元祖タンメン屋





先客4後客0

岐阜のタンメンは前から気になってたけど、行ったことなかったので、山崎から稲沢に向かってランニング途中で寄ってみた
かなり屋台なお店だが、チェーン店の本店らしい
それを若い女子が二人で切り盛り!
しかも鍋ふってる!
BGMは洋楽(Green dayとか)
先客はカップルと男性ひとり×2
メニューはタンメンと餃子とチャーハンのバリエーションのみ
ヒマな時間帯に来たけど、流行ってるオーラはバリバリある!

岐阜名物タンメン 650
替辛小 30

シンプルな豚がらスープにかなりニンニクを効かせて白菜と豚肉を炒めた感じが、絶対ウケる法則に則っている
細ストレート麺は少なめだが、バランスが素晴らしい
後から辛味を追加すると有料になっちゃうけど、3辛を追加
ほぼほぼ豆板醤だが、これも絶対ウケる法則の巻

お冷やがすすむところも含め、奈良のスタミナを思い出した
スポンサーサイト
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

ラーメン 中村




先客3後客4
カウンター6

真清田神社の前にある気になっていた店
スキンヘッドのご主人がひとりで切り盛り
先客は若い男性二人組と女性ひとり、後客は家族連れ三世代♪

みそラーメン 500

昭和な感じのなんの捻りもない直球ストレートなラーメン!
チャーシューは甘くて、みそはそのままな感じ
味のあるご主人も昭和そのまま
なんか懐かしく感じた


隣のエキセントリックなお茶漬け屋ニューヨークに、またフラれた…
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

中華蕎麦 てる家






後客15
カウンター7
テーブル四人席2
テーブル五人席1

たまたま見たラーメン本で、麺創なな家の店主が気になる店として挙げていたので来てみた
夜営業の20分前に来ると、店は真っ暗!
大丈夫なのか?!
そのうち小さな子供連れの家族が三組も来て、ちょっとビックリ!
ラーメン専門店(しかも中華蕎麦のみ!)なのに、客層が家族連れのみって、なかなか見ないよね…
早めに来ておいて良かった…たまたまだけど
たぶんいい店なんだろうけど、長い時間客を真っ暗な中で待たせるのは(子供も多かったから余計に。転けて泣いてたし)ちょっとどうなんでしょう?と思ってしまう
オープン前並びで12!
オープンした後から、若いお兄さんやカップルも来てましたね

店内は和風喫茶店のような雰囲気だけど、BGMはなぜか中国風のインスト
厨房の中は全く見えない
子供がちっちゃくなくても、家族連れが自転車で来れるこういう店はちょっと憧れるなぁ
店に入って、若いお兄さんがオーダーを聞いてまわるシステム
メニューは、中華蕎麦の松竹梅寿とトッピングとご飯、瓶ビールのみ
松竹梅寿は、チャーシューの量の違いだけらしい

中華蕎麦(竹) 790

なかなかこういうラーメンは最近珍しいというか…
奇をてらうわけでもなく、素材に凝るわけでもなく、雰囲気が特別なわけでもなく、インスタ映えを狙うわけでもなく、限りなく普通なんだけど、全然普通じゃない…みたいな
炙ったチャーシューも、ハーブ的な盛りつけの豆苗も、かなり低加水な細麺も、コクのあるうま味のみみたいなスープも、結構オイリーな香味油も、特別スゴいってわけではない
でも、なんか普通じゃない

例えば、普通のラーメンをブラッシュアップして極めたようなラーメン大至@お茶の水とは方向性が違うしなぁ…
汎用性のある普通のラーメンに、誰でも好きそうな柔らか香ばしいチャーシューと、少しのアクセントを載せてあくまでも軽い常習性を持たせたような、ラーメン?
インパクトとか、ボリュームとかとは正反対で、ラヲタではなく一般人をターゲットにした、普通そうで普通じゃないラーメン

なんか、してやられた感が…

会計時に「美味しかったです」というと、かなりテンションが上がってたお兄さん、言われ慣れてない感じ丸出しで可愛かったけど、店主さんなのかな?
あの家族連れだけじゃなく、外の地元の人たちも、そんな風に言ったりしないんだろうか?

あくまでも低姿勢で謙虚で丁寧なお兄さんだったので、頑張って欲しいし、自分もまだまだ頑張ろうと思えました!
ありがとうございます。
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

手打ち 主水庵






先客12後客0

昔から気になっていた蒲郡のB級グルメを食べに、竹島に行った後でうどん屋を見つけて行ってみた

ガマゴリうどん 960

まぁ、予想通り
普通にうまいけど…
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

山の恵 とみやま






先客8?後客2
カウンターとテーブルでキャパ30くらい

名駅の麺屋はなび目的で向かった先にちょっと気になる「肉蕎麦、つけ麺」の文字
しかも名前が「山の恵 とみやま」
ちょい飲みたい感じだったので、はなびを止めてこっちにしてみる
飲み屋だが、蕎麦はここで挽いている
厨房のお兄さんと接客のお兄さんの二人
客層は、個室にミニ団体、テーブルに男二人、30代がメイン
関西人のお兄さんの接客が、タメ語だが気持ちのいいもので、質問にフランクに応えてくれたり、つまみメニューを半分にしてくれたり、食後に熱いお茶を出してくれたり、要求してないのにスマホの充電器を貸してくれたり、ちょっと羨ましいくらいなホスピタリティ…
BGMは、AMラジオのような音質のそこはかとない懐メロ(80~90年代)

生中 500
ほうれん草豚ポン 390(780)
よそとは違うフライドポテト 240(480)
がっつりつけ麺肉蕎麦 800

満足度高し。
はなびなら¥1000もかからなかっただろうけど、こっちで良かった?
やっぱり金額より満足度。
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 愛知 |

プロフィール

じょうじ’s

Author:じょうじ’s
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Copyright © じょうずぃ~ず ガチンコ!ブログラーメン道 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印  /