛いお姉さんが「大変お待たせ致しました。すみませんでした。」と何回も待ち客に謝って回ってました。
ちゃんと丁寧に謝って回るとはえらいですね。
接客うんぬんの記述はどこかで何回か見ましたが、イレギュラーがあってもそれなりにちゃんと対応は出来ているようです。
その後の接客も良かったし。



大黒屋本舗 店内


この日の厨房は、以前行った佐貫大勝軒系の田代こうじグループ・麺屋 青山の元店・麺屋 こうじのTシャツを着たお兄さんが仕切っていました。
あとはさっきのお姉さんだけ。
二人で回すとはなかなかですが、欠員でもあったのかな?
このお姉さん、接客&下げ物&調理補助(つけの水切りなど)を全て一人でこなしてました。
やるなぁ、、、末は女店主か?



大黒屋本舗 壁


壁には、「夜は角ふじ系」 「昼は大勝軒系」のポスターが。
夜の方が先にくるのは、語呂がいいから?
先客4後客8後行列17。
回転が悪いせいもあって、帰る時はかなり並んでました。



大黒屋本舗 券売機


券売機。
下の方の「夜メニュー」は当然買えません。
右上には、「本日 通常とは違う茨城木大勝軒の手打ち麺を使っています そのため中盛は無料ですという張り紙が。
この日は入り口にも同じ張り紙がしてあって、どうやらいつもの麺が作れなかったのか調達出来なかったようです。
だから開店が遅れたのかな?
ところで、茨城木って、支店?
入り口にも同じ名前で書いてあったんですが、支店なのか間違えたのか?
そのままコピーして使ってたみたいですが、、、

曲がりなりにも大勝軒系ですから、つけめんを注文。
「あつもり」とは呼ばないみたいです。



大黒屋本舗 つけめん

つけめん  700円

うまい。
ちょっとだけ期待してましたが、ゴタゴタしてたようなのでダメかなぁとも思ってました。
麺は4,5人分一緒に茹でてましたし(いつも?)、その分時間差もありますから、かなり味がブレるんじゃないかなぁとも思ってました。
しかし、麺がのびないように先にラーメンを出してその後につけを出す事でブレを最小限に防ぎ、その後一人分ずつしっかりと作って盛り付けて出すことで回転をある程度犠牲にしつつも味はしっかりとしたもの。
つけダレは動物系と魚介系に、辛味や酸味よりも砂糖の甘味が強め。
辛味は唐辛子系よりも胡椒の方がメイン。
ただバランスはしっかりと取ってあって、麺との絡みも素晴らしい。

茨城木?大勝軒の麺は、ガッツリ食わせながらのど越しも良好で、表面は少しザラつきを残してある感じですが、麺そのものがかなりおいしくて濃厚なスープとも良く合うのでうまいです。
デフォの麺だとやっぱ違うのかな?

具のチャーシューは炙ってあり、少し香辛料系をまぶしたもの。
メンマの味は少し濃い目ながら、旨味と甘味の強いスープには合っています。
味玉というか、半熟湯で玉子は普通。
水菜は箸休めとしてしっかり機能しています。



期待してたより全然うまかったのでびっくり。
今のところは、昼よりも夜の方に軍配です。

ただ、作るときに麺を一人分ずつちゃんと量ってましたが、4,5人分一緒に茹でて目分量で盛り付けてたら意味ないんじゃ、、、
まぁ、粗利は狂わないと思いますが。


2008.1.15
Comment : 0
TrackBack : 0

麺屋 嘉助


知り合いと、越谷の麺屋 嘉助の話をしたら気になってしまい、次の日早速行ってみました。
ここに来るのは、3回目くらいです。
昔この店について調べた時、ラーメン寺子屋出身だった気がするんですが、別のところを見ると浦和大勝軒出身だとか。
どっちなんだ?両方?
まぁ味といい、メニューの作り方や店前のディスプレイといい、雰囲気といい、どっちと言われてもなんとなくは合点がいってしまうんですが、どちらかといえば寺子屋に近いような、、、
過去ログは、いつかアゲます。



嘉助 店内


場所は東武伊勢崎線越谷駅東口、イトーヨーカドーの裏の裏にあって、少しわかりにくいです。
富士銀行の角を東に入ったところです。
店内は相変わらず広くスペースをとってあり、カフェテリアチック。
これなら家族連れでも来やすいですね。
レッズサポの店主も健在!
筋金入りの方ですが、優しくていいおっちゃんです。
女の方はバイトのようで、時間が過ぎると昼ご飯を食べてました。
この人もレッズサポなのかな?
赤いバンダナしてましたが、、、
午後2時半の入店で、先客2後客2。
この日はつけそばと、はたるこごはんの食券を購入。



嘉助 つけめん

つけそば  700円

つけそばって、前は750円じゃなかったっけ?
昼は安いとか?

厨房の奥にある部屋で作った自家製麺は、かなりコシがあって少しザラついた触感も混ざったもの。
太くて多加水なのでもっちり感もあるし、食べ応えがあって好きです。
大盛りは無料なんだそうです。

つけダレは鶏豚骨魚介といった感じでしょうか。
動物系の旨味が強く、魚介は引き立て役。
ぱどナビには桜鯛が入ってると書いてありましたが、正直わかりませんでした。
でも、適度な甘味と酸味があっておいしいです。
インパクトが少ない分、好きなら飽きの来ない味でしょう。
ただ、おいしいのですが、いつもスープが温いのと、デフォで頼むと具が寂しい、、、
麺がしっかり湯きりされてて冷たいので、スープが最後の方には冷め過ぎて表面に脂分やらが固まってきてしまいます。
具のメンマは味付けが適度でチャーシューは薄いですが、皮肉にも温いスープには合ってます。
ほうれん草は臭味がなく、ナルトは必ずしも必要ない気もしますが、見た目の緩衝材にはなってると思います。
海苔は麺に刺さってます♪



嘉助 ほたるこごはん

ほたるこごはん  200円

初のほたるこごはん。
「ほたるこ」とは、黒いわかめの茎に、蛍に見立てた山椒とちりめんじゃこを散りばめた佃煮。
山椒が全く嫌味なくピリッと効いていて、わかめの茎も良い具合に味が濃くてウマイです。
www.gojochoubei.co.jp/0_whats_new/whats_new.html

ていうか、ご飯がウマイ!
おっちゃんの確かな腕と、丁寧な仕事振りがわかりますね。



ラーメンは、基本的に好きなタイプ。
この日は用事があったのでおとなしく帰りましたが、またレッズの話題でもふってみるかな?
自分、レッズサポじゃないけど(笑)
以前行った時、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)やナビスコカップの為に水曜休みだと言ってましたが、月曜に変えたんですね。
なんか残念、、、







■住所
埼玉県越谷市越ケ谷1丁目10-25セントビレッジ1F

■営業時間
11:00~14:30、17:00~21:00(平日) 
11:00~21:00(土日) 

■定休日
月曜定休(祝日の場合は翌日休み)








2008.1.13
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

東京とんこつ ましこ亭


かなりマイブームな竹ノ塚方面ですが、少し時間が中途半端だったので、昔から気になっていた東京とんこつ ましこ亭に行ってみました。

ここはその昔、マスコミに出まくったりして行列店でした。
和食出身の厳つい店主が、外見イメージ通りの背脂豚骨を作っている姿は印象的でしたねぇ。
今はネットでもあまり見かけないので、たぶん行列もないだろうと思い向かいました。
(ホントは神威に行きたかった)



ましこ亭 


場所は、東武伊勢崎線竹ノ塚駅東口からまっすぐ進み、竹ノ塚4交差点を右折、次のジョナサンのある交差点を左に曲がると左手にあります。
目立つことは目立ちますが、店自体はかなり小さいのでわかり難い気もします。



ましこ亭 正面


店の周りは明るいのに、看板自体に明かりがないのはどうなんでしょう?(入り口の上にある)
狭い店内を考慮してか、券売機は店の外にあります。



ましこ亭 カウンター


店内はかなり細長くて、L字カウンターが11席くらい?
行列店の基本セオリーである「狭い」という要素はバッチリ♪
あのゴツイ店主もいました!
あとはお弟子さんと、ぶっきらぼうで明るいお姉ちゃん。
午後11時半過ぎの入店で、先客4後客1。
客の年齢層はバラバラです。



ましこ亭 張り紙


店内には、昔出た「どっちの料理ショー」やその他テレビ番組、”ましこ亭プロデュース”コンビニのカップ麺やメニューの宣伝など、ところ狭しと張り紙がしてあります。
あと、浅草開花楼の麺であることをやたら謳ってましたね。
こういった宣伝をウザがって遠のいた常連も多いみたいで、そういう書き込みは結構見かけます。
常連を蹴って新規を増やすか、宣伝・広告の類をはがして地元志向にするか、悩ましいところ、、、、なのかな?
(そんな風には見えない)



ましこ亭 厨房


厨房内では、(良く言えば)かなり厳かな感じでラーメンを作っています。
ていうか、静か、、、
しかし、ホントに店主はいい顔してるなぁ、怖くて。



ましこ亭 ラーメン

ホホ肉ラーメン(えび塩)   980円(+150)

横綱ラーメンにしようか迷いましたが、この店のウリである霜降りホホ肉大トロチャーシューの乗ったラーメンにしました。
醤油、塩などダシにいろいろあって迷い、適当に押したら海老ダシの塩になっちゃいました。
しかし、いい値段しますね、、、

この大トロチャーシュー、以前同じ竹ノ塚の梁山泊でも食べましたが、やはりというか脂分が多くて、脂ダメな人はアウトっぽい。
でも、ここのは梁山泊より気持ち悪くなくて後味も比較的さっぱりしてます。
肉は筋に沿って解けていくような柔らかさで、旨味は強くはないものの、適度な味付けと相まっておいしいです。
臭み消しなのか針ショウガが付いてましたが、逆にショウガの味が立ってしまってキツかった。

スープはかなり海老味噌の効いたもの。
たぶんHPにあった新作ラーメンの第7弾「えびだしらーめん

めんは平打ち中太ちぢれ(細打ちストレート、平打ちちぢれあり)
えびをローストしズワイガニ味噌・桜えび・貝柱をブレンド
和風Wスープと合わせ 焼きえびの香ばしさ抜群の旨さ!!
甘味、コク、旨みがえび好きには 最高の味わいに


と同じだと思いますが、かなりテクニック的に高度な感じ。
豪快な見た目とは裏腹に、細かい和食の技が活きてる感じです。
ただ、食べ進むうちに濃厚な海老味噌に飽きてしまい、少しゲンナリしてしまったのは残念。
食べられるくらいに細かく砕かれた殻はよかったのですが。

麺は中細のストレートで、かなり際立った触感を持ったおいしい麺。
スープとの相性もよかったです。
やはりこういう骨のある開花楼の麺はうまいですね。



値段の割に量は少なめなので普通の人には物足りないんじゃないかって思いますが、自分には調度良かったっす。
かなりウザい張り紙の類いと、見た目から来る無骨さからお客さんが遠のいている感じですが、無骨さの中に秘めた繊細さや確かなテクニックを、店内や他のお客さんにも見せてあげられたらすごくいい店じゃないかと思いました。
というのは、店を出る最後の客(自分)に、しっかりお辞儀してあいさつしてくれる店主なんですから。
まぁ、テレビやコンビニ麺で知ってわざわざ遠方から来る客には、今のやり方の方がいいという判断なのかもしれませんが。







■住所
東京都足立区竹ノ塚3丁目5-1

■営業時間
11:30~15:30 18:00~24:00

■定休日
不定休







2008.1.13
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

羅麺家 匠 その2


去年の春先に浦和から春日部に移転してきた羅麺家 匠
オープン直後くらいに初めて行って、その一ヵ月後くらいにも行って、そこから半年以上ぶりくらいに行ってみました。

以前行った時の事はいずれここにアップすると思うので、外観とか店内はナシで。

この日は、魚濃厚麺とランチのいくら飯の食券を購入。
午後2時過ぎの入店で、先客7後客8。
ここは内装がオシャレで雰囲気がいい事もあって女性客が多いですね。
おばさんの一人客がこんなに多い店は見た事ありません。
まぁこの辺が大黒屋本舗とうまく差別化出来てるんでしょうね。
仕事出来そうな店主と、明るいお姉さまと、暗くて若い姉ちゃんの3人がいます。
明るいお姉さまは文句の付け所もありませんが、若い姉ちゃんは愛想ないなぁ。



羅麺家 匠 ラーメン

魚濃厚麺  700円

箸がエコを考えてか、袋に入っての使いまわしみたいです。
袋必要?
ていうか、箸自体が使い捨てだったりして?!
まぁこの店の雰囲気を考えればわかる気もします。
そして、レンゲがデカイ。
写真ではわかりませんが、高田馬場の2代目けいすけ並にデカイです。(言い過ぎ)

無化調がウリの店ですが、やはりここのスープは濃厚!
名前に”濃厚”と入ってますが、鶏や豚、魚系の自然なダシの旨味がかなりキテます。
濃厚なのに優しい感じがするのは、流石ですね。
この店の特長といえば、やはり魚粉だと思うんですが、昔自分が思ってた程には入ってない気がしました。
いろんな店に行って麻痺したかな?
それでもしっかりとバランス良く嫌味にならない程度にしっかりと効かせている辺りも素晴らしいですね。
ゆずも控えめながら後半のダレを防いで最後までしっかりスープを飲ませますね。
うまいです。

具のチャーシューはかなり厚めながら適度に柔らかく、しかも過剰な味付けがなくてウマイ!
しかも、肉そのものが美味しい!
かなりこのチャーシュー、タイプです。
あと、昔は茎わかめが入ってた気がしますが、これには海苔とは別にあおさが入ってました。

麺は国産小麦100%がウリの打ち立て自家製麺なんですが、これがモチモチ感としなやかなコシ、そして滑らかなのど越しをかなり高次元で両立させています。
それはまるで、よく出来たGT(グランツーリズモ)のようです。
GTとは、「速さ」と「乗り心地の良さ」という相反する二つのファクターを同時に高次元で結実させたクルマの事なんですが、ここのラーメンはそうしたGT(コスモやソアラなど)をイメージさせますね。

※クルマに詳しくない人向けに極めて大雑把にいうと、
「速さ」を追求すると車中を軽くしなければならず、「乗り心地の良さ」を追求すると快適装備を付けないといけないので車中が重くなる。
その相反する2つの事柄を両立させたものがいわゆる「GT」と呼ばれるクルマだとボクは解釈してます。



なんてな事を書いておきながら、やっぱり違うなぁ、、、、(爆)
もちもち感とコシ、のど越しは、ベクトルが違うとはいえ、それらを纏める時に矛盾は必ずしも生じないような気がしてきた、、、

どーでもいいですね、そんな話。




羅麺家 匠 いくら飯

ランチいくら飯  200円

ランチのいくら飯。
最初にラーメンの食券と一緒に渡したんですが、ラーメンを食べ終わる頃になっても来ない、、、
ほとんど食べ切ったところでお待たせしましたの一言もなく到着。
食後に出すように言われてるんでしょうか?
てっきり普通に来ると思ってたので少しゲンナリ。
あと写真でわかると思いますが、盛り付けがかなり雑。
いくらはかなりしっかりと味が付いてておいしい。
おいしいけど、ウメー!と言うほどではなく、普通。
普段いくらなんて食べないから、過剰に期待しすぎたか。



にしても、ラーメンはやはりこの辺では井之上屋と張るくらいレベル高いです。







■住所
埼玉県春日部市中央1-10-27

■営業時間
11:30~15:00 17:00~22:00(月~水・金)
11:30~22:00 (土・日・祝)

■定休日
木曜







2008.1.12
Comment : 2
TrackBack : 0

坦々麺


麺家 黒船の後、なんとなく草加産業道路を南下していたら、知らない店を発見!

その名も、坦々麺
東国原、、、、いや、そのまんまですね。(ツマンネ)
店の名前が「ラーメン」と言っているようなものです。
あまり坦々麺を食べる機会もないし、腹6分目だったので寄ってみました。



坦々麺 外観


場所は、外環から草加産業道路・草加方面に入り、弁天家がある(あった?)ところのすぐ近くです。
弁天家って、看板はそのままだし閉店のお知らせも貼ってない気がするのに、かなり前からやってないですね。



坦々麺 厨房


店内はスナックを改造したようなレイアウト。
まだ新しいので、木の香りがかなり強いです。
キャパは屋台のようなカウンター3席、座敷6人席が3。
午後8時半の入店で、先客9後客2。
先客は大家族で、くつろぎながら呑んでいる感じでした。
子供が一つテーブルを占拠してたのはアレでしたが。
店主は中国系のお兄さんらしく、かなり暗いです(笑)
バイトの女の子も慣れない感じでしたが、調理の補助もやってましたね。
カウンターからは調理の様子が丸見えで、見てて面白いです。



坦々麺 メニュー


「坦々麺」と名乗るだけあって、メニューは香辛料系がメイン。
醤油もあるようです。
サイドメニューもあるので、飲み客も取り込みたい模様。
ここは、坦々麺を辛さ控えめで注文。



坦々麺 ラーメン

坦々麺(中辛)  650円

かなりいい香りがしますね。
しっかりと四川山椒が効いてます。
中央には青ネギ、白ネギ、アーモンドとザーサイを刻んだものが、乾燥した感じの挽き肉と和えてあり、スープの周りには黒ゴマがかなりたくさん入ってます。
スープは1杯ずつ小鍋で作っており、かなり仕事が丁寧。
濃厚なゴマの風味は感じますが、思ったより味は濃厚ではないと感じました。
(想像してたのが超濃厚スープだったので、薄いわけではない)

麺は中細で、少し長目に茹でたもの。
コシはあまりありませんが、黒ゴマが異常に絡んでくるので触感はあります(笑)

それにしても、心地いい辛さです。
汗が自然と出てきます。
痺れるような辛さは久々でした。
本格的な雰囲気ムンムンで、自分の坦々麺イメージとはちがうので本場の坦々麺に近いのかもしれません。
辛さが唐辛子メインじゃなくて山椒メインだし。



ただ、おいしいけどなんか足りないというか、違うというか、もうちょっと何かが欲しい気もします。が、それがなんなのか自分でもわかりません。
ただ、クオリティは低くない事は確か。
弁天大勝軒の帰りに余裕があったら寄るかな。







■住所
草加市中根3-23-?

■営業時間
11:30~14:30 18:00~2:00

■定休日








2008.1.11
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 草加 |

麺屋 黒船 


越谷市内でまだ行ってないラーメン屋だった麺屋 黒船 蒲生店に行ってきました。

黒船って、前は北越谷のありんこの隣にもありましたが、半年ももたなかったような、、、
行っておけば良かったかな?
TVチャンピオン「ラーメン職人選手権」優勝の森住康二氏プロデュースで有名なお店です。
あまりいい評判は聞きませんが。



黒船 外観


場所は、草加産業道路の外環近く、マツダのディーラーを春日部方面に行き、信号3つ目のシダックスの近くです。
隣は焼肉屋さんですね。
「らーめん」の看板が目立ちます。



黒船 店内


店内は少し暗めの照明でちょっとオシャレな雰囲気。
清潔感もあり、若者や女の子も入り易いです。
実際、若い女の子の団体と、お兄ちゃんの団体しかいなかったし。
午後8時の入店で、先客6後客2。
キャパは、L字カウンター13席くらいとテーブル4人席が2。
仕事の出来そうな痩せた店主と、仕事のあまり出来なそうなバイトの兄ちゃんが一人。
かなりストイックな感じの店主は、ちゃぶ屋森住氏とかなり同じような出で立ちです。



黒船 厨房


オープンキッチンのような厨房もピカピカ☆
備品も全て整然としています。
店主、ラーメンを作ってない時は、奥の部屋でチャーシューとにらめっこをしてました。



黒船 メニュー


メニューは醤油、味噌、塩とオーソドックスなラインナップに、辛味噌がプラス。
チェーン店らしく、バリエーションが同じタイプです。
水はレモン水でしたがかなり薄く、自分にはちょうど良かったです。
デフォの醤油麺の食券を購入。



黒船 ラーメン

醤油麺  600円

ちゃぶ屋の特長である揚げネギというか、焦がしエシャロット?が入ってます。
スープは豚骨ですが全く臭みがなく、背脂も入っているのに後味はサッパリしています。
印象としては、なんというか、洗練された普通のスープみたいな。。。
確かに豚骨ではありますが、かなり入念な下処理がされているらしく、口当たりが優しい。
コクもしっかりとありますが、洗練されてしまっているためかインパクトは薄いです。

そこに茹でたもやしと青ネギ、チャーシューが入っています。
チャーシューはおいしいのですが、冷たいのが残念。
残念ながら冷めたチャーシュー特有のネットリ脂を感じてしまいました。

麺は中くらいの平打ち麺。
もっちりしてツルツルという流行はしっかり押さえている様子。
ただ、単体でうまいかというとそうでもなく、あくまでスープとの相性にあわせたパーツという印象です。



よほどの機会がないと行かなそう、、、







■住所
埼玉県越谷市蒲生南町16-6

■営業時間
11:00~1:00(月~金)
11:00~0:00(土・日祝)

■定休日
なし(っぽい)







2008.1.11
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 蒲生 |

お食事処 じんや(足立珍来?)


「ここも入っていいのかしら?越谷中華シリーズ」

本日は、越谷流通団地内にあるお食事処 じんや(足立珍来?)です。

先月美松に行ったときにはどっちに入るか迷って、営業時間が1時間早く閉まる美松に行っておきました。
その時はココは茨城珍来だと思ってましたが、どうも違うみたい、、、
店前の小さな看板には「天ぷら お食事 じんや」と書いてあり、その下には足立珍来と書いてあります。
、、、よくわかりません。



じんや 外観


場所は、越谷流通団地を入って市場の正面、美松より手前にあります。
入り口ドアに幟が貼ってあるので、中の様子が分かりにくくて入るには妙に抵抗があります(笑)



じんや 店内


店に入ると、そんな抵抗には関係なく店の方が受け入れてくれるので一安心♪
キャパはカウンター8席くらい、座敷4人席3くらいとテーブル席。
(よく覚えてない)
店は、中年のぐ夫婦が切り盛りしています。
客は常連さんがほとんどのようで、世間話をしてました。



じんや メニュー


メニューは他にもありますが、麺類はこんな感じ。
「期間限定特別メニュー」とありますが、麺類は限定なのでしょうか?
そんな限定メニューに書いてあるのは無視して(笑)、ベツメニューのラーメンとチャーハンセットを注文。



じんや ラーメン

ラーメン チャーハン  800円

オーソドックスなガラ野菜スープですが、普通にバランスは良好。
ですが、麺はこういう店のお約束でかなり柔らかめ。
それでも妙にしっくりくるのは、この店の雰囲気でしょうか。
ネギも合ってるし、嫌いじゃありません♪
多めのメンマはしっかりと味付けで、ツマミになりそう。
チャーシューも大きめで気合いが入ってます。
でもちょっと冷た過ぎるのが残念。
味玉は半熟になりたかった感じですが、セット物なのにこういうのが入ってると得した気分になります♪

チャーハンの写真は撮ったのに保存してませんでした・・・(涙)
こういう店のチャーハンは、普通であればあるほどウマく感じるのはなぜだろう?
特にどうという感じではないんだけど、、、







■住所
埼玉県越谷市流通団地3丁目2-?

■営業時間
?~15:00

■定休日
日曜?



2008.1.10
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

幸楽苑 越谷大間野店 


「もうちょっとで打ち止めか?越谷中華」シリーズ。

本日は、大間野町の端っこにある幸楽苑 越谷大間野店です。



幸楽苑  大間野店 外観


場所は、国道4号バイパス大間野交差点から草加方面に数百m、綾瀬川にかかる橋の手前にあるので、ここを通る人にはおなじみの光景でしょう。
当然の事ながら、かなり目立ちます。
時々前を通りますが、お客さんはそこそこ入っているようです。



幸楽苑  大間野店 店内


キャパは、カウンター10席、テーブル2人席2、テーブル4人席13席?くらい。
午前1時半頃の入店で、先客1後客1。
従業員は3人ほどいましたが、弊店間際の入店にもかかわらず笑顔で迎えてくれました♪
作業もテキパキとこなし、見ていて気持ちが良かったです。



幸楽苑  大間野店 ティッシュ


オリジナルのティッシュ♪
サラリーマン時代から思っていましたが、こういう自社ブランドアピールってどこまで効果があるんですかね?



幸楽苑  大間野店 メニュー


メニューは当たり前に他の店と同じ。
ちょっとお腹がすいていたので、久々のデフォルト中華そばとカレーセットを注文。



幸楽苑  大間野店 ラーメン

中華そば  304(290)円

2,3年ぶりに食べました幸楽苑中華そば。
そこそこコシのある平打ち気味の中細麺に、ガラと化調の風味の効いたスープ。
特にうまいってわけでもなく、まずいってわけでもなく、普通に飽きない?味です。
少しニンニクが強めに感じました。
こんなんでしたっけ?
まぁ普通にマッチしてますが。
ウリがいろいろと壁に書いてありますが、インパクトのなさこそが普段の食事において重要な気もします、、、
気のせいかな。



幸楽苑  大間野店 かれー餃子

D カレーセット  420(400)円

明らかにレトルトですが、普通にうまいです。
餃子も変わり映えしませんが、悪くありません。



う~ん、安い。







■住所
埼玉県越谷市大間野町1丁目161-1他

■営業時間
11:00~2:00

■定休日
なし







2008.1.9
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 蒲生 |

ああ、だい慶が、、、

ショックなことが、、、

最近何度行ってもやってないので、そんなに体調がすぐれないのかと心配していた武里のだい慶ですが、ついに不動産管理の看板が、、、

その優しさ溢れる豚骨魚介のダブルスープと手間隙かける丁寧な仕事振りに、未熟さと同時に大いなるポテンシャルを感じて期待していたので、こういう事になってしまって非常に残念。
だったらもっと行っておけば良かったとも思うのですが、去年は越谷中華全店制覇に命を掛けていたので結局2回しか食べられませんでした。
店に行ったことは10回以上あるんですが、やってなくて、、、
なんとなく覚悟はしてましたが、返す返すも残念です。

あの優しくて生真面目なイケメンお兄さんと、優しくてご丁寧なお母さんが、今後も元気でいてくれたら幸いです。

出来ればまたどこかであの味を、いや、完成した”だい慶の味”を食べられればと思います。

ありがとうございました。
Comment : 4
TrackBack : 0
Category : その他 |

青木亭 越谷店


近場でラーメンが食いたくて、まだ行ってない(ネタにしてない)ところも少なくなってきました。
その少ない中のひとつ、青木亭の越谷店に行ってきました。

自分の中での「青木亭」といえば、実はココだったりします。


青木亭 越谷店 外観


場所は、旧4号の瓦曽根二(南)交差点を吉川方面に曲がって、一つ目の信号の角にあります。
いわゆる「流通団地」のとおりです。
赤い看板が目立ちそうですが、木が邪魔で少し見えづらいかも?



青木亭 越谷店 メニュー


メニューは入り口にデッカく書いてありわかり易そうですが、種類がたくさんあり過ぎる上に、食券はメニュー番号を入力して買わないといけないので、実はわかり難かったりします。
キャパは、券売機のあるテラスにテーブル4人席2、あとは店の中にL字カウンター15席くらいです。
そういえば、店内の写真撮ってなかった、、、
午後6時過ぎの入店で、先客5後客6。
厨房には店主と奥さん?(違うぽいけど)の二人。
かなり愛想が良くて、地元の高校生や高齢層にも受け入れられているようです。
この時間で途切れなく入店がありましたから。
定番はもう何回も食べているので、この店限定の西方2丁目ラーメンの食券を購入。
かなり丁寧に湯きりする店主が印象的でした、、、



青木亭 越谷店 ラーメン

34 西方2丁目ラーメン  550円

小さいチャーシューが2枚入っているだけなので定番に比べれば見劣りしますが、味は当然のことながら同じ。
「こっさり」というスープの表現は、今となってはあまりコッテリ感を感じなくなってしまったので自分にとっては違和感を感じますが(感使いすぎ)、後味はさっぱりしています。
少し塩分が多いかな?という気もしますが、まぁこれが普通でしょう。
スープが温いのもいつも通り。

麺は中くらいの縮れ麺。
あまりコシがないのもいつも通り。
いつも定番だったので麺やわも気になりませんでしたが、具が少ないとちょっと気になりますね。
まぁでもこれが青木亭ですから。

具は、小さ目のチャーシュー2枚、歯ごたえが良くて味が控えめなメンマ、半熟のゆで卵、ワカメに青いネギ。
青木亭は味玉とそうでないゆで卵の2種類があるんですね。



義務を果たした気分ででした、、、







■住所
埼玉県越谷市西方2-20-8

■営業時間
11:00~20:00

■定休日
水曜?







2008.1.8
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

中華食堂 日高屋 南越谷店


「連荘で同じ系列!越谷中華」シリーズ。

本日は、南越谷駅の北口にある中華食堂日高屋 南越谷店です。
こんなに駅前で、しかも時々通っているのに全然知りませんでした、、、



日高屋南越店 外観


場所は、JR南越谷駅北口ロータリーの正面のビル1階。
端っこではありますが、看板が目立とう!目立とう!としているので、わかると思います。
隣はグラッチェガーデンズ?と、ミスタードーナツです。



日高屋南越店 店内


店内は、他の越谷各店と違い競合が多いせいか、内装に力が入っています。
薄暗い内装に木のテーブル、天井にはアジアンな雰囲気を感じさせる格子、壁にはレンガ調の壁紙など、街の食堂の雰囲気とは明らかに違い高級感を打ち出してますが、駅前立地で若い客層を考えるとわかるような気がします。



日高屋南越店 厨房方面


厨房は他の店と同じく店内が見渡せるレイアウト。
店長クラスは常に入り口周辺にいるようです。
キッチン内には調理要因が3人くらい、フロアは高校生の女の子が少しオドつきながら接客しています。
何も引っ掛かるものがなければデフォのラーメンにしようかと思ってましたが、ここは他の店よりメニューが多い?
その中から、ニラキムチ南蛮と、温玉チキン丼を注文。



日高屋南越店 ラーメン

ニラキムチ南蛮  490円
温玉チキン丼   250円



写真ではよくわからなかったんですが、ニラキムチ南蛮はとんこつスープ。
日高屋でのとんこつは初めてでしたが、なんというか普通。
コクがなくてかなり化調っぽくて、インスタントと変わらない印象、、、
麺は他のラーメンと同じ中細の縮れ麺。
あまりコシがない変わりにのど越しはまぁまぁです。
日高屋ウリのニラキムチが具のメイン。
ですが、味にそこまで強烈な個性があるわけではないので、脇役を増やして無理やり主役にした感じ。
「南蛮」というのはネギの別称だと思ってましたが、唐辛子の意味もあるようで、ニラキムチの辛味がネーミングの語源となっているみたいです。
メンマはとんこつスープに埋もれる味つけ、このラーメンだけ?に使われているチキンチャーシューは、サラミのような見た目にハムのような食感と風味。
これ単品で「おつまみ」としてならいいかもしれません。

温玉チキン丼は、チキンの粒が細かくて、あまりチキンを感じられないのが残念なのと、タレが強すぎて後半飽きてしまいます。
あと温玉は、前もそうでしたが自分で割ると手がビタビタになるのが興ざめです、、、



気が付いたらかなり辛口になってましたが、ネガティブな印象があまりないのは、初々しい女の子と、店長が電球を替えるのにちゃんと手袋をしてたから、、、かな?







■住所
埼玉県越谷市南越谷2-2-12コアーズビル1F

■営業時間
10:30~2:00

■定休日
なし







2008.1.7
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

まっち棒


高校サッカーの帰りにラーメン!
という事で、駒沢周辺をら~ナビで探索。
行きたい店がたくさんあったので迷いましたが、歩いて行けそうなぢゃぶ屋へ行ってみました。



ぢゃぶ屋 外観


店の近くに来ると、スープのいいニオイがしてました。

が!



ぢゃぶ屋 張り紙


やってない、、、、

まぁ正月3日ですからある程度は覚悟してましたが、店に近づいたときに中の電気は点いてたし、スープの香りはしてたので期待してしまいました。
新作のスープでも試作してたのでしょうか。

しょうがないので、そこから近くの中華そば ふくもりに向かうも真っ暗、、、
更に環七沿いを歩いてせたが屋に着きましたがまだ夜営業まで1時間以上も、、、
なので、そのまま歩いてまっち棒へ。
なぜここにしたかというと、以前横浜ラ博に行った時に井出商店で早すしを食べ忘れた記憶がトラウマになっていたからです(笑)



matti


外観から何かスタイリッシュな雰囲気が伝わってきます、、、
この辺りのラーメン屋で、店前に駐車場完備な店も珍しいですよね。



まっち棒 店前


場所柄か、入り口には犬同伴OKの張り紙も。
ただ、自分がいた時は犬同伴はなく、カップルと家族連ればかりでした。



まっち棒 店内


細長い店内は白と黒のインテリアに間接照明。
かなりおしゃれな雰囲気なので、カップルが多いのも頷けます。
キャパは、カウンター8席、テーブル2人席1?、テーブル4人席4、奥にもテーブルがありました。
Jポップがそこはかとなくかかっています。
午後5時前の入店で、先客11後客8。
厨房には仕事できそうなお兄さんが3,4人。
フロアもお兄さんが仕切ってます。
雰囲気だけでも売れるラーメン屋の要素が満ちてますね。



まっち棒 メニュー


メニューは、和歌山ラーメンの系譜を継ぐ熟成系と、二郎インスパイア系の二本立て。
つけ麺もあり、バリエーションもかなり豊富。
メニューのデザインも今風です。
中華そばと早すしを注文。



まっち棒 ラーメン

中華そば  680円

久々の和歌山ラーメン。
唇にまとわり付くような脂と濃厚な豚骨ベースのスープがうまいです。
一口飲んだだけではすまなくなる感じです。
表面に浮かぶ泡が濃厚さを表している気がします。
かなり細めの低加水麺はストレートで、コシを残しつつ柔らか目。
少しクチャクチャした感じはありますが、ジャンクフードとしての濃厚なラーメンではこれもアリと思わせてくれます。
具のチャーシューにはタレがかかっており、それがなぜか濃厚なスープによく合うと共に、柔らかい食感が万人受けしそうな”いい人”感を醸し出しています。
メンマは井出商店と同じく味濃い目、和歌山ではメジャーというかまぼこ、青ネギの甘苦さもこのラーメンの良さを引き出してます。

和歌山ラーメンは過去一度しか食べたことはありませんが、濃厚な豚骨系スープや低加水の麺など、どこか広島ラーメンに通じるところがあって、なんとなく懐かしささえ感じてしまいます。
(前に同じ事書いてた)



まっち棒 早すし

早すし  180円

過去のトラウマを払拭すべく臨んだ早すしですが、いきなり既製品を出されて少しガッカリ、、、
ただ和歌山で作られたモノのようで、少しは溜飲を下げた、、、かな?
和歌山では早すしの事を「馴れすし」とも言うそうで、これはその二つの名前が合わさってますね(笑)
きっと、こういう言い方もあるのでしょう。



まっち棒 早すし中身


昔からある早すし、本来は塩のみで作られるそうですが、これは現在の流通過程にのっとった物なので、いろんな味(特に甘味)がします。
普段はこういう加工寿司を食べる機会がありませんからおいしく頂きましたが、感想としては普通。
普通以外の何者でもないとしか言いようがありません。
ただ、和歌山出身の方とかにはこういうメニューがあるだけでも嬉しかったりするものでしょうから、それはそれでいいのだと思います。







■住所
東京都世田谷区池尻3-23-3

■営業時間
17:00~4:00
11:00~4:00(土日祝)

■定休日
なし(無休)







2008.1.3
Comment : 4
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

せたが屋


まっち棒の後は、先程通りかかった環七随一の名店・せたが屋へ!

オープン以来、バランスの取れた濃厚豚骨魚介スープで多くのラーメン通を唸らせてきた超有名店!という事で、久々にミーハー気分で店に行くと、、、

オープン30分くらい前だったのですが、新年早いからか、時間が早いからか行列はナシ。
時々バイト?や社員の出入りする入り口を横目に見ながら待つ事数十分。
すると、10分前くらいから人がゾロゾロ集まり始め、オープン直前にはなんと20人以上もの行列が!
中村屋に続き超有名店でシャッター前ポールというのは、なんか嬉しいもんです♪



せたが屋 外観


場所は、環7内回りの龍雲寺交差点沿い。
東急田園都市線駒澤大学駅から歩くと15分くらい?
結構長いこと歩きます。

夜はせたが屋ですが、昼はひるがおという塩ラーメン専門店として営業しているので、店の黄色いテントには二つの屋号が並んでいます。
ニューヨークや品川の支店の他にも、中華そば ふくもり豚骨世界 大大味噌ラーメン 南部など、系列店があります。



せたが屋 入り口


オープン前の入り口。
中では人がせわしなく動いています。
新年営業の張り紙には系列店と休みがカブらないように考えられたスケジュールが書かれていました。



せたが屋 店内


一番乗りで店に入り、食券を買ってカウンターの一番奥へ。
ゾロゾロ人が入ってくる、、、と思いきや、入り口に券売機があるのでドアが開きっぱなしになりちょっと寒い、、、
席が全部埋まるまでガマンしました。。。
キャパは、二つに分かれたカウンターが13席くらいです。



せたが屋 厨房


厨房には○魚と書かれたTシャツを着たお兄さんが6人も!
さすが有名店は中に人が多いですね。
役割分担もしっかり決まってて、みなさんキビキビ動いてます。



せたが屋 つけめん

わんたんひらつけ麺  900円

ラーメンと迷いましたが、結局ワンタン入りのつけめんを。
やっぱりうまいラーメン(つけ麺)には、”ウマいですよオーラ”がありますよね。
このつけ麺もそんなオーラを纏っています。

スープは魚介節の細かい粒子が見えて、豚骨魚介の芳しい香りが漂ってきます。
素材は宗田節、本鰹節、鯖節、九十九里の煮干し、羅臼昆布、干し椎茸、大山鶏、モミジ、げんこつなど、これでもか!ってくらいたくさん入っているそうです。
確かに濃厚な豚骨魚介なのですが、勝手にイメージしていた「超濃厚」なスープではなく、バランス重視。
しかもそれは、好き嫌いが分かれるであろうもたれるくらいの超濃厚さの一歩手前でしっかりとチューニングされたハイレベルなもので、有名になってからも廃れることなく未だに行列店であり続けているのが納得できるもの。
しかも後味がサッパリしていて後を引かないのも多くの支持を得ている重要なファクターだと思います。

麺は、昔は大原製麺製というのをよく聞きましたが、今もそうなんでしょうか?
もちろん違いなんかわかるはずもないんですが、このしっかりと〆られた平打ちの太麺は濃厚なスープに負けることなく、、、いや、勝ち負けというよりあくまで共存するためにバランス取りされたコシの強い、しかもしっかりと単体でうまいモノ。
デフォで350gとかなり多めですが、するすると胃の中へ入っていきます♪

ホホ肉のような具のチャーシューは柔らかくて肉の旨味が感じられ、メンマはバランス重視のつけめんにマッチした味付け、ワンタンはのど越しは良好ですがどうしてもワンタンというと八雲と比べてしまうので少し落ちるかな。それでも充分うまいんですが。
あとは当然ですが、わんたんが入っているおかげで四万十川あおさのりは入ってなかったです、残念。

スープ割りをすると豚骨風味が一気に増しますが、それでもおいしいって事はきっとラーメンもおいしいはず!また行きたくなりました。



せたが屋 行列


自分が店を出てもまだ20人以上の行列、、、
すごいですね。
まぁ納得の味だったし、それも当然か。

よく有名店になると味が落ちたとか、例えば豚骨魚介が流行ったらその味を最初から出してた店は味が薄くなったとかよく言われますが、みんなの舌が濃い味に慣れてしまったりして、店側はオリジナルの味を守っていても結局味なんて主観で判断されますから作る方は大変だと思いますが、それでもこうやって行列がいまだに出来ているのは本当に凄い事だと思います。







■住所
東京都世田谷区野沢2-1-2

■営業時間
18:00~翌3:00(スープ売り切れ次第終了)

■定休日
火曜日(祝日の場合は営業。翌日振替定休)







2008.1.3
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

中華食堂日高屋 せんげん台駅ビル店


「こんなとこにいつの間に?越谷中華」シリーズ。

本日は、以前行った越谷駅前の日高屋に続いて、せんげん台の駅ビルにある中華食堂日高屋 せんげん台駅ビル店です。



日高屋せんげん台駅ビル店 外観


場所は、東武伊勢崎線せんげん台駅西口を出て、右に曲がったらすぐあります。
なんたって、駅ビルですから。
ロータリーの外から見てもかなり目立ってます。



日高屋せんげん台駅ビル店 店内


店内は、入り口付近にカウンター8席、あとは細長い店内にテーブル席が35席程度あります。
場所柄ひとり客が多いので、テーブルは動かし易くなっています。



日高屋せんげん台駅ビル店 カウンター


カウンター席の向こうの一段高くなったところには厨房があり、社員が店内の様子を見易いレイアウトになってます。
午後4時過ぎの入店で、先客13後客10。
立地がいいので、アイドルタイムであってもひっきりなしに客が出入りしています。
入り口近くにいたおかげで、まぁ寒い寒い!
客層は、明らかに駒場で高校サッカーを見てきました風情の地元高校生や家族連れ、地元のヒマそうなおじさんおばさんなどたくさんいました。
この時間帯でも従業員は全部で5人。
まぁ土曜日だし、正月空けて間もないですから当然の配置か。



日高屋せんげん台駅ビル店 メニュー


かなりお腹が空いていたので、今回もセット物。
野菜たっぷりタンメンの半チャーハン、野菜餃子セットにしました。



日高屋せんげん台駅ビル店 ラーメン

A 半チャーハンセット  4.野菜たっぷりタンメン 野菜餃子付  850円

確かに野菜たっぷり♪
キャベツの芯が多いのが玉に瑕ですが、しっかり野菜の旨味がスープに溶け込んだ普通にうまいタンメンです。
人参が平べったいのって、結構珍しいと思います。
化調もしっかりとかみ合ってます。
麺は中細の縮れ麺。
少しやわいですが、野菜のシャキシャキ感がしっかり活きているので、あまり気にはなりません、あまり。
味付けのバランスがいいので、これを作った社員さんはしっかりと仕事してますね。

半チャーハンも、最初は普通にうまいと思ってましたが、食べ進むうちに口の中がもさもさしてきてナッカリ、、、
具の量とご飯のバランスはいいんですが、、、
冷凍なのか、ゼロから作っているのかはわかりませんが、ご飯の状態がよろしくないようです。



日高屋せんげん台駅ビル店 餃子


「ニンニク抜き」と書いてありましたが、他の香味野菜がかなりキツめなので、食後に口臭が気になりそう、、、
味付けはしっかりとしていますが、やはり香味野菜がかなり口に残るのが残念、、、
焼き加減、食感共にノットソーバット。



やっと日高屋終わったぁ、、、と思ってたら、南越谷にもあったのね、、、
う~む、手強い、、、







■住所
埼玉県越谷市千間台西1-67駅ビル内

■営業時間
11:00~2:00

■定休日
なし







2008.1.5
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

らーめん 銀次


ら~めん 颱(タイフーン)の後は、竹ノ塚ラーメンストリート(メガらーめんや雪花亭、麺一筋など)の最後の大物!(?)、らーめん 銀次です。(Not オフィシャル)

ら~ナビで星は付いていませんが、一般客のフラットな意見で好意的なものが多かったように感じたので、前から気になってたんですよね。
竹ノ塚もある程度制覇したかったし(笑)



銀次 外観


場所は、尾竹橋通りのメガらーめんから草加方面に歩いて1分くらいです。
今時な感じの外観で、店のインテリアにも気を使ってそうな感じです。
味噌がウリなんですね。



銀次 店内


店内は、外観ほどは気を使ってる感じはなく(苦笑)、狭い店内をブラックウッドでなんとか今風に近づけた?雰囲気。
カウンターの中間部辺りは梁が出っ張ってて非常に通りづらいです。
キャパは、カウンター10席くらいとテーブル4人席が2?
厨房内にはちょっと強面でストイックな感じの従業員が三人と、愛想のいいお姉さんが一人。
午後8時半の入店で、先客3後客2。



銀次 メニュー


メニューは味噌のみならず、醤油、塩、まぐろ(!)、つけ、オリジナルなど多岐に渡りますが、紙面からはそこはかとなくそれぞれのメニューに対する拘りみたいなものが伝わってきますね。
ちょっと期待できそうです。
その中から味噌ではなく、名前に惹かれて鬼脂強麺を注文。
で、この時かなりお腹がいっぱいだったのでひ弱ってしまい、麺を少なめで頼んだのですが、ロットが決まってるらしく断られてしまいました、、、
まぁ、このラーメンのウリをスポイルするような事を言ったのだから当然ですが、そこは「ならばこのラーメンをしっかり味わおう!」と気持ちを切り替えて臨みました!



銀次 ラーメン

鬼脂強麺  1000円

デカいです!

上から撮ったので高さがわかりにくいですが、まるですり鉢のような陶器の器は厚みがありドッシリとしていて、堆く盛られたモヤシ、花かつお、海苔がこちらを威嚇してきます!

スープは豚や鶏、野菜や魚介、ニンニクなど様々な旨味が感じられる濃厚なもので、それを醤油と油で無理やりまとめた感じ。
表面にはかなりの油が、油そば並みに浮いています。
しかし、この強引さが妙に心地よいのはなぜ?
しかも味はしっかりとまとまっていてうまいし、麺や具の旨味が溶け出した感じもうまくマッチしてます。

麺は、二郎や田代こうじグループのものと同じかそれ以上と思われるほど太くて固くてガッシリ感満載!
腹にもしっかり溜まります!(苦笑)
ガシガシ食べ進んでもなかなか減りません!
大盛りなんか頼んだ日には、アゴが外れるんじゃないでしょうか?(それは言い過ぎ)
小麦もしっかり香ってくるし、うまいです。
”強麺”という名前に違わぬシロモノですね。

で、具のモヤシ、人参、茹でたまねぎ、刻み生たまねぎは特に味が付いてるわけではないと思いますが、このラーメンの雰囲気と食感に力を与え、そこに花かつおの強力な香りが止めを刺します!
腹が減った時にはこれほど強い味方もいないでしょう!
コンセプトが名前から、味から、見た目からしっかりと伝わってくる、よく出来たラーメンです。



二郎系やこうじドリーム系とは全く違うアプローチから「これでも喰らえ!」的なコンセプトを提示してきた、らーめん銀次。
機会があったら、また行っちゃうかも?

ただ惜しむらくは、値段ですね、、、







■住所
東京都足立区東伊興3-4-16

■営業時間
11:30~15:00 18:00~24:00

■定休日
木曜日







2008.1.4
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

ら~めん 颱(タイフーン)


夜に時間が空いたので、少し遠出してまたもや竹ノ塚方面へ。
本当は4号沿いの神威(カムイ)に行こうと思ってたんですが、正月休みであえなく撃沈、、、

ましこ亭と迷ったあげく、結局旧日光街道沿いのら~めん 颱(タイフーン)にしました。
かなり前から気になってたんですよね、、、

一念発起して脱サラし、堀切の弁慶で9年間修行して、あえて自分の味で勝負したい!とオリジナルのラーメンで勝負したとの事。
かなり期待大です。



タイフーン 外観


場所は、環七の島根交差点を竹ノ塚方面に曲がり、西友や和食さとが見えてきたらすぐの左手にあります。
大きな店ではないですが、目立たなくはありません。



タイフーン 店内


店内はカウンター8席?のみと小さなお店。
ご主人が一人で切り盛りしています。
このご主人、王子の「伊藤」の店主ばりに不器用そうで愛想もないですが、かなり細かく気配りをしてくれます。
水を自分で注いだら「すいやせんっ」って言われました(笑)
セルフじゃなかったのね。
全然いいんですけど。



タイフーン メニュー1


メニューは少数精鋭。
醤油、しお、味噌、つけめんと、かなりシンプル且つわかりやすい。
余計なものが全くありません。
味もメニューも場所柄お年寄りを意識したとの事で、わかりやすくていいですね。



タイフーン メニュー2


裏には一目でわかるように写真が載ってます。
ただ、メニューの名前が違うので少し面食らってしまいますが、、、(苦笑)
そんな中から、限定というしおら~めんを注文。
注文すると、「ねぎ、大丈夫ですか?」と聞かれました。
そんなにネギ凄いのかな?



タイフーン ラーメン

限定(30食)しおら~めん  700円

ネギ凄ぇ。
つか、高ぇ(笑)
白髪ネギの最後の処理だけ甘くしたみたいなネギの細切りがこんもりと盛られ、その上には糸唐辛子が散らしてあります。
スープにもかなりのネギミジンが浮いてますね。
そのスープ、かなり独特の風味とコク。
なんじゃこりゃ???と思って聞いたら、マグロとの事!
なるほど独特なわけですね。
環七沿いの元祖まぐろラーメンよりは全然さっぱりしています。
野菜や昆布などの旨味もなんとなく感じられ、ひとつの意思統一がなされた様子がひしひしと伝わってきます。

麺は開花楼製の中細ちぢれ。
ハキハキとした感じはありませんが、しなやかで優しさを内包した印象。
小麦の香りもしっかり活きてます。

具のチャーシューはかなり大ぶりで、味付けよりも肉そのものの味で勝負するタイプ。
食べ応えがあって美味しいです。
堆く盛られた白ネギと糸唐辛子が彩りを加え、横には水菜が控えます。



全体的なさっぱり感と共に優しさが感じられる麺で、もう一度来てみたいと思わせてくれるお店です。







■住所
東京都足立区島根3-22-21

■営業時間
11:30~15:00 18:00~22:30(スープ切れ次第)

■定休日
水曜







2008.1.4


3月3日に店の前を通りましたが、看板がなかったような、、、
もしかして、撤退した?
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /