This Archive : 2007年12月

中華料理 豪園


「ここってこんな店だったっけ?越谷中華」シリーズ。

本日は、赤山街道沿いの交差点にある中華料理 豪園です。

ここって昔はもっと安っぽい感じの中華屋さんだったような気がしますが、最近新しくなってきれいになって、本格的な中華料理を出すお店に変身したようです、、、



豪園 外観


場所は、東武伊勢崎線越谷駅西口から赤山街道を鳩ヶ谷方面に出て直進し、5,600mくらい行ったところにある大きめのT字路みたいなY字路(なんだそりゃ?)沿いにあります。
越谷ファミリータウンといえばわかりますでしょうか?(自分はわかりませんが)
ハナマサのちょい手前ですね。
関係ないですけど、道路の向こう側にある点心楼は、もうやってないんですかね?



豪園 店内


店内は、清潔感あふれる高級中華のような雰囲気。
テーブル席に混じって丸テーブルもありますね。
キャパは、カウンター6席、テーブル4人席3、丸テーブル5人席1。
2階もあるようです。
ホールはすごく愛想のいい現地系お姉さんが一人でまわし、キッチン内には白いコック帽をかぶった仕事人みたいな店主がひとりいます。
チラシには、「銀座で17年腕を振るった職人が、、、」みたいな事が書いてありました。
午後6時半くらいの入店で、先客5後客4。
年末ということもあってか、地元の家族連れに大人気のようです。



豪園 カウンター


カウンターの上部には中国語で料理名が並び、カウンターには各種お酒が並んでいます。
実際にカウンターとして使うには、少し奥行きが狭そうです、、、
BGMの、超中華でポップな二胡がナイス!
あと、箸入れには「伝統と創作のアレンジを味わい」と書いてありました。
これまた微妙に日本語がヘン♪



豪園 メニュー


実際のメニューは冊子になってましたが、こちらは窓際に大きく貼ってあるもの。
微妙におかしな日本語がいい感じです♪
もちろん麺類のほかにも一品料理、点心など盛りだくさんですが、他の同規模の店よりメニューが少なくて、逆に身の丈にあっていて好感が持てます。
他の店は100種類以上もあるメニューに使う数多くの食材をどうしてるんでしょうか?
(相当冷凍庫が大変なことになってそう、、、)
ちなみに、メニューの中にいわゆる”日本のラーメン”のような醤油ラーメンなどの類はありませんでした。
その中から、豪園らーめんと餃子を注文。



豪園 らーめん

豪園らーめん  750円

店名の入ったこのラーメン。
かなり上質なスープに、しっかりと味付けがされた具重視のあんかけがのったらラーメン。
うまいです。
このスープ、自分が探していたスープに限りなく近い!
来年知り合いに料理を振舞うんですが、その時に作りたいと思っているスープの味の理想と言ってもいいかもしれません。
いろんな素材を使っているんでしょうが、すごくバランスが良くて何かが突出する事がなく、しかも麺や具材などとの相性もすこぶるいい。
どうやって作ってるのか、聞きたくなりました(笑)

麺は中細のストレートであまりコシのないものですが、中国料理系にはよくあるタイプ。
麺の味そのものが、この中華スープと非常に合っています。

具のあんかけ(といっても軽くとめてあるだけ)には、イカ、ほたて、えび、人参、白菜、豚肉、タケセン、きくらげ、小松菜、かまぼこなど良質の素材がしっかりと下処理されて入っているので、素材の味そのものが際立っていてかなりウマイ。

風邪で弱っていたお腹でも完食!



豪園 餃子

餃子(正式名忘れた)  400円

形からしてちゃんとしてます。
焼き加減はしっかりメリハリがあって素晴らしい。
そして具はかなりたくさんの肉が詰まっていて、しかもうまい。
腹持ちもするし、肉餃子を食べた!という気になれます。
更にはエビまで1匹入ってます!
これで400円なら言う事ありません。
ちなみに、酢入れには黒酢が入ってました。



かなり今後参考にしたい料理があったので、また近々来るかも?
他のテーブルの料理もかなりしっかりしてたからなぁ、、、

そういえば、その時は気づかなかったけど合計1200円だったんだよなぁ、、、
まぁいいけど。







■住所
埼玉県越谷市赤山町4-15-30

■営業時間


■定休日








2007.12.27
スポンサーサイト
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

らーめん むつみ屋 越谷店


そういえば、職場の仲間がたくさんいる場所の隣なのに、1度しか行った事なかったなぁ、、

それが、越谷駅前のむつみ屋です。



むつみ屋 越谷 外観


場所は、東武伊勢崎線越谷駅東口を右に曲がってヨーカドーの方に歩いていき、ヨーカドーの手前の右手にあります。
出来てから、もう2年くらい経つでしょうか、、、



むつみ屋 越谷 店内


店内は細長く、キャパはカウンター9席、テーブル4人席2。
チェーン店ではありますが、こじんまりしています。
店は接客のおばさんと、年季のいったおじさんが店主(たぶん)
おじさん店主は、オーバーオールが似合いそうな人ですね。
午後6時頃の入店で、先客4後客1。



むつみ屋 越谷 メニュー


北海道発祥のお店だけあって味噌がメイン。
HPを見ていると、どうやらスープは工場で一括生産だそうです。
スゴイ、、、


むつみ屋 越谷 うんちく


読めば読むほど北海道愛に満ち溢れていることがわかります。
国産小麦の”春豊(ハルユタカ)”の薀蓄には、「数年のうちには絶滅?してしまうかも?」みたいに書いてありましたが、そうなの?
北海道スペシャルらーめん北の恵みと、餃子を注文。



むつみ屋 越谷 らーめん

北海道スペシャルらーめん 北の恵み  800円

白味噌に牛乳とバターを入れたという、かなりマイルドで飲みやすいスープ。
風邪で相当体が弱っていたので、助かりました。
トータルバランスもいいと思いましたが、味噌のもろ味が少しゴロついている辺りも好感触。
子供が好きになるような味だと思いました。
ただ、ダシの風味などがほとんど消えているように感じたのも事実。
どっちがいいとは言えませんが。

麺は、西山製麺を彷彿とさせるような黄色いコシのしっかりとした中細縮れ麺。
スープとの相性も抜群です。
具は、ベーコン、コーン、アスパラ、フライドオニオン。
北の恵みを連想させるものばかりで、わかりやすいですね。
味的には、フライドオニオンがかなりのアクセントになっていました。



むつみ屋 越谷 餃子

特製餃子  400円

大きさの割には高めの値段ですが、実は半分は皮が緑色で、行者ニンニクが練りこんであるそう。
その緑色の餃子、かなり皮がムッチリしていて、歯ごたえがすごいです。
”コシのある皮”とでも言いましょうか、、、
対して普通の餃子は、皮も普通で食べやすい♪
餡は同じように感じましたが、特筆すべきものは感じませんでした。







■住所
埼玉県越谷市弥生町3-43

■営業時間
11:00~23:00

■定休日
なし







2007.12.26
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

麺・粥 けんけん


風邪で3日ラーメンを食べてません、、、

ラーメンを食べたくても、完全に壊れた胃がなんとなくイヤイヤをしてるのです、、、
ただ、イヤイヤ程度であって、拒否をしてるという感じではない、、、
悪くはないけど、う~ん、、、ちょっと、、、、みたいな。
なので、その妥協点をビシッと突いてくれるラーメン屋はないかなぁと思っていたところ、思い当たりました!
以前行った東京の下町・葛飾のあたりに、確かお粥とラーメンの店があったはずと!

年末はヒマなので、クルマを飛ばして行ってきました葛飾区。
その名も麺・粥 けんけん



麺・粥 けんけん 外観


場所は、京成押上線京成立石駅を降りて、線路をくぐって右に行くとすぐあります。
超駅前立地です。
もちろん電車からも見えるはずです。



麺・粥 けんけん 店内


店内は、手前にカウンター8席?、奥にテーブル4人席2と、かなりこじんまりしています。
が、店員さんが店主含めて3人もいるので、人気店であることは言うまでもないでしょう。
ご主人はあまりしゃべりませんが、赤いバンダナをして黙々と仕事をこなします。
午後10時半の入店で、行列2後客7。
テーブル席は相席覚悟です。
ていうか、店員さんがめっさ丁寧!
評判に違わぬ接客の良さですね。
客層は、仕事帰りのサラリーマンや、若いカップル、友達同士など、しっかりと地元に根付いているようです。



麺・粥 けんけん メニュー


メニューはメインのラーメン、お粥、セットの他に、つまみや酒などもあります。
ここに来たらやはりおかゆのセットを頼まないとだめでしょう!
という事で、腹の調子がよろしくないのに、けんけん香麺と中華粥のセットを注文。



麺・粥 けんけん ラーメン

C けんけん香麺+中華粥(小)  980円

思ったより全然ボリュームがあるけんけん香麺。
真ん中のニラキムチが特徴的です。
しかも結構な油ギッシュスープ(苦笑)
しかし、お腹の弱った自分にも飲み干したくなる気分にさせるほどウマイ!
野菜の旨味と動物系の旨味、そして香味野菜(特にニンニク!)が食欲をそそり、後先考えずに飲め!と体が言っています(笑)

麺は細麺のストレート。
滑らかな食感が心地よく、するすると体の中に入って行きます。
加水率は低めなので伸びやすいですが、逆にもっとスープを吸ってくれと言いたい!

具は、柔らかいバラチャーシュー、ニタキムチ、ホウレン草、でしゃばらないメンマ。
素晴らしいバランスです。
しかもお粥と混ぜるとこの具がまた活きる!

そのお粥、、、
ホタテの貝柱をほぐしたものがたくさん入ったお粥は、滋養豊かな癒し系のモノで、ラーメンとの相性も抜群!
そのまま食べても、ラーメンと混ぜてもうまいです。
素晴らしい!



弱った今の体にぴったりのお店を、絶好のタイミングで見つけた喜び、、、
ナニゲにメニューもたくさんあるし、是非また来たい!と思いました。








■住所
東京都葛飾区立石1-14-4

■営業時間
17:30~2:00(売切れ次第終了)

■定休日
日曜







2007.12.25
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

食彩屋 一源 南越谷店


「こんなところも対象範囲?越谷中華」シリーズ。

本日は、


私たちが

私たちが、食彩屋 一源ですっ!


刺盛りあがったよー

あいよ~、刺盛りあがったよ~!

おいしいって言って頂けるのが、励みになりますよねぇ、、

自信作!食~べてくださいっ!



うも笑顔がモットーです


いつも笑顔がモットーです♪

でおなじみ、食彩屋 一源の南越谷店です。
15年くらい前のをそのまま使っているあのCM、大好きなんです!
後ろのお姉さんの目が泳いでいるあたり、サイコーです♪



一源 外観


場所は、東武伊勢崎線新越谷駅西口から右手に歩いて30秒。
武蔵野線の高架下のあります。
なので、電車が通ると揺れます(笑)
ネオンが派手派手しいので、夜はかなり目立ちます。



萬龍 ラーメン


入り口に貼ってあるメニュー。
居酒屋だけあって、かなりバリエーション豊富です。
コースもあるようです。
いつも思いますが、居酒屋チェーンって食材の管理が大変そうですね、、、



萬龍 店内


店内は高架下だけあって細長く、席数もかなりありますね。
パッと見キャパは、L字カウンター12席、テーブル4人席12、座敷4人席8、座敷10人?席2。
厨房はまったく見えないので人数はわかりませんが、フロアはアルバイトらしきおじさんやおばさんと学生3人。
時々厨房から社員がフォローに出てました。
午前5時の入店で、先客18後客21。
さすがの集客力です、、、
場所と時間帯もあって、客層はホストとか、学生とか、仕事帰りのお水の方がほとんどです。



萬龍 餃子


居酒屋だけあって、メニューはぶ厚いです。
表紙には「おかげさまで39周年」の文字。
昔の一源は知りませんが、駅前立地と豊富なメニュー、マニュアルのない自由な店作り、プロの料理人による調理など、ほかのチェーン店と違いかなり異質な居酒屋チェーン店ですが、それはそれで今もこうして生き残っているわけですから、それなりにうまくいってるんでしょうね。
ということで、ラーメンと餃子を注文(笑)



萬龍 メニュー

ラーメン  500円

予想通り、かなり普通な外見のラーメン。
スープは鶏ガラメインな感じですが、かなり野菜の旨味が強め。
化調も普通に感じますが、違和感なく普通においしいです。意外(笑)
麺は中くらいの極めて中庸なイメージ。
コシ、食感、のど越し、味などすべてが普通としかいいようがない感じで、スープとの相性もまずまず。
具は、やわらかくて少し安い感じのチャーシュー、見た目以外はかなり存在感の薄いワカメ、思ったより味の薄いメンマ、なると。
それぞれ個性のなさが逆に個性みたいな具ですが、まとまり感はあります。



一源 餃子

自家製餃子  480円

焼き色も良好で少し大きめの餃子。
だてにラーメンと同じくらいの値段ではありません。
が、その大きさを支えるためか皮が厚めで、かなり食感はゴツイです。
コシのある餃子とでも言いましょうか(違うな)
餡は相応にたくさん入っていて、かなり腹にたまります。
つまみとしてガシガシ食うにはいいかもしれません。



というわけで、なぜか居酒屋にも着てしまいましたが、まぁこんなもんかな?という観測の域は出ませんでしたが、その普通さもある程度のレベルが保たれていればおいしく感じるということでしょうか。







■住所
埼玉県越谷市南越谷4-3-1

■営業時間 
24時間

■定休日
なし(年中無休)







2007.12.2
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

お食事処 もりたのギョーザ 


「麺類じゃないじゃん!越谷中華?」シリーズ。

本日は、大泊の住宅街にあるお食事処 もりたのギョーザです。
ここは店の半分が惣菜屋みたいになっていて、後の半分が定食屋さんになってます。
以前何回かテイクアウトしたことがありますが、ここで食事をしたことはなかったので、メニューに麺類がある事を祈りつつ入ってみました。



もりたのギョーザ 


場所は、東武伊勢崎線せんげん台駅東口から旧4号を渡り、セブンイレブンのある最初の信号を左折、橋を渡って細めのウネウネした道を3,400mくらい行くと、左手に看板が見えます。
写真正面がテイクアウト用のスペースで、右半分がお食事用になってます。



もりたのギョーザ 店内


店内は簡素な雰囲気ですが不潔感はあまりないので居易いです。
テーブルがもうなんというか、家庭用なのもいい感じ♪
”アットホーム”を絵に描いたようなお店です。
キャパは、テーブル4人席2、テーブル2人席1のみ。
愛想のいい中年のご夫婦がやってます。
こういう店に愛想の良さは不可欠ですよね。
午後1時過ぎの入店で、先客1後客0。



もりたのギョーザ テイクアウト


店名には”ギョーザ”と入っていますが、天ぷらの暖簾がかかっているのもグー。
焼き物、揚げ物の他に昔は煮物などの惣菜もあったと記憶してますが、今もあるのかな?
この時は見なかったのでわかりません。



もりたのギョーザ メニュー


店内のメニューは、普通の定食屋と同じ。
焼き魚定食や、揚げ物系定食、どんぶりモノがメイン。
餃子は完全に脇役で、当然麺類も皆無です(苦笑)
ギョーザ定食を注文。



もりたのギョーザ 定職

ギョーザ定食  550円

6個の餃子に、ご飯、味噌汁、お漬物、煮物(きんぴら)が付いてます。
こういう定食然とした定食を食べるのもかなり久しぶりな気がします。
こういうのもいいですね、 た ま に は 。

で餃子ですが、以前テイクアウトした時(5年位前)は大してうまくもないじゃんと思ってましたが、ここで焼きたてを食べると思ったより全然うまい。
焼き加減はしっかりとコントラストがあってベストに近いし、餡が適度に味が付いていてそのまま食べてもおいしい。
ただ食べ進むにつれて、野菜の苦味と香辛料が口につくような感じになったのは残念でしたが、概ねOKな餃子です。
ご飯もちゃんとふっくらしてたし、きんぴらも普通にうまかった。
白菜の漬物は浅漬け感丸出しであまり好みではなかったですが、久々だったので嬉しかったです。
味噌汁はちょっと普通過ぎて安っぽかったかな、、、



まぁでも550円で昼飯をそこそこお腹一杯食べられるのですから、いいんじゃないでしょうか。
たまーに白飯を食べると、なんだか安心しますね。
でも、麺類が食べたかった、、、
(半ば覚悟してましたが、自分の責任です)







■住所
埼玉県越谷市大泊32-1

■営業時間
11:00~14:00
16:00~20:00

■定休日
日曜







2007.12.22
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : せんげん台 |

バーミヤン 越谷花田店


「越谷中華の裾野を探検する」シリーズ。

本日は、中華ファミレスチェーンのバーミヤン 越谷花田店です。
バーミヤンはたくさん行った事ありますが(笑)、ここははじめて行きました。



バーミヤン越谷花田 外観


場所は、東部伊勢崎線北越谷駅東口から越谷・野田線を野田方面に2kmくらい行ったところでしょうか、キャンベルタウン野鳥の森の手前にある新方川にかかる橋のたもとにあります。
地元住民がよく利用する通り沿いに店を作る「バーミヤン方式」立地の典型的な例ですね。



バーミヤン越谷花田 店内


店内はファミレスながら木を多用した落ち着いた佇まい。
キャパはテーブル4人席で言うと23くらいでしょうか。
テーブルを動かすことで一人客にも団体にも対応出来るので、一概には言えませんが。
午後3時過ぎの入店で先客11後客4。
アイドルタイムの客層は、地元の主婦や学生がメインです。



バーミヤン越谷花田 店内2


厨房には社員らしきお兄さんが一人とバイトのおばさん?の2人っぽかったです。
フロアは若くてしっかりしたお姉さんバイトが二人。
月末だったので、棚卸しのために一人は備品をカウントしてましたね。
社員の人も時々表に出てきてフロアの様子を見てたので、しっかりした店なのでしょう。



バーミヤン越谷花田 メニュー


元々「高価なイメージのあった中華料理をリーズナブルな価格で提供する」のがコンセプトなので、メニューの種類は豊富。
前菜、一品料理、スープ、麺、アルコール、デザートまで幅広い取り揃えです。
その中から、バーミヤンラーメンにしようかと悩みましたが、調理レベルを見たかったので五目麺と、餃子を注文。



バーミヤン越谷花田 五目麺

五目麺  690円(724円)

昔と微妙に具の内容が変わっていますが、味はそのまんま。
肉と野菜を炒めたあんかけが乗っています。
なんていうんでしょう、、、普通♪
焦げる事もなく、野菜がしなびている事もなく、普通にうまいです。
安定感を感じます。
スープは少し薄味ですが、あんかけの旨味とバランスが取れています。
麺は卵も使ったかん水麺ですが、昔からそんなにコシが強いというわけではありません。
懐かしい味です。



バーミヤン越谷花田 餃子

焼餃子  230円(241円)

餃子、昔は180円でしたが、都心の店舗によってはこの値段のところもありました。
今は郊外型でこの値段なんですね。
焼き加減は良好で、皮の食感もある程度モチモチッとしてていい感じ。
餡そのものの味付けも濃い目なのでそのままでも食べられますが、酢醤油につけたほうがおいしいです。
ただ、大きさもやや小さいし、昔の値段が刷り込まれているので、お値打ち感は薄れています。



接客もいいし、味もチェーン店としてのレベルをしっかりと維持しているので、素晴らしいと思います。
このまま頑張って頂きたい。
(超上から目線だし(笑 )







■住所
埼玉県越谷市花田2丁目14-9

■営業時間
10:00~02:00

■定休日
なし






2007.11.30
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 北越谷 |

中華料理 秦林


「越谷の秘境に中華屋を見た!」シリーズ。

本日は、川柳町の中華料理 秦林です。

以前、東町の美春に行った時(夜)にここの様子を見ると、閉店していたのはともかく、とても昼間営業していたとは思えないオーラが漂っていたので、既に廃業してしまったのかと勝手に思い込んでいましたが、別の機会(昼)に前を通ってみたらなんと赤い真新しい暖簾がかかっていてビックリ!
なので、ここに来る機会を窺っていたのです、、、



秦林 概観


場所は、、、
説明し難いなぁ(苦笑)
ココです。

う~む、何もない、、、
草加公園とか、レイクタウンとか、あっちのほうです。
家の一部が店舗になってます。
が、テントは既に色褪せてて、上のほうは破れてます、、、



秦林 店内


店内はカウンター5席と、小さいテーブル4人席1のみ。
角地という事で入り口が斜めになっている(店内は台形)のは弥栄町の興楽みたいでもあります。
店は女主人?がひとりでやってました、、、
午後1時の入店で、先客1後客0。
出前もやってるようで、店の前には出前用バイクが置いてありました。



秦林 カウンター、


店内の壁はところどころ剥がれ、○ビているところも散見されます、、、
テレビからは、「何が出るかな~?」なんて声が能天気に響いています、、、
なんという風情でしょうか、、、
つげ義春の世界を地で行く、、、とでもいいましょうか、、、



秦林 メニュー


メニューには大仰にも「御献立表」とタイトルがついています。
スープまであるとは少し意外。
”チャシュー”表記には少し引っかかりましたが、それよりももっと惹かれたダローラーメンと、餃子を注文。



秦林 餃子

ギョーザ  350円

先に来たのは餃子。
見てわかるように粉っぽい食感ですが、皮そのものは適度な歯応えがあって悪くないです。
しかし、野菜メインの餡はかなり苦味があって、夕方まで口の中に苦い感じが残りました、、、
酢醤油につけてもそれは変わりませんでした。



秦林 ラーメン

ダローラーメン  700円

注文する前におばさんに聞いた通り、汁っけが全て片栗でとじてあります。
麺は、予想通り中細のユルユル麺。
コシは当然ありませんが、それは中華屋ではデフォだし、むしろ好き♪

しかしこのラーメンのハイライトは、ニンジン、ニラ、ニンニク、玉子、挽肉、もやしなどの具が、ラーメンのスープ全てと共に”あんかけ”になっている事!

”全あんかけ”と化した見た目は、どんぶりの下のほうまで徹底されています。



秦林 汁なし


しかしこのあんかけ、おいしくない、、、

なんというか、味が中途半端というか、、、
スープのダシが元々希薄な上、具材もそこまで旨味が出るほどの量を使っていないので、全体的に味が散漫で薄い、、、
玉子の殻も2回噛みました。
その薄いあんかけと麺を食べても、なんというか、なんというか、、、です。
アイデアはいいと思うのですが、、、



ダローラーメン、さいたま市の七里に有名なお店があるらしいですが、それ以外での記述は見つかりませんでした。
本家がどんなモノを出しているのか、気になりますね。







■住所
埼玉県越谷市川柳町5-232-14

■営業時間
11:00?~?

■定休日
月曜







2007.12.21
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 蒲生 |

お食事処 山楽食堂


「ここも越谷中華なの?」シリーズ。

本日は、北越谷の旧浦和越谷線沿いにあるお食事処 中華定食 山楽食堂です。
ここはかなり昔からありますよねぇ、学生時代に毎日この店の前を自転車で通ってました。



山楽食堂 外観


場所は、国道4号バイパス神明町交差点(温野菜とか牛角とかある)を川口方面に入って、100m行かないくらい?右手にあります。
昔はもっと汚かったのですが、数年前にリフォームして(リニューアルって感じじゃないなぁ(笑 )きれいになりました。
道路沿いの看板ネオンも結構目立ちます。



山楽食堂 店内


”食堂”と名がつくだけあって、店内は昭和の食堂そのまんま。
安いテーブルにイス、広い座敷には薄い座布団、壁にはカレンダー、そしてなぜか金魚鉢にはグッピー(笑)。
キャパは、テーブル2人席1、テーブル3人席1、テーブル4人席5、テーブル7人席2、座敷6人席3と、かなり変則的ですが、実際はテーブルは全部同じでイスが4つ揃ってたり揃ってなかったりするだけです。
店は中年のご夫婦でやってます。
奥さんは江戸っ子みたいなシャキシャキした感じの方でした。
午後6時半くらいの入店で、先客2後客0。
先客はもろ常連さん風情のお年寄りで、ケータイをイジくりながら法事の事について延々と語ってました(笑)
今時のご老人は、ケータイ操るの超速ぇ!!!
ちょっとビビリました、、、
風邪をひいて調子が悪かったので、タンメンと餃子を注文。
(いつもと変わらんやん)



山楽食堂 ラーメン

タンメン  600円

キャベツではなく白菜、にんじん、ニラ、豚肉に、大量のもやし、たまねぎが入ったタンメン。
麺はかんすいチックですがあまりコシのない中細縮れ。
しっかりと底でダマになってるのはご愛嬌。
スープはあまりダシの味がしなくて、はっきりと味の素系が感じられるもの。
野菜の旨味はあまりスープに活かされてないので、正直そんなに奥深い味ではないです。
滋養強壮に野菜の旨味を吸収したかったのですが、化学調味料を摂取してしまいました(苦笑)
可もなく不可もなく、、、といったタンメンでした。



山楽食堂 餃子

餃子  330円

限りなく偏差値50に近い餃子。
焼き加減は多少ムラがありますが、全然OKなレベル。
焼き目と横の食感も、そこそこコントラストがあっていいです。
餡は野菜メインであまり動物系の旨味が感じられず、胡椒がキツめ。
酢醤油につけても妙にキツい胡椒が舌に残ります。



ヤクルトおばさんやピザーラの宅配がサンタクロースのカッコをしているのを窓越しに見つつ、昔ながらの食堂で、咳をしてもひとり、、、みたいな。







■住所
埼玉県越谷市神明町2丁目384

■営業時間
11:00~21:00?

■定休日
金曜(っぽい)







2007.12.20
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 北越谷 |

井之上屋 その3


昼の早めに仕事が一段落したので、久々に春日部方面へ行ってみました。

ホントは八州のその後が気になっていたので昼のうちに行くか、だい慶にしようかと思ってましたが、井之上屋が頭に浮かんできてしまったので、そのまま春日部警察方面へ、、、

着いたのは午後1時半くらい。
先客4後客0で昼の部終了でした。
いつものお兄さんがひとりで全部やってました。
前回はこってり醤油でしたが、やはり原点回帰ということで塩を注文。



20071208014404.jpg

全部のせ塩らぁ麺  900円

いや、、、なんていうんでしょうか。

井之上屋、サイコー!

マジ、ここの塩はうまいです。
動物系と魚介系が高次元でバランスよくブレンドされたスープは当然塩角なんか立ってなくて、口の中で素直に旨味を食わせます。
体に心地よくスープが染み渡っていく感じ?

丁寧に逆手で湯きりされた麺は、しなやかな口当たりで麺そのものの存在を主張しますが、でしゃばる事なく全体に溶け込んでます。
少し粘着感がありますが、スープを壊さないようにかんすい控えめなのかな?

具のチャーシューは肉感は少ないですが適度な旨味を保っていてウマイ。
わんたんも、この間行った渋谷の八雲ほどの滑らかさはありませんが、エビ本来の口当たりと少し荒々しい旨味が程よくマッチ。
メンマの味付けも控えめジャスト、味玉も適度なまろ味がよいアクセント。
海苔の香りは控えめながらこれだけは少し違和感を覚えましたが、水菜は芯の部分がメインで、臭みも嫌味もなくすんなり麺の食感に溶け込みます。


ただ、、、全体としては盛りだくさんだし、それぞれが全体の中のパーツとして役割をこなしてはいますが、”全部のせ”はちょっと欲張り過ぎたかな?と思いました。
重装備にし過ぎて動きづらくなってしまった感じといいましょうか。

ただそれでも、なんというか、、、
以前のような繊細で小難しい感じが抜けたというか、、、
確かに高次元であるがゆえにその印象も極めて繊細で、ある意味トゲトゲしいイメージのラーメンでしたが(醤油は別)、この日の感想はなんかいい意味で丸くなったなぁというものでした。

また春日部方面に行く機会があったら、井之上屋に行ってしまいそうな気がする、、、(苦笑)



2007.11.29
Comment : 4
TrackBack : 0

まめぞう 北越谷店


さて今日はどこに行こうか、、、

”マメ”という言葉とは全く縁遠いワタクシですが、知りうる限りの越谷中華&ラーメン店をリストアップした表のチェックも残り少なくなってきました。

そんな中から、まだネタにしてなかったので義務感で行って来ましたまめぞう 北越谷店

少しは”マメ”になれるかな?



まめぞう 北越 外観


場所は、東武伊勢崎線北越谷駅東口からまっすぐ松伏方面へ1kmくらい?行ったマツキヨとか、サンクスとか宮脇書店とかデカイ靴屋さんがある交差点の一角。
靴屋さんの道路を挟んだ向かい側にあります。
実は2週間前にも来たんですが、夜の部オープン前の午後6時前に店に着いたら、なんと10人くらい並んでてビックリ!
並んででも食べたい店ではなかったので、新越谷に向かった、、、という過去を引きずって(?)、本日再びオープン直後に到着。



まめぞう 北越 カウンター


この日は午後6時過ぎの入店で、先客2後客3。
この間はたまたま混んでいただけだった?
店内はブラックウッドのカウンターに、アジアン屋台テイストな柱紙とか照明が微妙に効いてます。
でも、テレビがあるのは珍しいですね。
スーパーニュースでCLをやっていたので、ガン見してしまいました。
キャパは、L字カウンター14席。
カウンターにはかなり好感度のあるお兄さんと、調理補助兼下げ物係の若いお姉ちゃん。
毎度毎度思いますが、まめぞうは味はあまり好きではないけど、接客はピカイチですね。
株)ジンクルって、いい会社なんでしょう。
お姉ちゃんは普通でしたが。



まめぞう 北越 メニュー


メニューも特に変わったところはなく、トッピングと餃子類、そしてミニどんぶりのみ。
むしろ、ラーメンの種類が少ないところが、次々と変化していくこの会社の形態の中でオリジナルに近い感じがします。
ラーメンと茹でギョーザを注文。



まめぞう 北越 茹で餃子

茹でギョーザ  300円

先に来たのは茹でギョーザ。
水餃子ではなくて、茹で餃子。
業務提携していた?けいとうごとくと同じようにかなり小さめの餃子ですが、茹で餃子なので当然アレンジが加わってます。
全体に甘めのタレがかかっていて、上には万能ネギと白ネギの千切りが添えられています。
見た目の彩りも綺麗ですね。
皿の端にはカラシもついていて、これが餃子と良く合います。
が、餃子そのものは一緒?
皮は茹でてあるので食感はツルッとしていますが、肉メインながら少ない餡といい、形といい、焼き餃子と同じように感じました。
まぁ同じだからダメと言うつもりはありませんし、これはこれでおいしいです。



まめぞう 北越 ラーメン

まめぞうラーメン  600円

オーソドックスなまめぞうテイストあふれる豚骨醤油です。
が、前よりマイルドになった?
スープは以前のようなキツくて濃い味は鳴りを潜め、かなり飲みやすくなってます。
柑橘系の香りもしたので、爽やかさが増したのでしょうか?
「ごとく」のような野菜シチューの如きトロトロ感とは違い、豚骨勝負なところは変わりない気がします。

菅野製麺製の中くらいの平打ち気味な麺はあまりコシがありませんが、麺としての存在感はしっかりあり、麺の味そのものがスープと相性が良い。
醤油の味と風味がかなり希薄だったので、マイルドに感じたのかもしれません。



前から味以外はむしろ高く評価していたまめぞうですが、肝心の味がカラくて濃過ぎだったので敬遠してました。
でも、これなら行ってもいいかな。近いし(笑)

しかし、全体的に写真がボヤけてますねぇ。
もうちょっと、ちゃんとレンズ拭いてから撮ろ。







■住所
埼玉県越谷市東大沢5-16-2

■営業時間
11:30~14:30 18:00~2:00
11:30~14:30 17:00~2:00(日曜)

■定休日
なし(年中無休)







2007.11.28
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 北越谷 |

中華食堂 日高屋 越谷店 


「越谷のチェーン店を食べ歩く?」シリーズ。

本日は、越谷駅前の中華食堂 日高屋 越谷店です。
ここは何回か行った事ありますが、知り合いがバイトしてたくらいしか印象にありません。

日高屋は埼玉県の地元企業で、ハイディ日高が関東を中心に展開する中華チェーンの基幹となるお店で、いろんなところでよく見かけます。



日高屋 越谷店 外観


場所は、東武伊勢崎線越谷駅東口から斜め左に歩いて30秒くらい。
駅からかなり近いです。



日高屋 越谷店 厨房


店内は少し薄暗い感じはありますが、怪しい感じは全くありません。
客層は、サラリーマンや主婦、高校生やお年寄りなど多彩。
廉価で入りやすいお店としての狙いは、しっかりと浸透しているようです。
キャパは、大雑把にいうとテーブル4人席10。
(2人テーブルが動かせるようになってるので)



日高屋 越谷店 店内


午後3時半の入店で、先客9後客4とそこそこの集客力。
厨房にはお兄さんがひとり、フロアは感じのいいお姉さんがひとりで仕切ってます。
ふたりともテキパキと仕事をこなしていて、アイドルの時間帯とはいえ駅前立地で繁忙なはずですから、それなりに仕事が出来るようです。



日高屋 越谷店 メニュー


この写真はメインメニューではありませんが、、、
メニューは”中華食堂”と謳うだけあって、麺類と一品(定食)がメイン。
「ニラキムチ」がちょっと珍しいですかね。
その中から、温玉旨辛ラーメンセットを注文。



日高屋 越谷店 ラーメン

温玉旨辛ラーメンセット  720円(期間限定。本来は\750)

日高屋のスープをベースに?、旨辛いあんかけが乗っています。
麺は「真空ミキシング製法」で仕上げたという中細のもの。
喉越しはいいですが、なにか物足りない感じがするのはなぜ?

スープは「丸鶏と鶏がらや豚は良質で栄養豊富な国産原料を使用し長時間かけ秘伝のスープ」との事ですが、メインメニューである”中華そば”ならともかく、このラーメンには合ってない気がします。
ニラと挽肉が入ったあんかけの味は確かに旨辛いのですが、味付けそのものがあまり濃くなく、スープも中華そばをベースにして作られたものでしょうから、全体的に薄い印象は否めません。
しかもこれでご飯を食べるのは、やはり味が薄めなので物足りないし、、、
温玉は自分で割らないといけないのですが、白身が柔らかいので非常に剥き難く、手がベチャベチャになります。

ただまぁ、まずいというわけでもなく、むしろ普通においしいラーメンです。
良くも悪くもチェーン店の無難な味といいましょうか、、、



日高屋 越谷店 餃子


後から来た餃子。
焼き目に少し焦げカスが付いています。
色目時には少し物足りない感じがしますが、食感はパリッとしてて良好です。
餡は「ホントに野菜餃子?」と思うほど肉が多めでしたが、可もなく不可もない酢醤油で活きるタイプ。
口休めにはなります。

あと残念なのは、ご飯が固かったこと。
チェーン店ではありがちですが、そこはやっぱりしっかりと押さえてもらいたいです。







■住所
埼玉県越谷市弥生町9-29島田屋ビル1F

■営業時間
10:30~2:00

■定休日
なし







2007.12.19
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

麺座 風水


この時期仕事がヒマなので、少しだけ遠くへご飯を食べに行きました。
場所は、国道4号と旧4号が交差する西保木間交差点と東武伊勢崎線谷塚駅の間くらいでしょうか。

それが麺座 風水です。
最近出来たばかりの店で、松戸のラーメン寺子屋出身だそうです。
店の存在を知って地図で場所を確認したとき、背脂ちゃっちゃ系の名店らーめん湧井が店名を変えたのかと勝手に思ってました(苦笑)



麺座 風水 外観


場所は、東武伊勢崎線谷塚駅東口から旧4号に出たら右折し、200mくらい行ったところでしょうか。
「自家製麺」というデカい看板が目立ちます。
(写ってないけど)



麺座 風水 入り口


入り口にはまだ花輪が置かれています。
店に入るとまず食券を買うシステム。
店内はカウンター8席と、仕切られたテーブル4人席が2。
簾を多用した珍しいインテリアですが、清潔感があって、なんとなくプライバシーも守られてる気がして(気のせいですが)、悪くないです。



麺座 風水 カウンター


この時間だけかもしれませんが、えらく丁寧なお兄さんが一人でやっています。
午前0時くらいの入店で、先客0後客2。
テーブルからカウンターがなんとなく見えます。
BGMはレゲエです♪



麺座 風水 メニュー


メニューはシンプルにラーメンとつけめんのみ。
自分のラーメンに対する自身と意気込みが感じられます。
(最初だからメニューを絞り込んでるのかもしれませんが)
自家製の麺は茹で時間がかかると書いてあります。
らぁめんと味付卵、餃子の食券を購入。



麺座 風水 餃子

餃子 5ヶ  270円

先に来たのは餃子。
皮の味がはっきりしていて、酢醤油との相性もそこそこいいのですが、焼き加減がイマイチなのが残念。
あと1分は焼いて欲しかった。
なので、皮がヌチャってしてしまってました。
だから余計に皮の味が際立っていたわけですが。
ま、安いのでいいか、、、



麺座 風水 ラーメン

らぁめん  630円
味付玉子  70円


味玉を入れたことでかなり豪華な見た目になりました(笑)
麺は確かに太くてツルツル、喉越しがいいですね。
味そのものも好みです。

スープは動物系が強め。
ラーメン寺子屋出身だし、「麺座」と付いていますから、どうしても越谷の麺座 でんと比べてしまいますが、あちらがかなり露骨な魚介ふんだんな青葉インスパイアなのに比べて、こちらは動物系があくまでメイン。
見た目も多少似ていますが、ここまで動物系が強いと青葉の影は(あまり)ちらつきません。
ただそれが個性を少し弱くしてしまっている気もしないでもない、、、

具は、少し冷たいバラチャーシュー、多めのホウレン草、味濃い目のメンマ、風味の豊かな海苔、そして味玉。
特にこれといった印象はないですが、うまく全体的には纏まっている様子。
今後に期待!といったところでしょうか。




地元に根ざしたお店をやっていきたいとの事ですが、お子様用イスがあるのもいいのですが、それだったら昼間に営業するべきではないでしょうか。
土日だけならまだしも、平日の夜に子供連れで出かけられる家庭はそう多くないはずだし、昼間だったら地元の主婦やお年寄りにも受け入れられそうだし、、、
それなりの理由があるのかもしれませんが、なぜ夜のみ営業なのかちょっと量りかねます、、、
(それも最初だからという理由かもしれませんが)







■住所
埼玉県草加市瀬崎町1306-6

■営業時間
18:00~25:00(売切れ次第終了)

■定休日
水曜(不定休)







2007.12.18
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

ラーメン 大 堀切店(2回目)


麺香房 天照が思ったより空いていたので時間に余裕が♪

糀やでつけ麺を食おうと思いましたが、少し気になったのでラーメン 大を覗いてみました。



東華楼 メニュー


ちょうど通りの反対側では、なにやらお店を改装中。
また新しいラーメン屋でも出来るんでしょうか。

で、大の前まで来てみると、これまたヒマそう、、、
しかも、油そばこそ売り切れていたものの、つけラーメンがまだあったので、勢いで入ってしまいました!
次郎系のつけめんって、、、どんなのかな?



ラーメン 大 券売機


券売機はこんな感じで、店の外に置いてあります。
いつも閉店後も出しっぱなしです。
この時間でもヒマなのね、、、
同じような二郎なのに、やはりジロリアンにしてみれば全然違うのでしょう。
それでこんなに客が少ないなんて、ジロリアンの舌はすごいな。



東華楼 ラーメン


店に入ると、以前とは違う若いお兄さんが一人でやっています。
午後9時前の入店で、先客1後客0。
客が少ないとすぐ食べられるのでいいんですが、こちらの頭には「二郎 = 行列」という方程式が刷り込まれていますので、なんか勝手に同情してしまいます。
ここ、おいしいのに、、、



ラーメン 大 移転


で、ふと目の前の張り紙を見ると、、、
「移転のお知らせ」が。
よく見てみると、、、目の前じゃん!
しかも、11月下旬予定との事。
さっき見た改装中のお店は、ここの移転先だったのね!
お客さんが少ないのは、その影響もあるのかな?

なんて考えながら待っていると、つけラーメン到着、、、
かと思いきや、

「どうなさいますか?」

と聞かれました。
一瞬何のことかわからなかったんですが、”つけ”でもコールがあるんですね。



東華楼 店内


全然考えてなかったし、二郎に行き慣れてるわけでもないので、とりあえず野菜多めでお願いしました。



東華楼 餃子

つけラーメン  700円

当然のことながら、野菜満載!
ヒヨった自分は少し後悔しましたが、食べ初めて後悔したことを後悔しました。
麺はやはりラーメン二郎特有の極太縮れ麺でコシもアリアリなんですが(〆てるから余計に)、少しさっぱりしたつけダレも相まって箸が進む進む、、、
自分、完全に二郎系に対する免疫が出来てしまったと思います。
うまいですもん♪
zuも、腹が減ってる時に「大」で食べればイケルんじゃないかなぁ。
あそこまでキツくないし。
野菜にあまりシャキシャキ感がなくクタクタですが、量の多いモヤシよりもキャベツのほうがニオイが強いです。

つけダレは、醤油の味と動物系の旨味+化調、そこに酸味が加わり、背脂は浮いていますがサッパリしています。
そして後から湧き上がってくるなんとも言えない「おいしい感じ」
なんなんでしょうか、これは?
前に来たときも感じました。
これがグルエース効果なんでしょうか?
中にはメンマが入っていて、ブタは麺に盛り付けられているのみ。
かなり固めのチャーシューで旨味はやや少なめ。
でも総じておいしいという感想は変わりません。



そのうち自分も、「カエシが強め」とか、「ニンニク、ヤサイマシ」とか、「醤二郎というより乳二郎」とか言い始めるんでしょうか(笑)







■住所
東京都葛飾区堀切5-4-1

■営業時間
11:45~15:00 17:00~24:40(ちょっと違うかも)

■定休日
なし(年中無休)







2007.11.27
Comment : 2
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

麺香房 天照


ここに来ようとしてもう何回フラれたのかわかりませんが(5,6回?)、最早”自分の庭”と称してもおかしくないくらい通っている堀切菖蒲園駅前。

仕事がかなり変則的になってしまったので、初めて電車で堀切菖蒲園まで行ってみました。

もちろんお目当ては、麺香房 天照です。



麺香房 天照 外観


場所は、京成線堀切菖蒲園駅から大通りに出て右に曲がり、50mくらい行くと右手にあります。
駅から歩いて30秒くらい?
知ってはいましたが、やはり近い!
しかし時間が制限されているので、行列してたらヤバイかも?と思ってましたが、、、



番 メニュー


店内はかなり閑散としています、、、
午後8時半の入店で、先客2後客5。
先客は老夫婦のみ。
思ったよりヒマそうです。
ちょっと拍子抜け、、、
店主が中国人の女の人になったとかならないとか、、、
関係あるんですかね?



番 店内


店内は布を多用したアジアンテイストな雰囲気で、カウンターはなくテーブル4人席6のみ。
BGMもなんとなくそれっぽいモノがかかっています。
厨房には男の人が二人、フロアは若いお姉さんが一人。
接客うんぬんの評判をよく聞きますが、自分は普通、、、、
良くも悪くもないといった感じです。
時間に余裕が出来たので、天照らー麺(小)と杏仁豆腐を注文。



番 ラーメン

天照らー麺(小)  540円

夢にまで見た(大げさ)天照のラーメン、、、
やはり普通でない雰囲気を持っています。
スープを飲むと、基本的には豚骨魚介醤油みたいなんだけど、なんか違う、、、
動物系よりは野菜が強めで、魚介は感じられつつも、まろやかな醤油のほうがハッキリしている、、
そこに焦がしネギと香味油?がよりアジアンを強く打ち出している感じ。
でも見た目ほど濃くはありません。
ナンプラーなども入っているそうで、完全に独自の路線を歩んでいます。
新しい!
でも、正直そこまでスゴイ!というインパクトは感じませんでした。
うまいけど。

麺は中太の縮れ麺ですが、次郎系ほどのボキボキ感はなく、このスープに合わせてチューニングされている模様。
違和感も全くなく、スープとうまく調和しています。

具のチャーシューは基本的にはと同じ様な感じ。
食感のはっきりした肉を食わせるタイプ。
大きな四角いメンマは1本だけでしたが、これがデフォなんでしょうか?
さすがに1本はちょっと寂しい。
後は青ネギと、小口ネギと、たまねぎミジンが、これまたアジアンテイストに一役買っています。



CA250388.jpg

とろとろクリーミーな杏仁豆腐  380円

食後に杏仁豆腐。
いい値段するだけあって、よく出来てます。
少し固めながら杏仁特有のプルプル感はしっかりキープ。
口の中でうまくトロけます。
つけダレで食べさせるタイプも多いですが、これは杏仁そのものに甘味がしっかりついてます。
そこにミントとクコの実がいいアクセント。
クコの実にも甘味をプラスしています。
量もそこそこあるし、満足しました。



何度もフラれた事もあって思い入れが強過ぎた感は否めませんが、それでもクオリティの高さは十分。
今度はつけめんを食べてみたいです。







■住所
東京都葛飾区堀切5-3-1

■営業時間
11:45~2:00(実質1:30まで。17時の前後で営業形態が変わります)

■定休日
なし(年中無休)







2007.11.27
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

ギョーザやさん


本来は「越谷中華の麺類を食べる」ブログですが、市内の中華屋を検索していると餃子専門店も当然引っかかってきます。

麺類じゃないけど餃子も好きなので、知りうる限り行ってみる事にしました。
店内で麺類が食べられるかもしれないし。

今知ってるのは3軒。
そのうち、せんげん台の「元ちゃん餃子」は既に閉店済みなので、大泊の「もりたのギョーザ」はいずれ行くとして、今回は「ギョーザやさん」(@谷中)です。



ギョーザやさん 外観


場所は、東武伊勢崎線越谷駅の西口の赤山街道を4号バイパスに向かって進み、武蔵野線手前のハナマサを右折、住宅街に入って200mくらい行くと左手にあります。
来てわかりましたが、どうやらここはテイクアウト専門のようです、、、(苦笑)



ギョーザやさん 正面


店の看板には「手作り餃子とお惣菜の店」「無添加食品」と書いてあります。
中にいるのは近所の主婦や、裏の大きな家の奥さん?らしきおばさん達。
よくある「家族や子供達に安全でおいしいものを食べてもらいたい!」というスローガンを元に近所の主婦連が集まった、、、みたいな感じでしょうかね?
店名に”ギョーザ”と入っていますが、お惣菜なども一緒に売っています。



ギョーザやさん ショーケース


ショーケースの中には調理前のコロッケやロースカツなどもあり、自宅での調理用も普通にあります。
また、お弁当メニューも上の方に書いてあります。



ギョーザやさん 餃子


自分は、基本的に餃子というものは焼きたてが一番うまいのであって、時間が経つにつれておいしさの要素は少しずつ損なわれていくものだと思っています。

餃子って時間が経つと、焼きたての皮のパリパリ感が餡の水分やパッケージの内側の水滴を吸う事で失われるし、餡や皮からも風味が飛んでいくし、妙に固いところと柔らかいところが出来て、固いところは”なんでそんなに?!”ってくらい固くなったりします。

この餃子も基本的には変わりませんが、餡の味付けが濃い目なので冷めてもそこそこおいしく食べられますね。
ただ食感は如何ともし難く、フヤフヤなのはしょうがないか、、、
ラー油と醤油が入っていますが、酢がメインでいつも食べているので、家のやつで食べました。
ていうか、「酢じゃなくて醤油で食べろ」というメッセージだったのかな?
これだけ詰め込んでいるのに皮が剥がれずに1個1個食べられたのは素晴らしい!

ただ、私はアフォなので、冷めた餃子を温めようとレンジでチンしたら、中でバチッと音がしたのでよく見てみると、銀紙が敷いてあるじゃありませんか、、、orz

レンジが壊れたかと思った、、、
自分みたいなアホがいるので、一言言ったほうがいいような気もしますが、自分がアホ過ぎるだけですね。







■住所
埼玉県越谷市谷中町1丁目53

■営業時間
11:00~20:00

■定休日
?(不定休っぽい)







2007.12.18
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

幸楽


「果てしなき遠き越谷中華の旅」シリーズ。

本日は、大間野町にある幸楽です。
正式には「中華料理」という定冠詞が付いているかもしれませんが、忘れました。



幸楽 外観遠目


場所は、国道4号バイパス大間野町交差点を蒲生方面に入り、数百メートル行くとセブンイレブンがあります。
その手前の田んぼの中の道を左に行くと、なんとなくあります。
知らなきゃ絶対行けない店です(笑)



幸楽 外観


外観はほとんど民家ですが、その民家の庭に作られた離れみたいなところで営業しています。
なかなかディープですね、、、



幸楽 店内


店内は、テーブル4人席3、テーブル6人席1。
中年のご夫婦でやってます。
午前11時半くらいの入店で、先客0後客10。
客層は、地元のおじさんや、近隣の工事をやってるガテン系のおじさん達。
思ったより客がいるんですね。



幸楽 厨房


厨房の上にはメニューがたくさん書いてあります。
概ね、一般的な中華屋と同じ。
セット物やスープまであります。
半チャーハンとラーメン、餃子のセットを注文。


幸楽 ラーメンセット

半チャーハン ラーメン ギョーザ  800円

極めてオーソドックスな鶏ガラ野菜スープのラーメン。
普通と違うのは、ナルトが2枚入っているところ?
少し醤油がキツめですが、許容範囲。
中細縮れの麺は柔らかめですが、これまた許容範囲。
チャーシューはかなり味が染み過ぎていますが、これもこの店の味という事で納得出来てしまう感じ。
ネギの風味が良く合います。
ワカメは少し香りがキツめでした。

半チャーハンは少しご飯はネトつく食感で、あまりタイプではありません。
ただ味付けは普通にうまかったです。
ハムとチャーシューが両方入ったチャーハンって珍しいですね。



幸楽 セット餃子


セットの餃子は無理やり小皿に押し込めたような感じ。
皮はムチッとしていて食感はいいのですが、餡がイマイチ野菜の旨味がスポイルされていておいしくない、、、
でも具はその野菜がメイン。。。
酢醤油でごまかして食べるという感じでしょうか。



学生時代、バイトの途中で昼飯を食いに仲間とふらっと立ち寄った中華屋のイメージとなんら違わない雰囲気と味。
懐かしい感じではあります、、、







■住所
埼玉県越谷市大間野町2-38-6

■営業時間
11:00~20:00

■定休日
日曜日







2007.12.18
Comment : 2
TrackBack : 1
Category : 蒲生 |

八州らーめん その2


以前、オープンしたての頃に行って以来、その後が気になっていた八州らーめん
越谷八州のおじさんはいないんだろうなぁ、、、

春日部方面に用事があったので、早めに時間に行ってみました。



八州らーめん 外観


外観は特に変わったところはありません。
当たり前か。
というか、潰れてなくて良かった!
午前11時過ぎの入店で、先客0後客0。



八州らーめん 食べ方


店内には、こないだの少し心配になるおじさんと仕事の出来るバイトのおばさま、奥には前にもいた店主なのかスーパーバイザーだかわからない人がいました。
結構アットホームな雰囲気になってましたね。
おじさんは相変わらず不安定でしたが。
店内にやたら売り出し中!みたいな感じで宣伝してある鴨汁つけ麺雑炊セットと餃子の食券を購入。
水道水は相変わらずでした。



八州らーめん 来た

かも汁つけ麺雑炊セット  680円

かなりオオゴトな感じなってます!
旅館の夕食みたいで、なんか豪華な気がします♪
このデカいお盆は、カウンターの上からではなく、カウンターの仕切りが引き戸になっていて(八州のメニューが貼ってある所)、そこから出てきます。
なるほど、、、考えてますね。
でも、ロウくさい、、、
ネギミジンと生卵、でかいレンゲとお椀がついてます。



八州らーめん もっと来た


と思ってたら別皿で麺が来ました!
そうか、つけ麺だったんだ(笑)
しかし、場所を取りますねぇ。
混んでる時は大変だ!



八州らーめん 更に餃子も来た


と思ってたら、更に餃子も来ました!
一人だったからいいけど、混んでたら超メイワクですね♪
この餃子、焼き加減は上々で普通にうまかったです。
皮のパリ感と餡の適度なジューシーさはうまくバランスが取れてました。



八州らーめん グツグツ


鉄鍋の蓋を開けると、グツグツです♪
「鴨がネギしょってやって来る」と言うだけあって、大きめに切られたネギが入ってます。
その下には鴨の肉が沈んでます。
多少砂糖の甘さと醤油の濃さが気になりますが、これから麺とご飯を入れるので濃い目なんでしょう。
鴨の臭さは全くなく、中細やや縮れの麺は量が少ないのですぐなくなってしまいます。
驚くほどではありませんが、普通にうまいです。
ロウくさいですけど。
少し鴨肉が固めですが、これはしょうがありませんね。
麺がなくなったところで、ご飯と生卵を投入して、また蓋をします。



八州らーめん おじや


しばらくして蓋を開けると、、、
ちょっと待ち過ぎたかな?
玉子が固くなってしまいましたが、それでもおいしく頂きました。
ガッキンガッキンに鴨のダシが効いてるわけでもないのでインパクトは気迫ですが、普通にうまいです。
完食しました。
七味を入れると更にうまかったです。
でも、かなりロウくさかったです、、、



八州らーめん キッチン内フード


どうでもいい事ですが、フードの上の方まで黒く塗ってました。
掃除とか、大丈夫ですかね?
かなりやり難いと思うんですが。




やはり、あの越谷八州のおじさんはいませんでした。。。
聞いたわけではないですが、完全に別の店ですね。
この店は、あのおばさまがいなかったらかなり大変だと思います。
しかし、なぜに鴨?
鴨といえば、越谷だと思うんですが。


ところで、、、
リンクしたので昔の記事を読んでみましたが、拍手が5つも付いてる!
ていうか、拍手って何?
FC2のシステム、未だに理解してません(笑)
あれは、管理とかあるんでしょうかね?
まぁなんというか、ありがとうございます。







2007.12.17
Comment : 0
TrackBack : 0

揚州商人 新横浜店


サッカークラブチームの世界一を決めるクラブワールドカップを見に横浜へ行ったついでにラーメン。

ホントはラ博に行きたかったんですが、当然のごとく長蛇の列!
連れも何人かいたので、仕方なくら~ナビで検索。
そこから程近い中国ラーメン 揚州商人 新横浜店に行きました。



揚州商人 新横浜 外観


場所は、JR新横浜駅北口?から大通りを渡って、新横浜国際ホテルのすぐ横にあります。
たまたますぐに入れましたが、お昼時でもあったのでその後には行列が出来てました。
午後12時半の入店で、先客20後客8後行列25。
駅前&イベント日とはいえ、すごい集客力です、、、



揚州商人 新横浜 店内


以前行った揚州商人 第二産業南中野店と同じように、中国の食堂屋台をイメージした店内。
ごちゃごちゃした感じが、昔行った上海の市場内にある食堂そっくりです。
キャパは、テーブル4人席が8くらい?
奥にもテーブルがあるのかは不明。
厨房内には4,5人、フロアにはお姉さんが3人くらいいました。
従業員は、そのユニフォームのせいなのか日本人でも中国人のような雰囲気を醸してます。



揚州商人 新横浜 メニュy-


ラーメン専門店というわけではないので、メニューは豊富。
でも、ラーメンも充実していて、季節モノも毎回評判がいいですよね。
麺は、細麺と刀切麺から選べます。
牛肉の新味醤油ラーメンと餃子を注文。



揚州商人 新横浜 行zくぁ

餃子(6個)  350円

先に来たのは餃子。
かなり一つ一つの形がきれいなタイプ。
焼き加減も良好で、餡もたっぷりめに入ってます。
その餡は、しっかりめに味がついてますが、やはり酢醤油との相性のほうがいいみたい。
テーブルに置いてあった酢が黒酢で香りが良かったです。



揚州商人 新横浜 ラーメン

牛肉の新味醤油ラーメン  880円

かなり牛肉と椎茸の旨味が前面に出たラーメン。
スープは野菜や化調が強めですが、椎茸の旨味の前には霞んでしまいます、、、
白菜や八角も入ってたと思いますが、それも椎茸の前には、、、
更に食べ進むに従って、どんぶり内の椎茸から更にダシが出るので、どんどん椎茸風味が濃くなって甘くなっていきます!
ほうれん草がかなり多めに入ってますが、箸休めには全然足りません。

麺は、ゆで加減強めなのにかなりコシの強い中太のやや縮れ麺。
ホントに刀で削っているのか太さがまちまちで、しかも短い!
ただそれだけでも中国の雰囲気を出すには充分です。



揚州商人 新横浜 ラーメン2


連れの頼んだ豚玉ラーメンと、冬かきラーメン。
豚玉は塩味ですが濃い目、冬かきラーメンはかなり牡蠣が主張してました。

なんだかんだいって、これからも時々は行きたい店です。







■住所
横浜市港北区新横浜3-7-7 新横浜ルポビル1F

■営業時間
11:00~4:00

■定休日
なし(年中無休)







2007.12.16
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 神奈川 |

麺酒処 らん亭 


仕事が早く終わったので、曳舟の「ヒロシです」に行きたくてクルマを飛ばすこと40分、、、、

駅前ながら探すのに苦労し、やっと見つけたと思ったら「定休日」とは、、、
また「ら~ナビ」にやられた、、、
無休って書いてあるから行ったのにぃ、、、

仕方がないのでら~ナビGPS機能で近隣を探すと、4つ星の店があるじゃありませんか。
しかも午前1時半まで!
なので早速向かいました、麺酒処 らん亭へ!

が、、、
これがまた非常にわかりづらいっ!
30分近くは彷徨ったでしょうか、、、
土地勘が全くないので、かなりウロウロしました。
何度も何度もクルマを停めて地図を確認してたら職質されるし(苦笑)
警察の方に「ラーメン屋を探している」というと、間髪入れずに「ミンミン?」と言ってました。
取材拒否で有名なミンミンは、この界隈では有名なんですね。
「らん亭です」というと、全く知らないようでしたが(苦笑)

で、やっと見つけたその店は、かな~り狭い路地にある隠れ家のような佇まい、、、

この立地は、ワザとですね間違いなく。
それは店の中に入って確信に変わりました。



麺酒処 らん亭 


この狭い一方通行の通り(といってもほとんど真っ暗ですが)の左手には言問小学校があり、右手はこの店と住宅のみ。
小学校の隣というのはわかっていたのですぐに見つかると思ってましたが、こんなに狭い一方通行の路地裏にあるとは、、、

店そのものも民家を改築した下町情緒あふれる作りです。
通りに看板があるのがせめてもの救いでしょうか、、、



麺酒処 らん亭 概観


入り口は、老舗の小料理屋のような雰囲気、、、
暖簾の横には「おでん」の小旗が、、、
しかも中に入ると完全に玄関です!
もちろん靴を脱いで上がります。

「ここは本当にラーメン屋か?」

しかも、こんな場所なのに靴がたくさんあるなぁ、、と思っていたら、後ろから芸者さんが!!!
なんなんだ、ここは、、、
廊下に入ってすぐ右手には、6畳くらいの部屋が。
そこには、テーブルというか5人分くらい用座卓が2卓、左手には小さな4人用カウンター。
そこには、芸者さんと外人さんを連れたタニマチ的な人、カウンターには常連の飲み客が3人、、、
一人だと入り辛ぇ、、、(苦笑)
SHISENYA BAR以来の居心地の悪さです、、、
カウンターで仕切られた向こう側の部屋は調理人のスペースです。
奥には厨房がありますが、有り体に言えば台所(笑)
そのカウンター手前には、かなりうまそうな「おでん」が用意してあります、、、



麺酒処 らん亭 厨房


店主?の方は、カウンターの端っこの一人席へ案内してくれました。
ここは、同じカウンターでも隣の3人とは柱で遮られています。
2階には個室もあるようですね。
午前1時半頃の入店で、先客10後客1。
厨房の中ではその店主に、若いお兄さんとお姉さんがカジュアルな服装で調理しています。
その店主というかご主人も、スーツの上着を脱いでネクタイを外しただけみたいな格好で、とても調理する人には見えません、、、
でも店主は一見さんの自分にも丁寧に接してくれました。
こういう飲み屋風情なところはかなり久しぶりなもんで、なんだか頭が混乱します(んな事ぁないけど)



麺酒処 らん亭 メニュー


メニューはラーメンの醤油、塩、つけめんの他に、おつまみ系、そして右にはアルコールメニューが並びます。
塩の評判がいいことも知らずに、醤油チャーシューと、うまそうだったのでスープ水餃子を注文。



麺酒処 らん亭 ラーメン

醤油チャーシュー  850円

見た目鮮やかな、ひと目でウマいとわかるラーメン!
オーラを感じました。
まずスープですが、醤油の豊かな香りとともに、ダシの鶏、豚、野菜などがうまく絡み合う至高の一品!
ウマイです。すごくウマイです。
「支那そば きび」の時より全然インパクトがあります。
表面には少し多めの油が浮いてますが、醤油と混じって見た目が万華鏡のようです。

そして麺は、中くらいの縮れた平打ち麺でこれがまたスープとよく絡んでウマイ。
三河屋製麺製というこの麺は、ツルツルの食感とモチモチした食感と適度なコシ、そして麺そのもののおいしさが、ラーメンのレベルを上に上に引き上げています。

具のチャーシューは柔らかながらも肉質と旨味を感じさせ、海苔は「きび」と同じく風味豊か(下記)、メンマは控えめな味付けながらも自身を主張してます。青菜はホウレン草のような小松菜のような、でもどちらでもないもの。野沢菜ですか?からし菜?これもかなり丁寧に茹でられたモノで形が良く、いいバランサーになっています。



麺酒処 らん亭 水餃子

スープ水餃子  450円

ついでに頼んだ水餃子でしたが、これまたウマイ。
スープはすごく丁寧に採った感のある鶏ガラベースの中華スープで、こんなにうまい中華スープは、越谷の中華屋さんでもめったに飲めません。
水餃子の皮はしっとりモチモチしていてかなり厚め。
ですが、餡の旨味を閉じ込めるには少し接着が足りなかったようで、箸で持つと崩れてしまったのが残念。(1個だけですが)
餡はショウガがかなり効いているものの、豚や鶏?の旨味がスープと相まってうまいです。
3個しか入っていませんが、スープに浮かんでいたネギと共に、香味野菜のおいしさを再確認させてくれる餃子でした。




大人がゆっくりと飲みながら食べられるようワザとわかりにくい所に作り、お客さんは通な感じの人ばかり。
メニューにも随所にコダワリが感じられ(おつまみは他の人のを見ただけですが)、通を唸らせるだけの接客と腕を感じます。

後から知ったんですが、ここは以前行った支那そば きびのオーナー・渡辺さんが2006年7月にオープンさせたそうで、うまい酒やおつまみと一緒にラーメンも食べられる店として作ったそう。

道理で、隠れ家的飲み屋になってるわけですね。
大人がゆっくりと酒でも飲みながらくつろぎ、締めにうまいラーメン、、、という事ですか。

ていうか、店の名前を良く見れば気づきそうなもんですが(苦笑)、その時はそんなところは全く見る余裕なんかなかったんです、時間もなかったし、職務質問されるし、、、、(汗)

今度は時間がある時に、電車で行きたいですね。
飲めなくなるから(笑)







■住所
東京都墨田区向島5-20-4

■営業時間 
18:00~1:30

■定休日
日曜、祝日







2007.11.26
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内東 |

中華 華萬


「かなり少なくなってきた地元越谷の中華屋さん」シリーズ。

本日は、新越谷の駅近く(というか、南越谷駅の下)にある中華 華萬です。



華萬 概観


場所は、東武伊勢崎線新越谷駅からJR南越谷駅の前を素通りし、武蔵野線沿いを歩いて最初の角で左に武蔵野線をくぐるとすぐ右手に見えます。
武蔵野線をくぐらないで右に行くと、麺匠 大悟があります。
大悟は何回も行ってるけどネタにしたことはなかった気がするので、そのうちまた行きます。

で、ここ華萬はその存在自体は昔から知ってますが、初めて入りました。
もっと汚いイメージしかなかったんですが、実際に行ってみると思ったより全然きれいでした。



華萬 店内


店内も昭和の雰囲気を醸しながら清潔感は保たれています。
お水サーバーに「ご自由にどうぞ」と書いてありますが、おじさんが持ってきてくれました♪
キャパはカウンター5席、テーブル4人席4。
午後6時頃の入店で、先客0後客3。
やはり客層は年配ばかり。
店は、厨房に一回も姿を見せなかった男の人と、接客も兼ねるおじさんの二人でやってます。
おじさんは無愛想な感じですが、丁寧に接してくれます。
高倉健タイプでしょうか?(笑)



CA250372.jpg



メニューはテーブルにはなく、カウンターの上に貼ってあるモノを見て決めます。
基本的には普通の中華屋さんと変わりませんが、焼きそばの種類がやや多めでしょうか。
その中から、五目ソバと餃子を注文。



華萬 五目ソバ

五目ソバ  700円

醤油ベースのあんかけが掛けられた五目ソバ。
このあんかけが、すごく普通なんだけどウマイ!
味付けがすごくバランス良くて、素材やスープとの愛称も抜群。
具の白菜はかなり小さめに切られていて少し食べづらい気もしますが、ちゃんと下ごしらえがされたエビやイカ、うずらやハム、そして小松菜がいい感じで火が通っていてウマイ。
野菜より動物系の具のほうが数が多いのも珍しいですね。

スープはガラベースなんでしょうけどかなり野菜や動物系の旨み、甘みも感じられ、あんかけの味付けと相まって深みが感じられます。

麺は細めのストレート。
しかもかんすいな感じはほとんどしなくて、むしろ小麦感の方が強い。
中華屋ではなく、ラーメン屋の麺みたいです。
そしてこれがまたうまい。
しっかりとコシがあって尚且つ喉越しも良好。
スープとの絡みもかなりいいです。
ちょっとナメてたのもあって、ビックリしました。



華萬 餃子

ギョーザ  350円

写真だと小ぶりに見えますが、普通の大きさです。
形が良くて、焼き加減も良好。
食べた時の食感も心地よくてイイです。
餡は肉と野菜のバランスが同じくらい。
そこそこ旨みもあっておいしいですが、酢醤油をつけたらもっとおいしいです。



昔は汚かったと思うんですが、、、、
おじさんの接客も悪くないし、料理はおいしいし、コダワリみたいなものが感じられて、かなり好感触。
無難に知り合いに勧められるお店だと思います。







■住所
埼玉県越谷市南越谷1-27-14

■営業時間
11:00~14:00 17:00~21:30

■定休日
日・祝







2007.11.26
Comment : 3
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

元祖一条流がんこラーメン八代目分家 味輝拉


鮎ラーメンの後はそのまま帰ろうかと思ってましたが、なんとなくら~ナビ見てたら近場に星の多い店があって、その中のひとつが今まで行ったことのなかった「がんこ」だったので、電車に乗って行ってみました。

それが、元祖一条流がんこラーメン八代目分家 味輝拉です。



がんこ 味輝拉 外観


場所は、東急田園都市線溝の口駅から歩いて4,5分。
方向音痴&土地勘がない上に、道が線路に対して斜めに走っていてわかりづらかったので、自分は30分かかりました(苦笑)
マルエツの裏です。
ビルの前に「ラーメン」という幟は出ていましたが、同じビルに入っている居酒屋の”ついでメニュー”みたいな感じだったし、その幟の前で居酒屋の兄さんが客引きやってたので、最初はラーメン屋だとは思いませんでした。。。
それに、がんこの牛の骨もなかったし、そこからイメージする店の外観とはかけ離れていたし、、、
まさかガラス張りの店だったなんて!



CA250349.jpg


ビルに入ってすぐ左側にあるんですが、券売機は店の外にあります。
ここはがんこでも珍しく魚介を使ったメニューがあり、それが評判がよかったので、その濃香芳凛麺・醤油の食券を購入して店内へ。



味平 店内


店内は、L字カウンターのみ11席くらい。
かなりシンプルなデザインで、今どきな雰囲気です。
中途半端なところにある柱には、がんこ一家の系統図が貼ってありました。
皆さん、コワモテです、、、
驚いたのが、水はカウンター備え付けのサーバーから出てくるという事。
回転すし屋さんでよく見かける、レバーを湯飲みで押すと出てくるアレです。
厨房内には、若い職人っぽい兄ちゃんが一人。
自分がラーメンをすすってる間、指をポキポキ言わしてました(苦笑)
午後9時半の入店で、ノーゲ。後客も0。
ら~ナビで星付きの店で、終始ノーゲ(自分以外)だったのは初めて!
ラーメン業界、厳しいですねぇ、、、
まぁ、微妙な雰囲気の店ではありましたが。
BGMはジャニーズだし(笑)
麺が細いので、食券を渡して2分?かからないくらいで出てきました!



がんこ 味輝拉 ラーメン

濃香芳凛麺(醤油)  840円

さんざん噂に聞いていた「塩っぱさ」もそんなになく、透き通ったダシに煮干や昆布などの魚介の風味がすんなりと溶け込んでいてかなりレベルの高いスープ。
うまいことバランスがとれていて、好感触。

麺は極細でハキハキした食感。
ネットで「カップめんの麺みたい」という書き込みを散見しますが、わからないでもないです(苦笑)
ただそれが濃い目のスープに絶妙にマッチしているのも否めない、、、

具は、でかいチャーシューが2枚にメンマ、海苔のみ。
見た目のバランスは考えてありますが具の種類が目に見えて少なく色味にも乏しいので、ラーメンの価値において具の比重が重い人には、値段がかなり高いと思われているようです。
これもわからないではないですが。。。



でも、、、
よく出来てるし嫌いじゃないけど、そこまで好きというほどでもない、微妙なラーメンでした。
ただこれで、本家がどんなものなのか余計に気になりました。







■住所
神奈川県川崎市高津区溝口1-12-10 ウエストキャニオンビル1階

■営業時間
11:30~22:00
11:30~20:00(日・祝)

■定休日
月曜・第1火曜







2007.11.24
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

いちばんや


武蔵小杉に行った帰りにラーメンを!と思い検索しましたが、あまり興味を惹かれるものがなかったので、自由が丘まで戻っていちばんやに行ってみました。

ここは無化調のやさしい味がウリだそうで、厳選された素材の旨味で上品に食べさせるとの事。
「たまにコッテリ、基本は薄め」がモットーなので(いつ決まった?)、期待してしまいます♪



いちばんや 


場所は、東急東横線自由が丘駅を降りて行くのですが、なにぶん土地勘がないもので、今地図を見直してもよくわかりません、、、松屋のあるビルの地下にあります。
土地勘がなくて方向音痴だと、苦労するかもしれません。
よく調べてから行きましょう!



いちばんや 入り口


地下に降りていく階段。
お洒落な自由が丘の雰囲気に合わせたかのような落ち着いた佇まいです。
店内も和風のインテリアである事を容易に想像させ、期待感が高まります。



いちばんや 階段


入り口は狭いですが、それも期待感を高めるための演出。
京都の老舗料亭も、小さな格子戸をくぐって入るところは少なくないようですし、、、
(又聞きですが)



いちばんや 厨房


店内は、L字カウンター12席くらいのみ。
入り口を入ってすぐ横に券売機があります。
キッチンの様子が良く見えるというか、ほとんどオープンキッチンに近いです。
暗めの照明にブラックなアッパーカウンターですが、カウンターテーブルは温かみのある茶色の和風なところが少し新鮮に感じます。
店は若いお兄さんが一人と、ハキハキして感じの良いお姉さんが二人。
接客も丁寧で親切心を感じます。
親切心?
常に何かしら動いているし、忙しない様子もなし。
これってナニゲに難しくて、作業の先々を読んで動いてないと出来ません。
皆さん、相当慣れてますね。
忙しいときに忙しく動くのは誰でも出来ますが(KYじゃなければ)、店の雰囲気を壊すことなく、接客レベルを保ちつつサーブするのはある程度経験がないと出来ないので、素晴らしいです。
BGMにはジャジーなウッドベースがそこはかとなく流れ、ゆったりとした時間が流れます。
いいですね、ここ。



いちばんや カウンター


午後5時半過ぎの入店で、先客5後客5。
やさしい味がウリだけあって、二郎やギットリ好きなハード系と思しき客層は皆無。
自分以外は、初老の夫婦や家族連ればかりでした。
知り合いにもいますが、健康に気を使う人はそういうニオイを嗅ぎ付けるのが得意ですよね。



麺茶華 つけめん


手作り感溢れる小さな張り紙。
自由が丘には天然素材を扱った店や自然食品の店が多いらしいのはなんとなく見聞きしていましたが、それらの客層を見事に捕らえて市民権を得ているようですね。
こういうアピールもしっかり功を奏しているという事ですか。
ちなみに、この小さな張り紙は引き戸に貼ってあって、その中に箸入れが納まっているのでカウンターの上はすっきりしています。



麺茶華 メニュー


メニューはもちろんラーメンがメインですが、トッピングの「まぐろの香味焼」というのが、かなり引っかかります。
なので、よくわからずに三年熟成醤油三種入りラーメンの食券を購入したのは正解でした♪



大勝軒弁天 店内

三年熟成醤油三種入りラーメン  980円

全体から柔らかみのあるオーラが伝わってくるラーメンです。
珍しい”サケ節”を使ったというスープは、ミネラル麦豚とむかし鶏という地鶏をベースに、高級煮干や昆布などを贅沢に使っているのがジワジワとわかる旨味たっぷりなもの。
うまい!
三年熟成したという醤油はあくまで引き立て役で、主役は明らかに豊かな旨味を湛えたスープです。

麺は硬めに茹でられているのもありますが、無かんすいながらしっかりとコシがあり、喉越し、食感ともに良好。
麺そのものがかなり美味しいです。
変な言い方ですが、「麺も良く出来た具」みたいな。
ただ、スープとの味そのものの相性はいいと思うのですが、あまりよく絡んでいるとは言い難かった気がします。

具のチャーシューの旨味はかなりのものでしかもイヤ味がなくてイイですし、味玉も味付けと卵そのものの旨味をしっかり感じます。
そこに三つ葉と海苔がまた合うんですわ。
ただ、気になっていた「まぐろの香味焼」は、正直イマイチ。
胡椒なんかと一緒に焼いてあるんですが、食感がパサついていてしかも厚さが中途半端。
一番ショボく感じる厚さなんじゃないでしょうか。
更にかなり胡椒がキツめなので、せっかくの柔らかいスープにピリピリした違和感が走ります。
まぁ自分で選んだんだからしょうがないんですが。



国産の天然マグロがみんなウマイのかは前から疑問でしたが、これもそんな感じだったのは残念!
しかし、それ以外は店の雰囲気や接客なども含めてかなり満足だったのも事実!
ウチの近くにこういう店があればいいのに、、、








■住所
東京都目黒区自由が丘1-12-3

■営業時間
11:30~23:30(スープ無くなり次第終了)

■定休日
月曜日(祝日の場合、翌火曜日)







2007.11.24
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内南 |

鮎ラーメン 二子玉川店 


自由が丘のいちばんやの後は、かなり前から行きたかった二子玉川の鮎ラーメンへ!

二子玉川って埼玉に住む身にしてみればかなり遠いですが、
自由が丘からだと東急大井町線で約8分!
この機会を逃す手はありません!

が、自由が丘でそのまま乗った電車は東横線だったらしく、気が付くのも遅かったので、乗り換えてから二子玉川に着いたのは50分後でした、、、



鮎ラーメン 二子玉川店 kurai


少し疲れて駅を降り、ケータイのわっかりにくい地図を頼りにそのまま高島屋ビル群を抜け、「結構遠いかもなぁ、、」なんて迷いながら歩いていると、いきなりそれっぽいニオイの店が、、、
ありました!
自分の地図のイメージとは違うところに(苦笑)
なんだか、かなり暗いですね、、、
(写真は真っ暗ですが、実際こんな感じです)



鮎ラーメン 二子玉川店 明るい


暗闇モードで撮影すると、暖簾のという文字がわかります。
しかし、ホントに暗い店だなぁ、、、
長屋みたいな商店街の一角にあります。
雰囲気的には屋台みたいですが、、、



鮎ラーメン 二子玉川店 厨房


店はカウンター7席?のみでかなり小さいです。
あまりに小さいので、会計は外でやります(笑)
店は二人の若いお兄さんがやっていて、接客がめちゃくちゃいいですね。
丁寧だし、ムラがないし、しつこくないし、すごく気持ちがいいです。



大勝軒弁天 アイス


メニューのラーメンは、基本1種類のみ。
オプションで値段は変わりますが、それ以外はおつまみとかサイドメニューだけです。
鮎ラーメンに懸ける店主の気持ちが伝わってきますね。
せっかくなので、鮎が1匹まるごと入った鮎○ゴトラーメンを注文。
あと、サイドメニューで鮎姫ゴハンを頼むと、「本日はまだ限定の鮎焼きおにぎりがありますが、オススメなんですけど、どうですか?」と言われたので、気持ちよく焼きおにぎりに変更♪



鮎ラーメン 二子玉川店 ラーメン

鮎○ゴトラーメン  1000円

いきなりですが、これ 超うまいっ!

見た目のインパクトもさることながら、味にもほとんど隙がない!
鮎と鶏ガラから搾られた上品なスープは、臭みとは無縁どころか、相乗効果でそれぞれの良さを引き出し、目の前で焼かれる飛騨高山から直送された一夜干しの鮎が香ばしさもスープに旨味以上のプラスアルファをもたらしています。
ふぐのヒレ酒がうまい論理とでもいいましょうか。
鮎は川魚ですが、草食でコケしか食べないので香りが良くしかも上品。
「よくこれをラーメンにしようと思ったなぁ、、」と感心すると共に、誰も成し得ていない鮎という素材を使ったラーメンを、単独でここまで完成度を高めるというのは、スゴイとしか言いようがないです。
バンケル博士が発明したロータリーエンジンを、マツダが権利を買い取ってほぼ単独一社で市販車レベルにまでクオリティを高めたのを思い出しました。
香ばしくてふくらみのある旨味がほんの少しの塩味でしっかりと締められていて、レンゲが止まりません。

麺はほんの少し小麦を感じるかなりの細麺で、コシはありますが基本は柔らかく伸びやすい印象。
しかしスープと相性は良好で、これ以上強くても弱くても絶対に麺とは合わないだろうなと思わせるモノ。
見た目豪快なイメージのラーメンですが、実は微妙なバランスで成り立っている鮎ラーメンの一番のバランサーと思われる麺には、かなりの繊細さを感じました。

具の一夜干し鮎は大きな骨が取り除かれていて、頭から、腹から、尻尾まで、それこそ丸ごと食べられます。
しかも、めっさウマイ!
鮎は昔から大好きで、塩焼きや甘露煮、うるかなどは事あるごとに食べていますが、実は一夜干しは初めて。
背開きされた鮎は少し変な感じがしますが(腹開きでないから)、丸ごと食べるぶんには関係ないし、うまいからそんな事はどうでもいいです。

そこに、「これぞ白髪ネギの見本!」のようなネギと海苔、そしてイタリアンパセリ?が乗ります。
パクチーではないです。
香りはかなり控えめだったし。

それよりも、なぜ海苔を入れたのかが疑問であり、残念!
これだけ鮎を中心にセットアップされているのに、海のモノが混ざるのは違和感があるし、実際食べててどうも合わないと思いました。
まぁタダでさえチャーシューやメンマがないのに持ってきて、ここから海苔がなくなったら、かなり貧相な見た目になってしまうのは間違いないので苦肉の策なんでしょうか。

それでもめっちゃめちゃウマかった事には違いありません!
そして更にオマケが、、、



萬福 店内

鮎焼おにぎり(限定)  200円

これまた目の前で丁寧に焼き上げられたおにぎりには、控えめながら塩の効いた鮎のほぐし身が入っていて単体で食べても美味しいのですが、これをラーメンのスープに入れて食べると更においしい!
ラーメンを食べていくと当然のことながらスープは冷めていき、風味は弱まりながら変化していくのですが、この焼きおにぎりを入れることで新たな香ばしさがプラスされ、更においしい!
お兄さん、勧めてくれてありがとう!




自分の中でのTOP3の牙城を崩す勢いを感じた鮎ラーメン。
会計が終わった後、こちらがいなくなるまで最敬礼してくれるのも嬉しい、、、というか、こちらが恐縮するくらいです。
是非とも、また行きたい!

ただ、少し気になった事が、、、(海苔以外で)
まず、BGMが海を連想させるサザンオールスターズだったのは、ちょっとどうかと思う。
海じゃなくて、山でしょう?!
ヒーリング系のCDなんかの方がいいのではないでしょうか?
まぁ気分の問題ですが、、、(苦笑)

あと、自分はいつも基本連食なので気になりませんが、1回の食事として考えるならば、「量が少ない割りに高い!」と思う人はたくさんいそう、、、







■住所
東京都世田谷区玉川3-15-12

■営業時間
11:45~15:00頃(夏季のみ) 18:00~1:00

■定休日
なし(年中無休)







2007.11.24
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内西 |

バンバンラーメン


「みんなが知ってる、、、かもしれない越谷中華」シリーズ。

本日は、新越谷の繁華街にあるバンバンラーメンです。



バンバンラーメン 外観


場所は、東武伊勢崎線新越谷駅東口のロータリーから右斜め前の大きめの通りを真っ直ぐ行って最初の角を右に曲がり(眼鏡屋さんがある)、最初の十字路を渡ると右手にあります。
パンダ理容室の隣?
まだOPAがない頃はダイエーしかありませんでしたから、何か大きな買い物をしようってぇとダイエーに行くしかなかったわけですが、その辺りをウロウロしてると必ず前を通る事になるのがこの通り。
そこに少なくとも15年以上前からあるラーメン&中華屋さんです。



バンバンラーメン 当店の餃子


店の入り口には、こんな貼り紙がありました。
昔はこんなのなかった気がします、、、
ていうか、「ラーメン」を名乗っているんだったら、ラーメンにこだわったほうがいいんじゃないでしょうか?
余計なお世話ですね。



バンバンラーメン 店内


10年ぶりに入った店内は、、、変わってない気がしますが記憶があやふやなのでなんとも、、、
キャパは、カウンター4席、テーブル2人席1、テーブル4人席6?
店は、あまり若くないお兄さんがひとりでやってました。
昔はおっさんがいた気がしますが、、、
午後5時過ぎの入店で、先客1後客0。
すっかり若者向けにシフトしてしまった新越谷駅前では、こういう店に来る人の年齢層は高そう、、、



そら 路地


メニューは、一般的な昔からのラーメン屋さんと同じ。
麺類、定食、ご飯もの、アルコール、おつまみなど。
テレビが点いてるあたりも普通の中華屋さん風情です。
セット物がいろいろあったので、その中からCセットと、店のウリである餃子を注文。



バンバンラーメン ラーメン

C(週替わりラーメン+半チャーハン)  780円

今週の週替わりラーメンは、酸辣湯麺でした。
豚肉、ニラ、タケ千にミディアムな火の通り加減のシメジに、溶き玉子というよりは1個丸ごとほとんどかき混ぜずにスープで熱を通した玉子が具として乗っています。
麺は中細の縮れ麺ですが、かんすいは弱め。
食感はそこそこですが、コシの強さはあまり感じません?
スープは酢が強めで化調もそこそこ感じますが、辛味は思ったより控えめ。
客層が高めならそれは納得ですが、若いのであれば些か物足りない気もします。
デフォのラーメンがどんなのだったかは全く記憶にありませんが、そのラーメンのスープに酢を普通に足してちょっと辛くしただけのような気がしてなりません。



バンバンラーメン チャーハン


半チャーハンとしては量が多い方のような気がします。
が、表面がかなりパサついてたし、炒める音は全くしなかったし、料理提供もかなり早かったので、作り置きだと思います。
特にまずくはありませんが、うまくもなかったです。



sora

餃子  300円

皮を店で1枚ずつ手造りしているという餃子は、確かに食感が良くて形もきれい。
もう少し焼き目がついていた方がいい気もしますが許容範囲。
餡は野菜多目なのが裏目で動物系の旨味成分が希薄なのが残念。
酢醤油に浸けると幾分食べやすくなりますが、全体としては皮の出来に比べて餡が物足りない印象、、、




すごく淡白な文章になってしまいましたが、お察しください。(苦笑)
本分のラーメンにこだわるより、客単価を上げるために餃子に凝ってみた効果は、、、微妙です。

ちなみに、大宮にも支店があるようです。
もし見かけたら、あのおじさんがいるかどうか覗いてみたいと思います。








■住所
埼玉県越谷市南越谷1丁目13-7

■営業時間
11:00~22:00(だった気がする)

■定休日








2007.11.23
Comment : 4
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

らーめん亭 一柳


「やっとここ来ちゃったよ越谷中華」シリーズ。

越谷駅の建物にテナントとして入っているらーめん亭 一柳です。



らーめん亭 一柳 外観


場所は、東武伊勢崎線越谷駅東口を出たら、建物沿いにすぐ右に曲がって数十m、、、
ここは駅ビル”ファイン越谷”とは別なのかな?
いつ前を通っても中に客が入っていますが、それが立地によるものなのか、おいしいのか、気になっていたのであります。



らーめん亭 一柳 店内


店内は狭くて少し薄暗いですが、駅ビルのテナントですからこんなものでしょう。
キャパは、壁沿いにカウンター3席、テーブル2人席2、テーブル4人席2、テーブル5人席1。
6人用テーブルなのにイスが5つしか置いてないのは、作業導線や相席を考慮してのものでしょうか?
見えない厨房の奥におばさんらしき声が少ししましたが、表にいるのは高校生らしき男の子のバイト一人。
通り一遍の事は出来るみたいですが、それ以上の事には全く気が付きません(苦笑)
先客3後客3。



らーめん亭 一柳 メニュー


メニューは、麺類、定食、セット物、おつまみなど、一般的な中華屋さんと同じようなラインナップ。
特にウリとなるようなものは見当たりませんが、自分以外の客は皆退職後のおじさん風情か、サラリーマンばかりだったので、客層を考えるとその辺の普通のメニューが一番ウケるのはわかります。
かなり腹が減っていたので、ラーメンセットと餃子を注文。



らーめん亭 一柳 ラーメンセット

ら~めん・そぼろ丼・キムチ  750円

なぜキムチなのかはわかりませんでしたが、もしかしたらその辺がウリなんでしょうか?
しっかりと漬けてあって不味くはないけど、特にウマイとも思いませんでした。

さてラーメンは、ガラベースながら少し濁ったスープに、かんすい強めの麺が絡むもの。
かなり化調が強めなので飲んだ瞬間に舌がビビッてきますが、年輩の客層には逆に懐かしの味かもしれません。
昔はこういうラーメンが”ラーメン”だった気もしますし。
麺は中細の縮れ麺で、食感がかなりハッキリコッキリしています。
もしかして、一柳製麺のアンテナショップ、、、かなぁ?
違うよなぁ、、、
具のチャーシューは周りが少し焦がしてある肉感のしっかりしたもの、メンマはかなり味濃い目、かなりキツイ感じの小口ネギ、海苔。

ご飯は思ったよりパサついてなかったのがよかった♪
そぼろも適度な味付けで普通にうまい。
セットでこれなら、、、



らーめん亭 一柳 餃子

餃子  300円

餃子が一番ウマかったです。
焼き加減はベストに近いし、皮のパリパリ感としっとり感も良好で、餡もそこそこ旨味がのっていてナイス。
酢醤油に浸けてもまたこれはこれでおいしい。



ただ全体的に化学調味料が過多なので、家で化調使いまくって作ったそこそこおいしい中華定食を食べた後のような気分、、、
特にここで食べなければ!という意義は見出せませんでした。







■住所
埼玉県越谷市弥生町4-11?

■営業時間
11:00~22:00?

■定休日
なし?







2007.11.22
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 越谷 |

香港居酒屋 大衆


「ここも越谷中華なのかな?」シリーズ。

本日は、北越谷の香港居酒屋 大衆です。
ここはかなり昔はパン屋さんで、その後居酒屋になったり、中華屋になったりして、今のお店になりました。
もちろん前から気になってはいたんですが居酒屋だし、なんとなく入りづらかったんです、、、
昼も営業してるので、お昼の空いた時間に行ってみました。



大衆 外観


場所は、東武伊勢崎線北越谷駅西口から真っ直ぐ神明橋に向かって進み、途中にあるライフやファミマ、マツキヨの手前にある交差点の角にあります。
今気づきましたが、「全品お持ち帰り出来る」って麺類もですか?



大衆 店内


店内は普通の中華屋さん。
ちゃんと清潔だし、メニューも豊富です。
中国人の方がやっているようですね。
まぁ店内の飾り付けを見ればわかりますが。
土曜日だったからか、客足は良好。
正午くらいの入店で、先客6後客14。



大衆 ポット


店内の備品は中国風のモノ以外は100円ショップ系。
細かいところは気にしてはいけません。
あと、タイミング的にクリスマスの飾り付けが、妙に中国風の飾りとマッチしてました。



大衆 メニュー


メニューは現地系のお店のセオリー通り、総背番号制です。
これまた100品近い品揃えにセットメニューも結構バリエーション豊富。
店前にはランチのお得なメニューが看板に書いてあって、やる気マンマンです♪
その中から、海鮮タンメン+半チャーハンセットと餃子を注文。
中国系のお姉さまは、聞き取りが微妙でした。



大衆 餃子


先に来たのが餃子。
自分の後に入店が続いたので少しゴタついたのか、20分くらいして出てきました。
まぁあのラッシュで厨房2人はかなりキツめだと思います。
現地系の餃子で羽根が付いているのを見たのは初めて。
どんだけパリパリ~?と思いきや、パリパリなのは羽根だけで、皮そのものはやんわりとしています。
ただ食感はキライじゃない。
餡は普通の中華屋さんとだいたい同じで、酢醤油があればおいしく食べられるタイプです。



大衆 タンメン


中華系ではなく明らかに現地系アプローチの海鮮タンメン。
スープが明らかに違います。
もちろん塩味ですが、動物系と魚介系のふくよかな旨味を感じます。
具の海鮮は、しっかりと下処理されたイカ、エビ、ホタテ貝柱がごろごろ入っていてビックリ!
イカなんかその包丁さばきもなかなかですが、イカ本来の美味さがはっきり感じられて素晴らしい!
イカって大概は固くてなんとなくイカっぽいゴムっぽい店がほとんどですが、相当新鮮なのか、技術なのか、、、?
あと貝柱も10数個入ってましたよ!
原価とか大丈夫なのか?
タンメンでピーマンというのも珍しい方ですね。
麺は、中くらいのストレートでカンスイの代わりに玉子でしょうか?
なんていうか、うまかったです。
久々にスープ完飲!



大衆 チャーハン


このチャーハンは全く普通!
お母さんの作ったおいしい焼き飯でした。
具がハムというところも、ご飯の適度なヌッチャリ具合も、塩加減も全くお袋の味でした。



大衆 杏仁


デザートが付くんですねぇ。
固めの杏仁豆腐で味はガムシロ100%。
安いコンビニデザートとほとんど変わりません。
なのに食後のさっぱり感が出るのはなぜでしょう?



これ全部で1000円を切るわけですから、かなりのお値打ち!
海鮮タンメンだけで700円くらいでもおかしくないと思います。

ただ、調理モノにはかなりのポテンシャルの高さを感じさせるのに、脇が甘い感じ、、、
それでも、中華をつまみに飲むんならかなりいいかもしれません。
近くにこんな店があるなんてラッキーです。







■住所
埼玉県越谷市北越谷2丁目38-32

■営業時間
11:00~23:00?

■定休日








2007.12.15
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 北越谷 |

ラーメン・餃子 晃楽


「もうひとつのディープな越谷中華」シリーズ。

本日は、蒲生東町の住宅街にあるラーメン・餃子 晃楽です。
ここは、以前行った三喜家から歩いて30秒くらいでしょうか。
角を曲がったらすぐです。



晃楽 外観


場所は旧4号の新越谷辺り、南越谷1交差点を産業道路方面に曲がり、まっすぐ進んで産業道路の高架橋下をくぐり、100mくらい先を右折、大きなマンションの前を通って100mくらい進んだ先の三喜家を通り過ぎて最初の角を右に曲がって少し行くとあります。
売る気のない自販機が目印です(苦笑)
暖簾は白ですが、それ自体に意味があるのかわかりません。



晃楽 店内


かなりディープな雰囲気のお店。
カウンターの上にはキャベツがデーン!
ラードも入り口に置いてあります。
カウンター上に貼ってあるメニューも完全に色褪せています。
キャパはカウンター7席、テーブル4人席3ですが、一つは完全に物置きになってます。



晃楽 店内2


このアングルで見ると、もはや店なのかなんなのか判別不能になってきます(笑)
以前行った中華料理 幸華楼に近いものを感じますが、あちらほど埃臭くはありません。



晃楽 カウンター


とてもお客さんを迎える雰囲気ではありませんので、地元の常連と出前以外は想定してないのでしょう。
店は、中年のご夫婦でやっています。
自分が店に入ると、ビックリしてました(笑)



晃楽 メニュー


メニューは触ったら手がギトギトになりますので気をつけてください。(見ればわかるか)
かなり広範囲な品揃え。
全体的には安いです。
酢豚が700円って、個人経営の店としてはかなり安いです!(バーミヤン並)
タンメンと半チャーハンのセットを注文。



晃楽 タン麺

タンメン 半チャーハン  700円

思ったより美味しそうなタンメン。
これが実際うまいんです!
このパターン、多いな、、、
こんな汚い店なのに(失礼)、味は普通にうまかったりします。
野菜はシャキシャキ感もバッチリだし、旨味も充分。
塩味のスープにもその旨味はしっかり出てます。
そしてやっぱりタンメンには玉子麺!
これが良く合うんですねぇ。

こういう訳わかんないギャップは三半規管がおかしくなりそうです、、、



晃楽 チャーハン


この半チャーハンはご飯が固めであまり頂けなかった、、、
ただ、やたらチャーシューが多くて食べ応えはありました。
味付けも悪くはないんですが、、、


とても客商売とは思えない外見に店内、そして普通にうまい料理!
越谷ディープ」は、4次元にタイムスリップしたかのような感覚を伴うので要注意!

ただ、衛生的にはありえないので、ダメな人は店に入る前からアウトですね(爆)
さすがの自分も水は飲めませんでした。







■住所
埼玉県越谷市蒲生東町19-2

■営業時間
11:00~20:00

■定休日








2007.12.14
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

らーめんハウス 壱番舘


「忘れてたけど、ここにもあったな越谷中華」シリーズ。

本日は、しらこばと橋と流通団地の間にあるらーめんハウス 壱番舘です。



一番舘 看板


場所は、越谷流通団地としらこばと橋の間にあります。
以前行った中華・台湾料理 正香園 は、同じ建物の端っこ同士ですね。
こちらはあまり目立ちませんが。



一番舘 外観


見た感じどおり、昔ながらの中華&ラーメン屋さんで、定食やアルコール系のおつまみがかなり充実したお店です。



一番舘 店内


店内はカウンターと座敷メインの中華屋仕様。
キャパはカウンター8席、座敷4人席4と奥に団体用スペース。
店は夫婦でやっています。
入り口が暗いのはなんとかした方がいいと思いますが、余計なお世話ですね。
午後7時過ぎの入店で、先客0後客5。



一番舘 カウンター


店主は料理作ってる時以外は常にテレビをガン見してます!
最初は天気だけ気になるのかと思ってましたがそうじゃないみたいで、天気予報が終わったらそのままNHKの番組を終始見てました。
注文が入ってもすぐには動きませんから、かなりのテレビ好きみたいです。



一番舘 メニュー


メニューは普通の中華屋さんのバラエティー豊かなものに、アルコール用のつまみをたくさん足した構成。
ここにはラーメンとかしか書いてませんが、壁には黄色い短冊にたくさん書いて貼ってありました。
その中から、B定を注文。



一番舘 ラーメン

B定(ラーメン、ギョーザ、半ライス)  800円

スープはオーソドックスなガラスープで化調もなんとなく感じますが、まぁ普通としか言いようがない味です。
醤油が少し強めですかね。
麺は中細やや縮れで、そこそこコシがあります。
食感ははっきり感じるのに、のど越しはやわらかめ。
具のバラ巻きチャーシューはかなり肉厚で食べ応えがあります。
メンマは食感が程よく味は薄めで、ゆで玉子かと思って食べたら味玉でした。
あとは海苔です。
味玉が思ったよりうまかったです。



一番舘 餃子


後からきた餃子と、定食なのでライスと漬物が付きます。
餃子は餡が多めに入っているのですが、なんと全部にタコが入ってます。
かなり珍しいですね。この店のウリなんでしょうか。
つまみには丁度いいかもしれません。
皮に焼きムラがあるのは興ざめですが、食べるとわかりません。

白菜の漬物がかなり絶妙な塩加減で素晴らしく、ライスもこの手の店には珍しくふっくらしてうまかったのも嬉しいサプライズでした。



かなり昔からあると思いますが、ある程度固定客もついてるようです。
地味ながら、越谷中華を底辺から支えているお店のひとつですね。







■住所
埼玉県越谷市西方2-21-4

■営業時間
11:00~14:00 17:00~0:00(火~金)
11:00~0:00(土)
11:00~22:00(日)

■定休日
月曜







2007.12.12
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

胡南飯店


「越谷中華に新店が!」シリーズ。

本日は、越谷流通団地ストリートに最近出来た新店、胡南飯店です。

ChinaDining 台湾料理 李家や、中国小皿料理 究食プラザ中国家庭料理 ママの味と同じく、現地の方が作る本場系の中華料理店です。
すぐ近くには、中華・台湾料理 正香園 がありますね。



胡南飯店 外観


場所は、旧4号の瓦曽根2(南)交差点を吉川方面に入って二つ目の信号と、しらこばと橋に向かう3つ目の信号の間にあります。
青木亭西方店の3軒隣、、、くらいです。
現地系のお店らしく、外観から内装からがかなり強調されてるので目立ちます。



胡南飯店 店内


店内は居抜きに現地系装飾を施しただけみたいな感じですが、清潔感があって悪くはありません。
店は、恐ろしくテンションの低い店主と、現地語しか話さないバイト?のおばさんが一人。
午後2時半の入店で、先客2後客0。
キャパは、あまり使わなそうなカウンター9席、テーブル4人席8、テーブル6人席1。
仕切りがまったくないのでかなり広く感じます。



胡南飯店 メニュー


メニューはかなり豊富で100種類以上。
これは一部のランチメニューで、ちゃんとしたメニューも別にあります。
せっかくなので、ランチメニューのFを注文。



胡南飯店 ラーメン

F.台湾ラーメン+焼き餃子  800円
(漬物、デザート、サラダ、スープ付き)

餃子は後からみたいです。
まずラーメンですが、かなり八角の香りと鶏の旨味が突出したスープで、結構うまい。
具の挽き肉はかなりの粗めで、たくさん入った脂分がスープにコクを与えています。
ここまで粗い挽き肉って、スーパーじゃ普通には売ってないですね、注文しないと。
そこに唐辛子がそのまま入ってますが、そこまでは辛くありません。
ニラは生ですが、まったく問題ありません、ほっておいたら火が通るし。
麺は中細のやや縮れでかんすいは少なめっぽいですが、コシはしっかりとあります。
全体的にかなりバランス感覚のいいラーメンだと思います。

サラダは、なぜかイタリアンなファルファッレに人参が混ざったもの。
青野菜は入ってません。
マカロニサラダですね、要するに。
漬物はザーサイで、味付けはかなり水っぽいです。
デザートは、かなりババロアのような杏仁豆腐、、、?
杏仁の味はしますが食感が固めのババロアそのもので、ゼラチンを入れ過ぎたんでしょうか?
寒天であんな風になるかなぁ、、、



胡南飯店 餃子


セロリの入った餃子は大きめの棒餃子みたいです。
しかし、皮があまりちゃんとくっ付いてなくて崩れやすいです。
餡は脂分が多いですが、旨味でもあるので問題なし。
ただやはり全体の接合感が希薄なので、食べにくいです、、、



期待の新店ということで、現金な中国系の商売人を想像していきましたが、実際はかなりテンションが低くて肩透かしを食らった気分です。
だって、店主は料理を2回持ってきて、会計時にもしゃべる機会はあったのに、一言も発しませんでした。
バイトのおばさんもしゃべらなかったし、途中で帰ったし。

味はそんなに悪くないと思いますが、大丈夫なのか心配になります、、、







■住所
埼玉県越谷市西方2-21-17

■営業時間
11:00~23:00

■定休日








2007.12.13
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 新越谷 |

麺屋 宗


サッカーU-22日本代表が北京オリンピック出場を決めた試合を見た後、少し遠回りして新宿・池袋方面へ。

新宿で降りて新しい店を開拓しようかとも思いましたが、以前店の前まで行きながら人がたくさんいたので敬遠した高田馬場の二代目 海老そば けいすけの様子を見る事に。

行ってみると空いてはいましたが、渡なべも気になっていたので店の位置だけ確認。

その後、更に気になっていた麺屋 宗の位置も確認。
その後けいすけに戻ろうかと思ってましたが、次回来るとしたら営業時間が遅くまでやっている方が何かと有利かと思い、この日は営業時間の短い麺屋 宗に行くことにしました。



宗 外観


場所は、JR高田馬場駅から明治通りまで出て右折、2,30mくらい行くと右手にあります。
外観はラーメン屋というよりはおしゃれなカフェか居酒屋のよう。
現代東京ラーメンの最先端を行っているようなお店です。
たぶん、、、



宗 店内


この店のオーナーは、インダストリアルデザインの雄・柳宗理の親戚だそうで、店の内外はかなりスタイリッシュ。
店内には柳宗理の作品が品良く置かれており、インテリアや食器などもかなり凝っています。
スイーツなども比較的豊富で、女性とのデートに最適!(みたいな)
店を仕切るのは、ラーメン屋というよりは明らかに高学歴な文化系でなよっとしたお兄さん2人。
イタリアンやフレンチの世界にいた方たちだそうで、そのセンスが店のあちこちから放射されている気がしますね。
そこに母親のような愛想のいいおばちゃんが加わります。



宗 カウンター


キャパは。L字カウンター10席くらいと、テーブル2人席?が1。
午後10時前の入店で、先客3後客4。
カウンターは間接照明で照らされ、盤面はなんと畳!
表面にあまりデコボコのない黒い畳です、ビックリ。
白い水差しは四角くて持ちやすく温かみのあるデザイン、塩入れも胡椒のように挽いて入れるタイプで、最初からセッティングしてある冷酒グラスで水を飲みます。
メニューもバーで見るような細長いタイプだし、店内の照度も明暗のメリハリが効いてます。
凝ってるなぁ、、、
焙煎旨塩そばを注文。
注文すると、ますスープを「塩」か「ゆず塩」にするか、その後麺を「手もみボコボコ麺」か「中太ちぢれ麺」にするかを選びます。
どう違うのか聞いたら説明してくれましたが、忘れました。
お兄さん、すいません。
結局スープは、ゆずは好きなんだけど風味がありすぎるとイヤなので塩、麺はネーミングの響きだけでボコボコ麺にしました(笑)



宗 ラーメン

焙煎旨塩そば  750円
味玉  120円

店と同様、外観にもこだわっているのが良くわかるラーメン。
水菜と糸唐辛子が彩りに華を添えてます。
スープはこんがり焼いた合鴨と大仙地鶏のガラがベース、そこに魚介が加わりますがあくまでも空気を読んだ風味と味付け。
あくまでも何かが突出する事はありません。
そして、ミネラル豊富なヒマラヤ「ピンクロックソルト」と、対馬海峡「浜御塩」をミックスした塩で仕上げているとの事。
確かに一口飲んでレベルの高さはわかりますが、なんというか、インパクトはそんなにありません。
でもじんわりと伝わってくる旨味が心地よく、気がついたら3杯目なのに完飲してました!

麺は確かにボコボコした食感ですがそこまで新しいという感じではなく、中太縮れ麺の縮れを強くした感じ。
言い換えれば、大黒屋本舗(夜の部)のバキバキな太縮れ麺のコシをすごく柔らかくしたような感じ?(違うか)
要するに、結構ワイルドって事です。
しかしそれが妙にやさしいスープと愛称がよく、ポロンポロンすするのが楽しい♪
ただ、具の穂先メンマがあまりに多くて、麺と一緒にどうしても付いて来ちゃいます(苦笑)
いいんですけど、、、

具のチャーシューは例によって炙りなわけですが、ラーメンの炙りチャーシューというよりは、イタリアンかなんかの豚の焼き物みたいで、これがまたなんでかわかりませんが、いつものように全体に侵食してブチ壊す事なく収まっている!
これはかなりの驚きであると共に、喜びでもありました。
ただ豚の味そのものもチャーシューとは系統が違うので、少しだけ違和感を覚えた事も付け加えておきます。
水菜はちゃんと臭みのないもので、穂先メンマはかなり味付けが薄く、色も薄い。味玉は味の染み方といい、味の濃さといい、かなりいい塩梅!

味とは関係ない部分では、陶器製のレンゲに折れたような細くて赤いラインが入っているのですが、スープをいくら啜っても糸唐辛子が取れないなぁ、、、と思ってたら、それは模様でした!



そんなこんなで、フラッと立ち寄った割りにはかなり好感触なお店。
学生街においてこの高めの価格設定はどうかとも思いますが、(まだ行ってないけど)渡なべが成り立っているんなら、ここもイケルんじゃないでしょうか。
うまくてスタイリッシュなラーメン屋って、まだそんなには多くないみたいだし、、、

いやいや、んな事ぁない!







■住所
東京都新宿区高田馬場1-4-21 

■営業時間
11:30~15:00 17:00~23:00


■定休日
第二日曜







2007.11.21
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 都内北 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /